おすすめのMac miniキーボード人気比較ランキング!【Windows兼用も】

Mac mini用のキーボードは、Mac対応のものでないといけません。対応のキーボードは数多くあり、種類も様々なので幅広い選択肢から選ぶことが可能です。タイピングしやすいキーボードを見つけられるので、使い勝手のいいキーボードを探してみましょう。中にはMacだけでなくWindows兼用のキーボードもありますので、MacだけでなくWindowsパソコンを持っている方は兼用タイプを選ぶことで様々な端末でキーボードを活用できますよ。そこで今回はおすすめのMac miniキーボードをランキング形式でご紹介します。Mac miniキーボードはいくつかの種類があり、機能性も様々です。キーボードを選ぶ時のチェックポイントも解説しますので、ここを参考に使いやすいキーボードを見つけてくださいね。

Mac miniキーボードの特徴

純正品とサードパーティ製から選べる

Mac miniキーボードは純正品とサードパーティ製の2つがあります。純正品はMac対応の物なのでMac miniでも問題なく使用可能。サードパーティ製はMac対応かどうかを確認しておく必要がありますが、Mac対応のキーボードも多いためすぐに見つけられるでしょう。

サイズ展開が豊富だから好みの大きさのキーボードを使える

Mac miniキーボードはサイズ展開が豊富なことも特徴。デスクトップパソコンにぴったりのサイズのものもあれば、折り畳めるコンパクトなキーボードもあります。自宅で使うのか、それとも持ち運んで外出先で使うかによって適したサイズを選びましょう。

Mac miniキーボードの種類

JIS配置

ひらがな表記がある日本語配列だからタイピング初心者にも安心

JIS配置は日本語配列のキーボードで、キーボードにひらがな表記があります。英字でのタイピングに慣れている場合は打ちにくさを感じることも。タイピング初心者にはこちらが最適。かな入力に慣れれば、素早くタイピングができるようになるでしょう。

初心者にはかな入力が最適ですが、ある程度タイピングができる人はローマ字入力の方がしやすさを感じられますよ。その場合はキーボードの設定を変えることで英字での打ち込みが可能。タイピング方法を選べることもJIS配置の魅力です。

US配置

デザイン性に優れた英語配列なのでキーボードの外観にこだわりたい方に最適

US配置は英語配列なので、キーボードにアルファベットの表記しかありません。そのためかな入力はできませんので、タイピング初心者には不向きだといえます。ある程度タイピングができる人ならアルファベット表記でスムーズに打ち込みができるため、中級者向けのキーボードです。

US配列はキーボードのデザイン性に優れていることも特徴。スタイリッシュでおしゃれなデザインが多いため、キーボードのデザインにこだわりたい方に特におすすめです。JIS配置とUS配置でデザイン性や打ちやすさなど異なる部分が多いため、好みの種類を選んでくださいね。

Mac miniキーボードの選び方

接続方法で選ぶ

ケーブルを気にせず使いたいなら無線式

Mac miniキーボードには無線式と有線式があります。ケーブルの接続を気にせず使いたいなら無線式がおすすめ。無線式はケーブルではなくBluetooth機能を使ってパソコンと接続しますので、キーボードの配置を自由に選べることがポイント。少し離した位置においても打ち込みができるため、ケーブルのうっとうしさを感じることもありません。こまめに充電しておけば充電切れで使えなくなるということもないでしょう。

充電を気にせず使いたいなら有線式

有線式はキーボードに付属しているケーブルをMacminiに接続して使うタイプのキーボードです。本体に直接つなぐため接続が安定することがポイント。Mac対応キーボードなら反応しないということもまずありませんので、快適にタイピングができるでしょう。有線式はバッテリー切れの心配もありませんので、充電の手間がないこともメリットです。

打鍵感で選ぶ

キーボードを持ち運ぶことが多いならパンタグラフ方式

パンタグラフ方式のキーボードは薄いものが多いため、持ち運びやすいタイプです。カバンの中に入れても邪魔になりにくいため、仕事先へ持って行くことも可能ですよ。パンタグラフ方式は軽いタッチでもキーが反応しますので、タイピングの際に強い力を必要としません。ノートパソコンの主流にもなっている方式なので、パンタグラフ方式のキーボードは多くの選択肢から選べます。

