おすすめの餃子鍋人気比較ランキング!【鉄製も】

お店で食べるようなジューシーで熱々の餃子を自宅で楽しみたくありませんか?フライパンやホットプレートで焼くことも出来ますが、皮がぱりっととならなかったり端の方が生焼けだったりと失敗しがちです。餃子を美味しく焼くために作られた餃子鍋を使えば、本格的な美味しい餃子がご家庭で楽しめます。そこで今回は、餃子鍋の人気おすすめを人気ブランドを挙げながらご紹介します。素材や機能についても合わせて解説しますので、餃子好きの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

餃子鍋の特徴

5mm以上の厚みがある餃子を焼くのに特化した平鍋

餃子鍋は一般的なフライパンとは違い、餃子を美味しく焼くために設計された調理器具のことです。鉄やステンレスなど素材には違いがありますが、5mm程度の厚みが特徴になっています。特に油なじみがよく、鍋全体に熱をしっかり溜め込むことができる鉄製は人気。本格餃子専門店でも鉄鍋が使われていることが多く、中はふんわり外側は均等に焼き目がつくのが特徴です。

餃子をするのが楽しくなる餃子鍋セットも人気

餃子を家族みんなで楽しんでいただけるように、餃子鍋と餃子を包むキットがついたセットのものもあります。餃子を包むスパチュラやトレー、蓋がセットになっているので届いたその日から餃子作りが叶います。餃子を包むのが苦手な人のために、皮と具材をのせて閉じるだけの餃子パックも付属しているものもおすすめ。小さなお子さんでも、お母さんと一緒にお手伝いができるとセット購入する人も多くなっています。

餃子鍋の種類

ラウンド型

一度にたくさん焼けるうえ様々な焼き方を楽しめる

家族の人数や汎用性を考慮しながら餃子鍋の形を選ぶことができます。餃子鍋1つで様々な餃子の並べ方が楽しめるラウンド型は定番の形。1列ずつ並べたり、円盤状に並べるなど餃子の数に合わせて焼くことが可能です。サイズ展開も豊富で、直径24cmから5人以上分の餃子が1度に焼ける直径28cmサイズまで家族構成に合わせて選ぶことができます。

友達や親戚を呼んで餃子パーティーをするときもラウンド型なら見た目も美しく仕上がるでしょう。深さも3cmから5cm以上と幅広いのも特徴。餃子以外にも、パエリアやすき焼き、チャーハンなど用途を選ばず使いたいなら5cm以上の深さのある餃子鍋を選びましょう。

スクエア型

少量の餃子を焼きやすく餃子以外の用途にも使える

1人から2人分の少量の餃子を焼くなら、スクエア型の餃子鍋がおすすめ。おつまみ用やおかず用の餃子を焼き上げるのに最適なサイズになっています。1列ずつ並べるタイプで、ターナーを使えば一度に餃子をひっくり返すことが可能です。取り出すのもターナーで一度に叶います。

ラウンド型よりもサイズが小さいので、熱まわりが早いのもポイント。手早く簡単に焼くことができるので、忙しい人におすすめです。コンパクトなスクエア型フライパンとして、卵焼き作りやおかず作りにも最適。少量のおかず作りにも活用したい人はスクエア型を選ぶと良いでしょう。

餃子鍋の選び方

素材で選ぶ

本格的な餃子仕上がりが叶う鉄製

お店で味わうような本格的な餃子を自宅で食べたいという人は鉄製の餃子鍋がおすすめです。高温にも耐え、油なじみも良いので使えば使うほど美味しい餃子に仕上がります。鉄鍋の魅力は、熱が鍋全体に均等に伝わること。焼き斑がなく均一に美味しく仕上がるのがポイントです。また鉄製は1度温まれば温度が下がりにくいので、火を消した後でも熱々の餃子を長時間楽しむことができるでしょう。

