おすすめのカーポート人気比較ランキング!【2台以上のタイプも】

愛車を雨や日差しから守るために、駐車場にカーポートを付けたいと思う方も多いですよね。カーポートの設置は建築時に建ぺい率などの関係で後から追加増築される方も多いです。今回はインターネットで購入できる人気のカーポートをランキング形式でご紹介します。人気メーカーのカーポートもありますのでチェックしてみてくださいね。

カーポートの特徴

愛車を雨風や日差しなどから守りながらも壁がない為乗り降りがしやすい

カーポートとよく比較されるのはガレージです。ガレージは壁や天井がある箱型のしっかりした作りに比べ、カーポートは屋根と柱のみの簡易的な作り。そのため、カーポートはガレージに比べ安価で短時間工事で設置が可能なことがメリットです。壁がない分、車の駐車もしやすく開放的に駐車場を使えることも魅力です。

車を2台以上置けるものもあり自転車も置ける

カーポートは2台用や3台用の複数台用など、大きさも様々です。一台用でも屋根の大きいものを設置すれば、屋根の下にバイクや自転車も置くことができます。1台用のカーポートを組み合わせて、駐車場の形状に合わせて2台、3台の車にそれぞれ屋根を付けることも。屋根と柱だけなので、自由にレイアウトできるのも魅力的ですね。

カーポートの種類

建設型

メーカーから自分で購入も可能だが設置は専門業者に依頼するのが一般的

最近ではインターネットショッピングで各メーカーのカーポートを購入することも可能です。屋根と柱のみの簡易的なパーツのカーポートですが、柱はコンクリートで止める必要や、建設条例や規制に基づく必要があり、専門知識と工事が必要。ネットショッピングで購入する際は、工事の依頼先をきちんと決めた後か、現地調査や工事込みのカーポートを選ぶように注意しましょう。

建設型のカーポートは、柱の部分などの基本構造体にはアルミやスチールの金属素材が使われています。屋根部分は軽くて丈夫なポリカーポネートというプラスチック素材が一般的です。柱が4本ではなく2本のカーポートもあり、少ない柱の本数でも軽くて丈夫な屋根を支え、圧迫感のないすっきりした景観を保ちます。

テント型

キャンプのテント感覚で自分で設置ができる簡易型

お手軽に自分で車に屋根を設けるなら、テント型のカーポートがおすすめです。テントの素材になっていて、スチールなど金属製の骨組みを組み立て、防水や撥水のシートを被せることで完成。車を収納できるテントのようなイメージのカーポートです。

テント型は簡易的なカーポートのため、耐久性はありません。一時的に利用する際や、夏場の強い日差し対策など期間限定がおすすめ。また強風で飛ばされたり、破損する危険性もあるため、風の強い地域や台風のときは注意が必要です。日差し、日よけ対策での使い方がおすすめです。

カーポートの選び方

屋根の形状で選ぶ

雪や雨が多い地域ならラウンド屋根

屋根の形が円をアーチ状になっているのがラウンド屋根のカーポートです。ラウンド屋根のほかにアール屋根とも呼ばれます。もともとカーポートのデザインはラウンド屋根が主流です。雨や雪が地面に流れやすいことがメリット。特に雪の多い地域では、屋根に雪が積もりすぎると、その重みで屋根が壊れ、車を破損してしまうこともありますので、雪が地面に落ちやすい構造は安心ですね。

すっきりした見た目にこだわるならフラット屋根

フラット屋根のカーポートは、直線の屋根が特徴。水平や傾斜の屋根もあります。フラット屋根はモダンでスタイリッシュな印象になり、近年流行しているデザインです。見た目もラウンド屋根に比べて、圧迫感がないのでデザイン性を追求する方におすすめです。北海道などの積雪地帯は、耐積雪強度の高いフラット屋根のカーポートであれば安心です。

