おすすめの電動おろし器人気比較ランキング!【大根おろしにも】

薬味が欲しいとき、簡単に大根おろしを用意できたら嬉しいですよね。電動おろし器があれば、力を使わずに素早く大根おろしを作ることができますよ。大根おろしだけでなく、玉ねぎやにんにくのみじん切りやミンチの加工も可能な電動おろし器にも注目です。この記事では電動おろし器の種類や選び方を解説し、おすすめの電動おろし器を紹介しています。購入を検討している方は、是非参考にしてください。明日からの料理が楽しくなる電動おろし器が見つかりますよ。

電動おろし器の特徴

スイッチを押すだけで力のない人でも簡単に手早く野菜をすりおろせる

手で野菜をすりおろすのは一苦労ですよね。電動おろし器は、刃が電気の力で動くため、力を使わずに野菜をすりおろすことができます。また、人力よりもはるかに速くすりおろすことができるので、手間をかけずにすりおろし野菜を作ることが可能。野菜だけでなく、肉の加工をしたりスムージーをつくったりできる電動おろし器もあります。

料理の仕上がりに合わせて生姜やにんにくなどの薬味を用意できる

数秒で野菜をすりおろすことができるため、料理ができあがるときに薬味を用意することができます。野菜は時間が立てば立つほど風味が落ちてしまいます。電動おろし器があれば、風味の良い薬味で料理をより一層楽しめますよ。調理の工程で、すぐに野菜をカットできるのも魅力です。

電動おろし器の種類

家庭用

家庭料理を作るのに使いやすい容量とサイズ

家庭での利用に適しています。4人家族の場合、容量は400ml前後が最適です。容量400mlの電動おろし器であれば、一度に250gほどの野菜をすりおろすことができます。大根おろしの量の目安は1人約50gなので、4人なら十分な容量の電動おろし器ですよ。また、家庭用電動おろし器はサイズが小さく軽量であるため、使いたいときに出しやすく、収納もしやすいです。キッチンで邪魔にならないので、ストレスなく使うことができますよ。日常的に料理をする方や、家庭での料理に使用したい方におすすめです。

家庭用電動おろし器は、業務用電動おろし器と比べて容量が小さく、コンパクトです。容器が小さいので、少量からすりおろすことができ、取り出すのも簡単です。業務用と比べて場所を取らないので、容器を洗いやすく収納しやすいところも魅力。パワーや一度にすりおろせる量は業務用の電動おろし器に劣りますが、一般的な家庭であれば家庭用電動おろし器で十分快適に料理ができますよ。

業務用

一度に大量にすりおろせるためお店やパーティーで活躍

料理店で使用することを前提として作られた電動おろし器。容量が大きく特別なおろし金を使用しているため、一度に4kgの野菜をすりおろせます。また、一分間で3kgすりおろしたりでき、処理能力が高いです。野菜のすりおろしに特化しているので、大量にすりおろし野菜を用意する必要がある方に最適ですよ。飲食店で導入を考えている方や、大人数のパーティーをよく開催する方におすすめです。

業務用電動おろし器は、処理能力が高い点が魅力です。ただし、野菜のみじん切りや肉の加工機能はついていません。大量に野菜をすりおろすことができる電動おろし器が欲しい方に適しています。また、処理能力が高い分、大きく重いので持ち運ぶのは大変です。業務用電動おろし器を利用する方は、設置場所を確保してあまり移動せずに使用するのがいいですよ。

電動おろし器の選び方

対応している食材で選ぶ

野菜をすりおろすだけならシンプルな機能の電動おろし器

野菜のみじん切りや輪切りの機能がついている電動おろし器は、料理の幅が広がる一方で、価格が高いですよね。野菜をすりおろすために電動おろし器を使いたい方は、シンプルな機能の電動おろし器がおすすめです。ボタンの数が少なく替えの刃が必要ないため、操作が簡単でわかりやすいですよ。りんごや山芋などの食材に対応している電動おろし器もあるので、すりおろしたい野菜に合わせて選ぶのがおすすめですよ。

