おすすめのテレビブースター人気比較ランキング!【室内型も】

テレビは普段の生活の中で特に欠かせないものの1つです。しかし、テレビが映らなかったり鮮明に見ることができなくなったりしたらとても困りますよね。テレビブースターを使えば問題を解決することができます。今回は専門用語が多く、選ぶのが難しいテレビブースターの選び方とおすすめをランキング形式でご紹介します。ぜひ、購入の際の参考にしてみてくださいね。

テレビブースターとは?

受信したテレビ電波を増幅させるための機器

テレビはアンテナがテレビ局から送られる映像情報を電波として、受信することで映し出されます。しかし、電波の強さは場所によって異なり、電波の届きにくい地域や山間部、ビルの影などではテレビが正常に映らないことがよくあります。そこで役に立つのがテレビブースター。取り付けるだけで弱い電波を増幅させることができるので増幅器とも呼ばれていますよ。

電波が弱いことによるテレビの映りの悪さを改善するための機器

テレビブースターは電波を増幅させるものなので、送られてくる電波の品質自体が悪い場合はテレビの映りを改善することはできません。そのため、必ず購入の前にテレビが映らない原因を調べておきましょう。ちなみに、1つのアンテナで複数のテレビでの視聴を可能にする分配器を使用したり、テレビまでのケーブルの長さが長くなったりした場合には電波が弱くなります。もし、分配器を付けた後やケーブルを延長した後にテレビの映りが悪くなった場合は、テレビブースターを使うことで改善することができますよ。

テレビブースターの種類

屋内型

設置が簡単で集合住宅でも使える

屋内型のテレビブースターの取り付け位置は室内のテレビの傍です。そのため、建物全体で1つのアンテナを共有している集合住宅にも取り付けることができます。もちろん、戸建てにも問題なく設置することができますよ。

屋内型のブースターは、接続方法は誰にでも簡単にできるように設計されています。少しテレビの画面がちらつく程度であれば、屋外型でなくても屋内型のブースターで改善できます。よって、一般的には屋内型のブースターが選ばれることが多いですよ。

屋外型

テレビがほとんど映らないときに使える

屋外型のテレビブースターは、外のアンテナの下に設置。増幅効果は屋内型のブースターよりも高いですよ。テレビの映像の画質が低い場合、重宝されます。さらに、映らないときにも活躍します。また、防水加工が施されており雨風にも強い構造をしているので、安心して外に設置することができますよ。

屋外型のブースターは電源部と増幅部が、別々になっていることがほとんどです。取り付け位置の増幅部はアンテナのすぐ下に設置します。また、電源部は室内のテレビの裏などに設置。アンテナは屋根の上に設置されていることが多く、屋根上での作業になり危険が伴い、大きな事故を防ぐためになるべく業者に頼むようにしましょう。

テレビブースターの選び方

見たい番組の種類で選ぶ

地デジを見るならUHF対応ブースター

気をつけたい点は、テレビブースターは対応のチャンネルの電波のみを増幅させることです。そのため、購入前に必ず見たい番組と、テレビブースターが対応している番組が一致するかを確認しなければなりません。地デジは主にUHFと記載されています。また、UHFのみ対応のものと、BS・CSチャンネルに対応のテレビブースターがあります。UHFのみ対応のブースターは低価格なので、目的に合ったブースターを選ぶといいですよ。

CATVを見るならCATV対応ブースター

CATVとはケーブルテレビのことを指します。CATVと地デジは映る映像は同じですが全く別のものなので、選ぶ対応のテレビブースターも変わってきます。間違えやすいので注意してくださいね。CATVのみ対応しているテレビブースターと同時に、BS・CSにも対応しているものもあります。増幅させたい番組を事前に考えて選びましょう。

BSやCSを見るならBS・CS対応ブースター

地デジ、もしくはCATVに付随して対応していることが多いBS・CS対応のテレビブースター。もちろん、BSとCSのみ対応テレビブースターも多く販売されています。品揃えの種類が多く屋内型屋外型はもちろん、サイズやデザイン、置き方なども幅広く展開されています。ぜひ、お気に入りのテレビブースターを見つけてみてくださいね。

4Kや8K対応テレビなら4K・8K対応ブースター

4Kや8K対応テレビを持っている方は、4K・8K対応のテレビブースターを利用するのがおすすめです。4K・8K放送に対応してないテレビブースターを使用すると、高い画質で映像を映し出すことができません。テレビの詳細について事前に調べてから、ブースターを選びましょう。また、新しく4K・8K放送を受信するテレビやアンテナ設備を整えたという方も、すでに使っているテレビブースターが対応しているかを必ず確認するといいですよ。

