おすすめのトラウトライン人気比較ランキング!【渓流でも】

川や湖でトラウトと呼ばれるニジマスやイワナを釣る際に使用するトラウトライン。釣り方によってもラインを替える必要があります。さらに種類も沢山あって、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、おすすめのトラウトラインをランキング形式でご紹介致します。また、太さや色など選び方のポイントも詳しく解説します。どのラインを選べばいいのか困っている方は是非参考にして頂き、お気に入りのラインを見つけてくださいね。

トラウトラインの特徴

ニジマスやイワナなど川魚を釣るためのライン

様々な性格の川魚を釣る為に使用するのがトラウトラインです。例えば、川に生息するニジマスは気性が荒く欲張りな魚。イワナは臆病で何でも食べる魚です。それぞれの魚の釣り方も異なります。狙う魚の動き、性格にあったラインの選択が必要です。

使うラインの種類によって釣の結果が大きく変わる

トラウトラインには主に4種類あります。ラインに取り付けるルアーやロッドなどの特性と合わせて、適したラインを選ぶ必要があります。ラインそれぞれに違った特徴があります。そのため、釣り場や釣り方によって適したラインを選択することが、成果をだす秘訣となりますよ。

トラウトラインの種類

ナイロンライン

トラブルが少ないので初心者向け

ポリアミド素材からできており、やわらかくしなやかで伸びやすいのが特徴。魚がかかった際の急激な強い引きに対して、糸が伸びてショックを吸収してくれます。また、伸び縮みして常にテンションを張ってくれるので、魚が糸から外れて、ばらけづらいのがメリットのラインです。

比重は水よりやや重いので、水にゆっくりと沈むタイプ。吸水性があり、紫外線にも弱いので、定期的にラインの交換が必要なのがデメリットです。しかし、価格は安価なので、コスト的には頻繁に変えてもお財布には優しいですよ。さらに、障害物にひっかかっても回収率が高く、初心者から上級者まで快適に使える人気のラインです。

フロロカーボンライン

伸びにくく水に速く沈む

ポリフッ化ビニリデン素材からできており、少し硬めで伸びにくいのが特徴です。伸びが少ないので、ルアーからの振動が伝わりやすく、感度が良いのがメリットです。少し硬めでスプルーへの馴染みが悪いので、使用する日の一日以上前から巻いて馴染ませると使いやすくなりますよ。

比重は水より重いので、沈むスピードは速いタイプ。吸水性もほとんどなく、耐摩耗性にも極めて優れている特徴を持ちます。ボトムの釣りでは障害物で擦れても切れづらく安心ですよ。トップの釣りでも、風や波に流されにくいので、狙ったレンジを快適に操作できるラインです。

PEライン

細く伸びにくく感度が良い上に強度も強い

ポリエチレン素材からできており、しなやかで伸びないのが特徴です。伸びないので、ルアーからの振動が直に伝わり、感度が今回紹介する4つの中では一番高いタイプ。フロロカーボンとは反対に、スプルーへの馴染みが良く、紫外線にも強く、耐久性が高いラインです。

比重は水よりも軽いので、水に浮くタイプ。表面の空気抵抗も少ないので、飛距離を稼ぐことのできるラインです。また、傷がつくとラインブレイクをしやすいのがデメリット。そんな時は、ナイロンかフロロカーボンラインをリーダーとして接続すれば解決ができますよ。取り扱いが少し難しく価格も高めなので、大型トラウトを狙う上級者におすすめのラインです。

エステルライン

ほとんど伸びないので感度が良い

ポリエステル素材からできており、4タイプの中で一番固い風合いが特徴。使い方としては、感度の高さを活用して、ボトムに軽めのルアーを沈める釣りに向いています。これはPEにはできない釣り方。また、PEに近い性質を持つのに、価格はPEよりも安価ですよ。

比重は水よりも重いので、水に沈みやすいタイプ。耐摩耗性は高いものの、瞬間的な衝撃や傷には弱いのがデメリット。そんな時は、フロロカーボンラインのショックリーダーを使うと、ゲーム中に切れたりする問題を解決できますよ。エステルラインは、小さなアタリで獲物を拾うライトゲーム向けにおすすめのラインです。

トラウトラインの選び方

ラインの太さで選ぶ

初心者ならトラブルが少ない3から5lbがおすすめ

初心者におすすめのライン太さは3から5lbです。ラインの太さは値が大きいほど、強度がアップします。ラインのアタリの感度は低いですが、汎用性が高く、様々な釣り方にも使えるのでとても便利なラインです。太めのラインだと、アタリ後の巻き取り時に障害物に当たっても切れづらいので安心。初心者の方は慣れるまでは、3lbの太さで練習を積むことをおすすめします。

