おすすめのiPhone用スピーカー人気比較ランキング!【有線も】

iPhoneの音楽をスピーカーの大音量で聞きたいと思ったことはありませんか。そこでおすすめなのがiPhone用スピーカーです。iPhone用スピーカーがあれば、iPhoneの音声を大迫力で聞くことができます。そこで今回は、おすすめのiPhone用スピーカーを選び方とともに紹介します。お気に入りの一台を見つけて、iPhoneの音を大迫力で楽しんでくださいね。

iPhone用スピーカーの特徴

大音量で音楽や動画を楽しめる

iPhoneから直接流れる音にはどうしても迫力がありません。そんな時にiPhone用スピーカーを使えば、iPhoneの音は大音量、大迫力に早変わり。音楽や動画をより楽しむことができるようになります。

イヤホンジャックが廃止されたiPhone7以降でもBluetooth接続で使える

iPhone7以降のモデルでは、軽量化、薄型化の流れにともなってイヤホンジャックが廃止されています。しかしそれに合わせてBluetoothスピーカーも増えてきています。またイヤホンケーブルとlighteningケーブルの変換ケーブルを使えば、従来の有線スピーカーも使えます。

iPhone用スピーカーの種類

モノラルスピーカー

どの方向からでも均一な音を楽しめる

スピーカーには大きくモノラルとステレオの2種類があります。モノラルスピーカーとは、音源をひとつにまとめて音を出すスピーカーのこと。聞こえ方としては、どの方向から聞いても音が均一に聞こえるのが特徴です。

モノラルよりステレオの方が音質がいいと思われることもありますが、実はそれは間違いです。音質の違いではなく、音の出し方の違いです。モノラルスピーカーだと、どこから聞いても均一に音を聞くことができるので、広い部屋にぴったりですね。

ステレオスピーカー

立体感のある音を楽しめる

ステレオスピーカーとは、左右のスピーカーで異なる音源を出すスピーカーのことです。例えば、右側からはギターの音がよく聞こえ、左側からはベースの音がよく聞こえるみたいな感じ。実際の立ち位置が音源にも忠実に再現されているのが特徴です。

ステレオスピーカーでは、立体感のある音を楽しむことができます。バンドミュージックやオーケストラなど、楽器の位置が音に反映されているので臨場感抜群です。また音楽以外だと、映画鑑賞にも向いているスピーカーですよ。

iPhone用スピーカーの選び方

接続方法で選ぶ

有線接続なら安定した接続で高音質

有線接続は、従来のケーブルでiPhoneとスピーカーを直接繋ぐタイプの接続方法です。直接ケーブルでつなぐため接続は安定していて、途中で音が止まることはほとんどありません。しかし、スピーカーを使っている間、iPhoneを持ち運ぶことができないのがデメリットです。音楽を聴いているときもiPhoneを自由に使いたい方にはあまり向きませんね。

Bluetooth接続ならコードレスで手軽に使える

Bluetooth接続は、iPhoneとスピーカーをケーブルレスで無線接続するので、ケーブルの煩わしさがありません。スピーカーを使っているときもiPhoneを自由に使えるので、気軽に音楽をスピーカーで聞くことができます。Bluetoothスピーカーは音質や接続の安定性が低いと言われることもありますが、実際はそんなことはありません。有線スピーカーに負けない音質や安定性のものもたくさんあります。

音質で選ぶ

Bluetooth接続ならAAC以上のコーデックがおすすめ

Bluetoothスピーカーを使う場合は、コーデックに注目しましょう。コーデックとは、iPhoneの音源をスピーカーに送る時の圧縮規格のことで、SBC、AAC、aptX、LDACの順に音質が良くなっていきます。中でもAACは、Apple製品向けのコーデックなので、スピーカーがAACに対応しているかをチェックしましょう。

重低音を重視するなら口径40mm以上のドライバーがおすすめ

音の響きや低音の重厚感はスピーカーのドライバーによって大きな違いがあります。ドライバーとは音を鳴らす部分のことで、ドライバーが大きいと、低音の響きもよくなる傾向にあります。目安としては口径40mm以上のドライバーがおすすめ。ただしドライバーが大きくなると本体の大きさも大きくなるので、注意が必要です。

付加機能で選ぶ

通話をするならマイク付きを

最近ではスピーカーにマイクが搭載されていて、通話ができるタイプも出てきています。マイクが搭載されているモデルだと、たとえiPhoneとスピーカーを繋いでいるときに電話がかかってきても、接続解除をすることなく通話をすることができます。もちろん通話中の相手の声はスピーカーから聞こえるので、文字通りハンズフリー通話ですね。

外出先で使うなら連続再生時間は8時間以上のものがおすすめ

コンパクトなスピーカーだと、外に持ち運んで使うこともあるでしょう。特にBluetoothスピーカーの場合はバッテリーを気にする必要があります。バッテリーが少ないものだと、せっかく持ち運んだのに使えないなんてことになってしまいます。連続再生時間が8時間以上のスピーカーなら、安心して外出先でも使えるでしょう。

iPhone用スピーカーのおすすめブランド・メーカー

Apple(アップル)

iPhoneとの相性抜群

Appleのスピーカーは、やはりiPhoneとの相性が抜群です。接続もワンタッチで、安定性も全く問題なし。iPhone以外にも、MacやiPadなどの他のApple製品を使っている人は、スピーカーもAppleで揃えるといいですね。

