おすすめのフロントオープンスーツケース人気比較ランキング!【ssサイズも】

空港や機内などでスーツケースから中身を取り出したい時、ありますよね。ケースを横に倒してフタを全開し中身を取り出すのは手間がかかります。そんな時におすすめしたいのがフロントオープンスーツケースです。フロントオープン型のスーツケースは、わずらわしい動きをせずにスムーズに荷物が取り出せますよ。そこで、今回は、おすすめの人気フロントオープンスーツケースをランキング形式でご紹介します。また、機内持ち込みをするには容量の選び方が重要です。フロントポケットの構造による便利な使い方についても詳しく解説するので、新しいスーツケースの購入を検討している方は参考にしてみてくださいね。

フロントオープンスーツケースの特徴

前面にポケットがありケースを立てたまま荷物が取り出せる

フロントオープン型のスーツケースは一般的なスーツケースと違い、出先で中を取り出す際に横に倒してフタを全開する必要がありません。前面にポケットがあるので、頻繁に取り出したい物などを入れておけばケースを立てた状態のままで取り出せます。また、メイン収納から物を取り出したい場合も、ポケットとメイン収納が一体化しているものであれば、フロントポケットを開くことでスムーズに取り出せますよ。

機内持ち込みサイズはノートPCの持ち運びに便利

SやSSサイズなどの小さなフロントオープンスーツケースは、機内持ち込みに便利です。出張などでノートPCを持ち歩きたい場合などは、フロントポケットにノートPCがぴったり入るものがあるので活用しましょう。出張先での持ち歩きにも非常に便利で、コンパクトなのでカフェなどに持ち込んでも邪魔になりません。スーツケースを立てた状態のまま、ノートPCや必要な書類を快適に出し入れできます。

フロントオープンスーツケースの種類

ポリカーボネート製

薄く柔軟性があり軽いので扱いやすい

プラスチック樹脂の中でもスーツケースによく使われているのがポリカーボネート。従来はABS樹脂が主流でしたが、より衝撃に強く柔軟性があるポリカーボネートが台頭してきています。非常に薄く軽量なので持ち運ぶ素材として最適です。

ポリカーボネートを100パーセント使用しているスーツケースは、柔軟性が高いために凹むことがあります。ABS樹脂と同一重量ではポリカーボネートの方が頑丈ですが、凹みが気になるようであればABS樹脂素材の物か、両素材混合の物もおすすめです。軽量さを重視するならポリカーボネートメインのスーツケースを選ぶのが良いでしょう。

ABS樹脂製

強度や剛性に優れスーツの中身をしっかり保護

硬さや丈夫さでポリカーボネートに勝るABS樹脂は、スーツの中身をしっかりと保護してくれます。ポリカーボネートより重さがありますが頑丈でしっかりした物を好み、多少の重さが気にならない方であれば、ABS樹脂素材はおすすめです。ポリカーボネート同様で、耐衝撃性、難燃性、耐熱性に優れていますよ。

ABS樹脂は表面の美観に優れており、印刷特性にも長けているのでスーツケース素材として最適です。ポリカーボネート同様で耐薬品性には劣るので、アルコール類や強アルカリなどの付着には注意しましょう。また、劣化を避けるために直射日光に長くさらさないようにしてくださいね。

ナイロン製

樹脂製に比べて軽量で柔らかくリーズナブル

ナイロン製はプラスチック製と比べると非常に軽く柔らかい素材で、取り扱いがしやすいのが特徴。機内持ち込み用としてもおすすめです。また、価格的にリーズナブルなものが多くなる傾向がありますが、他素材とのミックスや機能的な面で価格に幅があります。

一口にナイロンといっても種類はさまざま。ナイロンとポリプロピレンの長所を合わせた頑丈なタイプや、撥水テフロン加工を施した汚れに強いタイプもあります。通気性も損なわず撥油性などにも優れているフッ素加工技術を施したナイロンは、どんな天候にも対応可能でお手入れが楽なのが嬉しい点です。

フロントオープンスーツケースの選び方

フロントポケットの構造で選ぶ

メインの荷物と分けて収納したいなら独立型

フロントポケットがメイン収納と分かれている独立型は、スーツケースを立てた状態でメインの収納から物を取り出すことはできません。しかし荷物の整理がしやすく、頻繁に取り出したい小物などをポケットに入れておけるので便利です。また、パソコン収納ポケットがついているタイプは、出張の際にとても役立ちます。機内持ち込みが可能なミニサイズのケースであれば、機内で貴重品なども側に置いておくことができて、メイン収納と混ざるような心配がありませんよ。

