おすすめのクロモリ製グラベルロード人気比較ランキング!【フジも】

通勤とツーリングなど、多目的に乗れる自転車が欲しい。そんなときはランキング形式で紹介している、クロモリ製グラベルロードに乗ってみるのがおすすめです。クロモリという合金をメインに用いたロードバイクの仲間で、色々な乗り方に適したモデルが存在。拡張性があって、カスタムするとママチャリより荷物を積むこともできます。一方、クロスバイクなどに比べると認知度は低め。種類や選び方が少しニッチなため、今回はクロモリ製グラベルロードを掘り下げて解説します。是非とも参考にして、色々な場所へ愛車と出かけて下さい。

クロモリ製グラベルロードとは?

クロモリフレームを採用した悪路も走るロードバイク

グラベルは日本語で砂利という意味があります。ロードは自転車において、主に舗装路を指す言葉です。つまり、グラベルロードは砂利などの悪路も視野に入れた、舗装路を走るロードバイクの仲間。グラベルロードの内、クロモリという素材のフレームを採用したモデルが、クロモリ製グラベルロードです。

シクロクロスとの違い

シクロクロスはホリゾンタルの形で競技参加を想定したもの

よく勘違いされるのがシクロクロスという車種です。グラベルロードと同じでドロップハンドルを採用しています。見分け方のポイントは、ハンドルやタイヤが付いている大元の車体、フレームの違い。シクロクロスは主にホリゾンタルという形を採用しています。お尻を乗せるサドルの下からハンドルに向かって伸びるパイプが、地面と平行に近い状態。対してグラベルロードは、一部メーカーを除きスローピングという形が主軸です。

シクロクロスを端的に表現すると、オフロードレース用の車種です。セッティングは荒れた道、泥道などを専門にしている、MTB(マウンテンバイク)に近くなっています。一方、グラベルロードはオンロード用のロードバイク、あるいはロードレーサーと呼ばれる車種に近い仲間。シクロクロスよりも舗装路の移動が得意です。

クロモリ製グラベルロードのメリット

2つの走破性を重視したセッティングがある

オンロード用の車種に寄せているシクロクロスですが、初めからオフロード用のセッティングを採用しているモデルがあります。オフロード仕様を見分けるのは簡単。おおよそはスペックに記載されている、タイヤサイズを確認すると判断できます。オンロードとオフロード、2つの走破性を重視しているセッティングがあるのは魅力です。

ツーリングを得意としている車種の1つ

グラベルロードは下向きに曲がっているドロップハンドルを採用しています。ロードバイクに使われている形で、下側を握ると前傾姿勢になってスピードが増す構造です。また、拡張性があって荷物を入れるバッグ、ドリンクホルダーなどを取り付けることが可能。街乗りだけでなくツーリングのような長距離移動も得意です。

跨ぎやすいスローピングフレームを採用している

スローピングフレームは、サドル下からハンドルに向かって伸びるパイプを、少し斜め上がりに溶接しているのが特徴です。地面と平行のホリゾンタルフレームに比べて、サドルの位置が微妙に下がります。前傾姿勢になりにくいことから、スピード面が少し不利。しかし、跨ぎやすい低重心のフレームで、安定するところは長所です。スピードを求める自転車に比べて、クロモリ製を含むグラベルロードは乗りやすい傾向があります。

初心者におすすめのクロモリが素材

クロモリはクロムモリブリデン鋼という合金の略称です。軽量かつ頑丈な合金で、衝撃を吸収する粘り強さも持っています。自転車素材として一番ポピュラー。扱いやすいことから初心者におすすめです。価格や性能を落としている廉価盤の自転車が避ける素材で、必ず高性能を選べる点も、初心者にとって大きなメリットになりますよ。

クロモリ製グラベルロードのデメリット

街乗りされているクロスバイクとも間違われる

グラベルロードと間違いやすい車種は主に2つあります。よく間違われるのはフレームの形が違うシクロクロスです。街乗りされているクロスバイクも混同しやすい車種。特殊なカスタムがなければ、一直線上のバーハンドルが付いています。対するグラベルロードはドロップハンドルを採用。基本的にハンドルで判別できるため、特徴の理解があるとまず間違いません。

