おすすめのチェーンクリーナー人気比較ランキング!【KUREも】

チェーンクリーナーを購入するときに、車体の素材やどれくらいの汚れに使用するかによって購入するチェーンクリーナーが変わりますよね。そこで、今回はおすすめのチェーンクリーナー人気比較ランキングを紹介します。洗浄方法や材質に合わせて紹介していますよ。自分にとってメンテナンスをおこないやすいチェーンクリーナーを見つけて下さいね。

チェーンクリーナーの特徴

チェーンの汚れを除去し快適な走行が可能になる

チェーンの汚れを除去することで、かみ合わせが良くなり無駄なく力を伝達することができます。自転車ならペダルを漕ぐことが楽になりますよ。バイクでも抵抗が少なくなるので燃費の向上が期待できます。

定期的なクリーナーの使用でチェーンを長く使うことができる

チェーンは長く使うと傷や汚れの影響で不具合が出てくるので、交換をする必要があります。定期的にクリーナーを使用して洗浄すれば、不具合が生じにくく長くチェーンを使用することができますよ。車体全体に影響が出る部分なので、バイクや自転車自体の寿命を延ばすことが可能。

チェーンクリーナーの種類

バイク用

頑固な油汚れまでしっかりと除去できる

オイルをしっかりと塗る必要があるバイクに使用する場合は、洗浄能力が高いバイク用チェーンクリーナーをおすすめします。頑固な油汚れや泥汚れをきれいに除去することができますよ。様々な成分を使用したクリーナーがあります。

バイク用チェーンクリーナーを使用することで、チェーンの耐久性を上げる効果があります。ごみを巻き込んでチェーンに傷をつけない効果や、チェーンと触れる部品の破損防止にも役立ますよ。様々な追加効果を含んでいるクリーナーが多いです。

自転車用

汚れの状態に合わせて選ぶことができる

自転車用のチェーンは、取り外して洗浄することができます。そのため、どのように洗浄するかによって使用するクリーナーが変わりますよ。汚れの程度に合わせてしっかり洗うものから、日々のメンテナンス程度で済むものまで幅広いです。

チェーン洗浄機と呼ばれるパーツクリーナーがあり、チェーンの挟んで滑らせるだけで汚れを除去してくれる便利器具です。手間をかけずにチェーンを洗浄することができるので、毎日のメンテナンスに最適な器具ですよ。チェーンクリーナーと合わせて使用する器具です。

チェーンクリーナーの選び方

素材で選ぶ

水洗い可能ならアルカリ系クリーナー

成分がアルカリ系のクリーナーを使用すれば、車体全体を水洗いすることができます。バイクや自転車を丸ごときれいにしたいときに使用すれば、1回で洗浄を終わらせることができますよ。クリーナーが水洗い可能でも、バイクや自転車が水洗いできない場合もあります。アルカリ系クリーナーは他のパーツへの悪影響が少ないという特徴があります。

水洗い不可能なら石油系クリーナー

成分が石油系のクリーナーを使用すれば、チェーンの頑固な汚れをしっかりと落とすことができます。水を使用できない場合の洗浄に最適なクリーナーですよ。ゴムなどの素材は石油を使用すると劣化などの悪影響を受けるので、クリーナーがかからないように対策をする必要があります。しかし、水で洗い流す必要がないので、洗浄にかかる時間を短縮することができますよ。

噴射方法で選ぶ

チェーンを付けたままならスプレータイプ

スプレータイプのチェーンクリーナーを使用すれば、チェーンを外さずに素早く洗浄することが可能です。ノズルを使用することで、狭い箇所や小さいパーツの汚れを的確に落とすことができますよ。自転車の場合ならペダルでチェーンを回しながら、クリーナーを全体に吹きかけられます。チェーンのメンテナンス時間を短縮可能ですよ。

細かい汚れまでしっかり除去するなら液状タイプ

液状タイプのチェーンクリーナーは、漬け置き洗浄で隙間の汚れまでしっかり落とすことができます。洗浄液を吹き付けることや、ブラシでこするだけでは落ちない箇所の洗浄に適していますよ。分解してじっくりと車体全体をきれいに洗浄したい時に使いたいクリーナーです。分解しなくてもチェーンから洗浄液が落ちにくい粘性の高いタイプもあります。