経験者なら感度を重視して1.5から3lb

ある程度経験のある方には、1.5から3lbがおすすめ。ラインの太さは細いほど、感度はアップします。ルアーからの感度を感じて地形を予測したり、小さいアタリの魚もいるので、扱いには経験が必要なライン。感度が高くアタリを感じやすい反面、手元まで引き寄せる際のラインの巻き方はコツが必要です。細い分、タイミングを間違えるとラインを直線的に張れず、ばらしてしまう可能性が高くなります。練習をたくさんして、細いラインにも挑戦をしてみましょう。

ラインカラーで選ぶ

色付きが獲れにくいと不安になるならクリアか色の薄いものを

ラインの色が目立つと、魚が警戒して食いつかないという説もありますが、確かな根拠は今の所ありません。しかし、警戒心の強い魚とそうでない魚はいます。少しでも食いつくように、初心者はクリアか目立ちづらい色の薄いラインを選ぶのがおすすめ。色の薄いラインの中では、ダークグリーンの色が水に馴染みやすく特におすすめです。

ピンクなどの明るい色ならアタリが分かりやすい

ラインでアタリを見極める上級者にはピンクやイエロ―などの明るい色がおすすめです。どうしても感度だけではアタリが分からない時に、ラインの動きでアタリも見られるとタイミングを逃しません。また、渓流などのプレッシャーの高めのエリアでルアーの位置を正確に把握するためにも活躍しますよ。中々アタリが来ない時には、水に沈むリーダー部だけクリアを結ぶ使い方をするのもおすすめです。

使用するルアーの種類で選ぶ

軽量ルアーを使用するなら操作性の高いラインを

ルアーを軽快に操作するためにおすすめのラインはフロロラインです。ラインは水に沈みやすいので、軽量ルアーを合わせれば、トップや表面に近い層など、色々な深さにいる魚を狙うことが可能。また、耐摩耗性もかなり強いので小物サイズから中物サイズまで戦略的なゲームができますよ。太さの目安としては1.5から3lb程度がおすすめです。

アクション系ルアーを使用するなら空気抵抗の少ないラインを

ルアーを激しく動かしたい場合におすすめのラインは、PEラインがおすすめです。このラインは比重が軽く浮きやすい性質なので、重量のあるルアーに適しています。また、空気抵抗が少ないので、比較的遠くまでルアーを投げることができます。強度も高いので、ルアーに軽快なロッドの動きを直接与えることができますよ。ライン太さの目安としては0.3から0.6号がおすすめです。

トラウトラインのおすすめブランド・メーカー

ダイワ

リーズナブルで品質のよいラインナップ

釣り具メーカーとして有名なダイワ。ダイワのラインは品質も良く信頼のある老舗のブランドです。初心者用から上級者用まで様々な種類の釣りにも対応したラインを取り揃えているメーカーの一つです。ダイワのトラウトラインについては、プレッソシリーズの選択がおすすめ。ナイロンやフロロやエステルラインやPEラインのそれぞれのライン特徴を最大限に引き出しているトラウトラインとなっています。

サンヨーナイロン

村田基と共同開発したAPPLAUDブランドが有名

釣り人の生の声を活かしたラインを長年開発しているフィッシングラインメーカー。釣り具店経営者のレジェンド村田基の協力のもと、より強くより使いやすいをコンセプトにAPPLANUDブランドを開発。このブランドを皮切りにGT-Rシリーズなど次々に話題のラインシリーズを開発しています。

ユニチカ

素材からこだわり抜いて開発したライン

素材開発メーカーとして、フィッシングラインを素材からこだわって開発をしています。押し出し成形で糸をつくる技術を磨き、様々な断面形状のラインの開発に成功。特徴のある高性能なラインを生み出し続けています。シリーズスレッドシリーズが人気です。

東レ

素材メーカーの技術を活かしたライン品質

基礎素材メーカーとして有名なライン製造メーカー。新素材の開拓に積極的に励み、多くの先端材料を開発しています。その技術を釣り用ラインに惜しみなくつぎ込んでいます。その一つに独自のナノスリット製法技術があります。糸表面上の凹凸を意図的に作り、糸と糸の摩擦力を高めることでほどけづらくしたもので魚を逃す確率を下げます。釣りをする人の気持ちにフォーカスして、あると嬉しい機能を追求しているメーカーです。