衣類など大きなものを取り出したいならメイン収納と一体型

気候が異なる海外へ行く際などは、防寒着などを到着した空港で取り出したいことがありますよね。そんな時は、フロントポケットからメイン収納の荷物が取り出せるタイプがおすすめです。かさばる荷物を別のバッグを用意して持ち歩く必要がなくなるので、コンパクトに荷物をまとめられますよ。メイン収納とフロントポケットがファスナーで仕切られているタイプもあるので、購入の際は取り出しやすさなども検討してみましょう。

サイズで選ぶ

機内持ち込み用なら20Lから40L前後でSSからSサイズの小型

スーツケースを飛行機内に持ち込みたい場合は、各航空会社の重量規制に合ったサイズを選ぶ必要があります。国内線は20Lから30L前後を目安に、国際線は30Lから40L前後を目安とし、SSからSサイズの小型ケースを選んでください。格安航空会社に関しては重量規制が他の航空会社より厳しい場合があるので、よくリサーチしてから入手するようにしましょう。

荷物を預けるなら40Lから100L以上のMからLサイズの大型

飛行機内に持ち込まずスーツケースを預けるなら、国内線であれば30L以上、国際線であれば40L以上の大型タイプが目安となります。大型タイプは小さい子連れのファミリー向けとしても便利で、家族分の荷物をまとめられます。渡航先や季節、お土産の量なども考慮して容量が足りるか悩んだ際は少し余裕をもったサイズを選ぶようにしましょう。1泊10Lを目安に考えるとわかりやすいですよ。

静音機能付きキャスターの有無で選ぶ

小型ケースを常に持ち歩きたいなら静音機能付きのキャスター

深夜や早朝の移動、段差のある場所での移動ではスーツケースのキャスター音が不快に感じる時がありますよね。コンパクトな小型ケースを出先でも持ち歩きたいなら、静音機能付きのキャスターが便利です。静音機能付きは地面の段差などからくる衝撃を吸収し、走行がスムーズになります。さらに振動音が抑えられて快適な走行が可能です。

大型ケースでほとんど持ち歩かないなら静音機能がなくても十分

LやLLサイズなど、長期出張やファミリー向けとして利用する大型スーツケースは頻繁に持ち歩きしない傾向が強いので、静音機能がなくてもそれほどストレスになりません。大型は基本的には持ち歩き用ではなく、ホテルなどの滞在先で保管ケースとして一定の場所に置いておく役割になります。大型ケースを利用する際は重くかさばるという点でも、タクシーやバスなどを利用して移動させるのがおすすめです。

フロントオープンスーツケースのおすすめブランド・メーカー

東急ハンズ

滞在先でも使いやすく高い利便性

暮らしに役立つヒントをくれる東急ハンズのフロントオープンスーツケースは、内部仕切りが取り出せる便利仕様。スーツケース内の荷物を滞在先で扱いやすい配慮がされています。移動時だけでなく、滞在先での利便性も欲しい方におすすめですよ。

Samsonite(サムソナイト)

エレガントで洗練されたデザインに機能をプラス

スーツケースブランドとして有名なサムソナイトのフロントオープンスーツケースは、エレガントな外観が魅力。さらに実用的な機能をしっかり兼ね備えているので、ビジネスやレジャーに最適です。タブレットやノート類など細かいものをすぐに取り出せるタイプが欲しい方におすすめです。

PROTECA(プロテカ)

独自の最新素材開発など次世代型を追求

独自の新素材開発など旅の新しい提案を発信し続けるメーカーです。フロントオープンスーツケースはペンなど細かい道具を整理して入れられて、IoTを導入した次世代型。最新の仕様で移動や情報処理などをスムーズにしたいビジネスマンにおすすめです。

ace.(エース)

移動する人に最適な機能と使い心地を提供

最適形状、最適デザインを掲げ、常に移動する人にとって最適な機能や品質、価格を目指すメーカー。フロントオープンスーツケースは、まさしく高い機能性と利便性が詰め込まれた仕様です。ビジネスや旅など目的にとらわれず、移動するための快適なキャリーケースが欲しい方におすすめです。

おすすめ&人気のフロントオープンスーツケースランキング

ポリカーボネート製でおすすめのフロントオープンスーツケース

BRIGHTECH -スーツケースSサイズ(7,980円)

ボタンを外すとポケットが180度開いて大きな荷物が収納できる

一般的なフロントオープンスーツケースと違い、サイドのボタンを外すことで180度開くポケットを装備。小物やノートPCの他に衣類などの大物も収納できる容量があります。ボタンがあることで、ポケットの開き具合を変えられますよ。

嬉しい特徴のひとつは、サイレントキャスターで移動中の騒音を抑えられること。出張が多く早朝や夜遅くの移動が多い方におすすめです。旅行の際もゴロゴロする騒音がなくなり快適です。キャスターは簡単に取り換えられる設計で、家の中に運び入れる時などに便利に活用できます。

PROTECA-マックスパス スマートラゲージ(72,600円)

