おすすめのストレッチフィルム人気比較ランキング!【使い方も】

ストレッチフィルムは業務用で使い方が難しいと思っている人も大勢いることでしょう。しかし、力のない方でも簡単に扱える物や、ホルダー付きで片手でも持てるハンディタイプの物もあります。ストレッチフィルムは家庭に1つあるだけで、通販で溜まっているダンボールやゴミの片付けに便利です。今回は、業務用から手軽に扱える軽量のストレッチフィルムまで、ランキング形式で紹介します。是非、参考にしてみてください。

ストレッチフィルムの特徴

引っ越しの時の梱包作業に重宝する

引っ越しの荷造り作業は、ひもで結ぶと手が痛くなりますしテープを使って止めるのは時間がかかります。しかし、ストレッチフィルムを使えば、荷物をフィルムで巻くだけ。まとめた小物やダンボールでも、梱包作業が簡単になります。プライベートでも仕事でも重宝する機会が多いアイテムですよ。また、ストレッチフィルムはポリエチレン樹脂を使用しているのでダイオキシンが発生しません。ストレッチフィルムは環境に良い素材を使用しておりクリーンですので、SDGsにも貢献しています。SDGsの取り組みを積極的に進めている方にもおすすめです。ストレッチフィルムを巻いたままごみに捨てることもできますよ。

汚れや傷から大事な配送物を守る

ストレッチフィルムは頑丈で破れにくい上に、簡易的な防水や防塵効果があることがメリットです。防塵効果があると、長期間物を保存しても中にほこりが溜まりません。長期間保存した荷物からフィルムを取っても中身は綺麗なままなので、荷物にほこりが溜まるのが嫌な人にも最適です。また、自己粘着性を持っており、荷物をフィルムで巻くとより強い耐久性が付きます。荷崩れは起きませんし、荷物同士が接触しても大切な配送物を傷から守ります。

ストレッチフィルムの使い方

下から上に巻き角では力を入れる

ストレッチフィルムの使い方は簡単です。まず、先端をぺりっと少しめくります。そして、先端に少しだけだまを作ってください。だまを作ったら、そのだまをダンボールの下や隙間に入れましょう。次に、ストレッチフィルムの両端を持ち、パレットに積まれたダンボールの周囲を下から上にぐるぐると回すとフィルムが巻けます。1回転目は力を入れずに緩めに巻き、2回転目から角で力を入れ伸ばしながら巻いてきます。上段はぐらつきやすいので、2回転ぐらい巻いて強度を付けるといいでしょう。最後にダンボールの角か何かで破りとって、ペタッと貼り付けて終わりです。

ストレッチフィルムの種類

手巻きタイプ

積み重ねたダンボールをまとめて粘着させ荷崩れを防ぐ

手巻きタイプのストレッチフィルムの幅は大きく分けて2種類の幅があります。幅300mmと幅500mmの2種類です。手巻きタイプのストレッチフィルムは、長さがあり、幅も広いのが特徴です。そのため、巻くテクニックが付いてくれば大きな荷物も短時間で巻けるようになります。

しかも、パレットに積み重ねたダンボールなど大型の物に巻くと配送時の荷崩れを防止してくれるのも特徴です。そのため、トラックに積んでいる荷物が配送先に着く前に急ブレーキをかけたら崩れた、というトラブルも少なくなります。手巻きタイプは、配送時に崩れるリスクのある、大型の物を巻くのにおすすめです。

ハンディタイプ

小物や家庭ごみをまとめるときに便利

ハンディタイプはストレッチフィルムの中でも軽量タイプで低コスパです。軽量な分、大掛かりな作業に必要な工具もいりません。包装作業がとても楽に行えます。そのため、ハンディタイプは力のない方や体力のない方でも気軽に扱えるのがメリットです。

使い方は、荷物をまとめて片手で押さえてぐるぐると数回転巻くだけです。簡単な作業でできるので、小物や雑誌、家庭ごみをまとめるときに重宝します。また、ストレッチフィルムの使い方が分からない初心者にも簡単に扱えます。まさに、ハンディタイプは入門用とも言えるでしょう。

