一人暮らし向けIHクッキングヒーター人気比較ランキング!【パナソニックも】

これまで家族に料理を作ってもらっていた方も、一人暮らしをする際には自分で料理を行わなければなりません。料理をする際に必要なアイテムの1つがコンロ。火が出るガスタイプもありますが、安全性を重視したい方におすすめなのがIHクッキングヒーターです。電気で熱を出すタイプなので、慣れていない方でも安心して使用することができますよ。今回は、一人暮らし向けのIHクッキングヒーターを、ランキング形式でご紹介します。使い勝手のいいIHクッキングヒーターで、おいしい料理を作ってくださいね。

一人暮らし向けIHクッキングヒーターの特徴

天板がフラットなので掃除がしやすい

IHクッキングヒーターはガスコンロと違い、天板がフラットになっているものが多く出ています。凹凸がない分、掃除がしやすく、お手入れが面倒に感じてしまうことはありませんよ。サッと拭くだけできれいになるので、忙しい方にも使い勝手がよく感じられるでしょう。

火を使わないので火災を起こす心配が少ない

IHクッキングヒーターは、ガスでなく電気を使用します。調理時に火を使わないので、誤って火災を起こしてしまう心配が少ないというメリットがありますよ。料理に慣れていない方でも安心して使用することが可能です。

一人暮らし向けIHクッキングヒーターの種類

卓上タイプ

コンパクトで収納することもできる

卓上タイプはキッチンだけでなく、テーブルの上で使用することもできるIHクッキングヒーターです。気軽に移動させることができるので、友人と鍋を囲みながら食事をするといったことも可能。温かさを保ったまま食事をしたい方にもおすすめです。

ヒーター部が1口のタイプが多く、据え置きタイプと比べてコンパクトなものが多く出ています。キッチンが狭く、出したままだと邪魔になってしまうという場合でも、簡単に収納することができますよ。使用しないときは収納したいという場合にも便利に感じられるでしょう。

据え置きタイプ

2口のものが多くよく料理をする人におすすめ

据置タイプは、キッチンのコンロ設置場所に置いて使用するタイプです。設置した場所から動かさないことを前提としているので、料理はキッチンでしか行わないという方におすすめ。ビルトインコンロのように工事を必要としないので賃貸でも簡単に設置でき、また費用も抑えることが可能です。

卓上タイプと比べてサイズが大きく、ヒーター部が2口以上あるものも多い据え置きタイプ。複数の料理を一度に作ることができますよ。日頃から料理をよくする方や、一人暮らしを始めるにあたって、毎日料理をしようと考えている方にもおすすめです。

一人暮らし向けIHクッキングヒーターの選び方

火力で選ぶ

調理スピードを求めるなら1400W以上を

火力の弱いIHクッキングヒーターでは、料理が出来上がるまでに時間がかかってしまいます。疲れて帰宅した日の夜は、少しでも早く家事を終えたいですよね。そういった方は、ぜひ火力の大きさを確認してください。火力はワット数で表示されているものが多く、調理スピードを求める方には強火相当にあたる1400W以上あるものがおすすめ。素早く料理を作ることができますよ。

火力調整が数段階できるものなら料理に合わせて火力を変えられる

IHクッキングヒーターには火力調節のできるものもあります。火力を調節できることで、それぞれの料理に合った火力で作ることが可能。火力が弱く、なかなか火が通らないといったことや、逆に火力が強いために料理が焦げてしまうといった問題も起こりにくくなります。よりおいしい料理を作りたい方は、火力調節のできるタイプを選んでくださいね。

安全性で選ぶ

スプーンなどの金属小物で発熱しないのは小物発熱防止装置付き

IHクッキングヒーターはフラットな天板なので、物を置きやすく感じてしまいがちです。スプーンやフォークといった小物類を誤って加熱してしまった場合、火傷してしまう危険性もあります。小物発熱防止装置という機能を持つIHクッキングヒーターは、金属小物を感知し、加熱を停止させることが可能。未然に事故を防ぐことができますよ。

自動切り忘れオフ機能付きなら空焼きを防ぐことができる

IHクッキングヒーターは火災が起こりにくいとはいえ、万が一といったこともあります。使用後、電源を切り忘れたために何かが起きてしまっては困りますよね。IHクッキングヒーターには、自動切り忘れオフ機能という機能の付いたものがあります。一定時間操作しないでいると、自動的に電源をオフにしてくれますよ。また、鍋が空になっていた場合も、自動で電源がオフになるため空焼きになってしまうこともありません。

