おすすめのPSVR向けイヤホン人気比較ランキング!【使い方も】

PSVRはゲームの世界をリアルに体感できるゲーム機器です。しかしもっと自分好みの音質で楽しみたいと感じることもありますよね。そんな時におすすめしたいのがPSVRイヤホンです。PSVRイヤホンがあれば付属のイヤホンが故障した時も安心ですよ。そこで今回は人気のPSVRイヤホンをランキング形式で紹介。PSVRイヤホンはモデルごとに装着の仕方や音質などに違いがあるので、選び方のポイントも併せて解説します。是非自分好みのPSVRイヤホンを見つけて、ゲームを存分に楽しんでくださいね。

PSVR向けイヤホンの特徴

自分好みの音質のものを選ぶことができる

PSVRにはイヤホンが付属されているので新たに用意する必要はありません。しかしより自分好みの音質でゲームを楽しみたい場合は、別に新しいイヤホンを購入しましょう。市販されているイヤホンには種類がたくさんあるので色々と吟味してみてくださいね。

軽量なので動きの多いVRゲームをする時に邪魔になりにくい

イヤホンは非常に軽量です。そのためヘッドホンを装着している時のような重みを感じることがないですし、頭が締め付けられることもありません。またコンパクトなため邪魔になりにくいので、リズムゲーム系などの動きの多いゲームを楽しみたい時におすすめです。

PSVR向けイヤホンの種類

インナーイヤー型

耳の入り口部分にはめるタイプで音に臨場感が生まれる

インナーイヤー型とは耳の入り口部分に引っ掛けるようにしてはめるタイプのことです。メリットは空間表現力の高さで、音に臨場感が生まれます。そのためまるでゲームの世界の入り込んだ感覚にひたることができますよ。

デメリットはイヤホンがはずれやすいという点です。そのため、大きな動きをした場合に取れてしまう可能性もあります。また耳との接着部分が少ないため音が漏れやすいです。周りに音を聴かれたくない場合は、ボリュームを少し下げておきましょう。

カナル型

耳の奥まで差し込んで装着するので外の音が聞こえづらくゲームに集中できる

カナル型とは耳せんのように奥まで挿し込んで装着するタイプのイヤホンです。耳にぴったりフィットするのではずれにくいのがメリット。インナーイヤー型のような音漏れも少なく、細かい音も聴き取ることができます。

デメリットは遮音性が高すぎるため、外部の音が聞こえにくいといった点です。そのため電話の着信音などに気づくことができない場合もあります。またカナル型の装着感に慣れない人も。はじめてカナル型のイヤホンを購入する場合は、安価なモデルで付け心地を試すのも良いでしょう。

PSVR向けイヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

 PSVRにのみ接続するなら3.5mmステレオミニプラグに対応した有線接続タイプ

PSVRは3.5mmステレオミニプラグの接続にのみ対応しています。そのため新たに購入したイヤホンはPSVRにのみ接続する場合は3.5mmステレオミニプラグ接続できる有線タイプのものを選んでください。また有線タイプのイヤホンは比較的安い金額で購入することができます。そのためPSVR向けイヤホンの購入費用を抑えたい人は是非チェックしてみてくださいね。

Bluetooth対応機器にも接続したいなら有線と無線の2WAYタイプ

イヤホン自体はPSVR以外の機器に使用できます。特にBluetooth対応機器にも接続したい場合は有線と無線の2WAYタイプが便利です。無線でつなぐことができればケーブルの絡まりを気にする必要もないのでストレスフリー。イヤホンをつけたりはずしたりがスムーズです。そのためPSVRだけではなくスマホなどにも使いたい人には2WAYタイプがおすすめですよ。

便利な付随機能で選ぶ

マイク機能付きならチャットをしながらゲームを楽しめる

フォートナイトなど、近頃のゲームはチャットしながらプレイすることもできます。しかしチャットをするとなるとマイクが必要となります。そこでチャットをしながらプレイしたい場合にはマイク機能付きのイヤホンが便利です。尚、PSVR本体にもマイクは内蔵されていますが、マイク付きのイヤホンならPSVR以外で遊ぶ時にもチャット用イヤホンとして使えるのでおすすめですよ。

