おすすめの高音質ホームシアターシステム人気比較ランキング!【ヤマハも】

高音質ホームシアターシステムがあれば、4Kテレビや8Kテレビの高画質な映像をよりリアルに楽しむことができます。高音質ホームシアターシステムによって、音を立体的に再現でき、映画やゲームへの没入感を高めることができるからです。しかし、高音質ホームシアターシステムは様々なメーカーから販売されており、2.1chや7.1chなど種類も様々なので、どのホームシアターシステムが自分に合っているのか悩んでしまうこともあるでしょう。そこで今回は、高音質ホームシアターシステムの選び方のポイントと一緒に、おすすめをランキング形式で紹介していきます。自分に合った高音質ホームシアターシステムがあれば、映画やゲームをもっと楽しめますよ。

高音質ホームシアターシステムの特徴

複数のスピーカーを搭載している

高音質ホームシアターシステムには複数のスピーカーが搭載されているのが大きな特徴です。2.1ch、5.1chなどと表記されており、2.1chの場合はフロントスピーカーが2つ、サブウーファーが1つあるということになります。また最近では天井にスピーカーを設置して、さらにリアルな音を楽しめるシステムも販売されています。そういったシステムの場合は7.1.4chなどと表記され、最後の数字が天井に設置されているスピーカーの数です。

リアルで迫力のある音を楽しめる

例えば映画を見ている時、右方向から誰かが近づいてきているとします。この時は音が右のスピーカーから聞こえることにより、自分自身がその場にいるような雰囲気を味わうことができます。そのため映画やゲームの世界をリアルに体験することができるようになり、没入感を高めることが可能です。

高音質ホームシアターシステムの種類

サウンドバー

省スペースで設置が簡単

サウンドバーとは、テレビの前に設置して使用するタイプのホームシアターシステムのことを言います。高さは10cm前後、幅は50cmから1m程度の大きさのスピーカーバーだけのタイプとサブウーファーとセットになっているタイプがあります。最近ではサブウーファーとセットになっているタイプが主流ですね。

テレビは薄型化が進んできていることで、スピーカーの容量も小さくなってきていますが、サウンドバーがあれば小さいスピーカーに感じてしまう物足りなさをカバーすることができます。またマルチスピーカータイプのように複数のスピーカーを設置する必要がないことで、省スペースで設置が簡単というメリットがあります。テレビの音をもうちょっと良くしたいと感じている方におすすめです。

マルチスピーカー

高い臨場感を味わえてカスタマイズ性がある

マルチスピーカーとは、部屋の4隅、天井などにスピーカーを配置するタイプのホームシアターシステムのことを言います。スピーカーの数が多ければ多いほど様々な方向からの音を再現できるため、リアルさを追求するならスピーカーの数は多いに越したことはありません。AVアンプをテレビとホームシアターシステムの間に接続する方式が主流で、販売されているシステムの中にはアンプがセットになっているタイプも。購入の際はそういったところをチェックするのもおすすめです。

スピーカーの数に合わせた広さの部屋でなければいけないという難点があるものの、音の臨場感の高さはサウンドバーよりも高いというメリットがあります。またスピーカーの配置や、各スピーカーの音量調整なども可能なので、自分の好みの音に合わせてカスタマイズできるのもマルチスピーカーならではです。映画やゲームなど、より高い没入感が欲しいという方におすすめですね。

高音質ホームシアターの選び方

ch数で選ぶ

狭いスペースで高音質を楽しめる2.1ch

フロントスピーカーが2つにサブウーファーが1つのセットになっており、スピーカーの数が少ないことで省スペースで設置できるのが特徴です。スピーカーは前方のみになるためサラウンド感に欠けるものの、お手頃価格で設置もしやすく、手軽に音質をアップグレードできます。また2.1chスピーカーの中にはバーチャルサウンド機能を搭載しているシステムも。臨場感を高めることができるので、気になる方はバーチャルサウンド機能の有無もチェックしてみてください。

