おすすめの光デジタルケーブル人気比較ランキング!【挿し方も】

アナログケーブルの音質やノイズの多さが気になり、音響や音楽を楽しめないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍するのが、光デジタルケーブルです。スピーカーと再生機器間の配線をこのケーブルに変えるだけで音の劣化やノイズの少ない、高音質な音を楽しめますよ。この記事では、音質に優れた光デジタルケーブルの特徴や選び方、おすすめモデルを紹介します。ぜひ参考にして、自宅の音響機器の音質アップに役立ててみてくださいね。

光デジタルケーブルとは?

光ファイバーを使用した音響用ケーブル

光デジタルケーブルとは、インターネット回線にも使われる光ファイバーを使って作られた音響用ケーブルです。別名オプティカルケーブルとも呼ばれることがあり、内部はガラスやプラスチックの繊維を束ねた構造になっています。大容量のデータをスピーディーに伝達できるため、音響用としても高い性能を持っているケーブルです。

光デジタルケーブルの特徴

高音質でサラウンドシステムにも1本で対応できる

光デジタルケーブルはデータの送受信に特化した性能を持つため、高音質な音声の伝達が可能です。また、一度に運べる量も多いため、立体的な音を出すために使われる5.1chや7.1chのようなサラウンドシステムにも1本で対応できますよ。音楽を臨場感のあるサウンドで鳴らせるため、ライブ映像やゲーム、映画なども大迫力で楽しめます。

音質劣化が少なくノイズも入りにくい

伝達する際の情報の劣化や減退が少ないのも光デジタルケーブルの特徴です。これは伝達性能にすぐれたデジタル通信を行っているためで、アナログのように長さによる音質の劣化も起こりにくくなっています。また、他の家電製品やデバイスが発する磁気の影響も受けにくいため、ノイズも入りにくいですよ。

光デジタルケーブルの種類

角型プラグタイプ

対応機種が多い定番のプラグ形状

角型プラグタイプは、光デジタルケーブルの定番のプラグ形状です。四角いコネクタの中央にピンがある形状になっており、多くのケーブルがこの角型プラグを採用しています。選択肢の幅が広いので、自分好みの音質や長さ、機能を持った光デジタルケーブルを探しやすいですよ。

また、ゲーム機やテレビ、レコーダーなど多くの機種に対応しているのも特徴。光デジタルケーブル対応と書いてあれば、小型の再生機器以外は基本的に角型プラグに対応しています。他のプラグ形状と性能的な違いはありませんが、種類が豊富で対応機器が多いタイプです。

光ミニプラグタイプ

小型のオーディオ機器向けの細身のプラグを搭載している

光ミニプラグヘッドホンやイヤホンに使われる3.5mm端子に似た、細身のプラグを持つ光デジタルケーブルです。主にノートパソコンや、小型のオーディオなどとの接続に使うことが多いのが特徴。光ミニプラグ用のジャックは基本的にスペースの余裕がない機器に取り付けられるため、角型ほど対応機器は多くありません。

販売されているのは、主に光ミニプラグが2つ付いたタイプと、角型プラグと光ミニプラグの2種類です。特に角型とミニプラグの両方が付いたタイプは、角型プラグしか接続できないタイプにも接続でき、変換プラグも不要なので使いやすいですよ。角型プラグほど品揃えは多くありませんが、有名メーカーであれば基本的に取り扱っています。

光デジタルケーブルの選び方

コア素材で選ぶ

石英やグラスファイバー製なら音質が良い

石英やグラスファイバーといった、ガラス素材を中心部のコア素材に使用した光デジタルケーブルは高音質です。音域の幅も広く、豊かな低音域と伸びやかな高音域を出すことができます。主に最上位モデルに使われており、素材の値段が高いぶんケーブルの高価なのが特徴。折り曲げやねじれに弱いというデメリットもありますが、音質を重視したい方にはピッタリの素材です。

