おすすめのウォールデコ人気比較ランキング!【アイアン製も】

ウォールデコとはウォールデコレーションの略で、壁に装飾をすることでインテリアの一部にしたり、部屋の雰囲気を変えたりする手法です。その手軽さから人気に火が付き、様々なウォールデコが販売されています。そこで、ウォールデコに挑戦してみたいという方のために、人気のウォールデコをランキングで紹介しますのでお気に入りのウォールデコを探してくださいね。

ウォールデコの特徴

壁を傷つけずに簡単に模様替えができる

ウォールデコの長所は壁を傷つけることなく行える点です。そのため、賃貸物件でもウォールデコができますね。ウォールデコの種類の中には、貼るだけで完成する簡単なものも。吊るすタイプはフックを取り付けるための小さな釘が必要ですが、吊るさず棚に置いて飾ることもできますよ。作業時間も短いので初心者の方も挑戦しやすいでしょう。

技術が必要なく一人で作業ができる

通常、壁紙を変えたり、リフォームしたりする際には費用と労力がかかります。しかし、ウォールデコなら簡単にお部屋の雰囲気を変えることができます。その上、難しい技術や工具が必要なく、一人でも作業ができるところがポイント。飽きてくれば外せばOKで気軽に挑戦できるのがウォールデコです。

ウォールデコの種類

平面タイプ

壁に貼るだけのステッカーやテープ

平面タイプのウォールデコは初心者の方でも簡単にできるのが特徴です。シールタイプで裏面のシートを剥がして貼るだけ。デザイン性は豊かでイラストや模様、風景など好みによって選ぶことができます。また、蛍光タイプもあり明かりを消すと光るものもラインナップ。

平面タイプは貼る場所を選ばず、大抵の壁に対応しています。子供部屋を華やかにしたり、リビングのワンポイントにしたりと使い方は自由です。壁を傷つけず剥がせば跡が残らないので、家に傷を付けたくない方も安心ですね。季節に合わせて張り替えても素敵です。

立体タイプ

自由な形状でデザイン性に富んでいる

立体タイプのウォールデコはデザイン性がポイントです。存在感があり真っ白な壁に飾るとインパクトがあります。デザインはバラエティに富み、中には芸術性の高いものも。そのため、リビングに設置するとメインのインテリアとして成立します。

掛けるタイプのウォールデコなら、機能性がプラスされたものもありますよ。フックにバッグを掛けたり、ちょっとした棚にしたりとアイデア次第で自分らしいウォールデコが楽しめます。遊び心もあり、お店やオフィスにもおすすめです。

パネルタイプ

写真を加工して絵画のように楽しめる

お手持ちの気に入った写真をパネルに飾るウォールデコです。もちろん、プロが撮った美しいフォトのウォールデコもありますよ。お店に写真を選んで渡すと、パネルにして仕上げてくれるサービスもあり、簡単にウォールデコが楽しめます。

壁に飾った絵画のようになり、いつでもお気に入りの写真を見ることができます。思い出の写真や家族写真など写真立てに飾る以外の楽しみ方が魅力です。フックに掛けるだけで完成するので面倒な手間がありません。何気ない写真もウォールデコにすればスタイリッシュになりますよ。

ウォールデコの選び方

取り付け方で選ぶ

取り外しが簡単なのは貼るだけのステッカータイプ

ステッカータイプはウォールデコ初心者の方におすすめです。なぜなら、気に入ったデザインのウォールデコを購入し、シールを剥がして好きな場所に貼るだけで簡単だからです。穴を開ける必要がないので場所を選ばずリビングや子供部屋、トイレや洗面所にも使えますよ。作業に自信のない方は貼り直しができるウォールデコを選びましょう。

フックで吊り下げるタイプは選択肢が広がる

フックで吊り下げるウォールデコは、壁の材質や硬さを確認する必要があります。確認して吊り下げられるようならOK。既にフックが取り付けてあれば、それを使ってウォールデコが楽しめます。フェイクグリーンやデザインディスプレイタイプのウォールデコなら、殺風景な部屋にアクセントが付けられますよ。

