おすすめの据え置き型ヘッドホンアンプ人気比較ランキング!【バランス出力対応も】

スマホやパソコンの音楽を聴く時も、十分な音量で高音質サウンドを楽しみたいですよね。そこでおすすめしたいのが据え置き型ヘッドホンアンプです。据え置き型ヘッドホンアンプなら、ヘッドホンを使う時にスマホやパソコンでも大きな音を出せますよ。今回はおすすめの据え置き型ヘッドホンアンプをご紹介します。選び方についても解説しますので、迫力あるサウンドを楽しみたい方は参考にしてくださいね。

据え置き型ヘッドホンアンプとは?

ヘッドホン用アンプを搭載したオーディオ機器

アンプは音を増幅させるオーディオ機器です。音楽はスピーカーから音を出す時もあれば、ヘッドホンを使う時もありますね。据え置き型ヘッドホンアンプはある程度の大きさがあり、ヘッドホンで音楽を聴く目的に特化しています。

据え置き型ヘッドホンアンプとDACの違い

DACはデジタル信号をアナログ信号に変換する機器

音楽プレーヤーに保存された音楽やCDの楽曲は、デジタル信号として記録されています。人間の耳に聞こえる音楽として再生するには、デジタル信号をアナログ信号に変換しなければなりません。DACが音楽信号を変換する役割を担っています。

据え置き型ヘッドホンアンプの特徴

ヘッドホンやイヤホンで聴く音声信号を増幅できる

据え置き型ヘッドホンアンプは、ヘッドホンまたはイヤホンを接続した際の音のボリュームを大きくする機器です。スマホなどの出力の小さなデバイスでは、満足できる音量で再生できない場合があります。ヘッドホンアンプがあれば好きな曲を大音量で再生できますよ。

小型のポータブルタイプよりも高性能

ヘッドホンアンプは大きく2種類に分けられます。ポータブルタイプは据え置き型よりサイズが小さいため、持ち運びしやすいのがメリットです。性能は据え置き型の方が優れている場合が多く、音の増幅効果が高く高音質なサウンドが楽しめますよ。

据え置き型ヘッドホンアンプの選び方

入力端子で選ぶ

高級オーディオ機器に繋ぐなら同軸デジタル端子

音声入力用のデジタル端子の1つである同軸デジタル端子は、コアキシャルとも呼ばれます。オレンジ色や青色に塗られたプラグを使用しており、ひと目で他の端子と見分けられますよ。オーディオ機器の中でも高級モデルに採用されることが多いのが特徴です。同軸デジタル端子付きの機器で音楽を再生するなら、ヘッドホンアンプにも同じ端子があるかチェックしましょう。

テレビやゲーム機に繋ぐなら光デジタル端子

光デジタル端子のケーブルは光ファイバーを利用しています。ノイズが少ない音楽再生を得意としていますよ。高級オーディオよりも一般的に広く普及しているモデルに多く見られるのが特徴。特に、テレビやゲーム機に光デジタル端子が採用される場合が多いです。不快な音の少ないサウンドが楽しめるため、ホームシアター作りにも適しています。

パソコンやスマホに繋ぐならUSB端子

USBはPCなどのデジタルデバイスに使われる端子として有名です。主にUSB Type-A~Cの3種類の規格があります。Type-AのポートはPCに広く採用されているのが特徴。Type-Bはヘッドホンアンプなどのオーディオ機器に多く見られます。Type-Cポートは一部のノートPCやAndroidスマホに搭載されている、高速通信が可能な新しい規格です。端子のタイプに対応したケーブルを用意しましょう。

カセットデッキやレコードプレーヤーに繋ぐならアナログ端子

RCA端子やピンジャックと呼ばれる端子はアナログ信号の入力端子です。古くから音楽再生に利用されている接続方法ですが、音質があまりクリアでないことがデメリット。現在は高音質なデジタル信号を入力し、アナログ信号に変換して音楽を聞くスタイルが主流です。カセットデッキなどアナログ出力のみに対応した機器に繋ぐ場合に使いましょう。