料理のレパートリーを増やしたいならおろし以外の機能も付いたフードプロセッサータイプ

フードプロセッサータイプなら、おろし機能以外に細切り機能やこねる機能など、様々な機能がついています。野菜を切る手間を省いてくれるので、調理時間を短縮することができますよ。また、ハンバーグなど、こねる工程が必要な料理では、手を汚すことなく調理することも可能。魚のすり身を作ったり生地をこねたりできるので、料理の幅も広がります。

使いやすさで選ぶ

野菜を切る手間を省きたいなら投入口の大きいタイプを

電動おろし器を使う際は、野菜の皮をむいて適当な大きさに切ってから容器に入れる必要があります。投入口が小さい電動おろし器は、野菜を細かく切らなければならないので、使用前の準備に時間がかかってしまいますよ。投入口が大きい電動おろし器なら、野菜を細かく切らなくてもすりおろすことが可能。より楽に電動おろし器を使うことができます。

頻繁に使用するならコンパクトで軽量なタイプを

電動おろし器が重すぎたり大きすぎたりすると、収納場所から取り出すのが億劫になってしまいますよね。軽くて収納しやすい電動おろし器なら、使用したいときにすぐに取り出せます。また、省スペースで使用できるため他の作業の邪魔になりにくいですよ。電動おろし器を使いながら、他の野菜を切ったり焼いたりすることも可能です。

手入れのしやすさで選ぶ

衛生面が気になるならパーツの取り外しが可能なものを

刃が取り外せない電動おろし器は、洗いにくいため汚れが残ってしまい、不衛生だと感じることもありますよね。刃や蓋が容器から外れるタイプなら、使用後に簡単に洗うことができます。各パーツを食洗機や乾燥機で洗える電動おろし器もあります。また、取り外し可能な電動おろし器は、刃の切れ味が悪くなった際に研ぐことも可能。衛生面が気になる方は、パーツの取り外しが可能な電動おろし器を選ぶといいですよ。

頻繁に手入れするなら簡単に組み立てられるシンプルな構造のものを

手入れのために電動おろし器を分解して、元に戻せなくなったら大変ですよね。複雑な構造の電動おろし器の場合、分解後に元に戻すのが一苦労です。衛生面が気になる方や頻繁に手入れしたい方は、刃と蓋が取り外し可能なシンプルな構造の電動おろし器がおすすめです。分解と修復が簡単な電動おろし器なら、お手入れがより楽になりますよ。

電動おろし器のおすすめブランド・メーカー

Panasonic(パナソニック)

高性能な電動おろし器が揃っている

鬼おろしカッターというPanasonic独自のカッターを採用した電動おろし器を展開。鬼おろしとは、通常の大根おろしよりも粗い大根おろしのことで、シャキシャキとした食感が楽しめます。スライス機能やこねる機能も搭載しており、高性能な電動おろし器が揃っています。高性能でシンプルなキッチン用品がほしいという方におすすめですよ。

recolte(レコルト)

デザイン性と多機能性に優れている

コンパクトで可愛らしいデザインのキッチン家電を数多く展開するrecolte。デザイン性だけでなく、機能性も高いです。recolteの販売する電動おろし器は、機能性に優れているため、様々な料理に使用できます。一人暮らしの女性や可愛らしいキッチン用品を探している方におすすめですよ。

Tamahashi(タマハシ)

シンプルで低価格な電動おろし器を展開

幅広いブランドのキッチングッズを取り揃え、オリジナルのキッチン用品も展開するTamahashi。台所のトータルコーディネートをしたい方におすすめのメーカーです。電動おろし器は、すりおろし機能のみのシンプルな構造のものを展開しています。

Iwatani(イワタニ)

