おすすめのロータイプ食器棚人気比較ランキング!【引き戸タイプも】

食器棚を置きたいけれど、キッチンを狭く見せたくない。そんな時におすすめなのが、背が低いロータイプの食器棚です。ロータイプの食器棚はキッチンに圧迫感を出さずに置くことができるので、狭いキッチンでも使いやすいですよ。今回はロータイプの食器棚のおすすめ人気ランキングを紹介します。ロータイプの食器棚とひとことで言っても、扉の形や引き出しの数など色々な種類があるので自宅で使いやすいタイプを選ぶことが大切です。ロータイプの食器棚を選ぶ時のコツも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

ロータイプ食器棚の特徴

部屋を広く見せることができる

ロータイプの食器棚の特徴は部屋に圧迫感を出さずに置けることです。背が高い食器棚は食器をたくさん収納できますが、壁の広い面積を食器棚が埋めてしまうので圧迫感が出やすいですよね。高さ1m以下のロータイプの食器棚なら目線の高さに開放感が出るので、部屋が広く見えます。ロータイプの食器棚は狭いキッチンはもちろん、リビングにも置きやすいですよ。

上に物を置くことができて使い勝手が良い

ロータイプの食器棚は部屋が広く見えるだけではなく、天板に物を置くことができるのもメリットです。炊飯器や電子レンジなどの電化製品やコーヒーポットなど、日常的に活躍するキッチン用品を使いやすい高さに置くことができますよ。リビングでロータイプの食器棚を使う時は、天板に観葉植物や小物を置いてインテリアとして活用するのもおすすめですね。また、ロータイプの食器棚ならキッチンとリビングの間に置いてカウンターのように使うこともできます。

ロータイプ食器棚の種類

開き戸タイプ

中が見やすく食器の出し入れや整理がしやすい

ロータイプの食器棚は扉の形で、2種類に分けることができます。開き戸タイプの食器棚は扉が大きく開くので、食器棚の中を見やすいのがメリットです。大きく開くので食器の出し入れがしやすく、食事会など一度に食器をたくさん出したい時にも使いやすいです。内側の全体が見えるので掃除がしやすく、使う食器が偏りにくいのも特徴ですね。

開き戸タイプは扉が手前に大きく開くので、開閉するためのスペースが必要です。そのため狭いキッチンに置くと通路をふさいでしまうのがデメリットですね。開き戸タイプは地震などの衝撃で扉が開いてしまうことがあるので、衝撃があっても開かないようにストッパーを付けるなどの対策をするのがおすすめですよ。

引き戸タイプ

開閉スペースが要らないので狭い場所で使いやすい

スペースがあまりない場所に置くなら引き戸タイプのロータイプ食器棚がおすすめです。扉が開閉するためのスペースが必要ないので、キッチン背面や通路などの狭い場所でも使いやすいのがメリットですよ。また、開き戸タイプは地震などの衝撃を受けても扉が開きにくいところも魅力です。

引き戸タイプは開き戸タイプに比べて扉の開き具合が小さいので、一度に出し入れできる食器の量が限られているのがデメリットです。内側全体を見渡すことができないので、使う食器が偏りやすい特徴もあります。引き戸タイプでもガラス扉を使用している食器棚なら、外から中の食器が見えるので食器を偏りなく使いやすいですよ。

ロータイプ食器棚の選び方

横幅で選ぶ

食器をたくさん収納するなら120cm以上のワイドタイプ

ロータイプの食器棚を購入する時、まずは横幅をチェックするのが大切です。ロータイプ食器棚は背が低い分、通常の食器棚に比べて収納量が少ないのがデメリットです。そのため、食器の収納量にこだわるなら横に幅が大きいワイドサイズのロータイプ食器棚がおすすめですよ。横幅が120cm以上あるワイドサイズは、収納できる食器も多い上に天板のスペースも広いので、電化製品などのキッチン用品も置きやすいのが魅力ですね。ワイドサイズのロータイプ食器棚は左右で収納スタイルが異なるモデルも多く、食器以外のキッチン雑貨の収納もしやすいです。

100cm以下なら一人暮らしでも使いやすい大きさ

ワイドサイズの食器棚は収納量が多いですが、大きい分場所を取ります。一人暮らしのマンションや狭いスペースに置くなら、横幅が100cm以下のスリムサイズのロータイプ食器棚がおすすめです。スリムサイズのロータイプ食器棚ならキッチンやリビングのちょっとした空きスペースにも置きやすいのが魅力ですね。スリムサイズのロータイプ食器棚なら、同じシリーズで収納スタイルが違うモデルを2つ並べて置くこともできますよ。

