おすすめのかす揚げ人気比較ランキング!【ステンレス製も】

天ぷらや揚げ物など美味しく仕上げるためには、油かすを取り除いて綺麗な油を保つ必要があります。そんな時に役に立つのがかす揚げです。かす揚げはプラスチック素材の安価なものから、高品質のステンレスを使ったものまで種類が豊富。高温の油とともに使うものなので安全に使用したいものです。そこで今回はおすすめのかす揚げを人気ブランドを挙げながらランキング形式で紹介します。油を使った調理を快適に叶えるかす揚げ選びの参考にしてみてくださいね。

かす揚げの特徴

揚げ物のかすだけでなく食材取りにも使える調理器具

油を使った調理をするときに気になるのが浮いてくる油かすや天ぷらの衣かすです。揚げかすをそのまま放置して揚げてしまうと焦付きの原因になったり、見た目が悪くなってしまいます。そんな時に役立つのがかす揚げです。かす揚げは、揚げ物調理の際に出る揚げかすを取り除いたり、天かすを作るときに重宝します。またコロッケや唐揚げなどの食材を引き揚げる時にも役立つでしょう。

細かいものをキャッチする細かい網目のものが人気

かす揚げにはブランドによって網目の細かさや網目の素材に違いがあります。網目が粗いかす揚げは油切れがよく、食材についた不要な油を素早く切ることができるでしょう。網目が細かいかす揚げは、天かす作りや油かすの引き上げに最適。小さいかすも残すことなく取り除けるので、しっかりと油の汚れを取り除きたい人におすすめです。

かす揚げとあく取りの違い

揚げ物のかすを取るかあくを取るか

かす揚げとよく似た調理器具としてあく取りがありますが、この2つの違いはすくう対象が異なる点です。かす揚げは揚げ物時にでる油かすをすくうのに対し、あく取りは煮物や鍋で出る灰汁を取り除きます。あく取りは細かい灰汁をしっかり取り除けるよう網目が細かく小さいサイズが一般的。かす揚げはあく取りよりも網目は荒いですが、ある程度の灰汁を取ることも可能。水切りも良く鍋の豆腐の取り分けなど汎用性高く使える点で、兼用されることも多くなっています。

かす揚げの種類

メッシュ製

網目が細かく小さな油かすや灰汁も取りやすい

かす揚げにはメッシュタイプとパンチングタイプがあり、それぞれ使いやすさは異なります。油調理をする際にどの工程を重要視するかを考えながら選ぶと良いでしょう。たとえば細い針金を格子状に編んでいるメッシュタイプは、網目が細かく小さな揚げかすも残すことなく取り除けます。油調理をするときに油かすをしっかり取り除きたいという人におすすめです。

また網目が細かいメッシュタイプを選べば、あく取りとしても使えます。あく取りとかす揚げを兼用して使いたい人はメッシュタイプを選ぶと良いでしょう。網目が細かいメッシュは、軽くて扱いやすく取り回しがしやすいのもメリット。メッシュの縁がステンレスなどで太く囲まれているものほど耐久性が高くなります。壊れやすいメッシュの強度を高める構造のものを選ぶようにしましょう。

パンチングメッシュ製

網目が大きめで鍋料理にも使える

1枚の素材板に穴を開けて、網のように加工したパンチングメッシュもおすすめ。メッシュタイプよりも強度が高く耐久性も高くなっています。穴の形状はブランドによって異なり、丸穴や縦穴などがあります。穴のサイズも大きいため小さな揚げかすをすくうことは出来ません。それでも油切れが良いので、食材を油から引き揚げる調理器具として使いたい人に向いています。

特に縦穴タイプは、不要な油が下に流れやすく油切りに優れているのが特徴。しっかりと油を切ってサクッと美味しい揚げ料理が出来上がります。また1枚の素材板から出来ているので手入れがしやすいメリットも。目が細かく柔らかいスポンジでも汚れをかき出しやすくなっています。