特化した乗り方だと他車種の優先度が高い

グラベルロードは主にオールラウンドを旨としています。特化した乗り方であれば、専用車種を優先するのがマストです。悪路レースに出場するならMTB。スピードに重きを置くのであれば、オンロード特化したロードバイクの車体や初期部品が便利というイメージです。ゆっくりした通勤通学と長距離になるツーリング、舗装路と悪路の走破など、複数の目的がある場合にグラベルロードを選ぶと便利です。

クロモリ製グラベルロードの種類

バランス重視

悪路想定で乗りやすさを重視している

グラベルロードロードの初期セッティングは主に3つです。スペックに必ず記載されているタイヤサイズで、根本的なコンセプトを把握できます。タイヤサイズはホイール径とタイヤ幅があり、まずはタイヤ幅に注目するのがおすすめ。700×28Cであれば28mm、650×35Bと書かれていれば幅35mmのタイヤを履いています。

ママチャリのタイヤはインチ表記で、26×13/8などと書かれています。タイヤ幅を日本の単位に直すと約35mmです。ママチャリは通勤通学の足ですが、舗装していない河川敷を走ったり、水たまりに入ったりしますよね。多少の悪路を想定しているセッティングです。グラベルロードも同じ。30mmから35mmのタイヤを履いている場合は、ママチャリのように、万人が乗りやすいバランス思考を示しています。

スピード重視

ロードバイク寄りで30mm以下のタイヤ幅を採用したモデル

タイヤ幅は太くなるにつれて、垂直に置いたとき安定しやすくなります。低スピードでバランスが取りやすくなり、悪路で転倒しにくいのが実益です。一方で細くなるにつれ、地面と接する面が減少。タイヤは溝を滑り止めにしていますが、グリップ力の減少で抵抗もなくなります。オンロードで速度を上げやすく、スピードを出したときに安定するのが細いタイヤの実益です。

細いタイヤは30mm以下と考えるのが一般的です。例えばロードバイクのようにスピードがでる車種は、23C、25Cといった細いタイヤ幅を積極的に採用しています。28Cタイヤもママチャリに比べると細く見え、ツーリング車種のスタンダードと言える存在。30mm以下のタイヤを履いているクロモリ製グラベルロードは、オンロードでのスピードを尊重したセッティングです。

走破性重視

35mmより上のタイヤを履いたオフロード寄りの設定

ママチャリは一般的な自転車で、走りの性能も非常に平均的です。基準にすることが多く、35mmを上回った時点でタイヤは太い部類に差しかかります。クロモリ製グラベルロードのタイヤ幅は28mmから40mmくらいが主軸。場合によっては45mmなど、非常に太いMTB用のタイヤを履かせていることもあります。

太いタイヤはオフロード走行が得意。バランスがよくて厚みがクッションにもなります。38mm、40mmなどのタイヤ幅をグラベルロードが採用している場合、荒れた道に通用する走破性重視のセッティング。凹凸や障害物をガンガン乗り越えられるため、雪道を走るファットバイク、砂浜を走るビーチクルーザーなども、太いタイヤを重用しています。

クロモリ製グラベルロードの選び方

タイヤ外径の違いで選ぶ

ママチャリのタイヤを基準にすると乗り心地が解りやすい

クロモリ製グラベルロードのタイヤ幅を調べるとき、一緒にタイヤ径も見ておくと走行性のコンセプトを把握できます。700×35Cの場合、700mmを採用しているタイヤです。650B×35ならタイヤ径は650mm。もっとも一般的なママチャリを基準にすると、タイヤの差が理解しやすくなります。ママチャリは26インチと27インチ、つまり約660mmと685mm がスタンダードです。

700mmのタイヤはスピードを得やすい

大きなタイヤはペダル一漕ぎで進む距離が増加します。少ない力で遠くまで走り、スピードも出やすくなるのが特徴です。また、細いとスピードを出しやすいですよね。700mmの23C、25Cといった細いタイヤは、スピード重視のロードバイクなどが用います。グラベルロードが採用している場合もオンロード寄りで、スピードを尊重したセッティングになる傾向。通勤通学に最適ですが、長距離のツーリングも快適になります。

