おすすめのキッチンブラシ人気比較ランキング!【マーナも】

鉄製のフライパンや鍋、食器などを洗うときに便利なキッチンブラシ。日本ではスポンジが主流で馴染みがありませんが、北欧ではキッチンに必ずあると言われるほど万能に使える人気のアイテムです。形状やデザインも豊富で用途に合わせて様々な種類から選ぶことが出来ます。そこで今回はキッチンブラシのおすすめを人気の北欧ブランドを挙げながらランキング形式で紹介します。キッチンブラシの購入を検討されている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

キッチンブラシの特徴

北欧で生まれた調理道具専用洗浄ブラシ

フライパンや鍋、排水溝や蛇口の周りなどにこびりついた汚れはスポンジではなかなか取りきれません。キッチンブラシならブラシ部分で汚れをこすることで、しつこい汚れも落とし切ることができます。たわしよりも毛の素材が柔らかく、シンクや食器を傷つけずに洗えるのが魅力。食器から排水溝の網かごまで、洗浄する対象を選ばない汎用性の高さもポイントです。

蛇口や排水溝も洗えるコンパクトタイプが人気

キッチンブラシの中でも特に人気が高いのは、柄の部分が長くて先端がコンパクトなモデル。握りやすく力を入れやすい形状は、頑固な汚れを掃除する時も力を入れて洗うことが出来ます。また、ブラシ部分がコンパクトなら排水溝や蛇口など小さな隙間にもフィットしやすくなるのでおすすめ。狭くて深い排水溝もスリムなキッチンブラシなら隅々まで磨くことが可能です。

キッチンブラシの種類

長柄タイプ

食器から排水溝まで様々な用途に使える

深さのある排水溝や食器を洗うのにおすすめの長柄タイプ。手にネイルをしていて直接洗剤を爪先につけたくない人にもおすすめです。汚れの部分に直接手をつけることなく掃除が可能なのも魅力。デザインにも豊富な種類があり、北欧風のナチュラルデザインからポップなカラーデザインまで豊富にラインナップさています。

デザイン性の高いデザインは、キッチンのインテリアの一部として寄り添い見るだけで癒されます。フックに掛けて吊るしたり、自立するキッチンブラシは、乾燥しやすくいつでも清潔に保管できるでしょう。柄の長いキッチンブラシを選ぶときには、清潔に保ちやすい収納方法に注目して選ぶのがおすすめです。

ハンディタイプ

コンパクトで手に握りやすい形状が人気

手のひらに収まるほどのサイズで、手で握りながら掃除ができるハンディタイプがあります。頑固な汚れをピンポイントでしっかり掃除をしたい人におすすめ。手のひらの力がブラシに伝わりやすく、力を込めてしっかり磨くことができるでしょう。

ハンディタイプのキッチンブラシを選ぶときには、毛の硬さに注目して選びましょう。ハンディタイプは力を入れやすいよう硬めの素材が多くなっています。ごぼうや人参などの野菜を洗うのには硬い毛は適していますが、食器は素材の表面を傷つけてしまう恐れがあるので用途に合わせた毛の硬さを選びましょう。

キッチンブラシの選び方

ブラシの硬度で選ぶ

グラスやマグカップなど食器中心に使いたいなら柔らかいブラシタイプを

ブラシの毛の硬さを選ぶときには、自分がどんな用途でキッチンブラシを使うかを考慮して選ぶようにしましょう。グラスやカップなど食器中心に使うなら植物毛を使用した柔らかい毛質がおすすめ。ブラシが適度に柔らかいことで、泡立ちもよく食器の隙間まで優しく洗い上げることが出来ます。力を入れすぎるとブラシの毛が折れたり切れたりしてしまうので優しく洗うのがポイントです。