IoTを導入した次世代型国産スマートラゲージ

どこでも充電可能なモバイルバッテリーや、スマートフォンと連動させるトラッキング機能を備えた、ビジネスマン向けのスーツケースです。機内持ち込み最大級の容量で高い利便性が魅力です。短い期間の海外出張などに便利ですよ。

フロントオープンポケットには13インチタイプのノートPCが収納できます。また、パスケースやペンなどが入れられるポケットもあり使いやすい仕様ですよ。キャスターはサイレント式で静かで滑らかな走行が可能です。

ace.-Palisades-Z(18,480円)

パッド式のポケットでノートPCが収納しやすい

PCも収納できる機能的なデザインが魅力のフロントオープンスーツケースです。コンパクトなサイズ感のフロントポケットには、荷崩れを防ぐ仕切りや目視確認がしやすいメッシュポケットがあり非常に便利。ビジネスシーンで活躍する構造です。

ボディが鏡面加工で美しく際立つカラーリングなのも魅力のひとつです。通常の鏡面加工の他に、格子柄のカーボン調と細く縦縞が入ったヘアライン調の3種類は、どれもスマートでおしゃれな印象。静音のキャスターと高い機能性で、飛行機や新幹線の移動に快適なスーツケースです。

Samsonite-Evoa(57,200円)

スマートなデザインで実用的な機能を装備

エレガントなデザインで実用的な機能があるフロントオープンスーツケースです。フロントポケットには、タブレットとノートPC専用ポケットがありノートや手帳などがしまえます。機内で仕事をしたい方にぴったりのビジネス仕様です。

メイン収納部とフロントポケットは、1つのロックで施錠可能なデュアルロックを装備。アメリカ国内の空港を利用する際は、施錠をしたままチェックインができますよ。高い効率性でビジネスだけでなく、レジャーにもおすすめの使用感です。

東急ハンズ-hands+ ライトスーツケース(21,890円)

軽量で持ち運びしやすく内装の仕切りが取り外し可能

軽くて持ち運びがしやすいライトなフロントオープンスーツケースです。荷物の取り出しが楽で、内装仕切りの取り外しができる構造なのが便利。仕切りを取り出したらそのまま掛けておけるので、滞在先で物の出し入れがしやすいですよ。

フロントオープン部分の施錠はダイアルTSAロック式で、空港での目視確認をしやすい施錠になっています。海外出張や旅行に頻繁に行く方には特におすすめですよ。また、ハンドルが底部分にもあるので、高い所に荷物を置く場合にも便利です。

ABS樹脂製でおすすめのフロントオープンスーツケース

ICHIBANKAN-スーツケースSサイズ(5,960円)

3kgと軽量で子供や女性が持ち歩きしやすい

幅広いシーンで使えるシンプルなデザインが魅力のフロントオープンスーツケースです。長距離移動も疲れない3kgの軽さで、女性や子供向けとしても重宝します。100席以上の旅客機内にも持ち込みが可能なコンパクトサイズですが、2泊から3泊の荷物がたっぷり入る大容量です。

フロントポケットにはガイドブックや書籍などが入れやすく、サイドのマジックテープを調節してフルオープンにできます。マジックテープは着脱式なので、荷造りの際もスムーズですよ。男女問わないユニセックスカラーが充実した5種類展開も嬉しい特徴です。

PLUSONE-ALPHASKY(15,246円)

フロントポケットからメイン収納へアクセス可能

欲しかった機能が揃った優れた利便性を持ったフロントオープンスーツケースです。拡張機能で奥行きが3cm程広がり、拡張しないサイズだと機内持ち込みが可能です。フロントオープンポケットには、15インチのノートPCとA4サイズの書類が入るのでビジネスに役立ちます。

フロントオープンポケットからはメイン収納へアクセスできるので、TSAロックを解除することなく中の物を取り出せます。ピタッと止まるストッパー機能があるので、メイン収納から大物を取り出す際もスムーズですよ。また、超静音のダブルキャスターは圧倒的な静けさで、ストレスフリーな走行が可能です。

Merax-スーツケースSサイズ(6,980円)

360度自由自在に回転し走行がスムーズな8輪キャスター

フロントオープンポケットから、メイン収納にある物が取り出せるスーツケースです。PC収納ポケットは厚手の作りで保護してくれるので安心感があり、約15.6インチ程度のノートPCが入ります。本や書類、パスポートなどが入れやすいポケットもあり、よく取り出したいものをしまえますよ。

360度、自由自在に回転する8輪キャスターは、優れた耐久性と安定した走行で移動がスムーズ。静音設計なので、不快な音に悩まされずに済みますよ。機内持ち込み可能なSサイズで、コンパクトながらもたっぷりと収納できる容量があります。

GRIFFINLAND-WALLABY(8,082円)

