おすすめのロードバイク用シューズカバー人気比較ランキング!【防水も】

ロードバイクでサイクリング行くときに、寒さや風が気になることはありませんか。そんなときにおすすめなのが、ロードバイク用のシューズカバーです。通常のシューズカバーは靴が汚れないようにかぶせるものですが、ロードバイク用のシューズカバーはそれだけではなく、走りやすくするためのさまざまな機能が備わっていますよ。この記事では、そんなロードバイク用のシューズカバーをランキング形式でご紹介します。

ロードバイク用シューズカバーの特徴

寒さや雨の対策に効果的

雨天時や冬の季節にロードバイクに乗っていると、寒くて足元がかじかむことはありませんか。ロードバイクは通常のシティバイクに比べてスピードが出やすいので、その分風の影響を受けてしまいます。ロードバイク用のシューズカバーは、足元をすっぽりと覆うことで寒さや雨天時の水の侵入を防ぎやすくすることが可能。冷え対策に効果的です。

空気抵抗を軽減しより快適なペダリングができる

ロードバイクを速く走らせるためには空気抵抗をいかに防ぐかが大切です。ロードバイク用のシューズカバーには空気抵抗を軽減するための機能が備わっているものがあります。足の形に沿わせたぴったりとしたシューズカバーをつけることで、余計な空気抵抗を軽くすることが可能。タイムトライアルや競技に参加するときなどに重宝するでしょう。

ロードバイク用シューズカバーの種類

オーバーシューズ型

生地を伸ばすことなくスムーズに履ける

オーバーシューズ型のロードバイク用シューズカバーは、ジッパーやマジックテープを使って履くことが特徴です。そのため、別名をジッパー型、ベルクロ型とも呼びます。カバーの生地を伸ばさず着脱できるので、ストレスなく着脱できますよ。

オーバーシューズ型のデメリットは、ジッパーやマジックテープなどのパーツが多い分、やや破れやすいところにあります。生地が破れるとそこから冷気が入り込み、せっかくの防寒性や防風性を活かしきれません。オーバーシューズ型のロードバイク用のシューズカバーを装着するときは力を入れすぎないように気をつけましょう。また、自分の足にあったサイズを選ぶことも大切なポイントです。

オーバーソックス型

足への密着度が高くペダリングが快適になる

オーバーソックス型は伸び縮みしやすい生地で作られているため、足にぴったりと密着するのがポイントです。足首を固定される感覚が軽減し、より自由なペダリングが実現。クリート部分やスパイク部分を自分でカットして使うものも多いため、サイズの調整がしやすいのも嬉しいですね。

オーバーソックス型のデメリットは、汚れやすいことです。鮮やかな色使いのものが多いため、どうしても汚れが目立ってしまいます。また、足にしっかり密着しているが故に脱ぎにくいのもストレスに感じるかもしれません。しかし、通常の靴下と同じように洗濯できたり、比較的安価で手に入るので気軽に買い替えることができたりというメリットもあります。ロードバイク用シューズカバーを初めて使う方にもおすすめですよ。

ロードバイク用シューズカバーの選び方

保温性で選ぶ

起毛仕様があれば温かく冬のサイクリングも快適になる

冬場のサイクリングはただでさえ寒いものです。特に外気温が5度以下でロードバイクに乗ると、耐寒気温がマイナスになることも。霜焼けにならないように、体の先端を温かくすることは寒さ対策の基本の一歩です。つま先を温める目的でロードバイク用のシューズカバーを使うなら、シューズカバーの裏生地が起毛仕様になっているものを選ぶとよいでしょう。

カイロが入るポケットがあるものなら足先の冷え対策もばっちり

ロードバイク用のシューズカバーの中には、カイロが入れられるようにポケットがついているものがあります。直接肌に近い場所を温められるので、より温かく、寒い季節でのペダリングも快適ですよ。低温やけどに注意する必要があるので、厚手の靴下と組み合わせて使用するとよいでしょう。寒さの厳しい場所でサイクリングを行うという方に特におすすめです。

防水性で選ぶ

撥水加工がしてあるものを選べば雨天時の走行に便利

ロードバイクでサイクリングしている最中に、急に雨が降ってくることもありますよね。水を吸ったウェアやシューズは重くなり、その分空気抵抗も受けやすくなります。また、雨に濡れたつま先はより冷えてかじかんみ、ペダリング時に危険になることも。撥水加工がしてあるシューズカバーなら、ちょっとした水なら弾くことが可能。シューズの中にまで水が入ってこないので、急な雨の日でも安心して運転できますよ。

水で丸洗いできるものならお手入れも簡単

ロードバイク用のシューズカバーはシューズの上にかぶせて使うものなので、そのまま地面に足を着いて行動することも多いでしょう。そのため、どうしても汚れが気になることも。丸洗いできるタイプのシューズカバーなら、汚れても都度水洗いできるので衛生的に使えます。泥やホコリ汚れも落とせるため、コンクリート舗装されていないような場所をサイクリングするという方にもおすすめですよ。