収納で選ぶ

スライド収納付きなら電化製品を置きやすい

ロータイプ食器棚の天板に炊飯器や電子レンジを置いている人も多いですが、そんな時に便利なのがスライド収納付きの食器棚です。スライド収納があれば炊飯器と電子レンジを上下に分けて置けるので、生活感が出にくいです。スライド収納は必要な時だけ手前に引き出すことができるので、電化製品の操作もしやすいですよ。天板をレンジ台として使って、スライド収納に炊飯器を置くと扱いやすいですね。なかでもスライド収納の背面に通気孔があるモデルは炊飯器の蒸気を逃がすことができるので、食器棚の劣化を防ぐことができます。

引き出し付きならカトラリーも収納できる

ロータイプの食器棚に食器以外の雑貨も収納したいなら、引き出し付きがおすすめです。引き出しが付いていれば、カトラリーやお箸などの小さな食器やフライ返しなどのキッチンツールの収納にとても便利です。浅い引き出しだけではなく深い引き出しも付いている食器棚なら、キッチン周りで使う色々な雑貨を種類で分けてきれいに整理することができますよ。

機能で選ぶ

可動棚付きなら収納アイテムのサイズに合わせて使える

ロータイプの食器棚をより快適に使うためには、細かい機能をチェックするのも大切です。ロータイプ食器棚であると便利なのが、可動棚です。内側の棚板の高さを変えることができれば、収納する食器の大きさに合わせて自由にカスタマイズすることができますよ。可動棚なら棚板の数を調節できるので、背が高いガラス瓶を収納することもできます。好きなように収納スペースを作れるので、食器の種類を分けてきれいに整理しやすいです。

キャスター付きなら掃除の時に簡単に移動できる

ロータイプの食器棚を色々活用したいなら、キャスター付きがおすすめです。キャスター付きの食器棚は楽に移動ができるので、必要に応じてサッと位置を変えることができるのが魅力です。シーンに合わせてカウンターとして使ったり、作業ワゴンとして使ったりなど、移動できることを活かした使い方が色々できますよ。手軽に動かすことができるので、食器棚の下に掃除機を使いたい時も便利ですね。

扉のデザインで選ぶ

インテリアとして映えるのは中の食器が見えるガラス扉

食器棚をインテリアとして活用するなら、扉のデザインをチェックしましょう。ロータイプの食器棚をよりおしゃれに使うなら、ガラス扉がおすすめです。ガラス扉のデザインがインテリアに映えるのはもちろん、中が見えるのでコレクションのティーセットなどを綺麗に飾ることができますよ。見せる食器棚として使えるので、お客さんが集まるリビングに置くのもおしゃれです。ガラス扉でもスモークガラスやブロックガラスなら程よく中を隠せるので、中身をはっきり見せたくない場合に使いやすいですね。

食品や日用雑貨も収納するなら中を隠せる扉

ロータイプの食器棚には外に見せたくない食器を収納することも多いですよね。毎日使うお茶碗や湯飲みなど生活感がある食器をたっぷり収納するなら、中が見えない扉の食器棚の方が使いやすいです。中を隠せる扉があるロータイプ食器棚なら、食器だけではなく日用雑貨や食品のストックなどインテリアの邪魔になるグッズも収納できるので便利です。なかにはガラス扉と隠せる扉の両方が付いている、デザイン性と機能性を兼ね備えたロータイプ食器棚もありますよ。

購入時の状態で選ぶ

完成品ならすぐに使えるので手間が掛からない

ロータイプの食器棚は完成品と自分で組み立てるタイプの2種類あるので、購入する時に必ずチェックしましょう。予算に余裕がある場合は、完成品を選ぶのがおすすめです。完成品は組み立てるタイプよりも値段は上がりますが、購入してすぐに使い始められるので忙しい毎日の中でも使いやすいです。完成品は組み立てるスペースも必要ないので、部屋が狭い場合は完成品の方が適していますよ。

自分で組み立てるタイプは予算を抑えたい場合におすすめ

自分で組み立てるロータイプ食器棚は組み立てる作業が必要ですが、値段がリーズナブルなのが利点です。組み立て作業に2時間くらい要する食器棚が多いので、時間に余裕がある人やDIYなどの作業に慣れている人に向いています。モデルによって作業の難易度が違うので、組み立てるタイプを購入する場合は、組み立てやすさも確認しておくのが大切ですよ。組み立てるタイプは、値段を最重視する人におすすめですね。