出力端子で選ぶ

ヘッドホンやイヤホンで聴くならヘッドホン端子

ヘッドホン端子の種類は、主に直径6.3mmの標準プラグと直径3.5mmのミニプラグの2つです。標準プラグはマイクなどに使われ、ミニプラグはパソコンやスマホなどによく見られます。基本的に、ヘッドホンアンプに同じ端子が付いていなければコードを挿せません。自分のニーズに合ったモデルを見つけるため、接続したいヘッドホンのプラグを確認しましょう。なお、変換アダプターを使えば異なる大きさのプラグも使えます。

スピーカーで高音質を楽しみたいなら光デジタル端子

ヘッドホンやイヤホンを使わずに音楽を聴くなら、光デジタル端子があるかチェックしましょう。ケーブルでデジタルの音楽データを送ることにより、音質の劣化やノイズを抑えられますよ。スピーカーで高音質サウンドを楽しみたい方におすすめです。ケーブルにも様々な種類があるので、高音質を追求するならケーブル選びにもこだわってみましょう。

スピーカーのアナログ入力端子に繋ぐならアナログ出力端子

音声を出力する機器のアナログ端子に繋ぐ場合には、ヘッドホンアンプのアナログ出力端子を使います。赤と白の2つの端子が付いており、同じ色のコードを挿せば再生可能。アナログ信号をケーブルで送るという特性のため、音質の劣化やノイズの発生を伴う場合があります。スピーカーなどにアナログ端子しか付いておらず、光デジタル入力ができない場合に利用しましょう。

その他の機能で選ぶ

原音に近い音質を楽しみたいならハイレゾ対応ヘッドホンアンプ

ハイレゾはCDの約6.5倍の情報量を持つ音楽データです。情報量が多いため音楽の細かい部分を鮮明に表現でき、抜群の臨場感が楽しめますよ。ライブ音楽であれば会場の空気感も感じられ、自分が会場にいるかのようなリアルなサウンドを体感できるでしょう。ハイレゾ音源を聴くには、音楽を再生するヘッドホンやスピーカーもハイレゾ対応のものを使いましょう。

ノイズを抑えたいならバランス出力対応ヘッドホンアンプ

ヘッドホンは左右にプラスとマイナスの信号線があります。プラスの信号線は左右で独立していますが、マイナス側は左右で共有しているのが通常の伝送経路です。マイナスの信号が混ざればノイズが起きる場合があり、ステレオ音声の臨場感に乏しくなるのがデメリット。バランス接続は左右のプラスとマイナスの信号線を独立させた接続方法です。左右の信号が混ざらずステレオ音声を満喫できますよ。

据え置き型ヘッドホンアンプのおすすめブランド・メーカー

デノン

接続する機器の選択の幅が広い

入力端子が豊富に搭載されたヘッドホンアンプをリリースしています。スマホから高級オーディオ機器まで幅広く接続でき、ハイレゾの音楽を存分に堪能できますよ。シンプルでインテリアに馴染みやすいデザインも魅力です。

ティアック

バランス接続の音を楽しみたい方におすすめ

バランス出力対応モデルが豊富に揃っているのが特徴です。音声信号を変換して音質を向上させる技術が採用されているため、たくさんの楽曲が高音質になりますよ。ノイズを抑える機能が搭載されたモデルが多いのも魅力です。

オーディオテクニカ

安い価格で高音質サウンドが聴ける

比較的安価で購入できる据え置き型ヘッドホンアンプが充実しています。複数のヘッドホンを同時に繋げるなど、他メーカーにはあまり見られない機能を備えたモデルもありますよ。ハイレゾ音源に対応したモデルも多いです。

ソニー

高音質を追求する方におすすめ

高価格帯の高級ヘッドホンアンプをリリースするメーカーです。ハイレゾサウンドの再生やバランス出力はもちろん、アップスケーリングも可能です。振動を抑えるパーツも採用されているので、クリアで高品質な音を生成しますよ。

おすすめ&人気の据え置き型ヘッドホンアンプランキング

安価でおすすめの据え置き型ヘッドホンアンプ

FX-AUDIO-DAC-X6J(9,910円)