手入れが簡単で焦げつきにくいステンレス製も人気

手入れがしやすく、他の料理にも使える餃子鍋が良いならステンレス製がおすすめ。錆や傷に強く焦げ付きにくいので、取り出す時も簡単に叶います。万が一焦げてしまっても、簡単に落とすことができるのもステンレス製のポイントです。内部に鉄やアルミを含んだ多重構造の鍋なら、手入れのしやすさと焼きやすさの両方を叶えることができるでしょう。

ムラなく短時間で焼き上げたいなら銅製

熱が伝わりやすく、短時間でぱりっとした餃子が焼き上がる銅製もおすすめ。熱伝導に優れた銅は、熱が素早く均等に伝わるので餃子も焼きやすくなります。また火の強さが食材にダイレクトに伝わるので、焼き斑がなく生焼きの心配がないのも魅力。まんべんなく熱が行き届いて、美味しい餃子に仕上がります。価格は他の素材に比べて高価になりますが、柔らかいスポンジで汚れを落とせる手入れのしやすさや耐久性を考えると長く愛用することができるでしょう。

機能で選ぶ

焦げ付きにくさを考慮するならノンスティック加工のものを

料理が苦手だったり、手入れがしやすく使いやすい餃子鍋が良いならフッ素加工やテフロン加工の施されたノンスティック加工のものを選びましょう。少量の油でも、餃子がくっつきにくくお皿に盛る時も簡単に取り出せます。加工が剥がれるとくっついたり焦げの原因になるので、柔かいスポンジで加工を剥がさないように注意して手入れしましょう。

IH対応なら熱源に関係なく使用できる

餃子鍋を選ぶ時には、ご自宅の熱源にも注意して選びましょう。餃子用鉄鍋のほとんどはガス火対応なのでIHでは使うことができません。なかには、IHとガス火両方に対応した餃子鍋も販売されています。熱源を選ばず使用することができるので便利です。またプレゼントで餃子鍋を贈る時には、IHとガス火両用タイプがおすすめ。相手の熱源が分からなくても、問題なくプレゼントできます。

付属品で選ぶ

鍋敷きつきならそのまま食卓に運べる

鉄鍋で焼いたジューシーで熱々の餃子をそのまま食卓に持っていって食べたいという人は、鍋敷き付き餃子鍋を選びましょう。餃子鍋にセットになっている鍋敷きは鍋の大きさに合わせて設計されているので、テーブルに熱が伝わらないよう助けてくれます。熱々の熱鍋餃子をそのまま食卓で楽しめるので、自宅で居酒屋気分を味わえるでしょう。食卓に運びやすくするため、取っ手の有無やハンドルが付属しているかも一緒にチェックするのもポイント。火傷をせず食卓に運ぶことが可能です。

ターナーや蓋付きならプロ並みの美味しい餃子が出来上がる

焼き餃子は蓋を使って蒸し焼きにするのがポイントです。餃子鍋には鍋の大きさに合わせた蓋付きのものもあります。ガラス蓋なら中の様子が確認しやすく焦げるのを防げるので便利。木蓋は蒸気を適度に吸い取って、餃子が水ぽっくなるのを防ぐ効果があります。また餃子をひっくり返したり、お皿に盛る時に役立つターナーも便利。皮を破ることなく一度に1人分の餃子をすくい取ることが可能です。

餃子鍋のおすすめブランド・メーカー

池永鉄工

本格鉄鍋餃子を自宅で楽しむならこのブランド

鉄鍋と木製の鍋敷き、鉄用ハンドルがセットになった本格的餃子鍋なら池永鉄工がおすすめ。ガス火専用で、高火力で美味しい餃子を作れます。1人用の15cmサイズと夫婦で楽しめる20cmサイズのラインナップ。食卓で晩酌しながら餃子を食べたい人に最適です。

和平フレイズ

匠が作り出した本格的餃子鍋が揃う

1.6mmの鉄材を、シンプルでおしゃれな形に作り出した鉄鍋餃子鍋がおすすめ。新潟県燕三条市で作られた匠の技とアイデアが詰まった餃子鍋になっています。水を入れてもこぼれにくく、炒め物や焼き物もしやすい深めの設計。セラミック加工を施して初心者でも使いやすくしたラウンド型餃子鍋もあります。

