おすすめのホワイトボードシート人気比較ランキング!【マグネットタイプも】

何かアイデアを出したい時、広いスペースに書き込みながら自分の考えを整理したくなりませんか。そんな時におすすめしたいのがホワイトボードシートです。ホワイトボードシートがあれば、壁一面に文字を書き込むことも手軽にできますよ。そこで今回はおすすめのホワイトボードシートをランキング形式でご紹介します。また、ホワイトボードシートは様々な貼り付け方があるのがあるため、使いこなすには選び方のコツを押さえなければなりません。詳しくポイントを解説しますので、ぜひお気に入りの1枚を見つけて様々な場所に書き込みできるスペースを作ってくださいね。

ホワイトボードシートの特徴

壁や窓ガラスなどに簡単に貼れる

ホワイトボードシートとは、シート状のホワイトボードのこと。薄いので、壁や窓ガラスなどに簡単に貼り付けられます。ただの壁や窓ガラスが、あっという間に書き込めるスペースへと変身しますよ。ホワイトボードと違って場所を取らないのが魅力です。

オフィスだけでなく家庭でも活用しやすい

ホワイトボードと聞くとオフィスでの使用を連想するかもしれませんが、もちろんご家庭でも活躍できます。壁一面にホワイトボードシートを貼れば、小さなお子さんが自由に書けますよ。イラストなど、豊かな創造力を育むのに役立ちます。また、ただのホワイトボードと違って脚が邪魔にならないのも魅力。ぶつかることもないので、小さなお子さんやペットのいるご家庭でも安心して使えますね。

ホワイトボードシートの種類

粘着タイプ

裏面に付いた接着剤で貼る

粘着タイプは裏面に接着剤が付いるのが特徴。さらに、強粘着タイプと弱粘着タイプに分かれます。強粘着タイプは、貼り付ける力が非常に強いため、壁に貼ったら2度と剥がさないような時に使いましょう。使っている最中に剥がれてくることもなく、ずっと使い続けられますよ。使っている最中に落ちないので、わずらわしくありません。反面、貼り付けたあとに場所を移動させたくなって剥がすと、壁紙が破けたり糊が残ったりします。賃貸のアパートやマンションには適していないといえるでしょう。強粘着タイプは必然的に長く使うことになるので、劣化しにくい高品質なホワイトボードシートを選ぶのがおすすめです。

弱粘着タイプは、強粘着タイプよりも粘着力が弱いのが特徴です。そのため、強粘着に比べて剥がしやすいですよ。たとえば、貼る際にうっかり斜めになってしまった時でも、1度剥がしてから再度角度を直すことも可能。不器用できれいに貼れるか心配な方にもおすすめです。

マグネットタイプ

裏面がマグネットになっている

マグネットタイプとは、裏面がマグネットになっていてスチールなどの金属面に貼り付けられるタイプのこと。粘着タイプと違って、糊の跡が残ることもなく、自在に貼ったり剥がしたりできます。頻繁に場所を移動して使いたい時に便利ですよ。ただし、金属面にしか使えないため、吸着タイプと違って使える場所は限定的です。

マグネットタイプは、さらに上から磁石をくっつけられるのが魅力です。ホワイトボードシートとして使えるだけでなく、ちょっとしたプリントやメモを貼り付けることも可能。たとえば、冷蔵庫にマグネットタイプのホワイトボードシートを貼っておけば、中に入っている食材の在庫を管理したり、チラシを貼り付けたりできます。

吸着タイプ

静電気や裏面の小さな吸盤を利用して貼る

吸着タイプには、裏面が小さな吸盤状になっているシートや、静電気を利用して貼り付けるタイプがあります。金属製以外の場所にも貼れるので、壁やガラスなど幅広い場所で使えますよ。マグネットタイプより、様々な場所に対応できるのは助かりますね。使いたい時だけサッと貼り付け、使わない時はしまっておくことも可能です。

