おすすめの万年筆インク消し人気比較ランキング!【ガンヂーも】

万年筆を普段使いしている方には、欠かせない万年筆インク消し。様々なインクの色が綺麗に消せるよう、種類も豊富に展開されています。今回はそんな万年筆インク消しの、おすすめランキングとメーカーをご紹介。王道のものから特定の用途に特化したものまで、幅広くチェックできますよ。さらに詳しい特徴や使い方なども解説しているので、是非確認してみてください。

万年筆インク消しの特徴

化学反応を使ってインク自体を消す

万年筆インク消しは、含有成分の塩酸やシュウ酸、次亜塩素酸ナトリウムによって、インク内の酸化鉄を還元し、透明化させる化学反応を起こします。紙に染み込んだインク自体が見えなくなるので、きれいに修正できるのが大きな魅力でしょう。また、インク部分を擦ったり削ったりしないので、紙を傷付ける心配もありません。

細かい修正もきれいにできる

万年筆インク消しの成分は特定のインクのみに反応するので、紙に印刷され文字や、ノートの罫線などは消しません。訂正したい箇所のインクだけをきれいに消せるので、細かい部分や、傷付けたくない紙にも安心して使用できます。さらにペンタイプや刷毛タイプなどのものを選べば、細部にインク消しを塗り込みやすいですよ。

万年筆インク消しの種類

1液タイプ

インク消しと訂正専用ペンが付いている

1液タイプの万年筆インク消しは、インク消しの液体を出す部分と、インク消しが乾いた後から書き込む専用ペンが一緒になっています。ほとんどがペンの形状になっており、ペンの両端を使用するのが一般的です。修正した箇所の紙は、化学反応により万年筆で書き込むことができないため、訂正ペンが必要になります。

また、1液タイプはペンのように使用できるので、細かい箇所の修正がしやすいのも特徴。小さな文字や訂正箇所も、手軽に消すことができますよ。一方で容器が小さいため容量が少なく、大量の箇所の修正には適していません。使用頻度が少ない方や、持ち歩き専用の万年筆インク消しを探している方におすすめと言えます。

2液タイプ

2種類の液体の化学反応でインクを消す

2液タイプの万年筆インク消しは、インクの酸化鉄を還元する液体と、還元した酸化鉄を透明にする液体の、2種類に分かれているのが特徴。還元効果のある液体と、透明化効果のある液体を順番に塗ることで、インクを消すことができます。一般的に瓶やプラスチックボトルに入っており、1液タイプよりも大容量になっています。

容量が多いので、万年筆を普段使いしている方や、使用頻度が高い方におすすめです。大きめサイズなので持ち運びには向いていませんが、自宅用として固定で置いておくインク消しとして最適。2液タイプをメイン、1液タイプをサブのように使い分けるのも良いでしょう。また、液体を塗る順番を変えることで、消せるインクの色が増えるものもあり、汎用性にも優れています。

万年筆インク消しの選び方

持ち運びやすさで選ぶ

ペンタイプなら筆箱に収納できる

ペンタイプの万年筆インク消しは、少し太いマーカー程度の大きさなので、持ち運びが簡単。ペンケースや鞄などに入れられるので、出先でも手軽に使うことができます。また、コンパクトなデザインは自宅用としても場所を取らず、ペン立てや引き出しなどに、スマートに収納可能。省スペースを重視する方には特におすすめですよ。

プラスチック容器入りのものは軽量でかさばらない

容量が多めの万年筆インク消しを持ち運びたい場合には、軽量でかさばりにくいプラスチック容器のものが最適。また、プラスチックボトル入りのものは2液タイプが多いので、2つの小さなボトルが入る小袋やケースに入れて持ち運ぶとばらけないのでより良いでしょう。出先や仕事場などで万年筆を常用している場合には、特に重宝しますよ。

