おすすめのコーヒードリッパーセット人気比較ランキング!【プレゼントにも】

自宅やキャンプなどで、ハンドドリップコーヒーを楽しむ人が増えています。その際に必須となるのがコーヒードリッパーセット。コーヒードリッパーセットがあれば、カフェで飲むような本格的なコーヒーが手軽に楽しめます。しかし、形や素材など種類が豊富なドリッパーは、選ぶのがむずかしいですよね。そこで、今回はおすすめのコーヒードリッパーセットと、ドリッパーの選び方のポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コーヒードリッパーセットの特徴

自宅でハンドドリップコーヒーを楽しむために必要な器具

ハンドドリップコーヒーを楽しむための器具はいろいろありますが、すべてが必須というわけではありません。ドリッパーセットは必要なものを厳選してセットにしているので、選ぶ手間がはぶけて助かりますよ。ドリッパーセットには、コーヒーを抽出するために必要なドリッパーと、抽出したコーヒーを受け止めるサーバーもしくはカップが付属しています。そのほか、セットによってはペーパーフィルターや計量スプーンが付属していることがあります。

経済的でいつでも本格的なコーヒーが楽しめる

コーヒードリッパーセットや、コーヒー豆などを購入する時には費用がかかりますが、何度もカフェに行くことに比べると断然経済的です。そして、粉をお湯でとかすだけのインスタントコーヒーや缶コーヒーなどよりも、本格的なコーヒーを楽しむことができます。自分好みに濃度や風味を変化させられるのも、ハンドドリップコーヒーの醍醐味ですよね。

コーヒードリッパーセットの種類

直置きタイプ

コンパクトな直置きタイプは場所をとらず収納しやすい

ドリッパーをサーバーやカップに直接置いてコーヒーを抽出するタイプです。コンパクトで場所をとらず、持ち運びにも便利。収納スペースをあまりとられたくない人におすすめです。素材やデザインの種類が豊富なので、見た目にこだわりたい人にもばっちり。

スタンドタイプと比べて手頃な価格のドリッパーセットが多いので、初心者でも手にとりやすいです。ただ、中が透けて見えないカップと一緒に使うと、ドリッパーから落ちてくるコーヒーが見えないのが難点。そのつど持ち上げて確認しなければなりません。中が見えるカップやサーバーと一緒に使うことをおすすめします。

スタンドタイプ

味と雰囲気にもこだわりたいならスタンドタイプを

ドリップスタンドは、ドリッパーを乗せる台です。ドリッパーと、サーバーやカップとの間に空間ができるので、コーヒーが抽出される様子を確認することができます。また、コーヒースケールを使えば正確な抽出量がわかるので、いつも同じ味でいれたい人には欠かせません。

コーヒースタンドは木製や真鍮製など素材もさまざま。場所をとりがちなコーヒースタンドですが、部屋の雰囲気に合わせて選べばインテリアとしても楽しめます。コーヒータイムが、より優雅で特別なものになりますよ。

コーヒードリッパーセットの選び方

ドリッパーの形状で選ぶ

初心者なら味が安定しやすい台形型

台形型のドリッパーは、コーヒーが出てくる穴が小さく、ドリッパーの底にお湯がたまりやすい構造になっています。お湯がたまりやすい構造は、お湯を入れるスピードや蒸らし方などドリップ技術の影響を受けにくく、安定して同じ味のコーヒーをいれることができます。初心者や手軽にハンドドリップコーヒーを楽しみたい人におすすめですよ。

本格派なら自分好みの濃度で抽出できる円錐型

円錐型のドリッパーはお湯を入れるとダイレクトに抽出されたコーヒーが出てきます。そのため、お湯の入れ方や蒸らし方の違いが味に影響を与えやすく、自分好みのコーヒーを楽しめます。しかし、思い通りのコーヒーをいれるには技術が必要なため、慣れていない人には難易度が高めです。台形型ドリッパーでハンドドリップに慣れた上級者向けといえるでしょう。

ドリッパーの素材で選ぶ

よく使うなら耐久性のある金属製

金属製のドリッパーは、落としたり熱湯を注いだりしても、ほとんど劣化することがありません。そのため、長く愛用することができますよ。また、金属には熱が伝わりやすい性質があるので、一定の温度を保ちながらドリップすることができます。コーヒーの温度にもこだわりたい、本格派の人に最適です。金属製のアンティークな雰囲気は、見た目にこだわりたい人にもぴったり。

