おすすめのBMX用ヘルメット人気比較ランキング!【キッズ用も】

アクロバティックなBMXでは、転倒や衝突が心配ですよね。そんなとき、BMX用ヘルメットを被っていれば、衝撃を抑えてしっかり頭部を守ってくれます。今回は、おすすめのBMX用ヘルメットをランキング形式でご紹介します。BMX用ヘルメットには様々な形や重さがあるので、種類や選び方も解説します。ぜひお気に入りのBMX用ヘルメットを見つけて、安全に思いっきりBMXを楽しんでくださいね。

BMX用ヘルメットの特徴

激しい接触や高いジャンプの転倒から頭部を守る

レースで激しく接触したり、ジャンプ台を使って高く跳んだりするBMX。子供から大人まで楽しめますが、大きな怪我を負う可能性のある競技でもあります。BMX用のヘルメットは、様々な角度からの衝突や転倒から頭部を守ってくれますよ。

レース用ならマウンテンバイク用ヘルメットも使える

BMXレースでは、フルフェイスタイプのヘルメットが必要です。オートバイ用ヘルメットを使用する人もいますが、重くて疲れやすいというデメリットがあります。マウンテンバイク用ヘルメットのフルフェイスタイプなら、頑丈で軽量なものがたくさんありますよ。

BMX用ヘルメットの種類

フルフェイスタイプ

レースにはより安全性の高いフルフェイスタイプが必須

BMXレースでは、長袖長ズボンやグローブの他、フルフェイスタイプのヘルメットの着用が義務付けられています。オフロードをかなりのスピードで他選手と一緒に走るので、より安全性の高いヘルメットが必要だからです。フルフェイスタイプは、後頭部や顔面がしっかり守れます。

最近は軽量化が進み、フルフェイスタイプとは思えないほど軽いものもありますよ。しかし、軽量なものでも基本的にオープンフェイスタイプよりも重いので、レースに出たい人は普段からフルフェイスタイプの重さに慣れておきましょう。また、BMXを始めたばかりの子供もフルフェイスタイプだと安心です。

オープンフェイスタイプ

フリースタイルや練習でも必ず頭部の保護を

顔周りが覆われていないオープンフェイスタイプは、軽量で通気性が良いのが特徴です。フルフェイスタイプよりも気軽に着用できますよ。フリースタイルの大会でもヘルメット着用が義務ですが、オープンフェイスタイプが許可されています。

レースほど安全性に配慮しなくて良いとはいえ、フリースタイルも高いところからの転倒の可能性があります。必ずヘルメットで頭部を保護することが大切です。少しだけ乗るときや簡単な練習するときなら、オープンフェイスタイプの方が、気軽に保護できますね。

BMX用ヘルメットの選び方

安全性で選ぶ

大会に出るならJCF公認マークがあるものを

JCFとは、日本の自転車競技を統括している、日本自転車競技連盟のことです。JCFの安全基準を満たしているヘルメットには、JCFの公認マークが付いています。日本自転車競技連盟および加盟団体の主催する大会では、JCFに公認されたヘルメットがないと出場できません。大会を目指している人は、JCF公認マークの付いたヘルメットを選びましょう。

本格的に取り組むなら安全性の高いフルフェイスタイプを

BMXでは、顔面や顎から着地したり、あおむけに倒れたりすることもあります。本格的にトリックの練習をするなら、安全性の高いフルフェイスタイプを着用しましょう。試しに少しやってみる程度であれば、首や肩への負担が少ないオープンフェイスタイプのほうが良いこともあります。乗り方や練習内容によって、フルフェイスタイプとオープンフェイスタイプを使い分けましょう。

通気性で選ぶ

ベントホールがあると通気性が良くなる

ヘルメット内部は蒸れやすく、直射日光も浴びるため熱中症が心配です。蒸れや暑さが気になると、集中力が持たず事故につながる可能性もあります。通気性を良くするために、空気の通り道であるベントホールがあるヘルメットを選びましょう。特に夏は通気性の良いものの着用がおすすめです。ベントホールが多いほど涼しくなりますよ。