成分で選ぶ

体に害のない安全濃度のものを選ぶ

万年筆インク消しには、化学反応を起こす強い成分が含まれているので、しっかりと成分表記や分量を記載しているものを選ぶのがおすすめです。特にシュウ酸や塩酸などの還元作用のある成分や、次亜塩素酸ナトリウムなどの酸化作用を持つ成分は刺激が強いので、濃度が表記されていると安心です。また、使用する際には危険物として扱い、子供やペットが触れないように十分気をつけましょう。

揮発成分が多く含まれているものは乾きが早い

揮発成分が含まれているものは速乾性に優れているので、作業効率を重視する方におすすめです。揮発成分が含有している種類は、様々な万年筆インク消しのタイプで展開されているので、使いやすいものを選びやすいですよ。また、速乾性のあるものは、滲んだり紙がふやけたりする心配もないので、使い慣れていない方も安心して使えます。

消せるインクで選ぶ

自分の万年筆専用のものを選ぶと安心

万年筆インク消しは、同メーカーが販売しているインク専用のものや、特定の色のインク専用のものなども幅広く展開されています。使用しているインクに合わない万年筆インク消しを使用すると、インクが消えなかったり変色してしまったりすることもあります。自分の使用している万年筆インク専用のものが発売されていることもあるので、購入前にしっかりチェックしましょう。

水性と油性のどちらも消せる共用タイプも

インクには水で溶ける水性と、油分で溶ける油性のインクがあり、それぞれの成分は異なります。万年筆インク消しも水性と油性、それぞれのインクに合わせて成分が配合されているものがあるので、購入前に確認しましょう。中には、水性と油性どちらも消せる、共用タイプの万年筆インク消しもあるので、汎用性に優れたものを探している方にはおすすめです。

万年筆インク消しのおすすめブランド・メーカー

カズキ高分子

老舗の信頼の商品を復刻 

1935年に九十化成という文具メーカーが販売していた、ガンヂーという万年筆インク消しを受け継いで扱っています。古くから親しまれてきた万年筆インク消しで、消し心地は良く、ボールペン用も販売されています。また、ガンヂーの他にも、九十化成が開発した国内初の修正液も販売しており、実績のある万年筆インク消しを探している方におすすめですよ。

ライオン事務器

コスパが良いのでザクザク使える

オフィス用としての万年筆インク消しを取り扱っており、容量が多く、コスパに優れているのが特徴。作業中にザクザク使えるので、普段から頻繁に万年筆を使う方や、インクを修正することが多い職場環境などにおすすめです。修正後も、自然できれいに仕上がるので、書類や手紙などの。重要な紙面の修正にも安心して使用できますよ。

LAMY(ラミー)

細かい作業に向いた繊細な作り

ペンタイプの万年筆インク消しを扱っており、種類は太めから細め、インクの色別など、幅広く展開されています。小回りのきく使い勝手なので、細かい文字やモチーフの修正におすすめですよ。また、同社の販売する万年筆やペンのインクの修正に特化しているので、ラミー の文房具を使用している方は購入しておくと便利でしょう。

ペリカン日本

コンパクトでペン先も使いやすい

手軽に使えるコンパクトなペンタイプの万年筆インク消しを販売しており、インク消しをあまり使ったことがない方も、簡単に使うことができます。また、1液タイプなので反対側には訂正用ペンも付属。使い勝手に優れたデザインが特徴的です。また、同社の販売するインクとの相性も良いので、併用するのもおすすめですよ。

おすすめ&人気の万年筆インク消しランキング

コンパクトでおすすめの万年筆インク消し

ラミー-万年筆修正ペン L898-F ブルーインク専用 細字 (225円)

スマートなペン型で使いやすい

細字タイプのペン先が使いやすい、ペン型の万年筆インク消しです。普通のペンのサイズと変わらないので、ペンケースや鞄にコンパクトに収納しやすいのが魅力。持ち運びやすいので、出先などでインク消しを使う方などは重宝しますよ。手軽な使い心地は、万年筆インク消しを初めて使用する方にもおすすめですよ。