キャンプなどアウトドアで使うなら持ち運びできる軽いアルミ製

金属製のドリッパーというとステンレス製や銅製のドリッパーが多いですが、なかにはアルミ製のドリッパーもあります。アルミ製のドリッパーはベトナム式コーヒーで使われることが多く、軽くて耐久性があるのが特徴。ベトナム式コーヒー用のものは、ペーパーフィルター不要でお手入れも簡単。独特な形をしているものが多いですが、豆本来の味が抽出された濃厚なコーヒーが楽しめますよ。

フィルターで選ぶ

手軽に楽しみたいなら使い捨てのペーパーフィルター タイプ

よく目にするコーヒーフィルターです。ペーパーフィルターは、フィルターごと捨てられるので後片付けが簡単。コーヒーの油分を吸着するので、すっきりとした味わいになるのが特徴です。ペーパーフィルターにもさまざまな種類があって迷いますが、基本的にドリッパーのメーカーと同じメーカーのフィルターを選ぶのがおすすめです。

ごみを増やしたくないなら繰り返し使えるペーパーレスタイプ

ペーパーレスフィルターは、ペーパーフィルターのように何度も買い足す手間がなく、洗って繰りかえし使えるので経済的。ステンレス素材のものは耐久性があり、とくに人気があります。ペーパーフィルターではあまり抽出されないコーヒーの油分がしっかり抽出されるので、コーヒー本来の味や香りが楽しめますよ。コーヒー通の人におすすめです。

コーヒードリッパーセットのおすすめブランド・メーカー

HARIO(ハリオ)

コーヒー器具を種類豊富にあつかう

ハリオといえば、V60とよばれるオリジナルの円錐型フィルターが有名です。大きめの抽出穴と、スパイラルのリブが特徴的。リブはドリッパーの内側にある線状の突起のことで、ドリッパーとフィルターの間に空間を作り、お湯の流れをスムーズにする役割があります。全体にリブがあるV60ドリッパーは、抽出スピードが速く、すっきりとした味わいのコーヒーが楽しめます。

Kalita(カリタ)

業界のパイオニア的存在のコーヒー器具専門メーカー

独自の台形型ドリッパーを使用した抽出方法はカリタ式ともよばれ、コーヒー通の人にも愛用されています。台形型ドリッパーというと、味にあまり変化をつけられないのが一般的です。しかし、抽出穴が3つあるカリタのドリッパーは、円錐型のように抽出するスピードが速く、味に変化をつけることができますよ。

KINTO(キントー)

見た目と品質にこだわり抜いた存在感のあるアイテムがそろう

キントーのドリッパーセットは、価格は比較的高めですが、どれもおしゃれで上質な雰囲気が感じられます。品揃えも豊富なのがうれしいですね。ゆったりと贅沢なコーヒータイムを楽しみたい人におすすめです。

KONO(コーノ)

プロも愛用する独自の名門ドリッパーセットを展開

名門ドリッパーと呼ばれる独自で開発したドリッパーを扱っています。円錐型で下部にだけリブが入った構造になっており、雑味などを上部に残しながら抽出できるのが特徴。本格派の人にもおすすめですよ。

おすすめ&人気のコーヒードリッパーセットランキング

直置きタイプでおすすめのコーヒードリッパーセット

ハリオ-ドリッパーセット (1,430円)

手頃な価格で入門セットにおすすめ

プラスチック製の台形型ドリッパーが付属しています。シンプルなデザインですが、使い勝手もばっちり。サーバーの取っ手は持ちやすく、ふたは滑りにくい素材になっています。日本製でありながら、手頃な価格なのもうれしいですよね。

耐熱ガラス製のサーバーは1000ml入る大容量で、よく来客がある人や、1日に何度もコーヒーを飲みたいという人にぴったり。電子レンジにも対応しており、簡単に温め直せて便利ですよ。これからハンドドリップコーヒーを始める人にもおすすめです。

マーナ-ドリッパー&マグセット (2,178円)

独特なドリッパーの形状で初めて円錐型に挑戦する人でも扱いやすい

プラスチック製の円錐型ドリッパーが付属しています。一般的な円錐型ドリッパーは、味を安定させるのが難しく初心者には難易度が高めですが、このドリッパーはだれでも簡単に本格コーヒーがいれられます。お湯をドリッパーの真ん中に注ぐだけで、安定した味のコーヒーが楽しめますよ。

直置きタイプのドリッパーは抽出したお湯が見えにくいのが難点ですが、このドリッパーは中をのぞく穴があり、使い勝手の悪さが解消されています。マグカップには最適な抽出量の目印がついているので、慣れていない人でも安心ですね。1人で飲む人や、ハンドドリップにまだ慣れていない人におすすめです。

カリタ-ドリッパーセット (2,200円)

