おすすめのエギングライン人気比較ランキング!【デュエルも】

初心者でも手軽に楽しめるイカ釣りとしてエギングが空前のブーム。疑似餌を使いイカを攻略するため、釣果に直結するラインの選定がとても重要です。ダイワやシマノ、よつあみなど多くのメーカーが高性能なエギングラインを発売中。そこでエギングラインの基本から選び方、人気ランキングまでをまとめてみました。エギングライン購入の参考にしてはいかがですか。

エギングラインの特徴

強度と感度を備えたアオリイカ釣り用ライン

アオリイカを釣る一点に特化して開発されたエギングライン。エギをより遠くに飛ばし、自在に操るためのツールとしてエギングには欠かせません。擦れや摩耗に強いだけでなく瞬時にアタリがわかる感度も兼ね備えた高性能なラインです

アタリが分かりやすくエギング初心者にも使いやすい

初心者でもエギングを楽しむことができるのは、エギングラインの性能のおかげと言っても過言ではありません。アタリが分かりやすいので合わせのタイミングも容易です。ラインの伸びがなくシャクリを入れやすいのは初心者にもうってつけ。釣果にも影響する重要なアイテムです。

エギングラインの種類

PEライン

シャクリやエギアクションでアオリイカを攻略

PEラインの登場でエギングは劇的に進化しました。細くて強度があり伸びが少ないためシャクリなどのアクションを容易にし、キャスト時の飛距離も大幅にアップ。今やエギングラインの主流としてほぼ全てのエギンガーに認知されています。

PEラインは1本の糸ではなく撚り糸構造になっていて、4本から8本の原糸で編み込まれています。4ブレイドや8ブレイドと呼ばれる所以で、今ではより細い12本の原糸が集まったPEラインも登場。強度や感度もさらに高く進化しています。

ナイロンライン

リーダーいらずでエギに直結でき初心者向き

PEラインが登場する前のエギングラインと言えばナイロンライン。シャクリ動作をしないズル引きのストップアンドゴー的な釣りに向いています。主役の座はPEラインに明け渡したもののコスト面での割安感は圧倒的。初心者のお試しレジャーとしてのエギングにはおすすめです。

ナイロンラインでのエギングはラインの伸びが大きくシャクリに不向きというデメリットもありますが、リーダーいらずという点にも注目。エギとナイロンを直結できるので、FGノットなど難しい結び方を覚える必要がありません。1.5から3号のラインで足元を攻めるがおすすめですね。

エギングラインの選び方

ラインが浮くか沈むかで選ぶ

シャローエリア攻略ならフローティングタイプ

数多く販売されているエギングラインの主流がフローティングタイプのPEライン。水に対して糸の比重が小さく水面に浮きやすく、水中でのトラブルが少ない特性をもっています。エギの沈下はゆっくりで底を取るよりも中層から表層にかけてのアクションに効果を発揮。障害物が多い浅瀬でキャストするのであれば、なおさらフローティングタイプがおすすめです。

強風下でのポイント狙いならサスペンドタイプ

サスペンドタイプは水に対しての比重が大きく、ラインそのものの沈下が速いのが大きな特徴です。風や潮流の影響を受けにくく、ボートエギングやティップランエギングでの使用がおすすめ。陸っぱりから遠目の藻場などを狙ったり確実にエギを着底させたりしたい時、悪条件でのエギング時にサスペンドタイプがあれば釣果アップにも期待が持てますね。

釣る時間帯で選ぶ

夜は色付きマーキングタイプでエギとの距離を把握

夜間にエギングをする場合、人間の目はかなり見ずらい状態になってしまいます。感覚で釣ると言っても夜エギング初心者にはキャストしたエギがどこにいるのか把握もできません。そんな時は一定間隔にマーキングがあるエギングラインがおすすめです。一般的には5Mもしくは10Mごとに目印が付いており、エギとの距離感を掴むのに有効的。さらにピンク系や白系のラインを選べばわずかな反応も目でわかるため釣果にも直結していきます。

イカが活性化する朝マズメ・夕マズメは視認性を重視

日の出と日の入りの頃、アオリイカは一日で最も活発な動きを見せてくれます。またエギへのアタックも多いので、釣果に直結するライン選びをしっかり行うことも大切。車の運転同様にマズメの時間帯は非常に見ずらいことから、エギングラインは視認性の良いカラーを選ぶのが攻略への近道です。海の色に近いブルー系は逆に見えずらいため、ピンクやイエロー、白系が特におすすめ。爆釣タイム目指すならエギングライン選びはキーポイントの一つですね。

