おすすめのショアジギングロッド人気比較ランキング!【ダイワも】

遠くに釣り餌を投げて大きな魚を狙ってみたい。手軽な釣り方でサバなどの回遊魚を釣りたい。そんなときランキング形式で紹介している、ショアジギングロッドで手ごたえのある釣りができます。ショアジギングロッドは遠投が得意な長尺の釣り竿。岸辺から沖の大型魚を狙える性能があります。少し投げにくい釣り竿なので、今回は種類と選び方を丁寧に解説。参考にしながら自分が投げやすいモデルを見つけて、岸や堤防で大きな魚を釣り上げて下さい。

ショアジギングロッドとは?

岸から遠投して大型回遊魚を狙うためのロッド

釣り竿のことを釣り用語でロッドと呼びます。ショアジギングは砂浜や磯場、堤防などからメタルジグという金属製の疑似餌を、ロッドで最低100mくらい遠投する釣り方です。ターゲットは主に沖を泳ぐ回遊魚。重いメタルジグを遠心力で遠くまで飛ばせる、長尺のロッドが活躍しています。

ショアジギングロッドのメリット

基礎的なタダ巻きでも釣れることがある

疑似餌のことをルアーと呼びます。ルアーを結ぶ釣糸はライン。ラインを巻き取る釣具がリールです。投げたルアーを巻き取りながら動かし、魚を刺激して誘うのがルアーフィッシングの基本。リールを巻くだけなのでタダ巻きと呼ばれています。ショアジギングロッドは基礎的なタダ巻きでも魚を釣ることができますよ。

パワー重視で耐久度が高い

ショアジギングは3つのカテゴリーに分かれています。あまり遠投せずに岸辺近くの根魚を狙うのが、スーパーライトショアジギングです。やや重いルアーで中型魚を中心に狙うのがライトショアジギング。沖の大型魚も積極的に狙うのがショアジギングです。カテゴリーごとに適したロッドが存在。ショアジギングに使うモデルは遠投と大型魚の負荷に対応するため、パワーを重視しているのが特徴です。重い獲物を持ち上げることから、太くて耐久度を高めに設計しています。

入門用のモデルも高性能な傾向にある

ショアジギング用のロッドは、大型魚にも負けないパワーと耐久度が必要です。最高峰のハイエンドモデルだけでなく、入門用にも高度なパフォーマンスが求められます。比較的リーズナブルな価格で高性能モデルを選べるのも、ショアジギングロッドを選ぶときのメリットと言えるでしょう。

ショアジギングロッドのデメリット

遠投専用なので近距離が苦手

ショアジギングロッドは遠くを狙って投げる、ショアジギングに適応した性能を持っています。遠投専用の設計を採用しているので、岸辺の近くを狙うときは別のロッドが有利です。ライトショアジギング用など、少し短めのモデルが便利。9フィート以下の振りやすいロッドがあり、汎用性も高い傾向があります。

ロッドの中でも扱いにくい長さを選ぶことになる

ショアジギングロッドは基本的に長尺です。ロッドの中でも扱いにくい長さを選ぶことになります。扱いやすさを重視する場合、できるだけ短いモデルから選ぶのがおすすめ。初心者で自分のパワーやテクニックが心配な場合は、短めのロッドで挑戦できるライトショアジギングや、スーパーライトショアジギングから始めるのも好手です。

ショアジギングロッドの種類

スピニングロッド

飛距離や扱いやすさを重視している

ロッドは大きく2つに分けることができます。対応しているリールに違いがあり、スピニングリールを付けるのがスピニングロッドです。スピニングリールは横向きにラインを巻いているのが特徴。ベールというカーブを描いた金属棒に、ラインを引っかけて固定します。

スピニングリールは飛距離を重視した構造です。飛び出すラインに抵抗が生まれにくいことから、メタルジグを遠くまで飛ばせる傾向にあります。遠投に合っているのがメリット。もう1つのベイトリールより操作がシンプルなので、初心者に優しいのも利点です。取り付けるスピニングリールも飛距離や扱いやすさを重視した設計が多く、ショアジギングに広く採用されています。

ベイトロッド

パワーと精密さを重視している

ベイトロッドにはベイトリールを取り付けます。メタルジグが飛び出す方向と同じ、縦向きにラインを巻いているのが特徴です。手元にブレーキがある機械的なリール。メタルジグとラインを投げた後、ブレーキを徐々に緩めて距離の微調整ができます。また、スピニングリールよりパワーがあり、大きい魚を無理やり引っこ抜くなど、強引な釣り方にも対応していますよ。