家庭用からプロ仕様まで豊富なラインナップ

スタイリッシュで高性能な調理器具を展開しているIwatani。多機能で性能が高いことに加え、手入れのしやすさや使いやすさにもこだわりが見られます。料理の幅を広げたい方や見た目にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

おすすめ&人気の電動おろし器ランキング

家庭用でおすすめの電動おろし器

Recolte-Capsule Cutter Bonne (7,150円)

7つの機能付きで料理の幅が広がる

容量は500mlで、付属のプレートを付け替えることで7つの機能を使用することができます。野菜を刻んだりすりおろしたりするだけでなく、砕いたり泡立てたりすることもできます。容器と蓋とプレートで構成されたシンプルな作りなので、お手入れも簡単です。

多機能で、管理栄養士監修のレシピ付きの電動おろし器。本格的に料理をしたい方におすすめです。丸みを帯びたフォルムで可愛らしい見た目なので、機能性だけでなくデザインにもこだわりたい方に最適ですよ。

Iwatani-サイレントミルサー (17,680円)

静音設計で機能性に優れている

75mlの小容器と260mlの大容器が付いています。ミルの機能とミキサーの機能に加え、おろし機能を搭載した多機能なミルサー。新開発の4枚刃カッターをしようしているため、野菜はもちろんのこと、硬い冷凍食材やナッツ類の粉砕も可能です。静音設計なので、早朝や深夜でも使用できますよ。

容器とカッターの煮沸消毒が可能なので、お手入れが簡単。衛生面が気になる方も安心して使用できますよ。一度に加工できる食材の量が少ないので、大量に野菜をすりおろしたい方には適していません。一人か二人分の料理を作る方におすすめですよ。

DeLonghi-ミニフードプロセッサー DCP250 (14,800円)

大容量にもかかわらずコンパクトな家庭用フードプロセッサー

コンパクトサイズながら容量は400mlで、4人家族でも余裕を持って使用することができます。投入口が大きめなので、野菜を細かく切る手間がかかりません。4枚刃を採用しているため、下ごしらえが手早く完了しますよ。

蓋と容器と本体が連結しないと刃が回転しないというロック機能が付いているため、安全に使用できます。みじん切りやすりおろしだけでなく、ペーストやスープの調理も可能。家庭での料理の手間を減らしたい方や、料理のレパートリーを増やしたい方に最適な電動おろし器です。

OYUNKEY-充電式ポータブルフードプロセッサー (3,080円)

USB充電で稼動するため持ち運びが簡単

容量は250mlで、収納しやすいサイズです。最大の特徴は、USB充電式で持ち運びが簡単な点。大容量バッテリーを搭載しているため、3時間の充電で1ヶ月使用可能です。ボタンを押すだけで、簡単ににんにくや玉ねぎなどの野菜のみじん切りができますよ。分解可能で防水設計のため、お手入れが簡単にできるのも魅力です。

蓋を閉めないと刃が動かないという安全設計になっています。そのため、子供がいる家庭でも心配することなく使用できます。3人ほどの家庭なら十分な容量であり、家庭での調理を簡単に済ませたい方や頻繁に使用する方におすすめです。

LADONNNA-2WAYチョッパー コンパクトミキサー (6,580円)

水切りしながら野菜をすりおろせる

4枚刃を搭載しているため、様々な食材を刻んだり砕いたりすることができます。刃を水切りおろしカッターに付け替えれば、野菜をすりおろしながら水を切ることが可能です。ボウル部分が硝子でできているため、匂いや色移りの心配がなく、清潔に保てますよ。

面倒な設定をすることなく電源スイッチを押すだけで使うことができるので、初めてでも簡単に使用できます。性能が良く、料理の下ごしらえを簡単に済ませることができるのも魅力です。デザイン性が高いので、性能だけでなく見た目もこだわりたい方にも最適な電動おろし器ですよ。