シーズンで選ぶ

秋の小型アオリイカは細めのラインで数狙い

好奇心旺盛な小型アオリイカを狙う秋エギングは、数釣りの醍醐味を味わえるシーズンです。春に比べて小型のエギを使用するため、ラインの太さも0.6から0.8号の細めがおすすめ。中には0.4号の極細PEラインでアオリイカとファイトする猛者もいます。FGノットなどリーダーとの結び方をしっかり覚えれば、アオリイカとのやり取りも更にスムーズになりますね。

春エギングは太めのラインでキロアップ狙い

3月末辺りから始まる春エギングで狙うアオリイカは1kg以上の中物から大物も珍しくありません。狙う獲物の大きさに合わせてラインの太さを変えるのは釣りの鉄則で、春アオリ用のラインは0.8号以上の太さがベターです。ラインは釣果に直結するといいますが、春のエギングシーズンこそ確実なライン選びで爆釣といきたいところですね。

エギングラインのおすすめブランド・メーカー

ダイワ

初心者でも購入しやすい価格設定と汎用性

国内トップクラスの釣り具メーカーとして、エギング関連商品の品揃えも豊富です。エギングラインは独自技術によって開発されたPEラインが好評で、フロートやサスペンドタイプなど裾野が広いラインナップ構成。高品質ながらリーズナブルな価格も魅力的です。

シマノ

耐久性と性能に優れたトップメーカー

超低伸度技術で国内最強の地位を目指すシマノのエギングライン。耐久性と摩耗性能は上級者やプロも納得の仕上がり具合で、リーダーとの相性についても良好です。初心者はFGノットなどの結び方を覚えれば、ライン性能をフルに活かすことができますよ。

デュエル

エギングラインの完成度は業界トップクラス

エギの動きがダイレクトに釣り人に伝わるのがデュエルのエギングラインです。感度や操作性が高く自社のエギとの相性はもはや最強クラスとまで言われる程。新製品開発力も高く、ランキング上位のモデルも多数存在する人気のエギングラインメーカーです。

サンライン

信頼度高い老舗釣り糸メーカー

老舗の釣り糸メーカーとして常に高品質なエギングラインを提供してくれています。釣り具屋さんのおすすめ商品にも必ずと言っていいほどサンラインのエギングラインがラインナップ。長年培ってきた技術に裏付けされたラインへの信頼度は本物ですね。

おすすめ&人気のエギングラインランキング

初心者にもおすすめのエギングライン

ダイワ-UVFエメラルダスデュラセンサーLD+Si2 (1,364円)

ロングディスタンスでディープエリアも攻略

上級者から初心者まで幅広く使えるエギングラインとして、多くのエギンガーが愛用しています。200Mのロングディスタンス仕様のため、陸っぱりエギング以外にもボートエギングでのディープエリア攻略にもおすすめ。ライントラブルが少ない新原糸PEを採用し初心者でも安心してキャスティングできるのがいいですね。

夜エギングなどラインが見えにくい条件下では10Mごとに色分けされたこだわりのマーキングが威力を発揮します。エギとの距離をしっかり把握することで、アオリイカをしっかりおびき寄せることを忘れません。またダイワのインターラインロッドやリールとの相性も良く、キャスト時の飛距離アップも期待できます。

サンライン-ソルティメイトPE EGI ULT HS4 (2,419円)

4ブレイドならではの高い摩耗性能

高い強度と耐久性を兼ね備えた4ブレイド構造のPEラインで、ライントラブルを回避したい初心者にもおすすめのエギングラインです。アオリイカが連続してヒットした後でもラインの切れる心配が少ないのが特徴的。摩耗性能が高いので浮遊物などに接触しても、気を揉むことがありません。

上級者に限らず初心者でもアオリイカのアタリや引きを楽しむのは、エギングをする上での大きな醍醐味です。そんな醍醐味を身近に手繰り寄せて味合わせてくれるエギングラインの一つがこのソルティメイト。0.3から1.5号までラインナップも豊富なため、号数によって違う様々なダイレクト感を気軽に体感できます。

デュエル-ハードコアX4エギング (1,480円)

強いコシで効率よくエギを動かす

ナイロンに比べてラインの伸びが少ないPEラインを使用しているので、エギアクションした時の運動伝達率の良さが特徴。人気エギメーカーが発売しているラインならではのトータルバランスに優れ、ビギナーからも高い評価を受けています。また4ブレイドの強さはアオリイカとのバトルをより楽しくしてくれます。