高い臨場感を楽しめる5.1ch

センタースピーカーが1つ、フロントスピーカーが2つ、リアスピーカーが2つ、サブウーファー1つがセットになっています。前後左右からの音を再現できるため、車が通り抜けるシーンや人混みの中を歩くシーンなどの音を忠実に再現することが可能です。臨場感を楽しむことができるため、映画の世界に没入することができます。また家族で楽しむならサラウンド機能もチェックするのがおすすめです。中には部屋のどこでも同じサラウンドを楽しめる機能がついているモデルもあるので、複数人で映画を楽しみたい時に便利ですよ。

全方向からの音を楽しめる7.1ch

5.1chにサラウンドバックスピーカーを搭載したホームシアターシステムのことを7.1chと言い、視聴する方を360度囲んだ状態にスピーカーを設置することができます。音の再現度が5.1chよりも高く、スピード感のあるアクション映画をよりリアルに楽しむことも可能ですし、スポーツ観戦ならまるで自分がスタジアムで観戦しているかのような歓声を味わうことができます。価格は高いですが、音質にとことんこだわって楽しみたいという方にはぴったりです。

接続方法で選ぶ

音の安定性が高いHDMI

有線接続には配線の手間があり、AV機器周辺がごちゃごちゃしてしまいがちというデメリットがありますが、通信の安定性の高さは無線接続よりも上。せっかくの高音質も、途切れてしまっては没入感が薄れてしまいます。その点有線接続なら安心です。そして有線接続におすすめなのがHDMIケーブルです。配線が1本で済み、4Kパススルー対応であれば4K対応のAV機器で4K映像を楽しむことができますよ。

配線の手間がないBluetooth対応

AV機器周辺はすっきりさせたい、配線は面倒に感じる、という方にはBluetooth対応のホームシアターシステムがおすすめ。ワイヤレスなので配線の手間が必要ありませんし、ケーブルが必要ないことで部屋の雰囲気を崩すこともありません。ワイヤレスのデメリットだった音の劣化も、LDACやapt-X、AACなどのコーデックに対応していれば高音質のままで楽しむことができますよ。

音質で選ぶ

迫力のある低音にはサブウーファーが必須

まるで映画館やライブ会場にいるかのような迫力のある重低音を楽しむために必要なのがサブウーファーです。サブウーファーとは低音だけを再生するスピーカーのことを言い、映画の爆発シーンなどの迫力を倍増させてくれます。通常のスピーカーで低音を出そうとすると大きいスピーカーが必要になりますが、サブウーファーなら小型でも十分な迫力を感じとることが可能です。豊かな低音を楽しみたいならサブウーファーは必須と言えます。

立体的な音には最新サラウンドフォーマットが必須

前後左右に縦方向の音を追加した立体音響を楽しみたいならDolby AtmosやDTS:Xなどの音声フォーマットに対応しているかをチェックしましょう。雨が上から落ちてくる音や、ヘリコプターが頭上で旋回している音などを、よりリアルに楽しむことができます。ただし、今紹介したフォーマットはテレビやプレーヤーも対応していなければいけない点に注意。どちらか片方が対応しているだけでは立体感のある音を楽しめませんので、接続する機器が対応しているかどうかもチェックするといいですね。

高音質ホームシアターシステムのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

AV機器の総合メーカー

ソニーのホームシアターシステムの特徴は、Dolby Atmosなどの最新フォーマットにも対応していることです。また同社から販売されているテレビやレコーダーの中にも最新フォーマットに対応している製品が販売されていて、連携しやすいのもメリットですね。ソニーのテレビやレコーダーを使っている方はソニーのホームシアターシステムがおすすめですね。

Pioneer(パイオニア)

高い開発力のあるオーディオメーカー

世界初のDVD-Rドライブを開発したことでも知られるパイオニアでは、2.1chをメインとして高音質ホームシアターシステムを販売。シンプルながらも音質のいいスピーカーはオーディオ専門メーカーならではの品質と言えます。できるだけ音質のいい2.1chが欲しいならパイオニア製品がおすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)