追加機能で選ぶ

サビの発生を防ぎたいなら防錆剤配合品クリーナー

チェーンやチェーンに触れるパーツにサビが発生することを防ぎたい場合は、防錆剤が配合されたチェーンクリーナーがおすすめです。防錆剤が入っていれば、雨の日の運転でもサビの発生を抑えることができますよ。水洗い後の拭き残しが発生しても安心して使用可能。屋外でバイクや自転車を保管している方でも、湿気によるサビの発生を減らすことができますよ。

洗浄後すぐに運転したいなら速乾性クリーナー

速乾性のクリーナーを使用すれば、クリーナーを乾かす時間をかけずにすぐ運転を開始することができます。チェーンの乾燥までの時間が短いので、砂やほこりを吸着しにくくなりチェーン周辺に傷をつけてしまうことを防ぐことができますよ。出先でのトラブルでメンテナンスが必要になった時でも、オイルを素早く塗ることが可能。

チェーンクリーナー のおすすめブランド・メーカー


Park Tool (パークツール)

品質が高いメンテナンス用品が特徴の海外メーカー

高い洗浄能力が特徴の海外のメーカーです。特にチェーン洗浄機の評価が高く、何度使っても不具合が起こりにくいと評価されていますよ。様々な用途に使える工具を販売しています。青いものが多く製品のデザインが統一されています。

WAKO’S(ワコーズ)

幅広い洗浄方法を選べるメーカー

ラインナップが幅広く、どのような洗浄方法にも合うチェーンクリーナーを販売しています。モータースポーツでも使用される信頼のあるメーカーですよ。ブラシが付属しているクリーナーもあるので、道具を複数集める手間が省けます。

AZ(エーゼット)

遅乾性クリーナーの評価が高いメーカー

浸透性の強い遅乾性クリーナーの評価が高いメーカーです。こすりながらじっくり洗浄したい方に適したクリーナーが多いですよ。比較的低価格のチェーンクリーナーが多く、リピーターが多いです。臭いがなく誰でも使いやすいチェーンクリーナーを製造しています。

KURE(クレ)

強力潤滑スプレーで有名なメーカー

強力潤滑スプレーが有名なメーカーです。1本で様々な機能を持つクリーナーがあり、洗浄能力の高さも評価されていますよ。量が多いので、たくさん吹きかけても足りなくなることが少ないクリーナーが多いです。

おすすめ&人気のチェーンクリーナーランキング

自転車用でおすすめのチェーンクリーナー

Park Tool – CG-2.4 チェーンギャング セット (4,272円)

必要なものがすべて含まれたチェーンクリーナーセット

チェーンクリーナーとブラシ、チェーン洗浄機などチェーンメンテナンスに必要なものがすべて入っているので、このセットがあれば細かくきれいにチェーンを洗浄可能です。素早く洗浄を終わらすことができる道具のセットなので、毎日の手入れに最適なチェーンクリーナーです。

チェーン洗浄機とチェーンのかみ合わせが良いです。そのため、ゆっくりチェーンを回しても引っかからずにストレスなく洗浄できると評価されています。洗浄機で取り切れなかった汚れをブラシで仕上げることで、すべての汚れを落とすことが可能。

Maruni-自転車チェーン用ウェットクロスk-615 (515円)

使い捨てチェーンクリーナー

12枚入りの使い捨てチェーンクリーナーです。マイクロファイバーのシートなので、拭き取るだけで簡単に汚れを落とすことができますよ。細かい汚れは取れませんが、表面の目立つ汚れを除去可能です。

ウエットタイプなので、洗浄液を付けなくても使用可能です。ほこりや泥汚れをしっかりと拭き取り可能ですよ。使い捨てなので、処分が簡単という点も魅力です。常に携行しておきたいチェーンクリーナーです。

KURE-チェーンクリーナー ジェット チェーン洗浄液 520ml (1,279円)

防錆剤入りの強力チェーンクリーナー

サビ対策をしたいならこのチェーンクリーナーがおすすめです。防錆剤の効果で、洗浄後もサビの発生の心配がなくなりますよ。石油系のチェーンクリーナーなので、洗浄後に水で洗い流す手間を省くことができます。

洗浄能力が高いことも魅力で、こびりついた汚れもしっかりと落とすことができるという評価を受けています。スプレータイプなので、余計なところにクリーナーがかからずストレスなく洗浄が可能。量が多いことも魅力です。