貝印

リーズナブルで汎用性の高い餃子鍋ならこのブランド

キッチン用品を数多く取り揃える貝印は、餃子鍋に特化した鍋セットも揃います。蓋や蒸し器、餃子を一気にひっくり返せるターナー付きで汎用性高く使いこなせるでしょう。価格もリーズナブルで、餃子以外の料理にも活用できるのもポイント。この貝印の餃子鍋セットで、あらゆる料理が作れます。

岩鋳

木蓋付きでパリッとジューシーな餃子を焼ける

岩鋳の餃子鍋は、餃子を隙間なく敷き詰め美味しく焼き上げることができる設計が魅力。フラットな底面は熱が均等に伝わりやすく、IHの使用も可能で熱源を選ばず使用できます。蓋には耐久性の優れた焼杉を使用。鍋内の水分を上手く吸収し、鍋内に水分を落とさないのでぱりっとした餃子が焼き上がります。

おすすめ&人気の餃子鍋ランキング

ラウンド型でおすすめの餃子鍋

dish-南部鉄餃子鉄鍋(9,800円)

家庭で本格的なこだわり餃子が作れる餃子鍋

職人が1つ1つ丁寧に作り上げた南部鉄器を使用しているので、餃子もより美味しくなります。南部鉄器は熱伝導が高い高いため熱が均一に伝わり、ぱりっと香ばしく焼き色が付くのが特徴。IHにも対応しているので、食卓で餃子パーティーを楽しむのにも最適です。

焼面にはエンボス加工を施しているのもポイント。食材と焼面の間に空気や油の層ができることで焦げ付きにくくなります。深さは約3cmと深めで、お好み焼きやステーキなどの料理にも最適です。透明蓋つきで中身の確認もしやすいのも使いやすいポイントになっています。

岩鋳-すき焼き兼用餃子鍋(9,900円)

ガスコンロとIHの両用餃子鍋

一度温めると冷めにくい、蓄熱性の高い南部鉄器を使用した餃子鍋です。鍋表面には細かい凹凸で覆われており、空気が入り込むことで焦げ付きを防ぐことが可能。また南部鉄器は黒焼付加工も施されているので、使い込むごとに味わい深く油馴染みが増していくでしょう。

この南部鉄器製鍋のポイントは、ガス火にもIHにも対応しているところ。直径24cm、深さは5.5cmと使いやすい構造で家族みんなで囲むすき焼き用として使用できます。木製の蓋で鍋内の水分を上手く調整しながら美味しい餃子を焼くことができるでしょう。

SUMMIT-焼物鉄板フライパン(3,952円)

優れた熱伝導で本格的な鉄板餃子が自宅で

材質には鉄を使用し、表面にはシリコン焼付塗装を施しています。蓄熱性に優れているので、分厚い食材もしっかり熱を通しながらジューシーに焼きあがるでしょう。一度熱くなると冷めにくい鉄製は、食べる時間が違っても温かさを保てます。

4.5mmの厚みのある鉄板は、耐熱性と衝撃性に優れているのもポイント。取っ手部分はシリコン焼付けになっているので、持ち運ぶ時も滑りにくくなっています。熱源を選ばずIHにもガス火にも対応しているのも使いやすい魅力です。

リバーライト-極JAPAN(11,000円)

通常フライパンよりも約5倍の強度を持たせた餃子鍋

中華料理屋さんで出てくるようなパリッとした表面とジューシーで肉汁あふれる餃子を作りたいならこれがおすすめです。3.2cmの厚みのある餃子鍋で、食材を入れた後の温度変化を最小限にとどめてくれます。また鉄製は油馴染みも良いので香ばしい焼き目が付きやすいのも魅力です。

