おすすめのビデオカメラケース人気比較ランキング!【ショルダー式も】

ビデオカメラの必需品とも言えるビデオカメラケース。保管ケースとしてはもちろん、持ち運び用のケースとしても使用できるなど必ず所持しておきたいもの。しかし種類が多くどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。今回はおすすめのビデオカメラケースをご紹介します。選び方や種類についても詳しく解説します。ぜひチェックしてお気に入りを見つけてくださいね。

ビデオカメラケースの必要性

落下や衝撃に弱いビデオカメラを保護し破損を防止

ビデオカメラを購入したら必ずビデオカメラケースを用意することをおすすめします。なぜならビデオカメラは精密機械。かなり繊細な機械なので、衝撃に耐えられません。また塵や埃が本体に入り込むと故障の原因に繋がります。ビデオカメラケースは中にクッション性のある生地を採用し、繊細なビデオカメラを衝撃から保護します。ケースに入れておくことで、塵や埃もシャットアウトできますよ。長く愛用するためにもビデオカメラケースを用意しておくことをおすすめします。

ビデオカメラケースの特徴

ビデオカメラを収納して持ち運ぶ

ビデオカメラケースとは文字通り、ビデオカメラを入れるケースのことです。高いクッション性が特徴で、衝撃や揺れからビデオカメラを保護します。持ち運ぶ際の揺れや外部からの衝撃に強い構造で、ビデオカメラを守りながら安全に持ち運べますよ。

ビデオカメラを塵や埃から守りながら保管できる

ビデオカメラケースは、ビデオカメラの大敵である塵や埃を防ぎながら保管が可能です。仕切りのある収納力の高いケースなら本体の充電コードやACアダプタも一緒に保管できますよ。デジタル機器をまとめて保管した方にも最適です。

ビデオカメラケースの種類

ポーチタイプ

コンパクトサイズでインナーバッグとしても使える

ポーチタイプは、ビデオカメラ本体がすっぽり収まるよう設計されています。そのため、コンパクトサイズのケースが多く、鞄に入れて持ち運びが可能です。インナーバックとしても使えるので、鞄の中のごちゃつきが気になる方におすすめ。

ベルトループがついているポーチタイプなら、ベルトに通してウエストポーチとして持ち運べます。両手が開くので、アクティブシーンでの動画撮影にも最適。運動会や発表会などお子さんの活躍を逃すことなく撮影できますよ。

バッグタイプ

大容量サイズでコードなどの付属品も収納できる

バッグタイプは、持ち手のついたビデオカメラケースです。大きいサイズのモデルが多いのが特徴。広いケース内にコードなどのビデオカメラ類一式の収納が可能です。旅行や仕事などで機材を一式持っていきたい時などに便利ですよ。

仕切りがあるバッグタイプなら、ビデオカメラの周辺アクセサリーをきっちり整理整頓できます。取り外しできる仕切り板も多く、ビデオカメラのサイズに合わせて調整が可能。ケース内のごちゃつきを防ぎ、いつでもどこでもさっと取り出せて便利ですよ。

ビデオカメラケースの選び方

収納で選ぶ

仕切りがあれば周辺アクセサリーやバッテリーを綺麗に収納できる

仕切りのあるケースなら、ビデオカメラの周辺アクセサリーやバッテリーも綺麗に収納できます。ごちゃつきがちなコード類も専用の場所に入れておけるので、絡まる心配がありません。整理整頓されたケース内は、使う時にもさっと取り出せて便利ですよ。ビデオカメラを一式持ち運びたい方には、収納性の高いビデオカメラケースをおすすめします。

SDカードを入れるポケットがあると便利

旅行など数日間に渡ってビデオカメラを使用する場合は、容量が心配ですよね。そんな時にはSDカードが入るポケットのあるビデオカメラケースがおすすめ。SDカードなどの小さな小物も専用のポケットに入れて安全に持ち運びが可能です。失くしやすいものだからこそ、安心して持ち運べる工夫が大切です。容量を気にせず撮影に挑みたい方におすすめですよ。

用途で選ぶ

運動会やレジャーにはショルダー式がおすすめ

ビデオカメラが大活躍する運動会。お子さんに合わせて移動することも多く、ビデオカメラ一式を持ち運ぶのは大変ですよね。そんな時はショルダー式のビデオカメラケースがおすすめ。肩にかけておけるので、鞄と同じ要領でビデオカメラ一式を持ち運びが可能です。お子さんの雄姿を見逃さないためにも快適な撮影環境を整えておけるといいですよね。