650mmはママチャリに近い乗り心地が選べる

グラベルロードは700mmだけでなく、650mmのタイヤも履いています。700mmより低重心で転倒しにくく、一般の速度域に落ち着きやすいタイヤです。クロモリ製グラベルロードが650mmタイヤを採用している場合は、ママチャリのように乗りやすさを尊重している傾向。長距離の巡行性能を控えめにしたシティライクな傾向があったり、走破性を重視したセッティングだったりします。

ブレーキの違いで選ぶ

重量が軽いVブレーキは現状で旧車が搭載している

Vブレーキはママチャリのブレーキと同じシステムです。タイヤを直に挟むことでスピード制御します。2019年を境目にして、スポーツ系車種はディスクブレーキが主力化。まだまだレースでも現役ですが、Vブレーキは数を減らしつつあります。クロモリ製グラベルロードにおいても新しい車種で見かける機会が少なく、年式の古い旧車に付いているタイプ。一方で太いタイヤに向いており重量が軽いメリットもあります。また、控えめな価格的になっているクロモリ製グラベルロードを選ぶことも可能です。

機械式のディスクブレーキがスタンダードで悪天候でも使いやすい

クロモリグラベルロードが用いるスタンダードな制動システムは、ディスクブレーキです。ディスクブレーキは2つに分かれていて、通常クラスはコスパがいい機械式を採用する傾向があります。Vブレーキと違うシステムで、タイヤを支えているホイールの中心に円盤状のディスクを設置。機械式は握力をワイヤーで伝達し、ディスクを挟んでスピードコントロールするタイプです。通常のブレーキより強力で、泥や雪、水に強い構造。悪天候やオフロードでも確実な制動力を得ることができます。

強力な制動ができるのは油圧式のディスクブレーキ

アップグレードされた上位モデルの場合、油圧式のディスクブレーキがスタンダードです。ネックは価格が高いところ。ブレーキとしては最上級です。一方で自動車のハンドルと同じ油圧を利用していて、得られる制動力は抜群。女性と子どもに優しいメリットもあります。

オフロードでも確実に作動するうえ、女性や子どもの握力でも強力なブレーキをかけることができます。また、非常に反応がよく、より繊細なスピードコントロールを可能にしているのも油圧式です。機械式と油圧式の見分け方は簡単。ディスク付近にワイヤーが飛び出ていれば機械式。出ていなければ主に油圧式です。

タイヤの脱着方法で選ぶ

強力固定できるスルーアスクルは急な制動に強い

自転車は旅先で使えるよう、電車などに乗せることがあります。公共交通機関で移動するときは、タイヤを外して輪行できる仕組みです。輪行の際に重要なのがタイヤの脱着方法。クロモリグラベルロードのスタンダードはスルーアスクル式です。

スルーアスクルのネックは、もう1つの方式より脱着の手間がかかるところです。一方、レバーを倒して反時計回りに回せば、タイヤを留めている金具が外れます。誰もが外せるので、目立った難しい作業はありません。また、頑丈な構造が長所。固定力が強いので、急ブレーキになってもトラブルを起こさないところが魅力です。

簡単に外せるのはクイックリリース

クイックリリースのネックは、ディスクブレーキと相性が悪いところです。別のホイールに交換しにくいなど、互換を妨げる特徴があります。また、スルーアスクルより簡易的な構造を採用している方法。正しく取り付けないと、急制動でタイヤがズレるケースもあります。

一方、クロモリ製を含む一部のグラベルロードに使われているため、全く無視することはできません。また、非常に優れたメリットもあり、輪行時の実益があります。レバーを起こすだけでタイヤの留め具が外れるので、脱着は非常に簡単。ホイール交換などを予定していない場合は、選んでも問題ないシステムです。なお、後ろがスルーアスクルで前がクイックリリースなど、両者をミックスしたモデルもあります。

輪行には必ずグラベル輪行袋などを用意する

輪行するときはフレームとタイヤをベルトなどで留めて、専用の袋に入れます。輪行袋や輪行バッグと呼ばれる袋で、拡張していない自転車にサイズを合わせているのが基本です。クロモリ製グラベルロードは35Cを超える太いタイヤも初期装備。乗り手によっては荷物を積載するため、キャリアを取り付けることもあります。通常の輪行袋ではサイズが合わないので、グラベル輪行袋などを用意するのがおすすめ。また、輪行する前にテストをしておくと、駅や停留所でトラブルになることがありません。