静音性に優れたものが欲しいなら 静電容量無接点方式

キーボードを外出先で使用するという方も多いでしょう。外出先で使うなら持ち運びやすさだけでなく、静音性も重視されます。キーの打ち込み時の音をできるだけ抑えたいなら静電容量無接点方式がおすすめ。この方式のキーボードは静音性に優れているため、静かな場所でタイピングをしてもさほど音が響きません。自宅の寝室でキーボードを使うという場合にも最適なタイプです。

できるだけコストを抑えたいならメンブレン式

コストを抑えてキーボードを入手したいという方におすすめなのがメンブレン方式です。メンブレン方式はしっかりとした打鍵感が特徴。パンタグラフ方式と違って多少力を入れないとキーが反応しませんので、打ち込んだ感覚がしっかりとわかるようなキーボードが欲しいという方におすすめです。コストに優れたタイプでもあるため、価格を抑えたい方にもピッタリですよ。

機能で選ぶ

省スペースにこだわるならテンキーなしのキーボードがおすすめ

キーボードにはテンキーというものが存在します。テンキーとは1から9までの数字のキーのことで、多くはアルファベットキーの右側に存在します。テンキーは数字の打ち込みが多い方にとっては重要なキーですが、数字をあまり打ち込まない方には不要なものかもしれません。テンキーがなければその分サイズも小さくなるので、省スペースにこだわるならテンキーなしのキーボードを選択しましょう。

マルチペアリングモデルなら複数台の端末でキーボードを使える

Macminiだけでキーボードを使うのではなく、iPadでもキーボードを使うという方にはマルチペアリングモデルがおすすめ。マルチペアリングとは複数台に接続できる機能のこと。1台のみの接続だと端末を変えるたびに設定が必要ですがマルチペアリングに対応していれば最初の設定のみで後は自由に端末を変えられます。MacminiとWindowsパソコンを兼用する方は対応するOSについて確認しておくと良いでしょう。

Mac miniキーボードのおすすめブランド・メーカー

エレコム

薄型のミニキーボードを数多く展開

エレコムからはMac対応の薄型ミニキーボードが数多く展開されています。テンキーが付属していないタイプもあるため省スペース性は抜群。薄型で持ち運びやすいサイズ感のものが多いので、仕事で外出先によくキーボードを持って行くという方におすすめのメーカーです。

ぺリックス

アップル製品との互換性に優れたキーボードを展開

ぺリックスからはアップル製品との互換性に優れたキーボードが展開されています。Macminiはもちろん、iMacやMacbookなどにも対応。テンキー付きのキーボードもありますので、数字の打ち込みをよく行うという方にとって使いやすいキーボードが見つかるでしょう。

Ewin

対応OSが幅広いキーボードを展開

Ewinからは対応OSが幅広いキーボードが展開されています。MacOSに対応するだけでなく、Windowsにも対応。幅広い端末でキーボードを使用できますので、Macmini以外でもキーボードを使うという方におすすめです。コスパに優れたキーボードも多いですよ。

マティアス

しっかりとした打鍵感を実感できるキーボードを展開

マティアスからは打鍵感がしっかりとしたキーボードが複数展開されています。キーボードはMac用となっているためMacminiにも対応。キーボードのアルファベットはレーザーにて刻印されていますので、長期間使用してもアルファベットが消えることもありません。

おすすめ&人気のMac miniキーボードランキング

有線タイプでおすすめのMac miniキーボード

sunset-ミニ有線キーボード 78キー 超薄型 (2,703円)

テンキーなしのコンパクトキーボード

テンキーのないコンパクトサイズのキーボードです。厚さが20ミリと非常に薄くなっているため、持ち運びにも便利ですよ。カバンの中に入れても邪魔になりませんので、外出先に持って行くキーボードとして最適です。

アルミニウム合金で作られているため耐久性も抜群。軽いタッチでのタイピングを可能としていますので、打ちやすく感じるでしょう。ケーブルが1.3メートルと長くなっていますので、本体から少し離した場所にキーボードを置いて使用できます。

マティアス-Mini Tactile Pro ketboard for MacFK303 (12,690円)

アップル純正キーボード同等のスペックを備えたキーボード

アップルのキーボードと同じ機能性を備えています。ファンクションキーでスクリーン輝度や音量などの調節が可能。通常のファンクションキーとして使用することもできますので、アップルキーボードを使い慣れている方におすすめです。

