おすすめのPLCアダプター人気比較ランキング!【使い方も】

スマートフォンやパソコンが普及し、家庭でWi-Fiを導入してゲームや動画を楽しむことが当たり前になっていますよね。しかし、3階建ての家など、障害物がある場所ではWi-Fiが繋がりにくいという問題があります。そこで、おすすめしたいのが、PLCアダプターです。PCLアダプターがあれば、簡単に安定したインターネット環境を整えることができますよ。そこで、今回はおすすめのPLCアダプターをランキング形式でご紹介します。また、PLCアダプターとはどういったものなのか詳しく解説します。是非PLCアダプターを利用して、ストレスなくゲームやオンライン会話を楽しんでくださいね。

PLCアダプターとは?

既設の電力配線を利用してネット環境を整えるアダプター

PLCはPower Line Communicationの略で、電力線通信という意味です。これは、建物内に既にある電力配線を利用して、データ通信をする技術のことを指します。つまり、PLCアダプターは、家庭に元々張られた電力線を使用することで、データ通信をする為の環境を整えることができるアダプターのこと。コンセントを使うことで、有線LANや無線LANが届かず使えないところでのデータ通信を可能にします。

PLCアダプターの仕組み

家の中の電気配線をLANケーブルの代わりに利用する

電気配線とは、電力供給の為の配線で、どの家庭にも既に張られています。PLCアダプターは、この電気配線をLANケーブルのように使用します。その為、新しく工事する必要なくネット環境を整えることができますよ。

PLCアダプターのメリット

Wi-Fiよりも安定してインターネットを使用できる

Wi-Fiは、壁など遮蔽物の素材や厚さによって電波が遮断されてしまうというデメリットがあります。また、Wi-Fiは2階から3階といった、縦方向の通信になると繋がりにくくなる性質があります。3階建ての家では、Wi-Fiが繋がりにくくなってしまいますよね。そこで、PLCアダプターを利用すると、遮蔽物や階数の違いに通信の安定性を左右されることが少なくなります。Wi-Fiが届かないところに使用することで、より広い範囲で安定してインターネットを使うことができます。

家庭のコンセントに繋ぐだけで簡単にデータ通信できる

有線やWi-Fiがルーターを使用するのに対し、PLCアダプターは、コンセントを利用してネット環境を作ります。また、出荷される際に、暗号化の設定や初期登録設定がされています。その為、購入した後はコンセントに挿してすぐに使うことができますよ。

PLCアダプターのデメリット

中継機を設置するのと比べると通信速度が遅い

PLCアダプターは、最大Mbpsが速くても200から500程になっています。本来、光回線に契約していると最大1Gbpsの速さで通信できるので、この速度は遅く感じてしまいます。そのため、最大限に速い速度の通信を利用したいなら、光回線を利用し、中継機を利用する必要が。しかし、この中継機は、設置がとても大変なので、手軽さならPLCアダプターが勝ります。最大Mbpsが200程あれば、一般的に利用するにはストレスを感じませんよ。

PLCアダプターの種類

HD-PLC規格

パナソニックの登録商標で日本のメーカーが多く使用

パナソニックが開発した規格です。バッファローやアイ・オー・データ機器といった、日本のメーカーが多く使用しています。第三世代では理論値で最大240Mbpsの高速通信が可能。第四世代では1Gbpsの超高速通信ができるとされています。

通信は、AES128bitという暗号技術により保護されています。使用周波数は、4から28MHzで、Panasonicのものはもう少し拡張されています。最大通信距離は屋内200mほどで、他の規格より通信可能距離が長くなっているのが特徴ですね。

HomePlug規格

インテルやシャープが参加する団体が標準化を進める

インテルやシャープといった企業が参加するHomePlug Powerline Allianceという団体が、標準化を進めている規格。中でもHomePlug AVは理論値で最大200Mbpsの速度で通信ができます。また、HomePlug AV2という最新技術を利用したPLCアダプターは、より速い通信速度になっています。

通信は、HD-PLC規格と同じAES128bitという暗号技術によって保護されています。最大通信距離は屋内150m程度でHD-PLC規格よりは短くなっていますね。この規格は、TP-LinkやシャープのPLCアダプターで使用されています。

UPA規格

スペインの会社が作りバッファローなどが採用

スペインのDS2という企業が作ったUniversal Powerline Associationと呼ばれる団体が制定した規格。日本では、バッファローや住友電工が一部のPLCアダプターで採用しています。理論上の最大通信速度は200Mbpsと他の規格と同じく高速になっています。