AZ-自転車用チェーンディグリーザー500ml (2,132円)

環境にやさしいチェーンクリーナー

植物系の洗浄液を使用しているので、環境にやさしいという特徴があります。霧吹きタイプなので、使い終わってもガス抜きの必要がありませんよ。環境にやさしいですが洗浄力が高いので、色落ちする塗装は使用可能か確認が必要です。

ムースタイプのチェーンクリーナーなので、洗浄液がたれ落ちずに汚れに浸透します。防錆剤も含まれているので、洗浄後のサビの発生を抑えることができますよ。チェーンを外して漬け置き洗浄にも使用可能です。

WAKO’S – CHA-C チェーンクリーナー A179 ブラシ付き (1,650円)

ブラシ付きチェーンクリーナー

チェーンクリーナーにブラシが付属されているので、こすり洗いで汚れをきれいに落とすことができます。水洗いできるタイプなので、自転車全体の洗剤を一緒に洗い流すことができますよ。噴射圧を下げてあるので、無駄な飛び散りが少ないことが魅力です。

少ない量で汚れをしっかりと落とすことができるという評価があり、買い足しの頻度を少なくすることができます。水で洗い流しても、防錆剤配合なのでサビの発生を抑えることができますよ。遅乾性のクリーナーです。

バイク用でおすすめのチェーンクリーナー

SPEED MASTER- SUPER CHAIN CLEANER (1,760円)

少ない量で強力洗浄

非常に洗浄力が高く、1回に使用するクリーナーの量を押さえることができます。ノズルが細いので、手が届かない箇所にも正確にクリーナーを噴射可能ですよ。特殊な溶剤を使用しているので、シールチェーンであっても傷めずに使用できます。

速乾性のチェーンクリーナーではないので、しっかりと汚れを落とす時間を確保できます。遅乾性よりは乾燥が早いので、オイルを塗るまでの待ち時間がありませんよ。防錆剤配合なのでサビ対策もされています。

DAYTONA -バイク用 ケミカル剤 チェーンクリーナー  (1,382円)

チェーンを保護するクリーナー

噴射圧が高いので、汚れを吹き飛ばしつつ洗浄液を吹きかけることができます。そのため、時間をかけずきれいに汚れを落とすことが可能ですよ。シールチェーンにも対応しているので、どのような種類のバイクにも使用可能。

塗装面やゴム素材にも優しい溶液を使用しているので、車体に悪影響を及ぼしにくいチェーンクリーナーです。細めのステンレスノズルなので、噴射圧が強くても飛び散りが少ない構造ですよ。防錆剤の力で車体を保護します。

YAMAHA -ヤマルーブ スーパーチェーンクリーナー 500ml (1,342円)

噴射方法を選べるクリーナー

YAMAHAのバイク純正チェーンクリーナーです。ノズルのタイプを2種類に切り替えることができるので、チェーンの位置に合わせてしっかりとクリーナーを吹き付け可能ですよ。洗浄力の高さが評価されており、少ないこすりでも頑固な汚れが落ちます。

シールチェーンにも使用可能で、ゴム部分に悪影響を与えずに使用可能です。油分を完全に落とすことが可能なので、洗浄後にチェーンオイルを塗りやすいという特徴がありますよ。チェーンの汚れをしっかりと落としたい方に最適です。

MOTOWN-チェーンデグリーザー 500ml (4,355円)

アルカリ系で水洗い可能なチェーンクリーナー

アルカリ系のチェーンクリーナーなので、水洗いすることが可能です。しっかりとチェーンの油分を浮かせてくれるので、軽くこするだけで汚れが落ちますよ。霧吹きタイプで乾燥が遅いので、クリーナーを追加せずに時間をかけて洗浄可能です。

防錆剤配合でサビに強く、シールチェーンのバイクにも使用できます。バイクのみではなく、自転車での使用者もいるチェーンクリーナーですよ。クリーナーの臭いが少ないので、鼻が敏感な方でも安心して使用可能です。

AZ -パワーゾル スプレー840ml (440円)

コストパフォーマンスに優れたチェーンクリーナー

コストパフォーマンスに優れた、とても人気のあるチェーンクリーナーです。バイクにも自転車にも使用できる万能チェーンクリーナーですよ。ノズルを取り外すことで、噴射方式を変更することができます。洗い方に合わせた使用ができます。

