おすすめの防犯砂利人気比較ランキング!【セラミック製も】

憧れの一戸建てを購入したり、注文住宅で建てたりしたときに気になるのは防犯対策ですよね。一戸建てはマンションよりも防犯対策をしっかりしておかないと不安になるもの。特に窓や勝手口など進入路になりうるところは厳重に対策したいところです。そんなときにおすすめなのが防犯砂利です。防犯砂利は、砂利を敷くだけの手軽さと効果の高さで人気のある防犯対策のひとつですよ。この記事ではおすすめの防犯砂利をランキング形式でご紹介します。

防犯砂利のメリット

踏むと大きな音が出て不審者対策に効果的

防犯砂利は、砂利を軽く踏むだけで大きな音がするように作られています。不審者は何より大きい音を嫌うもの。庭や玄関の前、勝手口の前など進入路になりそうなところに敷き詰めておくと、誰か人が来たときに大きな音が出るので気づきやすくなります。防犯対策として効果的ですよ。

除草剤シートとあわせて使えば雑草対策にも使える

一戸建ての手入れで大変なもののひとつに、外構の雑草処理があります。放置するとあっという間に生えてくる雑草を抜くだけで処理するのは大変ですよね。防犯砂利は地面を覆うように敷くので、除草剤シートとあわせて使うと雑草の繁茂を抑えることが可能。庭やエクステリアのお手入れも簡単になるので一石二鳥です。

防犯砂利のデメリット

ペットや子供の怪我に注意

防犯砂利の中には砕けやすいものや角がとがっているものがあります。防犯砂利の上で子供が転んでしまったり、ペットが誤って踏み砕いてしまったりすると怪我の要因に。小さな子供やペットがいる場合は、角がなく砕けにくい安全性に配慮した砂利を選ぶと安心ですよ。

音がうるさいため隣に迷惑が掛かる場合も

防犯砂利は大きな音を立てる目的で敷くもの。しかし、音が大きすぎると近所の住民に迷惑がかかる場合もあります。せっかく防犯対策をしているのに、そのことでクレームになったら困りますよね。自宅の住民ががよく出入りする玄関などには音が大きすぎない砂利を敷き、人があまり通らない窓の下などには大きいとがする砂利を敷く、など使い分けるのもよいでしょう。

防犯砂利の種類

ガラス製

軽くて女性でも扱いやすい

ガラス製の防犯砂利は、原料のガラスを砂利のように加工して作られています。軽石と同様に細かな穴が開いているため、軽くて扱いやすいのが特徴といえるでしょう。力の弱い女性でも敷きやすく、手軽に取り入れられますよ。

ガラス製の防犯砂利は、軽すぎて風や雨で動いてしまう可能性があることがデメリットです。雨や風が強い日の翌日は周囲に散らばってしまっていないかチェックし、必要に応じて敷きなおすなどの工夫が必要です。また、砂利と砂利がこすれることによって粉が出ることもあるので、洗濯物などの近くには敷かないように心がけましょう。

石製

安定感があり雨に流されにくい

石製の防犯砂利は、しっかりした重さと安定感が魅力です。少しの雨風では動かないので、一度敷いたら手間がかかりません。カラーもさまざまあり、インテリア性もばつぐん。庭やエクステリアに高級感を与えてくれます。デザイン性もあきらめたくないという方にはおすすめの防犯砂利でしょう。

石製の防犯砂利のデメリットは重さがあることです。女性ひとりでは敷きにくいので、ふたり以上で敷く必要があります。また、ガラス製やセラミック製に比べると音がやや小さいのも難点。しかし音が大きすぎないということはメリットでもあり、住人がよく出入りする場所で使うにはぴったりともいえるでしょう。

セラミック製

重さがあるので雨にも流されにく

セラミック製の防犯砂利は、適度な重さと音の大きさに秀でているのが特徴です。雨で流されたり風に飛ばされたりする心配がないので、一度敷いたら手間がかからないのは魅力的。カラーは白やグレーが多いので、足跡がつくことを避けたい心理的抵抗感からの防犯対策にも効果的です。

セラミック製の防犯砂利のデメリットは、価格がやや高めなところです。広い庭全体を覆うとなるとかなりコストがかかってしまいます。掃き出し窓の近くや勝手口の周りなど、より防犯に注力したい効果的な場所に限定して敷くとよいでしょう。

防犯砂利の選び方

音の大きさで選ぶ

防犯性の高さを重視するなら表記が70dB以上のものを

防犯対策として防犯砂利を敷くなら、音の大きさにはこだわりたいもの。音が大きいほうが不審者対策としては効果的なので、70dB以上の表記があるものを選ぶとよいでしょう。住宅地で人が騒音と感じるのは昼は55dB以上、夜間だと45dB以上からといわれています。70dBはセミの鳴き声くらいの大きさなので、かなり高い防犯性が期待されるでしょう。