ロータイプ食器棚のおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

部屋の雰囲気に合わせて選べる豊富なデザイン

ロウヤは様々なデザインのロータイプ食器棚があり、自宅のインテリアに合わせてコーディネートしやすいのが魅力です。収納スタイルも様々なので、食器の量や収納するモノに合わせてモデルを選ぶことができますよ。背面のデザインがおしゃれな食器棚も多く、カウンターとして使うのもおすすめですね。ロウヤのロータイプ食器棚は完成品なので、組み立て作業が要らないのも魅力です。

ニトリ

コンパクトサイズで狭い場所でも使いやすい

ニトリは横幅100cm以下のスリムサイズのロータイプ食器棚が多いのが特徴です。狭い場所でもコンパクトに置くことができ、一人暮らしのマンションでも使いやすいのが魅力ですね。ニトリのロータイプ食器棚は自分で組み立てるタイプなので組み立て作業が必要ですが、その分値段もコンパクトなのが利点ですよ。

IKEA(イケア)

シンプルだけどおしゃれさが光るロー食器棚

北欧家具メーカーでお馴染みのイケアのロータイプ食器棚は、色々な部屋で使いやすいシンプルなデザインが特徴です。他のメーカーにはないような北欧ならではのデザイン性の高さが魅力で、リビングに置けばインテリアのポイントとして使えますよ。自分で組み立てるタイプですが、組み立てが簡単だと評判なので不器用な人でも安心です。

エア・リゾーム

サッと隠せる目隠しフラップ付き

エアリゾームで特に人気があるのは、生活感が出るモノをサッと隠せるフラップ扉付きの食器棚です。家電用のスライド収納もフラップ扉で隠すことができるので、よりおしゃれに使えるのが魅力ですね。フラップ扉を上に収納すればオープン棚として使えるので、シーンに合わせて便利に使い分けることができますよ。

無印良品

無印良品のロータイプ食器棚は、オーク材を使用したナチュラルな木製です。ナチュラルな色味でシンプルなデザインの食器棚なので、幅広いインテリアに馴染みやすいのが利点ですね。木目や節などの天然木ならではの魅力は、キッチンに温かみを与えてくれますよ。中が見やすいガラス扉なので、装飾棚としてもおすすめです。

おすすめ&人気のロータイプ食器棚ランキング

開き戸タイプでおすすめのロータイプ食器棚

LOWYA(ロウヤ)-ロータイプ食器棚(129,990円)

好きな形に組み合わせ自由なロータイプ食器棚

使い方に合わせて収納スタイルを4パターンから選ぶことができるロータイプ食器棚です。下段が開き戸タイプと引き出しタイプと家電タイプの3種類あり、その組み合わせを4パターンから選ぶことができますよ。下段の並び順も決められるので、収納する食器や雑貨に合わせて自由にカスタマイズできるのが魅力ですね。

開き戸タイプの棚は中央以外が可動棚になっているので、食器の種類や量に合わせることができます。可動棚には耐震棚受けを使用していて地震の時に棚板が飛び出しにくいので、安心して使うことができますよ。開き戸は扉がゆっくり閉まるソフトクローズ仕様なので、夜遅い時間でも使いやすいです。ナチュラルとブラウンの2色あるので、インテリアに合わせておしゃれに使えるのがいいですね。

ニトリ-キャビネット ブリエ(15,176円)

使いやすい2つの収納スペース

2種類の開き戸を使用しているロータイプ食器棚です。大きな収納スペースには中が程よく見えるガラス扉を使用しているので、日常使いの食器収納に便利です。右側の収納スペースには隠す扉を使用しているので、生活感のある食品や日用雑貨もたっぷり収納することができますよ。

左右どちらの収納スペースも可動棚になっているので、収納スタイルに合わせて使いやすい棚の形を作ることができます。ガラス扉には割れにくい強化ガラスを使用しているので、日常生活の中で安全に使うことができます。天板には水拭きが可能な鏡面シートを使用しているので、キッチンで汚れてしまっても簡単にお手入れができるのが利点ですね。

IKEA(イケア)-IKEA PSキャビネット(16,480円)

部屋が明るく映えるシンプル食器棚

リビングにおしゃれに置ける食器棚が欲しい人におすすめです。海外の小学校にあるロッカーのようなデザインは置くだけで部屋のおしゃれ度がグンと上がります。デザイン性は高いですが、形がシンプルなので幅広いインテリアで使いやすいのが魅力ですね。

高さ63cmでロータイプ食器棚の中でも背が低いので、部屋がより広く見えるのが特徴です。鍵が付いているので、子供が勝手に開けてしまうのを防ぐことができますよ。脚が長いのが特徴的で、食器棚の下をきれいに掃除しやすいのも利点ですね。