コンセントプラグで選ぶ

マグネットプラグならコードによる転倒や火傷が起こりにくい

卓上のIHクッキングヒーターを使用する場合、床にプラグコードが垂れた状態になります。プラグコード周辺を歩く際、誤って足を引っかけてしまう可能性もありますよね。そういった際に安全なのが、マグネットプラグになっているタイプ。マグネットを用いてプラグとIHクッキングヒーターを繋ぐので、万が一引っ掛けた際も、すぐに本体とプラグが外れます。プラグコードによって転倒したり、IHクッキングヒーターが倒れて火傷をしてしまう心配も少なくなりますよ。

プラグコードが長いものなら場所を問わず料理ができる

自宅に友人や家族を呼んで食事をする際など、キッチンではなくリビングで使用したい方もいるでしょう。そういった方におすすめなのが、プラグコードの長いIHクッキングヒーターです。コンセントから離れた位置でも使用することが可能になります。また、設置場所の問題でコンセントから離れた場所に置いた際も、無理なく調理することができますよ。場所を問わず使用できるものを選びたい方は、プラグコードの長さもチェックしてください。

機能で選ぶ

料理の焦げ付きを防止できるのはタイマー機能付き

調理中、目を離した隙に料理が焦げてしまうといったこともありますよね。せっかく作った料理が台無しになっては困ります。IHクッキングヒーターには、タイマー機能の付いたタイプもありますよ。煮込み時間をセットし、アラームで知らせてもらえるので、料理が焦げ付いてしまうといった心配がなくなります。また、別に調理用タイマーを購入する必要がなく、経済的とも言えるでしょう。

自動湯沸かし機能付きなら沸騰後に自動で保温モードに切り替わる

IHクッキングヒーターには、自動湯沸かし機能が付いたものもあります。この機能は、お湯が沸騰すると自動で保温モードに切り替わるといったものです。お湯が沸いたことに気付かず、沸騰し続けるのを防ぐことができ、万が一の事故を防ぐことが可能になりますよ。また、中にはブザーで沸騰を知らせてくれるものもあり、瞬時に状況を把握することができます。

一人暮らし向けIHクッキングヒータのおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

ライフスタイルやキッチンのサイズに合ったものを選べる

大手家電メーカーのパナソニックでは、ライフスタイルに合わせてIHクッキングヒーターを選ぶことができます。卓上タイプから据え置きタイプまで種類が豊富なので、キッチンのサイズに合ったものも見つけることが可能。より多くの種類から選びたい方におすすめのメーカーです。

山善

シンプルなデザインのIHクッキングヒーターが人気

シンプルなデザインのものを選びたい方におすすめなメーカーが山善です。キッチンもインテリアにこだわっているという方にも、シンプルなので選びやすいですよ。インテリアの邪魔をせず、デザインが気になるといったこともないでしょう。

アイリスオーヤマ

卓上タイプや据置タイプには珍しい3口タイプも扱う

通常、据え置きでも2口が多いIHクッキングヒーターですが、アイリスオーヤマでは3口のものも扱っています。複数の料理を作りたい方にとても便利。家事にかかる時間を短縮することができ、その分、趣味の時間に費やすことも可能になりますよ。

dretec(ドリテック)

バリエーションが豊富で用途に合わせて選ぶことが可能

ドリテックが扱うIHクッキングヒーターは、卓上タイプのバリエーションが豊富。A4サイズよりも小さい超小型のものから、料理に合わせてモードを選べる高機能なものまで揃っています。用途や好みに合わせて選ぶことができ、無駄なく使用できますよ。

おすすめ&人気の一人暮らし向けIHクッキングヒーターランキング

卓上タイプでおすすめの一人暮らし向けIHクッキングヒータ

Panasonic(パナソニック)-KZ-PH33-K(7,984円)

音が気になる方にも使いやすい静音設計

料理をおいしく作るための機能が充実しています。煮物用のコースや、てんぷら油を一定の温度に保つ機能を持ち、種類を問わず、どの料理もおいしく仕上げることが可能です。また、とろ火と強火をボタン1つで指示することができ、料理を焦がしてしまうといった心配もありませんよ。