また、同社の販売するブルーインク専用なのも嬉しいポイントです。他のインクで書いた部分を誤って消したり、印刷や罫線がぼやけてしまう心配がありません。ブルーインクだけを消すことができるので、安心して細かい修正も行えます。ラミーの万年筆を、ブルーインクで常用している方におすすめと言えますね。

ラミー-万年筆修正ペン L898-B ブルーインク専用 太字  (264円)

単語や文章をまとめて修正できる

ペン型タイプなのでサイズはコンパクトながら、太めのペン先を採用しているので、大きめの範囲の修正も行えます。マーカーのように小回りもきき、サクサク使えるため、ペンケースなどに常備しておくのも良いでしょう。特に出先や職場などで万年筆を使用することがある方には、素早く修正が行えるのでおすすめです。

また、インク消しを出すペン先がマーカーのような形状になっているため、文を丸ごと消したり、大きめの文字やモチーフを消すのも簡単。万年筆で文章を書くことが多い方は重宝しますよ。加えてインク消しはブルーインク専用なので、他のインクを消してしまうことがないのも魅力。ブルーインクを常用している方は、持っておくと安心ですね。

ペリカン日本-修正ペン スーパーシェリフ (220円)

特定のインクだけをきれいに消してくれる

ロイヤルブルーのインク専用です。罫線や印刷などを消さずにきれいに修正できるのが特徴。同社のロイヤルブルーインクだけでなく、ラミー やモンブランを始めとする複数の文具メーカーが販売しているロイヤルブルーインクも消すことができます。

また、細くてコンパクトなペン型デザインなので、持ち運びが簡単なのも大きな魅力。出先で手軽に使用したい場合には特に重宝します。スリムながらも、インク消しの出るペン先は太めのマーカーのような形状を採用しているので、まとまった字や文も消しやすいですよ。利便性と省スペースさを重視する方におすすめです。

ファーバーカステル-インクイレーサー (220円)

消しゴムのように簡単にインクを消せる

万年筆インクを、消しゴムで鉛筆を消すかのように、簡単に消すことができます。修正液や修正テープのように、仕上がりが汚くなるのを避けたい場合に活躍しますよ。インク自体がすっきり透明になるので、見栄えが良いのが大きな魅力でしょう。反対側には訂正用ペンも付属しているので、サッと文や文字を修正できます。

また、マーカーペンのようなコンパクトなペン型デザインを採用しているので、持ち運びや収納が簡単なのも特徴。省スペースでハイスペックなので、万年筆を常用している方は、持ち歩き用やサブのインク消しとして持っておくのも良いでしょう。価格もリーズナブルなので、インク消しを使用したことがない人も試しに買いやすいですね。

ぺんてる-パワコレリフィル XZLR15-W (165円)

ボールペンのように小回りのきく使いやすさ

わずか0.7mm前後の細いペン先を採用しているので、細かい文字やモチーフの修正に最適。形状もボールペンのように持ちやすく、扱いやすいので小回りのきく使い勝手を実現しています。また、ペンケースやペン立てに収納できるデザインなので、持ち運びが簡単なのも嬉しいポイント。職場や出先でも手軽に使うことができます。

加えて細いペン先は、インク消しが出やすい構造を採用しているのも特徴。紙にペン先を軽く当てるだけで、インク消しがスムーズに出てきますよ。力をかける必要がないので、紙が痛みにくいのも嬉しいポイントです。コンパクトながらも本格的な使い心地で、しっかりと万年筆の修正ができるので、省スペースさと高性能さを重視する方におすすめでしょう。

大容量でおすすめの万年筆インク消し

カズキ高分子-ガンヂー インク消し 万年筆用 (770円)

頻繁に万年筆を使う方におすすめ

老舗メーカーから販売されていた、実績のある万年筆インク消しです。2液タイプで瓶に入っており、容量が多いのが特徴。万年筆を常用している、または、万年筆インクを使用した書類の修正などを行うことが多い場面で、メインのインク消しとして活躍しますよ。ザクザクと容量を気にせずに使えるので、コスパにも優れています。

