おすすめの弓道かけ人気比較ランキング!【三つかけも】

かけがえのないものの語源でもある弓道かけ。実は弓道においてかけは、真っ直ぐ正確に矢を放つための要であり、最も長い期間使用する道具でもあります。そのため弓や矢以上に重要な道具と言っても過言ではありません。今回は初心者から中級者向けの弓道かけをランキング形式でご紹介します。選ぶ際のポイントや購入後のお手入れ方法もご紹介していくので、ご自身に合ったかけを見つけ出して末永く愛用してくださいね。

弓道かけとは

弓道で使うグローブ

弓道かけとは、弓道で使用するグローブのこと。漢字は弽という字を書きます。弓道では左手で弓を持ち、右手にかけをはめて、矢を支えながら弦を引きます。弦の反発力から右手の指を保護して、しっかりと弦を引っ張るために重要な役割を果たすのがかけです。

弓道かけの特徴

柔らかい鹿の革を使用

弓道かけは一般的に小鹿の革を使用して造られています。一つひとつ職人の手作りのため、企画が同じでも製品ごとに着用感が異なるのも特徴です。水に弱いため、使用の際には直接手にはめるのではなく下かけという布製の手袋をしてから着用します。

親指部分の帽子と枕が重要

弓道かけはそれ自体が矢を放つために大切な道具ですが、中でも親指部分の固いパーツを帽子、親指の付け根にある溝を枕と呼び、とても重要な部分となります。弓を引く際、枕に弦をひっかけて、親指の僅かな動きで枕から弦を外す事によって矢を放つのです。そのため帽子の大きさと枕の溝の深さが、矢を正確に射る為のポイントとなります。

弓道かけの種類

三つかけ

三本の指をカバーしたデザイン

親指と人差し指、中指の3本をカバーしたデザインのかけを三つかけといいます。最もメジャーなデザインのかけで、ほとんどの場合かけといえばこの形を指します。控えの有るものと無いないものがあり、熟練度や流派によってどのデザインを使うかが異なります。購入前に必ず指導者と相談するとよいでしょう。

人差し指で矢を支えて中指で親指を抑えながら弦を引くスタイルで使用します。指先をリラックスさせた状態にしやすいため、矢を放つ際にブレが生じにくく、矢も真っ直ぐに跳びやすくなるというのも特徴です。指導を受ける先生から指定が無いのであれば、初心者の方は三つかけから使用するのがよいでしょう。

四つかけ

四本の指をカバーしたデザイン

四つかけは親指、人差し指、中指、薬指の4本をカバーしたデザインのかけ。三つかけよりも使用する指が1本増えるため、より強い力で弦を引けるのが特徴です。一般的に、張りの強さが20キロ以上の弓を引く際に使用を勧められています。

三かけが安定した発射をサポートするのに対し、四つかけは強い力で引く事をサポートするかけと言ってもよいでしょう。四つかけは使用する際、人差し指で矢を支え、薬指で親指を押さえるスタイルになります。そのため弦を引く際に、より強い力を利かせられる反面、手から力が抜けにくいというのがデメリットです。また指先の動作がしっくりこないなど、四つかけに馴染めるかは個人差があります。道場の備品などで試せる機会があれば、一度使用してみるのもよいでしょう。

弓道かけの選び方

自分の手の形や大きさに合っているかで選ぶ

帽子の奥に親指が当たるサイズかどうかをチェック する

より正確に的を射抜くには、親指の動きがとても重要に成ります。枕に引っかけていた弦を外すことで矢が放たれるからです。そのため、かけに手を入れた時に帽子の奥に親指の先が当たる事と、かけを縛ったときに帽子の中で親指はやや反り返る程度の余裕がある事がポイントです。動き過ぎず、固定され過ぎないものが手に合っているといえます。