かす揚げの選び方

素材で選ぶ

リーズナブルで購入したいならプラスチック製を

リーズナブルで使いやすいかす揚げが欲しいなら、プラスチック製がおすすめです。プラスチック製はデザインやカラーが豊富で、好みに応じて選びやすいのが特徴。プラスチック製の購入する時は耐熱温度に注目して選びましょう。一般的なプラスチックは高温の油に入れると焦げたり溶けたりすることも。耐熱温度が200度以上あるなら油調理に使っても問題ありません。

耐久性の高さと手入れのしやすさで選ぶならステンレス製を

強度が高く、錆びにくさや耐久性の高さで選ぶならステンレス製がおすすめ。ステンレスの中でも特に質の高い18-8ステンレスは、劣化しにくく、ステンレスの輝きを長く維持できます。また水回りで使うことが多い調理器具は錆びにくさもポイント。手入れがしやすく、いつでも清潔に使いやすいのもメリットと言えます。またステンレスは高温にも耐えられるので、油の温度を気にせず使用できるでしょう。

使いやすさで選ぶ

汚れが溜まりにくいかす揚げなら継ぎ目のないものを

かす揚げは持ち手と網目部分に分かれているので、手入れのしやすさで選ぶこともポイント。特に油かすや油汚れが継ぎ目や部品部分に入り込んだら手入れがしにくくなることも。スポンジで簡単に洗浄できるかす揚げが欲しいなら、汚れが溜まりにくい構造のものを選びましょう。柄から網目部分まで1枚の素材板で作られた継ぎ目のないタイプがおすすめ。手入れが簡単で気軽に使うことが可能です。

持ち手が木製ハンドルなら持ちやすく熱さが伝わりにくい

持ち手の形状や素材で選ぶのもポイント。長時間の油調理をする時に気になるのが、熱の温度がかす揚げに伝わらないかという点です。木製持ち手のかす揚げなら、熱が伝わりにくく安心して使用を続けられます。また木製がポイントとなってナチュラルなインテリアにも合いやすいのもポイント。吊るして収納してもおしゃれな見た目になります。木製の持ち手デザインを選ぶ時には、塗装が施してあるかも注目しましょう。木が腐りにくくなり耐久性がアップします。

柄の部分に穴があれば引っ掛けて収納ができる

吊るして収納したいなら柄の部分に穴が空いているタイプを選びましょう。特にデザイン性が高くおしゃれなかす揚げや、シリーズで販売されている調理器具セットは引っ掛けて収納することでおしゃれなインテリアの一部になります。必要な時にすぐに取り外して使うことができるので、探し回らず調理の時短が可能です。収納スペースがあまりない人も、壁やレンジフードを使った引っ掛け収納ならスペースを取りません。

サイズで選ぶ

卓上使いなら8cm前後の小さめサイズ

自分が持っている天ぷら鍋や調理鍋のサイズを確認してかす揚げの大きさを選びましょう。鍋のサイズよりもかす揚げが大きすぎると、取り回しがしにくく油跳ねの原因にも。またあまりに小さすぎても作業量が多くなって不効率になってしまいます。15cmから20cmの小型鍋を使っているなら、8cm前後のサイズがおすすめ。少人数の家庭やちょっとしたおかず作りにも取り回しがしやすく重宝します。また卓上で鍋をするときやあく取り代わりに使う時も小さめサイズなら使いやすいでしょう。

直径12cm以上の業務用かす揚げなら揚げ物を時短で済ませられる

大人数分の油調理が多く、大きめの天ぷら鍋を使って油調理をするなら直径12cm以上のかす揚げがおすすめ。天ぷら鍋に浮いた油かすも1すくいで一度に取り除けます。大量の唐揚げや大きめの揚げとんかつを引き揚げる時にも便利。かす揚げから食材が落ちることなく油切りが叶います。大量の食材を1度に揚げることが多いなら、調理時短を短縮できる大きめサイズを選びましょう。