他の規格と違い、3DESという暗号技術によって保護されています。最大通信距離は屋内150m程でHomePlug規格と同じです。この規格は、親機と子機の区別がないことが特徴。自動設定機能というものがあり、一台のPLCアダプターに使用する台数のPLCアダプターを接続します。

PLCアダプターの選び方

利用する人数を考えて最大接続数で選ぶ

家族4人で使用するなら最大15個以上接続できるものを

PLCアダプターの子機からは、一つの機器にのみ有線接続できるのが一般的です。その為、親機がいくつの子機を同時に接続できるかが重要。家族4人で使用するなら、この最大接続数が多めの方が安心です。テレビに加え、パソコンやスマートフォンを個人で使用することを考えて、最大15個や16個接続できるものを選びましょう。

1人から2人で使用するなら10個以下で十分

1人から2人の少人数で使用するなら、最大接続数は少なくても大丈夫。テレビ1台に、個人で使用するスマートフォンやパソコンを1台ずつと考えても、10個以下の最大接続数で問題ありません。最大接続数が少なくていい分、セキュリティがしっかりしているものや、価格のより手ごろなPLCアダプターも。選択肢が広がります。

快適に利用するために通信速度で選ぶ

PS4などゲームや高画質の動画を楽しみたいなら最大Mbpsが100以上の速いものを

PS4などのゲームや高画質の動画を楽しみたいなら、最大Mbpsが速いものを選ぶのがおすすめ。最大Mbpsが100以上であれば速いと言えますが、中には最大Mbpsが500や1000といったアダプターも発売されています。速いplcアダプターを選ぶことで、スムーズな映像が楽しめ、ストレスなく動画やゲームを楽しむことができます。

最も速い速度で利用したいならノイズ耐性も考慮

速い速度で通信する際に重要になってくるのが、ノイズ耐性です。ノイズがあると、最大Mbpsが速いPLCアダプターを選んでも、その性能が発揮されない場合が。ノイズ耐性のあるPLCアダプターを選ぶことで、その通信速度を最大限に速くすることができます。また、PLCアダプターと同時にノイズフィルタを使用することも大切。ノイズを減らすことができ、通信速度が速くなることがあります。

電気代を考えて消費電力で選ぶ

速い速度で通信したいが消費電力を抑えたいなら省エネモードが搭載されたものを

PLCアダプターは、電力線を利用する為、電気代が高くなってしまうことがあります。速い速度で通信はしたいが消費電力も抑えたいなら、省エネモードが搭載されたものがおすすめ。最大で70%から85%も消費電力を減らすことができるものもあります。毎日使用するなら、この積み重ねが電気代を抑えることに繋がりますよ。

webサイト閲覧など速い速度が必要ないならより消費電力の少ないものが選択できる

最大Mbpsがあまり速くないPLCアダプターでは、消費電力がより抑えられたものが販売されています。webサイト閲覧は、最低3Mbpsあれば快適に行うことが可能です。また、メールやLINEを利用する際は1Mbps程で十分。そういった高速通信を必要としない機能がメインの利用なら、消費電力がより少ないものを選択できます

PLCアダプターのおすすめブランド・メーカー

TP-Link(ティーピーリンク)

初めてのPLCアダプターにおすすめ

価格帯が安く、設置も簡単であることから、特に人気のメーカーです。3年保証がついているのが嬉しいポイント。HomePlug AV規格を利用しています。初めてPLCアダプターを購入することを考えている人も不安なく利用することができますよ。

Panasonic(パナソニック)

日本を代表する企業の安心感

HD-PLC規格を開発したメーカーであり、日本を代表する企業なので、安心感があります。Panasonicは、PLCアダプターについて説明されたwebサイトがあるのも嬉しいポイント。他の家電を購入するのと同じように、取扱説明書をダウンロードしたり問合せしたりできるのも安心です。PanasonicのPLCアダプターは、最大接続数の多さでもおすすめです。

TREND net(トレンドネット)

通信速度が速い

TREND netのPLCアダプターは、最大Mbpsが速いものが多く販売されています。最大1300Mbpsの高速通信が可能なPLCアダプターも。4Kの映像や、PS4などのゲームを楽しむのにもおすすめできます。

アイ・オー・データ機器

最大接続数が多い

アイ・オー・データ機器から発売されているPLCアダプターは、最大接続数が多くおすすめです。Panasonicと同じくHD-PLC規格を使用しています。日本の企業なので、安心して使用できますよ。