耐久性を重視するならプラスチック光ファイバー製がおすすめ

耐久性を重視する場合には、コア素材にプラスチック光ファイバーを使用した光デジタルケーブルがおすすめです。音質はガラス系の素材よりも劣りますが、折り曲げにも強く柔軟性があるため気軽に使えますよ。また、価格もリーズナブルでラインアップが豊富なこともポイント。気軽に光デジタルケーブルを使いたい方にピッタリのコア素材です。

プラグの耐久性で選ぶ

金メッキが施されたプラグは酸化や腐食に強い

プラグに腐食や酸化が発生してしまうと、ノイズの発生や音質劣化の原因になります。1本のケーブルを良い音質で長く使いたいなら、プラグ部分に金メッキが施された光デジタルケーブルを選びましょう。金メッキ加工されていると、酸化や腐食が起こりにくくなります。また、他の金属に比べて柔らかいという特性もあるため、接続機器とプラグの密着度が上がり、安定した音質で音楽や音響を楽しめますよ。

破損や汚れを防ぎたいなら防塵キャップ付きがおすすめ

プラグ部分の破損や汚れを防ぎたいなら、防塵キャップ付きの光デジタルケーブルを選びましょう。プラグ部分を保護するキャップが付属するモデルがあり、未使用にキャップを付けておくと傷やホコリからプラグを守ることができます。特に金メッキ加工のプラグはキズが付きやすいので、防塵キャップ付きを選んでおくと安全に保管できますよ。

音質で選ぶ

24bitと192kHzに対応していればハイレゾ音質も楽しめる

ハイレゾ音源を楽しみたいなら、24bitと192kHzに対応した光デジタルケーブルがおすすめです。bitはビット深度というデータ量に関連する単位、kHZはサンプリングレートという音の滑らかさを表す単位となっています。ハイレゾ音源は24bitと96kHzや、24bitと192kHzのものが定番で、後者のほうがより高音質な音楽を楽しめますよ。高品質なハイレゾ音源を聴いてみたい方は、24bitと192kHz対応の光デジタルケーブルを選びましょう。

音質を追求したいなら384kHzと32bitに対応する光デジタルケーブルがおすすめ

音質を追求したい方、プロレベルのレコーディングをやってみたい方には384kHzと32bitに対応した光デジタルケーブルがおすすめです。対応する機器や音源が必要となりますが、用意できればハイレベルな音が体験できます。また、最高音質のハイレゾ音源も楽しめるのもポイント。高音質再生に対応した環境を作る必要もありますが、音質を妥協したくない方にピッタリの光デジタルケーブルです。

光デジタルケーブルのおすすめブランド・メーカー

audio-technica(オーディオテクニカ)

低価格ながらも音質や耐久性に優れた光デジタルケーブルが魅力

audio-technicaはイヤホンやヘッドホン、音響機器を製造する日本のメーカーです。リーズナブルな価格ながらも、使いやすく音質に優れた光デジタルケーブルを製造しています。光デジタルケーブルが初めての方でも安心して使える、高品質なケーブルが魅力のメーカーです。

AUDIOTRAK(オーディオトラック)

グラスファイバーをリーズナブルな価格で楽しめる

パソコン向けオーディオや、デジタルデバイス向けのアクセサリなどを手掛ける人気ブランドです。音質や性能に優れたケーブルをリーズナブルな価格で提供しており、オーディオ上級者から初心者まで幅広いユーザーから親しまれていますよ。光デジタルケーブルは、コア材にグラスファイバーを使用したモデルをミドルクラスの価格帯で販売しています。

サエクコマース

音質重視の高性能光デジタルケーブルを製造するメーカー

サエクコマースは45年以上の歴史を持つ、オーディオ関連機器の製造を行う日本のメーカーです。光デジタルケーブルは高音質タイプが中心で、純石英を使用した高級モデルも販売していますよ。音質にこだわりたい方にぴったりの、光デジタルケーブルを製造するメーカーです。

audioquest(オーディオクエスト)