材質で選ぶ

アンティークな雰囲気にするならアイアン製

アンティークなインテリアを目指すならアイアン製のウォールデコがおすすめです。アイアン製のウォールデコはモダンな家具にも合いますよ。立体的なので高級感とエレガントさもプラスされます。玄関に飾るならば、フレームのあるアイアン製のウォールデコが合いますよ。メタルな素材はインダストリアルなインテリアにもベストです。

紙製ならどんな壁にも貼ることができ初めて挑戦する方も扱いやすい

紙で作られたウォールデコは軽さがポイントです。子供やペットがいると万が一、壁から落ち時のことを考えると心配ですよね。紙製のウォールデコなら重量が軽いので安心です。紙製のウォールデコで多いのはフラワーのデザインです。色とりどりのフラワータイプのウォールデコを飾れば、お部屋は一気に華やかになりますよ。バースディや記念日に飾るのもおすすめです。

オリジナリティを出すならデザイン性が豊かな木製

木製のウォールデコは高いデザイン性が魅力です。洋風のお部屋でも和風のお部屋でも相性がいいですよ。何かを象ったモチーフであれば、ひとつ飾るだけでインパクトを残せます。模様を象ったものなら、アートパネルとして飾ればおしゃれに。木製のウォールデコなら自作してもいいですね。ステン加工された木製のウォールデコなら、アンティークな雰囲気が出せます。

ウォールデコのおすすめブランド・メーカー

Umbra

カナダトロント生まれのデザインブランド

Umbraはカナダ生まれのデザインブランドで独創性の高さが魅力です。美しい家庭用品がラインナップしており、センスのある暮らしが叶います。ウォールデコはユニークなものからハイセンスなものまでありインテリアに合わせて選べます。

ポッシュリビング

素材の質感を活かすインテリア

ポッシュリビングのウォールデコはアイアン製が人気です。素材の味を活かしたウォールデコは、暮らしを彩るひとつの道具になります。フレームのあるウォールデコはシンプルなデザインでも、しっかりとした存在感を醸し出します。

ギギliving

インテリア家具や雑貨など豊富な品揃え

ギギlivingは立体感のあるウォールデコがおしゃれで人気です。木々や葉っぱをモチーフにしたウォールデコは、飾るだけでお部屋をセンスアップしてくれます。個性的なウォールデコもたくさんあり、オリジナリティある部屋作りをサポートします。

村田屋産業

個性的なデザインが魅力

村田屋産業のウォールデコの魅力は大きめのサイズ感です。サイズの大きなウォールデコなら壁のアクセントという役割ではなく、インテリアのメインにもできます。窓枠デザインのウォールデコなら本物の窓がそこにあるようなイメージになりますよ。

おすすめ&人気のウォールデコランキング

アンティーク調でおすすめのウォールデコ

ポッシュリビング -ウォールデコハート(1,540円)

素材を活かしたアンティークな味わい

アイアンで作られたウォールデコは、アンティークなデザイン性が魅力です。重厚さが落ち着きのある空間にしてくれますよ。壁に掛けても、そのまま立て掛けて飾っても素敵です。アンティーク加工がされており、古い家具ともマッチします。

アンティークのウォールデコは、別の素材と組み合わせてもOK。例えば、フェイクグリーンを絡ませればヨーロッパの古い建物がイメージできますね。リビングでも良いですが、トイレや洗面所など狭い空間にも映えますよ。

Asia-kobo-アジアンストーンレリーフ(1,980円)

オリエンタルな空気が味わえる

アジアンテイストやモダンテイストにピッタリのウォールデコです。バリ島の伝統でもあるパラス石のストーンレリーフは、コンパクトでどこに飾ってもしっくりと収まります。壁に掛けても、立て掛けてもいいですよ。

立体感のあるウォールデコは、見る角度によって陰影が出て表情が変わるところがポイントです。リビングに設置すればアジアンリゾートにあるホテルのような雰囲気に。赤みのある焦げ茶色のカラーは、高級感がありますね。

Asia-kobo -木彫りの壁掛け(4,980円)