おすすめ&人気のPLCアダプターランキング

最大接続数の多さでおすすめのPLCアダプター

I-O DATAコンセント直結型PLCアダプター PLC-HD240E-S(25,456円)

最大16個接続可能

最大で16個接続することが可能なPLCアダプターです。第三世代のHD-PLC方式を利用していて、最大Mbpsも240と速くなっています。通信可能距離も屋内200mと長く、機能面も充実していますよ。

16個接続できるので、3人や4人家族で使用するのにもおすすめ。また、第三世代以前の世代のHD-PLC方式のPLCアダプターと互換性があります。その為、古いPLCアダプターと接続させたい方にもおすすめです。

SHARPPLCアダプター 初期設定済ペアモデル HN-VA40S(17,520円)

LAN接続ポート数の多さもポイント

こちらも最大接続数が16個と多くなっています。また、LAN接続ポート数が4つなので、4つの機器を同時に接続することができます。出荷時に初期設定が済んでいることが明記されており、購入後すぐ使用できるのも嬉しいポイント。

LAN接続ポート数も4個と多いので、オフィスなどで使用することもできますね。また、たくさんの機器を使用する方にもおすすめです。一つのPLCアダプターで4つの機器が接続できることを考えると、お値打ちな価格です。日本のメーカーなので初めての使用にも安心ですよ。

Panasonic-PLCアダプター スタートパック PL-LS14KT(12,203円)

初心者にも嬉しい機能

最大接続数は15個のPLCアダプターとなっています。通信速度ランプがあり、使用中に通信速度を確認することができます。こちらのPLCアダプターも、1台に4つの機器を接続することが可能。また、電源コードにノイズフィルター機能があり、安定した通信が利用できます。

1台に4つの機器が接続できる為、多くの機器を同じ場所で使用する方におすすめ。また、通信速度が見えることや、初期設定済みですぐに使用できることから、初心者でも安心して使えますよ。ゲームなどで安定した通信が重要な方にもおすすめです。

I-O DATA-HD-PLCアダプターPLC-ET/M2-S(30,430円)

返金制度もあっておすすめ

こちらのPLCアダプターは最大接続数が16個あります。コンパクトなサイズが特徴。コードの一部のような見た目で、たくさん使用しても邪魔になりません。最大通信速度は210Mbpsで、ストレスなくデータ通信を利用できます。

多くの機器でデータ通信を利用する方には、本体が小さい為すっきり使用できおすすめですよ。一年保証がついているので、安心して使用することができます。耐ノイズ性能がよくなっているので、他のPLCアダプターで接続できなかった方も試してみてはいかがでしょう。通信できなかった場合、返金してくれるサービスも実施しています。

Panasonic-PLCアダプター スタートパック BL-PA100KT(24,374円)

省エネ機能付き

1台の親機に最大15個の子機を接続することができます。約240gで軽量なのも魅力。幅は約121mmで高さは約70mmに奥行きが約40mmとサイズもコンパクトなPLCアダプターです。子機には、省エネ機能も搭載しています。

毎日家族で使用し、電気代を抑えたい方は利用してみてはいかがでしょうか。最大接続数も多く、サイズもコンパクトなので、同じ部屋で何個も使う方にもおすすめです。日本のメーカーなので、初心者でも不安なく利用できますよ。

最大Mbpsの速さでおすすめのPLCアダプター

TRENDnetPowerline 1300 AV2アダプタキット(13,480円)

最高クラスの速さ

最大1300Mbpsの高速通信が可能。今回紹介する中で、最も速くなっています。2つのPLCアダプターをコンセントに挿すことで、自動で接続するので、すぐに利用できます。はじめの設定をする必要なく、ネットワークを構築してくれますよ。

4Kビデオでも高速にダウンロード可能なので、高画質な動画を楽しみたい方におすすめです。また、PS4などのゲームに利用する方も、安定した通信でストレスなく使用できます。初期設定が必要ないので初めての方も簡単ですよ。

TP-Link-PLCスターターキットTL-WPA4220KIT(7,100円)

PLCに加えてWi-Fiの機能も

子機に、Wi-Fi機能があり、有線接続だけでなく、Wi-Fiも利用できます。PLCアダプターとしての最大速度は500Mbpsで、Wi-Fiは最大300Mbpsとどちらも高速になっています。クローンボタンを一度押すだけで簡単にWi-Fiに同期することができます。