ロングキャストにも対応した150M巻き仕様は、5Mごとにマーキングがしてある親切な仕様。初心者が距離を掴みやすく、少し沖にある藻場などを思い切って攻めてみたくなるエギングラインです。PEとしてはコストパフォーマンスの高い商品なので道具にかける費用を少しでも抑えたい時に使ってみるのもありですね。

ユニチカ-キャスラインエギングスーパーPEⅢ X8 (3,696円)

強力かつ強靭でロングキャストにも対応

四つ編みならぬ8本編みで作られたスーパーPEラインは、初心者のエギンガーでも強力かつ強烈なライン性能が手に取るようにわかります。障害物との擦れや接触にも強く、堤防だけでなくボートや筏でのエギングでの使用もおすすめ。初心者にありがちなライントラブル少ないのが特徴的です。

エギングをする上で高いライン性能は釣果に直結します。時にはハード、時にはソフトにエギを操つるためラインにかかる負担や摩耗は相当なもの。スーパーPEは長年培ってきたユニチカの技術がつまった高性能エギングラインで、安心して使用できるラインの一つです。

よつあみ-YGK G-SOULエギイカメタル (2,167円)

抜群のマルチ性能を発揮しイカを一撃

イカメタルゲーム用に開発されたPEラインですが、ボートやティップランなどエギング全般にも完全対応したラインです。従来のG-soulPEをリファインし、感度や耐久性だけでなく飛距離も大幅にアップ。ライン自体が扱いやすいため、キャストした時のトラブルが少ないのはよつあみ製品ならではの特徴です。

初心者のライン選びはとても難しいものですが、初めてエギングをする場合のラインとしてもこちらはおすすめ。リーズナブルな価格設定は大きな魅力の一つで期待の大きな存在です。何よりも号数と長さの組み合わせで15種類ものラインナップは見逃せません。

フロートタイプでおすすめのエギングライン

デュエル -アーマードF+Proエギング (2,464円)

擦れと摩擦にめっぽう強くハードなシャクリにも対応

海水面に浮くラインでありながらエギをしっかり着底できるため、ジャークを多用するエギンガーからの信頼も厚いラインです。派手なエギアクションでアオリイカをおびき寄せるだけでなく、ソフトジャークな場面でも活躍することも忘れません。浮遊物や障害物を恐れることなくキャスティングできるのがいいですね。

特に擦れに対しての耐久性は既存PEラインの耐久性と比べ2倍の性能を誇っています。またラインの水なじみやハリ、飛距離などエギングラインに求められる性能を高い次元で確保。同じ釣場にいるエギンガーに対してのアドバンテージになり得る究極モデルです。

メジャークラフト-弾丸ブレイド4本編みDBE-4 (2,117円)

コストパフォーマンスに優れた新設計PEライン

コスト重視で選ぶなら必ず候補に名前が挙がるPEラインで、ロッドメーカーならではのこだわりが詰まったモデルです。新設計の4ブレイドとダイレクトに操作が可能な低伸度は、強度と摩耗に強いことが求められるエギングにうってつけ。リーズナブルな価格なのに日本製なところがいいですね。

ライン表面にコーティングし適度なハリを持たせることで初心者でも扱いやすい仕上がりを実現。ガイドへラインが絡まるトラブルも極力起きないように配慮がなされています。扱いやすさだけでなくシャローエリアを果敢に攻める際にも感度の高いエギングラインとしておすすめです。

ゴーセン-エギ人SP8 (2,816円)

プロも納得のエギング特化型フロートタイプ

アオリイカを釣るためだけに開発されたモデルで、強度の高い8本編み込み構造のPEラインです。プロエギンガーからの評価も高く、初心者から上級者まで幅広いアングラーが使用中。ラインの伸びを極力抑えることが可能で、アタリを確実に体感できるのも魅力的です。

ラインは視認性の高いクリスタルイエローのカラーを採用。昼間だけでなく夕方や夜間の時間帯に活躍の場を広げてくれますよ。小型の秋アオリから春の大物狙いまで1年を通して使えるラインナップの豊富さも選ばれる理由の一つです。

モーリス-バリバスAVANIエギングプレミアムPE (1,782円)

アオリイカのエギへのアタックを素早く察知

メーカー独自の四つ編み工法でバランスに優れ、安定した強度を実現した期待の高いモデルです。ラインにフッ素コーティングが施されて、ガイドとの摩擦を大幅に低減。キャスティン時にストレスなく飛距離を稼ぐことができます。