音楽関連の総合メーカー

幅広い楽器も取り扱うヤマハがこだわっているのは、原音の再現度の高さです。バーチャル3Dに対応した2.1chホームシアターシステムなどを販売しており、その音質の高さから人気を集めています。またAVアンプのラインナップが豊富なので、音をカスタマイズしたいという方にもぴったりのメーカーです。

JBL

世界最大級のオーディオメーカー

映画館やコンサート会場などの広い空間で使用されているスピーカーを製造していることで知られるJBL。そんなJBLが販売する高音質ホームシアターシステムの特徴はダイナミックさにあります。低音が得意と言われており、迫力のある音を求める方にぴったりのメーカーと言えますね。

おすすめ&人気の高音質ホームシアターシステムランキング

2.1chでおすすめの高音質ホームシアターシステム

Pioneer-FS-EB70 (150,000円)

サブウーファーがワイヤレスだから起き場所を選ばない

サブウーファーをワイヤレス化、さらにレシーバーやサウンドバーをスリムデザインにすることで省スペース性を確保していることが特徴です。設置の自由度が高く、リビングの景観を損ねることなく済みます。またレシーバーとサウンドバーの接続は専用ケーブル1本で接続。機械が苦手な方でも安心です。

Dolby Atmosにも対応しており、サラウンドエンハンサーモード搭載。これによって、サウンドバーとは思えないほどの立体的な音を再現してくれます。設置スペースが限られていても、Dolby Atmosをあきらめずに済むのはとても大きなメリットですね。

SONY-HT-S200F (19,371円)

サブウーファーが一体化されたコンパクトモデル

サブウーファーが一体化されていることで十分な低音が味わえないのでは、と感じる方もいるかもしれませんが大丈夫です。バースピーカーの両端に低音を増強するためのバスレフポートを搭載。コンパクトなサイズながらも、パワフルで深みのある低音を実現しています。

テレビとの連携機能も豊富で、電源のオンオフ、音量調整がテレビと連動させることができます。またリモコンの電波受信装置はサウンドバーの背面に搭載しているので、サウンドバーでテレビの受光部が隠れても安心です。配線はHDMIのみで可能で、配置の自由度が高いため一人暮らしにもおすすめ。

Panasonic-SC-HTB250K-K (25,710円)

120Wの大迫力サウンドを実現

同社から販売されているテレビ、ビエラの足元に収まってしまうほどコンパクトなサイズのホームシアターシステムです。幅が45cm、高さが5.1cmなので、テレビボードの棚などにもすっきりと収納することもできます。しかし最大出力は120W。大迫力のサウンドを楽しめます。

サブウーファーは縦横どちらでも設置が可能なので、設置の自由度が高く、リビングの雰囲気を損なわずに設置できます。さらにサブウーファーはBluetoothによってワイヤレス化されていることで設置場所を選びません。テレビの音だけでなく、スマートフォンの音楽も楽しめるためおすすめです。

Denon-DHT-S516H (66,930円)

大口径130mmドライバー2基搭載で迫力の重低音を再生

縦横どちらでも設置できるサブウーファーは、130mmの大口径ドライバーを2基搭載しています。フロントサラウンドシステムとの相性も良く、迫力のあるサウンドを楽しむことが可能です。その迫力のサウンドはテレビの音だけに留まらず、独自サービスのHEOSアプリを使えば数千万曲におよぶ楽曲を楽しめます。

またこちらのホームシアターシステムはハイレゾにも対応。DSDなら5.6MHzまで、PCM系なら192kHz/24bitまで楽しむことができます。50インチ以上の画面や、プロジェクターと併せて使うことで、高音質で迫力のある音を思う存分楽しむことができますよ。

Hisense-HS214 (14,800円)

独自バーチャルサラウンドで5.1chのようなサウンドを発揮

独自アルゴリズムによるサラウンド技術が優秀で、中域の厚みと重低音のカバー。優秀なサウンドクオリティを実現、5.1chのホームシアターシステムを使って聴いているかのような感覚を味わえます。シンプルな見た目の中に確かな機能性があることが特徴です。