フレームのある木彫りのレリーフはお部屋のアクセントに

バリ島の職人が丁寧に作った木製のレリーフには、蓮の花とプルメリアの花が彫られています。ハンドメイドなため彫り方によって微妙に異なり、それが味となっています。世界にたったひとつのウォールデコは部屋に飾ると存在感がありますね。

長方形のフレームで、壁に飾った時にカッチリとした印象になります。濃い木の色はアンティークなお部屋にもベストマッチ。もちろん、アジアンテイストのインテリアにも合いますよ。何もない壁に飾ると締まりのある空間になります。

カサピース-イタリア製アンティーク調ウォールデコ(7,480円)

ヨーロピアンスタイルの空間に簡単リフォーム

レジンで作られた壁掛けタイプのウォールデコは、イタリア製です。アンティークなヨーロピアンスタイルがおしゃれな空間にしてくれますよ。様々なフルーツがレリーフ状に連なったデザインは、ゴージャスなインテリアにピッタリですね。

大人の雰囲気にしたい、ゴージャスな空間にしたい方におすすめです。さらに、姫系のお部屋にも使えますよ。裏面に金具が付属しており取り付けも簡単です。クリスマスの装飾にも使えますね。玄関扉につけても楽しめます。

リビングでおすすめのウォールデコ

ギギliving-ウォールデコレーションバードペアB(3,410円)

立体的なフォルムはリビングのおしゃれなインテリアに

鳥をモチーフにした立体的なウォールデコは、インテリアのアクセントにおすすめです。壁掛け用の金具があらかじめ付属しており、小さなネジだけで留めることができますよ。取り付けが簡単で壁を大きく傷つけることはありません。

ペアのバードのくちばしはゴールドでリッチさをプラス。北欧風のインテリアにも合いますね。バードのウォールデコと一緒にフェイクグリーンや虹や空がデザインされたステッカーを組み合わせれば、リビングの壁が一枚の絵のようになります。

村田屋産業-アイアンフックローズトリプル(1,760円)

フック付きで便利

薔薇のデザインがおしゃれなウォールデコです。ポイントはフックが付属している点です。ウォールデコとフックが一体になっており、おしゃれさと機能性が両立。玄関先に設置すれば、ハットやマフラーが掛けられますね。

リビングに飾って家や車のキーをぶら下げるなど工夫次第で使い方が広がります。おしゃれなのでお店のディスプレイとしても使えますよ。フックに機能性を持たせて使用するのも良いですし、あえて何かを飾ってウォールデコの雰囲気を変えるのもひとつのアイデアです。

Creative Style -ウォールステッカー街灯柱(1,800円)

壁の装飾が一枚で決まる

街灯柱がデザインされたステッカータイプのウォールデコです。縦長のデザインはリビングに貼るとアクセントになりますよ。街燈の周りには鳥が舞っており、見ているだけでほのぼのした雰囲気に。ヨーロッパの街並みにいるような感覚になりますね。

難しい作業は一切なく、ステッカータイプなので剥がして貼るだけで完了しますよ。リビング以外に寝室や子供部屋に使用しても素敵です。貼り直しができるので、ウォールデコ初心者の方でも思い切って挑戦できますね。

ELEMENTS-ウォールデコレーションリーフモチーフ(990円)

リーズナブルな価格で観葉植物の代わりにもなる

ソテツと呼ばれる植物がデザインされたウォールデコです。フレームタイプのウォールデコはあらゆる場所に飾ることができます。ヤシの葉のような濃い緑は、観葉植物の代わりに飾ることもできますね。殺風景な部屋に緑を手軽に取り入れることができますよ。

壁掛け用のフックが付属しているので、掛けるだけで完成します。他のフォトタイプのウォールデコと組み合わせて飾るのも良いですね。小さいサイズなのでトイレのような狭い空間に飾ることもできますよ。場所を選ばないウォールデコです。

サンサンフー-ファブリックパネル (4,873円)

豊富なデザインからピッタリのものが選べる

キャンバス地と原木フレームで作られたウォールデコは、豊富なデザインから選ぶことができます。部屋ごとにピッタリのウォールデコが選べ、思い通りのイメージに近づけることができますよ。女性に人気の北欧風デザインもあります。

