おすすめの後付け雨戸人気比較ランキング!【YKK APも】

強風の飛来物などで被害を受けやすい窓を守ることができると、安心して生活することができますね。そんな時におすすめしたいのが、既存の窓に後付けすることができる雨戸やシャッターです。窓に雨戸が付いていると防犯上もメリットが大きいですよ。そこで、今回はおすすめの後付け雨戸をランキング形式でご紹介していきましょう。簡単施工で安心できる家にぜひリフォームしてくださいね。

後付け雨戸の特徴

雨戸が付いていない窓を守るために後で付ける建具

1階の窓には雨戸が付いていても、2階の窓が無防備なままの家はたくさんあります。最近の後付け雨戸は軽量でしかも簡単に施工ができますよ。家の外観スタイルに合わせたデザインやカラーの種類も豊富にラインナップされています。風に強いタイプや断熱性を高めた雨戸は、快適な生活空間づくりにおすすめの後付け雨戸ですね。

台風などからの飛来物や犯罪から守る点で注目されている

大型の台風が近づいた時、飛来物の被害がよくニュースになっていますね。後付け雨戸を設置すると、窓ガラスが割れてケガをする心配がなくなります。また、防犯上も雨戸はとても有効性がありますね。侵入犯は窓を割って入ってくることが多いと言われています。空き巣の被害からも確実に家を守ってくれますね。

後付け雨戸の種類

電動式

高価だが家の中から雨戸の開け閉めが可能

電動式シャッターは、雨戸の開け閉めをする際に、窓を開けずにリモコンで簡単に開閉できます。手動式タイプと比較すると価格設定が高くなりますが、冷暖房の効率は下がりにくいですね。また、虫が苦手な方にはとてもおすすめな後付け雨戸です。

シャッターを開閉する時の音が静かなことも電動式の特長です。窓を閉めたままなので、うるさい音が部屋に響くことがありませんね。また、手動式と違って、シャッターの開く高さを好きな位置に調節できるのも電動式の嬉しいポイントですよ。

手動式

安価で家のスタイルの合わせたデザインが選べる

手動式の後付け雨戸は、雨戸一枚から対応できるタイプもそろっています。できるだけコストをかけずに、古い雨戸を交換したい方にはぴったりですね。また、戸袋が付いている引き戸タイプに対応した後付け雨戸も用意されていますよ。

手動式の雨戸やシャッターは、電動式と比べると壊れにくいという大きなメリットがあります。またシャッターを開閉する機器の故障の心配もないので、メンテナンス費用もかかりませんね。開け閉めの音や手間はどうしても電動式よりかかります。窓の数が少ない家に向いている種類ですね。

後付け雨戸の選び方

素材で選ぶ

メンテナンス頻度を抑えたいならアルミ製

アルミ製の雨戸は、同じ大きさで鋼板製と比較すると3割ほど軽いです。開け閉めを毎日行う場所の窓には、軽量なアルミ製を採用したいですね。材質のアルミは軽いだけではなく錆びに強いのが特長です。メンテナンスの頻度が少なく、比較的簡単な作業で済むのが嬉しいですね。また、デザインやカラーも多彩なので、家の外観に合わせたスタイルを楽しむことができますよ。

低予算で強度を求めるなら鋼板製

強度は十分あるスチール製の後付け雨戸は、予算を抑えることができるのがうれしいですね。雨戸やシャッターには、特殊塗装を施したガリバリウム鋼板が用いられていることが多いです。スチールだけのものと比べると、かなり錆びにくい素材になっていますよ。低予算で後付け雨戸を設置したい場合には、鋼板製がおすすめです。

機能面で選ぶ

採光や換気をしたいならフラップスラットが開くものを

雨戸やシャッターを閉めたまま、採光や換気ができると防犯上安心ですね。また、近隣からの気になる視線を遮ることもできますよ。ルーバータイプやフラップスラットが開くタイプを選ぶことで、部屋を守りながら外気を取り込むことができますね。リモコンで開閉できる電動式の後付け雨戸なら、座ったままで日照や通風を調節することができます。

冷暖房効率を良くしたいならウレタンの断熱材入りを

断熱材の発泡ウレタンを鋼板の間に注入した後付け雨戸は、夏の暑い日差しを受けても室温の上昇を防ぐ効果がありますね。外出前に雨戸やシャッターを閉めておくことで、電気代の節約につながります。冬は暖かい日差しをたっぷりと部屋に取り込んでから雨戸を閉めると、熱が窓を通して逃げにくくなって、防寒対策にぴったりですね。