表記が75dB以上のものは侵入路になりやすい掃き出し窓や玄関の周辺に効果的

防犯性をとことん重視したいなら、表記が75dB以上のものがおすすめです。75dBは人が耳の近くで大声をあげているくらいの音量なので、家の中にいても音に気づきやすくなります。ただし、音が大きすぎて近所の住民からクレームが来てしまう可能性があるので、敷く場所には注意が必要です。不審者の進入路となりそうな掃き出し窓の近くや勝手口、玄関脇などピンポイントで使うと効果的ですよ。

粒の大きさで選ぶ

敷きやすさを重視するなら砂利の粒の大きさが0.1cmから3cm程度のものを

防犯砂利は素材によってはかなりの重量があります。また、敷く面積によっては1平米あたり60kgから80kgほど、2袋から5袋くらいを消費しなければなりません。その量の砂利を一人で敷くのは大変な労力です。広い範囲を覆いたい場合や、力の弱い女性がひとりで敷く場合であれば、砂利の粒の大きさが粒の大きさが0.1cmから3cmのなるべく小さなものを選びましょう。

雨風で飛ばされないようにするなら砂利の粒の大きさが2cmから5cm程度のものを

防犯砂利の粒の大きさが小さいものは、軽いというメリットがありますが、逆に雨風で飛ばされやすいというデメリットもあります。また、風で砂利が動いてしまうと砂利同士がこすれてしまい、粉が出てしまうことも。砂利の粒の大きさが2cmから5cmほどのものであれば、重量が出るので飛ばされにくくなり、多少の雨風にも耐えられるでしょう。

色で選ぶ

エクステリアにあわせた色あいならインテリアに馴染みやすい

防犯対策はとても大切なことですが、重視しすぎるあまり外構のイメージと砂利のテイストがちぐはぐだとがっかりしますよね。防犯砂利を選ぶときは、エクステリアにあわせた色合いにすることがとても重要です。特に玄関周りは家の顔でもあるので、妥協はしたくありませんよね。防犯砂利にもさまざまなカラーがあり、好きな色やインテリアにあわせてチョイスできますよ。

レッドやホワイトなど鮮やかな砂を選べばインテリアのアクセントとしても使える

防犯砂利というと、グレーや黒などをイメージする方も多いのではないでしょうか。最近の防犯砂利にはレッドやホワイトなど目に鮮やかなカラーリングの種類もあります。上手に防犯砂利を組み合わせれば、インテリアのアクセントにも使えますよ。また、ホワイトやクリーム系などの防犯砂利は、不審者に足跡を残すのではないかという心理的抵抗を与えることもでき、一石二鳥です。

防犯砂利のおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

音の大きさとコスパの良さが魅力

アイリスオーヤマの防犯砂利は、音の大きさに優れているのが特徴です。サイレンの音の大きさと同じレベルの80dBを誇るタイプもあるので、防犯対策としてかなりの効果が期待できます。価格帯もリーズナブルでコスパがよいのも魅力的。

東海砂利

高級感のある見た目と耐久性の高さに秀でている

東海砂利の防犯砂利は天然石を使ったものが多く、高級感ある見た目が特徴です。硬く丈夫なので耐久性があり、砕けにくいのも嬉しいポイント。一度敷けば長持ちするので、手間のかからなさも魅力ですよ。

エスパワー

高く鳴くような耳障りな音で防犯対策に効果的

エスパワーの防犯砂利は、高く鳴くように響く音が特徴的です。耳に障る音がするので、家の中にいても不審者に気づきやすく、高い防犯性が期待できます。水を吸いにくい性質の砂利を選べば植物の成長を予防することも可能。雑草対策としても効果的ですよ。

日本玉石

年数が経っても音の大きさが変わりにくい

日本玉石の防犯砂利は、丸みを帯びた石の形が特徴です。土に刺さりにくく踏み固まらないので、音の大きさが変わることなく長く使えますよ。和風、洋風のどちらにも似合う砂利なので、庭造りも楽しみたいという方にもおすすめです。

おすすめ&人気の防犯砂利ランキング

ガラス製でおすすめの防犯砂利

グリーンテック-防犯の砂利(5,092円)

軽量で扱いやすいだけでなく72dBの音量で防犯対策に効果あり

リサイクルガラス瓶を発砲させた素材で作られた防犯砂利です。軽量で敷きやすく、女性でも扱いやすいのが特徴。音量も約72dBあるので、防犯性もばっちりです。ホワイトとブラウンミックスの2色があるので、エクステリアの雰囲気にあわせて選べますよ。

ガラス製のため踏むと砕けてしまうので、砂利が減ってきたタイミングで補充が必要です。また、コンクリートの上に敷くとやや滑りやすいので、敷き場所には気をつけましょう。軽量で扱いやすい防犯砂利を探している方にはおすすめですよ。