小ぶりなサーバーは1人用としておすすめ

プラスチック製の台形型ドリッパーが付属しています。使い捨てのペーパーフィルターやコーヒー粉を計量するメジャーカップなども付属しており、セット内容も充実。カリタ式のコーヒーが手頃な価格で楽しめますよ。

サーバーは耐熱ガラス製で電子レンジにも対応。コーヒーが冷めてしまっても、手軽に温められるので安心ですね。容量は300mlと小さめなので、収納にも困りません。カリタ式コーヒーを体験してみたい人におすすめです。

トーチ-おうちカフェ入門セット (7,920円)

オリジナルコーヒー付属の充実のドリッパーセット

陶器と天然木でできているドーナツドリッパーが付属しています。ドリッパーの円錐台形型という独特な形状がポイント。コーヒーの層が厚くなり、お湯にふれるコーヒーの量が増えることで、濃厚なコーヒーが楽しめますよ。

付属のオリジナルブレンドのコーヒーは、豆のままだったり、粗挽きだったりと好みの状態が選べます。木製のドーナツドリッパーもおしゃれで、見た目にもこだわりたいという人におすすめ。ペーパーフィルターなどハンドドリップに必要なものはひと通り付属しているので、届いたその日から楽しめます。

スタンレー -真空マグ付きプアオーバーセット (8,250円)

保温効果抜群の真空マグ付きでアウトドアにもぴったり

ステンレス製のドリッパーが付属しています。ペーパーフィルター不要で、洗って繰りかえし使えるタイプです。繰り返し使えるフィルターは手入れの大変さがネックになりがちですが、このフィルターは食洗機にも対応しているので、使い勝手もばっちり。

また、スタンレーの真空断熱技術は100年以上の歴史があり、保温性能も優れています。マグにはふたもついていて、衛生的なのもうれしいですよね。シンプルな白とシルバーのデザインは、アウトドアだけでなく、家で使ってもインテリアの邪魔をしません。

スノーピーク-フィールドコーヒーマスター (16,280円

キャンプで本格コーヒーをいれるなら持っておきたいセット

ドリッパーはステンレス製で、台形型の1つ穴タイプとなっています。コンパクトに収納でき、ケースも付属しているので持ち運びに最適。容量はコーヒー約4杯分もあるので、大勢でのキャンプにもおすすめです。

アウトドア用品のメーカーでありながら、ドリッパーの質にもこだわっており、パーコレーターとペーパードリップの2種類の抽出方法が楽しめます。パーコレーターは、直火でお湯を沸かしそのままコーヒーが作れる抽出器具。パーコレーターには、コーヒーの中に豆が混ざりやすいというデメリットがありましたが、このパーコレーターは独自の構造で豆が混ざるのを防いでいます。キャンプでも本格的なコーヒーを楽しみたい人にはうれしいセットですね。

スタンドタイプでおすすめのコーヒードリッパーセット

キントー-ブリューワースタンドセット (16,500円)

見ているだけで癒される美しさ

ステンレス製の円錐型フィルターが付属しています。フィルターはペーパーフィルター不要で、洗って繰りかえし使えるタイプ。サーバーの容量は約600mlと大きめ。4杯分のコーヒーをまとめて作ることができますよ。

スタンドは可動式なので、小さめのカップから大きなサーバーまでさまざまな容器と合わせて使えます。また、スタンドは真鍮とウォールナットからできており、落ち着いた雰囲気のインテリアに最適。優雅なコーヒータイムを過ごしたい人におすすめのセットです。

コレス-ステンレスドリップセット (15,000円)

組み立て式でコンパクトに収納できるスタンド

ステンレス製の円錐型フィルターが付属しています。フィルターはペーパーフィルター不要で繰りかえし使えるタイプ。スタンドの高さが変えられるので、付属のサーバーだけでなく、手持ちのカップなどにも合わせて使えます。

サーバーはハンドメイドで作られており、ころんとした丸い形が特徴的。置いておくだけでやさしい雰囲気をかもし出してくれます。台座が竹製なので温かみがあり、ナチュラルな雰囲気がが好きな人にもぴったり。

ハリオ-ウッドスタンドセット (8,580円)

ガラスとオリーブウッドの組み合わせがおしゃれ

円錐型のガラス製ドリッパーが付属しています。ドリッパーはハリオ独自のV60型。抽出スピードが速く、すっきりとした味わいのコーヒーが楽しめます。ペーパーフィルターやコーヒーを計量するメジャーカップも付属しています。