IHクッキングヒーターの音が大きいと、会話の邪魔になってしまうこともあるでしょう。こちらは静音設計になっており、弱火以下では25dB、強火でも38dBととても静か。音が気になったり、会話を遮られるといったことはありません。

dretec(ドリテック)-DI-218(5,980円)

500mlのペットボトルよりもコンパクト

こちらは、500mlのペットボトルよりもコンパクトなIHクッキングヒーターです。高さは5.5cmほどありますが、縦横ともに小さいので収納もしやすいですよ。キッチンが狭い方や、使用しないときは収納しておきたいという方におすすめです。

コンパクトですが、機能面も充実しています。火力は、100Wから800Wまで使用でき、8段階で変えることが可能です。また、安全機能も鍋探知や小物発熱防止機能、切り忘れ防止機能などが付いており、安心して使用することができますよ。

アイリスオーヤマ-IHK-T38(4,480円)

カラフルでおしゃれな色でキッチンを華やかに演出

加熱モードと揚げ物モードの2種類を搭載しています。この2つに加えて、火力調節ボタンの4つのみで操作するので、初めてIHクッキングヒーターを使用する方も簡単に使いこなすことができますよ。使用中の火力も一目で確認することができ、使い勝手のいいIHクッキングヒーターと言えるでしょう。

こちらは、4色から選ぶことができます。定番の黒や白だけでなく、明るく華やかなピンクや個性的なブラウンなど、カラフルな色合いのものもありますよ。IHクッキングヒーターで、キッチンを華やかに演出するこができます。

ティファール-IH2028JP(7,430円)

残り時間を表示してくれるタイマー機能付き

1分から99分までの間で設定できるタイマー機能が付いています。このタイマー機能は、残り時間を表示してくれるので、出来上がり時間を逆算して作業を進めることができますよ。無駄なく、手際よく料理を作ることができるでしょう。

天板には、セラミックガラスを採用しています。汚れがこびりつきにくく、軽く拭くだけできれいにすることができますよ。天板自体もフラットにできているので、よりお手入れをしやすく、清潔さを保ちながら使用することが可能です。

日立-HIT-S55-B(10,530円)

バックライト付きのワイド液晶が見やすく便利

火力調整は8段階、保温調整は3段階と、それぞれ細かく調整することができます。ローストビーフのような一定の温度を保ちながら作る料理も、簡単に作ることが可能。繊細な料理にもしっかり対応することができますよ。

調理状況はすべて液晶パネルに表示されます。バックライトの付いた大きい液晶なので、明るく表示してくれますよ。液晶が暗かったり、小さいために見づらく感じるといったことはありません。一目で状況を知りたい方にも使いやすくなっています。

Sandoo(サンドー)-卓上IH調理器(6,980円)

電気代が安く経済的

こちらのIHクッキングヒーターは、1リットルの水を90度まで温度を上げるまでにかかる電気代が1.7円ほどと、とても経済的です。ガスコンロでは約3円から5円ほどかかるので、低コストで済むのがわかるのではないでしょうか。光熱費を抑えたい方におすすめです。

操作パネルは、大きなボタンで作られており、間違って押してしまうといった心配が少なくできています。文字も大きく表示されているので誰にでもわかりやすく、料理になれていない方も簡単に操作することができるでしょう。操作しやすいものを選びたい方にもおすすめです。

据え置きタイプでおすすめの一人暮らし向けIHクッキングヒータ

アイリスオーヤマ-IHK-W12S-B(12,800円)

パネルは操作しやすいよう斜め設計に

こちらは、操作パネルが斜めに作られています。斜めに作られていることで、見やすく、操作もしやすく感じられますよ。ボタンを押しやすいので、間違ったボタンを押すこともなく、安全に使用できると言えるでしょう。

付属のタイマー機能は1分から設定することが可能。最大9時間50分まで設定でき、長時間保温して作る料理もタイマーを設定することで、火の通りが足りないということも起きにくくなります。キッチンタイマーを用意する必要もなく、便利です。

山善-YEM-W1456(11,800円)

誤った操作をしないよう誤作動防止機能を搭載

電源を入れて5分間操作をしないと、操作ボタンをロックする誤作動防止機能を搭載しています。間違って電源が入った際に、予期せず加熱されてしまっては事故が起きてしまう可能性もありますよね。こちらは自動で操作ボタンをロックするので、万が一の事故を防止することができます。