駐車場の形状で選ぶ

横に並べて2台駐車できるなら並列型

横に2台並べる駐車場なら、並列タイプのカーポートがおすすめ。車2台をすっぽり覆うため存在感のあるカーポートになります。屋根の両端に4つ足で柱を設置するため、ドアが柱に当たらないように広めのタイプを選択するのがポイントです。メーカーによっては、後方に柱を立てるタイプや、細目の柱でもしっかり屋根を支えるタイプなどデザイン性に優れたカーポートもありますよ。

縦に並べて2台駐車できるなら縦列型

敷地面積の関係で縦に2台並べて駐車している家庭も多いかと思います。縦並びの駐車場に適した奥行が長いカーポートが縦列タイプ。屋根を支える柱は片方に集中するのが特徴。柱側のドアは開けにくくなるため、余裕を持ったカーポートの設置計画がおすすめです。カーポートは車の大きさよりも大き目を選ぶと、車のドアの開閉のしやすくなり、自転車なども一緒に置けて便利になりますよ。

強度で選ぶ

台風が多い地域なら耐風圧強度38メートル以上

一般的なカーポートには、必ず耐風圧強度という基準値があります。これはどれくらいの風速に耐えることができるかというメーカーの実験計測数値に基づいた風に対しての強度です。台風が多い地域や、突風など強い風が吹く地域は、耐風圧強度の数字に注目してみてください。耐風圧強度38mというのは平均風速38mまでは耐えられるという意味になります。内陸部の平均風速は34m以下ですが、離島や海添いなどの平均風速は38から46mになる場合もあるので、ご自宅のエリアに適した耐風圧強度のカーポートを選択しましょう。

雪が多く降る地域なら耐積雪強度3000タイプ以上

カーポートの強度基準として、雪がどのくらいまで積もっても大丈夫か、という耐積雪強度という基準があります。耐積雪強度3000というのは、耐積雪量100cmの目安になります。豪雪地帯など、雪が多く降るところは雪下ろしをしないとカーポートが壊れ、さらに車もつぶしてしまう、という危険性があります。雪の重さも、みぞれ雪や、さらさらした雪、時間がたって積み重なった雪などによっても一定ではないため、耐積雪強度は多めに見積もっていたほうが安心です。

カーポートのおすすめブランド・メーカー

三協アルミ

耐風圧と耐積雪量に強いカーポートメーカー

三協アルミは、アルミの素材メーカーで、ビルや戸建て住居の建材を製造しています。強固なアルミ素材の基礎構造が特徴。上吊り型屋根のカーポートや梁置きタイプのカーポートなど強度とデザインを追求したカーポートが魅力的です。

LIXIL(リクシル)

1台用から3台用まで豊富な種類のカーポートメーカー

住宅の建材やキッチン、トイレなどで有名なリクシルのカーポートはとにかく種類が豊富です。様々なハウスメーカーの住宅と調和するシンプルなデザインが特徴。グッドデザイン賞を受賞しているカーポートSCという、シンプルかつ機能性を重視したカーポートが人気です。

YKK AP(ワイケーケーエーピー)

スタイリッシュなデザインから耐風圧強度の機能性の高いカーポートまで幅広く対応

窓やサッシで有名なアルミ建材メーカーのYKKAPのカーポートは丈夫なアルミ建材の基礎構造が特徴。アルミの素材のカラーは近年ではどんどん明るくなっていてホワイトなども人気のカラーです。屋根材もポリカーボネートで熱線吸収や熱線遮断など種類も豊富です。窓に強いメーカーだからこそ日差し対策に期待ができるカーポートです。

四国化成工業

低価格でおしゃれなカーポートが魅力なメーカー

四国化成は業界では有名な化学品や建材の製造開発メーカーです。デザイン性も高く、そして種類が豊富なのも特徴。価格もお値打ち価格のカーポートも多くあり予算に合わせて選ぶことができます。木製調など木を連想させるおしゃれなデザインのカーポートもありますよ。

