おすすめのウォータードリッパー人気比較ランキング!【ハリオも】

自宅で本格的なコーヒーを味わえる器具、ウォータードリッパー。海外で流行し、日本でもコーヒー愛好家の中で密かなブームになっています。そんなウォータードリッパーでコーヒーを楽しもうと思っても、様々なメーカーからいろいろなタイプのものが売られているので、どれを買ったら良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのウォータードリッパーをご紹介します。これからのコーヒーライフにぜひ役立ててくださいね。

ウォータードリッパーとは?

水出しコーヒーを作る道具

コーヒーはお湯から抽出するのが一般的ですが、水からゆっくりと時間をかけて抽出する方法もあります。ウォータードリッパーはそんな水から抽出したコーヒーを、おいしく淹れるための器具。主に、一滴ずつポタポタと落としていくサーバータイプと、コーヒー粉を水に漬けて作る水出しポットタイプの2種類があります。

ウォータードリッパーの特徴

えぐみの少ないコーヒーが味わえる

水からじっくりと時間をかけて抽出したコーヒーは、脂分やタンニンが抑えられるため、口当たりが良くてまろやかな仕上がりになります。また、風味が落ちる原因となる常温への温度変化もないため、豊かな香りが長続きします。贅沢なひとときを過ごしたい方におすすめの飲み方です。

コーヒー以外にも紅茶にも使用できる

ウォータードリッパーで紅茶や緑茶を淹れると、風味豊かですっきりとした味わいになります。カフェインが抽出されにくいので、カフェインを抑えた飲み物が欲しい場合にも重宝します。紅茶や緑茶に使用する場合には、茶葉を開く時間が必要なので、茶葉を細かくするか、じっくり抽出するポットタイプの使用がおすすめです。

ウォータードリッパーの種類

サーバータイプ

一滴ずつ抽出する滴下式

コーヒー粉を湿らせて混ぜたあと、ポタポタと水を点滴させて抽出するタイプ。1秒から2秒の間に一滴ずつコーヒーが落ちていくので、時間がゆっくり流れます。値段は10万円以上するものから3,000円程度と幅広いです。おしゃれなデザインが多く、収納せずにそのまま出しておいても、お部屋の雰囲気を邪魔しません。

サーバータイプでもコンパクトに使えるものもあります。構成パーツが少ないため、洗い物が少ないのも嬉しいポイントです。手ごろな値段で購入できるものが多いので、これから本格的な水出しコーヒーを始めたい人におすすめ。

水出しポットタイプ

コーヒー粉を水に浸して抽出する滲出式

ストレーナーと呼ばれる茶こしにコーヒー粉をセットし、ゆっくりコーヒーを水に染み出させるのが、水出しポットタイプです。出来上がり時間はだいたい8時間ほど。夜寝る前にセットすると朝にちょうど出来上がります。

パーツが少ないので、洗い物が少なく済み手軽に使えるのが魅力。冷蔵庫のドアポケットに入る大きさのものが一般的で、タンブラーとして持ち運べるものもあります。コーヒー粉の他に紅茶や緑茶を入れることもでき、幅広い用途で使用できます。

ウォータードリッパーの選び方

容量で選ぶ

ひとり用なら400ml程度の容量が小さいものを

ひとり用なら、場所を取らないコンパクトなものがおすすめ。マグカップ1杯が約200mlなので、容量が400ml程度のものなら2杯分のコーヒーが作れます。作ったらそのまま飲めるカップタイプは、自宅で楽しむ場合には洗い物が少なく済むので使いやすいです。また、持ち運べるドリンクタンブラータイプのものは、職場や学校に持って行けるので便利ですよ。

家族で楽しむなら必要量に合わせた容量が大きいものを

水出しコーヒーは抽出に時間がかかるので、短時間に何度も作ることができません。家族や友人と楽しみたい場合には、一度にたくさん作れるものを選ぶと良いでしょう。余ってしまっても水出しコーヒーは風味の劣化が少ないので、冷蔵庫で2日から3日ほど保存が可能です。蓋がついているタイプを選べば、匂いうつりしないので安心です。

使いやすさで選ぶ

パーツが少ないものが洗いやすい

毎日使うなら、洗う手間を省けるようなウォータードリッパーがおすすめです。食器洗い機に対応しているかや、パーツの数の少なさもチェックポイント。また、手がポットの中に入るような、口が広いものの方が洗いやすく清潔に使用できます。普段使いには、使い勝手の良さとお手入れのしやすさを考慮して選ぶのが良いでしょう。