引き戸タイプでおすすめのロータイプ食器棚

LOWYA(ロウヤ)-アンティーク風キャビネット(63,990円)

カフェのようなおしゃれな空間を作れるロー食器棚

中の食器や雑貨を見せたい人におすすめのロータイプ食器棚です。落ち着いた色味がきれいな木目調の食器棚は他の家具にも合わせやすく、置くだけでおしゃれな印象が出るのが魅力です。引き出しや扉の取っ手のデザインにもこだわっていて細部までおしゃれなので、リビング用としてもおすすめですよ。

内側は棚板の高さを変えることができる可動棚を使用しているので、収納するモノを選びません。左には食器を収納して右にはインテリア小物を飾るなど、左右で用途を変えることもできますよ。天板には傷や汚れに強い素材を使用しているので、水に濡れやすいキッチンでも安心して使えます。背面のデザインもおしゃれなので、カウンターとして使うのもいいですね。

エアリゾーム-ミドルボード(62,071円)

2通りの見せ方ができるスライド扉

見せ方を変えることができるスライド扉式のロータイプ食器棚です。スライド扉が左右に動くので、扉の位置で食器棚の表情が変わるのが特徴です。左右のどちらかがオープンになるので、食器をおしゃれにディスプレイするのもおすすめです。左右で収納スタイルが違うので、キッチンで必要なモノを幅広く収納することができますよ。

左側には深さが異なる2つの引き出しとスライド収納があるので、キッチンで必要な雑貨類や電化製品を収納することができます。右側は4段に分かれた棚になっているので、食器をたっぷり収納できますよ。上下の棚板は可動棚なので棚板の数や高さを調節して、収納する食器のサイズや量に合わせることもできます。汚れを拭き取りやすいポリ板の食器棚なので、長くきれいに使えますね。

家電も置きやすいおすすめのロータイプ食器棚

LOWYA(ロウヤ)-ステンレスカウンター付き食器棚(59,990円)

作業台としても使えるステンレスカウンター付き

サッと引き出せば作業台として使えるステンレスカウンターが付いているロータイプ食器棚です。カウンターは汚れに強いステンレス製なので、料理の作業用に使いやすいのが魅力です。カウンターだけではなく、収納スペースの使いやすさに優れているのも特徴ですよ。可動棚付きの開き戸収納の他に、大小2種類の引き出しと家電用のスライド収納が付いているのでキッチンで必要なモノをたっぷり収納することができます。

家電を置くスライド収納は蒸気を吸収するモイスト加工が施されているので、棚を奥に入れたまま炊飯器を使うことができます。引き出しはフルオープン仕様で奥までしっかり引き出せるので、中を一目で確認できる上に内側の掃除がしやすいですよ。開き戸収納の可動棚は地震が起きても飛び出さない耐震仕様になっているので、安全に使うことができるのも利点です。余計な装飾がないフラットタイプの食器棚は幅広いインテリアに馴染みやすく、部屋にスタイリッシュな印象を与えてくれます。

LOWYA(ロウヤ)-スライド収納付きキッチンカウンター (24,990円)

家電の配線をすっきり収納できる

家電を置くスペースがたくさん付いているロータイプ食器棚です。特徴的なのが、電子レンジなどの大型家電を置くことができるオープン収納棚があること。大型家電用の収納棚の背面には通気孔があるので、家電の熱を外に逃がしてくれます。左上には炊飯器を置きやすいスライド収納があり、天板も家電を置きやすい作りになっているのが特徴ですよ。

開き戸収納以外の場所にコード穴があるので、スライド収納の下の棚にも家電を置くことができます。食器棚の裏面にはタップ収納が3箇所あるので、家電をたくさん置いても配線をすっきり収納できるのが魅力。可動棚付きの開き戸収納もあるので、家電だけではなく食器やお鍋の収納も自由にできますよ。背面もきれいに仕上げてある食器棚なので、ダイニングテーブルの横に置いてカウンターとして使うのもおすすめですね。

エアリゾーム-ブレスキッチンキャビネット(14,990円)

生活感をサッと隠せる食器棚

シーンに合わせて便利に使えるフラップ扉が付いているロータイプ食器棚です。フラップ扉を上部に収納すればオープン棚になるので、中が見やすく食器の出し入れなどの作業がしやすいのが特徴です。フラップ扉が家電用のスライド収納にも付いているのが特徴的で、使わない時に家電を隠せるので生活感が出ないのが魅力ですね。作業中は使いやすいオープンに、来客中は生活感を隠すためにクローズにして便利に使い分けられるのが魅力です。