おすすめ&人気のカーポートランキング

1台駐車用でおすすめのカーポート

LIXIL (リクシル)-カーポート ネスカR 1台用 (119,500円)

シンプルでコンパクトな見た目が人気

ラウンド屋根の1台用で、すっきりした見た目が特徴です。屋根枠の色は定番のグレー系から、オータムブラウンやホワイトなど全5色展開しています。屋根材も透明なクリアからすりガラスタイプなど選ぶことができますので、組み合わせでいろんなデザインバリエーションが可能。ぜひマイホームに合う、素敵な色合いに組み合わせしてみてくださいね。

柱はセダンタイプから、1BOXやRVなど車の車体の高さに合わせて変更が可能。駐車場の立地条件や、車の車種に合わせて、屋根の高さを選択してください。近年、車体の高い車が人気の傾向もあり、リクシルのネスカRも従来品に暗め、ゆったりとした高さにバージョンアップしています。将来を見据えて余裕のある高さで工事するのがおすすめです。

楽天リフォーム-カーポート 1台用 (108,000円)

基本工事費込みのお得なカーポート

屋根材はポリカーボネート又は熱線遮断ポリカーボネートを選択でき、はもアルミ製のスタンダードなカーポートでです。オプションで側面にサイドパネルという壁を付けることも可能。また強風対策用の着脱式サポートも取り外し式で、オプションとして設置ができるため、自分好みのカーポートをカスタマイズできます。

もちろん耐久性も標準搭載。耐風圧強度38m、耐積雪性能20cm相当なので、雪も台風も少ないエリアなら安心して使えます。他メーカーに比べ、基本工事込みでも抑えられた価格が魅力的です。デザインもシンプルなのでどんな駐車場にも合いそうですね。

四国化成工業-ライトポート LTP-B2457SC  (106,120円)

アルミメーカーの丈夫なアルミカーポート

フラットタイプで斜めの屋根が特徴のカーポートです。本体カラーは、少し茶色のかかったアルミカラーで温かみがあります。すっきりした見た目で、2本の柱なので、狭い駐車場でも乗り降りがしやすく設置できますよ。

拡張性が高いのもおすすめポイント。延長ユニットをオプションで付ければ、自転車やバイクも一緒に停めることのできる大き目の駐車場にも対応可能です。熱線吸収ポリカーポネート屋根で、強い日差しから愛車を守ります。

YKKAP-エフルージュEX FIRST  (304,200円)

フロント部分が開放的なカーポート

柱が横側ではなく、後ろについているのが特徴です。前方向が高い傾斜のフラット屋根になっており、開放的な作りで、圧迫感がありません。柱が側面にないため、車のドアの開閉も柱の位置を気にすることなく、乗り降りもしやすいですよ。

梁や柱を彩る木調アタッチメントで、木造の家や自然と調和しやすいデザインも魅力的。駐車場は、エントランス部分にあることが多いため、カーポートのデザイン性が家の印象に直結することもあります。木調デザインは、高級感を演出し、金属の無機質感にはない、見た目の良さを感じることができますよ。

三協アルミ-ニューマイリッシュ  (198,917円)

隣地に合わせて屋根の勾配が選べる

隣接する住宅や環境に応じて、屋根の勾配を変更できることが特徴。通常は柱と逆方向に屋根が下がっていますが、反対方向に屋根が傾斜する逆勾配にも対応しています。逆勾配は、雨や風の吹きこみが少なくなったり、お隣の家への積雪落下などを防ぐメリットがあります。

本体カラーは定番のグレー系から、ブロンズ、ブラックとシックなダークカラーも。近年住居の外壁なども重厚感のあるダークカラーも人気のため家の雰囲気に合わせて選ぶことができますね。さらに経年による汚れも目立ちにくいのもダークカラーのおすすめポイントですよ。

2台以上駐車用でおすすめのカーポート

YKKAP-レイナツインポートグラン CCD-W 2台用 (184,100円)

