おすすめのオイルチェンジャー人気比較ランキング!【電動も】

自分の好きなタイミングでオイル交換がしたい、そんな方に最適なのがオイルチェンジャーです。オイルチェンジャーを所有していればオイル交換のためにディーラーやカーショップなどに行く必要もなく、時間とコストの削減が可能。この記事ではオイルチェンジャーについての解説と共に、選び方なども記載していきます。おすすめランキングも紹介しているため、参考にして自分の用途にあったアイテムを見つけてください。

オイルチェンジャーの特徴

自動車やバイクのオイル交換が簡単にできる

専用ではないポンプによる手作業では面倒なオイル交換ですが、オイルチェンジャーを使用すれば楽に行えます。操作方法が簡単なので初心者でもすぐに使用感に慣れるでしょう。誰でもすぐにオイル交換が行えるのがオイルチェンジャーの魅力です。

いつでも好きなタイミングで交換可能

オイルチェンジャーさえあればいつでも好きなタイミングでオイル交換ができます。小型のポータブルサイズならば持ち運びができるため、外出先で使用する事も可能。店舗に行く必要がないので気軽にオイル交換を行えます。

オイルチェンジャーの種類

手動型

価格が安いので手に入れやすい

手動型は手で操作してオイル交換を行うタイプのことです。電源が必要ないため、どんな場所でも使用できるのが魅力。小型で持ち運びしやすいサイズが多く、価格帯も安い物が多いので初心者でも手が出しやすいようになっています。

使用時の音が静かなので近隣への音が気になる方にも良いでしょう。シンプルなつくりの物が多いため、複雑な操作が苦手な方でもすぐに使えます。オイル交換を頻繁に行わないような方や、時間が多少かかっても購入費用を安く抑えたいという方におすすめです。

電動型

スイッチを押すだけで楽々交換

電動型はスイッチを押すだけで自動的にオイル交換をしてくれます。使用者の負担がとても少ないので、大型車のオイル交換も楽々できます。作業時間も手動型に比べて早く終わるため、時間効率の面でも非常に優れています。

簡単に素早くオイル交換ができるので、頻繁に交換したい方におすすめです。また、スイッチを押すだけで操作が完了するので、オイル交換をしながら別の作業をする事ができます。手軽に作業をしたい方は電動型を選ぶと良いでしょう。

オイルチェンジャーの選び方

容量で選ぶ

普通自動車であれば6L前後の容量がおすすめ

普通自動車のエンジンオイルの容量は平均4L程度のため、それよりも少し容量の大きい6Lタイプを購入しておけば問題なく使用できます。自動車の容量に対して余裕を持ったサイズを選んでおいたほうが、オイル漏れなどの問題が起きにくくなります。オイルチェンジャーを購入の際は、事前に所有している自動車のオイル容量を確かめておいたほうが良いでしょう。

大型車などに使用するなら10Lクラスの大容量タイプ

トラックなどの大型な特殊車両のオイル交換をすることがある方の場合、10Lクラスの容量の物を選ぶと良いでしょう。また、容量が大きいとサイズも大きくなるため、保管場所は確保しておくようにしましょう。オイルチェンジャーの容量が大き過ぎても少ないエンジンオイルに対応できないということはないため、軽自動車のオイル交換に使用しても特に問題はありません。

サイズで選ぶ

外出先でも使用するなら小さいポータブル用を

自動車などに載せておき、外出先でも使用したいという方は小型なポータブル用のオイルチェンジャーを選ぶと良いでしょう。また、保管する場所を確保しにくいという方も小さいサイズのほうが整理するのに便利です。外出先でオイル交換をする可能性がある方は、オイルチェンジャーと共に廃油処理パックも携帯しておくと作業が捗ります。

自宅で使用するならパワフルな据え置きサイズ

持ち運ぶことがなく、自宅でのみ使用するのならば大型で吸引力が強いタイプを選ぶと作業が楽に行えます。大型のオイルチェンジャーは容量も大きいのであらゆる車両に対応が可能であり、機能面でも優れているものが多いです。吸引力が強ければ作業時間の短縮もできるため時間効率が良く、オイル交換が面倒に感じなくなります。