インナーパッドは吸水性や速乾性のあるものを

激しい動きの多いBMXでは、汗をたくさんかきます。汗はヘルメット内の蒸れの原因になるため、しっかり汗を吸い取ってくれるインナーパッドを選びましょう。防臭効果のあるものだと、臭いも抑えてくれます。インナーパッドを取り外せるヘルメットだと、定期的に洗って衛生的に使い続けられますよ。ヘルメット内部を快適に保つために、インナーパッドの機能もしっかり確認して選びましょう。

軽量性で選ぶ

移動が多いなら持ち運びやすい200gから400g未満

BMXは練習場所が限られているため、遠くまで移動して練習する人もいるでしょう。大会への持ち運びも考慮すると、ヘルメットは軽いほうが移動が楽です。200g程度のヘルメットなら、かなり軽量で持ち運びが簡単ですよ。400gくらいまでなら軽くて疲れにくいので、長距離の移動が多い人は重さの目安にしてくださいね。

安全性を重視するなら頑丈な400g以上

耐久性や耐衝撃性の高いヘルメットは、ずっしりとしたものが多くなります。安全性に重点を置いた頑丈なものは、最低でも400g以上の重さがあります。特にフルフェイスタイプは重量があり、中には1kg以上のヘルメットもありますよ。安全性の高いヘルメットでなるべく軽量のものがほしい人は、400gから500g程度を目安に選びましょう。

BMX用ヘルメットのおすすめブランド・メーカー

BELL(ベル)

子供用から大人用までラインアップが豊富

アメリカの老舗ヘルメットメーカーです。常に最新の安全性を追求しており、本社の品質管理施設には、あらゆる場面を想定した実験設備があることで有名です。高品質なものでも比較的手頃な価格で購入できますよ。子供用のヘルメットも多数あり、ラインアップが豊富です。

Bern(バーン)

ヘルメットをファッションとして楽しめる

安全性だけではなく、ファッションとしてのデザイン性にもこだわったヘルメットブランドです。アメリカのボストンで誕生しましたが、日本人の頭に合うよう調整されたジャパンフィットモデルも多数ありますよ。カジュアルな服装に似合うヘルメットを多く取り扱っているので、街乗りも楽しみたい人におすすめです。

PRO-TEC(プロテック)

多くのBMXライダーが愛用

世界的に信頼されているヘルメットメーカーです。1973年に創立され、その高い機能性やデザイン性は他のヘルメットメーカーにも大きな影響を与えました。軽量で安全性の高いモデルが多数ありますよ。BMXライダーの愛用者が多く、本格的にBMXを楽しみたい人におすすめです。

FOX(フォックス)

軽量で通気性の良いフルフェイスタイプが人気

オフロード用品を多数取り扱っているメーカーです。フルフェイスタイプのヘルメットが人気で、軽量で通気性が良いと評判ですよ。デザイン性にもこだわっており、ファッションブランドのSupremeとコラボした商品もあります。

おすすめ&人気のBMX用ヘルメットランキング

フルフェイスタイプでおすすめのBMX用ヘルメット

BELL-サンクション (14,355円)

比較的軽量で頭が小さめの人におすすめ

Sサイズで800g、Lサイズで900gと、フルフェイスタイプの中では比較的軽量。安全性と軽量性を両立した、疲れにくいヘルメットです。ベントホールが15個あるので、通気性も良く蒸れにくいですよ。

デザイン性も高く、マットなグレーと赤のコントラストがおしゃれです。もともとはユースサイズとして設計されたヘルメットなので、子供や頭の小さい人におすすめですよ。軽量のため、初めてのフルフェイスタイプを使う人にも適しています。

OGK KABUTO-IXA-C VICTAS (36,030円)

カーボン地を活かした個性的なデザインがおしゃれ

優れた重量バランスで、さほど重さを感じさせないヘルメット。カーボン地をそのまま活かしつつ、大胆に赤と白のラインをあしらった個性的なデザインが魅力です。インナーパッドや顎紐カバーは取り外しができますよ。

国内メーカーによるヘルメットなので、フィット感が調整しやすいです。日本人の頭に合わせたサイズ展開のため、初めてBMX用ヘルメットを買う人でもわかりやすいですよ。おしゃれでしっかりフィットするヘルメットがほしい人におすすめです。