ノイズキャンセリング機能付きなら外部の音が気にならない

ノイズキャンセリング機能とは雑音を軽減しクリアな音で楽しめる機能のことです。車のエンジン音や人の話し声など、部屋に居ても色々な生活音が聞こえてきます。生活音がうるさいと音が聞き取りにくくゲームに没頭できないですよね。そこで外部の音を遮断しゲームの音を存分に楽しみたい人はノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを選ぶようにしましょう。

ハイレゾ音源に対応していれば質の良い音を体感できる

ハイレゾ音源とは通常の音よりも情報量が多く、より深みのある上質な音を体感することができます。ハイレゾに対応できるだけの高スペックのイヤホンならきれいな音を楽しむことが可能ですので、音にこだわりたい人は是非ハイレゾ音源対応のものをチェックしてみてください。尚、最近はハイレゾでも購入しやすい安価なモデルも登場してきているので安心ですよ。

仕様で選ぶ

耳掛けフック付きならイヤホンが落ちにくいのでプレイが中断しない

イヤホンは耳に挿し込んで装着しているだけなので、頭を大きく動かすようなゲームをプレイすると耳からイヤホンが落ちてしまうことも。音が聞こえないとプレイが中断しゲームを思うように楽しめなくなってしまいます。そこでおすすめなのが耳掛けフック付きのモデルです。フックでイヤホンを耳に固定できるので落ちにくくなりストレスフリーですよ。

防水タイプならプレイ中に汗をかいても大丈夫

PSVRはテレビゲームといえども、ゲームのジャンルによってはスポーツさながらに汗をかきます。そのため動きがダイナミックになるリズムゲームやアクションゲームをプレイする人には防水タイプのイヤホンが最適です。また飲み物をこぼしてイヤホンが濡れてしまうなど、家の中には水で濡れてしまうシチュエーションが多数存在します。万一の事態に備えるうえでも防水タイプがおすすめですよ。

PSVR向けイヤホンのおすすめブランド・メーカー

ソニー

PSVR本体を製造しているメーカー

ソニーは言わずもがな、PSVR本体を製造しているメーカー。PSVRなどのプレイステーション関連機器をソニー製で統一したい人は要チェックです。また音質も良く、特に重低音が利いた迫力サウンドが魅力ですよ。

オーディオテクニカ

音のバランスが良い

オーディオテクニカのイヤホンは音のバランスが良いことで定評があります。重低音だけではなく中低音や高音域の音もしっかり楽しみたい人におすすめ。ゲーム内の様々な音をきれいに拾うことができます。

エレコム

コスパが高く種類も豊富なので選びやすい

費用を抑えたい人におすすめなのがエレコム製のイヤホンです。エレコムのイヤホンは機能が充実しており、かつ価格も安いので非常にコスパが高くなっています。また耐久力も高いので壊れにくいです。

アクラス

スマホでもボイスチャットを楽しめる

アクラスのイヤホンは汎用性が高く、PSVRはもちろん様々な機器に接続可能。スマホにも接続でき、電話の着信応答にも対応しています。またマイク機能が備わっており、チャットをしながらゲームを楽しむことも可能です。

おすすめ&人気のPSVR向けイヤホンランキング

インナーイヤー型でおすすめのPSVR向けイヤホン

ソニー-MDR-E9LP(2,290円)

黒で統一されたクールなデザイン

耳への負担が軽いので楽に装着することができます。圧迫感の強いイヤホンが苦手な人や、長時間装着していても耳が痛くなりにくいものを探している人におすすめです。またiPodやMP3プレーヤーなどにも対応していますよ。

イヤホン部分やケーブルは黒で統一されています。色が多いと見た目がごちゃごちゃしているように感じてしまう人は要チェックです。尚、ケーブルは1.2mと長すぎず短すぎず、音楽プレーヤーにつなげた時も使いやすくなっています。

エレコム-EHP-F10IABK(1,078円)

セミオープン型で密閉されない

セミオープン型の特殊な形状をしたヘッドを採用しており、装着していても耳が密閉されません。そのため軽い付け心地で、耳が疲れにくくなっています。また音がこもることもなく、自然な音質を楽しみたい人におすすめです。

