おすすめの調理スプーン人気比較ランキング!【無印も】

調理に使用する器具を、なるべく削減したいと思ったことはありませんか。そんな時におすすめなのが、調理スプーンです。調理スプーンを使えば、炒めたり盛り付けたりを1本でまかなえますよ。そこで今回は、おすすめの人気調理スプーンをランキング形式でご紹介します。調理スプーンはさまざまな素材で作られ、それぞれ選び方にポイントがあるので詳しく解説します。ぜひ、お気に入りの1本を見つけて、調理中のストレスを軽減してくださいね。

調理スプーンの特徴

調理から盛り付けまでこなせるキッチンツール

調理から盛り付けまで幅広くこなせるキッチンツールのことを、調理スプーンといいます。調理スプーンはターナーとお玉が一体化したような形状で、具と一緒にソースや水分をすくい上げることができます。炒めものや煮物、汁物など、どんな料理にも対応し、利便性の高い調理器具として高く支持されています。

必要以上にキッチンツールを増やさなくても1本でマルチな使い方ができる

調理スプーンは混ぜる、炒める、すくう、盛り付けるといった、1本でマルチな使い方ができるのが魅力。レードルやヘラ、スパチュラやお玉などの機能をすべてまかなえるので、必要以上にキッチンツールを増やす必要がありません。なかには、スプーン部分に計量目盛りを装備した、機能性に富んだものも展開されています。調理器具を出し入れする手間や洗い物を削減できるので、キッチンがごちゃつくことなくスッキリとした状態をキープできます。

調理スプーンの種類

ナイロン製

軽量で手や腕の負担になりにくい

ナイロン製調理スプーンは軽量で、手や腕の負担になりにくいという特徴があります。また、耐熱温度200度以上のものが多く、炒め物にも安心して使用できます。デコボコのない形状とツルツルとした質感で洗いやすく、食洗機にも対応しているためお手入れに手間がかかりません。

ナイロン製調理スプーンのデメリットとして、スプーン先端がしならないことがあげられます。鍋やフライパンに残ったソースや水分を、スパチュラのようにしっかりかき集めることはできません。したがって、食材を残さずすくい取ることよりも、軽量さを重視するならナイロン製を選択するとよいでしょう。

シリコン製

しなやかで鍋やフライパンを傷つけにくくソースまでしっかりすくえる

シリコン製調理スプーンは、スプーン先端にしなりがあるのが特徴です。スプーンを押し付けるように使えば、スパチュラのようにソースや水分をかき集めて、残さずすくい取ることができます。やわらかい素材で接地面を傷つけないので、フッ素加工されたフライパンにも安心して使用可能。どんな調理器具とも相性が良く、耐熱性にも優れています。

シリコン製調理スプーンのデメリットとして、料理のニオイが付きやすいことがあげられます。カレーなどの香りの強い料理に使用すると、しばらくニオイが取れないことも。しかし、調理スプーンにニオイが付いたからといって、別の料理にニオイ移りすることはありません。使い勝手を重視するなら、シリコン製を選択するとよいでしょう。

木製

ナチュラルな雰囲気で取り分け用にも便利

木製調理スプーンは、木目の色や出方によって一つひとつ風合いが異なります。ほかの素材にはないナチュラルな雰囲気で、テーブルにサーブして取り分け用スプーンとしてもおしゃれに使うことができます。また、使うごとに味わいが増し、経年変化を楽しめるのも木製調理スプーンならではの魅力です。

木製調理スプーンのデメリットとして、他の素材よりお手入れに手間がかかることがあげられます。表面の仕上げ方によっては食材の色や油脂が染みやすく、当初の風合いとかけ離れてしまうことも。また、木製品は基本的に食洗機を使用することができません。他の素材よりも取り扱いに気を付ける必要があるため、木製品でしか味わえない質感を重視する方や、お手入れの手間を惜しまない方に適した素材といえるでしょう。