おすすめ&人気のトラウトラインランキング

エリアトラウト用におすすめのトラウトライン

ユニチカフォーシクス 150m 3lb (946円)

強めのフッキングにも対応可能なナイロンライン

ライン長が150mもあるので、2回に分けて使用することが可能。ちょうど75mのあたりにマーキングされているので、自分で長さを測る必要がありません。価格もお手頃で初心者におすすめのラインです。

ラインカラーは、光を反射しにくく、警戒心の強いトラウトにも気づかれづらいステルスグレーを採用しています。およそ1.5kgに耐えうる高い強度。さらに障害物にひっかかっても切れにくいラインですよ。

ダイワ-プレッソライン TYPE-N 100m (968円)

取り扱しやすい王道のナイロンライン

特徴は、ライントラブルが少ない設計となっていることです。耐摩耗性向上剤が配合されており、岩場などの障害物がある場所での激しい釣りでも切れません。フッキング性も高いので幅広い釣りに対応できますよ。

また、伸びを抑えた素材を採用しており、伸びきった後でも粘りがあります。急激な引きでも切れない高い強度性能。小物から大物までどんなトラウトにも対応が可能で、値段もリーズナブルなので初心者におすすめのラインですよ。

サンヨーナイロン-APPLOUD GT-R 100m 3lb (1,184円)

上級者向けのハイレベルスペックのナイロンライン

独自のSLS製法を採用しており、通常のナイロンに比べて吸水性の低いナイロンを配合しております。また、通常よりも7%も細いのに、強度は同レベルを実現。寒冷地の釣り時にも、水を吸水しづらく強度が落ちません。

さらにメーカー独自のSAF構造の採用により、通常の約20倍以上の強度を実現。細さと強度の両方の性能が高いラインとして、トラウトアングラーから人気です。感度も比較的敏感に感じられ、遠投もしやすく楽しみが広がるラインです。

軽量ルアー用におすすめのトラウトライン

クレハ-シーガー 100m 2.5lb (1,373円)

R18シリーズ最上級のルアー用フロロライン

特徴は、細くしなやかで操作性や強度がとても高いことです。太さも細めのタイプなので、飛距離は出やすいラインです。ルアーもきびきびと動かすことができ、トラウトの好奇心を存分に掻き立てられますよ。

適度に強度もあるので、ライントラブルも少ないのでおすすめです。また、巻き癖もないので扱いやすいのもうれしい特徴。ショックリーダーがなくても中型サイズまでなら、このライン一本で対応が可能です。

バリバス-スターリミテッド 100m 2.5lb (1,672円)

バリバスの最高峰プレミアムフロロライン

トップトーナメンター監修のもと、さらなる進化を追求したフロロライン。驚異の強度を実現しており、従来品に対して1ランク上の仕上がりとなっています。細さに対しての強度は他メーカーに対して優位なラインです。

さらに直線強度や結節強度にもこだわり、従来品に対しての性能を向上させていので、ルアーの操作性も高い性能。一日中実施されるトーナメントフィッシングの場面でも使える耐久性を備えています。プロ用にもおすすめのラインとなっています。

ダイワ-スティーズ 80m 2.5lb (1,980円)

スピニングリールに糸馴染みしやすいフロロライン

スティーズシリーズは細さと強度の両立をとことん追求した設計の元、作られたライン。細いながらも7lb以上の強度性能をもち、感度に関しても鋭い性能を持っています。ルアーの操作性と感度性の両立した性能の高いラインです。

さらに、耐摩耗性についても性能を高めており、擦れても切れにくくなっています。カラーは、水に浸かると存在が目立ちづらいナチュラルカラーを採用。ライントラブルも少なく、初級者にもおすすめですよ。

アクションルアー用におすすめのトラウトライン

ラバラ-ラピノヴァX マルチゲーム 100m 0.3号 (1,484円)

多くのアングラーに指示される信頼のPEライン

東洋紡社製の超高強力ポリエチレン繊維イザナスを採用。高耐久の4本を編み込み、ハイグレードな耐久性を実現しています。強度の強さから、トラウトやメバルやシーバス釣りにも幅広く対応しているアクションルアー用のラインです。

いかなる条件下でも視認性が高いピンクカラーを採用。新コーティング法により耐カラーフェード性能と耐UV性能を改善し、かつ感度も高いのでラインの動きでアタリをとれますよ。雨上がりなど濁った水の時に効力を発揮するラインです。