そのままポットとして使えるものが便利

ポットに注ぎ口がついていたり、そのままコップとして使えたりするものが便利です。容量が大きいものは持ち手がついていると、コップに注ぐときに手が滑る心配がありません。大量に作って保存する場合には、蓋がついているものが便利です。また、電子レンジ対応ならそのまま温められるので、ホットコーヒーも手軽に楽しめますよ。

出来上がり時間で選ぶ

ものによって30分から8時間と幅広い

ウォータードリッパーの抽出時間は、だいたい3時間から8時間程度が一般的。水出しポットタイプはサーバータイプに比べて時間がかかるなど、器具の種類や仕上がりの濃さによって、抽出時間は様々です。朝に作って昼に飲みたい場合には抽出時間が2時間から3時間のものを、夜に作って朝に出来上がっていれば良いなら8時間程度のものを選ぶと良いでしょう。

抽出時間を変えられると様々な味のコーヒーを楽しめる

サーバータイプのウォータードリッパーには、滴下速度をお好み調節できるものも。滴下速度が速ければ薄めの、遅ければ濃いめのコーヒーに仕上がります。また、コーヒーの味は豆の種類や挽き方、粉の量によっても変えられます。滴下速度と組み合わせればお好みの味を出せるので、こだわりのコーヒーを味わいたい方におすすめです。

ウォータードリッパーのおすすめブランド・メーカー

HARIO(ハリオ)

日本が世界に誇る耐熱ガラスメーカー

ハリオは、ガラスの王様という意味の玻璃王から名付けられた、耐熱ガラスを得意とするメーカーです。100%天然鉱物で作られた地球に優しい耐熱ガラスは世界でも名高く、高品質です。コーヒー器具を多く取り扱っており、プロにも愛用されています。

iwaki(イワキ)

日本初の民間ガラス工場

イワキは1883年に創立された、歴史あるガラスメーカーです。コーヒー用品だけでなくキッチン用品を数多く扱っており、使い勝手の良さに定評があります。また、シンプルでデザイン性も高いので、食卓に映えると人気のメーカーです。

Kalita(カリタ)

カリタ式で知られるコーヒー機器総合メーカー

カリタは、コーヒー関連器具を専門に扱うメーカーです。中でも有名なのは、カリタ式と呼ばれるコーヒー抽出方法。三つ穴が開いた構造のカリタ独自のドリッパーで抽出すると、あっさりとしながらも風味豊かな味わいになり、プロにも愛用されています。

oji(オージ)

ウォータードリッパーに特化したメーカー

オージは、ウォータードリッパーの第一人者と言える専門メーカーです。コーヒー豆本来の味と風味が味わえるよう、独自開発された製品は全てサーバータイプ。格調高いデザインで、プロやコーヒー愛好家に根強い人気があります。

おすすめ&人気のウォータードリッパーランキング

サーバータイプでおすすめのウォータードリッパー

HARIO(ハリオ)-ウォータードリッパー ポタN(24,424円)

レトロなデザインでインテリアにもなる

見た目が丸くてかわいらしい、ハリオのウォータードリッパーです。金属コックで滴下速度を変えられるので、お好みの濃さに仕上がります。容器にそのまま氷を入れれば、簡単にアイスコーヒーが作れますよ。

容量は600mlなので、マグカップなら3杯程度。2人から3人で使うのにちょうど良いサイズです。部品は分解して洗えるので、衛生的に使えます。また、耐熱ガラスを使用しているので、熱湯も使用可能です。

iwaki(イワキ)-ウォータードリップコーヒーサーバー(2,952円)

手ごろな値段で本格派コーヒーが楽しめる

グッドデザイン賞を受賞した、無駄のないデザインとコンパクトさが特徴です。ポットに蓋がついているので、冷蔵庫で保存する時でも匂いうつりを気にする必要がありません。また、電子レンジでの使用も可能なので、水出しコーヒーを温めてホットで楽しむこともできます。

コーヒー粉をセットしたらあとは水を注いで待つだけと、使い方はシンプル。一度に440mlまで抽出可能で、ひとり用で楽しむのにぴったりなサイズです。部品も少ないので、毎日手軽に水出しコーヒーを作りたい方におすすめです。