金属製

劣化しにくく耐久性が高い

金属製調理スプーンは錆びにくく優れた耐久性をもつ、ステンレスで作られたものが多く展開されています。ステンレス製調理スプーンは他の素材よりも劣化しにくく、美しい状態で長く愛用できます。また、熱に強いため高温になりやすい炒め物にも安心して使用可能。汚れ落ちが良くニオイも付きにくいので、どんな料理にも幅広く対応します。

金属製調理スプーンのデメリットとして、フライパンや鍋を傷つけやすいことがあげられます。特に、フッ素樹脂加工が施されたフライパンへの使用はおすすめできません。したがって、金属製調理スプーンは傷を気にせず使える鉄製調理器具を使用している方や、サービングスプーンとして使いたい方に適しているといえるでしょう。

調理スプーンの選び方

機能性で選ぶ

耐熱温度200度以上なら炒め物などにも安心して使用できる

調理スプーンを選ぶ際は、まずは耐熱温度に注目しましょう。耐熱温度200度以上なら、高温になりやすい炒め物にも安心して使用できます。逆に、耐熱温度が低いと使用中に調理スプーンの先端が変形したり、溶けたりといったトラブルを招きかねません。なるべく耐熱温度の高い調理スプーンを選ぶことで、調理中の温度を気にすることなく使用できますよ。

計量用目盛りが付いたものなら味付けに迷わない

スプーン部分に計量用目盛りが付いた調理スプーンは、さまざまなキッチンツールの役割を1本でまかなえるのが魅力。キッチンの収納スペースや調理台の広さに余裕がない場合には、かなり強い助けとなるでしょう。また、計量カップや計量スプーンを別途用意しなくてもよいので、洗い物も少なく済みます。調理スプーンに調味料を注ぎ入れるだけで、味付けに迷うことなく美味しい料理を作ることができますよ。

形状で選ぶ

柄に角度があるものならすくいやすく小回りがきく

柄に適度な角度が付いたものは、真っ直ぐのものよりも食材をすくいやすく小回りが利きます。調理スプーンは食材を下からすくい上げるという作業を頻繁に行うため、柄に角度があるほうが、手や腕の動作が少なくなります。特に、大きなフライパンいっぱいに炒め物を作ったり、大鍋料理を作ったりする場合には、柄の角度によって手首にかかる負担が大きく異なりますよ。

衛生的に使えるのはスタンド付きのもの

柄にスタンド機能を装備した調理スプーンは、直置きしてもスプーン部分が浮いた状態をキープできます。衛生的に一時置きできるので、調理器具スタンド等を用意する必要もありません。その反面、スタンドの隅や突起部分に汚れがたまりやすく、洗いにくいというデメリットもあります。調理器具の一時置きは意外と悩ましい問題なので、使い勝手を重視するなら、スタンド機能を装備した調理スプーンを選ぶと良いでしょう。

お手入れ方法で選ぶ

食洗器対応ならお手入れに手間がかからない

調理スプーンはさまざまな調理に使用できるため、メニューによっては油汚れがひどくなることも。しかし、食洗機対応のものなら、お手入れにかかる手間を最小限に留められます。ただし、木製調理スプーンはどんなに耐熱温度が高くても、基本的に食洗機を使用することはできません。誤って食洗機で洗ってしまうと、風合いが変化してしまったり、ヒビや割れの原因となることもありますよ。耐熱温度の他に素材にも注目して、食洗器で洗えるものを選びましょう。

油落ちが良くヌルつきにくいのは表面の質感がザラザラしているもの

表面の質感がザラザラした調理スプーンは、ツルツルしたものと比べて油落ちが良く、ヌルつきにくいという特徴があります。また、ツルツル仕様のものは使っていくうちにツヤが消え、くすみや傷が気になることも。ザラザラ仕様のものは最初から艶のないマットな状態なので、くすみや傷が付いても気になりづらいでしょう。特に、シリコン製調理スプーンは、表面の質感がそれぞれ大きく異なります。耐熱温度や柄の形状のほかに、表面の質感にも注目して選択すると、使用中のストレスをより軽減できますよ。