高音質で高コスパの光デジタルケーブルが特徴

カリフォルニア州に本社を置く、高音質なオーディオケーブルを製造するメーカーです。光デジタルケーブルでは、お手頃価格ながらも高級ケーブルにせまる音質のモデル、音質を追求したモデルなどを販売。音質を重視する方や、コスパに優れた光デジタルケーブルが欲しい方にピッタリのメーカーです。

おすすめ&人気の光デジタルケーブルランキング

低価格帯でおすすめの光デジタルケーブル

YouZipper-AOP-20 (680円)

耐久性に優れた気軽に使える光デジタルケーブル

角型プラグが2個付いたタイプの、リーズナブルな光デジタルケーブルです。コア材には使い勝手と耐久性に優れた、プラスチックファイバーを使用しています。また、防塵キャップも付属しているので、安心して使えるのが特徴ですよ。

長さは2mと、リビングでも余裕を持って使える長さを持ちます。レコーダーやテレビ、ゲーム機にも幅広く対応しており、スペックも標準的なので手軽に使えるのもポイント。リーズナブルで耐久性に優れた光デジタルケーブルが欲しい方におすすめです。

Amazon-Amazonベーシック 光デジタルケーブル1.8m (746円)

プライベートブランドならではの低価格高品質を実現

リーズナブルな価格ながらも、耐久性の高い被膜や金メッキ加工を採用したコストパフォーマンスに優れた光デジタルケーブルです。ケーブルも太めに設計されているため、衝撃や折り曲げにも強いのが特徴。また、プラグ部分が持ちやすい形状になっているので、抜き差しも簡単です。

1年のメーカー保証が付いているのもポイント。1.8mと使いやすい長さなので、オーディオ機器だけでなくゲーム機やホームシアター用としても使えますよ。価格を抑えながらも、高い品質を持った光デジタルケーブルです。

audio-technica-AT-OPX1 1.5m (1,645円)

耐久性と音質に優れた高コスパ光デジタルケーブル

イヤホンや音響機器で人気の日本のブランドaudio-technicaが手掛ける、コストパフォーマンスに優れた光デジタルケーブルです。プラグ部分は、耐久性のあるメタル素材を採用。持ち手部分はラバーグリップが付いているので、差し込みやすく、ケーブルの振動も抑えてくれますよ。

プラグの先端はラウンド加工が施され、光の伝達に優れた丸い形状になっています。プラスティックファイバーのコア材を持つほか、防塵キャップも付属しているので、接続や保管も安心して行えますよ。リーズナブルな価格ながらも、高い耐久性と音質を持った光デジタルケーブルです。

CableCreation-光デジタルケーブル1.8m (1,099円)

耐久性と取り回しに優れた光デジタルケーブル

音質や耐久性に優れた、リーズナブルな価格の光デジタルケーブルです。プラグ部分には純度が高い24K金メッキが施され腐食に強く、信号の劣化を抑える設計になっています。プラグ先端部分には凸レンズ端子を採用し、光を使ったデータ伝達の効率を向上させていますよ。

被膜はポリ塩化ビニルで構成することにより、高い耐久性と柔軟性を実現。また、保護キャップも付いているので、キレイな状態を保ったまま保管できるようになっていますよ。24ヶ月のメーカー保証も付属するなど、品質が高く安心して使える光デジタルケーブルです。

JVC-XN-110SA (1,515円)

信頼性が高いシンプルな使い心地のケーブル

音響機器で高い評価を受ける日本のメーカーJVCが製造する、高品質な光デジタルケーブルです。耐久性と柔軟性に優れた被膜を採用しているので、使い勝手も良いのが特徴。保護キャップはケーブルに固定されているため、紛失しにくいのもポイントです。

ケーブルは1mと、ゲーム機やテレビにも使いやすい長さです。角型プラグが2個付いたタイプで、指で触れる箇所は力が入れやすい構造になっていますよ。シンプルで高品質な光デジタルケーブルが欲しい方にピッタリのケーブルです。

光ミニプラグタイプでおすすめの光デジタルケーブル

フジパーツ-FCA-HK10AB (1,410円)