動力源で選ぶ

電気駆動型は自動車のバッテリーから電気が供給できる

電動駆動型は自動車のバッテリーやシガーソケットから電源を取ることが出来るので、使い勝手が非常に良いです。自動車本体から電源を取れるので外出先でも使用することが可能であり、使用できるシチュエーションが豊富です。注意点として、オイルチェンジャー使用前は自動車のバッテリー残量を確認するようにしておきましょう。

エアー駆動型はコンプレッサーに繋いで使用可能

コンプレッサーに繋ぎ、空気圧で駆動させるオイルチェンジャーもあります。エアー駆動型は手動型としても使える場合が多く、コンプレッサーが無い場所でも問題なく使用することができます。自動車のバッテリーをあまり消費したくない方やコンプレッサーを既に持っている方の場合、エアー駆動型が最も使用環境に適していると言えるでしょう。

オイルチェンジャーのおすすめブランド・メーカー

アストロプロダクツ

価格と機能のバランスが良い

オイルチェンジャーだけではなく、あらゆるジャンルの工具を取り扱っています。非常に種類が豊富なので、欲しいアイテムが見つかりやすいのが特徴。品質と価格とのバランスが良いため、初心者でも安心してアイテムを選ぶことが出来るでしょう。

PALSTAR(パルスター)

シンプルで扱いやすいデザイン

デザイン性がシンプルで幅広いユーザーに扱ってもらえるオイルチェンジャーです。機能面もシンプルであるため、誰でもすぐに扱いに慣れることができます。余分な装飾や機能は不要であるという方におすすめです。

メルテック

高いデザイン性と機能性が魅力

自動車関係の機器を専門的に扱っているブランドです。デザインが洗練されており、シンプルながら使いやすい形状のものが多いです。機能面においても優秀なものが多く、非常に質の高いオイルチェンジャーが揃っています。

JTC(ジェイティーシー)

強力な吸引力のプロ仕様

吸引力が強く、大容量のオイルチェンジャーが豊富です。エアー駆動式なども扱っているため、幅広いユーザーのニーズに対応しています。リーズナブルな価格のオイルチェンジャーが多いので、手に取りやすいのも特徴です。

おすすめ&人気のオイルチェンジャーランキング

手動型でおすすめのオイルチェンジャー

PALSTAR-オイルチェンジャー 5.5L (8,980円)

軽量で携帯性の高いオイルチェンジャー

シンプルな形状で扱いやすく、なおかつ軽量で持ち運びにも便利なオイルチェンジャーです。本体に目盛りが付いているので抜き取ったオイル量が一目で分かります。メインパイプと抽出ノズルを本体に収納できるのでコンパクト。

オイルが容量上限に達したら自動で止まるように設計されているので安心。オイルの吸入は数回手動でポンピングをすれば、あとは自動で吸入を続けてくれます。非常に使い勝手が良いのでどんな方にもおすすめできます。

EASTERNER-オイルチェンジャー 6.5L (15,180円)

直径150mmのスリムタイプ

オイル容量6.5Lのたっぷりサイズでありながら本体形状がスリムで収納にも便利なオイルチェンジャーです。重量も2.3kgと軽量なので持ち運び性能にも優れています。丈夫なつくりになっているので長期的に利用し続けることが可能。

吸入のためのポンピングは15回程度で良く、あとは自動でオイルを吸入してくれます。吸入用パイプの直径は6mmと7mmがあるので用途によって使い分けられます。全体的に質の高いオイルチェンジャーとなっています。

アストロプロダクツ-オイルエキストラクター 6.5L (10,780円)

3本のチューブが付属して使い勝手が良い

大、中、小の3本のチューブが付属しているので様々なオイルタンクに使用することができます。1番太いチューブは直径が9.8mmあり、長さも100cmと長いので大型のタンクでもスムーズにオイル交換が可能。細いチューブは直径が5.8mmなので大抵のタンクに挿入して使えます。