防風性で選ぶ

走行時の風の侵入は体温を下げペダリング時に危険

ロードバイクはスピードが出やすいので、風の影響を受けやすい乗り物です。寒い季節にスピードを出してサイクリングしていると、ウェアやシューズの隙間から風が入り込み、体温をどんどん奪ってしまいます。体温が下がった状態でペダリングすると足がかじかみ、うまく動かすことができなくなります。その結果操作ミスを引き起こし、大きな事故にも繋がりかねません。冬のサイクリングを安全に楽しむためには、風の侵入をいかに防ぐかも考えたほうがよいでしょう。

防風ジッパーやストームフラップがあれば冷気の侵入を防げる

ロードバイク用のシューズカバーには、防風ジッパーやストームフラップがついた種類があります。この機能により、隙間風の侵入をある程度防ぐことができますよ。風が強く吹く大きな通りを走るときや、海辺の近くでサイクリングするときに重宝するでしょう。防風機能は、足先の凍傷や霜焼けを防ぐためにもぜひ取り入れたい機能のひとつです。

ロードバイク用シューズカバーのおすすめブランド・メーカー

シマノ

自転車用品専門店ならではの確かな品質が魅力

シマノは自転車のパーツを専門的に扱っている日本の企業です。シマノのロードバイク用シューズカバーは、豊富なラインナップが魅力のひとつ。用途に合わせて自分にぴったりのシューズカバーが選べますよ。防水や保温の機能がしっかりと備わっていることやその品質の高さから、ロードバイクのプロからアマチュアまで世界中のユーザーに愛されています。

パールイズミ

スピードにもこだわりたいという方にピッタリ

パールイズミは、自転車の競技用ウェアを専門的に扱う日本の企業です。競技用の製品を取り扱っているだけあり、ロードバイク用のシューズカバーもスピードが出しやすい空気抵抗軽減の機能が備わっていることが魅力。防寒対策だけではなく、スピードにもこだわりたいという方におすすめですよ。

ディフィート

ビビットな色遣いで夜のサイクリングも安全

ディフィートはスポーツ専用のソックスを扱うアメリカのメーカーです。オーバーソックス型のシューズカバーが主流で、編み方や素材にこだわっていることがポイント。より丈夫で破れにいように耐久性を向上させています。また、蛍光色やパッションカラーなど鮮やかな色合いのシューズカバーが多く、夕方や夜でも目立ちやすいのも嬉しいポイント。夜道を走るときの安全対策にもおすすめですよ。

フットマックス

コスパがよく気軽に買い替えができる

フットマックスは創業100年以上を誇る日本の靴下専門メーカーです。ロードバイク用のシューズカバーは勿論のこと、ゴルフやクライミング、ランニング用などスポーツ用の靴下に特化しているのが特徴。培った豊富なノウハウでより、丈夫で機能的なシューズカバーを製造しています。フットマックスのシューズカバーは機能的かつコスパがよいのも魅力のひとつ。気軽に買い替えられるので、ロードバイク用のシューズカバー初心者にもおすすめですよ。

おすすめ&人気のロードバイク用シューズカバーランキング

保温性でおすすめのロードバイク用シューズカバー

パールイズミ-プレミアムシューズカバー(7,920円)

ミニカイロが入れられるポケット付きで温かさにこだわりたい方におすすめ

防風性と遠赤外線効果が得られるウィンドブレークチタニウムを生地に採用し、保温力に秀でたシューズカバーです。つま先から足の甲の部分には中綿が施されているほか、つま先の裏部分には小さめのカイロが入れられるポケットがついています。とにかく温かさを重視したいという方におすすめですよ。

ファスナーはフルオープンタイプ、足裏はベルクロで着脱も簡単にできます。ストレスなく使用できるのも嬉しい仕様ですね。温かさは折り紙付きなので、真冬や風が強い日のライディングの心強い味方になってくれるでしょう。

ディフィート-スリップストリーム(4,702円)

密度の高いソックスで温かさを実現

オーバーソックス型のロードバイク用シューズカバーです。伸縮性の高い素材を使って密度高く織りあげているので、薄手にも関わらず防風性と防寒性に優れています。足にぴったり密着することや、縫い目がないため空気抵抗軽減の効果も期待できますよ。

カラーのラインナップが豊富なのも魅力のひとつ。8色から選べるので、ウェアにあわせてコーディネートできます。寒い日でも楽しい気分で出かけられそうですね。シューズのクリートやヒール部分にあわせてカッティングできるのも嬉しいポイント。自分のシューズの形によりフィットさせられます。

ディフィート-Pre-Cut(5,569円)