こちらは、左右合わせて最大1400Wまで使用することができます。1口のみを使用する場合は、1400Wの火力で料理をすることも可能。作れる料理の幅を広げ、いろいろな料理を楽しむことができますよ。

アイリスオーヤマ-IHK-12SV-W(19,580円)

音声ガイド付きで慣れていない方も操作しやすい

こちらのIHクッキングヒーターには、音声ガイド機能が付いています。天板に鍋が置かれていない状態で加熱ボタンを押すと、その旨を音声で説明してくれますよ。そのほか、注意事項や加熱終了を音声で知らせてくれるので、初めての方も安心して使用することが可能です。

スタンドも付属されています。スタンドを使用することで、コンロ下にも鍋などを収納することができるようになりますよ。収納場所が少ないキッチンに収納を増やすことができ、より料理しやすい環境を作ることができます。

高火力でおすすめの一人暮らし向けIHクッキングヒータ

山善-YEN-S140(4,480円)

火力と温度調整が合わせて6段階で調節できる

料理に合わせて火力を変えることができます。約300Wから約1400Wまでの6段階で変えることができ、細かい調節を行うことが可能ですよ。また、揚げ物キーが別に付いており、さまざまな料理に対応することができます。

対応する鍋のサイズは12㎝から26㎝。一人暮らしの場合、小さい鍋で料理をすることも多いでしょう。こちらは12cmから対応しているので、少量の料理を作ることもできます。鍋のサイズを問わず使用したいという方にもおすすめです。

dretec(ドリテック)-DI-117(6,980円)

ボタニカル柄がおしゃれ

こちらは、6つの安全機能が付いたIHクッキングヒーターです。鍋探知や小物発熱防止機能のほかに、プレートが高温になりすぎるとお知らせをしてくれる機能も搭載。また、鍋底が高温になった際も自動停止するので、火傷の心配もありません。

カラーは白と黒の2色。黒は模様のないシンプルなデザインですが、白にはボタニカル柄が装飾されています。キッチンを明るく見せると同時に、料理にも華やかさをプラスしてくれますよ。おしゃれなデザインを選びたい方は、チェックしてみてくださいね。

象印-EZ-HG26(13,980円)

高温の油に設定できカラッとした揚げ物を作れる

揚げ物用のあげものキーや、お湯が沸騰したら自動で電源をオフにする湯わかしキーが付いています。料理や用途に合ったモードで調理ができるので、料理に慣れていない方でもおいしく作ることができるでしょう。もちろん、日頃から料理をする方にも満足できるIHクッキングヒーターですよ。

こちらの最高火力は1300Wほどです。強火に近い火力をもっているので、物足りなく感じることはないでしょう。揚げ物をする際に使用するあげものキーでは、200度まで設定することも可能。温度の高い油でカラッと揚げることができますよ。

KOIZUMI(コイズミ)-KIH1402R(11,000円)

マグネットプラグ使用でコードに足が引っ掛かった際も安心

天板の表面はガラストップ仕様になっており、お手入れが簡単です。サッと拭くだけで汚れを取ることができ、いつでも清潔さを保ちながら料理をすることが可能ですよ。また、艶があるので高級感も感じることができます。

こちらは、コードにマグネットプラグを使用しています。リビングのテーブルで使用した際、万が一足を引っかけてしまっても、すぐに外れるので安心。火事や火傷といった事故が起こる心配を減らすことができますよ。

東芝-MR-Z30J-K(13,223円)

厚さ39mmととても薄型なIHクッキングヒーター

こちらは、厚さが39mmととても薄型です。そのため、狭いすき間にも収納することができ、出しっぱなしにしたくないという方にもおすすめです。また、厚さがないので鍋を置いたときも安定しやすく、鍋の中を見やすいというメリットもありますよ。

卓上タイプですが、1420Wと高火力です。強火相当の火力を持ち、すぐに沸騰させることができますよ。水1リットルを沸騰させるのに約5分半ほどの時間で済み、従来品よりも約40秒ほど短縮されています。大人数で鍋をする際にも素早く作ることができ、便利です。

まとめ

安全機能が付いた一人暮らし向けIHクッキングヒータがおすすめ

火を使わないと言っても何があるかわかりません。安全機能の付いたIHクッキングヒーターなら、より安心して使用することができますよ。料理を行う頻度に合った使いやすいIHクッキングヒーターを選んで、毎日の料理を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*