出力方法を3種類から選べるハイレゾ対応モデル

DACとしても使える据え置き型ヘッドホンアンプです。入力端子は3種類付いており、光と同軸の2種類のデジタル端子で雑音の少ない音楽再生が実現します。ハイレゾに対応したモデルのため、原音に近く臨場感ある音を再生できますよ。

出力方法はアナログのみですが、シグナルを調整する機能によりクリアな音を表現します。ヘッドホンは6.3mmのステレオ標準プラグが使用可能。USB Type-Bの入力端子も搭載されているので、パソコンなどのUSB機器と接続したい方におすすめです。

プリンストン-PAV-HADSD(22,138円)

パソコンに保存した楽曲を高音質で再生

DACが内蔵されたハイレゾ対応モデルです。入力端子はUSB Type-Bポートのみが搭載されており、主にパソコンとの接続が想定されています。パソコン内部で発生することが多い高周波ノイズを軽減し、鮮明なハイレゾ音源を再生できますよ。

ヘッドホン出力端子は6.3mmと3.5mmの2種類搭載されています。USBケーブルやハイレゾ再生アプリがあれば、スマホやタブレットでもハイレゾの音楽が聴けますよ。パソコンはもちろん、スマホやタブレットと接続したい方におすすめです。

FOSTEX-HP-A3(25,900円)

スピーカーも接続できるUSB給電モデル

長さ1mのUSBケーブルが付属しています。USBによる給電で駆動するため、コンセントに繋ぐ必要がありません。光デジタルとUSBの入力端子が付いているため、様々な機器から信号を送れます。出力端子はデジタルなど3種類が搭載されていますよ。

入力と出力のセレクターを装備しているため、使用する端子を簡単に切り替えられます。底面取り付け用のゴム足も付属しているので滑りにくく、落下事故を防げますよ。ヘッドホンに限らず、スピーカーからも楽曲を再生したい方におすすめです。

ハイレゾ対応でおすすめの据え置き型ヘッドホンアンプ

デノン-DA-310USBSP(83,265円)

PCから高級オーディオ機器まで接続可能

3つの入力端子が搭載されています。DACを搭載しているので別のアンプを接続して、アナログへの信号変換のみの用途にも使用可能です。ハイレゾにも対応しており、幅広い音楽再生機器でクリアかつ繊細な音を満喫できますよ。

縦置きもできるので、狭いスペースにも設置できます。ディスプレイの表示は設置の向きに合わせて自動的に回転しますよ。コアキシャルが搭載されているので、高級オーディオ機器と接続してハイレゾを楽しみたい方におすすめです。

オーディオテクニカ-AT-HA65(40,013円)

最大5人で楽しめるヘッドホンアンプ

複数のヘッドホンから音を出す出力の高さが最大の特徴です。前面にパネルが付いており、押すだけで入力の系統を簡単に切り替えられます。直径6.3mmの標準ヘッドホンジャックが5つ搭載されているのも魅力。最大5台のヘッドホンを同時に接続できますよ。

スプリッターを利用すればヘッドホン端子をさらに増やせます。5つのヘッドホンのボリュームはそれぞれ独立して調整できるので、各自の好みに合わせた音量で楽しめますよ。複数人で一緒に同じ音楽を楽しみたい方におすすめです。

マランツ-HD-DAC1(74,991円)

端子の種類が多く幅広い用途に使える

コアキシャル搭載のハイレゾ対応モデルです。USBケーブルでの接続で高音質な音楽再生が可能なUSB-DAC機能も搭載されていますよ。背面のアナログ出力端子には金メッキが施されており、端子の経年劣化が原因の音質低下を防ぎます。

パソコンに広く採用されているUSB Type-Aのポートが付いているのも魅力です。iPhoneやiPodに保存された音楽データの再生だけでなく、接続するだけで充電もしてくれますよ。USBメモリに保存した音楽を再生したい方にもおすすめです。

TOPPING-DX3 pro AK4493(31,313円)

ワイヤレスでハイレゾサウンドが楽しめる

Bluetooth接続に対応した中華アンプです。ワイヤレスでハイレゾ級の高音質が楽しめるファイル形式にも対応しています。有線でも接続でき、コアキシャルやUSBなど端子の種類も多彩。前面には大きく見やすい液晶が搭載されていますよ。