TWINBIRD-チョッパー付きハンディーブレンダー KC-4831W (3,476円)

少量から使用でき多機能性に優れている

野菜をつぶしたりすりおろしたりできるだけでなく、混ぜたり練ったりすることも可能です。ハンディータイプで、野菜にピンポイントで刃を当てることができるため、少量でも簡単にすりおろす事ができますよ。スープや生ジュースも作れるマルチ機能な電動おろし器です。

ハンディータイプで、一般的な電動おろし器よりも場所をとりません。収納スペースが狭い方や、頻繁に使用する方におすすめの電動おろし器です。付属容器の容量は500mlなので、大量に野菜を処理したいという方も使用できますよ。

業務用でおすすめの電動おろし器

厨房の匠-オロシー RHG-15g (72,600円)

処理能力が高く投入口が大きい

1分間で約5kgの大根をすりおろすことができます。投入口が大きいため、半分の大きさの大根をそのまま入れることができます。また、おろし金のセットの仕方によって粗さ調節も可能。大根だけでなく、山芋や人参などの野菜にも対応していますよ。

処理能力が高いため、大量におろし野菜が必要な給食センターや居酒屋などで使用されています。45分に1回は電動おろし器を止める必要があります。機械の温度を冷ますのに時間がかかるため、一定時間使用しなくても問題ないという飲食店での利用がおすすめです。

中部コーポレーション-RG200C PRO CHEF (58,080円)

押し棒で押し込むタイプのおろし専用機

粗目なら1分間で3.8kg、細か目なら1分間で4.8kgの大根をすりおろすことができます。押し棒で野菜を押し込みながらすりおろすので、人が付いている必要がありますよ。押し込むタイプなので、にんにくや生姜もしっかりとすりおろすことができます。

20分に1度機械を休ませる必要があります。また、すりおろしている最中は、押し棒で野菜を押す人がいなければなりません。そのため、短い時間で大量に野菜をすりおろしたいという飲食店での利用がおすすめの電動おろし器です。

株式会社ホーヨー-ニューオロシら~く MOL-40 (47,360円)

小型タイプの丈夫な業務用おろし器

おろしプレートにセラミックでできた樹脂を使用しているため、丈夫で長持ち。おろしプレートの中心部を突起させているため、すりおろしの粗さにムラがありません。他の業務用電動おろし器に比べ、コンパクトな点も特徴です。

30分に1度電動おろし器を休ませる必要があるため、チェーン店や大きな飲食店での使用は向いていません。大量に野菜をおろす必要がある飲食店の中でも、使用回数が少ないお店で使用するのに適していますよ。大型の電動おろし器を置く場所が取れないという方にもおすすめです。

千葉工業所-電動スーパーおろし丸 COL-11 (35,930円)

自動ですりおろせる小型の業務用電動おろし器

1分間に約3kgの野菜をすりおろすことができるコンパクトな業務用電動おろし器です。一般的な業務用電動おろし器は、すりおろす際に野菜を押している必要があります。一方で電動スーパーおろし丸はおろし円盤が自転公転しているため、力いっぱい押さなくてもスムーズに野菜をすりおろすことができますよ。

業務用電動おろし器の中では、比較的軽量でコンパクトです。サイズの割に処理能力が高いですが、10分に1度機械を休ませる必要があります。処理できる量は他の業務用電動おろし器に比べて少なめなので、小さなパーティーや個人料理店での使用に適していますよ。

DREMAX-マルチオロシ DX-60  (61,190円)

6段階の粗さ調節が可能な業務用電動おろし器

静音性と耐久性に優れ業務用電動おろし器です。30分に1度電動おろし器を休ませる必要がありますが、大根10本を5分ですりおろすことができます。構造がシンプルなので、掃除やお手入れがかんたんな点も魅力ですよ。