ベイトリールはパワーと精密さを重視しています。ベイトロッドもリールの性能を生かせる設計です。スピニングリールより操作が複雑で、飛距離を出しにくいのが短所。飛距離と精密さを天秤にかけたとき、飛距離を取るのがショアジギングにとってベターです。しかし、大型魚に対抗するパワーを得られるのは利点。飛距離を出すために長期の反復練習を必要としますが、扱いきれるようになればスピニングロッドにはできない、パワフルな釣り方を実践できます。

ショアジギングロッドの選び方

長さの違いで選ぶ

ロッドの長さはフィート単位で表記される

ロッドの長さはフィート(ft)で表記されます。1フィートは約0.3mです。竹竿などを実際に振り下ろすと解りますが、ロッドは長いほど重くて振り切るのが大変。一方、遠心力の影響でメタルジグを遠くまで飛ばせます。テクニックにもよりますが、200mくらいの大遠投も可能に。また、パワーも増す傾向で、重いメタルジグを取り付けることができます。短いと飛距離やパワーを得にくい半面、少し軽くなって投げたり動かしたりするアクションが楽です。

9フィートから10.6フィートが初心者向きの長さ

ショアジギングロッドのスタンダードな長さは9フィートから11フィート、つまり2.7mから3.3mです。ショアジギングロッドとしては短い、9フィートから10フィートが特に初心者向きと言われています。また、10フィートから10.6フィートはショアジギングロッドの中間的な長さで、長いモデルより扱いやすい傾向ですよ。初めて選ぶ場合は、9フィートから10.6フィートまでのモデルが目安になります。

釣りの幅を広げやすいのは10.7フィート以上

10.7フィートから11フィート、つまり3.3m付近は、ロッドの中でも長いモデルと言えます。扱いにくい半面、遠くまでメタルジグを飛ばせる傾向です。メリットは狙える場所が広いこと。さらに扱えるメタルジグの範囲も広くなり、非常に大きな魚を釣り上げることができます。専門性は高いですが、ショアジギングの中で釣りの幅を広げやすい長さです。

ロッドパワーの違いで選ぶ

メタルジグは適合ウエイトに合わせる

ロッドはモデルごとにロッドパワーという硬さを表記しています。ショアジギング用の主力は3つで、もっとも柔らかいのがM(ミディアム)です。MH(ミディアムヘビー)は中間に当たる硬さ。もっとも強いのがH(ヘビー)です。100g近いメタルジクを遠投し、5㎏以上のブリやシイラ、ヒラマサも釣り上げることができます。

ロッドパワーは遠投できるメタルジグの範囲に関係していて、硬いほど重いメタルジグや魚を引き上げるのが得意です。ジグウェイト(g)MAX90のような形で、ロッドパワーと一緒に範囲が記載されています。メタルジグの重さが許容を超えてしまうと、最悪の場合ロッドが折れるかもしれません。メタルジグは必ず、ロッドパワーと適合ウエイトに合わせた重さを選んで下さい。

中型魚も狙いに入るMは初心者におすすめ

Mは8gから45gくらいのメタルジクを取り付けることができます。モデルによっては65gくらいのメタルジグを遠投可能で、ショアジギングに使えることがありますよ。投げやすい重さは20gから30gくらいで、ライトショアジギングやスーパーライトショアジギングの主力。中型クラスのサバなど、初心者向けのターゲットを狙いやすい組み合わせです。30cmから40cmの魚を狙うのであればMでも十分。9フィートから10フィートくらいのロッドが増え、扱いやすい長さを選択できるところも初心者に向いています。

MHはショアジギングにおいての汎用性がある

MHは20gから60gくらいのメタルジグを取り付けることができます。メーカーによっては90g程度も想定していて、もっとも投げやすいのは40gくらいの重さです。40gから60gのメタルジグはオールマイティーが多め。ショアジギングのターゲットを幅広く狙えます。そのため、MHのパワーを持つショアジギングロッドも汎用できる傾向。サバのような軽い魚からブリのような重い魚まで、卒なくターゲットにできます。