かす揚げのおすすめブランド・メーカー

パール金属

豊富な種類のかす揚げが揃いお気に入りが見つかる

柄の素材が異なりポップな見た目からエレガントなものまで種類が豊富なパール金属のかす揚げ。柄にはプラスチックを使用し軽量さを求めたかす揚げや、ステンレスの輝きがキッチンでも美しく際立つオールステンレスタイプなどあります。どのかす揚げも手に取りやすい価格帯で、値段を気にせず選べるのもいいですね。

貝印

見た目が可愛いかす揚げがラインナップ

若い人でも使いやすくキッチンで見せる収納も叶う、可愛らしいかす揚げが揃います。猫をモチーフにしたデザインやパンチングメッシュ部分が花形のようになったものまで個性的。どのかす揚げも吊り下げ収納が叶うので、見せる収納が叶います。

KEYUCA

シンプルでおしゃれにキッチンに寄り添うかす揚げが人気

素材の異なるかす揚げが豊富に揃うKEYUCA。自分にとって使いやすい取っ手や見た目のデザインを選択できます。木製の取っ手はナチュラルな優しい印象で、持った時の手触りも柔らか。特殊なファイバーを練り込んだプラスチック樹脂製かす揚げは軽量で、クールな印象のキッチンに寄り添います。

無印

無駄を取り除いたスタイリッシュな調理器具で選ぶなら無印を

シンプルでどんなキッチンインテリアも邪魔しない無印の調理器具。ステンレス製のあく取りとかす揚げを兼用できるアイテムは、他の調理器具と揃えて購入したいものです。湯気が当たりにくく、すくい取りやすい形状で機能面もデザイン面も申し分ありません。

おすすめ&人気のかす揚げランキング

メッシュ製でおすすめのかす揚げ

KEYUCA-バタリニーメッシュトレーナー(834円)

高級感のある美しい質感が魅力的なおしゃれな機能的かす揚げ

チューリップの花びらや茎、葉の形状をモチーフにデザインされたかす揚げです。繊細な曲線は高級感があり、キッチンに吊るしておいても絵になるでしょう。18-8の高品質ステンレスを使用し、耐久性にも長けているのも魅力。長く愛用できます。

形状は鍋内で救いやすいようオーバル型になっています。鍋のサイズに関わらず、鍋際のかすや汚れもすくいやすいので便利に使えるでしょう。使い勝手とデザイン性がどちらも申し分がない上、リーズナブルな価格帯なのもおすすめできるポイントです。

新潟ワークス-丸かす揚げ(1,045円)

油切れの良い15cm網目メッシュで多用途で使える

横幅15cmのやや大きめのかす揚げは、中華鍋ややや大きめの天ぷら油の油かすを取り除く時も一気に回収できます。油かすだけでなく、天ぷらや揚げ物をする時にも便利。唐揚げもまとめて複数引き上げることが可能です。

網の強度が高く、しっかり油切りができるのもポイント。複数の食材を1度に取り上げてもしっかり支えて油を切ることができます。丈夫で高品質な18-8ステンレスを使用し、ステンレスの美しさを持続しやすいので長く愛用できます。

パール金属-ニュートレンドかす揚げ大(330円)

揚げ物も揚げかすもすくえる適度な網目サイズがポイント

中華鍋や大きめの天ぷら鍋を使って揚げ物をする人におすすめのかす揚げです。横幅は11.5cmと広めなので、大きめの食材も一気にすくい上げることができます。鍋に溜まった揚げかすも一度にすくえるので、面倒な作業も一気に叶うでしょう。

柄の部分は耐熱温度100度の素材を使用し、食器洗浄機や乾燥機にも使用しやすくなっています。クールなブラックの持ち手で、モダンな印象のキッチンインテリアにおすすめ。吊るす収納でもキッチンの雰囲気を壊さず掛けられます。

井上金網工業-かす揚げ(2,067円)