足首まですっぽり包み込む厚手の靴下のような温かさ

メリノウール生地を採用することで保温性に特化したシューズカバーです。足首まですっぽり覆うタイプで、厚手の靴下のような履き心地。寒さが厳しいときでもしっかりと足元を温めてくれます。伸縮性のある生地は足にぴったりと密着し、ペダリングも快適ですよ。

オーバーソックス型のロードバイク用シューズカバーは自分で靴の形にあわせて切込みを入れることが多いもの。しかし、このシューズカバーはあらかじめクリートとヒール部分がカットされており、切込みの周りをステッチ処理してあります。オーバーソックス型にありがちなほつれが少なくなり、より丈夫に使えますよ。ソックス型のシューズカバーを長く使いたいという方におすすめです。

フットマックス-サイクルシューズカバー(2,160円)

リーズナブルな価格でコスパ最高

足首にまでぴったり密着するタイプのシューズカバーです。ナイロン製の生地は伸縮性に富んでおり、足にフィットしやすいのが特徴。本格的な寒さはまだだけど、シューズカバーなしでライディングするには少し厳しい秋や春先におすすめです。

6色からなる豊富なカラーラインナップで、ウェアにあわせて選ぶことができます。よりファッショナブルにサイクリングしたいという方にはぴったりですね。価格帯もリーズナブルなので、気軽に買い替えられるのも魅力的。シューズカバー初心者にもおすすめですよ。

パールイズミ-ヒーターシューズカバー(20,240円)

カーボンヒーター内蔵で氷点下の寒さにも耐えられる

ヒーター内蔵型のシューズカバーです。カーボンファイバーヒーターを採用し、足の甲からしっかりと包み込むように温めます。二重構造の中綿を使用し、持続した温かさを実現。ヒーターで温めた熱を外に逃がしません。

バッテリーはフル充電で約6時間から7時間持ちますので、長時間のライディングでも快適に過ごせます。ベルクロ仕様で着脱も簡単。ストレスなく使用できますよ。お値段は張りますが、とにかく足を冷やしたくないという方におすすめです。

防水性でおすすめのロードバイク用シューズカバー

シマノ-シューズカバーS2100D(3,465円)

生地にポリウレタンコーティングを採用し防水性に優れている

オーバーシューズ型のロードバイク用シューズカバーです。生地にポリウレタンコーティングを使用。防水性に優れているため少しの雨なら問題なくライドできます。薄手で履きやすく、ごわつかないのも魅力的。着用感を感じにくく、快適なペダリングができますよ。

色はウェアと馴染みやすいブラックと、夜道でも目立って安全なネオンイエローの2色。ジッパーで着脱できるのでストレスなく装着できますよ。ジッパーの内側にはストームフラップがあるので、防風性もばっちり。雨風からシューズをしっかりと守ってくれるので、悪天候の日でも安全にロードバイクを楽しむことができますよ。

シマノ-ソフトシェルシューズカバーS1100X(5,104円)

撥水コーティングを施された記事が雨をしっかりガード

柔らかで伸縮性に富んだ合成ゴム生地のネオプレンとソフトシェルファブリックを採用し、着脱しやすいシューズカバーです。生地には撥水コーティングを施しているため、雨を弾くことが可能。生地の縫目にも耐水テープが貼られているので、隙間からの水の侵入も防げます。

内部は裏起毛仕様になっているので寒い日でも温かさを保つことができます。リフレクターが光をしっかりと反射し、雨や夜間の薄暗いときでも安全にライディングできますよ。雨の日でも快適にロードバイクに乗りたいという方におすすめです。

パールイズミ-コーティングロングシューズカバー (4,730円)

空気抵抗を軽減でき長時間のライディングも快適

ポリウレタンコーティング加工により雨対策に効果的なシューズカバーです。水の侵入を防ぐほか、空気抵抗を軽減することも可能。よりスピードを感じたい方や、長時間のライディングをするという方におすすめですよ。

カラーはホワイト、ブラック、レッド、シルバー、パールイエローの5色から選択可能。ウェアとあわせてファッショナブルにコーディネートすることもできます。シックな色合いにすればスタイリッシュな印象に、明るいカラーを選べば夜間のライディングでも安全ですね。

パールイズミ-レインシューズカバー(4,840円)

カジュアルシューズにも使用できる

ロードバイク用だけではなくカジュアルシューズにも使える汎用性の高いシューズカバーです。撥水加工を施した生地で雨をしっかりガードします。専用ポーチ付きなので通勤通学で使うときもさっと収納でき便利ですよ。

フルオープンファスナーで着脱も簡単なので、ストレスなく装着できます。足裏のベルクロでサイズの調整ができるので、さまざまな靴の上からでも履くことが可能。ロードバイク用以外でもシューズカバーを使いたいという方におすすめです。