拡張性の違いで選ぶ

ダボ穴が多いと拡張性も上がる

自転車はダボ穴という部分を用意していることがあります。自動車のドリンクホルダーに当たるボトルゲージなどを、ダボ穴にネジで固定できるのが特徴です。ダボ穴の数が多いと運用できるパーツも増加。一方、実際に数えないと解らないケースがほとんどです。スペックから判断しにくいところがネックになっています。

ダボ穴はELITE VIPのような汎用パーツを結束ベルトでフレームに固定し、簡単に増設することができます。足りなければ増えるので、数は深く気にする要素でもありません。実車を見られる場合に確認しておくと便利、というイメージです。

キャリアが付くモデルは荷物が乗せられる

キャリアは荷物を載せる台です。ママチャリの後ろに付いている台や、前かごもキャリアの一種になります。タイヤの両サイドに荷物が乗るタイプも存在。スポーツ系のバイクは後付けしてカスタムするのが主流です。キャリアが付くグラベルロードはスペックから判断できるケースがあります。前後にキャリア用のダボ有り、などと記載するのが一般的。なお、後ろに付くグラベルロードは多いため、前側に付くかどうかを注視するのがおすすめです。

クロモリ製グラベルロードのおすすめブランド・メーカー

BIANCHI(ビアンキ)

優れたクロモリフレームを扱いオフロードでも主力

非常に長いあいだレース界で重用されているメーカーです。チェレステと呼ばれるエメラルドグリーンのような色とフレームデザインが、世界的に愛されています。非常に優れたクロモリフレームを扱っていて、オンロードとオフロード、両方の主力に選ばれているのが特徴。旅行用の自転車があり、日本に直営店を展開しているのもメリットです。

KONA(コナ)

ハードな旅もこなすオフロード仕様が存在

カナダのメーカーで、世界的に主力化しているのはMTBと言えます。MTBの派生形であるオンロード向けのクロスバイク、グラベルロードなども有名です。50Cタイヤを採用するなど、強烈にオフロードを意識させるモデルが存在。例えば国外の荒れ果てた道を永遠と走るような、ハード系トラベラーもKONAを重用しています。

RALEIGH(ラレー)

クロモリフレームの名門でツーリングバイクの名手

細身のデザインに人気があるメーカーです。厳密に言えばグラベルロードやシクロクロスに近い、独自形の万能系バイクを扱います。クロモリフレームの名門であり、ツーリングバイクの名手。細い金属で強度を出すのは難しいため、デザインからも優れた技術力が伺えます。

FUJI(フジ)

日本の定番になっているグラベルロードがある

世界的なレースで活躍したことから知名度があり、日本を代表する自転車メーカーの1つです。国内では庶民派の姿が有名。通勤通学、ツーリングなどにFUJIのグラベルロードやクロスバイクが活躍しています。国民の足になっている定番クロモリ製グラベルロード、FEATHERシリーズを扱うメーカーです。

おすすめ&人気のクロモリ製グラベルロードランキング

スピード重視でおすすめのクロモリ製グラベルロード

RALEIGH-CBR(カールトンB) (101,200円)

お手本のような拡張性とスピードに適した設定が融合

ホリゾンタルの形を採用しているので、シクロクロスに含んでも問題ない車種です。一方、思想や初期装備はグラベルロードと近似しています。シクロクロスはオフロード系の車種。主に短い距離を想定した設計です。一方、CBRはグラベルロード寄りの思想で、ツーリング仕様への移行も手軽。お手本のような拡張性があります。また、初期に700mmで28Cタイヤを履いており、オンロード寄りのスピードも融合しています。

細身の車体をシルバーとブラックで上手くまとめ上げています。ラレーの伝統を継承した美しいデザインです。名門メーカーということもあり、ラレーはクラシカルかつモダンなバイクが街乗りシーンで人気。CBRのカラーやフレームは人気車種を彷彿とさせるデザインで、非常にシティライクな一面を持ちます。

MARIN-NICASIO(ニカシオ)2,020モデル (89,100円)