アオリイカがエギに触れるわずかな振動をもダイレクトに伝える高い感度が人気の理由です。ピンクベースのマーカーラインを採用することで、目視でのエギングにも効果的。引っ掛かりやすい藻場や障害物が多いエリアでのキャストもストレスなく楽しめますよ。

シマノ-セフィア+8 (2,497円)

強力と低伸度を極めたPEラインの王道

糸を均一に編み込んだ独自工法でキャスト後のラインの伸びを最大限抑え込んだモデルです。釣果の実績が多くエギンガーからの評価も高いのはトップメーカーでもあるシマノならでは。一度手にしたら継続して使いたいのも頷けます。

初心者が使いやすいように配色パターンでラインの見さすさを実現。次のカラーが分かるように予告マーキングが施されており、エギとの距離も容易にわかります。リーズナブルなコストで扱いやすく、高機能なPEラインとしておすすめできるモデルですね。

サスペンドタイプでおすすめのエギングライン

シマノ-PEライン セフィアG5 (3,100円)

エギの沈みを早くする高比重PEライン

水に沈む高比重のエギングラインの中でも、とりわけ人気の高いモデルとしてエギンガーの間で認知されています。強風や早い潮流でのエギングに適しているのはもちろんのこと、海底付近でアオリイカをおびき出すのにもおすすめ。サスペンドタイプを普段使いするエギンガーも多数います。

縦方向よりも横方向でのエギアクションが得意で、ディープエリアでの感度もフロートタイプに負けてはいません。特殊フッ素繊維を5本編み構造にすることでサスペンドタイプではトップクラスの高比重を実現。様々な環境下で使用できるのも魅力的ですね。

ユニチカ-キャスライン エギングPEⅡ (701円)

コストと性能バランス考えた魅力的モデル

長さ90Mとやや短く感じますが、PEラインとしての性能そのままに低コストを実現したモデルです。中でもサスペンドタイプであることがエギンガーにとっては魅力的。ラインが水に沈むことで風の影響をうけにくくなっています。

風の影響を受けにくいので初心者でも容易に扱え、深場を探るボートエギングにも適しています。ラインカラーが10Mごとに変わるためエギとの距離を測ることも可能。ライン出しがスムーズで糸絡みなどトラブルが少ないのも魅力ですね。

ダイワ-エメラルダスセンサーSSⅡ+Si (1,780円)

ディープエリアで効果を発揮する人気モデル

PEとポリエステルを組み合わせた8本編みが高比重を生み出し、風や波の影響を受けにくくしてくれます。狙ったポイントを捉えることが容易なため、初心者が使うサスペンドタイプとしてもおすすめ。ディープエリアでのアオリイカ攻略に一役買ってくれます。

素材に使われているポリエステルがラインそのものにハリを与えてくれるので、キャスト時の操作性も良好。ガイドに絡みつくライントラブルもほとんどありません。視認性の良いオレンジカラーには一定間隔で黒マーキングがしてあるので分かりやすいですね。

ラインシステム-アオリイカ スーパーキャストX8 (3,234円)

視認性の高さはサスペンドタイプでトップクラス

視認性の高いカラーを採用し一定間隔にマーキングを入れることで高感度を実現。ディープエリアでのアオリイカのアタリを逃しません。メーカー独自の特殊表面コーティングで、風の影響を受けやすい釣場でも飛距離を稼ぐことが可能です。

飛距離を生み出す高密度な8本編みPEラインは、感度や強度性能も高く擦れに強いのも特徴です。イカが居そうな遠目のポイントに軽々キャスティング。上級者のみならず初心者でもストレスフリーでフルキャストできるのが魅力的ですね。

プロックス-PE-HSエギングX4 (1,299円)

リーズナブルな日本製PEライン

ディープエリアだけでなくシャローエリアでも効果を発揮する日本製のPEラインです。4本編み構造に低伸度設計はエギの持つ能力を最大限に有効活用でき、なめらかな表面で水キリ能力もアップ。エギンガーの期待を釣果という形で表してくれます。

ライントラブルが少なくメンテナンスすることでラインの寿命もしっかり延びてくれます。10Mごとに5色のカラーマーキングされているので、アオリイカのバイトゾーンも簡単に把握が可能。コストパフォーマンスの高いリーズナブルな価格設定が買う気を倍増させてくれます。

まとめ

釣場に合ったエギングラインがおすすめ

太さや長さだけでなく、色であったりフロートタイプやサスペンドタイプと言った具合に多くの組み合わせがあるエギングライン。釣場の形状や水深、環境によってライン選定するのがおすすめです。性能を加味しながら釣場に合ったエギングラインを選んで釣果アップを目指してみてはいかがですか。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*