ヘッドホンとBluetoothで接続するためには、Bluetooth対応のヘッドホンが必要です。ワイヤレスで繋げば再生機器から離れることもでき、行動を制限されません。そのため、音楽を聴きながら家事など別の作業をしたい方におすすめです。

バランス出力対応でおすすめの据え置き型ヘッドホンアンプ

ティアック-UD-301-SP(34,995円)

リーズナブルなバランス接続対応モデル

ハイレゾとバランス出力に対応したモデルです。USBケーブルによるデジタル信号入力時に発生しがちなノイズを抑え、クリアな音声を耳に届けてくれますよ。光や同軸のデジタル入力端子も装備しており、前面のボタンで入力切替できます。

入力信号を高音質な信号にアップコンバートできるため、アナログ信号でも鮮明な音質で再生可能。CD並みの音質ならハイレゾ相当の高音質に変換できます。バランス接続の低ノイズサウンドが楽しめるモデルを安く手に入れたい方におすすめです。

ソニー-TA-ZH1ES(229,500円)

非ハイレゾ音源をハイレゾ級の音質に変換可能

入力端子とヘッドホン端子を豊富に備えたバランス出力対応モデルです。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ並みのサウンドにアップスケーリング可能。デジタルフィルターも搭載されており、音楽鑑賞の邪魔になるノイズを取り除けます。

USBのほかにソニー製ウォークマンやXperiaの入力端子も付いていますよ。また、ウォークマン用のデジタルケーブルが付属しています。ウォークマンに電源を供給しながら再生できるので、ハイレゾ対応のウォークマンを使っている方におすすめです。

FOSTEX-HP-A4BL(53,530円)

デジタル出力も可能なバランス出力対応モデル

DACを内蔵しており、ハイレゾ音源も楽しめるヘッドホンアンプです。入力方式はUSBと光デジタルの2種類から選べますよ。microSDカードスロットが搭載されており、システムを制御するソフトウェアをアップデートする時に使用します。

USB接続時のノイズを低減できるため、鮮明な音楽を堪能できますよ。バランス出力とアンバランス出力の両方の音声が楽しめます。光デジタル出力に対応しているので、スピーカーからクリアな音声を聴きたい方にもおすすめです。

LUXMAN-P-750u(282,121円)

3種類のヘッドホン端子を搭載

出力端子が豊富な高級ヘッドホンアンプです。ボディは鋼板を重ねた構造になっています。重心が低く剛性が高いため、ハイクオリティな音質を維持しますよ。おしゃれなデザインである上に、繊細かつ迫力のある音楽表現を実現しているのが魅力。

足には振動に強い素材を採用し、音質の劣化を防ぎます。ヘッドホン端子はアンバランス出力端子と通常のバランス端子を装備していますよ。海外製の高級ヘッドホンに採用されている端子も付いており、多彩なヘッドホンと接続したい方におすすめです。

ティアック-UD-505(143,856円)

スタイリッシュなBluetooth対応モデル

コアキシャルやUSB端子を搭載し、無線接続も可能なモデルです。高級感のあるデザインで、音に悪影響を及ぼす振動を最小限に抑えます。ディスプレイの見やすさも魅力。高音質サウンドに変換するアップコンバート機能も搭載されていますよ。

Bluetoothのレシーバーとしても機能するため、ワイヤレスで接続できます。ハイレゾ相当の音質とされるファイル形式にも対応していますよ。スマホなどに保存された楽曲を、ケーブルに煩わされず手軽に楽しみたい方におすすめです。

まとめ

ハイレゾとバランス出力に対応した据え置き型ヘッドホンアンプがおすすめ

据え置き型ヘッドホンアンプの魅力を存分に味わいたいなら、ハイレゾ対応モデルがおすすめです。限りなく原音に近い音質をハイレゾで堪能しましょう。また、バランス出力に対応していれば、ノイズの少ないクリアな音楽表現が可能。今回は、おすすめの据え置き型ヘッドホンアンプをご紹介しました。ぜひ自分にぴったりのモデルを手に入れて、好きな楽曲をじっくり鑑賞してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*