グラベルロードの王道と言える多彩なセッティングが可能

メーカー側が2,016年以降、家族向けや女性用、子ども用といったマイルドなワードで、おしゃれな車種を展開しています。そのため、NICASIOも通勤通学や女性向けというマイルド車のイメージがあります。一方で機械式のディスクブレーキを採用。30Cの細いタイヤを生かした、オンロード寄りの本格セッティングが特徴になっています。

700mmのタイヤ径を採用していますが、650mmに変更することができます。また、最大で47mmのタイヤ幅を採用することができ、多彩なセッティングが可能です。オンロードとオフロード、どんな環境も怯むことなく走り切る有意義なタイプ。非常にスタンダードで、グラベルロードの王道を進むような存在です。

バランス重視でおすすめのクロモリ製グラベルロード

FUJI-FEATHER CX+ SLATE (97,020円)

初心者から上級者まで選ぶ王道のグラベルロード

ホリゾンタルの形を採用していますが、グラベルロードの1つです。ブレーキや変速機、ペダルなど、フレームに付いている部品をコンポーネットと呼びます。略してコンポと総称するのが一般的。シクロクロスとも取れますが、コンポ内容がグラベルロードと呼んでいい構成です。また、クロモリをフレームに採用していて、グラベルロードの乗り方ができます。

コンポメーカーの最大手はシマノです。シマノ製のCLARISというシリーズをコンポの主軸として搭載しています。簡単なオフロード走行やツーリングなど、カジュアルな乗り方に向けたセッティング。加えて35Cのタイヤを履いています。超ハイスペックのママチャリというイメージ。総合すると非常に乗りやすいシステムです。初心者から上級者まで選ぶ王道モデルになっているのも、納得できるところでしょう。

RITEWAY-SONOMA ADVENTURE (88,902円)

合計9箇所にダボ穴があって拡張性が高度

35mmと45mm、両方のタイヤを選択できるクロモリ製グラベルロードです。好みに合っていれば走破性重視の選び方もできます。合計9箇所にダボ穴があって拡張性は高度。サドルの下にも隠れたダボ穴があります。キャリアやバッグを取り付ければ、長距離移動やキャンプに赴くことができるでしょう。

オフロードも十分に意識していますが、メーカー自体は街乗りなど、オンロードシーンのイメージを持ちます。また、色や形が都会的なので、拡張を控えて通勤通学に使うのも好手です。相当シビアに特徴を評価するのであれば、オンロード色が少しだけ強め。バランス重視を選ぶ方が、やや得点を得やすいタイプでしょう。

走破性重視でおすすめのクロモリ製グラベルロード

GIOS-2,021年モデル NATURE GRX600 (185,130円)

初期段階でオンオフを華麗に走破するバランス力がある

幅広いタイヤが苦手なオンロードも、普通以上のスピードを出して走れるセッティングです。また、キャリアを装備できる拡張性があり、ツーリングや旅、街乗りに適しています。38Cなのでタイヤは少しオフロード寄り。一方、全貌はバランスを重視した、クロモリ製グラベルロードとして成立しています。

搭載している主軸コンポはグラベルロード専用に開発された種類です。また、頑丈なスルーアスクルや油圧式ディスクブレーキを採用しており、長いオンロードの移動を耐え抜くことができます。少し太めのママチャリに近いタイヤを採用することで、軽い未舗装路への配慮も十分。初期段階からオンオフを華麗に走破するバランス力があります。

アラヤ-CXG MuddyFox CX Gravel (110,000円)

最初の1台におすすめのベーシックさを備えている

37mmの幅を採用しているので、タイヤは少しオフロード寄りです。一方でロードバイク用のサドルを採用するなど、部分的にオンロード向け要素も取り入れています。タイヤとコンポ、クロモリフレームを上手く組み合わせてバランス型に調整。色々なシーンに対して強く、グラベルロードらしい乗り心地の良さを実現しています。

CXシリーズは歴史が古く、ロードレーサーとMTBを掛け合わせた元祖です。クロスバイクやシクロクロスの親という捉え方もできます。河川敷や林道の走行はお手の物。ダボ穴による拡張性を生かし、軽いオフロードとオンロードのツーリングを想定しています。普通に街を走っているモデルなので通勤通学にも便利。とてもバランスがいいモデルで、最初の1台におすすめのベーシックさを持っています。