タンクが満タンになると吸入が止まる自動停止機能付です。タンクの上下を逆さまにしてもオイルが排出できる機能が付いているのでオイルの廃棄が簡単。収納できる足踏みが付いているのでポンピング作業もスムーズに行えます。

イーチョイス-上抜き名人ちぇんじくん (4,550円)

リーズナブルな価格が魅力

価格が低く抑えられているため初心者でも手が出しやすいオイルチェンジャーです。容量は6Lあるので普通自動車に使用するならば十分なサイズがあります。また、本体に持ち運び用の取っ手が付いているのも便利なポイント。

タンクとポンプは組み立て式になっており、ねじで固定する事で安定感がアップします。台座部分に足を乗せてポンピングすることで力が入りやすく、簡単に作業を進められます。分解してコンパクトに収納できるので自動車のトランクに置いても邪魔になりません。

JX-オイルチェンジャー 4L (6,462円)

コンパクトなポータブル用

軽量でコンパクトなので持ち運び用として最適です。ノズルホルダーが付いているため、オイルゲージを収納して使用できます。抽出用ノズルは7mmと6mmの2本が付属しており、使い分けて使用する事が可能。

自動車やバイクのオイル交換はもちろん、小型船舶や農耕機械などにも使用する事が可能。抜き取ったオイルの量が分かる様に本体にはしっかりと目盛りが入っています。コンパクトなオイルチェンジャーをお探しの方におすすめです。

電気駆動型でおすすめのオイルチェンジャー

メルテック-オイルチェンジャー (3,687円)

スタンダードで品質の良いオイルチェンジャー

田植え機や軽トラックにも使える便利なオイルチェンジャーです。電源はバッテリーに繋げるだけなので誰でも簡単に使用が可能。本体サイズはかなりコンパクトなので場所を取らず、収納に困るような事がありません。

自動車関連の製品を多く手掛けているメーカーであるため、品質面でも非常に優れています。吸入ホースの直径は6mmとなっており、標準的なサイズとなります。価格と品質のバランスが良く、初心者にもおすすめできるオイルチェンジャーです。

Amarine-made-電動オイルチェンジャー (6,587円)

水もオイルも交換できる両用ポンプ

水とオイルの両方が交換できる非常に使い勝手が良いオイルチェンジャーです。耐熱性、耐腐食性に優れており、丈夫で長持ちしやすくなっています。あらゆる車両に対応可能であり、使用範囲の広さも魅力的です。

吸引速度は早めなので作業がスピーディーに進められます。灯油や軽油などの吸入にも使用できるため、エンジンオイル用以外の使用目的でも購入可能です。非常に使い勝手が良いので幅広いユーザーにおすすめする事ができます。

Haofy-電動オイルチェンジャー (2,480円)

コンパクトで耐久性が高い

重量1070gと非常に軽く、サイズもコンパクトな電動オイルチェンジャーです。軽いので持ち運びやすく、腕力に自身の無い方でも安心して使用が可能。ポータブル用として自動車に積んでおいても大きく場所を取りません。

抽出用ノズルの外径は6mmとなっており、一般的な車両であれば問題なく使用できます。バイクから重機までほとんどの車両に対応しており、使用車両の制限はありません。サイズの小さい電動タイプをお求めの方におすすめです。

readygohigh-電動ポンプ (4,490円)

音が静かなので周囲を気にせず使える

スリムで小型な静音式オイルチェンジャーです。オイルだけではなく水の汲み取りもできるので船の甲板の洗浄や養魚場の排水などでも使用が可能。多機能でありながら音は静かなため、場所を選ばずに使用が出来ます。

ステンレス製のボディーなので海で使用しても錆びにくくなっています。小型のスイッチ1つで操作が可能なので初めての方でも安心して使用できます。多機能で携帯性の高い製品を探している方に非常に適しています。

Kuroobaa-電動式オイルチェンジャー (3,256円)