キーボードにUSBポートが3つ付属。デジカメやマウスなどのケーブルを差し込むことができます。キーボードのアルファベットはレーザーにて刻印されていますので、タイピングによって文字が薄くなってしまうこともありません。

エレコム-無線BluetoothキーボードTK-DCP03BK (7,408円)

有線でも無線でも接続可能なキーボード

Bluetooth機能を用いて無線接続することも可能ですが、付属のUSBケーブルで有線接続もできます。充電がないときは有線で、充電をしているときは無線でといった風に使い分けが可能。シーンに応じて最適な仕様を選べます。

キーボードにはスタンドが付属しており、アジャスターにタブレットを設置すればノートパソコンのようにして使えます。MacOSだけでなくandroidやWindowsにも対応。軽量設計でキーボードの裏面には滑り止めのゴムが付いているので、タイピング中にキーボードの位置がずれることもありません。

ぺリックスPERIBOARD-323 (8,549円)

テンキー付きの標準サイズキーボード

テンキーが付属した標準サイズのキーボードです。サイズはそこまで小さくないため持ち運びには不便ですが、オフィスや自宅での据え置きキーボードとして最適。パンタグラフ方式なので軽いタッチ感も魅力です。

バックライトが付属しているため、薄暗い空間でもキーボードの位置がわかりやすくなっています。キーの打ち込み時の音が静かなので外出先でも問題なく使用可能。MacOS対応のマルチメディアキーが11個付属した便利な仕様です。

Bluetooth機能付きでおすすめのMac miniキーボード

eclink-bluetooth キーボード (3,678円)

スタンドにもなる折り畳みキーボード

使わない時は三つ折りにして収納しておけるキーボードです。収納時は約5.5センチの幅となるため、カバンにもポケットにも収納可能。手で持てるサイズでもあるため、持ち運びに最適なキーボードだといえるでしょう。

素材には特殊なアルミ素材を採用しているため、耐久性は抜群。高級感もあるためオフィス用のキーボードにもピッタリです。スタンドが付いているので、タブレットを置いて簡易的なノートパソコン仕様にすることもできますよ。

アジェンスター-タッチパッド付き キーボードGZ-BCKTP3D (3,560円)

タッチパッド付きだからマウス不要

タッチパッドが付属した折り畳み式キーボードです。タッチパネルにて液晶の矢印を動かせますので、マウスがなくても画面の操作が可能。このキーボードがあれば、どこでも快適にパソコンでの入力作業ができますね。

カラーはブラックとシルバーを展開。キーボードにはマグネットが内蔵されているので、折り畳んだ状態から勝手に開いてしまうこともありません。角度調整可能なスタンドも付いているので、スマートフォンやタブレットでの使用もおすすめです。

Ewin-ワイヤレス キーボード 日本語配列 (3,670円)

互換性とコスパに優れたキーボード

対応OSがWindowsやMac、androidなど幅広くなっています。様々なOSに対応するためパソコンでもタブレットでも、スマートフォンでも使えますよ。キーボードの下部にはタッチパッドが付いているので、マウスを用意する必要もありません。

キーボードは傾斜が付いているため、タイピングのしやすさも抜群。軽い力でスムーズに打てるので、文章の打ち込みも楽に行えます。マルチファンクションキーにて様々な機能が使えますので、利便性にも優れたキーボードです。

Hanmirキーボード Bluetooth (3,080円)

収納時は15センチほどの小さいサイズになるキーボード

折り畳み式のキーボードです。折りたためば約15センチほどのサイズになるため、持ち運びに最適。キーボードの右側はタッチパッドになっていますので、パッドをマウス代わりにすることが可能です。省スペースなのでコンパクトなキーボードをお探しの方にもピッタリ。

13種類のマルチファンクションキーが付属していますので、iTunesの音量調整や曲選択、再生などを手軽に行えます。MacOSだけでなくandroidやWindowsにも対応。パソコンだけでなくスマホ用キーボードとしても活用できます。

未来プラスショップ-F88合金折畳式キーボード (3,280円)

カラー展開が豊富な二つ折りキーボード

ピンク、ブルー、ゴールドの3つのカラーを展開しているキーボードです。キーボードの多くはブラックやシルバーですが、こちらはカラー展開が豊富なので好みのカラーを選ぶことが可能。折り畳み時は約13センチとコンパクトになります。