コンパル-防犯用砂利(3,980円)

ブラウンカラーで洋風のエクステリアによくマッチする

リサイクルガラスを使用して作られたコンパルの防犯砂利です。一般的な砂利よりも大きな音がするので違和感に気づきやすく、空き巣やのぞき防止の対策にぴったり。近所の迷惑にならない程度の音量なので、人がよく出入りする玄関先や通路に敷くときに重宝するでしょう。

カラーはブラウンで、ナチュラル系のエクステリアとの相性が抜群。洋風の庭にもよくマッチします。除草後に敷き詰めると雑草が生えにくくなるので、防草効果も期待できますよ。景観を損なわない砂利なので、おしゃれなエクステリアにしたいという方にもおすすめです。

昭光-防犯ジャリ鳴~る(1,980円)

砂利の粒が大きく砕けにくいため長く使える

リサイクルガラスを使って作られた軽量の防犯砂利です。砂利の粒サイズが大きめなので、砕けやすいガラス製にも関わらず耐久性抜群。頻繁に砂利を入れ替えなくても効果が持続するので、忙しい方でも安心です。

色はホワイトとミックスの2種類。真っ白なホワイトは不審者の心理的抵抗感を高めるのに効果的です。ミックスはブラウン系の砂利なのでエクステリアになじみやすく、ナチュラルなイメージに仕上がりますよ。排水性に優れているため、余った砂利は鉢底石としても使用可能です。

こっこー-ガラスから生まれた防犯砂利(2,208円)

スーパーソルを利用したエコな防犯砂利

ガラスリサイクル材であるスーパーソルを使用した防犯砂利です。音量は70dBとセミの鳴き声くらいの大きさなので、防犯効果抜群。事前に除草して砂利を敷き詰めれば雑草も生えにくくなり、手入れの手間がかからず便利ですよ。

砂利の粒の大きさは小型と中型から選べるため、お好みでチョイス可能。色は明るいアイボリーと優しい印象のナチュラルの2種類があるので、お庭やエクステリアの雰囲気に合わせて選べます。排水性と通気性に優れているので水たまりができにくく、雨上がりの泥跳ね防止にも効果的です。

鳥取再資源化研究所-防犯砂利(18,519円)

10袋セットで広い範囲に敷きたいときに便利

一般家庭から出たガラス瓶をリサイクルして作られた防犯砂利です。踏みしめるとジャリジャリと音がするので、不審者対策に効果的。音量は約72dBで、家の中にいても違和感に気づきやすいですよ。アルカリ性の性質で雑草が生えにくい環境を作るため、防草効果も期待できます。

色はホワイト、ベージュ、ブラウンとなじみやすい3色から選べるので、庭やエクステリアの雰囲気にあわせてチョイスできます。余った砂利は鉢底石として使用もできますよ。10袋のセットになっているので、広い範囲に砂利を敷きたいというときにもおすすめ。

石製でおすすめの防犯砂利

日本玉石-鳴き砂利S(2,675円)

高級感のある見た目で庭造りも楽しめる

高級感のある石製の防犯砂利です。音の大きさは70dB以上。空き巣やのぞき防止対策として効果的です。砂利のサイズは10mmから15mmと小さめですが、しっかりとした重さがあるので雨風でも飛ばされにくく安全に使用できますよ。

保水と浸水に優れているので、雨水などを浸透させる効果があります。泥はねしにくく、住民が通りやすい場所に敷くときに重宝するでしょう。また、水にぬれると色が変わり、見た目も楽しめますよ。敷砂利としての高級感もあるので、庭造りを楽しみたいという方におすすめです。

東海砂利-瓦チップ(2,780円)

植物との相性もよくドライガーデニングの敷砂利にも使える

瓦を砕いて作った瓦チップで作られた防犯砂利です。歩くとザクザクとした音が鳴り、防犯対策に効果的。人が来たことがすぐに分かる音なので、のぞき防止にも有効です。大きすぎない音量で近所のご迷惑になることも少ないでしょう。透水性と保水性に優れているので、水たまりやぬかるみ防止にも重宝します。

カラーはブラウンとグレーの2色。和風、洋風のどちらの家にも似合う色合いです。雨にぬれるときりっとした色になり、見た目の変化も楽しめるでしょう。植物のグリーンとも相性がよいのでドライガーデニングの敷砂利としても使えますよ。エクステリアをおしゃれに彩りたいという方にもおすすめです。

建築金物-セラテール(1,324円)

吸水性の高いセラミックサンド製で打ち水による温度低減効果も期待できる

島根県で作られている石州瓦の規格外品を粉砕して製造したセラミックサンド製の防犯砂利です。踏むと程よい大きさで砂利が鳴り、人が歩いていることがすぐに分かります。大仰な防犯対策はしたくないけれど、人が歩いている音に気づけるものがよい、という方におすすめです。

