おすすめの高級コンポ人気比較ランキング!【ONKYOも】

クラシックやジャズ、ヒップホップなど毎日の暮らしに彩りを添えてくれる音楽。音のクオリティーにこだわり極上のサウンドを味わうのであれば、高級コンポがおすすめです。今回は、高級コンポにはどのような種類があるのか、そして、特徴や選び方のコツなどを解説します。また、厳選したおすすめの高級コンポをランキング形式でご紹介。ぜひ、最後までご覧ください。

高級コンポの特徴

至高の音を楽しむオーディオ機器

高級コンポのコンポとは、正確にはコンポーネントステレオと表記します。スピーカーを介して音楽を楽しむことを目的としたオーディオ機器のこと。極上のサウンドのために、素晴らしい技術をたくさん詰め込んだコンポが高級コンポでしょう。

部屋を彩るインテリアとしても活躍

珠玉の音を楽しむことができる高級コンポ。音質の良さだけでなく優れたデザイン性もポイントの一つです。アンティークなデザインやスタイリッシュなデザインが部屋をより素敵な空間に演出してくれるでしょう。

高級コンポの種類

セパレート型

スピーカーの位置や種類を自由にカスタマイズできる

セパレートタイプのコンポは、スピーカーやアンプ、プレーヤーがそれぞれ独立していることがポイントです。スピーカーの位置や高さ、角度を自由に調節可能。音の広がり方や響き方を追求でき、よりよいサウンドを味わうことができるでしょう。

左右で種類の違うスピーカーにアレンジすることもできます。また、将来アンプのグレードアップを計画することも可能。好みの音に細かく対応できますよ。万が一、スピーカーやプレーヤーなどが故障しても単体で修理できることもポイントでしょう。

オールインワン型

コンパクトで場所を取らず手軽に設置できる

オールインワンタイプのコンポはプレーヤーとスピーカー、アンプが一つにまとまっています。小さなサイズに設計されたアイテムが多いことが特徴。持ち運びにも便利で部屋の模様替えなどにも困らないでしょう。限られたスペースでも質の良いサウンドを楽しむことができますね。

複雑なケーブルの接続が必要ないことも注目ポイントです。機械の扱いに慣れていない方でも気軽に設置できるでしょう。また、小さなお子さんやペットと一緒に暮らしている家庭でも、配線を気にすることがないので気兼ねなく使うことができますね。

高級コンポの選び方

スピーカーシステムで選ぶ

自然な歌声や音を味わいたいならフルレンジタイプ

フルレンジスピーカーは、1つのスピーカーだけを使って高音から低音までを響かせる仕組みとなっているものです。耳馴染みが良く、聞いていても疲れない自然なサウンドが魅力。自然な歌声や弾き語りを楽しむことができるでしょう。また、一つのスピーカーだけで構成されているのでコストパフォーマンスの高さも注目されています。

バランスの良い低音と高音を味わうなら2wayタイプ

2wayスピーカーとは、高音域を担うスピーカーと低音、中音域を担うスピーカーの2種類を使って音を作り出すタイプ。スピーカーから2m以内の距離で音楽を楽しむことに適しています。2種類のスピーカーがそれぞれの役割を担っているため、個々の負担が少ないことが特徴。調和のとれた高音と低音を楽しむことができます。ハイレゾ対応機器を選ぶ方は、2way以上のスピーカーで聞くとさらに至福の時を過ごせるでしょう。

広い空間で大音量の音楽を楽しむなら3wayタイプ

3wayスピーカーは高音域と中音域、低音域を3つのスピーカーそれぞれが担当します。ダイナミックで壮大な音を味わえるでしょう。重厚感のあるオペラや様々な楽器の迫力を感じられるクラシックを楽しむにはおすすめです。また、スピーカーが3つのため、余裕のあるスペースが必要。オーディオルームやシアタールームなどのスピーカーから2m以上ある広い空間で大きな音を味わいたい方におすすめです。

 

接続方法で選ぶ

音の劣化やノイズが気になるならアナログ接続

アナログ接続は、ケーブルを使って音源とコンポを接続する方法です。配線に時間を要しますが、音質低下の因子と考えられるものを排除できますよ。通信環境に左右されることなく音楽を思う存分楽しむことができるでしょう。雑音が入ってしまうことや音が飛んでしまう心配もないですね。より質の良い音楽を心置きなく楽しみたい方におすすめです。

タブレットやスマートフォンで音楽を楽しむならワイヤレス接続

Bluetooth機能を利用して、タブレットやスマートフォンの音楽を楽しむことができます。通信環境によって音質が左右されることがあるので頭に入れておきましょう。手元のスマートフォンなどから聞きたい曲を選ぶこともでき、とても便利です。また、Wi-Fiに接続すると音楽配信サービスも利用可能。いつでも気軽に高音質な音楽を楽しむことができるでしょう。