大型魚狙いに適しているのはH

Hは30gから80gくらいのメタルジグを取り付けます。ロッドによっては100gのような、ヘビーウエイトも投げることが可能です。もっとも得意なのは50gから60gくらいの重さ。ブリやヒラマサなど、5kg以上の大型魚をアベレージにしているショアジギングロッドが豊富にあります。ショアジギングで大型の回遊魚を狙うときは、魚自身もメタルジグも非常に重くなるので、Hが最適なロッドパワーです。

展開方法の違い選ぶ

2ピースなどの並継ぎはメンテナンスしやすい

並継ぎのロッドは展開前、均等に分離しているのが特徴です。分離しているロッドを継ぎ目に差し込んで、本来の長さに戻します。継ぎ目のことをピースと呼ぶのが一般的。例えば2つに分離している場合は2ピースロッド、3つなら3ピースロッドと呼ばれます。並継ぎ式のメリットはメンテナンス性の高さ。短い状態で1つ1つの区画を別々に水洗して、乾燥させることができます。

伸縮する振出式は携帯しやすい

振出式は押し込まれている部分を伸ばしていき、本来の長さに戻します。長いまま洗うので引っかけて細い先端が折れないように、障害物を避ける注意が必要です。また、ロッドの中に水が入るのを防ぐため、乾かすときも展開させておくのがマスト。短い状態で洗える並継ぎ式の方が、メンテナンス性は有利です。一方で並継ぎより短く縮むモデルが存在。携帯しやすい傾向にあるのは振出式のロッドと言えるでしょう。

ショアジギングロッドのおすすめブランド・メーカー

SHIMANO(シマノ)

軽いショアジギングロッドを豊富に扱う

ショアジギングロッドは基本的に長尺です。自重が300gに迫るような重いロッドもあります。重いロッドは何度も振っていると疲れやすいですよね。リールやメタルジグの重さもプラスされるので、なるべく軽い方が疲れません。便利なのが250g以下の軽いショアジギングロッドを揃えているシマノ。王道メーカーの1つで、人気リールなども一緒に選ぶことができます。

DAIWA(ダイワ)

定番のオーバーゼアを扱う人気メーカー

ダイワは釣具メーカーとして、一番ポピュラーと言っても差し支えないでしょう。ショアジギングのカテゴリーにおいても、ロッドや他の釣具が定番化しています。オーバーゼアというロッドが特に有名です。9フィートのジグキャスターも定番中の定番。扱いやすい長さと高い性能があって初心者に人気です。

Major Craft(メジャークラフト)

強度とコスパの良さが魅力になっている

他メジャーメーカー製と比べたとき、メジャークラフト製のロッドは性能が劣るという釣り人もいます。一方、近年はルアーフィッシングのロッドに力を入れており、クロスフォーム製法などのモデルが高強度です。捻じれに強いことから、ロッドに負荷がかかるショアジギングでも十分に通用。庶民派でコスパがいいこともあり、初心者や中級者の強い味方になっています。

Abu Garcia(アブガルシア)

短めのハイパワーロッドなどが人気

アブガルシアはおすすめのポイントが2つあります。1つが大型魚対応の短いロッドを選べるところ。100gといった重いジグをフルパワーで放り投げられる、9フィート台のモデルがあります。もう1つはベイトとスピニング、両方のリールが優秀なところ。中位の価格でも性能はハイエンドに匹敵する場合があります。ロッドとリールの両方をアブガルシアで揃えるのは、非常におすすめと言えるでしょう。

おすすめ&人気のショアジギングロッドランキング

9フィート台でおすすめのショアジギングロッド

シマノ-ソルティーアドバンス ショアジギング96MH (10,094円)

80gまでのメタルジグを扱う247gの軽量ロッド

多魚種を狙うためにシリーズ化しているロッドです。全12種に枝分かれしており、それぞれが対象魚を持ちます。太刀魚用やメバル用などの特化セッティングが存在。大型回遊魚を想定しているのがショアジギング96MHなどのモデルです。80gまでのメタルジグを投げるスピニングロッドで、247gと軽量にできているところが魅力になっています。

MHのロッドパワーが魚に対して柔軟であり、通常サイズのアジなど、青物を釣るケースで広く活躍しています。1つ下のカテゴリーであるライトショアジギングにも使われており、汎用性は高めです。幅広い釣りができてコスパがいいことから、エントリー用としても人気。初心者だけでなく、釣りの中級者がショアジギングに挑戦したい場合も、最初の1本に選べるでしょう。

ダイワ-オーバーゼアAGS97M (56,320円)