残油やスラッジを綺麗に全て吸入する

スタンダードな性能を兼ね備えた上抜き式のオイルチェンジャーです。上抜き式なのでジャッキアップの必要がなく、ホースを挿入するだけでオイル交換の準備は完了。12Vバッテリーを搭載していれば全ての車両で使用可能です。

ホースを挿入し、スイッチを入れるだけでタンクのオイルを綺麗に抜き取ってくれます。スイッチを入れたあとは特別な操作は必要ないためオイルで手が汚れません。機能がシンプルになっているため、扱いやすいオイルチェンジャーです。

エアー駆動型でおすすめのオイルチェンジャー

TOOLS ISLAND-バキュームオイルチェンジャー 9.5L (20,600円)

大容量の兼用オイルチェンジャー

9.5Lの大型タンクを搭載した手動とエアー駆動の兼用オイルチェンジャーです。大容量なので大型車両のオイル交換でも問題なく作業が可能。オイル吸入用のホースは3種類付属しているので様々なタンクに対応が出来ます。

ブレーキオイル用ホースでブレーキのエアー抜きにも使用できます。ワイヤー付きのホースになっているため、パイプが複雑な形状をしていても簡単に挿し込めます。兼用タイプとして全体的にとても高品質なオイルチェンジャーです。

KIKAIYA-オイルチェンジャー 9L  (8,490円)

大型でありながら軽くて扱いやすい

9Lという大型サイズでありながら重量は2.6kgと軽量なオイルチェンジャーです。エアー専用のためコンプレッサーは必須となりますが、非常にスピーディーに吸入が行えます。操作はスイッチ1つなので非常に簡単。

目盛りは2L刻みで入っているため細かくオイル量の確認が出来ます。タンク内に溜まったオイルは本体をひっくり返すだけで全て排出が可能。エアー専用機として性能面で優れており、とても扱いやすいオイルチェンジャーです。

JTC-オイルチェンジャー 10L (30,525円)

タンク容量10Lの本格派

オイルタンク容量が10Lあり、手動とエアー駆動の2種類の使い方が出来る本格的なオイルチェンジャーです。プロも使用するほどの性能を誇り、オイル交換作業を強力にサポートしてくれます。デザインも無骨で本格的な印象ですね。

頑丈なつくりになっているため、多少の衝撃では不具合が起きません。コンプレッサーの使用で快適な吸入が行えますが、手動でもストレスなくオイル交換が可能。容量がいっぱいになると自動的に止まるためオイル漏れの心配がありません。

ザーレン-MACH NUKEL 60L (106,507円)

上抜き下抜きどちらのタンクにも対応

オイルタンクからの吸引が上下どちらからでも出来る便利なオイルチェンジャーです。シリンダーが透明なのでオイルの色や量が一目で確認できます。受け皿が大きく設計されているので廃油を零さず全てキャッチしてくれます。

吸引スピードがとても早く、1分間で1.5Lのオイルを吸い込みます。工具を置けるトレーが付いているのでオイル交換中に別の作業をするのにも便利です。非常にパワフルで大型となっており、馬力の欲しい方にとてもおすすめです。

WOLF’SHEAD-エアー式オイルチェンジャー 9.5L (18,722円)

5種類のノズルで様々な用途に使用が可能

ノズルが5種類もあるため様々なオイルタンクの形状に対応できます。材質はポリエチレンなので重量は2.8kgと軽めになっており、老若男女問わず扱いやすい様になっています。容量は9.5Lあるので大部分の車両をカバー出来ます。

5種類のノズルのうち1本はブレーキエアー抜き用となっています。エアー駆動専用となっており、非常にパワフルにオイルを吸引してくれます。機能や形状がシンプルなのでエアー駆動式が初めてでも簡単に使用できます。

まとめ

使用環境に合う様なオイルチェンジャーがおすすめ

手軽に使用するなら手動、コンプレッサーを所持しているならエアー駆動など使用環境に合わせてオイルチェンジャーを選びましょう。使用環境に適したものを選ぶことでオイル交換は更に捗ります。まずは自分の使用用途や頻度を整理し、自分に合った性能をまとめておくと満足のいく選択ができます。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*