粗さ調節が6段階できるので、料理に合わせて大根おろしを使い分けることができます。大根だけでなく、山芋や人参のすりおろしも可能ですよ。料理の下処理の時間を減らしたい方はもちろん、大根おろしの粗さまでこだわりたい方におすすめの電動おろし器です。

野菜のすりおろしでおすすめの電動おろし器

下村工業-オロシマスター (2,640円)

操作が簡単で使いやすい

野菜のすりおろし機能のみのシンプルな電動おろし器。大根をカットして容器に入れ、ボタンを押すだけで簡単に大根おろしを作ることができます。玉ねぎや人参のすりおろしにも使えます。コンパクトで場所をとらないので、日常的に使いやすいですよ。

大根おろしを簡単に作りたい方におすすめです。ボタンを押すだけなので、高齢の方でも使いやすいですよ。容器の構造がシンプルであり、洗うのも簡単です。また、低価格で購入できるので、初めて電動おろし器を使用する方も試しやすいですね。

Tamahashi-プエル PU-110 (3,650円)

シンプルで低価格な電動おろし器

シンプルな構造で、使いやすい電動おろし器。洗いやすく、お手入れもしやすいです。容量は、家庭で使用するなら十分な600mlで、一度に大量の大根おろしを作ることができます。コードの長さが1.6mもあるので、近くに電源がなくても使用することができますよ。

大根だけでなく、りんごや人参をすりおろすことができ、離乳食を作ることも可能です。小さな子供がいる方は、調理時間を短くすることができますよ。また、操作や洗浄が簡単なので、ストレスなく使用することができる点も魅力です。

Panasonic-フードプロセッサー MK-K81-W (15,280円)

すりおろしだけでなく様々な下処理が簡単に行える

最大容量は500gで、家庭での調理にぴったりです。交換用カッターが3つ付属しているため、野菜のすりおろしだけでなく、スライスや千切りも可能。鬼おろしカッターで大根をすりおろせば、新食感の大根おろしが楽しめますよ。

交換用カッターにより、料理の下処理が簡単に行なえます。魚のすり身やミンチの加工に加え、パンやうどんなどの生地をこねることも可能。料理の幅を広げたい方や、面倒な下処理の時間を減らしたい方に最適な電動おろし器です。

和平フレイズ-グリーンスマイル (3,980円)

操作が簡単で初めてでも使いやすい

容量は約400mlで、コードの長さは1.3mです。容器と刃、蓋の簡単な構造なので、洗浄後に組み立て直すのが簡単ですよ。本体のスイッチを押しながら片手で押し込み棒を軽く押すことで野菜をすりおろすため、力の無い方でも簡単に大根おろしができます。

見た目も操作もシンプルなので、初めてでも簡単に使用することができます。コードが長いので、コンセントが遠い場所でも使用する事が可能。容器を丸洗いできる点も魅力です。使いやすいので、初めて電動おろし器を購入する方におすすめの電動おろし器ですよ。

三ツ矢電機-おろしちゃん楽楽 (4,200円)

わずか7秒で大根おろしができる

容量400mlで、シンプルな構造の電動おろし器です。投入口が大きいので、野菜を細かく切らなくてもすりおろすことができます。手おろしと変わらない美味しさの大根おろしを、わずか7秒で簡単に作ることができますよ。

コンパクトで洗いやすいため、キッチンに出しておいても邪魔になりません。日常的に電動おろし器を使いたい方に最適ですよ。稼働音もそれほど大きくなく、短時間の使用で済むので、深夜や早朝に使うのにも向いています。

まとめ

多機能な電動おろし器がおすすめ

料理の下ごしらえを簡単に済ませたいなら、多機能な電動おろし器がおすすめです。多機能な電動おろし器なら、薬味が素早く用意できるだけでなく、料理の際の面倒な下処理を簡単に済ませる事が可能ですよ。今回はおすすめの電動おろし器を種類別に15品紹介しました。必要な機能を検討しながら、自分に合った電動おろし器を見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*