ラウンド屋根の並列駐車のカーポート

アール型のベーシックなラウンド屋根のカーポートです。奥行きは従来の51サイズと57サイズに加え、駐車スペースに最適な54サイズが増えました。54サイズというのは5.4mのこと。サイズバリエーションを選べることで、ご自宅の駐車スペースに合う最適なサイズでカーポートを設置できますよ。

本体カラーは4色と屋根材カラーも4色のバリエーションがあるため、組み合わせは自由自在。家や庭の雰囲気に合わせて選ぶことができます。重厚感や高級感を出すならブラウンやブラック系がおすすめ。すっきりシンプルモダンな雰囲気がお好みならホワイトやシルバーがおすすめです。

LIXIL (リクシル)-ネスカFワイド 2台用 (249,361円)

モダンなフラット屋根がおしゃれなカーポート

すっきりした見た目のフラット屋根のカーポートです。2台用のカーポートは存在感があるため、圧迫感のない見た目や外観を好まれる方は、フラット屋根タイプが適しています。色も白や明るい色にすると、より圧迫感がなくなり、庭や住居とも調和しやすいです。

屋根材は6種類の豊富なバリエーションから用途に合わせて選ぶことができます。ガラスの200倍の強度をもち、UVカットに最適なポリカーボネートが標準仕様。さらに熱線を吸収し、熱線をカット率をアップさせる、熱線吸収ポリカーボネート板、熱線遮断FRP板DRタイプという、より日差し対策に特化した素材もオプションで選ぶことができます。日射量が多く、日差しが強い地域の方におすすめです。

LIXIL (リクシル)-カーポートSC1500 2台用 (845,021円)

デザイン性の高い人気の高級カーポート

他のメーカーに比べ見た目に特徴のあるカーポート。リクシルの中でも人気のSCシリーズのカーポートです。直線的なフォルムと建物との調和を考えたシンプルでおしゃれなデザインは非常に人気で、現代のモダンスタイルの家に非常にマッチします。

定番の屋根材である、ポリカーボネートを使っていないのもこのカーポートの特徴。強度に優れたアルミ形材の屋根材を梁に組み付けた構造です。素材をすべてアルミ材にすることでより強固でかつ、シャープな印象になっています。ワンランク上のデザインにこだわる方におすすめのカーポートですよ。

楽天リフォーム-カーポート 2台用 (208,000円)

基本工事費込みのコスパ抜群2台専用のカーポート

ラウンド屋根の並列タイプです。車体の長さに合わせて奥行きの長さは3タイプから選ぶことができます。駐車場の大きさに余裕があれば、大き目で設置することがおすすめ。ゆったりした奥行きがあれば、将来、車の買い替えなどの際に様々な車種を選択できます。

工事込みのため、基本料金が格安な分、オプションで様々なカスタマイズも可能。水平物干し機能など、雨の日の洗濯に便利なオプションもあります。車の所持は1台でも駐車場は2台分スペースがあるという家庭は、2台分のカーポートを設置しておくと、洗濯など日常生活にも役に立ちますね。

LIXIL (リクシル)-フーゴR (343,250円)

2台縦列駐車用カーポート

ラウンド屋根の2台縦列駐車ができるカーポートです。縦列タイプのカーポートは柱も片方のみのため、すっきりした見た目で解放感もあります。柱回りもすっきり見せるためにスマートな雨どいになっていて、カーポートも端正な印象になる設計がされています。

リクシルのカーポートはたくさんの種類がありますが、耐風圧強度も強いのがこのカーポートの特徴。耐風圧強度が38mというカーポートが多い中、このカーポートは42mまで対応しています。縦列タイプは、表面積も縦に長くなるため、強風対策を考えると、耐風圧強度がアップしていることはおすすめポイントです。

テントタイプでおすすめのカーポート

CANOPY-ガレージテント (39,800円)