ゴムやプラスチック、シールチェーンにも使用可能で、車体に悪影響が少なくやさしいチェーンクリーナーです。逆さ噴霧も可能なので、どのような場所にもストレスなくクリーナーを吹き付けられますよ。遅乾性のチェーンクリーナーです。

パーツクリーナーでおすすめのチェーンクリーナー

AZ-自転車 チェーンクリーナー2点セット (3,183円)

洗浄液とセットで汚れをしっかりと除去可能

洗浄液とチェーン洗浄機がセットになっているチェーンクリーナーです。持ち手がついているので、片手で固定して安定させてチェーンの汚れをふき取ることが可能ですよ。洗浄液は高濃度なので、塗装面につかないよう配慮が必要です。

防錆剤が配合されているので、サビの発生の心配がなくなります。環境にやさしい素材を使用しており、環境面が気になる方も安心して使用可能ですよ。シールチェーンの洗浄にも対応したチェーンクリーナーです。

CYLION-自転車 チェーンクリーナー チェーン洗浄器 チェーン掃除 チェーン洗浄器+チェーンブラシ (3,173円)

自転車チェーンこすり洗いセット

計8点のチェーンクリーナーブラシセットです。洗浄液は入っていませんが、こすり洗いに必要なブラシがすべて入っています。どのような形状にも合うので、チェーン以外の自転車の洗浄にも使用可能ですよ。

どの洗浄液にも使用可能なブラシセットなので、用意しておくと自転車を隅々まできれいにすることができますよ。チェーン用のブラシがほとんどですが、コーラルフリース手袋を使用すればボディを洗うことも可能。樹脂製なのでぶつかっても傷がつきにくいです。

LUFT -自転車用掃除チェーンクリーナー洗浄機 (899円)

自転車に固定して使用可能

自転車のプーリーケージに固定して使用することができるので、通常洗浄機を固定する腕が自由になります。洗浄機の上下にブラシが搭載されているので、汚れの取り残しが少ないですよ。ブラシが多いので、洗浄液が少なくても汚れが落ちます。

洗浄機の出口に樹脂製のスクレーパーが搭載されているので、チェーンサイドの汚れも落とすことが可能です。チェーンをゆっくり回して使用することで、洗浄液の飛び散りを押さえることができます。蓋をスライドして開けることができるので、簡単に取り付けられます。

AZ -バイク用チェーンメンテナンス3点セット (990円)

速乾性クリーナー付きの3点セット

バイク用のパーツクリーナー3点セットです。チェーンメンテナンスに必要な器具がすべて含まれていますが、価格が1,000円を切る非常にコストパフォーマンスに優れたセットですよ。ブラシの毛が硬く耐久性が高いです。

速乾性のパーツクリーナーなので、時間をかけたくないときのチェーン洗浄に適しています。チェーン以外にもギアやベアリング、ブレーキ装置にも使用可能ですよ。最後に付属の潤滑剤を使用すれば、仕上げまでこなすことができます。

SAGISAKA – BARBIERI チェーン洗浄器 洗浄液60cc  (3,115円)

幅広く一気に洗えるチェーン洗浄機

洗浄機の幅が広いので、1度に広範囲のチェーンを洗浄することができます。出口にスクレーパーが取り付けられているので、汚れを取り逃しませんよ。洗浄液やオイルもセットなので、チェーンメンテナンスをすべてこなせます。

ブラシの耐久性が高く、毛が抜け落ちないという評価があります。引っ掛けて使用できる洗浄機ですが、押さえながら使用した方が良いという意見もあります。自転車のタイプにより、相性がある可能性がありますよ。

まとめ

素材に合わせたチェーンクリーナーがおすすめ

自分の愛車を傷めないチェーンクリーナーを求めるなら、素材に合わせたチェーンクリーナーを選ぶことがおすすめです。水洗い可能なボディやフレームなら、アルカリ系チェーンクリーナーを使用するが最適ですよ。汚れの種類や洗浄する場所、バイクに使用するか自転車に使用するかによって選ぶべきクリーナーが違います。ブラシやチェーン洗浄機と合わせて使用すればさらに洗浄力が上がるので、検討してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*