シンプルで使いやすく丈夫な素材のかす揚げ

小さな揚げかすも残さないシンプルで使いやすいかす揚げです。75gと非常に軽いので、調理時間が長くても手首が疲れません。網目の細かさは19メッシュ。すくいにくい揚げかすもしっかりキャッチし油を清潔に保ちます。

柄の部分は耐熱性のあるABS樹脂を使用しているので、油の温度が柄に伝わりにくく安全に使用が可能です。柄部分の大きめの穴はフックに掛けやすく、取り出しやすい設計。使いたい時にすぐに取り出せるので取り回しがしやすいでしょう。

パンチングメッシュでおすすめのかす揚げ

ヨシカワ-料理のいろはパンチングメッシュのかす揚げ(1,410円)

スポンジで手入れがしやすいかす揚げ

高品質の18-8ステンレスを採用し、錆びにくく劣化しにくいパンチングメッシュタイプのかす揚げです。メッシュ穴が大きめなので、洗い物がしやすいのが特徴。スポンジでもしっかり網目部分の汚れを絡みとります。いつでも清潔に使えるでしょう。

幅は7.3cmとスリムな設計。すき焼きやしゃぶしゃぶ鍋などの油をすくう時も、他の具材を避けながら油かすだけを取り出しやすくなっています。柄の部分には引っ掛け穴も付いており吊るして収納することも可能です。吊るして収納すれば使うときも簡単に取り出せます。

家事問屋-パンチングかす揚げ(1,100円)

余計な装飾を持たない端正なデザインが魅力

調理器具1つ1つを大切に長く愛用したいという人におすすめのかす揚げです。余計な装飾の施されていないシンプルな構造は、時代が変わっても飽きづらいだけでなくいつまでも美しいまま使えます。金属加工の産地である燕三条で職人によって製作された逸品です。

目詰まりしにくく汚れを簡単に落とすことができるパンチングメッシュを使用。丈夫で網がほつれる心配もないので長く愛用できるでしょう。食洗機でも洗浄が可能でお手入れも簡単に叶います。サイズが一回り小さいあく取りも一緒に揃えることも可能。

下村企販-ステンレス継ぎ目のないかす揚げ(784円)

継ぎ目のない1本デザインで衛生的に使える

継ぎ目のないステンレス一体型のかす揚げは、汚れが溜まりにくいのでいつでも清潔に使用しやすい。スポンジで手入れもでき、網目にかすが溜まりにくく汚れを絡みとりやすいでしょう。手入れがしやすくいつでも清潔に使用可能です。

このかす揚げは用途を選ばず使うことができるのも魅力。揚げかす用としてはもちろん、湯豆腐を取り分けたり煮物の汁気を切るなど汎用性高く使えます。色々なシーンに使いやすいので、食卓での活躍も期待できるでしょう。

新潟ワークス-油切れの良いかす揚げ(880円)

細長い穴の形状が特徴的な全く新しいかす揚げ

丸穴や網がイメージのかす揚げとは一線を画する設計がポイント。ギリギリまで開けた細長い穴形状で、油や水がよくきれます。油の表面張力を壊すことで、油がスーッと下に落ちる構造。油切れがよく使い勝手の良い形状になっています。

また柄と持ち手部分が一体化しているのも手入れがしやすいポイント。汚れが詰まりにくく、洗いやすくお手入れも簡単です。乾きやすいのでいつでも清潔に保管できるのもいいですね。揚げかす以外にも湯豆腐や灰汁取りにも使える汎用性の高さも魅力です。

おしゃれでおすすめのかす揚げ

無印-ステンレスあく取り(590円)

細かな穴で細かなかすまで綺麗に取れる

こちらのアイテムは無印ではあく取りと商品表記がされていますが、網目がとても細かいのでかす揚げとしても使えます。通常網目が大きめのかす揚げは、細かな油かすは通ってしまいがち。これなら小さなかすも逃しません。

また長さは23.5cm、幅は約8cmと女性の手に収まりやすいサイズ感もポイント。天ぷら鍋の中でも取り回しがしやすく、端に固まった油かすも素早く取り除けます。スタイリッシュでおしゃれなキッチンにも寄り添いやすいのも魅力です。