風の強い地域なら耐風タイプを

高台の家の2階の窓など、風の影響を受けやすい環境では耐風タイプの雨戸やシャッターがおすすめです。大型の台風に備えるには、耐風圧が1200Paから1600Paを実現したシャッターを選ぶことが重要ですね。強風による飛来物が窓ガラスを直撃すると、割れたガラス片でケガをすることも考えられます。耐風タイプの後付け雨戸で、気候変動に合わせた対策を取りましょう。

操作面で選ぶ

スマホアプリで操作できるものなら外出先から開閉可能

電動式のシャッタータイプの後付け雨戸は、スマホアプリで操作できる便利な機能が付いています。有償オプションの無線LANと変換アダプタを設置することで、複数台のスマホからの操作が可能になりますよ。朝起きてすぐに家中の雨戸を開けたり、外出中に閉めることもできます。外からシャッターの開け閉めすることができると、留守を感じさせない防犯対策にもなりますね。

高機能リモコンなら部屋内一斉操作やタイマーも利用できる

液晶タイプの高機能リモコンが付属している電動シャッターでは、部屋のすべてのシャッターの開閉が一度で操作することができます。また、フラップの好みの位置を記憶させて、快適な採光や採風環境をいつでも再現できますよ。そして便利なのがタイマー機能です。起床時間に合わせてシャッターを開けると、気持ちの良い朝を迎えることができますね。

後付け雨戸のおすすめブランド・メーカー

LIXIL(リクシル)

多種多様な種類の中から選びたい方におすすめ

多彩な後付け雨戸のラインナップが充実しているLIXIL。高機能なスマホ対応の電動シャッターから、DIYにおすすめの取替え用一枚雨戸までそろっています。家の外観デザインに合わせたカラーバリエーションの豊富さや、取り付け箇所への対応も万全ですね。

YKKAP(ワイケーケーエーピー)

既存の雨戸にシャッターを後付けできる

YKKAPは他のメーカーが対応していない場所への後付け雨戸が用意されています。標準的な後付け雨戸はもちろん、土間納まりや戸袋を残したままの状態に対応しているのは嬉しいですね。施工費用が高額な、2階の戸袋付きの窓に後付けシャッターを取り付けるコストを抑えることができますよ。

不二サッシ

ルーバータイプが充実

スラット可動タイプが充実している不二サッシ。季節ごとに異なる、自然の風や日差しを自在に調節することができます。古くから使われているすだれやよしず、そしてシェードの役割を受け継いで、後付け雨戸に活かしたアイデアが注目されていますよ。

おすすめ&人気の後付け雨戸ランキング

電動式でおすすめの後付け雨戸

YKK AP-電動ブラインド X-BLIND (807,620円)

シンプルでスマートなデザインがおすすめ

スタイリッシュなデザインの電動ブラインドは、コンパクトな納まりがすっきりした印象です。モダンなスタイルの家の外観にぴったりですね。ルーバーの角度を変えることで、簡単に部屋に入る日差しと風の量を調節することができますよ。

電動ブラインドの開閉やルーバーの調節は、リモコンでスマートに操作することができます。窓を閉めたまま手を汚さずに開閉することが可能ですよ。電動タイプのブラインドは、費用をかけても快適な空間を大切にしたい方におすすめです。

LIXIL-電動タイプ ボックス下げ納まり (181,501円)

窓上部のすき間が狭くても設置可能

標準タイプのシャッターは、庇や軒が出ている窓には取り付けることができません。窓の上部が狭いとシャッターを巻き取るスペースを確保することが難しいです。そこでおすすめなのが、窓のサッシの一部にシャッターのボックスがかかるように設置する、ボックス下げタイプです。

電動シャッターをアルミサッシの窓に見栄え良く後付けすることができますよ。採風タイプを選ぶことができるのも嬉しいですね。フラップスラットを開閉して、快適な部屋の環境を作り出すことができますよ。

LIXIL-電動シャッター鋼板タイプ (125,400円)

シンプルで安価な電動シャッターエントリーモデル

手動式と比較すると、どうしても価格が高くなる電動シャッター。後付けする費用を抑えるのにおすすめなのが、スラットがスチール製の鋼板タイプです。後付け雨戸を選ぶ最優先の条件を、電動式に考える方向けのシャッターですね。