粘着タイプと違って、剥がしても壁紙を破損しません。アパートなどの賃貸でも気軽に使いやすいですよ。糊の跡も残らず、安心して使えるのが高ポイントですね。簡単に貼り換えできるので、使用場所が決まっていない時にも使いやすいです。

ホワイトボードシートの選び方

大きさで選ぶ

書き込む量が少ないなら300×450mmぐらいの小さいタイプ

書き込む分量が少ないのに壁一面の大きなホワイトボードシートを貼っても、かえって使い勝手が悪いです。たとえば、オフィスで社員の月間スケジュールを把握したいなら、大きすぎるとむしろ書き込みにくいですよ。どのくらい書くか予想できているなら、それに応じた大きさを購入しましょう。月間スケジュールなど少ない量しか書かないなら、300×450mmほどの小さいタイプで十分です。

スペースに余裕があるなら壁一面に貼れるほどの大きいタイプ

小さなお子さんに絵などを描かせたいなら、壁一面に貼れるほどの大きなタイプがおすすめです。スペースを広々と使えることで、ますます創造力を高められますよ。また、仕事上のアイデアを書きたいビジネスパーソンにも大きめが有効。狭い空間に限定して書いていると、なかなか自由な発想は出てきません。スペースに余裕があるなら、壁一面に貼ってより大胆に考えられるような環境作りをしましょう。

シートの機能性で選ぶ

表やカレンダーが書かれているタイプなら罫線を書く必要がないので便利

家族や社員の予定表として使いたいなら、あらかじめ枠組みが書かれているタイプがおすすめです。月間や週間スケジュールを書く際、いちいち罫線を書く必要がないため使いやすいですよ。最初から表になっているタイプや、日付まで書いてあるタイプなど様々。最初から枠組みができていれば、毎回自分で書くよりもきれいで使い勝手も良いです。用途に合わせて購入しましょう。

透明タイプなら上から文字を書き足しやすい

透明タイプとは、通常の白いホワイトボードシートと違って、上から貼り付けても下の文字などが透けて見えるタイプのこと。すでに書いてある文字やイラストの上に、簡単に書き足せるのが特徴です。会社でプレゼンを行う際など、さらに詳しく状況や商品説明を付け加えたい時に最適ですよ。また、透明な分、ホワイトボードシートと違って空間に馴染みやすいのも魅力。ホワイトボードの存在自体を目立たせたくない時にも使いやすいです。

使い勝手で選ぶ

マーカーやイレーザー付きなら購入してすぐに使える

最初からマーカーやイレーザーを付属しているホワイトボードシートなら、購入後すぐに使い始められるのでおすすめです。このような付属品が入っていないと、わざわざ自分で準備しなければなりません。特に、マーカーは水性タイプでないと後々消せなくなってしまいます。誤って油性タイプのマーカーを準備すると、購入早々シートを汚してしまう危険性がありますよ。購入してすぐに使い始めたいなら、付属品が充実しているタイプを選びましょう。

プロジェクターの画面を投影できればスクリーンとしても使える

ホワイトボードシートの中にはプロジェクターの画面を投影でき、スクリーンとしても使えるタイプがあります。材質的に映像を投影しても見えづらい壁でも見えやすくなり、便利ですよ。もちろん、ホワイトボードなので投影した映像に付け足して書き込むことも可能。会議などで活躍しますね。また、自宅で映画を映すスクリーンとしても使えます。吸着タイプなら場所を選ばず貼り付けられるため、使い勝手が良いですよ。

ホワイトボードシートのおすすめブランド・メーカー

コクヨ

無地タイプから罫線付きまで幅広く展開

コクヨは、スタンダードな無地タイプから罫線付きタイプまで幅広く展開しています。無地タイプは使い方が限定されない分、用途を選ばず使用できますよ。罫線付きタイプには月間予定表と行動予定表があり、用途に応じて選べるのが魅力です。様々な用途に使いたいなら、種類が豊富なコクヨがおすすめですよ。