ザルやおろし金の汚れをしっかり落とす硬めのブラシもおすすめ

三角コーナーやざる、おろし金など網目の細かいキッチンアイテムを洗うときに重宝するのが硬めの毛を採用したキッチンブラシです。ブラシの毛1本1本が網目に入り込み汚れをかき出します。柔らかいブラシよりもしっかり細かい汚れを取り除くことができるでしょう。頑固な汚れや泥や土のついた野菜の洗浄にも最適。力を入れて洗ってもブラシが劣化しないので、しっかり汚れを落とし切ることが出来ます。

形状で選ぶ

掃除用として使うならブラシの先端がL字型のものを

シンクの端から排水溝にいたるまで、しっかり掃除をしたい人はブラシ先端がL型になった折り曲げブラシを選びましょう。汚れをかき出すL型の形状が、もち手に角度をつけなくても排水口の隅々まで磨くことができます。ブラシの柄が長ければ長いほど排水溝の奥深くまで洗うことも可能。向きを変えるのが難しい狭い空間の掃除も、折り曲げブラシなら簡単に叶うでしょう。

隙間の汚れもしっかり落とす柄の細いキッチンブラシもおすすめ

蛇口の付け根や、密閉容器の溝部分などスポンジでも取りにくい場所の洗浄は柄もブラシ部分もスリムな形状のキッチンブラシがおすすめです。ブラシ部分を密着して植毛することで、狭い隙間にもピッタリフィットします。ブラシが硬いなら1本単位で溝にブラシの毛を入れることも可能。細かい隙間にもブラシが入り込むことで汚れをかき出します。

機能で選ぶ

いつでも清潔に保ちたいなら吊るして収納できるタイプを

頻繁に使う道具なので、使いたいときにすぐ使えるように収納するのがおすすめです。柄の先端に吊り下げられる穴が空いていたり、紐が通してあれば吊り下げて収納できるので便利。また乾き切らずに水分や湿気が残っていると雑菌の繁殖の原因にも。吊るして乾かせれば、水切りもよく乾きやすいのでいつでも清潔に保つことができるでしょう。

洗いながら洗剤を足せる洗剤入れ付きもおすすめ

何度も洗剤を足したり泡立てたりするのが面倒という人は、洗剤入れとキッチンブラシが一体になったものを選びましょう。本体内部に洗剤を入れることができ、手元のボタンを押すことで洗剤がブラシに届く構造です。洗浄の途中で手を止めて洗剤を足す必要がなく、作業を継続できるでしょう。洗剤一体型のキッチンブラシを選ぶときには、洗剤の残量を確認しやすい透明窓付きを選ぶのがポイント。補充するタイミングをすぐに見極められます。

キッチンブラシのおすすめブランド・メーカー

イリス

スウェーデンブランドで用途を選ばず使えるキッチンブラシ

スポンジではなかなかかき出しにくい小さな網目にもしっかりフィットするイリスのキッチンブラシ。適度な硬さのブラシは、泡立ちがよく食器を洗うのにおすすめ。ブラシの毛が細かな隙間にも入りやすく、蛇口の周りやシンクの汚れも取りやすい。食器洗い用としてはもちろん、様々な用途で使いこなせます。

マーナ

抗菌ナイロン毛を使用しいつでも清潔に使える

キッチンは食を扱う場所だから、いつでも清潔に保てるキッチンブラシが欲しい人はマーナがおすすめ。豚毛と抗菌ナイロン毛を組み合わせたキッチンブラシは、程よく力を入れて掃除ができるうえいつでも清潔に使用できます。また傷つきやすい食器やフライパンにも洗える、優しい毛ざわりのソフトブラシも人気です。

OXO

どんなキッチンにも馴染みやすいシンプルなキッチンブラシが揃う

キッチン周りの掃除に役立つシンプルなキッチンブラシを探しているなら、OXOがおすすめ。滑りにくく持ちやすいグリップ設計で、細かい隙間にも力を入れて掃除がしやすくなっています。洗剤とブラシが一体化したアイテムも人気。ワンプッシュで洗剤が補充され、作業の手を止めずに掃除を続けることが出来ます。