親指の又や人差し指と中指がフィットするサイズかどうか確認する

帽子の他にも、各指がしっかりとフィットしているかも大切です。弦を引いている間は、三かけなら中指、四つかけなら薬指で親指が弾けないように抑えておきます。指先に遊びがあってはしっかりと抑えることができず、暴発の恐れがありますよ。また、矢を支える人差し指も、遊びがあると矢の軌道のズレが生じる可能性が有り、安全面においても危険です。そして、親指と人差し指の間の又部分は、矢を抑えたり、枕に弦を引っかけたりする大切な部分です。しっかりと手に密着する事を確認して選ぶようにしましょう。

入門する流派や団体の方針に合ったものを選ぶ

入門する流派で使うかけの形を確認する

一般的にはあまり重視されていませんが、弓道には小笠原流や日置流といった流派が存在します。流派によっては引き方に特徴があり、かけの構造にも向き不向きが現れてきます。枕の角度や帽子の向きなど、引き方のスタイルにマッチした企画のものを選ぶのも大切なポイントです。購入前に、入門する流派を確認したり、教わる先生お伺いしたりするとよいでしょう。

熟練度や目指すレベルを考慮する

弓道かけによっては、初心者に向けた企画のものから中級者、上級者向けと、色分けされているものもあります。例としては控えと呼ばれる親指の付け根から手首にかけて、固い部分の有無などもその一つです。熟練に成るほど控えを必要としなくなっていきますが、こちらも流派や道場の方針によって異なるため、購入前に確認するとよいでしょう。

枕の形や角度で選ぶ

枕の溝の深さは深すぎず浅すぎないかをチェックする

弦を引っかけておく枕は、正確に矢を放つための要となる部分です。溝が浅く、しっかりと弦を引っ掛けられないと、矢を暴発させてしまったり、無事に放つことができても軌道が不安定に成ってしまったりする原因になります。逆に溝が深すぎると、良いタイミングで枕から弦が外れず、矢を上手く放てないということもあります。

溝の角度が直線か斜めかをチェックする

枕の溝は二種類あり、溝が真っ直ぐに刻まれているのを一文字、斜めに刻まれているのを筋交いといいます。一般的なのは一文字ですが、四つかけの中には筋交いを取り入れているものも多いですよ。どちらを選ぶかはご自身の引き方のスタイルもありますが、流派や指導者によって使用の有無が異なるため、確認してみるのが良いでしょう。

弓道かけのおすすめブランド・メーカー

翠山弓具店

かけ制作からスタートした老舗

明治創業の老舗弓具店。かけの制作からスタートし、現在では弓道具全般を取り扱っています。弓道文化を次世代に繋げることを使命とし、翠山らしさを追及しつつ、弓道を楽しむ事をテーマにした道具を提案しているメーカーです。

平安弓具店

武具の大手企業が支える京都のメーカー

京都に店舗を構える弓具店。武具の大手東山堂が、弓道をする人が道具を所有する喜びを感じてもらえる製品を生み出すべく、京都東山の即成院と共に設立しました。独自ブランドの「与一」シリーズは、即成院で晩年を過ごした那須与一に由来し、願いが的に届くようにとの願いが込められています。

山武弓具

通販対応の幅が広くて便利

千葉県にある弓具店。ネット通販を通じて社会貢献を企業理念に掲げており、通販で購入できるアイテムの種類がとても豊富です。近くに弓具店が無い場合や、ある程度使う道具の大きさや重さが定まってきたらとても重宝するお店です。

おすすめ&人気の弓道かけランキング

初心者におすすめの弓道かけ

平安弓具店-学び (16,500円)

初心者が扱いやすいようデザイン

初心者がすぐに使えること、扱いやすいことをコンセプトに掲げて造られたかけです。流派や引き方を選ばないベーシックな構造。弓を引く基本の姿勢や動作を鍛錬しつつ、帽子の向きや枕の角度や深さなど、自身の引き方に合ったより良い構造を見つけ出すのにも役立ちます。これから弓道を学んで行く初心者にお勧めです。