この鉄製フライパンは、鉄と窒素を結びつけて形成することで錆びにくくなっています。手入れがしやすく扱いやすいでしょう。また特殊熱処理を施すことで鉄の5倍の強度となり、汚れがこびりついても油を馴染ませることで質が再び復活します。

和平フレンズ-餃子鍋(3,828円)

餃子がパリッと美味しく仕上がるフライパン

鉄製にフッ素加工を施すことで、焦げ付きにくく、すぐにお皿に取り出せす。羽付き餃子も焦げ付きを心配することなくぱりっと仕上がるでしょう。底部分は平らで熱が均等に伝わりやすい設計。たくさん並べても均一に火が通ります。

端の餃子は上手く火が通らなかったということがなく、どの餃子もぱりっとジューシーに仕上がるでしょう。外側はセラミック塗膜加工を施すことで、汚れが付きにくく、洗浄がしやすい設計。手入れがしやすく、いつでも清潔に保つことが可能です。

スクエア型でおすすめの餃子鍋

和平フレイズ-餃子鍋(5,445円)

手入れを重ねるごとに手に馴染んでいく匠の餃子鍋

新潟県燕三条で製作された安心の日本製餃子鍋です。シンプルなデザインでありながら高級感を感じさせる形が魅力。油なじみがよく油を弾かない鉄製で高温で勢いよく熱する作業でも鉄の品質を落としません。

使えば使うほど油なじみが良くなり、食材がくっつきにくくなっていく鉄製。手入れをするごとに馴染んでいく品質は、長く愛着を持って使用し続けられるでしょう。1.6mmの深めの設計で水を入れてもこぼれにくくなっているのもポイントです。

キッチングッズ柳屋-南部鉄器スクエアパン(20,500円)

深さの違うスクエア鍋の2種セット

深さ3cmと7.5cmの2種類のスクエア鍋です。どちらも熱源を選ばず幅広い用途で使用ができます。重ねてスタッキング収納も可能なので置き場所も困りません。深型鍋は鍋料理や揚げ鍋として、浅型鍋は餃子鍋やホットプレート代わりとして使用できるでしょう。

底面はフラット構造で、熱伝導が高く隅々まで均等に熱が通ります。端は焼けていないということがありません。浅型・深型鍋ともに同素材の蓋もついているので、餃子鍋に水を入れて蒸すときもしっかり蓋が閉まって蒸らせます。

ToMay-IH対応スクエアパン(2,397円)

2人分の餃子を焼くのにぴったりな焼くのに特化したスクエアパン

金属ヘラも使える耐摩耗性に優れたファインダイヤモンドコートを使用したスクエアタイプの餃子鍋です。普通のフライパン感覚で使えますが、焼き料理に特化した設計で餃子が美味しく仕上がります。1人から2人分の餃子を一度に焼くことが可能です。

蓋は透明タイプで、焼き具合を確認しやすい。シリコンの巻きタイプの蓋つまみを採用し蓋を取り外しやすいのもポイントです。スクエアタイプのネックだった洗いにくさを解消した滑らかな設計で、洗いやすく汚れが溜まりにくくなっています。

三和精機製作所-餃子皿(2,831円)

自宅で宅飲みが叶う餃子鍋

熱々の餃子の鉄板を木板にのせて、自宅で居酒屋のような演出を味わえる餃子鍋です。角15cmのミニサイズで、他のおかずや主菜と一緒に食卓に並べやすいサイズ感もポイント。自宅での食事が一層雰囲気良く仕上がります。

ハンドルは付属していませんが、着脱式のハンドルを別途使えばお皿に移さずそのまま鉄板で餃子を楽しめます。餃子だけでなく、カットステーキやチャーハンなどを盛り付けるのもいいですね。熱が直接テーブルに伝わらず、テーブルの素材を傷つけません。

セットでおすすめの餃子鍋

池永鉄工-ギョーザ鍋(3,135円)