フロントから内部収納にアクセスでき固定ベルト付きPCポケットが安心

フロントファスナーを開けばノートPCを楽に収納できる、フロントオープンスーツケースです。PCをしまったら固定ベルトでしっかり保護できるので安心。PCをしっかり保護したい方におすすめの構造です。また、ポケット内部のファスナーを開けば、メイン収納にアクセスできますよ。

360度動くダブルキャスターで、合計8個のキャスターが走行を快適にサポートします。高い安定感と軽快な走行で、石畳での移動もストレスがありません。ハンドルは弾力性のある素材を使用しており、重たい荷物になっても手が痛くならない設計です。

ナイロン製でおすすめのフロントオープンスーツケース

Travelpro-Crew11(31,980円)

世界で認められた高い性能と品質

トラベル雑誌でベストキャリーオンケースに選ばれるなど、高い性能と品質を誇るフロントオープンスーツケースです。世界の主要メディアで紹介されるなど、そのブランド力は世界的に認知されています。高い機能性は、効率的に動きたいビジネスマンに最適です。

48.2Lの大容量収納が可能で3泊から4泊滞在に対応しています。機内持ち込みも可能な、ギリギリを攻めた最大サイズが嬉しい特徴。大きなフロントポケットは物の出し入れがしやすく、15.6インチまでのノートPCやタブレットが収納できますよ。電子機器に優しい緩衝対策が施されていて安心です。

DELSEY-ソフトキャリーケース(37,180円)

高耐久性ナイロン素材で一般的なナイロンと比較して約5倍の強度

強度耐裂製と高い防水性を持った、高耐久性ナイロン素材のフロントオープンスーツケースです。一般的なナイロンと比較して約5倍もの強度があるとされています。雨風に強くナイロン素材でありながら10年はもつとされ、長く愛用したい方におすすめです。

デジタル重量計付きで、荷造りが完了した後に重量が測れるので重さを知りたい時に非常に便利です。また、荷物が増えてしまっても容量拡張機能があるので安心。旅先などで予定外の荷物が増えてしまった時に便利です。

innovator-スーツケースMサイズ(19,580円)

たっぷり収納できる3つのフロントオープンポケットが魅力

外側にある3つの収納部で、よく出し入れをしたい物をたっぷり収納できる便利なフロントオープンスーツケースです。デジカメやパスケースなどの小物や、A4サイズのノートやファイル、13インチのノートPCやタブレットなどが入ります。PC入れはクッション付きなので安心して収納できますよ。

スケートボード仕様の消音キャスターは、タイヤの幅が広く静かで滑らかな走行。ケース本体への衝撃も吸収し、凹凸のある石畳なども楽に移動できますよ。キャスターの不快音に悩まされたくない方におすすめです。

PLUSONE-ソフトキャリーケース(12,900円)

高い撥水性と撥油性でお手入れが楽ちん

撥水加工ナイロン素材で、お手入れが楽なフロントオープンスーツケースです。防汚性、撥油性に優れたフッ素加工を施したナイロンで、通気性もあり常に衛生的ですよ。スーツケースの汚れが気になる方にはおすすめの素材です。

フロントオープンポケットには、PC専用ケースがすっきりと納まり滞在先ですぐに取り出せます。また、静音キャスターは車軸に装着したグリスが走行中に溶け出す仕組みで、スムーズな走行です。弾性がある素材をタイヤに使用し、静かで高い耐久性があります。

UNIWALKER-スーツケース(10,230円)

一般的なケースの二分の一の重さで片手でも持ち上げやすい

SSサイズはわずか2.65kgで、非常に軽量なフロントオープンスーツケースです。厳選された高密度のナイロンは摩擦や衝撃に強く防水加工がされていて、お手入れが楽にできます。ナイロンとポリプロピレンの長所を上手く組み合わせた構造で、軽量で頑丈なのがポイントです。

蛇腹式のフロントオープンポケットは、収納力大でビジネスに大活躍。仕切りがたくさんあり、充電器やペンなどの細かい物もはっきりとわかる収納になっています。パソコン専用にスポンジ素材の柔らか収納や便利な仕分け袋などがあり、丁寧な収納が可能です。

まとめ

メイン収納と一体型ポケットのフロントオープンスーツケースがおすすめ

フロントオープンスーツケースにはさまざまなポケットのタイプがありますが、便利なのはメイン収納とポケットが一体型になっているものだといえるでしょう。小物しかよく取り出さない人でも、滞在先や目的によってメイン収納から大物を取り出したい場面もあるからです。メインの荷物を取り出せる一体型でも、ファスナーでフロントポケットを分離しているものだと更に使い勝手が良いでしょう。キャスターは静音機能があり、スムーズな走行ができるものが良いですよ。今回はおすすめのフロントオープンスーツケースをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の使用目的に応じた容量と仕様のフロントオープンスーツケースを入手して、快適な出張や旅をしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*