調理スプーンのおすすめブランド・メーカー

無印良品

幅広い調理をストレスフリーにこなせる

シンプルでスタイリッシュな生活用品を、多数展開する無印良品。無印良品の調理スプーンは、スプーンの厚みや柄の持ちやすさなど、総合的なバランスの良さが秀逸です。初めて調理スプーンを使う方にも扱いやすく、幅広い調理をストレスフリーにこなすことができます。

山崎実業

スタンドや計量機能を装備し使い勝手抜群

独自の視点で優れた機能性のインテリア用品や、キッチンツールを多数展開する山崎実業。山崎実業の調理スプーンは、スプーン部分に計量目盛りを装備した使い勝手のよさが魅力。スタンド機能も搭載し、衛生的に調理中に一時置きできます。調理ツールをなるべく減らしたい方や、1本で何役もこなす調理スプーンをお求めの方におすすめです。

ニトリ

フライパンの曲面に沿う使いやすい形状

さまざまな生活用品を幅広く取り扱うニトリ。ニトリの調理スプーンは、先端が三角形という独特の仕様です。フライパンの曲面に沿わせやすく、ソースも具材もしっかりすくえますよ。良心的な価格設定なので、お試しで調理スプーンを使ってみたい方にもおすすめです。

ティファール

フィンガーレスト付きで長時間調理も快適

スタイリッシュで機能性に優れた、調理器具や家電を世界中で展開するティファール。ティファールの調理スプーンは、人間工学に基づいて設計されていて、持ちやすさに定評があります。さらに、柄にフィンガーレストを装備し、長時間の調理も快適に行えますよ。従来の調理スプーンに持ちにくさを感じていた方は、試している価値のある逸品です。

おすすめ&人気の調理スプーンランキング

ナイロン製でおすすめの調理スプーン

ティファール-エピス ナイロンスプーン (550円)

人間工学に基づいて設計された抜群の握りやすさ

人間工学に基づいて設計、デザインされた調理スプーン。握ったときに親指にフィットするフィンガーレストも装備され、持ちやすく手にぴったりフィットします。エピスシリーズは全8種類で展開されているので、調理器具のブランドを統一したい方にもおすすめです。

フッ素樹脂加工のフライパンや鍋の表面を傷めにくいナイロン樹脂製で、毎日の調理に大活躍します。スプーン部分が先細りになっているので、細かな食材もすくいやすく小回りの良さも抜群。耐熱温度220度と高温調理にも対応し、食器洗い乾燥機も使用可能です。

サンクラフト-サーバースプーン (346円)

約56gの軽量さで長時間の調理も快適

強化ナイロン製の、耐熱性に優れた調理スプーン。耐熱温度230度と優秀で、幅広い調理に対応します。フッ素樹脂加工の鍋やフライパンを傷つけにくく、すくったりかき混ぜたりも安心して行えますよ。また、ヘラのようにも使用できるので、ポテトやアボカドなどを潰すのにも便利。

長時間の調理でも手や腕の負担になりにくい、約56gの軽量仕様。なるべく軽量の調理スプーンをお探しの方におすすめです。継ぎ目のない一体型で汚れがたまりにくく、衛生的に使用できるのも要注目ポイント。さらに、食洗機にも対応しているため、お手入れにも手間がかかりません。

ジョセフジョセフ-調理スプーン (1,464円)

衛生的に一時置きできるエレベート構造を採用

スプーン部分にナイロン、ハンドル部分にはシリコンを使用した調理スプーン。手や腕に負担なく使用できる、約110gの軽量仕様です。取り分け、かき混ぜ、すくうの作業を快適に行えますよ。スプーン部分の耐熱温度は200度で、食洗機にも対応します。

直置きしても、スプーン部分が浮いた状態になるエレベート構造を採用。調理中、衛生的に一時置きできますよ。別途調理ツール置きを用意しなくてもよいので、広さに余裕がないキッチンでも使いやすい仕様です。パッと置いてもスプーンが浮いた状態になる、使い勝手に優れたナイロン製調理スプーンをお求めの方に最適。

シリコン製でおすすめの調理スプーン

無印良品-シリコーン調理スプーン 長さ約26cm (590円)