利得と定格出力の大きさで選ぶ

電波の受信環境が悪いなら利得が20dB以上のブースター

利得は、ゲインとも呼ばれるテレビブースターが増幅できる信号の大きさを表す数値で、dBという単位で表されます。電波の受信状況が悪い場合、電波を大幅に増幅する必要性があるので、利得が20dB以上のテレビブースターを選ぶようにしましょう。逆に、電波を少し増幅させたい場合には利得が大きすぎるとかえって映りが悪くなってしまうので、定格出力との兼ね合いを考えながら選ぶことがポイントです。

より質のいい電波を受信したいなら定格出力が90dB以上のブースター

定格出力とはブースターの出力可能な限界値を示しており、dBという単位で表されます。そのため、出力が定格出力を越えてしまうとテレビは正常に映らなくなってしまうことも。出力はテレビの入力レベルとテレビブースターの利得を足すことで求められます。定格出力が高いほど性能がよく、より高い出力で電波を受信できるので定格出力が90dB以上のブースターを選ぶといいですよ。

ブースターの性能で選ぶ

ノイズが気になるなら雑音指数が10dB以下のブースター

雑音指数はNFとも呼ばれ、受信した電波がどのくらいノイズの影響を受けているかを示す数値です。そのため、雑音指数が低ければ低いほど性能がよく、ノイズの少ないきれいな映像を見ることができるということになります。雑音指数は10dB以下のものを選ぶといいですよ。テレビブースターを選ぶ際は、必ず雑音指数の数値を確認しておきましょう。

自宅のテレビ電波の強さが分からないなら利得調整機能付きのブースター

テレビブースターの中には利得を調整する機能が搭載されたものがあります。家のテレビの電波の受信強度が分からない場合は、調節機能がついているものを選べば失敗することはありませんよ。利得は基本的にスイッチによる段階的な切り替えかつまみを調整することで、自由に調整することができます。調整できる利得の幅は10dBのものがほとんどです。

テレビブースターのおすすめブランド・メーカー

マスプロ電工

豊富な種類を取り揃えている

国内トップのシェア率を誇るアンテナメーカーのマスプロ電工。品揃えも多く、様々チャンネルに対応したテレビブースターを開発しています。ベストセラーのテレビブースターも多く、確かな信頼と実績を持ったメーカーです。

日本アンテナ

高い品質で開発を行っている

日本アンテナは国よりも高い独自の基準で開発を行っているため、非常に品質が高いです。国内シェア率は3位で日本を代表する大手アンテナメーカーとして、海外進出にも力を入れていますよ。壊れにくさや性能の良さを重視したい方におすすめです。

DXアンテナ(ディーエックスアンテナ)

デザイン性に優れている

DXアンテナは、コンパクトで室内のインテリアに馴染むデザインの室内型のテレビブースターを多く取り揃えています。テレビの映像の画質に加えて、インテリアにもこだわりたいという方におすすめですよ。室内型以外の品ぞろえも充実しています。

サン電子

共同受信用のテレビブースターを多く取り揃えている

サン電子は様々な規格の共同受信用のテレビブースターを多く販売しています。家庭用のブースターの販売数は比較的少ないので、マンションやアパートのような集合住宅で共同で使用するテレビブースターを探している人におすすめです。品質にも優れた日本を代表するメーカーの1つですよ。

おすすめ&人気のテレビブースターランキング

屋内用でおすすめのテレビブースター

マスプロ電工-4K・8K放送(3224MHz)対応 テレビ・レコーダーブースター UBCTRW30-P (6,470円)

取り付けが簡単でPCでテレビを見ることもできる

コンパクトでUHF・BS・CS・4K・8Kに対応するテレビブースターです。本体の幅は31mmと非常に薄く、テレビやDVDプレーヤーの隙間にも設置できるスタイリッシュなデザインですよ。USBタイプのACアダプターに付属のUSBケーブルを繋げることで、PCでテレビを見ることもできます。

利得は25かから32dBで連続調整が可能。雑音指数は6dB以下です。定格出力は95dB 以下と性能は申し分ありません。テレビブースターに場所を取りたくないという人やPCでテレビを見るという人におすすめのテレビブースターですよ。

DXアンテナ-卓上用 UHFブースター (7,980円)

デザイン性に優れたシンプルなテレビブースター

黒い本体に青いラインが引かれた高級感あるデザインのテレビブースター。シックな雰囲気のインテリアにもよく馴染みますよね。UHF対応で、テレビと壁面テレビ端子に接続するだけで使用することができ、難しい調整も必要ありません。