布と木で作られているため、重量が軽く落ちた時にも安心です。そのため、子供やペットのいるご家庭におすすめです。ナチュラルやキュート、シンプルなどたくさんのデザインから選べるウォールデコは、お店のインテリアとしても使えますよ。

部屋のアクセントにおすすめのウォールデコ

Umbra -プリズマウォールデコ(3,850円)

おしゃれなギフトとして使える

umbraのウォールデコは幾何学的なデザインがポイント。そのため、オブジェや置物にするのがおすすめです。3種類のデザインのウォールデコは両面シールで壁に貼ることができますよ。おしゃれなので友人の引っ越し祝いや結婚祝いのギフトに使えますね。

ゴールドカラーは部屋全体に高級感を出してくれます。クリスマスにはオーナメントとして使うのもありです。貼り方によってイメージが変わるので、センス次第で雰囲気を変えられますよ。フックやワイヤー、シールなど自由な組み合わせがポイントです。

wood stock-つばめオーナメント(1,540円)

丁寧に手作された温かみが魅力

つばめをモチーフにしたウォールデコは、ひのきを使って作られています。ひとつひとつ手作りされ、色付けは国内で手作業されています。つばめは幸せを呼ぶ鳥と言われておりギフトにもおすすめです。壁には両面テープで貼るだけで簡単ですよ。

大きなサイズと小さなサイズのペアで、壁に飾った時のバランスがベスト。ナチュラルカラーでどんなお部屋のテイストにも馴染みますよ。壁に貼るのも素敵ですが、棚の上に置くだけでも可愛いですね。気分に合わせて飾り方を変えてみるのがおすすめです。

ストラップの木札屋-ウォールデコ和風(2,500円)

組子調の和風デザインがポイント

立体的な麻の葉をモチーフにした立体的なウォールデコです。和風のお部屋だけでなく、洋風のお部屋にもマッチしますよ。和モダンのインテリアやドアの飾り、店舗の内装におすすめです。高級旅館の欄間のようなデザインは高級感がありますね。

ひとつでもおしゃれに飾れますが、複数枚を組み合わせて飾ることもできますよ。配置の仕方で色々なデザインが楽しめます。広い壁なら枚数を多く使用して、サイズの大きなウォールパネルに仕上げてもいいですね。

ギギliving -アイアン壁飾りハートリーフ(20,900円)

真っ白の壁に映えるフォルムとカラー

ゆるやかなフォルムは、まるで風に吹かれたようなデザインです。金と銀、銅のメタルな輝きがポイント。一見、木々をモチーフにしたように見えますが、よく見るとハートの形をしています。縦のラインが協調されており部屋に広がりが生まれますよ。

アイアンのウォールデコは冷たい感じがありますが、全く冷たさを感じさせませんね。ハートは一つ一つ溶接にてつけられたハンドメイドです。手作り感がさらに温かみをもたらしています。ゴージャスなのに品のあるウォールデコです。

Creative Style-ウォールステッカー世界遺産(1,800円)

台紙から剥がして貼るだけ

リビングだけでなく、玄関や子供部屋、キッチンにおすすめのウォールデコです。シンプルなトイレに貼ると明るく個性的な空間になりますよ。繰り返し貼り直しができ、失敗しても大丈夫。これなら子供と楽しんで作業ができますね。

世界遺産をモチーフにしたウォールデコは、手書き風のイラストがポイント。誰もが知っているイラストは見ていても飽きないですね。一枚タイプのため自分で配置する必要はありません。子供部屋に使うと世界遺産の勉強にもなりますよ。

まとめ

季節に合わせたウォールデコがおすすめ

気軽に始めることができるウォールデコはリフォームのような大変な作業をしなくても、お部屋のテイストを変えられます。違うイメージにするときは、外して付け替えるだけ。そのため、ウォールデコは季節感を考えて楽しむのがおすすめです。ウォールデコは頻繁に取り換えてもリーズナブルで財布に優しいですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*