SONY(ソニー)

音質も使いやすさも抜群

世界中で人気の日本のオーディオメーカーであるSONY。音質が高いのはもちろん、使いやすさにも定評があります。価格帯も幅広く、様々な人にぴったりのiPhone用スピーカーが取り揃えられています。

BOSE(ボーズ)

鳴り響く重低音が人気

重厚感のある低音といえばBOSEというくらい、重低音に定評のあるBOSE。やはり低音の響きは他のメーカーを圧倒するものがあります。パワフルなサウンドが好みの人にぴったりのスピーカーですよ。

Anker(アンカー)

圧倒的高コスパ

高性能なガジェットを低価格で販売していることで人気のAnker。モバイルバッテリーや充電器のイメージが強いAnkerですが、オーディオ機器のラインナップも豊富です。やはり圧倒的高コスパは魅力ですね。

おすすめ&人気のiPhone用スピーカーランキング

有線接続でおすすめのiPhone用スピーカー

サンワダイレクト-Bluetoothスピーカー (2,880円)

Bluetooth接続も有線接続もできる二刀流

Bluetooth接続と有線接続のどちらも可能なサンワダイレクトのスピーカーです。生活防水レベルの防水機能も備わっている優れもの。お風呂の中など、iPhoneを使わない時は有線接続で使えますね。

通話用のマイクも搭載されていて、ハンズフリー通話が可能。iPhoneをスピーカーに繋いでいる時でも、すぐに電話出ることができます。コンパクトサイズなので、家の中どこでも持ち運んで使えますね。

JBL-Pebbles (5,588円)

50mmの大口径ドライバーで迫力満点

イヤホンジャックに対応したJBLのスピーカー。lighteningケーブルとイヤホンジャックの変換ケーブルを使えば、iPhoneとの接続も可能。円形の可愛らしいフォルムはデスクの上にぴったりですね。

搭載されているドライバーは50mmと大口径。そのおかげで、小さなフォルムからは想像できない大迫力サウンドを楽しめます。老舗オーディオメーカーであるJBLの技術が詰まったスピーカーになっています。

Logicool-ステレオスピーカー (1,650円)

手軽にステレオサウンドを楽しめる

パソコン周辺機器で人気のLogicoolの有線スピーカーです。コンパクトで設置場所にも困らない設計になっています。価格もかなり安くなっているので、安くスピーカーを手に入れたい人にぴったりです。

右側のスピーカーで音量調節が、スピーカーの背面でケーブルの長さを調整でき流ようになっています。また左右2つのスピーカーはステレオサウンドに対応していて、臨場感ある音を楽しめます。使い勝手も音もいいスピーカーですね。

Logicool-マルチメディアスピーカー (4,420円)

可愛らしいデザイン

小型ながら大音量サウンドを実現したLogicoolの有線スピーカーです。デスクの上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズになっています。デザインも可愛らしく、デスクの上が少しおしゃれになりますね。

小さな本体には10Wのドライバーが搭載されているので、大音量で音楽を楽しめます。またマルチメディアスピーカーの名の通り、イヤホンジャックの端子でスマホ、タブレット、ノートパソコンなど、様々な機器に接続可能。iPhoneの場合は、lighteningとの変換ケーブルを使えば接続できます。

PioneerRAYZ Rally (12,610円)

Lightning端子対応スピーカー

Lightning端子対応のPioneerの有線スピーカーです。iPhoneを充電する部分にそのまま差し込めるので、変換ケーブルを用意する必要はありません。また給電はiPhoneから直接するので、充電の手間もありません。

本体がかなり小さいので、音質や音量はそこまで高くはありませんが、持ち運びには最適。マイクも搭載されているのでハンズフリー通話もできます。外に手軽に持ち運ぶのにぴったりのスピーカーですね。

Bluetooth接続でおすすめのiPhone用スピーカー

Apple-HomePod (44,980円)

Appleのスマートスピーカー

家に置くスピーカーの選択肢として、近年はスマートスピーカーを選ぶ人も増えてきていますが、HomePodもそのひとつ。Appleの製品ということもあって、iPhoneとの接続はかなり簡単。簡単な設定でスマートホーム化に一歩近づけます。

HomePodの大きな特徴として空間認識機能があげられます。それによって、音響を検知して部屋の形を検出し、最適な音響空間を作り上げることができます。部屋のどこにいても原音を忠実に聞くことができます。

JBL-CHARGE 4 (12,980円)

大容量バッテリー

大容量バッテリーが特徴のJBLのBluetoothスピーカーです。内蔵されているバッテリーは7,500mAhのリチウムイオンバッテリー。最長20時間の連続再生が可能で、さらにiPhoneへの給電もできます。