配線にも音質にもこだわるならUSB接続

USBが接続できるタイプは、USBメモリに記録したデータをスピーカーで再生することができます。USBを直接差し込むため通信が安定しやすいことが特徴。ワイヤレス接続に比べると、音が遅れて聞こえることやノイズが少ないですよ。また、ワイヤレスタイプと併用しているものを選べば、配線もなく機器周辺もすっきりするでしょう。

対応機能で選ぶ

よりハイクオリティな音質を求めるならハイレゾ機能対応型

ハイレゾとは、ハイレゾリューションオーディオのこと。CDでは聞こえなかった音の細かな部分や表現力、奥行きを味わうことができるシステムです。最高級の音質を味うことのできる高級コンポの醍醐味であり、注目されている機能でしょう。アーティストの息づかいや臨場感あふれるライブパフォーマンスを思う存分楽しみたい方は検討してみて下さいね。

ラジオ番組をクリアな音で楽しみたいならFMやAMチューナー内蔵型

ラジオを仕事や家事のBGMとして利用している方にはFMやAMチューナーが搭載されているタイプがおすすめです。インターネットラジオに対応しているものやAMをFMの電波で聞くことのできるタイプなど種類が豊富。ライフスタイルにぴったりなものを選びましょう。また、ラジオは災害時の貴重な情報源です。防災を意識するならラジオ機能付きも視野に入れてみましょう。

高級コンポのおすすめブランド・メーカー

Victor(ビクター)

木のメリットを利用したウッドコーンスピーカーが魅力

オーディオ機器やテレビなどの音響関係から映像関係と幅広く展開しているメーカーです。ウッドコーンスピーカー製品が魅力。木から生み出されるサウンドはとても繊細で柔らかく、優しい印象を与えてくれるでしょう。木の温かみが感じられる落ち着いたデザインものが多く、年齢が高い世代からも愛されています。

ONKYO(オンキヨー)

日本を代表する音響機器専門メーカー

日本を代表する老舗音響機器メーカーです。創業以来、高音質なサウンド作りを追求。スピーカーのユニットや振動板などのすべてを自社で生産していることで有名です。長年の経験から生み出される耳にフィットする、ナチュラルなサウンドが魅力でしょう。また、ハイレゾ音源にいち早く対応。伝統を守りつつ、進化し続けるメーカーです。

Pioneer(パイオニア)

最先端の機能と斬新なデザインが魅力

 

 

コンポなど音響機器だけでなく、カーナビやテレビなどの製品も取り扱っているメーカー。ハイレゾ音源をワイヤレスで聞くことを実現したアイテムが有名です。また、独創的でスタイリッシュなデザインが多いこともポイント。時代の先を行く機能と近未来的なデザインを探している方におすすめです。

BOSE(ボーズ)

力強い重低音を得意とするアメリカの音響メーカー

アメリカの有名音響機器メーカーであるBOSE。独創性の高いスピーカーを多く販売しています。ウェーブガイドテクノロジーというクオリティーの高い低音を響かせる技術力がポイント。コンパクトでクールなデザインも魅力です。部屋をハイセンスな空間に彩ってくれるでしょう。

おすすめ&人気の高級コンポランキング

セパレート型でおすすめの高級コンポ

Victor-WOOD CONE Premium model EX-HR10000(162,800円)

ウッドコーンのスピーカーの魅力が感じられる限定プレミアムモデル

木の持つ力を最大限活用したウッドコーンスピーカーが特徴。スピーカーに木のパーツを惜しみなく使っており、楽器のような美しい音やナチュラルな響きを再現しています。また、コンパクトで優しい木のぬくもりが感じられるデザインも魅力でしょう。

独自に手掛けたデジタル高音質化技術のK2テクノロジーを搭載。Bluetooth機能を使いワイヤレスでもハイレゾ音源に近い、高い音質を楽しむことができます。オーディオ界では有名なウッドコーンスピーカーを体感してみたい方や家具としても部屋になじむようなデザインを探している方におすすめです。

Pioneer-Stellanova APS-S301J(75,380円)

iPhoneやiPadからハイレゾ音源をワイヤレスで楽しめる

パイオニアの高い技術力で開発されたAir Hi-Res Link Technologyを搭載。iPhoneやiPad専用のアプリをダウンロードすると、ハイレゾ音源をワイヤレスで再生することができます。ハイレゾ音源の特徴であるライブ感や臨場感を部屋のどこにいても気軽に楽しむことができますね。