 WOODYTIME-かす揚げ(1,760円)

調理器具を同一シリーズで揃えられるかす揚げ

天然木と重厚感あるステンレスの輝きが美しい、デザイン性の高いかす揚げです。他の調理器具も同シリーズで揃えれば、統一感がでて見せる収納が叶います。柄部分はウレタン塗装を施した天然木で熱が伝わりにくく、劣化しにくいのもポイント。

ステンレスは高品質で耐久性の高い18-8ステンレスを使用し、長く使っても美しい見た目を維持します。メッシュ部分はすくったものが落ちないよう丸みのある形状も魅力。小さめの揚げ物もしっかりキャッチして引き上げやすい構造になっています。

フィスラー-メッシュスキマー(2,200円)

ドイツブランドのフィスラーが日本の食文化に合わせて製作

175年の歴史を持つフィスラー社が、質の良い技術に日本製のこだわりをプラスして作り上げました。持ち手には天然のホワイトアッシュを使用。木製の見た目が優しいだけでなく、強度や耐久性でも問題ない品質になっています。

適度な硬さと握りやすさが特徴で、油料理をする時の取り回しの良さを考慮して作られているのもポイント。食材や油かすを1度すくったら落とすことがない設計になっています。また不要な油が下に溜まって落ちやすい網目の設計もポイントです。

村の鍛冶屋-和色玉杓子かす揚げ(1,034円)

木目調の柔らかい樹脂製取っ手が掴みやすく作業しやすい

若草色やふじいろ、くちなし色などカラー1つ1つを和色で表現した古風なかす揚げです。持ち手部分は滑りにくい樹脂製を採用。木目模様を施すことで違和感を感じさせない洗練されたデザイン性が魅力です。

樹脂製は木製と違ってカビや劣化の心配がないのも魅力。食洗機にも対応しているのでお手入れも簡単です。自分好みのカラーを全6色から選べるのもいいですね。綺麗な色合いのかす揚げなら、キッチンが一気に華やかな印象になるでしょう。

KEYUCA-バタリニー ナイロンストレーナー(326円)

落としても傷つかないプラスチック製ストレーナー

繊細な曲線が美しいオールブラックデザインのかす揚げです。プラスチック製でデメリットに取られがちな耐熱性も、KEYUCAのかす揚げなら大丈夫。グラスファイバーが20%入りなので丈夫で熱に強く最大250度まで耐えられます。揚げ物時も安心です。

またこのかす揚げの形状も使いやすさをアップするポイント。使いやすいオーバル形状は小さな鍋から大きめの鍋の曲面にもフィットし、汚れやかすを残さず取り切ることができるでしょう。食器洗浄機や乾燥機にも使えるので手入れが簡単にすみます。

貝印-かす揚げ(550円)

おすわり猫の握りやすいハンドルが特徴

可愛いのに握りやすい猫のワンポイントが魅力的。猫好きにはたまらないかす揚げです。ハンドル先端には猫のフォルムで穴が開いており、吊り下げ収納にも使えて便利。さりげない猫デザインなのでキッチンの雰囲気を邪魔しません。

金属には耐久性が高く手入れが簡単な18-8ステンレスを採用。サビにも強いのでいつでも清潔に使用できます。猫のデザインをかたどったパッケージも可愛いので、猫好きの人へのプレゼントにもいいですね。シリーズで調理道具一式を揃えることも可能です。

まとめ

手入れがしやすく丈夫で軽いかす揚げが人気

油調理を快適なものにするかす揚げ。継ぎ目のないかす揚げは、汚れが溜まりにくく洗浄しやすいのが特徴です。また網目が細かく取り回しのしやすいサイズはかす揚げだけでなくあく取りとしても使えます。今回は、かす揚げについてKEYUCAや無印など人気のブランドを挙げながらランキング形式で紹介しました。油汚れを快適にすくい取れるかす揚げを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*