ストレッチフィルムの選び方

厚みで選ぶ

初心者なら耐久性が高い18ミクロンサイズが便利

ストレッチフィルムの厚みの単位はμです。厚みは8μから25μと幅広い種類があり、選ぶ際の目安となります。μの厚みは数字で比例していきます。初心者には厚手と薄手の中間の厚みで汎用性がある、15μから18μがおすすめ。厚手のストレッチフィルムの価格は高価です。しかし、強度があるので作業中でも不用意に破れることはありません。15μから18μは業務用の中でも初心者が気軽に扱えるタイプになります。

低価格な15ミクロン以下は熟練者向け

厚み15μ以下のストレッチフィルムは手で引きちぎれる薄さが特徴です。ただ、不注意で破れやすいので、多少のテクニックは必要。しかし、しっかりと巻いていけば頑丈に仕上がります。また、薄手のストレッチフィルムは、重量が軽量で作業がしやすいのもメリットです。しかも、薄いので透明度が高く、巻いたとき綺麗に中身が見えます。配送物の清潔感を演出できる点もポイントです。

機能性で選ぶ

中身を隠したい場合は色が付いているカラータイプもある

ストレッチフィルムは白色の透明色だけではありません。機能性が高いカラータイプもあります。カラータイプの便利なところは、荷物を分別できる点にあります。赤色のストレッチフィルムでは、エラー対策に使えるでしょう。黒色のストレッチフィルムを使用すれば、目隠しになるのでクライアントのプライバシーを保護する目的でも使用できますね。カラータイプを使用すればアイディア次第で便利に使えますよ。

ハサミ無しで切れる便利なホルダー付きもある

手巻きタイプのストレッチフィルムは、慣れていないと扱いが難しいことも。しかし、ハンディタイプのストレッチフィルムなら簡便性があります。たとえば、雑誌のような小さい物だと、ホルダー付きのローラーをコロコロ回すだけで包装作業が片手で完了。また、ホルダーと切る機能が付いた一体型のハンディタイプのストレッチフィルムもあります。巻き終わった際に、ストッパーをグイっと押さえると切れるので作業が簡単です。ハンディタイプは力のない人や体力がない人でも気軽に扱える点が便利です。

幅で選ぶ

幅が10cm以下は小回りが利いて便利

幅が10cm以下は業務用ではなく、家庭で使われるハンディタイプのストレッチフィルムによく採用されています。ハンディタイプのストレッチフィルムは持ち手にホルダーが付いている場合があります。重さも1kg前後が多めで、牛乳1L程度の重さです。そのため、幅が10cm以下のストレッチフィルムは、軽量で片手でも扱いやすく、小回りが利き細かい場所にも手が届きます。中には、5cmとガムテープ並みに幅が狭いタイプもあります。幅が狭くなるほど小回りが利いて便利ですので、幅の大きさもストレッチフィルムを選ぶときには確認すると良いでしょう。

幅が300mm以上は作業効率のUPが期待できる

幅が300mmや500mmのストレッチフィルムは主に業務用です。幅が広いと巻ける範囲も広くなりますが、重さが伴います。フィルムの両端を持ち、巻いていくので、手も痛くなりますね。そのため、軍手やホルダーは必要。しかしその分、一気に巻けるので作業効率化を図れます。配送業や運送業などパレットにダンボールを積んで巻くタイプは大抵300mmか500mmのストレッチフィルムですよ。

ストレッチフィルムのおすすめブランド・メーカー

トラスコ中山(TRUSCO)

検索性と機能性で金賞の受賞経験を持つプロツール専門のメーカー

業務用のプロツールを中心に製造販売をしているメーカーがトラスコ中山です。扱っているプロツールのアイテム数も豊富で、在庫数は426,300個もあります。トラスコ中山は検索生と機能性では金賞の受賞経験を持つプロフェッショナルのメーカーでもあります。ストレッチフィルムに高耐久や作業効率性を求めるニーズにぴったりです。

山善(YAMAZEN)

お手頃な価格で住生活に必要な便利グッズを製造販売しているメーカー

山善は生活基盤を支える消耗品を中心に製造販売を行う専門商社。ストレッチフィルムは手持ちタイプだけではなく、ハンディタイプまで幅広く販売しています。中でもハンディタイプのストレッチフィルムは、家庭の台所に1つあっても違和感のないデザインです。