また、消せるインクがブルーと、ブルーブラックに限られているのも特徴です。他のインクを消してしまったり、罫線や印刷モチーフをぼやけさせる心配がありません。加えて比較的インクの消える速度が早く、インクを消す威力が大きいのも魅力。素早くインクを消し、作業効率を落としたくない方にもおすすめですよ。

ライオン-万年筆用インキ消液 (462円)

ブルーブラックと赤インクだけを消したい時に活躍

2液タイプなので、たっぷり目の容量でザクザク使えるのが特徴。広範囲や量の多い修正や、日常的に万年筆を使用する環境で活躍しますよ。さらにインク消しは、ブルーブラックと赤インクの専用。専用カラーのインクを使用した、特定の箇所だけを修正できるので、他のインクや印刷を消す心配がないのも魅力でしょう。

また、水性のインクを消す用のインク消しなので、万年筆で水性インクを常用している際にも役立ちます。使用方法は、ブルーブラックは1液と2液を数字の順番通りに使用して消すことができますが、赤インクは逆の2液から1液順に使用します。使い慣れていない方は、使用方法や専用インクを、しっかりと把握して使用しましょう。

アイシー -プレミアムホワイト (715円)

インクのように使って文字を消せる

瓶にたっぷり入ったインク消しなので、万年筆を日常的に使用している方におすすめです。大型なので、メインのインク消しとして常備したい場合にも最適ですよ。特に同社の販売しているインクとの相性に優れており、滲まずにしっかりと修正することができます。アイシーのインクを使用している方は、購入しておくと便利でしょう。

また、白いインクのように使用するタイプなので、別途で刷毛やペン先が必要になります。使用時の手軽さには少々欠けますが、用意するカートリッジを自由に選べるので、細かい修正から広範囲の修正まで自由自在に行えますよ。加えて、揮発性にも優れているので、修正後にすぐに作業を進められるのも嬉しいポイント。

デリーター-インク ブラック (2,916円)

薄めの質感なのでベタつかず細かな作業ができる

薄めのインク消しなので、サラッとしていて素早く乾き、扱いやすいのが特徴です。濃い質感ではないので、繊細な作業を少しずつ進めたい時などにおすすめですよ。インクの様に刷毛やペン先を用意して使用するタイプですが、細かい作業には細いカートリッジ、広範囲の修正には刷毛を用意するなどと、用途によって使い分けができます。

また、容器がコンパクトなので、卓上に置いても圧迫感がないのが特徴。メインで使用する種類としてはかさばらないので、省スペースさを重視押している方には嬉しいポイントです。収納場所に困らずに、コンパクトに保管できますよ。

アートカラー-ミニボトルセット (506円)

インクとセットになっているので初心者にも使いやすい

黒インクと修正液がセットになっています。インクもインク消しに対応しているものを購入する手間が掛からないので、初心者の方も使いやすいでしょう。また、スターターセットの様にすぐに使い始められるので、インクでの作業に不慣れな方の、試し買いセットにも最適と言えます。

たっぷりめの容量でザクザク使えるのも大きな魅力。液体の伸びも良いので、使用感も快適ですよ。容量が多いゆえに、容器が少々かさばるので持ち運びにはあまり向いていませんが、作業机などに設置してメインで使用するインク消しにするのがおすすめです。インクを常用している方の普段使いとして重宝するでしょう。 

呉竹-ZIG Cartoonist WHITE INK 30 (440円)

隠蔽性が高いのできれいに修正できる

濃密な修正液でカバー力が優れているため、修正箇所をきれいに仕上げることができます。濃くはっきりとしたカラーのインクもしっかり消せるので、筆圧の強めの方や、インクをたっぷりと使用する方に最適です。さらに容量も30gとたっぷりめなので、ザクザク使用可能。修正箇所が多くても安心ですね。

安定感のあるコンパクトなケースを採用しているので、卓上で使用している際に倒しにくいのも嬉しいポイント。メインの万年筆インク消しとして、卓上に固定で配置するのもおすすめです。シンプルなデザインの容器なので、常時卓上に出していても圧迫感を感じませんよ。万年筆を普段使いする方は、使いやすいでしょう。