HARIO(ハリオ)-ウォータードリッパー・クリア(19,800円)

出来上がり時間の調節が可能

金属コックで滴下時間を変えられる本格ウォータードリッパーです。滴下時間は3時間から5時間の幅で調節可能。あっさりとしたコーヒーを飲みたい場合には速度を速め、濃厚なコーヒーを飲みたい場合には遅くするなど、様々な味のコーヒーが味わえます。

下に設置しているポットと蓋は電子レンジで使用できます。蓋をして冷蔵庫で冷やしてアイスコーヒーにするだけでなく、電子レンジで温めればホットコーヒーも楽しめます。手軽に一年中おいしいコーヒーが味わえると人気です。

oji(オージ)ウォータードリッパー WD-45(21,439円)

コーヒー専門店の味を自宅で味わえる

コーヒー専門店でも使用しているウォータードリッパーの、家庭用サイズです。容量450mlが最短2時間で抽出できます。滴下速度はコックで変えられるので、自分好みの本格コーヒーを作りたい方におすすめ。

ポットには注ぎ口がついているので、そのままカップに注げます。アンティーク調の見た目で、インテリアとしても存在感を発揮します。上部のタンクには水時計の役割もあり、待ち時間に気泡や音も楽しめますよ。

Kalita(カリタ)-ウォータードリップ ムービング(17,600円)

水が落ちていく様子に趣がある

シンプルなデザインでありながら、水を受ける金色のスプーンがアクセントになっている、おしゃれなウォータードリッパー。滴下速度も変えることができます。味だけでなく、見た目やドリップしている時間にもこだわりたい方におすすめ。

上から落ちてきた雫がスプーンにたまって、つるべ落としのようにコーヒー粉に落ちるので、見ていて飽きません。出来上がり量は600mlで、2人から3人用として使えます。家族でゆったりとコーヒータイムを楽しめますよ。

iwaki(イワキ)-Water Drip Coffee Server [Uhuru](40,537円)

スタイリッシュな見た目でインテリアにも

ひょうたんのようなフォルムが美しい、こだわりのウォータードリッパー。耐熱ガラスと木と磁器の3つをメイン素材としており、ぬくもりを感じさせるやさしさ溢れる一品です。コーヒー愛好家へのプレゼントにもおすすめ。

ポットは電子レンジで使うこともできます。磁器製の蓋がついており、冷蔵庫での保存も簡単。また、ポットは小さめなので冷蔵庫の中の場所を取りません。夏はアイスコーヒー、冬はホットコーヒーにできるため、オールシーズン活躍します。

Wiswell(ウィズウェル)-Cold brew 水出しコーヒーサーバー(6,200円)

コンパクトで手軽に使える

サーバータイプでありながら、とてもスリムなので置き場所や収納場所に困らず、キャンプ地などへ持って行きやすい大きさです。滴下速度も調節可能。出来上がり時間はサーバータイプとしても早い、2時間ほどです。

出来上がり量は300ml程度。ですが、抽出されたコーヒーは約3倍に濃縮されており、容量よりも多いコーヒーが作れます。水を足してアイスコーヒーをお好みの濃さに調節できるだけでなく、ミルクをブレンドしてカフェオレにもできます。

水出しポットタイプでおすすめのウォータードリッパー

HARIO(ハリオ)-水出し コーヒーポット ミニ ブラウン 600ml(1,863円)

リーズナブルに水出しコーヒーを楽しめる

夜寝る前にセットしたら寝ている間においしいコーヒーが仕上がっている、手間いらずのウォータードリッパーです。見た目も機能もシンプルで、使い勝手の良さが人気です。値段も手ごろなので、水出しコーヒーを始めてみたいという方におすすめ。

ストレーナーにコーヒー粉をセットしたら、あとはのの字を描くように上から水を注ぐだけで、手軽にコーヒーが作れます。注ぎ口がついているので、そのままコップに注げます。パーツが少ないので、洗いやすいのも嬉しいポイントです。

shasta(シャスタ)-水出しコーヒーボトル インフィルター ボトル 360ml(2,750円)

スリムで持ち運びに便利

ひとり用の水出しコーヒーが作れるボトル型のウォータードリッパーです。ボトルには蓋がついているので、夜に仕込んで朝まで冷蔵庫に入れておくこともできます。家で作ってそのまま職場や学校へ持って行けるので、毎日使う場合に便利です。