どこにもない個性がキラリと光るデザインも魅力。カラーラインナップが豊富で最大16通りある組み合わせの中から好きなものを選ぶことができます。iPhoneやiPadユーザーの方や最先端の技術で音楽を楽しみたい方におすすめです。

ONKYO-X-NFR7FX(69,980円)

20年以上の歴史と時代にあった進化が感じられる高級コンポ

20年以上の伝統を継承しつつ、時代に合った進化を遂げるロングセラーシリーズです。録音やタイマーなどの変わらない機能や操作のしやすさは健在。また、Bluetooth機能やハイレゾ音源にも対応しており、時代に合った最新機能も充実しています。

独自開発したアンプ技術のWRATを搭載。音質を劣化させる因子を抑制させ、力強くダイナミックなサウンドを味わうことができますよ。シンプルな機械操作と最新機能を兼ね備えたコンポを探している方におすすめです。

ECLIPSE-CDR1 508 PACK(148,500円)

卵形のスピーカーで音の響きを自由にアレンジ

丸みのある卵形のスピーカーが目を引くコンポです。スピーカーの角度を上下に調整することが可能。部屋の作りや広さに応じて、音の響きを自由にカスタマイズできます。セパレートタイプコンポの醍醐味を思う存分味わえるでしょう。

テレビやレコーダーにつなげて使うことも可能です。臨場感あふれるダイナミックなサウンドで映画やドラマ、アニメを楽しむことができますね。リビングではもちろんのこと、オーディオルームやシアタールームでも活躍してくれるアイテムでしょう。

サンスイ-SMC-300BT(24,800円)

真空管の温かな光とレトロなデザインが魅力

アンティーク家具のような風貌が人気のコンポです。内蔵されているアンプの1次段部分に真空管、2次段部分にはデジタルパワーアンプを装備。真空管アンプが作り出す優しく、柔らかなサウンドとデジタルアンプが生み出すパワフルなサウンドが魅力でしょう。

和紙素材を使った2wayスピーカーも特徴です。和紙を使うことで低音域から高音域までをリアルに再現。初めて真空管アンプの購入を検討している方やレトロなデザインのコンポを探している方におすすめです。

KENWOOD-K-515-N (33,800円)

ハイレゾ音源をより高品質で味わえるスピーカーが特徴

ハイレゾ音源をより素晴らしい音質で聞くことができる2wayスピーカーが特徴。ハイレゾ音源の豊かな音色を心ゆくまで堪能できるでしょう。また、ハイレゾ再生に対応しているヘッドホンもポイント。周りを気にすることなく大好きな音楽に浸ることができますよ。

Bluetooth機能やNFC機能も搭載。NFCに対応したスマートフォンを持っていれば、ワンタッチ操作が可能でとても便利ですね。ハイレゾ音源をより高いクオリティーで楽しみたい方におすすめのアイテムでしょう。

一体型でおすすめの高級コンポ

BOSE-Wave Sound Touch music system IV(77,000円)

厚みのある心地よい重低音を味わえる

ウェーブガイドスピーカーテクノロジーと名付けられた独自システムが特徴です。パイプオルガンの原理を応用したシステムで音の深みや豊かさを追求。厚みのある重低音とコンサート会場やライブハウスさながらの迫力のあるサウンドを味わうことができるでしょう。

シンプルな使いやすさも魅力です。赤外線リモコンがついているので、部屋のどこにいても操作が可能。育児や家事をしていてもリモコンで簡単に操作ができると便利ですね。力強い重低音と使いやすさを兼ね備えたアイテムを探している方におすすめです。

Pioneer- X-SMC02 (41,110円)

スリムなボディーとスピーカーの向きに工夫を凝らしたコンポ

非常に薄くコンパクトなコンポです。部屋の隅や棚の中などちょっとしたスペースに置きやすいことが魅力。Bluetooth機能でスマートフォンなどの音楽をワイヤレス再生もできます。また、外部機器をUSBで接続して充電も可能。

スピーカーの位置を工夫し、音の聞こえ方にもこだわっています。スピーカーを少し外側や上向きに設置することで、セパレートタイプのような音の広がりや響きを再現。一人暮らしの方やワンルームでも質の高いサウンドを楽しみたい方におすすめです。

Panasonic-Technics f SC-C70MK2(130,180円)

3wayスピーカーで音の余韻や繊細さを表現

オールインワンタイプの中でもハイクラスの3wayスピーカーを内蔵している貴重なコンポです。ハイレゾ音源を聞くことができることもポイント。3wayスピーカーで聞くハイレゾ音源で至福の時を過ごすことができるでしょう。

自社開発システムのSpace Tune Autoを搭載。部屋の大きさや設置している場所にぴったりの音質に調整します。ハイレゾ音源を3wayスピーカーで楽しみたい方や、オールインワン型で3wayスピーカーのコンポを探している方は検討してみて下さいね。