ヘッド部分にはシリコンカバーが装着。インナーイヤータイプではありますが耳から落ちにくくなっています。またシリコンカバーは着脱することもできるので、自分の好きな付け心地になるように付けたりはめたりすることが可能です。

トップラス-インナーイヤー型イヤホン(1,035円)

光沢加工されたヘッドがキラキラしてきれい

イヤホンカバーの一部が光沢加工されており、まるでCDの表面のようにキラキラしています。ファッション性の高いイヤホンが好きな人におすすめ。光に反射すれば遠くからでも良く目立ちアクセサリーにも見えますよ。

防水機能が搭載されているため、スポーツ時や屋外での使用にもおすすめです。またマイクと多機能ボタンを装備。ボタンは押した回数により操作内容を識別するタイプなのでわざわざ手元を確認する必要はありません。

カナル型でおすすめのPSVR向けイヤホン

ソニー-MDR-XB55(4,543円)

気密性が高く迫力のある重低音

ベースブースターを内蔵しドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めることが可能。迫力のある重低音を再現できます。また重低音を正確なリズムで捉えることもできるため、重低音のグルーブ感をダイレクトに感じとりたい人におすすめです。

従来のイヤホンよりもドライバーが小さいため、イヤホンを耳の奥まで挿し込むことができます。そのため耳から落ちにくくなりますし遮音性もアップ。シリコン素材も使用しているので耳へのフィット感も高くなっています。

ソニー-MDR-NWNC33(5,530円)

ショートタイプのコードで絡まりにくい

コードは約60cmの長さで、PSVRに装着した時に丁度良い長さです。PSVRに取り付けた時にイヤホンのコードが邪魔になりにくいモデルが好みの人におすすめ。音楽プレーヤーに装着したとしても普通に使用するのであれば問題ありません。

本体以外の付属品が充実しており、約50cmの延長コードとサイズ違いのイヤーピースが3種類付いてきます。はじめに取り付けられているコードは約60cmのすっきり使えるタイプです。しかし約60cmでは短すぎと感じる時には延長コードを活用してみてくださいね。

オーディオテクニカ-ATHCKF77BK(1,702円)

クリアな音を楽しめる

奥行のある音質が特徴で、低音の効いたメリハリのある音を再現。音がこもらないのでクリアな音質を楽しむことができます。またコンパクトボディではありますが音響容積を高めることでキレのある重低音を聴くことが可能です。

表裏ダブルカラーフラットコードを採用しており、裏と表とでコードの色が異なります。ファッションに合わせてマッチする面を前面に出すなど、イヤホンを含めたトータルコーディネートが可能。コードの自体はアクセサリーを邪魔しない設計になっているので見た目にこだわる人におすすめです。

エレコム-EHP-FS12CMBK(2,178円)

コンパクト設計で耳にはめやすい

音導管を斜めに出すコンパクト設計のため小さい耳にもジャストフィット。通常のイヤホンは大きすぎて装着できない耳の小さい人や、小さな子供におすすめです。また耳せんのようにしっかり挿し込むことができ音漏れが少ないので公共の場での使用も安心ですよ。

ナイロンメッシュケーブルを採用しておりケーブルが絡まりにくくほどけやすくもなっています。また耐久力も高いため切断しにくいです。丈夫なケーブルで長く使えるものが良いという人は是非チェックしてみてくださいね。

アクラス-SASP-0468(2,255円)

マイクの取り外しが可能

マイクが付いておりボイスチャットを楽しみながらゲームをプレイすることができます。チャットをした方が有利に試合を運べる戦闘系のゲームをする人におすすめです。尚、マイクを取り外し通常のイヤホンとしも使用できます。

スマホにも接続でき、ケーブルには便利なコントロール機能搭載。音楽の停止や再開はもちろん、電話の着信応答と終話にも対応可能です。またケーブルはメッシュ状に編まれており、通常のケーブルよりも絡まりにくくなっています。

グッドアイテム-ゲーミングヘッドセット(2,000円)

ダブルスピーカー設計で各音域が鮮明に聴こえる

ダブルスピーカー設計のため各音域が一層鮮明に。重低音だけではなく、中高音もきれいな音で楽しみたい人におすすめです。また音源の再現度が高いため、足音や発砲音などゲーム内の効果音もはっきり聴き取ることができます。