旅行で荷物を減らしたいならコンパクトサイズを

旅行などでなるべく荷物を減らしたい時には、コンパクトサイズのビデオカメラケースがおすすめです。鞄に入れやすいコンパクトサイズなら、鞄の中のスペースを圧迫せずに必要最低限のアクセサリーを持ち運べます。また2WAYタイプなら道中はインナーバッグとして鞄に忍ばせておき、旅行先ではショルダースタイルにするなどシーンに合わせて使えて便利ですよ。

素材で選ぶ

衝撃吸収素材使用なら落下や衝撃に強い

衝撃吸収素材を使用したビデオカメラケースなら、万が一落下した時でも安心です。ケースに内蔵された厚みのある特殊素材が生じた衝撃を吸収し、ビデオカメラを保護。持ち運びの際に生じる揺れや衝撃から守ります。外出先にも安心して持ち運びたい方は、衝撃を吸収できる素材を使用しているかチェックすることをおすすめします。

撥水素材で雨の日でも安心

外で使用する場面が多い方には、表面に撥水素材を使用したビデオカメラケースがおすすめです。撥水素材は水を弾く加工が施されており、水を玉状にして弾きます。ケース内の水の侵入を防ぎ、外出先で突然の雨に遭遇しても安心して使えますよ。アウトドアシーンでの動画撮影にも最適。外でよくビデオカメラを使う際には撥水素材を使用しているかチェックしておくことをおすすめします。

ビデオカメラケースのおすすめブランド・メーカー

HAKUBA(ハクバ)

カメラを扱うメーカーだからこその高い機能性

HAKUBAは、昭和30年創業のカメラ用品の製造と販売を行うメーカーです。またカメラケースやバッグの日本国内大手メーカーでもあります。カメラを中心に扱うメーカーだからこその高い機能性と豊富な品揃えが特徴です。

SONY(ソニー)

落下や衝撃に強いこだわりの安全設計

音楽分野やゲーム分野など幅広い活躍を魅せるSONYは、まさに日本の多国籍コングマリット。デジタル分野でもその活躍は目覚ましく、安全設計にこだわったビデオカメラケースが人気です。衝撃や揺れに強い構造で、ビデオカメラを安全に保管しておきたい方におすすめです。

ELECOM(エレコム)

圧倒的な種類の多さと品揃え

ELECOMは、パソコンを中心にデジタル機器関連製品を取り扱うメーカーです。優れた商品開発を続け、多くのカテゴリで業界No.1を獲得。圧倒的な種類の多さと品揃えが特徴です。また良心的な価格設定も魅力的。コストをあまりかけられない方にもおすすめです。

Panasonic(パナソニック)

スマートさを重視した設計

Panasonicは日本の大手電機メーカーです。エアコンや洗濯機といった大型家電をはじめ、さまざまな電機分野において活躍しています。Panasonicのビデオカメラ専用のケースはもちろん、スマートに持ち運べるデザイン性の高いケースも人気。デザイン性やスマートさにこだわりたい方におすすめ。

おすすめ&人気のビデオカメラケースランキング

ポーチタイプでおすすめのビデオカメラケース

ELECOM-デジタルビデオケース (1,190円

ダブルファスナーで大きく開いて取り出しやすい

ELECOMのポーチタイプのビデオカメラケースです。大きく開閉できるダブルファスナーを採用。素早くビデオカメラを取り出して撮影が可能です。また手ぶらで持ち運べるベルトループや着脱式フックでベビーカーに取り付けも可能。取り出しやすさ抜群です。

4Kビデオカメラが収納できる大容量サイズ。着脱式の仕切り板が付属しており、ケース内を自由にレイアウトできます。ビデオカメラだけでなく、バッテリーなどのアクセサリーも収納可能です。コンパクトなポーチタイプですが収納性にも優れています。

HAKUBA-ムービーケース ビデオカメラ用 (1,600円)

開閉しやすいリングタイプのプラー

HAKUBAのポーチタイプのビデオカメラケースです。指をかけて開閉するリングタイプのプラーを採用し、開きやすい仕様です。また開口部が大きく開く構造なので、ビデオカメラの取り出しもスムーズに行えますよ。お子さんの発表会で出番が来た時でも素早く取り出せておすすめです。

ケースの素材は、ポリエステルを採用。内側には起毛のある素材を使用いているので、ビデオカメラが傷つく心配がありません。丈夫な素材と柔らかい起毛素材で外側からも内側からもビデオカメラを守ります。