家電用のスライド収納にはより手前に引き出すことができる2段引きスライドレールを使用しているので、大きな炊飯器を置いても使いやすいです。下段のフラップ扉収納は可動棚付きの大容量スペースになっているので、食品や日用雑貨などの生活感が出るモノをたっぷり収納できますよ。右側のガラス扉の収納スペースは18段階の調節ができる可動棚を使用しているので、ガラスボトルなどの背が高い食器も自由に収納できます。

noconocoキッチン-キャスター付き キッチンカウンター(11,500円)

簡単に移動ができるキャスター付き

自由に動かすことができるキャスター付きのロータイプ食器棚です。横幅60cmのコンパクトな食器棚なので、狭いスペースにも置きやすい上に掃除の時に楽に移動することができますよ。キャスターにはストッパーが付いているので、勝手に動いてしまうことはありません。オプションでキャスターを脚に変えることもできます。2箇所の開き戸収納の他に家電用のスライド収納と引き出しが付いているので、キッチン周りの雑貨をたっぷり収納できる食器棚です。

家電用のスライド収納の背面には通気孔があるので、炊飯器の蒸気や熱を逃がしてくれます。背面にはコンセントが2口あるので、コードを外に出す必要がありませんよ。食器用の開き戸収納の扉がブロックガラスになっているのが特徴で、食器を程よく隠してくれる上に見た目がおしゃれなのが魅力です。色が3種類あるので、自宅のインテリアの雰囲気に合わせやすいですね。

一人暮らしにもおすすめのスリムなロータイプ食器棚

LOWYA(ロウヤ)-キッチンラック(25,990円)

手軽に出し入れできるオープンラック

食器の出し入れが楽にできるオープンラックタイプの食器棚です。必要な食器や雑貨をすぐに取り出すことができるオープンラックは、忙しい朝でも使いやすいのが魅力です。上のスペースが可動棚になっているので、収納するモノのサイズに合わせて自由に使うことができますよ。

引き出しが前後で引き出せる両開きタイプなので、キッチンとリビングの間に置いてカウンターとして使うのもおすすめです。天板が作業台としても使いやすいので、スペースが足りない時にも活躍します。引き出しにはストッパーが付いているので、壁面に置いて片開きとしても使いやすいです。

アミティエ-ミニ食器棚(21,130円)

女性の一人暮らしに似合う可愛い食器棚

女性らしい可愛いデザインのロータイプ食器棚が欲しい人におすすめです。乙女心をくすぐるようなカントリー調の可愛いデザインは置くだけで女子力が上がりそうですね。横幅58cm、奥行40cmのコンパクトサイズは、ワンルームマンションでも圧迫感を出さずに置くことができますよ。同じサイズのミニレンジ台もあるので、並べて使うのもおすすめです。

扉が上下とも開き戸タイプなので、全体を見渡すことができ掃除もしやすいです。上段は可動棚になっているので、食器のサイズや収納する量に合わせて調節ができます。扉にスモークガラスを使用していて中が見えすぎないので、日常生活で使いやすいです。下段のスペースは高さがあるので、食品や日用雑貨をたっぷり収納できますよ。

無印良品-木製キャビネット(19,900円)

ちょっとした隙間に置きやすいスリム食器棚

木製ならではの味わい深さが詰まったロータイプ食器棚です。横幅44cmのとてもスリムな食器棚なので、スペースを空けなくても置きやすいのが利点です。開き戸タイプの扉は左右どちらでも取り付けられるので、使いやすい方を選ぶことができますよ。下に汚れが入らない台輪式なので、ホコリがたまらないのも魅力です。

木の木目や節を活かして作っているシリーズなので、ひとつひとつ表情が違うところが味わい深いですね。シリーズで揃えられるように奥行が同じになっています。同シリーズの他の食器棚と並べて使うのもおすすめですね。

まとめ

色々な収納棚が付いたロータイプ食器棚がおすすめ

ロータイプの食器棚で特におすすめなのが、色々な種類の収納棚が付いているモデルです。食器用の扉収納だけではなく、家電用のスライド収納や小さな雑貨用の引き出しが付いている食器棚はキッチン周りの整理にとても便利です。色々なタイプの収納棚が付いていれば、サイズがコンパクトなモデルでも効率よく整理ができますよ。今回はロータイプの食器棚のおすすめ人気ランキングを紹介しました。ぜひ自宅で使いやすいロータイプ食器棚を手に入れて、キッチンライフをさらに快適に彩りましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*