ハイエンドクラスだが性能は上級者以外にもおすすめ

4ピースのスピニングロッドです。2.92mを4分割しているので1パーツが70cmくらい。携帯するときも困りにくい長さに設計しています。メンテナンス時も長さが苦にならないため、管理しやすいショアジギングロッドと言えるでしょう。

ねじれに強い構造で、しなやかなボディを持っています。ロッド全体がルアーの重さと自分のパワーを受け止めて、的確に開放してくれるのが特徴です。簡単に言うと初心者でも非常に飛ぶロッド。10gの軽量ルアーが使えるので、ライトショアジギングにも流用できる許容範囲があります。ハイエンドクラスですが汎用性も意識しており、上級者以外が使っても非常に便利です。

ダイワ-21 ジグキャスター 96MH・N (17,437円)

基礎的なモデルだが高性能を実現している

ショアジギングロッドを代表するモデルの1つで、新旧問わず遠投する釣りに活躍しています。60gくらいのメタルジグを投げるのが得意ですが、最大80gまで扱える性能です。エントリーモデルの中でも基礎的と言えますが、ショアジギングに適した設計は秀逸。構造の工夫で高性能を上手く実現しています。

同シリーズにHのロッドパワーもあります。5kgを上回るような青物は、10フィート以上のハイパワーモデルがおすすめです。一方、振りやすい9.6フィートのMHもパワー面は十分。しっかり厚みを持たせたロッドが、持ち前の強度で重いターゲットをグッと引き寄せてくれます。5kgくらいの魚であれば十分に戦えるレベルです。

がまかつ-ラグゼ コヨーテ S96H (37,046円)

ライトショアジギング用だがショアジギングの獲物にも対応

Hのロッドパワーを持つショアジギングロッドで、40gから65gのメタルジグを投げることができます。ショアジギングは100g付近の重量級メタルジグを投げることも多く、60g以下はライトショアジギングの範疇。本来はライトショアジギングに適したモデルですが、ショアジギングの入り口で使うこともできます。

ショアジギング用としては、メタルジクの許容範囲が少なめです。一方、メリットになる部分もあります。1つは中型魚を中心に立ち回れる性能。初心者も積極的に狙えるサイズの魚で、自重197gの軽さが、通常のショアジギングロッドより疲れません。もう1つはショアジギングで狙う大物が掛かっても、問題なく対処できるパワー。ライトショアジギングとショアジギング、どのカテゴリーを選ぶか迷う場合は絶好の候補になるでしょう。

がまかつ-ラグゼ ジェットブル93XH (67,787円)

大物を前提にしている中上級者向けのハイパワーロッド

汎用性が下がるので少しニッチになりますが、Hより強いロッドパワーをショアジギングに選ぶこともあります。XH(エクストラヘビー)を採用したジェットブル93XHなどが、代表的なモデルです。XHより上のロッドもありますが、基本的には超大物狙い。一般向けの魚には余り使いません。

ショアジギングにおいて実質的な最高はXHです。復元性があって、元に戻る強力な力を備えています。ロッド自身がグッと引き上げるように、重い魚を浮かせてくれますよ。ショアジギングロッドの中でも非常にパワフル。5kgを超すような大型魚と戦うことを前提にしているため、中上級者向けの設定と言えます。

10から10.6フィートでおすすめのショアジギングロッド

シマノ-コルトスナイパーSS S106H (23,544円)

並継ぎと振出が選べるハイレベルなスピニングロッド

ライトショアジギング、スタンダード、本格的ショアジギングの3部門があるロッドです。ロッドパワーを強めに設定しているS106Hなどが、本格的ショアジギングのモデル。最大100gのメタルジグを遠投できます。10フィートと9.6フィートのモデルもあり、同じ重さを付けることが可能。長さは好みで選ぶといいでしょう。

10kg付近の大型魚を引き上げることができる、非常にパワフルな性能があります。また、スナイパーという名前通り命中率も抜群です。炭素繊維を巻いて固めた胴体が非常に強靭。遠投力、精度、耐久度の次元はハイレベルで、価格以上の性能を秘めているタイプです。なお、並継ぎと振出の両方があり、メンテナンス重視か機動性重視かで選ぶこともできます。

ダイワ-ショアスパルタン ブレイクスルー103H (62,254円)