7iDP-Project 23 Carbon Helmet (79,000円)

23個のベントホールで通気性抜群

バイザーの角度が調整できるため、ゴーグルやメガネと干渉しないヘルメット。インナーパッドが簡単に取り外しできるので、洗うときの手間もあまりかかりません。また、抗菌性があるため、臭いも抑えてくれますよ。

ベントホールが23個あり、フルフェイスタイプの中ではトップクラスの通気性の良さです。空気がしっかり循環するので、熱がこもりにくく、風を感じながら走行できますよ。ヘルメットの蒸れや熱気が気になる人におすすめです。

FOX-プロフレームヘルメット (42,408円)

MIPS搭載でトップクラスの品質

Mサイズで739gと、非常に軽量で長時間走行しても疲れにくいヘルメット。吸水性に優れたインナーパッドと24個もあるベントホールで、夏場でも快適に使用できますよ。まるでオープンフェイスタイプのような通気性の良さです。

多方向からの衝撃に対応できるシステム、MIPSが搭載されています。斜めからの衝撃にも耐えられるため、安全性がとても高いという特徴があります。少し値段は張りますが、安全性、通気性、軽量性の3つ全てトップクラスの高品質なヘルメットですよ。

SMITH-MAINLINE AC ROCKY MOUNTAIN ENDURO (45,100円)

細かいフィット感の調整が可能

独自の衝撃吸収素材のコロイドを使い、高い通気性を保ちつつ衝撃吸収性を向上させています。MIPSも搭載されているので、転倒や衝突による衝撃をかなり抑えることができますよ。重さもMサイズで770gと、軽量で首や肩へ負担があまりかかりません。

通気性も良く、サングラスやゴーグルが曇らないように設計されています。また、頬のパッドは3種類、首と頭部は2種類のパッドがあり、サイズを細かく調整できますよ。フィット感を合わせやすいおすすめのヘルメットです。

オープンフェイスタイプでおすすめのBMX用ヘルメット

Bern-Allston (10,999円)

ストリートに合う帽子のような見た目

大きめのベントホールで通気性が良く、また、インナーパッドは吸水性に優れています。フィット感の調整もインナーパッドでできますよ。後頭部までしっかり覆われている割には軽く、疲れにくいヘルメットです。

バイザーは角度の調整ができるので、視界が遮られることはありません。少し角度を下げれば、つばの付いた帽子のような見た目になりますよ。ストリートでBMXを楽しみたい人におすすめな、おしゃれなヘルメットです。

SMITH-HOLT (5,434円)

取り外し可能なイヤーパッドが便利

14個のベントホールに加え、メーカー独自のエアーフローシステムで通気性が良く、ゴーグルやサングラスが曇りません。脱着できるゴーグルロックも付いています。重量は550gと少し重めですが、その分耐久性と耐衝撃性に優れていますよ。

単色でバイザーのない、シンプルなデザインです。側面にはベントホールがないので、お気に入りのステッカーなど貼ってアレンジできますよ。取り外し可能なイヤーパッドが付いているため、寒い冬やスノーボードにもおすすめです。

PRO-TEC-CLASSIC SKATE ヘルメット (7,480円)

それぞれの頭の形に合うフィット感が好評

強度のバランスに優れたABS樹脂を使っており、高い耐衝撃性が特徴です。また、11個のベントホールが蒸れを防いでくれます。2層構造のインナーパッドも通気性と吸水性が良く、汗による臭いを防いでくれますよ。

フィット感に定評のあるヘルメットで、頭のサイズや形をあまり選びません。日本人の頭の形にもきちんとフィットしますよ。スタイリッシュな男女問わず似合うデザインも嬉しいですね。軽量で動きやすく、初心者におすすめのヘルメットです。

INDUSTRIAL-ヘルメット (4,380円)

飽きの来ないシンプルなデザイン

日本人の頭に合う形で、違和感なく被れます。フィット感は顎紐で調整ができますよ。サイズの種類が豊富なので、子供から大人まで使用できます。また、インナーパッドは取り外し可能なため、洗って清潔に使えますよ。