マイクは取り外し可能なゲームマイクとインラインマイクの2種類。ゲームマイクは声を拾いやすいように360度調整することができます。そのため相手にしっかり声を届けることができる、チャットを存分に楽しむことが可能です。

ミスティックリッジ-ゲーミングイヤホン(1,980円)

音質のバランスが良い

ボイスチャットができるので仲間と盛り上がりながらプレイしたい人におすすめです。また人間工学に基づいて設計されており、どんな耳にもぴったりフィットします。付け心地も軽いので長く使用していても快適です。

音のバランスが良く現場にいるような臨場感を体感できます。またイヤーピース部分には傾斜がついているので耳をしっかり塞ぐことが可能。遮音性が高く音が聞き取りやすいので、敵の足音やミサイルの音にも気付くことができます。

ナガオカ-ハイレゾ音源対応イヤホン(1,548円)

ハイレゾに対応しコスパ抜群

安価モデルではありますがハイレゾ音源に対応可能。再生周波数帯域は50,000Hzから80,000Hzと、ハイレゾ認定基準の40,000Hzを遥かに上回っています。ハイレゾは体感したいけれどできるだけコストは下げたいと感じている人におすすめです。

ハウジングにアルミニウムを採用することで音漏れを軽減。電車やバスなど、公共交通機関を利用している時にも安心して使えます。またハイレゾに対応しているだけあって音が良く、特に高音域の再現力が高いです。

2WAYタイプでおすすめのPSVR向けイヤホン

ヴァーテックススタイル-ネックバンドワイヤレスイヤホン(3,940円)

ワイヤレスでも音の遅延が少ない

ワイヤレスでも音の遅延が少ないので、ゲームも快適にプレイすることができます。一瞬の遅れが致命的になってしまうゲームにおすすめ。フォートナイトのような戦闘系やFPSをメインに遊ぶ人は是非チェックしてみてくださいね。

高感度マイクのマイクが搭載されており、音楽再生や音量調節の操作を手元ですることができます。尚、カラーは3種類。シャンパンゴールドは上品な雰囲気があり、ブルーはクールな見た目で男女ともに使用可能です。

ヴァーテックススタイル-2WAYイヤホン(4,378円)

最新のBluetooth5.0を搭載

最新のBluetooth5.0を搭載しており、接続の安定性が高く音が途切れにくいです。無線でも音が途切れず快適に聴くことができるモデルを探している人におすすめ。リモコンで音楽再生や通話応答も可能です。

付属のケーブルを接続することで有線タイプに早変わり。2WAYタイプなのでBluetoothの電池が切れてしまった時も安心です。またネックバンド型をしており、ケーブルを首にかけることができるので疲れにくくなっています。

PSVR向けイヤホンの使い方

使用する時はイヤホンジャックに差し込むだけ

PSVR向けのイヤホンを新たに購入できたら使い心地を試してみましょう。尚、既にPSVRに取り付けられているイヤホンは引っ張るだけで簡単に取り外せます。また使用するのもワンステップ。イヤホンジャックに挿し込めばすぐに使用できるので手軽です。

イヤホンから音が聞こえない時は奥まで刺さっているか確認する

イヤホンを奥までしっかり挿し込んでいないと音が聞こえません。もしイヤホンから音が聞こえない場合は、挿し込みがしっかりできているか確認しましょう。但し、プラグを強引に抜いたり挿し込んだりすると故障の原因になるので気を付けてくださいね。

Bluetooth対応イヤホンを使いたい時は専用レシーバーが必要

PSVR自体はBluetooth接続に対応していません。そのためBluetooth対応イヤホンを接続するためには専用レシーバーが別途必要です。尚、専用レシーバーをPSVRのイヤホンジャックに挿し込むことでBluetooth対応イヤホンより音を聴くことが可能となります。

まとめ

ハイレゾ音源対応のPSVR向けイヤホンがおすすめ

ハイレゾ音源対応のイヤホンは音がきれいに聴こえるのでおすすめです。今回は人気のPSVRイヤホンをランキング形式で紹介してきました。是非新しいPSVRイヤホンを見つけて、付属のイヤホンが壊れた時や自分好みの音質でゲームを楽しみたい時に活用してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*