セーラー万年筆

方眼入りや透明タイプなど種類が豊富

セーラー万年筆は、静電気で貼り付けられる吸着タイプを販売しています。中でも人気なのは、方眼入りタイプと透明タイプ。方眼入りは文字や図形を書く際、方眼を目印にできるのできれいに書き込めますよ。透明タイプは紙の上に貼れば、紙に直接書き込んでいるように見せつつも、実際の紙をきれいなまま保てます。

中川ケミカル

粘着タイプから吸着タイプまで幅広く展開

様々な貼り付け方に対応している中川ケミカル。しっかりと接着できる粘着タイプから、貼り換えやすい吸着タイプまで種類が豊富です。また、1220mmという幅の広いタイプも販売しています。貼り付けたい場所の材質に合わせて、自分好みのサイズを購入できますよ。

マグエックス

豊富なサイズ展開で人気

マグエックスは、サイズ展開が豊富なことで人気です。300×450mmという小さなサイズから、900×1800mmの超特大サイズまで幅広く販売しています。用途に合わせた大きさを探しやすいですよ。また、単純なホワイトカラーのシートだけでなく、淡いピンクやブルーといったカラーもあるのが魅力。状況に合わせて色を使い分けできるのが助かりますね。

おすすめ&人気のホワイトボードシートランキング

粘着タイプでおすすめのホワイトボードシート

プラスマークスマーケット-ホワイトボードシート (5,500円)

0.2mmと薄い

0.2mmと薄いので、カッターで簡単に切れます。幅や長さだけでなく、形まで自分好みにカットできますよ。貼り付けたい場所の広さに合わせて自在に調節できるのが高ポイント。また、強粘着タイプなので、1度貼り付けたら剥がれ落ちません。特定の場所で使い続けたい時に便利です。

0.2mmと薄型なのに、裏面にスチールの鉄箔が付いています。これにより、磁石で数枚のプリントを貼り付けることも可能。ただし、薄いだけあってあまり磁力が強くありません。棒タイプの磁石や幅広マグネットなどを利用しましょう。それでも、コピー用紙を2~3枚は貼り付けられるので、使い道が広がりますよ。

L’oiseau Blue-ホワイトボードシート (9,812円)

特殊加工されているため貼り付けやすい

裏面に特殊な加工が施されているため、誰でも簡単に貼り付けられます。接着面を特殊なドット形状で仕上げることによって、貼り付けたい面とシートの間に気泡が入りにくいのが特徴。不器用な方もきれいに貼り付けられるので、失敗しないか不安な方におすすめです。

強粘着タイプなため、しっかりと貼り付けられます。900×1800mmと、広いスペースをホワイトボード化できるのが魅力。たとえば、飲食店に貼り付ければ、日替わりメニューからイベントの告知まで書き込めますよ。黒板と違って、チョークの粉が落ちないので衛生的に使えます。

オリエントショップ-ホワイトボードシート (1,680円)

磁石も使える弱粘着タイプ

壁や木材など、材質を選ばず貼れる弱粘着タイプです。また、中に鉄粉が入っているため、このホワイトボードシートを貼れば磁石もくっつけられるように変化します。ただの壁や木材でできた柱などにも磁石を貼り付けられるので、便利ですよ。

サイズが400×600mmと、とてもコンパクトです。ちょっとした場所にも貼り付けやすいですよ。また、くるくると丸めればさらに小さくできるので、しまっておいても場所を取りません。オフィスだけでなく、ご家庭でも使いたい方におすすめのサイズ感です。

TREND STYLE-ホワイトボードシート (980円)

ワイドサイズなのにリーズナブル

450×2000mmと横に長いワイドサイズです。複数枚を繋げて貼れば、さらに巨大なホワイトボードにできますね。また、これだけ大きいのに、リーズナブルなのも魅力。初めて購入する方も、気軽に導入しやすいですよ。

裏面にメモリが付いているのが特徴。それを目印にカットすれば、不器用な方も簡単に真っすぐ切れます。カッターやはさみで手軽にカットできるので、小さなお子さんと図工感覚で一緒に作業しやすいですよ。また、粘着力も弱めで、失敗しても貼りなおせるのが助かりますね。

LINOFLE-ホワイトボードマグネットシート (1,880円)