ハンディ・クラウン

家庭用で扱いやすいハンディタイプの種類が豊富なメーカー

ハンディクラウンは、生活をクリエイティブに楽しもう、をスローガンに掲げているメーカー。ローラーをはじめDIY用品など幅広い製品を扱っています。高耐久や作業効率アップのプロ向けのストレッチフィルムより、DIYなどでも使用できるハンディタイプの種類が豊富です。

ヨイジム(Yoijimu)

オンラインを中心に販売を展開するネットショップ

ヨイジムは事務用品などを販売しているネットショップです。ヨイジムでは、カラータイプのストレッチフィルムやハンディタイプのハンドルも販売しています。スペアだけ購入してハンドルがないという場合にもおすすめのブランドです。

おすすめ&人気のストレッチフィルムランキング

手巻きタイプでおすすめのストレッチフィルム

モロフジ-ストレッチフィルム (6,392円)

普段使からプロまで厚み15μのストレッチフィルム

厚み15μのストレッチフィルムは、業界でもスタンダードな厚みです。15μの厚みの場合、伸縮性も十分あります。引き裂き強度も最適。引っ越しの荷造り作業など普段使いの梱包作業にも大活躍します。また、幅500mmと範囲が広いので、仕事の梱包作業にも使え汎用性があります。

モロフジのストレッチフィルムは透明度も高いのが特徴です。透明度が高いため、製品やダンボールに巻き付けても清潔感を演出できるでしょう。クライアントも満足になる美しさを演出します。透明度の高いストレッチフィルムはゴミを捨てるよりも、梱包の際に活躍しますよ。

サンキョウプラテック-業務用ストレッチフィルム (3,060円)

低コスパで破れにくい業務用ストレッチフィルム

業界スタンダードの厚み15μより少し下がったのが12μのストレッチフィルム。12μのストレッチフィルムは、薄手なうえに軽くて持ちやすく、梱包作業がしやすいのが特徴です。薄手ですが、伸び率と引長強度も高いので、問題なく頑丈に梱包できますよ。

しかも、直鎖状低密度ポリエチレンという素材を使用しており、伸びに強く柔軟性があります。直鎖状低密度ポリエチレンの素材を採用したストレッチフィルムは、大の大人が2人で引っ張っても破れない強度です。強度があり、梱包作業の効率化を図りたい人などに12μのストレッチフィルムはおすすめです。

山善-ストレッチフィルム (1,099円)

安心安全な日本ブランドのストレッチフィルム

山善のストレッチフィルムは厚みも15μと高強度が特徴です。ラップ類より頑丈で、ガムテープより手軽に包装できます。実は、15μの厚みは扱いやすいので、使用しているのは何も運搬のプロだけではありません。家庭でも使用されています。たとえば、キャンプ時の風よけにも使えるでしょう。

山善のストレッチフィルムは材質にポリエチレン樹脂を使用しており、自己粘着性も持っています。自己粘着性はフィルム同士が自然に粘着し、巻きつくようになります。そのため、初心者でも綺麗に巻けるのが特徴です。さらに、ストレッチフィルムホルダーと併用することで、手を痛めることがなくなり使いやすくなりますよ。

TRUSCO-ストレッチフィルム (1,164円)

厚み18μの強度を持つストレッチフィルム

トラスコ中山のストレッチフィルムは、厚み18μで引張強度が400もありかなり頑丈です。少し突起物に当たったぐらいでは破れない強度を誇ります。たとえば、配送トラックが転倒しない限り破れません。破れない強度を誇る18μは特に、初心者に最適です。

幅も500mmで1ロール300mもあります。しっかりと巻く必要がある運搬業務でも、1ロール300mはすぐにはなくなりません。家庭でよく扱う人でも1ロール300mで1ケ月以上は持つでしょう。1ロール300mの大容量は、ストレッチフィルムをよく使用する方におすすめできる量です。

MMP JAPAN-ストレッチフィルム(6,402円)

500mm幅で梱包作業もスピーディーに

厚みが8μとかなり薄めのストレッチフィルム。薄いにもかかわらず伸張性もあり、強度も高いのが特徴です。そして、何よりよく伸びます。よく伸びるということは、フィルムを真っすぐに張れ、美しさを保てるということでもあります。また、粘着力もあり幅も500mmと広いので梱包作業がしやすくなるのもポイントです。