Victor-WOOD CONE EX-D6(64,300円)

ウッドコーンスピーカーを手軽に楽しめる

 

 

 

 

ありのままの原音を再現することにこだわったフルレンジウッドコーンスピーカーが特徴です。振動板に天然の木材を使用し、木の持つ力を目一杯活用。木から奏でられるナチュラルなサウンドや楽器のような美しい響きを体感することできるでしょう。

また、Bluetooth機能も搭載されており、ハイレゾ音源の再生機能もついています。ウッドコーンスピーカーで聞くハイレゾ音源に魅了されるでしょう。木目調で趣きのあるデザインが年配の方からの人気も高く、還暦のお祝いや退職の贈り物としても注目を集めています。

個性的なデザインでおすすめの高級コンポ

Tivoli Audio-Music System BT(113,300円)

どこか懐かしく可愛らしいアンティーク調のコンポ

愛らしいアンティークなデザインが魅力のコンポです。全体をまとっている木製キャビネットは手作り。ひとつひとつ心を込めて作られた温かみを感じることができるでしょう。Bluetoothでスマートフォンやタブレットの音楽を楽しむことも可能です。

独自開発したスペースフェイズモードを装備し、スピーカーの位置を部屋に合わせて調節することと同じ効果を体感できます。空間に合わせたスピーカーの配置ができないオールインワンタイプのウィークポイントをカバーしていますね。骨董品のようなビンテージ感のあるコンポを検討している方におすすめです。

Ruark Audio-R7 (538,920円)

イギリス文化が感じられるレトロモダンな趣きが魅力

イギリスの高級スピーカーブランドであるRuark Audio。最新技術を駆使した美しいサウンドとイギリスの伝統が感じられるレトロなデザインが特徴です。Wi-FiやBluetoot機能を装備し、様々なスマートスピーカーとの接続が可能。

Rotoダイヤルを採用した円盤形のリモコンも魅力です。無線方式になっており、本体にリモコンを向けなくても快適に操作できることがポイント。別売りのAV Mountを使うと25kgまでの液晶テレビを置くことも可能です。家具のようなおしゃれなコンポを探している方におすすめです。

城下工業-SWL-A1SET2 (231,000円)

真空管の魅力を目と耳で味わえるコンポ

真空管アンプのもつ優しく、深い響きを生かすフルレンジスピーカー魅力です。SLR方式バスレフ型スピーカーを採用し、自然で気持ちの良い低音域やクリアな中高音域の再生を実現。柔らかく心地よいサウンドを追求しています。

落ち着いたブルーに彩られたトランスカバーも特徴です。安全性や放熱性も重視した特注のパンチングメタルを採用。中央にある真空管の光をより引き立てるデザインとなっています。デザイン性の高い真空管アンプのコンポを探している方におすすめです。

宗七音響-model 216-A-01UAB (264,000円)

木で包み込まれた落ち着きのあるたたずまいが魅力

木のぬくもりが感じられるデザインが魅力。天然無垢材を使用しているため、一つとして同じ模様がなく世界に一つだけのコンポであることがポイント。家具職人の手でひとつひとつ丁寧に作られているこだわりのコンポです。

デンマークScan Speak社製のスピーカーユニットを搭載。長い時間音楽を聴いていても疲れにくい、聞き心地の良さを重視しています。見た目にも聞き心地にも癒されるでしょう。畳や和室に合う自然なデザインのアイテムを探している方におすすめです。

iFI AUDIO- AURORA(209,000円)

竹から醸し出される和の雰囲気が魅力

竹で覆われており、和の風情が感じられるコンポです。音質へのこだわりが魅力。TrueBassという自社開発システムで、一体型でも質の高い低音を再現しています。また、ロシア製の6N3P真空管を装備。クオリティーの高い低音と真空管の生み出す純粋なサウンドが感じられるでしょう。

ARTと呼ばれるルーム補正システムを搭載。超音波で壁までの距離を計測し、部屋の広さなどにぴったりのサウンドを届けてくれます。また、ハイレゾ音源にも対応し、BluetoothやWi-Fi機能を使って音楽配信サービスも利用できますよ。機能面も充実した和テイストのコンポでしょう。

まとめ

生活空間に適した高級コンポがおすすめ

オーディオルームやシアタールームなどの大きな部屋で使うのであればセパレートタイプの高級コンポがおすすめです。一人暮らしや限られたスペースに設置できる高級コンポを探している方は一体型を選ぶのが良いでしょう。ライフスタイルや部屋のテイストに合った素敵な高級コンポを探す参考になれば幸いです。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*