優れた耐久性と伝達性能が魅力

片方に光ミニプラグ、もう片方に角型を備えた、光デジタルケーブルです。有害物質の使用制限RoHS指令にも対応した設計で、使用や処分も安心して行えるのが特徴。価格もリーズナブルなので、気軽に使えるケーブルです。

プラグ先端部分には球面加工が施され、光の伝達に優れた形状になっています。また、収納時に便利な、保護キャップも付属していますよ。シンプルな性能と、安心して使える設計が魅力の光デジタルケーブルです。

ALPHA DESIGN LABS-OPT-MM0.18 (6,831円)

ハイレゾ対応の高耐久光デジタルケーブル

高品質なプラスチック光ファイバーをコア材に使用した、音質に優れる光デジタルケーブルです。24bitと94kHzが伝送保証されているため、ハイレゾ音源の再生にも対応。被膜はポリエチレンとポリ塩化ビニルの2重構造を採用し、光が漏れにくく音質劣化も防ぐ構造になっています。

また、被膜の外側はナイロンで保護されており、防振性や耐久性が高められているのもポイントです。プラグが付いているハウジング部分は銅合金で作られ、オーディオケーブルらしい高級感のルックスになっていますよ。高品質な光ミニプラグ付きの光デジタルケーブルが欲しい方におすすめのケーブルです。

audioquest-FOREST 0.75m (5,250円)

上級ケーブルにもせまる音質を持つコスパに優れた光デジタルケーブル

高音質ながらも、お手頃な価格を実現した光デジタルケーブルです。音質重視の設計で、輪郭がはっきりとしたサウンドが特徴。また、音の分離感が良く、細かな音まできれいに伝達してくれるので、オーケストラやビッグバンドの音楽を聴くときにもピッタリですよ。

コア材にはプラスチック系の合成ポリマーを採用し、高い耐久性と取り回しやすさを実現しています。プラグ形状も光ミニプラグと角型プラグの両方が付いているので、小型オーディオと大型スピーカーの接続にも対応できます。音質とコストの低さの両方を実現した、おすすめの光デジタルケーブルです。

サエクコマース-SUPRA-ZAC-MINI (10,890円)

ハイレゾの高音質再生が可能な音質重視ケーブル

高音質なハイレゾ音源に採用される、24bitと192kHzに対応した光ミニプラグ搭載のケーブルです。樹脂ファイバーを独自の技術で研磨し、グラスファイバーと同等の伝達性能を実現しています。外部ノイズを高精度で遮断する設計であるためノイズも少なく、快適に音楽を楽しめるのが特徴。

プラグ先端には金メッキが施されているため、酸化や腐食にも強いのもポイント。プラグとケーブルの接続部分も衝撃や断線に強い設計になっているため、安心して抜き差しが行えますよ。光ミニプラグ対応機器を使って高音質なハイレゾ音源を楽しみたい方にピッタリのモデルです。

高音質でおすすめの光デジタルケーブル

audio-technica-AT-EDP1100 (5,101円)

耐久性に優れた気軽に使える高音質ケーブル

ハイレゾ音源の高音質再生に対応した光デジタルケーブル。192kHzと24bitに対応し、ハイレゾの信号を忠実に再現することができます。コア材はプラスチックファイバーですが、伝達性能に優れた高品質なものが使われ、ワンランク上の音質を実現しています。

プラグのピン部分は剛性に優れ、信号の揺れを抑えるメタルフェルールを使用。加えて金メッキも施されているので、酸化や腐食にも強くなっています。被膜もノイズや光の漏れを防ぐ設計になっているため、安定した音質で音楽を楽しめますよ。

AUDIOTRAK-GLASS BLACK 2 PLUS 1M (6,140円)

グラスファイバーの音質をお手頃価格で楽しめるのが魅力

高純度のグラスファイバーをコア材に使用した、音質重視の光デジタルケーブルです。32bitと384kHzという、最高音質のハイレゾ音源にも対応する性能を持っています。ガラス素材ならではの劣化やノイズが少ない信号伝達が可能なため、音楽や映画の鑑賞も快適に行えますよ。