奥行き6メートルゆったり車を収納できるガレージテント

とにかく大きく、ハイエースも楽々入るテント型のカーポートです。足元補強フレームで頑丈に設計されていて、雨や日差し除けとして車を守るのに最適です。テントタイプなので、台風や強風時は、飛ばされてしまう可能性があるので利用を控えることをおすすめします。自分で組み立てができるので、片付けることも簡単に対応できますよ。

入り口部分はファスナーで簡単に開閉するタイプで、車の出し入れも簡単にできます。側面には窓部分もあり、状況に合わせて窓の開け閉めも可能。付加価値として車の収納以外にも、物置や緊急時のテントとして利用することもできますね。

南榮工業-テントカーポート (69,200円)

コンパクトカーにおすすめの日よけカーポート

軽自動車など小さ目の車に最適なテント型カーポートです。シート素材は、耐久性に優れた国産のPVCターボリン生地を使用。直射日光に強く、外で長時間さらしていても、劣化しづらく丈夫な素材です。長期間屋外で使用できますので夏場の強い日差しにも耐えられます。

パイプは国産亜鉛メッキで、錆びにくく耐久性も抜群。屋外で利用するのに適しています。骨組みは耐久性の高い設計ですが、台風などの強風時、積雪時はシートを外して利用するようメーカーの記載がありますので、天候に合わせた管理が必要です。主に日よけ対策として利用するのがおすすめです。

LIFE LAND-カーテント (25,880円)

一時利用で簡単日よけカーポート

外出先や自宅の駐車場など短期的な利用でおすすめのカーポート。車の上に傘のように設置し、強い日差しから車を守ります。また、日差しだけでなく、砂ぼこりや、雨、鳥の糞など様々な外的汚れから車を守ることもできます。

軽自動車からワゴン、SUVなどほとんどの車種に利用できます。折り畳み式で電動で自動開閉機能があるため、簡単に設置できるのもポイント。直射日光を遮断し、車の温度も上がりにくくなるため、キャンプなど夏場アウトドア利用のときも最適ですよ。

LOGOS-DOUKUTSUシェルター-BJ 71805543 (159,500円)

人気アウトドアブランドのテント型カーポート

圧倒的な遮光性とUVカット率のテント型のカーポートです。アウトドアブランドならではのタープ式のテントタイプになっており、ミニバンがすっぽり入ります。真夏日差し対策として、簡易カーポートとして利用が可能です。

生地の表面は太陽光と紫外線を反射する白色を採用。裏地には熱と光を吸収する黒を採用したソーラーブロックコーディングが施されています。そのため、UBカット率は99.9%、遮光率も100%で日向と日蔭ではマイナス15度の温度差を実現しています。そのため夏場は車内の温度も上昇しづらく、車の内装も日差しで傷まず、すぐに快適に乗車できますよ。

南榮工業-埋込車庫大型BOX用 (83,315円)

大型ボックスカーがすっぽり入る上部なテント式カーポート

足場部分が埋め込み式になっていて、地面に足部分を固定し安定するテントタイプのカーポートです。奥行きは5.6mとなっており大型ボックスカーまでのサイズならすっぽり入ります。入り口部分を開けたままにできるので車の出し入れもしやすいですよ。

テント部分の生地は日差しに強く、耐久性のあるSB生地。メーカーの耐久テストでは生地対応年数は約4年から4年半となっており長持ちする素材です。車の車庫以外にも、農機具の格納庫としてや資材置き場など業務用にも利用されています。耐久性のあるテントで愛車を日差しや雨からしっかり守ります。

まとめ

駐車場の形状と地域の天候に最適なカーポートがおすすめ

工事が必要なカーポートも自分でインターネットで購入が可能です。たくさんのメーカーから駐車場の形や車の台数に合わせて、お好みのデザインのカーポートを選ぶことができます。また一時的な利用の際は、簡易的なタイプのカーポートも活躍します。大事な愛車を日差しや雨から守るカーポート。ぜひ利用シーンに合わせて選んでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*