ベントホールとロゴのみの、飽きの来ない見た目です。ステッカーでのカスタムが楽しめるため、オリジナルのデザインにできますよ。リーズナブルな価格で購入できるので、お試しでBMXに挑戦してみたい人におすすめです。

IZUMIYA-ヘルメット (4,180円)

超軽量で疲れにくい

フリーサイズのヘルメットで、後頭部のダイヤルで簡単にサイズが調整できます。老若男女関係なくフィットしますよ。また、ベントホールが18個あるため、ヘルメット内部に風が行き渡ります。バイザーとインナーパッドは脱着可能です。

重量はバイザー装着時で215gと、非常に軽くて快適です。長時間の走行や移動が多いときでも疲れにくいですよ。クッション材が内側に付いているため、被り心地もソフトです。気軽に使えるので、通勤や通学など、街乗りでも使用したい人におすすめですよ。

キッズ用でおすすめのBMX用ヘルメット

GOSK8-子供用ヘルメット (3,190円)

長く使えるリーズナブルなヘルメット

リーズナブルな価格で、幼稚園から小学校中学年くらいまで使えるヘルメットです。頭部のサイズは48cmから56cmまで自由に調整できますよ。カラーは全部で5色あり、ピンクやターコイズなど、女の子が喜ぶ色もあります。

後頭部のアジャスターダイヤルで、頭周りの締め付け具合が変えられます。ダイヤルを回すだけなので、子供が自分で調節できますよ。3歳から10歳まで、フィット感を調整しながら長く使うことができます。

Bern-ニーノ (6,399円)

個性的なデザインが豊富

継ぎ目がなく耐衝撃性に優れていて、転びやすい子供でも安心です。フィット感はインナーパッドで調整できますよ。また、インナーパッドの吸水性も良いため、汗をしっかり吸い取りヘルメット内部を快適に保ちます。

単色で大人っぽいシンプルなデザインから、飛行機やジグザグ模様の派手なデザインまでありますよ。バイザーは角度の調整ができ、帽子のつばのようになります。かっこいい見た目で、男の子におすすめです。

SMITH-ZOOM JR (8,844円)

大人用のようなデザインで軽量

アメリカとヨーロッパ、両方の安全基準を満たした高品質なヘルメットです。軽量ながら頑丈で、アクティブに動き回っても、快適さを保ったまま衝撃から保護してくれます。ヘルメット内部の風通しも良いですよ。

イヤーパッドが付いており、寒い日でも耳が冷たくなりません。取り外しできるので、暑い日は外したり、汚れたら洗ったりできますよ。大人用とあまり変わらないデザインで、小学校高学年くらいの子供におすすめです。

Bern-BANDITO (7,680円)

インナーパッドは繰り返し洗える

12歳くらいの子供向けのヘルメットです。後頭部のアジャスターでサイズの微調整が可能です。成長期でも長く使えますよ。インナーパッドは耐久性があり、繰り返し洗ってもボロボロになることなく使えます。

軽量で耐衝撃性のあるポリスチレンフォームを使用しています。安全性も軽量性も優れていますよ。他メーカーのものに比べてより広い範囲を覆っているので、本格的にフリースタイルに取り組む子供におすすめです。

Natuway-フルフェイスヘルメット (7,875円)

外せるチンガードが便利

3歳から10歳くらいまでが対象のフルフェイスタイプです。チンガードが外せるので、オープンフェイスタイプとしても使えます。乗り方に合わせて両方の使い方ができるため、コストパフォーマンスの良いヘルメットですよ。

フルフェイス時で約400gの重さで、子供の細い首にもあまり負担がかかりません。サイズの調整も可能です。顎や顔面の保護ができ、チンガードを外せば気軽に使えるので、BMXを始めたばかりの子供におすすめですよ。

まとめ

通気性が良く軽量なBMX用ヘルメットがおすすめ

BMX用ヘルメットは、通気性と軽量性の優れたヘルメットがおすすめです。蒸れが気になったり重さで疲れたりすることなく走行できます。BMXレースではフルフェイスタイプが必要なので、大会を目指している人はフルフェイスタイプを購入すると良いですよ。今回はおすすめのBMX用ヘルメットをランキング形式でご紹介しました。ぜひ快適に過ごせるヘルメットを見つけて、BMXを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*