REDECKER(レデッカー)

ドイツの老舗メーカーの何十年も使える優れものブラシ

レデッカーのキッチンブラシは、天然木と植物繊維を使用し熟練した職人によるハンドメイドで仕上げられています。手を汚さず洗いたい時は柄をつけて、力を入れてしっかり洗いたい時は取っ手を外して手に持って洗うことも可能です。天然素材の質感は、使うたびに愛着が増し大切に使っていきたいと思わせる逸品になっています。

おすすめ&人気のキッチンブラシランキング

長柄タイプでおすすめのキッチンブラシ

イリス-丸型ヘッドのキッチンブラシ(990円)

用途を選ばず使えるイリスのキッチンブラシ

適度な硬さが魅力のイリスのキッチンブラシは、泡立てて食器を優しく洗うこともシンクの中の掃除も叶う万能ブラシです。天然の馬毛が小さな網目にフィットし、細かい場所の汚れも優しくかき出します。スポンジではなかなか網目まで洗えないアイテムにおすすめ。

しなやかなブラシは蛇口周りの細かいところもブラシの毛が入り込むので、細かい汚れもしっかり汚れをかき出すのもポイント。隅から隅まで掃除が叶います。食器だけでなくシンクなどの水回り全般に多用途に使える逸品です。

KRON-キッチンブラシ(440円)

コップや鍋底も洗いやすい角度設計がポイント

スウェーデンの掃除用具メーカーが設計したキッチンブラシは、細かいところまでブラシが届く機能的設計が魅力です。コップや皿、鍋の隅に至るまで計算され尽くした角度で洗浄を叶えます。価格もワンコイン以内で1つは持っておきたいアイテムです。

ブラシ部分はポリエステルを使用し、しなやかで洗いやすく手首に負担がかかりません。替えブラシもラインナップされているので、傷んだら交換が可能。半永久的に使い続けられます。煮沸消毒も可能な素材で、いつでも清潔に使えるでしょう。

Eva solo-キッチンブラシ(4,400円)

シリコンブラシで優しく汚れをかき出す

水切れがよく、食器や調理器具を傷めず優しく洗浄できるシリコン製のキッチンブラシです。手前に向かって厚みのある円柱型で立てて乾かすことも可能。ハンドル部分は重みもあるので転倒しにくいのもポイントです。

滑らかな洗浄を実現するシリコンは、フッ素加工の鍋やガラス製のボウルの洗浄にも最適。ブラシヘッドの先端には頑固な汚れをこそげ落とすスクレーパーもついています。水仕事による手荒れや洗剤荒れが気になる人におすすめです。

Alubru-キッチンブラシ(548円)

油や熱に強いモノトーンデザインのキッチンブラシ

モノトーンカラーでモダンなインテリアのキッチンの印象を邪魔しないブラシです。柄の材質にはアルミを使用し、スタイリッシュな外観が特徴。またこのキッチンブラシは柄部分にボタンがついており、用途に合わせてアタッチメントが交換できます。

このキッチンブラシは食物繊維のブラシを使用し、油や熱に強くへたれにくいのも特徴。鍋やフライパンのこびりつきを、キッチンブラシを傷めることなくしっかり洗い落とすことが可能です。全5種類の交換ブラシがラインナップされており、汚れたらブラシ部分のみ交換することもできるでしょう。

ニコット-まるちゃんキッチンブラシ(548円)

2本の足でキッチンで立つことができるチャーミングなキッチンブラシ

2本足で立っているかのような、チャーミングな見た目が可愛いキッチンブラシです。水はけが良いので、水分が溜まらずいつでも清潔に使えます。2本足の部分は掴みやすく、スポンジで洗いにくい調理器具も楽に洗うことができるでしょう。