充実した付属品

購入してすぐに使えるように、付属品が充実しているのが特徴です。すぐに書けるペンから消しやすいイレーザーまで、一通り揃っているのが魅力。わざわざ自分で用意する必要がありません。また、これらをまとめて入れられる収納袋まで付いているので便利ですよ。

粘着タイプなので、場所を選ばず貼れるのが高ポイントですね。このシートを貼れば、なんでもないただの壁にも、磁石を貼り付けられるようになります。ちょうど良い大きさに切って使えるため、オフィスだけでなく学校や塾などでも使いやすいですよ。幅広い場所で使いたい方におすすめです。

マグネットタイプでおすすめのホワイトボードシート

ソニック-α-MAGホワイトボードシート (6,578円)

薄いので貼り付けても違和感がない

0.2mmと非常に薄いため、貼り付けても違和感がありません。たとえば、汚れてしまったホワイトボードに貼り付ければ、あっという間に新品同様に早変わりします。薄いだけあって、貼り換えやすいのも魅力ですね。

磁石の効力が強いのが特徴。今までの厚さ0.2mmのマグネットタイプのホワイトボードシートに比べて、磁力が約2倍です。強力な分、小さなサイズにカットしてもしっかり貼り付けられますよ。あまり広い面積を取れない冷蔵庫などにも、がっちりと貼り付けたい方におすすめです。

中川ケミカル-ホワイトボードシートMG (18,150円)

スチールパーテーションにも貼れる

マグネットタイプなので、オフィスなどにあるスチールパーテーションにも貼れます。本来文字を書けない場所も、手軽にホワイトボードにできるのが魅力。また、粘着タイプと違って何度でも繰り返し貼れます。気軽に貼り付け場所を変えられるのが助かりますね。

イレーザーで消せば何度でも繰り返し書けます。オフィスでちょっとした考えをまとめたい時にも使い勝手が良いですよ。また、小さくカットして冷蔵庫に貼り在庫を書いておけば、無駄な食材を買ってしまうこともありません。様々なシーンで使いたい方におすすめです。

サイン素材店舗用品SHOPのSMS-ホワイトボードマグネットシート (8,360円)

プロジェクタースクリーンとしても使える

シートの表面に、光の反射を抑えるツヤ消し加工が施されています。これにより、ホワイトボードとしてだけでなく、プロジェクターを使う際のスクリーンとしても利用可能。1枚で2役担えるのが便利です。スクリーンとして兼用したい方におすすめですよ。

マグネットタイプなので、取り外しも簡単です。ホワイトボードだと、脚の部分に子供がぶつかって転倒してしまう危険性もあります。大人の目がないところに置いておくには不安ですよね。ホワイトボードシートなら、子供部屋にも安心して使えますよ。

マグエックス-マグネットスケジュールボードシート (2,164円)

月間予定表タイプ

すでに日付が書かれている月間予定表タイプです。ホワイトボードになっているため、具体的な予定の部分はマーカーで繰り返し書けます。一方、日付や罫線は最初から書かれており、イレーザーを使っても消せません。毎月わざわざ日付や枠組みを書く必要がないので便利ですよ。会社だけでなく、ご家庭でも家族の予定を管理しやすいです。

付属品が充実しています。マーカーが黒と赤の2色あるので、予定の内容によって使い分けできますよ。2人だけで使うなら、人によって区別しても使いやすいですね。マグネット付きトレーもあるため、付属品をすべて乗せることも可能。ただ書くだけでなく、周辺機能も充実しているホワイトボードシートをお探しの方におすすめです。

吸着タイプでおすすめのホワイトボードシート

Home sweet home-吸着式ホワイトボードシート (4,280円)

金属面以外にも貼り付けられる

平らであれば、プラスチック製でも木製でも貼り付けられます。マグネット式のように場所を選ばないので、様々なシチュエーションで使えますよ。会議やコンペなどで使うオフィスから、小さなお子さんのお絵描き用にご家庭まで、幅広く使えるのが高ポイントですね。