オリーブウッドのスタンドとガラス製のドリッパーの組み合わせは、ナチュラルな雰囲気が好きな人にぴったり。サーバーの独特な形もおしゃれでかわいいですよね。しっかりとした作りで安定感もばっちりです。

ブリューコーヒー-ドリッパーセット (4,026円)

同じ色で統一されたスタイリッシュなドリッパーセット

円錐型の陶磁器製ドリッパーが付属しています。ステンレス製のフィルターはペーパーフィルター不要で洗って繰りかえし使えるタイプです。スタンドもステンレス製なので、耐久性も心配いりません。長く愛用できますよ。

付属のマグカップの容量は300mlとやや大きめ。一度にたっぷりコーヒーをいれることができます。また、スタンドタイプにしては珍しくコンパクトな設計なので、収納の際も場所をとりません。アパートなどで一人暮らしをしている人におすすめです。

カリタ-ネオウッドスタンドセット (14,300円)

分解可能なウッドスタンドがうれしい

ガラス製の円錐型ドリッパーが付属しています。ドリッパーはウェーブフィルターという波型のペーパーフィルター専用となっています。ウェーブフィルターは、底が平らになっているのが特徴。お湯がコーヒー粉に均一に行きわたり、安定した味のコーヒーをいれることができますよ。

しずく型の木製スタンドはインテリア性もばっちり。部屋をやさしい雰囲気にしてくれます。さらに、スタンドはオイル塗装がされており、使うほど味がでてくるのも魅力的。長く使えるドリッパーセットを探している人におすすめです。

プレゼントにおすすめのコーヒードリッパーセット

ロックスモーションダブルコーヒードリッパーセット (19,800円)

2つ同時にドリップできるドリッパーセット

ステンレス製の円錐型フィルターが2つ付属しています。フィルターはペーパーフィルター不要で洗って繰りかえし使えるタイプ。サーバーやドリッパーも2つずつ付属しているので、同時に2種類のコーヒーを楽しむこともできます。ドリッパーに氷を入れれば、アイスコーヒーも楽しめますよ。

真鍮製のおしゃれなスタンドとステンレス製のドリッパーの組み合わせは、高級感がありオブジェとしても使えます。出したままでも汚れないように、ガラスケースまで付属していますよ。コーヒー好きでおしゃれな夫婦へのプレゼントにおすすめです。

キントー-ペアマグ&コーヒーカラフェセット (9,240円)

もらってうれしいこだわりのペアマグ付き

ステンレス製の円錐型フィルターが付属しています。フィルターはペーパーフィルター不要で、繰りかえし使えるタイプ。ドリッパーの一時置きとして使えるホルダーも付属しており、コーヒー豆が計れる目盛がついているので便利ですよ。

付属のぺアマグカップもキントー製です。おしゃれで使い勝手にもこだわっているので、プレゼントに喜ばれますよ。ラッピングもしてもらえるので、そのまま渡せて便利です。結婚祝いや新築祝いのプレゼントとしておすすめです。

コーノ-ドリッパー セット (6,600円)

本格派にも人気のコーノ式ドリッパーセット

プラスチック製の円錐型ドリッパーが付属しています。専用のペーパーフィルターもセットになっており、すぐにハンドドリップが楽しめます。サーバーは持ち手が桜の木でできており、おしゃれで温かみがある雰囲気になっているのが魅力的。

ドリッパーセット一式が専用ボックスに入っているので、ちょっとしたプレゼントに最適です。プロも愛用するコーノのドリッパーセットは、コーヒー通にも喜ばれるはず。おいしいコーヒーをいれるための説明書がついているのもありがたいですね。

オリガミ-ドリッパーギフトセット (6,000円)

独特な形状とカラフルなドリッパーが目を引く

磁器製の円錐型ドリッパーが付属しています。ドリッパーは見た目が印象的ですが、機能性にもしっかりこだわっています。ウェーブ型になっていることでお湯がスムーズに抜け、いろいろな抽出を楽しめますよ。

カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイント。性別や年齢を問わず、お気に入りの1色を見つけることができます。木製のホルダーもおしゃれで、雰囲気にこだわりたい人にも喜ばれるでしょう。友人やパートナーへのプレゼントにおすすめです。

まとめ

用途にあったドリッパーがついているコーヒードリッパーセットがおすすめ

コーヒータイムを楽しむために1番大切なのは、やはりコーヒーの味。雰囲気も大切ですが、せっかくハンドドリップコーヒーを楽しむなら、まずは味にこだわりたいですよね。コーヒーの味にもっとも影響を与えるのはドリッパーです。好みのコーヒーがいれられるコーヒードリッパーセットを見つけて、おうちカフェを楽しみましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*