薄くて透明度も高いので、フィルムを巻いても、ダンボールのフォントがしっかりと視認できます。間違えてバラしてしまうというヒューマンエラーも起きません。切る時など軽く角に当てて引っ張るだけでちぎれるのでカッターいらず。ストレッチフィルムで8μの厚みは作業効率を大幅にアップする薄さです。

ハンディタイプでおすすめのストレッチフィルム

ハンディ・クラウン-ストレッチフィルムセット (603円)

ハンドルとストッパー付きで切る作業まで簡単に

ハンディタイプのストレッチフィルムは、軽量で持ち運べる大きさがメリットです。その重さはたったの240g。1ロール150mと容量もたくさんあります。巻く作業に慣れてくると、手に多少の不自由があっても片手で作業ができるでしょう。

しかも、ハンディクラウンのストレッチフィルムはハンドルのサイドにストッパーが付いています。巻き終わった後にハンドルを押さえると手で簡単に切れるのが特徴です。結束バンド代わりにストレッチフィルムで絡まっているコードを縛るといった面白い使い方もあります。家庭に1つ常備していると便利です。

山善-ハンディラップ くるット (380円)

くるット巻くだけで簡単にまとめる手軽さが便利

日本ブランド山善のハンディラップくるットは、ハンドルにロールだけが付いたシンプルなストレッチフィルム。フィルムの幅は10cmで1ロール150mと大容量。旅行や出張の時にも、鞄に入れて持ち運びができる程度の大きさです。

扱い方もコロコロと回して接着させるだけです。誰にでも簡単に使用できる手軽さもあります。荷物を巻き終わって切る時も、手だけで引きちぎれるので切る工具はいりません。ストレッチフィルムに余計な機能はいらないという人にもおすすめです。

ハンディ・クラウン-ハンディストレッチ フィルムスペア (330円)

女性も手軽に扱えるハンディタイプのストレッチフィルム

ハンディラップのスペア版で、ホルダーを付けると格段に扱いやすくなります。女性でも軽々と扱える手軽さで、ガムテープやひもで縛るよりもまとめるのが簡単なツール。1本の値段がリーズナブルで経済的な点もポイントです。

1つでもストックしておくと在庫が切れたときにも安心できます。見た目はかなり薄いですが、よく伸びてぴったりと密着してくれます。ホルダーがないほうが細かい箇所の接着がしやすいことがあるので、ホルダーなしのスペア版もおすすめです。

ジャパックス-ハンディーラップ  (1,169円)

伸張性200%以上で使い方も簡単

ポリ袋を中心に製造販売を手掛けているのがジャパックスというメーカー。そのジャパックスが販売するハンディラップは、ハンドル付きのタイプで誰にでも扱えます。厚みが20μもあるわりに、伸び率もかなり高く、伸張性は200%以上あります。

使い方も簡単で、ラップを少し伸ばして対象物にくるくると巻きつけるだけ。自己粘着性があるので、巻くだけで自然に張り付き、初心者でも操作が簡単です。また、巻き付ける強度も力加減で調整可能になります。切る時も手だけで切れるので使い勝手のいいハンディラップです。

KAMIOLSHOP-ハンディラップ ストレッチフィルム (880円)

紐で縛るよりも簡単に巻ける

ミニサイズで手軽なハンディタイプのストレッチフィルムです。ラップとハンドルの持ち手を含めると、本体サイズは25cmと手軽サイズ。作業も荷物をくるくると巻くだけなので誰でも簡単に扱えます。そのため、使用用途は家庭の片付け用だけではありません。ネットオークションやフリマアプリなど小物を梱包する際に便利です。

しかも、ラップの本体サイズは厚み15μ、幅10cmに1ロール150mもあります。業務用のストレッチフィルムと違うのは、大きさと幅だけです。手軽な割に、厚みは15μの業界標準と変わりません。透明度も高いので、プロが梱包してくれた時のように綺麗に巻くことが可能。ミニサイズのストレッチフィルムは、小物を綺麗に巻きたいときにおすすめです。