取り外し可能なハンドル付き

着脱可能なハンドルと木台がセットになった餃子鍋です。鍋が熱くなってもハンドルがついているので、テーブルに運ぶ時も安全に移動が叶います。木台に乗せれば、まるで居酒屋のような雰囲気が自宅の食卓で味わえるでしょう。

この餃子鍋は、深さ3.7mmと適度な深さがあるので餃子はもちろん1人前のすき焼きや石焼ビビンバなどを配膳するのにも最適。シーンや用途を問わず汎用性高く使えるのが魅力になっています。ガス火対応の餃子鍋でアウトドア用としても活用可能です。

ココウキ-餃子鍋セット(4,675円)

包むから焼くまで叶う餃子セット

中身が見える透明蓋付きの餃子鍋と、自宅で手作り餃子が楽しめるキットがセットになっています。餃子を包むときに役立つ餃子へらと、包むのが苦手な人もワンタッチで餃子を包める餃子パック、包んだ餃子を乗せるトレーがセット。届いたその日から餃子パティーを楽しめます。

へらと餃子パックは2個ずつあるので、家族や友達と一緒に楽しみながら包むことができるでしょう。直径26cm、深さ5cmの餃子鍋は持ち手がついているので食卓に運びやすい設計。透明蓋で中身の確認もしやすく、最適な焼き目を見分けることができます。

貝印-四角いフライパンセット(3,166円)

餃子12個を2列に並べて焼き上げられる

冷凍餃子を焼くことが多い人におすすめのオールインワン四角いフライパンセットです。様々な食材に対応する深めのフライパンに、蒸し料理ができるプレート、中身が見やすいフライパンカバーとワイドターナーが付いています。あらゆる冷凍食品をマルチに使えるフライパンセットです。

マルチフライパンには、手作りか冷凍関わりなく餃子12個が2列に分けて並べられます。蒸しプレートを使えば海老餃子や野菜たっぷり蒸し餃子などヘルシー餃子も簡単です。フライパンは前面部が傾斜を付けた先端形状。料理をお皿に移しやすくなるでしょう。

YOUNGzone-蓋付き餃子鍋セット(14,055円)

プロも使用する本格的な板厚鉄板餃子鍋

厚手の餃子鍋は、均等に火が通りやすく高熱でパリッとジューシーに餃子が仕上がります。木製蓋を使えば、密封しすぎることなく蒸気を程よく吸収しパリッとした焼き上がりに完成。外はカリッと中はジューシーに仕上がるでしょう。

高品質のステンレスを使用したターナー付き。大きめの餃子でも一人前の餃子を羽ごと取ることが可能です。お店のような羽餃子をテーブルにサーブできるでしょう。ターナーは吊るして収納が可能な紐付きで、錆を心配することなく掛けて乾かせます。

川端滝三郎商店-分厚い餃子パン(4,378円)

匠の技が光る浅型餃子鍋

浅型でフライ返しやへらで食材をひっくり返すのが簡単に叶う餃子鍋です。サイズも大きく、家族分の餃子を一度に焼くのにおすすめの直径26.5cmサイズになっています。サイズが大きくても熱伝導に優れているので全体がぱりっと仕上がるでしょう。

へらでお皿に取ることも、そのまま食卓に鍋ごと出すことも可能です。使い込めば使い込むほど焦げ付きにくくなり、愛着を持って使い続けられます。ステンレス製の蓋は、鍋が熱くても熱が伝わらず素手で蓋を取り外すことが可能です。

まとめ

家で美味しい餃子を楽しめるセット餃子鍋がおすすめ

自宅で美味しい餃子を簡単に作ることができる餃子鍋。熱が均等に伝わる鉄製餃子鍋は、ジューシーでぱりっとした皮が美味しい餃子が自宅のコンロで完成します。家族で餃子を包みながら楽しめる餃子鍋セットも人気。IHに対応した餃子鍋を選べば熱源を選ばず使用できます。今回はおすすめの餃子鍋について池永工業や貝印など人気のブランドを挙げながらランキング形式で紹介しました。ぜひみなさんも美味しい餃子を自宅で作ってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*