共用タイプでおすすめの万年筆インク消し

ライオン-ミスノンA-20 共用 ボトルタイプ (323円)

優れた速乾性で作業がスムーズに進む

油性と水性のインクを、両方消すことができる便利な共用タイプ。さらに速乾性に優れているので、作業効率を落としたくない方におすすめです。幅広いインクを消すことができるので、様々な種類のインクを使用する場合には重宝しますよ。使用しているインクの、専用のインク消しがわからない場合などに使用するのも良いでしょう。

また、蓋の裏に刷毛が付いていて、修正箇所にインク消しを塗りやすいのも大きな魅力。文字や単語などの細かい修正から、文章などの大きめな修正も十分に行えます。インク消しを塗った場所を消しゴムで擦れば、インク消しを剥がすことも可能。修正箇所を間違えてしまった場合なども、インク消し自体を取り除けるので安心です。

ゼブラ-修正ペン ボール ケスパケア  (330円)

極細デザインで細かな修正がしやすい

ペン型のコンパクトな形状が特徴で、細かい修正に特化しています。ボールペンの様に小回りのきく使い心地なので、手軽に素早く修正作業を行えますよ。書類や手紙などの文字ミス修正や、イラストなどのモチーフの微調整などで使いやすいでしょう。また、油性と水性の両方のインクを消すことができるので、修正するインクを選びません。

ペン型の形状なので、インク消しを押し出す様な感覚で使うのも大きな特徴。手の加減でインク消しの量をコントロールしやすいので、感覚的に作業を行えます。加えて、持ち運ぶ際や収納時にはペンケースやペン立てにコンパクトに入れられるので、使用しない時の省スペースさも魅力。出先や職場への持ち運びも簡単ですよ。

ぺんてる-修正ボールペン パワコレ (191円)

ノック式なのですぐに使えるのが魅力

ボールペンの様なノック式を使用した、コンパクトさが魅力です。カチッとペン先を押し出して、手軽で素早く修正することができますよ。特に、万年筆を普段使いしている人にとっては、消しゴム感覚で使用できるので重宝するでしょう。省スペースなので、ペンケースやペン立てなどに収納でき、持ち運びも収納も非常に簡単です。

また、カートリッジ式なので、使い切った後は詰め替えが可能。エコで経済的なのも大きな特徴でしょう。加えてノックで出し入れする0.7mmのペン先は、インク消しを出しやすい構造になっており、紙に触れるだけスムーズに液を出すことができます。本体を使用前に振るなどの余分な準備が必要ないので、作業がサクサク進みますよ。

ぺんてる-修正液 油性・水性インキ両用 (440円)

修正液を押出す構造なので感覚的に使いやすい

昔ながらの使いやすいブリスターパックに入っているので、インク消しを手の感覚的に出すことが可能。インク消しの量をコントロールしやすいので、細かい修正から広範囲の修正まで手軽に行えます。さらにインク消しは、水性と油性のインクの両方に対応しているので、幅広いインクを消すことができるのも大きな魅力でしょう。

また、内容量は18mlでサイズもコンパクトなので、持ち運び用のインク消しとして最適。出先でも手軽に使うことができますよ。価格もリーズナブルで購入しやすいので、インク消しを初めて使う方の、試しに買い用として選ぶのも良いでしょう。万年筆以外のインクにも十分に使用できるので、汎用性を求めている方にもおすすめです。

まとめ

使用頻度やインクに合った万年筆インク消しがおすすめ

万年筆インク消しは、各メーカーのインクや使用頻度に合わせた種類が豊富に展開されています。自分の使用している万年筆インクや、使用頻度と照らし合わせて選ぶのがおすすめですよ。価格もリーズナブルなものが多いので、試しに1通り使用してみるのも良いでしょう。本記事を参考に、ぜひ自分の万年筆に合った万年筆インク消しを見つけてみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*