鉄粉が入っているおかげで、本来なら磁力のないガラスやプラスチックにも磁石を貼り付けられます。伝言を書いたメモや、学校からのプリントを貼るのに便利ですよ。磁力のない場所を、マグネット対応スペースにしたい方におすすめです。

コクヨ-ホワイトボードピタボ (3,756円)

吸着タイプの月間予定表タイプ

吸着タイプの月間予定表タイプなので、貼り付ける場所を選びません。壁やガラスなど、平らであればどこへでも貼り付けられますよ。マグネットタイプと違ってスチール面に限定されないので、幅広く使えるのが魅力。スチール面以外の場所に月間予定表タイプを貼りたい方におすすめです。

多機能な付属品が魅力です。最大の特徴は、マーカーを置くトレーやイレーザーまでもが、マグネットで貼り付けられること。トレーにマグネットが付いているタイプはありますが、イレーザーにまで付いているのは珍しいです。ホワイトボードシートで使う付属品を貼り付けておけるので、月間予定表の前に手ぶらで来ても書き込みできますよ。

セーラー万年筆-どこでもシート 透明 (8,700円)

両面使用できる透明タイプ

裏と表、どちらも使用できる透明タイプです。透明タイプだと、どちらの面を貼り付ければ良いのかわからず不便に感じることも多いでしょう。このホワイトボードシートなら両面使えるので、貼り付け時に困りませんよ。

透明なので、紙などの上から貼り付けて書き込むこともできます。たとえば、地図などの学習教材の上から貼り付ければ、教材を汚さずに補足説明を記入できますよ。よりわかりやすいので、お子さんの勉強も捗ります。他にも、パソコンのモニターやショーケースに貼ることも可能。様々なシチュエーションで活用したい方におすすめです。

マグエックス-どこでもホワイトボードシート (1,584円)

マグネットが使えるようになる吸着タイプ

内部に鉄粉を含んでいる層があります。そのため、本来なら磁石がくっつかないガラス面などにも、磁石を貼り付けられますよ。たとえば、ガラスに貼っておいて、さらに上から磁石でメモを貼り付けることも可能。使い道が広がるのが高ポイントですね。

340×240mmとホワイトボードシートの中ではかなり小さめなのが特徴。貼り付けても、場所を取りません。デスクの前にあるちょっとしたスペースなど、狭い場所を有効活用できるのが助かりますね。省スペースで使いたい方におすすめですよ。

ホワイトバリュー-吸着式ホワイトボード (19,800円)

クレヨンも使える

水性タイプのマーカーの他に、クレヨンも使えるのが特徴です。小さなお子さんだと、うっかりマーカーのキャップをし忘れることもしばしば。初めからクレヨンを使うようにしていれば、マーカーを無駄にせずすみますよ。クレヨンだと消すのが大変そうに思うかもしれませんが、少し湿らせた布でこすれば簡単に落とせます。

700×1000mmと、かなり大きめです。ご家庭に1枚あれば、お子さんが広いスペースを使って自由にお絵描きできますね。子供の脳は、何度も消したり書いたりを繰り返すことによって発達するといわれています。お子さんの創造力を育みたい方におすすめですよ。

まとめ

貼る場所に合わせたホワイトボードシートがおすすめ

ホワイトボードシートを使いたいなら、貼る場所に合わせたホワイトボードシートがおすすめです。まず、剥がす可能性があるかを考慮しましょう。1度貼ったら剥がさないなら、粘着タイプがおすすめです。その中でも、強粘着タイプはしっかりと貼り付けられますよ。きれいに貼れるか自信がない方は、失敗してもやり直しやすい弱粘着タイプがぴったりです。また、頻繁に貼り場所を変えたいなら、マグネットタイプか吸着タイプを選びましょう。金属面に使いたいならマグネットタイプ、金属面以外に貼り付けたいなら吸着タイプという風に使い分けると良いですね。今回はおすすめのホワイトボードシートをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合ったホワイトボードシートを手に入れて、繰り返し書いたり消したりできる使い勝手の良いスペースを作ってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*