3つのサウンドモードがあることもポイント。Movieモードのアウトスクリーンサラウンド、Musicモードのピュアサラウンド、Newsモードのクリアサラウンドがそれぞれのシーンで最適なサラウンドを提供してくれます。業界トップクラスの大口径ウーファーも内蔵しているためおすすめです。

FunLogy-SOUND2 (11,520円)

サブウーファーを2基搭載で2.1chを超えるサウンド

サウンドバーに、ツィーターとウーファーをそれぞれ2基ずつ搭載。2.1chを超えるサウンドを実現していることが特徴です。ツィーターの出力は合計30W、ウーファー出力合計は40Wとなっており、クリアな音声と臨場感のある迫力サウンドを楽しむことができます。

またサウンドバーにLEDパネルを使用したディスプレイを搭載していることも特徴です。再生時間や接続モードがひと目でわかるため、サウンドバーに近付くことなくチェックできます。LEDパネルを使用していることで、暗闇での操作も可能。照明を落として映画館のような雰囲気も気軽に楽しむことができるためおすすめです。

REDHill-2.1chホームシアターシステム (11,800円)

音と映像が一体となる迫真の3D立体音響

立体音響で、映画や音楽をまるでその場にいるような臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。総合出力80Wのスピーカーは、バランスを重視したツイーターと、重低音を増幅させるサブウーファーを搭載。高音域の聞き取りやすさと迫力の重低音を両立しています。

接続は有線、ワイヤレスどちらも可能です。またHDMIケーブルや光デジタルケーブルが付属しているため、ケーブルを買い足すことなく、お好みのスタイルで設置することができます。テレビ下に置いたり、テーブル上に置いたり、楽しみ方に合わせて設置場所を選んでみてください。

5.1chでおすすめの高音質ホームシアターシステム

JBL-Bar 5.0 MultiBeam (36,181円)

サブウーファーレスだが強力でキレのある重低音再生が可能

サウンドバー本体にパッシブラジエーターを4基搭載することで、パンチのある重低音の再生を可能にしていることが特徴です。ワンボディのメリットは、設置の簡単さと自由度の高さ。光デジタル入力やHDMI入力にも対応していますが、Bluetoothにも対応しているため、好きなところに簡単に設置することができます。

また横方向だけでなく、縦方向にも広がる立体的な音にも注目です。JBL MultiBeamとDolby Atmosを組み合わせることで、サラウンドサウンドを壁に反射、上下左右からの音を再現できます。またその設定に使われるマイクはサウンドバー本体に内蔵。引っ越しなどの際に設定用のマイクを紛失してしまう心配もありませんね。

YAMAHA-NS-P41 (24,840円)

長時間でも聴き疲れしないバランスのとれたサウンド

長時間聴き疲れしないために、7cmのコーン型フルレンジスピーカーユニットを搭載、ナチュラルなサウンドを楽しむことができます。またHDオーディオのコンテンツをありのままに再生できるのも特徴です。映画や音楽などの音声を臨場感たっぷりに楽しむことができます。

小型ながらクリアな重低音を生み出すサブウーファーもおすすめのポイントです。入り口から出口に向かってポートにひねりを加える構造にすることで、ノイズ軽減、映像や音楽の臨場感をクリアに再現します。コンポアクトなことで、存在感を感じがちな5.1chのホームシアターシステムでも部屋になじみやすいですね。

Razer Leviathan-5.1chサラウンドサウンドバー (29,160円)

コンパクトでゲームに最適

サラウンドサウンドはゲーミング用に最適化されているため、ゲームとの相性が抜群です。ゲームを始めると、バーチャルサラウンドによってゲームの真っただ中にいるかのような没入感を味わえます。臨場感あふれる音は、フルレンジ5.1chならではです。