かけ全体に使用する革と親指と中指に使用する革を使い分けていることも特徴。素材を使い分けることで低コスト化を実現しつつ耐久性確保しています。最初のかけとして手を伸ばしやすく、使い始めた日から長く愛用できるのも魅力です。

翠山弓具店-雅 (22,000円)

初心者から中級まで対応

取りかけやすさ、捻りやすさを重視して設計されたかけです。取りかけは矢を放つ事に繋がる大切な動作であり、捻りは真っ直ぐ飛ばす事に繋がる大切な動作。そのため、これらの動作を自然に行えることはとても重要です。ある程度動作の形が整ってきた初心者の方にぜひ使っていただきたいかけです。

以前までは、かけの老舗である翠山弓具店は、四代目かけ師によるフルオーダーのみ受け付けていました。しかしコストの面からユーザー層が限られてしまうため、既製品である雅を開発。コストパフォーマンスを実現しつつ、かけ師の技術を詰め込んだ初心者から中級者向けのかけに仕上がりました。翠山でオーダー品を購入する段階に至るまでのかけとして選んでみるのはいかがでしょうか。

武山弓具店-堅帽子 三ツカケ 控えなし (12,320円)

引く力の弱い初心者に向けたアイテム

弦を引っ掛けて引く事に重きを置いたかけ。親指部分には木枠を入れた固い帽子があり、枕も刻まれているので、しっかりと弦を捉えることができます。弓道をはじめたばかりで取りかけや弓を引く動作に成れる段階の方にお勧めです。

手首部分には控えが無いため全体的に柔らかいのが特徴。控えが無い分固定されにくく、手首をしなやかに動かすことができます。しかし、控えは腕の角度のガイドラインとしてや、矢を放つ際に腕の動きをサポートしてくれる役割も果たしているパーツです。引く力が弱い方がある程度弓力をつけるまでの間に使うのにおすすめのかけと言えます。

平安弓具店-朝嵐 (20,900円)

初心者ならではのトラブル回避を目的としたデザイン

親指部分に真っ直ぐに矢を飛ばすための工夫を取り入れているのが特徴です。まず帽子を中指に向かうよう角を付ける事で、捻りやすさと安定性を実現。枕は帽子に対して一文字に刻むことで、矢を鋭く発射できるように設計されています。ある程度弓道に慣れてからも申し分ない機能性を備えていると言えるでしょう。

控えに柔軟性を持たせているのも、このかけのポイント。力の入れすぎやそれに伴う暴発など、初心者特有のトラブル軽減をサポートしてくれます。弓道を始めたばかり方で長く続けていく予定の方におすすめしたいかけです。

翠山弓具店-三分縁 (22,000円)

初心者のために考案されたデザイン

初心者でも自然な取りかけができ、捻りをかけやすいように造られたかけ。捻りは矢の的中率を上げるための重要な動作です。更に正しく捻りをかけることで、矢を放った後の姿を理想的な状態に導く事へも繋がります。早い段階から、正しい引き方を身に着ける為に、最初に手にするかけとして、こちらを選んではいかがでしょうか。

控え部分を堅くしているため、ある程度張りの強い弓にも対応。控えは正しい腕の位置のガイドラインとしてや、弓力のサポートといった役割を果たしてくれます。成れないうちは手首に窮屈さを覚えるかもしれませんが、元々力のある男性をはじめ、将来的に強い弓を引く可能性がある方にお勧めのかけです。

強い弓を引くのにおすすめの弓道かけ

山武弓具店-翔鳳 (28,600円)

流派を問わず使用できるデザインの四つかけ

流派を問わず使用できるオーソドックスなデザインのかけです。しかし四つかけはとてもマッチする人も居る反面、手の形や動きに癖を感じるなど、人によっては向き不向きが生じることも。比較的手ごろな価格のため、強い弓を引くように成ったり、元々力が弱かったりして、初めて四つかけの使用を検討している方は、先ずこちらを購入してみてはいかがでしょうか。