カラータイプでおすすめのストレッチフィルム

ファイン-くるくるラップフィルム (678円)

幅が短めで扱いやすい青色のストレッチフィルム

ハンディタイプのストレッチフィルム。幅はたったの5cm、1ロール100mの超軽量タイプです。仕事で使うよりは家庭の細かい荷物をまとめるといった使い方に絞られるでしょう。軽量ですので痒い所まで手が届きます。

青色で目立ちやすい色のため、色で分別するとまとめたものを紛失した、というトラブルも減ります。また、色の付いたストレッチフィルムは、物を分別できるのも大きなメリットです。ゴミ箱を色分けしておき、燃えるゴミや燃えないゴミで分けるといった便利な分別にも使えますよ。

TRUSCO-カラーストレッチフィルムスペア  (701円)

黒色で分別に利用できる軽量タイプ

黒色のストレッチフィルムの軽量版です。トラスコ中山のストレッチフィルムで、軽量ながら業務用。厚みは20μと厚手で、引長強度も400前後あります。作業中に不注意で硬そうな突起物に引っ掛かったとしても破れにくい数値です。積み立てたダンボールが衝撃で揺れても、しっかりと巻けば破れません。

また、幅は5cmと巻ける範囲も狭いので使い道は多々あります。ロットごとに管理されたダンボールに軽く巻くと分かりやすく分類でき、便利です。色分けできれば誰が見ても一目瞭然なため、ヒューマンエラーの回避に繋がります。

Yoijimu-ストレッチフィルム (10,185円)

黒のストレッチフィルムは梱包の際は目隠しにもなる

厚み20μと肉厚のストレッチフィルム。厚み20μは突き刺し強度も高く、ペンで突き刺そうとしても破れない強度を誇ります。500mmと広範囲の幅ですので、小さいダンボールなら簡単に覆い隠せる幅の広さです。

また、透明度も低い黒色で、数回巻けば簡単に、しっかりと梱包物を隠せる点がポイント。配送物を隠せるとクライアントのプライバシーも守れます。黒色のストレッチフィルムは、配送物を隠したい、プライバシーを守りたいという方に最適です。

ハンディ・クラウン-カラーストレッチフィルム (2,042円)

梱包する時に分別できる黄色のストレッチフィルム

軽量タイプのストレッチフィルムです。材質は、ダイオキシンが発生しない低密度ポリエチレンを使用しており、環境にクリーンな点もポイントです。軽量タイプでありながら厚みは20μ。かなりの強度があります。また、低密度ポリエチレンは透明度も高く、伸縮性があるのが特徴です。

黄色のストレッチフィルムの使い道は、DIYなどに便利なマスキングテープ代わりにも使用できます。範囲を決めて黄色のストレッチフィルムを形に沿って貼れば、その箇所以外汚れることはありません。仕事で使用する場合は、黄色は目立つので、パレットの分別に活躍するでしょう。色付きのストレッチフィルムの使い方は無限大です。

司化成工業-カラーストレッチ (1,591円)

エラー対策に赤色のストレッチフィルムで対応

赤色のストレッチフィルムです。運搬業務で赤色のストレッチフィルムは便利に使えます。特に、異物混入等、エラー対策に使用されています。赤色のフィルムを巻いて、保存場所を避けて荷物を置くとエラーになった物と認識してくれるでしょう。届け先に異物混入の物を届けてしまうということが回避できます。

また、業務用で厚み20μ、幅が500mmと広範囲です。引っ張った時に破断する引張強度も高く306kgfもあります。306kgfは配送時のトラックが急ブレーキで止まった時でも荷崩れしない強度を誇ります。

まとめ

使用用途や自分に合ったストレッチフィルムがおすすめ

ストレッチフィルムは一見全て同じように見えるでしょう。しかし、厚みや伸びやすさだけでも1つ1つに特徴があり使用用途が異なってきます。しっかりと梱包したいのであれば、厚みが高いものを。作業効率アップを図りたい方は厚みが低いものを選びましょう。家庭用ならハンディタイプもおすすめです。ストレッチフィルムの使い方はアイディア次第で無限大です。仕事では効率アップにも活用できますし、家庭でもごみのまとめに重宝するでしょう。使用用途や自分に合ったストレッチフィルを探しましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*