すべてのバランスが良い持っていて損はない逸品

調理でフル活用できる調理スプーン。スプーン部分は耐熱温度250度と優秀で、炒め物や煮込みなど幅広い料理に役立ちます。炒める、すくう、盛り付けるを1本でまかなえるので、なるべく調理器具を増やしたくない方に最適。

スプーンの先端部分がほどよくしなり、ソースなどの液体も余すことなくすくい取れます。作った料理を無駄にしないことはもちろん、調理道具の洗い物の手間も軽減できますよ。スプーン部分の絶妙な薄さと深さ、柄の握りやすさなどすべてのバランスが良く、キッチンに1本持っておいて損はない逸品です。

山崎実業-シリコーン調理スプーン (990円)

軽量目盛りやスタンドを装備し機能性に優れる

滑りにくく、弾力性に優れた調理スプーン。耐熱温度220度で、炒め物や汁物に安心して使用できます。さらに、スプーン部分には5㏄と15㏄が計れるメモリ付き。計量スプーンとしての役割も担うので洗い物が少なく済み、調理作業もはかどりますよ。

持ち手部分にスタンドを装備し、スプーン部分が浮いた状態で置くことができます。調理器具置きを用意しなくても、衛生的に一時置きできる嬉しい仕様。調理スプーンの置き方にお悩みの方や、計量スプーンも兼ねた調理スプーンをお求めの方におすすめです。

マーナ-トライアングリップシリコーン調理スプーン K536BK (819円)

先端がやわらかくスクレーパーのようにも使える

柄に三角断面グリップを採用した、手にフィットする調理スプーン。三角形状で握りやすく、調理中の動作を効率よく行えます。お玉としてもヘラとしても使用でき、最初から最後まで1本で調理をまかなえますよ。

先端が鍋やフライパンにしっかりフィットして、スクレーパーのようにも使用できます。残ったソースやクリームを、最後までスッキリすくい取るのに重宝します。なるべく先端がやわらかい、調理スプーンをお求めの方におすすめです。

サーモス-シリコーンクッキングスプーン KT-S001 (936円)

手や腕の負担になりにくい70gの軽量仕様

混ぜる、炒める、取り分けるとマルチに使える3WAY仕様。スプーン部分はほどよい硬さのシリコン製で、フライパンやボウルにピタッと密着します。ソースや具材をキレイに集められるので、洗い物の手間も削減できます。

重量70g以下と非常に軽量で、長時間の調理でも快適に使用できます。手や腕の負担になりにくい、なるべく軽量のシリコン製調理スプーンをお探しの方に最適。さらに、高い耐熱性で食洗機にも対応し、お手入れも楽々ですよ。

下村企販-調理スプーン2本セット (3,300円)

希少な日本製シリコン調理スプーン

弾力性のあるシリコーンゴムを使用した調理スプーン。とろみのあるソースや水分の多い料理でも、先端部がしなってキレイにすくい取れます。また、調理油やバターなどの油脂類による変形や変色が起こらないため、加熱中でも気軽に使用できますよ。

継ぎ目のない一体型仕様で、汚れがたまりにくくサッと洗い流せます。もちろん、食洗機にも対応。新潟県燕三条製の国産調理スプーンは珍しく、日本製にこだわりのある方に最適です。お得な大小2本セットで、作るものに合わせて使い分けられるのも魅力。

木製でおすすめの調理スプーン

ルクルーゼ-メープルウッド サービングスプーン (2,594円)

ル・クルーゼの鍋底にピッタリ合うよう設計された丸みのある大きめスプーン

ツルンとなめらかで、優しい木のぬくもりが感じられる木製調理スプーン。スプーンの先端は、ル・クルーゼのお鍋の底の丸みにピッタリ合うよう設計されています。特に、ル・クルーゼユーザーにとってこれ以上のものはない逸品です。表面にしっかりコーティングが施されているので、お手入れ簡単で毎日気軽に使用できますよ。