砂利の表面に小さい穴がたくさん開いているので保水性が高く、打ち水による温度低減効果が期待されます。夏の日の照り返しも少ないため、南向きの庭や駐車場におすすめですよ。しっかり敷き詰めれば雑草も生えにくくなるので、庭の手入れがぐっと楽になります。忙しくて日頃の手入れが難しいという方にもぴったりです。

東海砂利-ナチュラルマーブライトピンク(3,480円)

砂利の角が丸く子供やペットがいても安心して使える

大理石でできた化粧砂利です。防犯砂利の機能がメインとして販売されているものではありませんが、踏むとジャラジャラとしっかり音が出るので代用品として使用できます。あまり大げさな防犯対策はしたくないけれど、人が来たときに分かるようにしておきたいという方におすすめですよ。

防犯砂利はどうしても砂利の角が鋭いものが多くなりがちですが、この製品は丸みを帯びた形が特徴的。小さなお子さまやペットがいても怪我をしにくいので安全に使えます。ピンク色の柔らかな色合いは洋風のエクステリアや庭にぴったりですよ。

長谷煉瓦-クラッシュブリック(3,795円)

国産レンガを砕いて作った砂利でデザイン性も抜群

国産のレンガをリサイクルして作られた防犯砂利です。砂利の表面が凹凸になっているので、踏むとジャリジャリと大きな音がするため防犯効果が期待できますよ。砂利の大きさは1mmから4mmまで入り混じっているので、敷いたときに変化がつきやすくおしゃれに仕上がるのも嬉しいポイント。

6色のカラーがあるので、敷きたい場所によって選べるのも魅力的。グラデーションのように仕上げることもできるので、庭やエクステリアのデザインの幅も広がります。防犯性もデザイン性もどちらも重視したいという方にぴったりといえるでしょう。

音の大きさでおすすめの防犯砂利

アイリスオーヤマ-防犯防草のジャリ(1,881円)

救急車のサイレン並みの大音量で不審者対策に効果的

リサイクルガラスを使用したアイリスオーヤマの防犯砂利です。音の大きさは80dBと大音量。歩くたびにジャリジャリと耳に障る音がします。救急車のサイレンや走行中の電車に近いくらいの大きさなので、侵入者対策にはばっちりの音量ですよ。

焼成加工を施しているので雑菌や虫の発生が予防できるのも嬉しいポイント。土との密着度が高く、防草効果も期待できます。コスパもよいので、庭の広い範囲を敷き詰めたいときにも便利ですよ。防草効果もある音の大きい防犯砂利を探している方にはおすすめです。

マツモト産業-防犯砂利(3,500円)

電話のベル並みの音量と天然石製の耐久性の高さが魅力

74dBもの音量を誇るマツモト産業の防犯砂利です。74dBは電話のベルの音や目覚まし時計の音に相当するくらいの音の大きさ。家の中にいても不審者に気づきやすく、高い防犯性が期待できます。重さもあるので雨風でも飛びにくいのも嬉しいポイントです。

天然石を使用して作られているので、砂利同士がこすれても砕けにくく、耐久性も抜群。長期的に品質が変わらないので年数が経ってもそのまま使用できます。耐久性が高い防犯砂利を探している方にぴったりといえるでしょう。

エスパワー-防犯草ストーン(1,950円)

高い周波数で耳障りな音がするので違和感に気づきやすい

高い周波数で大きな音が鳴る防犯砂利です。通常の砂利は低音域の音が出やすいですが、防犯草ストーンはガラスがこすれるような高音域から砂利特有の低音域まで幅広い音が出ます。そのため、違和感に気づきやすく、より高い防犯性が期待できるでしょう。

養分を含まない石を使用しているので、水分を吸収しにくく、雑草予防にも効果的。重量もあるので雨風に飛ばされにくいのも嬉しいポイントです。色も青みを感じるホワイトで、不審者の心理的抵抗感もアップ。砂利の見た目と高い音でダブルの効果が期待できますよ。

まとめ

防犯効果をより高めたいなら音量が大きい防犯砂利がおすすめ

防犯効果をより高めたいなら、なるべく音量が大きい防犯砂利を選ぶことをおすすめします。家の中にいると多少の音が鳴っても気づきにくいもの。また、音が大きければ近所の方にも気づいてもらいやすくなるので、進入路になりやすいところを中心に音量が大きい防犯砂利を敷くとよいでしょう。音の大きさで不審者を驚かすこともでき、一石二鳥ですよ。この記事ではおすすめの防犯砂利をご紹介しました。自分自身や家族の安全を守るためにも、ぜひ防犯砂利を取り入れて防犯対策をしてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*