接続に使用されているのはBluetooth V4.0。ワイヤレスで音楽を楽しむ時に使われる技術なので、有線と同等の優れた音質を発揮してくれます。またペアリングしたデバイスの記憶機能があるため、2回目以降は1回タップするだけでいいという手軽さもあります。ゲーミング用スピーカーで、より高い没入感をお楽しみください。

FunLogy-サウンドバー FUN LIVE 5.1ch (37,400円)

電源を入れるだけの早ワザ設定で設置が楽ちん

ホームシアターシステムを設置する時の音の反響などの設定をする必要がなく、機械が苦手な方でも簡単に設置できます。さらにワイヤレスで接続できるので、配線の手間もありません。配線のことを考えることもなく、電源を入れるだけで済むのはとても嬉しいポイントです。

スピーカーの総合出力は240W、パワフルなサウンドを楽しむことができます。またその迫力はサラウンドによってさらに楽しみ方の幅を広げます。前後左右の動きが見えるサラウンドは、まるで映画館にいるかのような迫力を再現。コンパクトながら力強いサウンドによる臨場感を味わえます。

BOSE-Lifestyle 650 home entertainment system (539,000円)

最高の音響パフォーマンスはプロジェクターとの相性も抜群

ディティールに至るまで妥協せずに開発されたこちらの5.1chホームシアターシステムは、映画や音楽を極上のサウンドで楽しむことができます。全方向性サテライトスピーカーやコンパクトながらも大迫力のウーファーによって、360度のサウンドを実現。音に強いこだわりがある方にぴったりのモデルです。

センタースピーカーは5台の高性能ドライバーを内蔵しているものの、スリムなデザインになっているのもポイントです。スクリーンに投影されたプロジェクターの映像を邪魔することなく、大迫力かつクリアな音を楽しむことができます。プロジェクターの迫力ある大画面の映像と共に、洗練されたBOSEサウンドをお楽しみください。

7.1chでおすすめの高音質ホームシアターシステム

SONY-HT-ST5000M (158,585円)

立体的なサウンドを楽しめるサウンドバー

こちらは7.1.2ch、天井へのスピーカーの埋め込み不要で、手軽に立体的なサウンドを楽しめるサウンドバーです。Dolby AtmosとDTS:Xに対応し、内臓のイネーブルドスピーカーでオーバーヘッドサウンドを実現。さらにハイレゾにも対応しており、よりクリアで臨場感溢れる音を楽しめます。

4Kパススルー対応なのも嬉しいポイントです。4Kの番組や映画のデータに収録されている真のサウンドを再現、ナチュラルでエネルギッシュな音場を広げます。大自然の息遣いのような繊細な音から、アクションシーンの迫力のある重低音まで、包み込まれる高音質なサウンドはハイエンドモデルならではですね。

YAMAHA-YSP2700 (91,080円)

4KやUltra HD Blu-rayなど最新規格へ幅広く対応

3入力、1出力のHDMIは4KやUltra HD Blu-ray規格に対応。HDMIコントロール機能も搭載しているため、接続中のテレビやレコーダーと連動して自動で電源のオンオフをしてくれます。テレビやレコーダーのメーカーを気にせずそれらの機能を使えるのはとても嬉しいですね。

またヤマハ独自のデジタルサウンドプロジェクター技術を搭載しているのもおすすめのポイントです。付属のマイクを使って約3分間の測定を終えると、ベストな音響設定を自動で行ってくれます。臨場感と迫力がアップしたサウンドバーの高音質をぜひお試しください。

まとめ

高音質で臨場感を楽しめる高音質ホームシアターシステムがおすすめ

高音質ホームシアターシステムの魅力は、何と言ってもクリアで迫力があり、まるで自分がその場にいるかのような臨場感を楽しめることです。映画やゲーム、ライブ映像にスポーツ観戦。楽しみ方は人それぞれですが、高音質なことで没入感を高めたいという思いは一緒です。自分にぴったりな高音質ホームシアターシステムを見つけて、テレビをもっと楽しんでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*