耐熱ガラスのため、熱湯を注いで使うことも可能。ハーブティーや緑茶なども作れるため、コーヒーの気分でない日でも使えます。ガラスは二重構造になっているので結露しにくく、使い勝手の良さが特徴のひとつです。

kinto(キントー)-水出しコーヒーポット プラグ アイスコーヒー ジャグ 1.2L(2,530円)

コツいらずでおいしいコーヒーが作れる

スリムなデザインですが1.2Lの容量があるので、家族で水出しコーヒーを楽しめます。プラスチック製なので軽いのが特徴です。また、プラスチック製でありながら食器洗い機での使用も可能。パーツも少ないので、お手入れがしやすいです。

作り方はコーヒー粉をフィルターに入れたら、あとは水を注いで8時間待つだけととてもシンプル。本体は横置きもできるので、冷蔵庫での保管場所を選びません。また、持ちやすいハンドルもついているので、手が滑って落としてしまう心配もありません。

RIVERS(リバーズ)-ウォールマグ バール コールドブリュー(1,815円)

モノトーンがかっこいいドリンクランブラー

飽きのこないデザインのドリンクタンブラーです。出来上がり容量は240mlで、オフィスや学校で使うのにちょうど良いサイズ。本体は二重構造になっていて、熱いものは冷めにくく、冷たいものはぬるくなりにくいです。

蓋が飲みやすい構造になっていて、ストローも使えます。じっくり8時間から12時間かけて抽出するので、風味の良い仕上がりになります。コーヒーだけでなく、紅茶やハーブティーなどにも使用でき、その日の気分によって飲み物を変えたい方におすすめ。

HARIO(ハリオ)-フィルターインコーヒーボトル コールドブリューコーヒー 650ml(2,475円)

ワインボトル型がおしゃれ

どんぐり帽子のようなキャップがついた、かわいらしいウォータードリッパー。注ぎ口がワインの口のような形になっていて、機能的です。コーヒー粉を入れたら水をゆっくり注ぎ、ボトルを軽く振ったらあとは8時間待つだけで、とっても手軽に作れます。

本体の口が広いので底までスポンジが届き、衛生的に使用できます。パーツが少なく食器洗い機も使用できるので、お手入れがしやすいのもおすすめポイント。また、耐熱ガラスなので、熱湯の使用も可能です。

抽出時間の早さでおすすめのウォータードリッパー

HARIO(ハリオ)V60ウォータードリッパー FURIKO(132,000円)

最短30分で本格的な水出しコーヒーが飲める

出来上がり時間が群を抜いて早いウォータードリッパーです。振り子式に水を落とすことで、30分という抽出時間を実現。コーヒーが出来上がるまでの時間、振り子の揺れる様子をゆっくりと楽しめ、優雅なひとときを過ごせます。

短時間で仕上がるにもかかわらず、本格的な味わい。雑味が少なく、上品なコーヒーが味わえます。出来上がりは780mlと十分な量なので、家族で使用できます。待ち時間が少なく、容量の大きいウォータードリッパーを探している方におすすめです。

HARIO(ハリオ)-スロードリップブリューワー雫(5,080円)

1時間前後で出来上がるコンパクトなウォータードリッパー

手ごろな値段のサーバータイプのウォータードリッパー。無駄がないシンプルなデザインで、使い勝手も良いです。サーバータイプの中でも抽出時間が1時間程度と早く、コスパの良いウォータードリッパーです。

パーツが少なく、洗いやすいのもおすすめのポイント。ポットには付属の蓋がついているので、保存もできます。注ぎ口もついているので、そのままコップに注げます。耐熱ガラスで食器洗い機や電子レンジでも使え、便利です。

まとめ

生活スタイルに合ったウォータードリッパーがおすすめ

ウォータードリッパーは種類が豊富なので、自分に合ったものが選べます。抽出時間やサイズなど、使いたいシーンに合わせて購入するのが良いでしょう。ウォータードリッパーはゆっくり時間をかけて抽出するものなので、出来上がるまでに時間がかかりますが、雑味や渋みの少ないおいしいコーヒーを味わえます。ぜひお気に入りのウォータードリッパーを見つけて、贅沢なコーヒータイムを過ごしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*