出力も30Wと大音量で、さらにIPX7の最高レベルの防水機能も備わっています。アウトドアでも大活躍のBluetoothスピーカーになっています。音質もよく、JBLらしいクリアなサウンドが楽しめますよ。

SONY-SRS-XB12 (8,240円)

コンパクトながら高音質

コンパクトなサイズ感ながら、SONYの高音質を楽しめるBluetoothスピーカーです。どこに置いても邪魔にならないくらいのサイズ感で、デスクの上にもぴったりです。最長16時間の連続再生が可能なのも嬉しいポイントです。

本体はコンパクトながら、口径46mmの大口径ドライバーを搭載。大口径ドライバーによる低音は、重厚感のある響きになります。さらにSRS-XB12は中高域もクリアになっていて、全体的にバランスの良い音を実現しています。

SONY-SRS-XB33 (16,740円)

ハイレゾ対応の高音質スピーカー

最高音質と言われるハイレゾに対応しているSONYのスピーカーです。SRS-XB3は音質にとことんこだわって作られています。ライブサウンドモードをオンにすれば、ライブ会場にいるような立体感のある音を楽しめます。

EXTRA BASSモードにすれば、低音が増幅し、より重厚感のある音を楽しめます。ひとつのスピーカーで様々な音を体験できる、まさにSONYの真骨頂のようなスピーカーになっています。音にこだわりたい人にぴったりですね。

BOSE-SoundLink Revolve+ (38,500)

360°全方位サウンド

重低音が人気のBOSEのBluetoothスピーカーです。SoundLink Revolve+は360°全方位に均一に音を出すことができます。そのため、部屋のどこにいても、クリアなサウンドを楽しむことができます。

スピーカー側に8台の機器を覚えさせることができ、複数の端末を使う場合にも毎回イチから接続する必要はありません。またマイクも内蔵されているので、ハンズフリー通話も可能。使い勝手も最高クラスのスピーカーです。

低価格でおすすめのiPhone用スピーカー

Anker-Soundcore 2 (5,339円)

コスパ最強のBluetoothスピーカー

コスパの高さが人気のAnkerの定番スピーカーです。バッテリーにはリチウムイオン電池が採用されていて、連続再生可能時間が24時間と驚異的な数字。スピーカーのバッテリー残量がiPhoneで確認できるのも嬉しいポイントですね。

音質もよく、6Wドライバーが大音量、大迫力のサウンドを実現する。さらにAnker独自のBass Upテクノロジーによって、重低音も強化されています。Soundcore 2を2台ペアリングすればステレオスピーカーとしても使えます。

Anker-Soundcore Mini 2 (3,999円)

さらにコンパクトになったSoundcore

Anker定番のBluetoothスピーカーであるSoundcore 2を、さらにコンパクトにしたのがSoundcore Mini 2。音質や性能はそのままで、手のひらにおさまるコンパクトサイズを実現。持ち運びにぴったりのスピーカーです。

防水性能もIPX7と最高レベルで、多少の水しぶきをあびても全く問題なし。それでけではなく、最長30分なら水深1mまで沈めても操作が可能というタフっぷり。アウトドアでスピーカーを使いたい人にぴったりですね。

オウルテックダイレクト-Alu3 (2,680円)

手のひらにおさまるコンパクトサイズ

小さな円盤型のフォルムが可愛らしいBluetoothスピーカー。その小さなフォルムからは想像できないクリアなサウンドは抜群の安定感があります。連続再生可能時間も15時間あるので、持ち運びにも最適です。

Alu3を2台ペアリングすればステレオスピーカーとしても使えます。さらに高音質マイクが搭載されているので、iPhoneを接続したままハンズフリー通話も可能。使い勝手も高い高コスパスピーカーですね。

JBL-GO 2 (3,480円)

手軽に使えるワイヤレススピーカー

手のひらサイズで軽量のJBLのワイヤレススピーカーです。連続再生時間は5時間とそこまで長くはないですが、手軽さは抜群。防水仕様なのでお風呂の中でも音楽を楽しめます。もしもの水没にも耐えられる設計なので安心して使えますね。

ハンズフリー通話にも対応しているので、お風呂の中で電話に出ることも可能。様々な機能が詰まったコスパの高いスピーカーになっています。初めてBluetoothスピーカーを使う人にもおすすめですよ。

Sanag-X6Plus (3,120円)

天面と底面から流れるサラウンドシステム

コンパクトで軽量なSanagのBluetoothスピーカーです。コンパクトなフォルムながら、特徴は、本体の天面と底面に別のスピーカーが搭載されている特殊な設計。このサラウンドシステムがクリアで重厚感のあるサウンドを実現します。

約3時間の充電で最長12時間の連続再生も魅力のひとつです。コンパクトサイズなので外に持ち運んで使うこともできますね。またシンプルなデザインなので、どんな部屋にもマッチするようになっています。

まとめ

使用用途に合わせたiPhone用スピーカーがおすすめ

今回はおすすめのiPhone用スピーカーを紹介しました。一言でiPhone用スピーカーと言っても様々な種類があります。今回紹介した商品や選び方を参考に、あなたにぴったりのiPhone用スピーカーを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*