利得は15dBで雑音指数は4以下。定格出力は90dB以下です。利得が少し小さいのでHDDレコーダーを設置したり、テレビの台数を増やしたりしたときに設置するのに最適です。また、デザインを重視したくて、設置することで生活感を出したくないという方にもおすすめですよ。

ユープラス-4K・8K対応ラインブースターTAM-BC20 (1,712円)

場所を取らずにしっかり電波を増幅する

こちらはBS・CSアンテナの電波を増幅させるのに使用し、4Kと8Kにも対応しています。寸法は幅26mm、高さ18mm、奥行き80mmと非常にコンパクトサイズ。テレビや他のブースターから送電された電気で作動します。

利得は18から20dBで定格出力は90dB。BS・CSチャンネルが少し映りにくい場合に使用するといいですよ。使用する際はBS・CSアンテナに近い場所に設置することで十分な効果を発揮します。アンテナとケーブルの向きも間違えないように、しっかりと説明書を見てくださいね。

日本アンテナ-UHF卓上型ブースター VRB33MU (10,140円)

スタイリッシュなデザインで高性能なテレビブースター

調整部をパネルで覆ったシンプルで洗練されたデザインのテレビブースターです。スタンドが付属しているので立てて置くことも倒しておくこともできますよ。UHF・BS・CS対応で利得をスイッチで切り替えることができます。

利得は25から33dBで雑音指数は3以下で、定格出力は95dBもあります。高性能でかなり多くの人に利用されていますよ。また、コンパクトサイズなのでテレビ回りをすっきり見せることができます。デザインと機能性の高さの両方を重視したい方におすすめですよ。

ホーリック-地上デジタル放送対応アンテナブースター HAT-ABS024 (3,238円)

分配器の使用によるテレビのノイズを軽減する

寸法が直径23mm、長さ110mmととてもコンパクトなUHF対応のテレビブースター。付属の専用ACアダプターを本体に接続することで給電します。自宅のアンテナ配線の間に簡単に取り付けることができる便利なブースターですよ。

利得は11から19dBとあまり高くないので、分配器を使った際やテレビの映像が少し乱れるといった時に使用するのにおすすめです。使用する際はなるべく地上テレビのアンテナの近くに設置することで効果が発揮されます。また、ケーブルとアンテナの向きにも気を付けて設置するといいですよ。

日本アンテナ-VB-33CU テレビブースター (10,480円)

縦置きも横置きもできる卓上テレビブースター

高さ147mm、奥行き118mm、幅38mmと薄くテレビや壁の隙間に収納できるコンパクトなサイズのテレビブースター。内部が金属ケースに覆われているので電波の漏洩を防止してくれます。UHF・BS・CSに対応しています。

利得はUHFで25から33dB、BS・CSで20から25dB、雑音指数はUHFで3以下、BS・CSで5以下とかなり高性能です。テレビの不鮮明さが気になる時や、テレビの台数を増設した際に役に立ちます。置き場所を取られたくないけれど、性能も重視したいという方におすすめのテレビブースターですよ。

屋外用または屋内屋外兼用でおすすめのテレビブースター

マスプロ電工-UHFラインブースター UB18L-P (6,183円)

雑音指数が低くノイズの改善に役立つ屋内屋外兼用のテレビブースター

幅80mm、奥行き33mm、高さ245mmとかなりコンパクトサイズのUHF対応のライン型テレビブースターです。一番の特徴は、雑音指数が1以下であることです。そのため、ノイズの改善に大きく期待できますよ。

利得は16から20dB以下です。利得はあまり大きくないのでノイズだけが気になるという方におすすめです。また、BS・CSと混合している受信システムでは使用できないので、地デジのみを受信しているという方におすすめのテレビブースターですよ。

マスプロ電工-EP2UBCB UHF・BS・CSブースター 4K8K衛星放送対応 (6,118円)

利得の大きい屋内屋外兼用のテレビブースター

UHFで利得を最大45dBまで上げることができるので画質を上げたい方におすすめです。屋内屋外兼用ですがテレビがほとんど映らないという方にもぴったりですよ。UHF、BS、CSに対応可能。また、4Kと8K放送にも対応しており、利得機能も調整できます。

雑音指数は1.5以下の数値です。また、利得を調整した際に雑音指数が変わらないのも大きな特徴。ノイズを排除して高音質・高画質の映像を楽しむことができますよ。リーズナブルな価格で機能性もよく、屋内屋外どちらにも使えるのでどれを購入するか悩んでいるという方にもおすすめです。

DXアンテナ-デュアルブースター CU43AS (5,237円)