使用する革のランク調整することで、かけとしての機能性を保持しつつコストパフォーマンスを実現しています。注文者の手に合わせて作成されるため、既製品よりも手に馴染みやすいのも魅力。初心者から大会出場選手まで、幅広い層の方にお使いいただけるかけです。

山武弓具店-寛鋭 (37,400円)

着用感と使い心地の良さを重視したデザイン

取りかけのしやすさを重視して造られたかけ。親指の付け根と控え全体にゆとりを持たせた設計が特徴です。的を射抜くためには、かけをした手首の動きや帽子の中の親指の動きが重要となります。帽子や枕、控えを備えつつ、必要とされる動きをしっかりと取れることは、かけを選ぶ際の重要なポイントです。

本体の革は裏染めした上質な革を使用。注文者の手に合わせて丁寧な制作工程を経て作成されるため、質の高い仕上がりも魅力です。四つかけの扱いには使い慣れた方からの指導を必要とするため、元々四つかけを使用している方や指導者が決まっている方にお勧めします。

弓道の有段者に成ったらおすすめの弓道かけ

山武弓具店-正澄 (236,500円)

静岡県の職人が制作したブランド品

静岡県焼津市の無形文化遺産に登録されている伝統のあるかけです。縫製や仕上げも職人の技術が詰まった逸品です。弓道は古来より武芸として、また神事や人事評価としてなど日本の歴史に深く関わってきました。弓を引く事が体に馴染んできたら、使う道具にも歴史や伝統のこもったもの取り入れてはいかがでしょうか。

購入者の手に合わせて、伝統の技術を受け継いだかけ師が作成します。使用する革も上質な鹿革を採用。よく手に馴染み、扱いやすいのはもちろん、職人の知識と技術を駆使した機能的なかけに仕上がっています。とても高価な物であるため、かけについて十分な知識を身に着けてから購入される事をお勧めします。

翠山弓具店-七分縁 (44,000円)

手首を捻りやすく手に馴染みやすくデザイン

自然な動きで取りかけができること、しっかりと捻りをかけやすいことを重視したかけ。正確に的を射抜くことはもちろん、矢を放った後の姿も弓道ではとても重要視されます。そしてそれらをより美しく正確に行うために重要なのが、正しい取りかけと捻りです。弓を引くまでの動きに慣れて、姿勢にも意識を向けるレベルの方にお勧めのかけです。

燻染という加工を施した鹿革を使用。より柔らかく、汗や湿気への耐久性を高めた丈夫な創りのかけです。縁取りを広くすることで革が伸びるのを抑えています。より長い間ご愛用いただくための工夫が詰まったかけです。

山武弓具店-翔鳳 (93,500円)

上質な革を使用して作り上げたオーソドックスなデザインのかけ

本体には特に質の良い燻革を採用し、捻り革や腹革にも上質な革を使用したかけ。燻革はかけの弱点である水分への抵抗を高めた加工を施した革の事です。革本来あの強度に加え丈夫さを底上げしているため、より長く使い続けることができます。

フルオーダー制のためご自身の手に合った唯一無二のかけを購入できます。手の形に合ったかけを選ぶことは、的中率の向上や矢を放つまでの動作を無駄なく綺麗にするうえでとても重要。弓道に慣れて二つ目のかけの購入を検討されている方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。オーソドックスなデザインのため、流派を問わずに使用できます。

山武弓具店-千山 (25,300円)

日置流印西派に合った構造のかけ

枕が一文字に刻まれており、帽子が人差し指と中指の中間あたりに向くのが特徴。斜面打起しというスタイルで弓を引く方のために造られたかけです。弓道では矢を放つ動作に大きく二つのスタイルがあり、体の斜め下から弓を持ち上げるのを斜面打起しと言います。斜面打起しを行っている日置流印西派の方にお勧めしたいかけです。