素材には高級アルミニウム合金を採用。サラサラとした手触りで耐久性にも優れているので、長く愛用できるでしょう。キー部分はシリコンで作られているので、柔らかな感触で打ちやすさも抜群です。静音仕様なので音も気になりません。

ペアリング機能付きでおすすめのMac miniキーボード

エレコム-iPad 対応 ミニキーボードTK-FBM111BK (2,110円)

3台のペアリングに対応したJIS配置キーボード

パソコンやスマホなど、3台のペアリングが可能なキーボードです。JIS配置なのでタイピング初心者にも最適。ひらがなの位置を覚えればブラインドタッチもできるようになりますので、キーボードでの打ち込みになれていない方におすすめです。

テンキーのないコンパクトサイズなのでデスク周りもスッキリ。13個のマルチファンクションキーを搭載していますので、手軽に機能を使えて便利です。キーボードには折り畳み式のスタンドが付属しているので、タブレットをセットして使うこともできますよ。

エレコム-ワイヤレス ミニキーボードTK-FBP102BU (2,134円)

264グラムの超軽量設計キーボード

キーボード本体の重さが264グラムと非常に軽くなっています。テンキーのないコンパクトデザインなので持ち運ぶことも可能。WindowsやMacなど、複数のOSに対応しており、3台までのマルチペアリング機能が付いています。

キーボード使用時に専用ドライバのインストールも必要ないため、ペアリング設定をすればすぐに使用可能。OSはMacだけでなくWindowsやandroidにも対応。電池式なのでこまめに充電する手間がないこともポイントです。

iCleverキーボード 折り畳みIC-BK08 (7,230円)

タッチパッドが付属したアルミ製キーボード

キーボード右側にタッチパッドが付属したキーボードです。マウス不要でパソコン操作ができるため、外出先での使用にも最適。三つ折りの折り畳み式なので収納時はコンパクトに。小さいのでコートのポケットに入れて持ち運べます。

互換性に優れており、Mac以外にもandroidやWindowsにも対応。素材にはアルミ合金を採用しているので、抜群の耐久性と手触りの良さを実現しています。指紋や汚れが付きにくい仕様になっていますので、きれいな状態をキープできますよ。

Satechi-キーボード テンキー付き (14,367円)

テンキーが付属した高級感のあるキーボード

テンキーが付属したキーボードです。数字の打ち込みがしやすいため、タイピングのしやすさを重視する方に最適。アルミニウム素材で作られているので、高級感のある外観です。耐久性も抜群なので長く使えるでしょう。

3台のマルチペアリングに対応しているため複数台での使用が可能。MacOSやiPadに対応していますので、アップル製品のスマホやタブレットで使えます。最大80時間使えるため、こまめに充電しなくても長時間使用できますよ。

Ewin-キーボード bluetooth 5.1 (2,780円)

ホワイトベースのスタイリッシュなキーボード

キーボードの中では珍しいホワイトベースのカラーです。スタイリッシュで明るい印象があるため、デスク周りをシンプルに明るくしたい方に最適。マルチファンクションキーも搭載していますので、実用性にも優れています。

JIS配置なのでアルファベットでのタイピングに慣れていない方にも最適。3台までのマルチペアリング機能が付属しています。キーボードの上部裏面には脚が付いていますので、設置時に傾斜がある状態に。タイピングのしやすさを実感できるでしょう。

まとめ

打ちやすい種類で好みの打鍵感なMac miniキーボードがおすすめ

長く使えるMacminiキーボードを探すなら、打ちやすい種類で好みの打鍵感のキーボードを見つけましょう。キーボードにはJIS配列やUS配置などタイピングのしやすさを左右する種類だけでなく、サイズの種類も豊富です。据え置きとしておすすめのサイズもあれば持ち運びに便利な折り畳み式もあるため、どういった使い方をするかによって好みのものを選べます。キーボードはパンタグラフやメンブレンかによって打鍵感も異なります。こちらも好みが分かれますので、好きな方式のキーボードを見つけることがおすすめです。今回はおすすめのMacminiキーボードをランキング形式でご紹介しました。使いやすいキーボードを見つけ、文章の打ち込みに活用してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*