Panasonic-VW-SC1-A  コンパクトポーチ (2,810円)

最小限の荷物で旅行に行きたい時に

スマートな見た目が特徴的なPanasonicのビデオカメラケース。筒のような形で、非常にコンパクトサイズです。上部には予備バッテリーを収納できるスペースがあり、必要最低限の収納が可能。持ち運びに便利なコンパクトデザインで、荷物をなるべく少なくしたい時におすすめですよ。

ハンドストラップがついており、手に提げたりフックにかけたりと使い勝手も優れています。人工皮革や合成皮革を使用した素材で、デザイン性にも優れています。手に持っていてもおしゃれに見えるビデオカメラケースです。

HAKUBA-ムービーケースL (2,745円)

プラーロック機能搭載でファスナーが勝手に開閉するのを防ぐ

プラーロック機能搭載で、ファスナーが勝手に開閉するのを防ぎます。鞄の中に入れている際に知らない間にファスナーが開いてビデオカメラが飛び出てしまう心配がありません。しっかりロックしてビデオカメラを守ります。

ケースの前面には、小物が入る便利なファスナーポケット付き。クロスやメディアなどの小物が入れられます。ファスナーがついているので、大事なSDカードを入れても飛び出る心配がありません。安全にSDカードを持ち運びたい方にもおすすめです。

WERJIA-ビデオカメラ保護収納ケース (1,599円)

ビデオカメラ一式が入る優れた収納力

収納力に優れたポーチタイプのビデオカメラケースです。SONYのビデオカメラが入るサイズ感でビデオカメラはもちろん、コード類やバッテリーなどのビデオカメラ周辺機器を全て収納できます。非常に収納性に優れたビデオカメラケースです。

素材には、耐久性に優れた高級ハードEVA素材を採用。外部からの衝撃や揺れをシャットアウトします。また防塵や半防水性も兼ね備えており、小雨程度なら使用可能。外出先でも安心して使用できます。

ショルダー式でおすすめのビデオカメラケース

ELECOM-ビデオカメラケース (1,783円)

ビデオカメラ本体とACアダプタを収納できるオールインワンモデル

ビデオカメラとACアダプタを一緒に収納できるオールインワンタイプのビデオカメラケースです。横幅15.5cm、高さ11cmと大容量サイズ。自由に調整できる仕切り板が2つ付属しているので、手持ちのビデオカメラやACアダプタのサイズに合わせてレイアウトも可能。ビデオカメラを一式持ち運びたい方におすすめです。

こちらは手提げと肩掛けができる2WAYタイプになっています。シーンや気分に合わせて持ち運び方法を選べる仕様です。また付属のショルダーストラップは、全長130cmと丁度いいサイズ感。しっかりした作りでビデオカメラを支えます。

SONY-ソフトキャリングケース (3,127円)

中型とは思えないほどの収納力

SONYの中型ビデオカメラケースです。SONYのハンディカムやサイバーショットが入る中央部分に加え、バッテリーやコードなどをまとめて収納できるポケットがサイドと前面についています。中型ながら豊富な収納。コンパクトにたくさん持ち運びたい方におすすめです。

ビデオカメラを雨や砂塵から守るプロテクト構造を採用。天面フラッパーが傘のような役割を果たし、内部への侵入を防ぎます。突然の雨にも難なく対応してくれますよ。天気の不安な時でも安心してビデオカメラを持ち運べます。

HAKUBA -フォティナ ドゥ ムービーバッグS (1,060円)

ママ達の声から生まれたビデオカメラケース

ドット柄がキュートなHAKUBAのビデオカメラケース。ママ達のあるといいなを形にしたモデルで、使い勝手の良さが特徴です。肩掛けや斜め掛けに対応したショルダーベルトは取り外しが可能。インナーバックとしても使えます。横幅17.5cm、高さ10cmのサイズは、マザーバックの中にも収まるサイズ感です。さまざまな場面に対応できるよう、工夫が施されたビデオカメラケースです。

内部には自由に動かせる仕切りパッドが搭載。手持ちのビデオカメラのサイズに合わせて調整が可能です。またビデオカメラが中で動かないようにマジックテープで固定ができます。お子さんに合わせて激しく動いてもしっかり揺れから守ってくれますよ。小さなお子さんがいるご家庭におすすめのビデオカメラケースです。

JVC-Everio ビデオカメラ用バッグ (1,980円)

軽量コンパクトでアクティブな撮影に

重量約141gと軽量モデル。全長135cmのショルダーベルトが付属しており、肩掛けはもちろん、斜め掛けでの持ち運びも可能です。肌身離さず持っていられるので、アクティブシーンの撮影でも大活躍してくれますよ。