非常に堅牢で破損トラブルが起こらないロッド

10.3フィートのロッドで、30gから100gのジグを取り付けます。大型回遊魚をメインターゲットにしている2ピースの並継ぎ式です。並継ぎは分離していますよね。継ぎ目があるので一体型の1ピースより、パワーや強度を稼ぐのが難しい構造です。一方、ショアスパルタンは炭素繊維であるカーボンを上手く配列し、弱点を完璧に近いところまで克服しています。

織物のように並んだ正六角形のカーボンが非常に堅牢で、色々な方向の負荷からロッドを守っています。大型回遊魚を相手にしても、曲がりや折れ、捻じれというロッドに起こりやすい破損がありません。まさにトラブルレス。1ピース並の性能を得ている最高クラスの波継ぎロッドです。

メジャークラフト-クロステージ ショアジギング CRX-1002H (15,543円)

80g対応ロッドで他カテゴリー用も選べる

シリーズの幅が非常に広いロッドです。5gのような軽いメタルジグを使えるロッドパワーもあります。スーパーライトショアジギング用、ライトショアジギング用も同シリーズから選択可能。MH以降の長尺ロッドは全部で5本あって、ショアジギング向けの設定です。

大型青物を想定しているのが、10フィートの長さとHのパワーを持つCRX-1002Hです。最大80gの疑似餌を遠投する、もっともショアジギングに適したモデルと言えます。少し短いモデルが欲しい場合は、CRX-962Hもおすすめ。9フィート台で投げやすく、青物を強引に浮かせるようなパワーも備えています。

アブガルシア-STJS-1062MH-KR (16,289円)

高性能かつコスパがよくてベイトリール用もある

10.6フィートのショアジギングロッドで、MHを採用しています。20gから80gのメタルジグを遠投。5kgくらいの大型魚をメインターゲットにするモデルです。アブガルシア製の中ではエントリー用に位置していますが、上位に劣らないパワフルさ。性能とコスパの良さがロングセールスに繋がっていて、過去モデルも根強い人気があります。

ショアジギング系の釣りは遠投が基本です。メーカーは遠くまで飛ばしやすい、スピニングロッドのみでシリーズを構成する傾向があります。一方でソルティースタイルはベイトモデルもラインナップしているのが長所。リールに万能なところも根強い人気を支えている、大きな理由と言えるでしょう。

10.7から11フィートでおすすめのショアジギングロッド

天龍-パワーマスター ヘビーコアPMH110H(62,889円)

持ち前のパワーと長さで大遠投を狙える

3つの部門で狙う魚を分けているロッドです。大物狙いのショアジギングにはヘビーコアという部門を選びます。ヘビーコア中11フィートを採用しているのが、最高峰モデルに位置しているPMH110H。最大で100gのメタルジグを投げることができます。

持ち前の長さとパワーで大遠投を狙えますが、自重を引き換えにしています。433gの重量級ロッドです。扱いが難しい部類に含まれるので、初心者向けからは外れていると言えるでしょう。魚の横移動をパワーで引き止めるような剛腕タイプの釣りを想定しており、設定面も中、上級者寄りといったイメージです。

テイルウォーク-オキナワマンビカ 110SXH (29,040円)

粘り強く大型魚と戦える超ヘビー級のロッド

最大で150gのメタルジグを投げる、超ヘビー級のショアジギングロッドです。スピニング用の他に、ベイト用のC100SSXH-P3もラインナップしています。名前通り南に生息している大きくて乱暴な魚も、疲れるまで離しません。かなりパワフルで豪快な気質。粘り強く大型魚と戦える優れた性能の持ち主です。

旧作の特徴をパワーアップした次世代型ロッドです。旧作は強靭で魚に破壊されないところが魅力でした。次世代型はカーボンのラッピングで、さらなる強靭さを得ているのが特徴。大遠投できることもあり、ロングレンジかつ超大物狙いのダイナミックな釣りができます。

まとめ

狙う魚に合った投げやすいショアジギングロッドがおすすめ

ショアジギングロッドは9フィート台にも、重いメタルジグや大型魚に対応しているモデルがあります。初心者のあいだは投げやすさを求めて、10.6フィートまでの長さを選ぶのもおすすめです。また、狙う魚の大きさにロッドパワーを合わせるのも重要。アジなどの軽い回遊魚であればM、5kg越えのような重い大型魚にはHを選ぶのがマストです。汎用性を求める場合は、色々なターゲットに対応できるMHも便利ですよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*