被膜は柔軟性があり、振動に強いポリ塩化ビニルを使用。加えて耐振材や緩衝材を使ってコア材をカバーしているため、ガラス材のケーブルながらも高い耐久性を実現しています。耐久性に優れた、高音質ケーブルが欲しい方にピッタリの光デジタルケーブルです。

フジパーツ-VM-4069BK 1.5m (5,490円)

7000本もの繊維を使ったコア材により高級ケーブルに近い音質を実現

芯線が7000本のアクリル繊維を束ねた構造になっている、伝達性能にすぐれた光デジタルケーブルです。この構造により低音から高音までをバランスよく伝達でき、臨場感のあるサウンドが出せるようになっています。もちろん、192kHzと24bitにまで対応しているので、ハイレゾ音源の再生も可能です。

芯線の上に銅素材のホースが取り付けられているシールドケーブル構造を採用し、ノイズを抑えているのもポイント。また、端子のハウジング部分にはスプリングが内蔵されているため、使用中の振動も抑えられていますよ。ノイズの少なさと、音質の高さが魅力のコストパフォーマンスに優れた光デジタルケーブルです。

サエクコマース-OPC-X11-2.0 (85,635円)

純石英コアを使用した最上位モデル

最高音質で音楽を楽しみたいという方にピッタリの、高級光デジタルケーブルです。精密な研磨で仕上げらた純石英をコア材に使用しているのが特徴で、豊かな低音域とクリアなサウンドを実現しています。伝達性能にも優れているため、ハイレゾ音源も快適に再生できますよ。

また、インプットとアウトプットの向きが設定されていることも特徴。この向きは予め測定された接続品質や減退量などをもとに決められており、指示通りに接続するとケーブルの性能をフルに生かせるようになっています。ノイズも少なく、音質にも優れたサエクコマースのハイエンドケーブルです。

光デジタルケーブルの使い方

再生機器の光デジタル音声入力端子にケーブルのプラグを接続

光デジタルケーブルは基本的に接続するだけで使えるケーブルですが、接続にはいくつかのポイントがあります。スピーカーなどの再生機器に接続するときは、まず電源がオフになっているか確認します。オフになっていたら、入力やインプットと書かれた端子とケーブルのプラグの形状を確認し、向きを調整しましょう。最後に無理な力を加えないように、真っ直ぐ差し込んだら接続完了です。

もう片方のプラグは出力機器の光デジタル音声出力端子に接続する

再生機器に光デジタルケーブルを接続したら、次は音声を出力する機器に接続しましょう。向きの確認や電源を切るなどの手順は同じで、出力機器の場合はアウトプットや出力と書かれた端子に接続します。電源を入れ、正常に音が出せれば光デジタルケーブルのセッティングは終了です。

変換アダプタを使用すれば角型とミニプラグの両方に対応可能

小型のオーディオ機器に興味がある、端子の形状を気にせず機器を選びたいという方には、変換アダプタがおすすめです。変換アダプタは角型プラグの先端に装着すると光ミニプラグとして使用できるもので、ケーブルの買い替えの手間を減らしてくれます。付属品として付いている場合もありますが、高価なケーブルを使っているのであれば、品質の良い変換プラグを用意しておくと同等のクオリティで音楽を楽しめますよ。

まとめ

用途に合った耐久性や音質を持つ光デジタルケーブルがおすすめ

光デジタルケーブルは、用途に合った性能を持ったものがおすすめです。ライトな利用の方は使いやすく耐久性のあるケーブル、音質を重視する方は伝達に優れたコア材を使用したケーブルを選ぶと快適に音楽を楽しめますよ。音質と耐久性の両方にこだわりたい場合には、被膜が丈夫なものや高い精度で仕上げられたプラスチックファイバーを使用したケーブルを選ぶと良いでしょう。また、購入前には自宅のスピーカーや再生機器の端子形状を確認することも重要です。ぜひ今回の選び方やおすすめモデルを参考にした、快適な音楽ライフを過ごしてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*