外ポケットには予備バッテリーが3個入れることができます。本体だけでなく、周辺アクセサリーの収納スペースもしっかり確保されていますよ。持ち運びやすさだけでなく、収納性にもこだわりたい方におすすめ。

FOSOTO-ビデオカメラケース (1,969円)

コンパクトなケースの中に小さな工夫がいっぱい

こだわりの工夫が施されたFOSOTOのビデオカメラケースです。ケースの前面と両サイドに小物が入るポケットがついており、収納力も抜群。予備バッテリーやコードなど一緒に入れておけます。また背面にあるループには三脚を通しておけますよ。ビデオカメラ一式を持ち運びたい方におすすめ。

ビデオカメラ本体を入れる場所には底面マットが取り付けられています。それにより、地面との接触時の衝撃を和らげます。また底部にゴム脚が設置しており、ケースが直接地面に接触しません。立てて置いておくことも可能です。衝撃にも配慮したビデオカメラケースです。

サンワダイレクト-カメラバッグ (2,980円)

ビデオカメラとミラーレスカメラも収納できる大容量サイズ

横幅33cm、高さ20cmの大容量サイズのビデオカメラケースです。広いケース内にビデオカメラや周辺アクセサリーのみならず、ミラーレスカメラも収納可能。圧倒的な容量で、デジタル機器を一緒に収納しておきたい方におすすめです。

持ち運び方法が豊富なのもこのビデオカメラケースの特徴です。手提げスタイルとショルダースタイルの2WAYでの使用可能。さらにインナーバッグとしても使えます。また背面にあるループをキャリーバッグの持ち手に通せば、キャリーサポーターとして利用できますよ。さまざまな持ち運び方法が選べる便利なビデオカメラケースです。

衝撃吸収でおすすめのビデオカメラケース

ELECOM -デジタルビデオカメラケース ZEROSHOCK (1,078円)

低反発ポリウレタン素材で全方向の衝撃から守る

ELECOMのZEROSHOCKは、衝撃吸収性に優れたウエーブ状の低反発ポリウレタン素材を採用。全方向の衝撃からビデオカメラを守ります。またケース表面には撥水性に優れたポリウレタン生地を使用。突然の雨にも対応しており、外出先での使用も安心です。

ビデオカメラケースの重量は、約125g。衝撃をしっかり吸収できる厚みを保ちながら、低反発ポリウレタンの体積を少なくし軽量化を実現しています。鞄の中に入れても気にならない軽さで、持ち運びにも便利です。

サンワサプライ-衝撃吸収ビデオカメラケース (762円)

衝撃吸収フォームを底面に内蔵

ポーチタイプの衝撃吸収ビデオカメラケースです。衝撃吸収フォームを底面に内蔵した構造で、ビデオカメラを衝撃から守ります。また柔らかい伸縮素材でフィット感も抜群。鞄の中に入れても揺れからも守ってくれますよ。

メイン収納部にはメディアを収納できるメッシュポケットがついています。SDカード専用のポケットで、小さなSDカードの持ち運びも安心。また複数入るサイズ感なので、外出先で容量を気にせず撮影を楽しめますよ。長期的な旅行におすすめ。

サンワサプライ-ビデオカメラケース 3WAY (2,580円)

低反発ウレタンを採用した衝撃に強いビデオカメラケース

サンワサプライの衝撃吸収ビデオカメラケースです。低反発ウレタンを内蔵し、外部からの衝撃を吸収。横幅11cm、高さ18cmのスリムなモデルですが、しっかりビデオカメラを守ってくれますよ。衝撃に強いコンパクトなビデオカメラケースが欲しい方におすすめ。

縦型収納を採用し、コンパクトでスマートなデザインを実現。インナーバッグとしての使用ももちろんのこと、ショルダースタイルでの使用にも最適です。フィット感抜群で、持ち運びやすいビデオカメラケースです。

まとめ

使う用途に合わせたビデオカメラケースがおすすめ

ビデオカメラケースは、使う用途に合わせて選ぶことをおすすめします。運動会などの行事で使うのであれば、スマートに出し入れできる大口タイプ、長期的な旅行ならSDカードやビデオカメラ周辺アクセサリーが一式入る大容量サイズなど使うシーンに合わせて選ぶと良いですよ。今回はおすすめのビデオカメラケースをご紹介しました。ぜひ参考にしてお気に入りのビデオカメラケースを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*