BIANCHI- 2,021年モデル ORSO DISC SORA (162,800円)

粘り強いクロモリフレームで悪路を滑るように走破

ビアンキが日本に投入した初のグラベルロードシリーズです。林道や山をサクサク走行する性能と、グリーンを用いたクラシカルなデザインの評価が高く、発売スタート時の2019年モデルは特に話題となりました。2021年モデルは過去とコンポが少し違っており、どちらかと言えばロード寄り設定。ツーリングや街乗りなど、オンロード走行しやすい環境へ変わっています。

名前のSORAはシマノのコンポが由来。SORA仕様という意味です。コストダウンにも貢献していて、当初250,000円だった価格を大幅に削減しています。また、タイヤは走破性重視の38mmを装備。オンロード走行にも配慮した設定です。ビアンキが粘り強いクロモリフレームに仕上げていて、路面を追従する力が優秀。凹凸や坂も滑るように走行します。グラベルロード部品を用いた過去作より少しオンロードに向きつつも、走破性は全く見劣りしません。

KONA-ROVE LTD (ローブ LTD) (261,800円)

オンオフをシームレスに行き来する最新形のグラベルロード

コンポのコンセプトは完全なグラベルロード仕様です。スピードを出すセッティングではありません。一般道や峠を普通の速度で流したり、本格的なオフロードを走ったりするのが得意です。油圧式のディスクブレーキと厳選したタイヤを駆使し、どんな道にも対応できる高度な制動システムを実現しています。

オフロードの走破性に長けた47mmタイヤも、グラベルロード専用を採用しています。通常、MTBに付けるような太いタイヤの抵抗は、オンロードに向きません。一方、ROVE LTDは抵抗を最小限に計算した、オンロードも許容しているタイヤを選択。悪路の走破性を重視しつつ、街へとシームレスに飛び出せます。綿密に計算して組まれた、最新形のクロモリ製グラベルロードです。

MASI-CX GR SUPREMO (216,810円)

走破性重視だがスピード重視に変えるのも好手

走破性に長けた40mmのタイヤを採用しています。機械式のディスクブレーキを搭載していて、未舗装を含む長い道のりでも安心してペダルを踏めるモデルです。一方、オンロードのハイスピードに通用するシステムも採用。初期段階では走破性重視と言えますが、細いタイヤに変えてスピード重視にするのもおすすめです。

コンポはトレーニングやフィットネスにも使う種類です。フレームを人間の体に例えると、心臓のコンポが初期でハイスピードに対応しています。また、少しマニアックなメーカーですが、MASIはオンロード車とオフロード車の両方で、独自の答えを導き出しているのが特徴。速い自転車にも優れたクロモリフレームがあります。そのため、CX GR SUPREMOでスピードを重視してみるのも好手です。

MARIN-FOUR CORNERS(フォーコナーズ) (132,000円)

街乗りやオフロード用として最適解に入る乗りやすさ

42Cタイヤを履いたオフロード寄りのモデルです。タイヤ径は700mmと650mmを選ぶことができます。サドルを低く設定しているので跨ぎやすく、他のクロモリ製グラベルロードに比べて安定感を求めている構造。非常に乗りやすく、街乗りやオフロード用としては最適解の1つに入ります。

乗りやすい特徴はマイルドと言えます。同社のNICASIOなどと共通しているイメージですが、マリンの原点を端的に示すとオフロードの本格派です。日本でも硬派なオフロード車を、過去に活躍させているのが実情。そもそもの分野であるオフロード仕様も、ハズレどころかおすすめと言えるでしょう。走破性重視のクロモリ製グラベルロードとして、選ぶ価値が十二分にあります。

まとめ

乗る場所に適したクロモリ製グラベルロードがおすすめ

クロモリフレームのグラベルロードに廉価版はありません。基本的に高性能なので、タイヤからコンセプトを連想すると決めやすくなります。通勤通学や少しのオフロード走行なら、ママチャリに近い太さにする。舗装路の通勤やツーリングでスピードを出したい。そんなときはロードバイクに近いタイヤを選ぶなど、乗る場所に適したクロモリ製グラベルロードを選ぶと便利です。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*