鋼板製でもLIXILならではの6色のカラーバリエーションから選ぶことができます。また、直感的に操作できるリモコンも付属しています。機能面はシンプルでも、アルミ製と比べるととてもリーズナブルなリモコン付きの電動シャッターですね。

手動式でおすすめの後付け雨戸

YKK AP-マドリモ手動シャッター土間用 (118,813円)

店舗兼住宅におすすめの土間用シャッター

店舗兼住宅の入り口や、庭のウッドデッキなどに窓におすすめのシャッターです。特殊な設置場所に対応している後付け雨戸は、選ぶことができる種類が残念ながら多くありません。しかし、YKKAPはほとんどのシャッターが対応していますよ。

土間用のシャッターは、室内からはもちろん、室外からも施錠することができます。外側からの開け閉めには専用のキーが付属していますね。手動式の操作をするロープは、使用しない時はマグネットでシャッターにすっきりと収納することができますよ。

YKK AP-マドリモ 手動シャッター 雨戸(戸袋のこし) (155,029円)

雨戸の戸袋を残してシャッターを設置することができる

2階の窓の雨戸をシャッターに取り替えるには費用がかかりますね。YKKAPの後付け雨戸は、外壁に取り付けられている戸袋をのこして施工することができます。戸袋ごとすっきりとシャッターで覆うアイデアが特長ですよ。

戸袋を外してシャッターと取り替えるとなると、外壁の施工も必要になってきます。戸袋部分までシャッターで囲むと、外観も違和感なくすっきりとした見た目になりますよ。約3時間の簡単施工で、おしゃれなシャッターが取り付けられますね。

LIXIL- 手動式シャッター 片入隅納まり (113,520円)

窓の横にスペースが無くても設置できる

雨戸を後付けしたい窓の横に全くスペースが無い時がありますね。片入隅納まりタイプを選ぶと、シャッターがすっきりとレイアウトできますよ。下地部材やネジ取り付け部材をなくして、シーリングする箇所を極力減らした後付け工法によって60分で施工が終了します。

表面に水がたまりにくいスラットを使うことで、スチール製シャッターで気になる雨水による錆びを防ぐことができます。さらに、手動シャッターを下ろすだけで簡単に施錠されるので、かがまないで済むのが嬉しいですね。

YKK AP-かんたんマドリモ手動耐風シャッターGR (50,650円)

標準シャッターの2ランク上の耐風性能を備えている

YKKAPの耐風性のシャッターは、耐風フックの数を増やしています。シャッターを後付けする目的が、大型の台風に備えたい場合におすすめですよ。標準シャッターと比較するとより強い風に耐えることができる構造になっています。

また、台風から窓を守る時に重要なのが、近隣から飛んでくる瓦や木材などへの備えです。耐風シャッターGRは飛来物の衝突強度も高めています。標準タイプのシャッターに比べて、台風への備えが一層向上しますね。

LIXIL- 雨戸一筋Danパネル雨戸 鏡板付き戸袋 (59,980円)

雨戸が付いていない窓に取り付け可能な断熱性のあるタイプ

雨戸がない窓からは、外気が直接部屋に入ってきますね。暑い夏には冷房を付けても効きが悪くなります。冷暖房の効率を高めたい時におすすめなのが、表面材と裏面材の間に発泡ウレタンを充填した、断熱タイプの後付け雨戸です。

特に、複層式のガラスを採用していない古い家の大きな掃き出し窓には、防犯や防災対策としても雨戸を後付けするのがおすすめです。カラーバリエーションも豊富なので、家の外観に合った違和感のない仕上がりになりますよ。

YKK AP-後付雨戸(木製雨戸用) (94,956円)

木製の雨戸を簡単にリフォームすることができる

古くなった木製の雨戸は外観やがたつきが気になりますね。木製の雨戸は、外観のスタイルはそのままで強度が高い後付け雨戸に交換するのがおすすめです。スチール製の戸板は、木製と比べると耐久性や強度が非常に高いですね。

雨戸は毎日開け閉めする建具です。取り替えるだけで、スムーズに収納することができるのでストレスを感じなくて済みますね。5色のカラーから選ぶことができる取替え用の雨戸は、家の外観に馴染む色が必ず見つかりますよ。