大きめサイズのスプーンは鍋や食器を傷つけにくく、食材をふんわりかき混ぜることができます。盛り付けにはもちろん、グラタンなどの崩れやすいお料理の取り分けにも大活躍。使うほどに味わいが増し、やわらかな経年変化を楽しめるのも魅力です。

リビングート-漆塗りサーバースプーン (1,320円)

なめらかなツヤと滑らかな表面が美しい漆塗り調理スプーン

耐水性や防腐性に優れた、漆塗りの木製調理スプーン。なめらかなツヤと木目が見た目にも美しく、丈夫で長く愛用できます。キッチンに出しっぱなしにしていても生活感が出づらく、見せる収納にも一役買ってくれるでしょう。触り心地も滑らかで、手にしっくり馴染みますよ。

肌あたりが優しいのでホーロー製の鍋や、フッ素樹脂加工が施されたフライパンにも安心して使用できます。長めの柄で手に持ちやすく、炒めて、混ぜて、盛り付けまで便利にこなします。おしゃれで機能性にも優れた、天然木製調理スプーンお探しの方におすすめです。

もやっこ-木のカトラリー サーバースプーン J046 (1,760円)

使う続けるほどに味わいが増す無垢材ならではの経年変化を堪能できる

チーク材で作られた木製調理スプーン。人工のウレタン塗料などは一切使用せず、オリーブオイルを表面に塗って仕上げられています。使い続けるほどに色や艶が変化し、木の風合いがさらに増していく、無垢材ならではの楽しみを堪能できます。

反りが大きくしっかりとした柄で、手に持ちやすく安定感があります。スプーン部分が深いので、パラパラチャーハンや細かく刻んだサラダの取り分けにも使いやすいですよ。ただ置いているだけで、キッチンをステキな雰囲気に演出してくれる調理スプーンをお探しの方に最適。

金属製でおすすめの調理スプーン

Flying Saucer-クッキングスプーン (1,100円)

スタイリッシュで耐久性に優れるステンレス製国産調理スプーン

金物の街、新潟県燕三条で製造された日本製調理スプーン。混ぜる、炒める、すくう、盛り付けるの4役をこなし、幅広いシーンで大活躍します。レードルやお玉よりコンパクトで使いやすく、サービングスプーンよりたっぷりすくえる、ありそうでなかったサイズ感。大皿料理や鍋料理の取り分けにもピッタリです。

柄の長さや角度、スプーン部分のカーブにこだわり、毎日の料理にちょうどいい使いやすさを実現。耐久性に優れたステンレス製で、軽く取り回しやすいのも嬉しいポイントです。シンプルでスタイリッシュなフォルムはどんなテイストのキッチンにも馴染みやすく、インテリアにこだわりのある方にもおすすめです。

ののじ-マルチスプーン ペティ (1,320円)

キッチンから食卓までマルチに使える

継ぎ目のない、シンプルな金属製調理スプーン。調理から盛り付けまで、幅広く使える心地よいサイズ感っです。崩れやすい煮物やとろみのある麻婆豆腐なども取り分けやすく、サービングスプーンとしても便利です。

丈夫で耐久性に優れるステンレス製で、長く使用できます。継ぎ目がないので汚れがたまりにくく、手軽にサッと洗浄できるのも嬉しいポイント。また、食洗機にも対応しているので、お手入れに手間がかかりません。キッチンから食卓まで、マルチに使える金属製調理スプーンをお探しの方におすすめです。

まとめ

1本で何役もこなす調理スプーンがおすすめ

軽量さを重視するなら、ナイロン製調理スプーンがおすすめです。ナイロン製は耐熱性も優秀で、食洗機に対応しているものも数多く展開されています。スパチュラのようにソースや水分をしっかりかき集められるのは、シリコン製調理スプーンです。シリコン製は幅広いラインナップで展開され、なかには計量機能を備えたものも展開されています。質感やおしゃれさを求めるなら、木製調理スプーンが最適。金属製調理スプーンは耐久性に優れ、美しい状態で長く愛用できます。今回は、おすすめの調理スプーンをランキング形式でご紹介しました。ぜひ、自分にピッタリの1本を手に入れて、毎日の調理をストレスフリーに行ってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*