よつあみ-エックスブレイド 150m 0.6号 (2,632円)

世界最高の糸質を誇るPEライン

独自開発の手法により耐磨耗性と直線強力の性能を飛躍的に向上させています。通常相反する耐摩耗性と直線強力の2つの性能のいいとこどりをしています。ライン性能は、世界最高レベルのアクションルアー用のラインです。

カラーはグリーンで色落ちに関しても前モデルより改善されており、長く使用ができますよ。また、空気抵抗も比較的少ないので、飛距離を出しやすいですよ。飛距離を多く求めるアングラーにおすすめのラインです。

シマノ-ピットブル 200m 0.6号 (4,850円)

ルアーキャスティングで汎用性の高いPEライン

12本のラインを締め込みながら編んで作るシマノ独自の手法を採用。伸縮度が低く、質感がとても滑らかな柔らかいタイプです。表面が滑らかなので、キャスト時の摩擦抵抗がとても少なく、飛距離を伸ばせますよ。

また、ライン巻き上げもスムーズにできます。糸ふけも起こりづらく、アタリを逃さず釣りに集中できますよ。強度も高いので、根がかりなどでルアーが引っかかっても、回収率はかなり高め。ライントラブルをできるだけ抑えたい方におすすめのアクションルアー用ラインです。

大物を狙う感度の高いおすすめのトラウトライン

バリバス-エリアスーパートラウト140m 0.3号 (787円)

飛距離と視認性を高めた管理釣り場用ライン

管理釣り場用に開発された専用のライン。何度もトライアンドエラーを繰り返して開発されたラインバランスは見事で、飛距離に関しても申し分ありません。軽量スプーンをつけての釣りに適しています。ボトムを狙いたい時のスプーンは、2g程度の重さがおすすめです。

また、ラインカラーはネオオレンジを採用。ラインが見やすく、視認性はバツグンですよ。さらに極細ラインで感度もかなり高め。水中での直進性が非常に高く、繊細なアタリも確実に感じられるラインに仕上がっています。管理釣り場だけでなく、渓流などのハイプレッシャーな釣り場でも活躍できるラインです。

よつあみ-SG D-PET 200m 0.5号 失透ピンク (1,022円)

驚きのしなやかさを実現した至極のエステルライン

独自のLZP糸質改善技術によって、従来品とは比較にならない程のしなやかさを実現。巻きグセやチヂレの発生は少なく、直線性の性能も高めています。不意の衝撃にも耐えうる強度を持ち、繊細な釣りゲームで活躍できるラインです。

また、カラーは失透ピンクというパステルピンクを採用。しっかり見えますが、極細仕様なので目立ちません。感度性も高く、結節強力も高いので、水中のラインカラーが気になる方は、クリアカラーのリーダーをつけるのもおすすめです。

ダイワ-プレッソ タイプE 150m 0.5号 (2,353円)

フロロの扱いやすさを兼ね備えたエステルライン

伸びにくく、感度は高めのエステルライン。フロロカーボンラインのようなしなやかさを兼ね備えており、扱いやすさが人気のラインです。比重は1.38で、水にゆっくりと沈むタイプ。フォール系の釣りをしたい方におすすめです。

表面強度は高く、傷に強い耐性を持っています。吸水性はほぼ吸わないので、強度が落ちていくことはありません。直線性が高く、糸が絡みづらく、ライン性能を維持することができます。感度も高い上に、細いラインの割にライントラブルも比較的少ない扱いやすいラインですよ。

ダイワ-月下美人 白 200m 0.2号 (1,539円)

あえて思いっきり見えるカラーを採用したライン

ラインカラーは色がはっきりと見えるホワイトを採用。名前どおり月の下にいる美人の白肌をイメージしています。カラーがはっきりしているので、操作性も高く、情報量も増えるので、複雑な地形の釣り場で大物を狙うのに向いているラインですよ。

材質は伸びにくい素材なので、感度も高めのライン。また、並行巻きタイプなので、糸本来の設計性能を常に高い性能を発揮してくれるラインです。特別に月下美人ワンタッチリーダーが1個付属しており、90パーセント以上の強力を確保できますよ。

まとめ

釣場のシチュエーションにあったトラウトラインがおすすめ

今回、様々なトラウトラインを紹介させて頂きました。釣り方や太さやカラーなど選ぶポイントが沢山ありましたね。ぜひ自分の釣りのスタイルに合ったラインを見つけて、釣りライフを満喫してください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*