家の中のWi-Fiの届かないところに、Wi-Fi環境を作りたい方におすすめです。PLCの技術を利用して、コンセントに繋ぐことでWi-Fi環境を広げることができます。有線接続する場合、さらに速い速度で利用することができるので、ゲームをする際もストレスなく楽しめますよ。

I-O DATAPLC-HD240ER PLC-HD240ER-S(15,290円)

お得で安全

先に紹介したPLC-HD240E-Sと機能はほとんど変わりがないものの、販売価格が抑えられている為、お得なPLCアダプターです。最大通信速度は240Mbpsで普段使用するのにストレスなく使うことができる速度です。通信はAES128ビットで暗号化されるので安心ですね。

最大通信速度も速く、最大接続数も16個で多いので、子どものいる家庭で利用するのに助かりますね。通信は最もセキュリティがしっかりされていると言われる方式で暗号化されている為、安全に利用できます。日本のメーカーなので、初めての方もおすすめです。

Tenda-AV1000 1ポートギガビット電力線アダプタ(17,167円)

最大1000Mbpsで使用可能

Homeplug規格のAV2という最新の技術を使用し、最大通信速度が1000Mbpsでとても速くなっています。海外製で、プラグが3Pのタイプなので、日本で利用するには3P変換アダプターを使用する必要があります。99.8gと軽量なのも特徴。

4Kの動画を楽しむには、通信速度の速さからおすすめできます。また、同時に動画をダウンロードすることもできるので、家族が多い家庭でもストレスなく利用できます。オンラインゲームも安定した通信で楽しめますよ。

TRENDnetPowerline 500 AV2 アダプターキット TPL-408E2K(35,609円)

通信速度が速く省エネ

最大で600Mbpsの速いデータ通信が可能です。こちらもHomeplug規格のAV2技術を利用しています。消費電力を最大80%カットしているというのも嬉しいですね。初期設定も必要なく、すぐに使用できます。

大きさがコンパクトなのも魅力です。コンセントの周りをすっきり使用したい人におすすめできます。消費電力がカットされているので、毎日使用するのにも助かりますね。通信は128-BitAESという方式で暗号化されるので安心です。

省エネ機能でおすすめのPLCアダプター

TRENDnet-パワーライン 200 AV Nano PLCアダプターキット TPL-308E2K(17,831円)

最大接続数は少ないが省エネ

消費電力は1.75W程で、最大70%節約できます。最高通信速度は200Mbpsで毎日の利用もストレスがかかりません。最大接続数は4つと少なめ。設定などは不要で、購入後コンセントに挿して簡単に利用できます。

最大接続数が少なめですが、消費電力が抜群に少なくなっています。その為、1人や多くても2人までの人数で使用する方におすすめですよ。最高通信速度も十分速く、安定したデータ通信を利用することができます。

TP-Link-AV600 PLCスターターキット TL-PA4010 KIT(5,410円)

価格が試しやすく消費電力もカット

消費電力を最大85%カットしてくれます。TP-Linkのものなので、3年の保証がついているのも嬉しいですね。その為、初めてでも不安なく使用できます。HomePlug AVを利用したPLCアダプターです。

最大接続数は10個なので、少人数で使用するのにおすすめです。価格がリーズナブルなので、PLCアダプターを一度試してみたい方にもちょうど良いですね。300mの長距離で接続できるので、広い範囲で使えます。

PLCアダプターの使い方

2台以上のアダプターを別のコンセントに差し込んで使う

親機となるアダプターと子機となるアダプターを別のコンセントに挿すことでネットワークが構築されます。親機と子機の区別があるアダプターと、区別のないアダプターがありますが、使用方法は同じです。初期設定が済んでいるものが多く、コンセントに挿すだけでデータ通信できるようになっています。親機と子機の通信可能距離はPLCアダプターによって違うので購入前に確認すると良いですね。

まとめ

通信速度が速く省エネ機能のあるPLCアダプターがおすすめ

PLCアダプターを使用しネットワーク環境を構築したいなら、通信速度が速く、省エネ機能のあるものがおすすめです。通信速度が速いものを選ぶことで、毎日ストレスなくデータ通信を利用できます。また、省エネ機能のあるものは、電気代を抑えられます。もしも大人数で使用するなら、最大接続数が多いものを選ぶのも良いですね。今回はおすすめのPLCアダプターを紹介しました。是非、PLCアダプターを使って、Wi-Fiや有線LANが届かない場所で通信を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*