レリック-ダグ防水シューズカバー(6,930円)

靴下に防水フィルムを張り合わせ水の侵入をしっかり防ぐ

オーバーソックス型では珍しい防水加工の施されたシューズカバーです。オリジナルの製法で継ぎ目なく編みあげた靴下に、防水のフィルムを貼り合わせているためしっかりと水を防ぐことが可能。雨天時のライディングもスムーズですよ。

伸縮性の高い生地は足にしっかりと密着し、快適にペダリング可能。水だけではなく風も防ぐことができるので、つま先まで温かく霜焼けのリスクも軽減できます。悪天候時でもオーバーソックス型のシューズカバーを使いたいという方におすすめですよ。

防風性でおすすめのロードバイク用シューズカバー

シマノ-シューズカバーS2000D (4,980円)

防風フラップ付きジッパーが風の侵入をしっかり防ぐ

防風性に優れたシューズカバーです。足首周りの防風フラップ付きジッパーが隙間風の侵入をしっかりと防ぎ、シューズ内の冷えを軽減します。厚さ2mmの薄手仕様でフィット感も抜群。履き心地も妥協しません。

使用想定気温がマイナス5度から5度なので、オールシーズン使用できるのも魅力的です。かかと部分には光を反射する大きめのラージリフレクターがあり、後方からの車のライトをしっかりと反射してくれます。日が落ちるのが早い冬には嬉しい機能ですね。

ベロトーゼ-トールシューズカバー(3,025円)

シリコンと天然ゴム製で風をしっかり防ぐことができる

シリコンや天然ゴムで製造されたシューズカバーです。雨は勿論のこと、走行による風もしっかりガードでき、シューズの中を温かく保つことができますよ。足首までぴったりと覆うタイプなので、空気抵抗の軽減にも効果的。

色は8種類と豊富なカラーリングで、好きな色をチョイスできます。ウェアやロードバイクの色ともコーディネートでき、雨の日のサイクリングも楽しくなりそうですね。ファッショナブルにロードバイクを楽しみたいという方にもおすすめですよ。

BBB-ヘビーデューティOSS(4,158円)

ネオプレン素材が風を防ぎ厚みのある空気の層を作る

合成ゴム生地であるネオプレンが風をしっかりガードしてくれるシューズカバーです。ウェットスーツにも使用されている素材が厚みのある空気の層を作り、高い防寒性が期待できます。3mmほどの薄さでペダリングも快適にできますよ。

ジッパーで着脱できるので、履きやすいのも魅力のひとつ。シルバー部分のプリントは反射素材なので夜間でも視認性が高く安心です。夜道のライディングでも安心して使えるのは嬉しいですね。本格的な寒さに備えたい方にもおすすめです。

シマノ-ソフトシェルシューズカバーS1100R (5,104円)

ソフトシェル素材が隙間からの風の侵入を防止

素材にソフトシェルファブリックを採用し、防風性を高めたシューズカバーです。カバーの内側は裏起毛仕様になっており、温かさをプラス。撥水コーティングも施されているので、少しの雨にも負けずに使用することができます。

伸び縮みしやすいネオプレンを使用しているので、着脱がしやすいのも嬉しいポイント。消耗の激しいつま先には補強を施し、耐久性もばっちりです。雨風を防ぎ温かさも十分なので、バランスの取れたシューズカバーを探している方におすすめですよ。

パールイズミ-ウィンドブレークプリントシューズカバー(7,425円)

ウインドブレーク素材使用で冷風をしっかりガード

防風性と保温性に効果が期待できるウィンドブレーク素材を採用したシューズカバーです。透湿と耐水性能に優れているので寒さが厳しい季節でもムレ感なく快適に使用できます。ファスナー式で着脱が簡単なのも嬉しいポイント。

ファスナー部分はロックがかかる仕様なので走行中にずり落ちることもなく安心して使えます。色はネオンイエロー、ディープレッド、オアシスの個性的なカラーリング。スタイリッシュなジオメトリック柄で足元からおしゃれを楽しめますよ。海辺や風の強い日にライディングしたいという方におすすめです。

まとめ

ロードバイク用のシューズカバーを初めて使うならオーバーソックス型がおすすめ

ロードバイク用のシューズカバーを初めて使うならオーバーソックス型がおすすめです。オーバーソックス型は足をすっぽり包み込んでくれるので、装着感が快適なのが特徴。足首を固定しないので安全にペダリングできます。値段も控えめなものが多いので、気軽に買い替えられるのも魅力のひとつといえるでしょう。この記事では、おすすめのロードバイク用のシューズカバーをランキング形式でご紹介しました。足先が冷えるとうまくペダリングできず、操作ミスに繋がる場合も。秋冬のサイクリングにはぜひロードバイク用のシューズカバーを使用し、温かくしてから出かけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*