フルオーダーでありながらコストパフォーマンスに優れているのもポイント。購入者の手に合わせて作成するため、ご自身にピッタリのかけを手にできます。厚みやなめし具合など、使用する素材を厳選することで、かけとして十分な性能と品質を備えつつ、比較的手ごろな価格に抑えています。

平安弓具店-与一 (23,100円)

優れた耐久性と滑らかな質感が魅力のオリジナルブランド

厳選したきめ細やかな小鹿の革を使用。柔らかい風合いで、手に馴染みやすい仕上がりになっています。鹿革は柔らかい質感の革ですが、中でも小鹿の革は人の肌に近いと言われるほど柔らかいのが特徴です。いかに手に馴染むかで的中率に影響を与えるかけにとって、革の馴染みの良さは大きなポイントとなります。

更に小鹿の革は、優れた耐久性も備えています。使用する度に、かけは擦れたり、伸びたり、湿気によるダメージを受けています。そのため、素材の耐久性は長く愛用するための大切な要素です。ベーシックな構造のため、初心者は上達したその先も長く使い続けられます。

早川繊維工業-九櫻 (36,300円)

柔らかい質感が特徴の控えが無いデザイン

控えの無い構造が特徴のかけ。全体的に柔らかく、手首に制限をかけること無く弦を引くことができます。しかし控えは手首を保護や、弓力のサポート、腕の角度のガイドラインといった役割も担っています。腕全体を使って弓を引くことや、捻る角度などが安定してきた中級者におすすめです。

親指と指の股はベーシックな構造。親指には肩帽子を備えているので、取りかけや、引き分けも親指に負担を掛けることなくできます。手首を捻っても、捻り革で指の股を補強しているので十分に捻りを加えることが可能です。

武山弓具店-寛鋭 (93,500円)

着用感の良さと扱いやすさを重視したデザイン

親指の付け根や控えにゆとりを持たせた構造が特徴。ゆとりがある事で動作に制限がかかりにくく、弓を引くにあたり理想的な手首と親指の動きが実現できます。扱いやすさに重点を置いてつくられたモデルのかけです。

購入者の手に合わせて造られるフルオーダー製。素材には燻染めをした上質な革を採用しており、良く手に馴染み耐久性もあるので長く愛用できます。 自分の引き方が定まってきた方の二つ目、三つ目のかけとして選んでいただきたいかけです。

弓道かけのお手入れ方法

水洗いはせず使用後に陰干しをする

革製品であるかけにとって、水気は大敵です。水洗いはもちろん、除菌スプレー、消臭スプレーなども厳禁。傷んだり型崩れを起こしたりする原因となってしまいます。 そのため使用後は風通し良い日陰で陰干しして、汗や雨粒などの湿気を飛ばしておくのが大切です。汚れがついてしまった場合は、水に濡らしたタオルをきつく絞ってから丁寧に拭き取るようにするとよいでしょう。

乾燥材などを使用して湿気を防ぐ

しまう際、かけの中や収納ケース、袋に乾燥剤を入れるのも湿気対策として有効的な方法です。しかし革の性質上、乾燥し過ぎも良くありません。そのため適度な湿度調整を行ってくれる炭やドライキーパーなどを使用すると便利です。保管用のアイテムとして弓具店で用意していることもあるので、相談してみるのも良いでしょう。また、乾燥剤を使うからといって湿った状態でしまう事は避けましょう。革を傷める原因となります。

まとめ

幅広い層に向けた設計の「与一」がおすすめ

かけはよく手に馴染んだものを使用することによって、矢の的中率の向上につながるとても大切な物。初心者の方も、弓道を続けていくのであれば、ある程度先を見越して購入した方がよいでしょう。平安弓具店の与一なら、初心者から中級者を対象として設計されているため、始めた日から末永く愛用できます。比較的手ごろな価格なのも手を伸ばしやすいポイントです。今回は弓道で使用するかけの選び方や手入れ方法、おすすめのかけをご紹介しました。ぜひ参考にして唯一無二のかけを見つけてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*