自立して干すことができ、スペースを取らないのもポイント。フックに吊るして収納したり、折りたたんでスポンジ置きとしても使用できるなど好みの方法でキッチンに配置できます。3種類の形の違うブラシのラインナップで用途に合わせて使い分けれるのも魅力になっています。

ハンディタイプでおすすめのキッチンブラシ

Redecker-木のキッチンブラシ(850円)

天然繊維の程よい硬さでフライパンの焦付きもしっかり落とせる

ドイツのRedecker社の木製キッチンブラシ。硬めの野菜の汚れを洗ったり、鉄鍋を洗ったりと多用途で使えます。木の取っ手はホールドしやすい設計でしっかり握って洗うことが可能。力を入れたいときも滑ることなくこすることが可能です。

全高は約7.5cm、ブラシ毛は約2cmと力を入れた時に汚れをしっかりかき出す仕組み。通気性の良い植物繊維は素早く水分を逃すので乾きやすく衛生的に保ちやすいのも魅力です。おしゃれな木製デザインは置いて乾かすときも可愛らしい。

マーナ-抗菌キッチンブラシ(748円)

豚毛と抗菌ナイロンの混毛で清潔に保てる

洗いやすく清潔に使えるハンディタイプのキッチンブラシです。毛の素材には豚毛と抗菌剤入りナイロン毛を使用することでいつでも清潔に保てます。程よいコシで泡立ちよく洗えるので、調理器具を傷めず洗浄できるでしょう。

8.6cmのハンディ部分は、手に握りやすくしっかり掴むことができるのも魅力。しっかり握れて小回りが効くこだわりの柄は、フライパンやざるが洗いやすい形になっています。ホワイトボディーはキッチンに置いておいても清潔感があります。

ナチハマ-キッチンブラシ(770円)

水だけで汚れを落とせるブラシの素材が魅力

手のひらサイズのブラシの毛の部分には、エポクリン加工を施し、ざるの編み目や溝など細かい溝の汚れも簡単に落とすことができます。洗剤不要で汚れが落ちるので、洗う対象を選ばず洗浄可能。食器洗いから野菜洗いにも使えます。

この秘密はブラシに加工された特殊ゴムの微粒子。ゴムの摩擦と油を吸い寄せる吸着力によってあらゆる汚れをしっかり落とします。洗剤を使わないので、化学洗剤による手荒れに悩んでいる人におすすめ。丸い穴付きで吊り下げて乾かすことも可能です。

KUROMAME-MKキッチンブラシ(358円)

まな板やザルの網目に詰まった汚れがしっかりかき落とせる

清潔感あふれるまっ白なデザインが魅力のくろまめシリーズ。掃除グッズをシンプルな白で統一することで清潔感あふれる明るい空間が演出できます。キッチンブラシに使うポリプロピレンはこしが強く、まな板やざるの網目に詰まった汚れをしっかりかき出せるでしょう。

コの字状のグリップは握りやすく力を入れやすいので、どんな場所も汚れの状態に合わせて力を加減できます。コの字部分はワイヤーやスポンジホルダーにさっと掛けて収納可能。乾きが早く衛生的に使用できます。

OXO-ワンプッシュパームブラシ(1,100円)

洗剤とブラシ一体型で継ぎ足し不要で家事効率が上がる

透明のウィンドウ付きで洗剤の残量がひと目でわかる使いやすい洗剤一体型ブラシです。ボタンを押すだけで中に入った洗剤がブラシ部分に出てくるので、泡が少なくなった時の継ぎ足しが不要。スポンジでは洗いにくいざるやおろし金も洗いやすいでしょう。

背の高い本体は手のひらにしっかりフィットするデザイン設計もポイント。手のひら全体で力を入れて洗浄しやすくなっています。ブラシ部分にはポリプロピレンやナイロンを使用し、鍋や食器を傷つけにくい素材で安心して使用可能です。