スイッチ切り替えで利得切り替え可能な屋外用テレビブースター

UHF・BS・CS・4K・8Kに対応しているテレビブースター。地上デジタル放送では利得の切り替えが可能で、利得を33dBと43dBのどちらかを選択することができます。定格出力も105dBと高いのでテレビが映らないという方におすすめですよ。

電源部にはケーブルの加工・接続状態をLEDでお知らせする機能付き。サイズは幅90mm、奥行き47mm、高さ84mmと屋外用の中ではかなりコンパクトな作りになっています。水平マストにも取り付けが可能なのも大きな特徴です。

マスプロ電工-UBCBW35-PUHF・BS・CSブースター (31,268円)

チルト機能付きの屋外用テレビブースター

UHF・BS・CS・4K・8K対応のチルト機能付きのテレビブースター。チルト機能とは、簡単に言うとチャンネルごとの出力レベルの差を均等にする機能のことです。地デジでは定格出力を越えないのにBS・CSでは定格出力を越えてしまうといった場合にも対応できる機能です。

地デジとBS・CSの電波の強さに差があるという方も安心して使うことができます。定格出力は105dBとかなり高いので、テレビが全く映らないという方にもおすすめですよ。増幅部と電源部で異常が発生した場合に、ライト色で知らせる機能も付いているので不具合の確認も簡単にすることができますよ。

DXアンテナ-U20L3C UHFブースター (5,907円)

取り付けが簡単な屋外用テレビブースター

屋外用テレビブースターで地デジアンテナに取り付けることで使用することができます。ただし、UHFのみ対応なのでBS・CS放送には使うことができません。大きさも小さく、屋外用ブースターでも自分で簡単に設置できますよ。

利得は15から20dB、定格出力は90dBと性能は少し低めです。しかし、雑音指数が1以下ととても小さいのが特徴ですよ。地上デジタル放送のノイズが気になるという方におすすめのテレビブースターです。

DXアンテナ-GCU433DIS CS/BS-IF・UHFブースター (32,736円)

出力レベルが高く電波が弱い地域に最適な屋外用テレビブースター

定格出力は100dB前後です。雑音指数もUHFで1.5以下、BSとCSでは7以下なのでかなり高性能のテレビブースターになっています。そのためテレビがほとんど映らないという方におすすめのテレビブースターですよ。さらに4Kと8K放送にも対応しています。

利得は35から43dBで、利得を三段階で切り替えられる機能がついているため、自宅の電波の受信強度が分からないという方にもおすすめです。電源部を室内に、テレビブースター本体をアンテナ直下に設置することで使用できますよ。ケース内に出力モニター端子があり、ふたを開ければすぐに出力を測定することができます。

CATV対応でおすすめのテレビブースター

マスプロ電工-10BCBW30U-B 4K・8K衛星放送対応 CATV・BS・CSブースター (11,587円)

スイッチで上りと下りを切り替えることができる

上りとは受信機側から放送局へ送る信号のことで、逆に下りは放送局から受信機側に送る信号のことを指します。通常の電波は下りのみですがCATVには上りもあります。オンデマンド方式のような視聴する側からテレビ側に番組を要望する時は上りが使われますよ。

テレビブースターは下りのみを増幅させるものが多いですが、加えて、このテレビブースターは上りも増幅させることができ高性能です。さらに、利得はCATV上りで25から30dB、BS・CSで31から38dB、CATV下りで15から20dBと高い性能を有しています。定格出力も98から110dBなのでかなり高い出力レベルを実現することができますよ。

DXアンテナ-CS/BS・CATV下りブースターTCF30S (5,198円)

CATV下りに対応するシンプルなテレビブースター

CATV・BS・CSに対応しており4K・8K放送にも使用できます。立てて置く設計となっておりテレビと壁やDVDプレーヤーの間にもすっきり収まりますよ。性能が高く、電波を増幅する幅も大きいのでノイズがひどい時にも使用できます。

利得はおよそ28dBで雑音指数は6以下、定格出力は95dBと機能性が高いです。価格もリーズナブルで買い求めやすいですよ。性能は良いのがいいけれど価格も抑えたというコスパ重視の方にかなりおすすめのテレビブースターです。

まとめ

映りが悪くなる原因に合わせたテレビブースターがおすすめ

電波が弱くなることによってテレビ映りの悪化が発生した場合、地域的な問題や障害物、分配器の使用など様々な原因が考えられます。それぞれの原因ごとに重視するポイントも変わってきます。自宅のテレビが映りにくくなった原因を調べてより適したテレビブースターを購入してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*