LIXIL-取替雨戸パネル アルミ枠用 標準タイプ (9,761円)

DIYで雨戸を取り替えたい方におすすめ

雨戸のパネルだけを交換したい時がありますね。戸袋やフレームはまだしっかりしているけれど、雨戸パネルだけに不具合を感じる場合には、取替え用のリフォーム雨戸がおすすめです。飛来物などで雨戸パネルの一部だけが損傷した時にも頼りになりますよ。

シンプルなデザインで雨戸の基本性能は備えています。スタンダードな鋼板タイプのパネルは、とても安価でほとんどのメーカーのレールに取り付けることができますよ。コストをかけずにパネルを交換したい方におすすめです。

快適機能でおすすめの後付け雨戸

LIXIL- リフォームシャッター手動式耐風タイプ(換気付き) (139,151円)

閉めたままで換気することができる

雨戸を閉めたままで部屋の換気をしたい方におすすめなのが、換気スラットが4枚付いているタイプです。窓を開けてシャッターを閉めることで、外気を取り入れることができますね。ただし、換気孔を閉じることはできないため、雨や強風の時は窓をしっかりと閉めてくださいね。

換気スラット以外でも、防犯性と耐風圧性を高めた設計になっているのが心強いですね。フックをプラスしてスラットが抜けにくい構造になっています。シャッターをただ閉める以上に、室内で安心して過ごすことができますよ。

不二サッシ-エコアマド (56,400円)

ルーバー付きで風と光を取り込める

不二サッシのルーバー付きのタイプは、雨戸を閉めたままで採光と採風をコントロールしたい方におすすめです。スラットの角度を自由自在に調節できますよ。外部からの目線を遮りながら、快適な空間を家の中に作り出すことができますね。

暑い季節には、日中はルーバーをしっかりと閉めて冷房効率を上げましょう。夜間は、外気を取り入れながら身体に優しい睡眠環境を整えることもできますね。快適機能が付いた雨戸に取り替えることで、明るく気持ちの良い部屋を手に入れることができますよ。

LIXIL-スマート電動タイプ(126,710円)

有償オプションを使うとスマホアプリから家中のシャッターを開閉できる

スマホアプリで家中のシャッターの一斉操作ができると便利ですね。有償オプションの無線LANと変換アダプタを設置すると、一斉操作や複数台の個別操作が可能になりますよ。登録したシャッターが部屋ごとに整理されて、とても見やすい画面になっています。

HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)機器等と連動することも可能です。外出先からでもシャッターの操作が可能になりますよ。外からシャッターを閉めることができると、防犯面でも非常に安心できますね。

LIXIL-取替え雨戸パネル 断熱タイプ (16,170円)

ウレタンの断熱材で断熱と防音性高めた

コストをかけずに木製枠の雨戸を断熱タイプに取り替えたい方におすすめなのが、こちらの後付け雨戸です。戸袋やフレームまで雨戸を取り替えるとなると、費用がかさみますね。手っ取り早く断熱性能を高めたいときには、パネルだけを交換しましょう。

カラーは一色のみのラインナップです。シンプルなデザインで既存の木製の雨戸に馴染んでくれます。2枚の鋼板の間に発泡ウレタンの断熱材が注入されていて、断熱性だけでなく、防音効果も十分感じることができますよ。

LIXIL-取替雨戸パネル 採風タイプ(44,010円)

視線を遮りながら採風と採光が可能

雨戸の可動部が0度から90度まで調節できます。閉めたままで採光と採風を確保することができますよ。既存の古くなった雨戸のパネルを交換するだけの簡単施工で、外気を取り入れられる快適な空間を手に入れることができますね。

カラーバリエーションも豊富なので、家の外観デザインに合わせたパネルが必ず見つかりますよ。雨戸の上下それぞれで操作が可能となっていて、目線を遮りながら外気を部屋に取り込むことが可能です。また、可動部は操作レバー一つで調節することができますよ。

まとめ

風と光を取り込める「後付け雨戸」がおすすめ

後付け雨戸を使って快適な空間を家の中に作るには、ルーバーやスラットを調節できるものがおすすめです。たしかにコストは少しかかりますが、長期間使用する建具は、一度取り付けるとなかなか交換することがありません。目線や強い日差しをゆるやかに遮りながら、採風と採光を確保できる後付け雨戸で、気持ちの良い部屋作りを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*