おしゃれでおすすめのキッチンブラシ

ロクサン-アニマルブラシ(1,045円)

素朴で可愛らしい木製アニマルブラシ

キッチンを可愛らしく演出したいならアニマルデザインが可愛いキッチンブラシがおすすめ。使わない時も見ているだけで癒されるデザインです。動物の形に彫られた設計は、手が握りやすく力を入れやすいのもポイント。

フライパンやお鍋のこびりつきもスッキリ落とせる丈夫なナイロン素材を採用。シンクの溝やコンロの狭い隙間など幅広く掃除ができます。馬、くま、アザラシの3種類のデザインからお好みで選べます。用途別に使い分けるのもいいですね。

マーナ-デルデルキッチンブラシ(550円)

ワンプッシュで洗剤が出てくる便利なキッチンブラシ

手にフィットする持ちやすいグリップで使い心地が抜群です。上部にはワンプッシュで適量の洗剤が出てくるので、1回1回洗剤をつける手間が省けます。直接手に洗剤が触れないので、手荒れが気になる人も安心して使えるでしょう。

キッチンブラシの洗剤口は広口設計で洗剤が入れやすいのもポイント。注ぐときに洗剤が垂れる心配がありません。強力なナイロンブラシで頑固な汚れも落としやすく、鉄鍋や焼き網などの汚れもしっかり落とせます。

Masthome-キッチンブラシ(1,580円)

握りやすいハンドルデザインで汚れを綺麗に掃除できる

用途に応じて使い分けられるキッチンブラシが3点セットになっています。持ちやすく快適な竹製のグリップで、食器から調理器具まで心地よく洗浄可能です。手のひらサイズのキッチンブラシは、握りやすく力を入れやすい設計。

タイルの隙間や窓のサッシなどにこびりついた汚れもしっかり落とせる、台所洗いブラシもおすすめ。3点とも使われている毛の素材にはナイロンシルクを使用。厚くて毛量が多いので強い洗浄力を叶えます。吊り下げ用のストラップ付きで壁掛けが叶うのも魅力です。

vigar-ラブハートブラシ(1,055円)

心までパッと明るくなるスペイン生まれのキッチンブラシ

愛を込めて食器洗いが叶うハートの形が可愛いキッチンブラシ。スペインのバレンシアで生まれたキッチンブランドで、シリーズで揃えればキッチンが華やかに明るく演出できるでしょう。ピンクとレッドハート形ブラシで毛部分も同色なのが可愛い。

3つの華やかなビジューデザインも施され、細部までこだわった作りになっています。手に握りやすいようくびれデザインになっているのも使いやすさをアップ。立てて置けるので、乾きやすく衛生的に設置ができます。

Andree Jardin– キッチンブラシ(2,420円)

フランスのブラシメーカーが作った逸品

ミニマリストなど本当に質の良いものを長く使い続けたいという人におすすめのAndree Jardinのキッチンブラシです。1947年より職人によるハンドメイドで1つ1つ丁寧に作り上げています。プラスチックのキッチンブラシと違い量産できないこだわり抜いて作られた逸品です。

キッチンブラシの毛には、高品質なナイロンを使用し耐久性が高くなっています。天然素材のビーチ材は経年変化を感じながら長く愛用できるでしょう。使うほど手に馴染んで、野菜の汚れはもちろんキッチン用具の洗浄に使用できます。

まとめ

衛生的に収納できる長柄タイプがおすすめ

食器洗いからシンクや排水溝の洗浄まで、幅広い用途で使えるキッチンブラシ。食を扱う場所なので、いつでも使いたいときに清潔に使える収納方法も事前にチェックしておきたいポイントです。吊るして乾かせるものや、柄部分が自立して乾かせるものもおすすめ。今回は、イリスやマーナなど人気のブランドを挙げながらおすすめのキッチンブラシを紹介しました。家事をスムーズにこなせるキッチンブラシを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*