おすすめの大容量な本棚人気比較ランキング!【ニトリやベルメゾンも】

徐々に本が増えてきて、今まで使っていた本棚に入りきらなくなったことはありませんか。そんな時のおすすめしたいのが、大容量な本棚です。大容量な本棚なら収納力が抜群なので、増えてしまった本もきちんと入れられますよ。そこで、今回はおすすめの大容量な本棚をランキング形式でご紹介します。また、大容量な本棚には様々な形状があり、設置したい場所によって使いやすさも変わってくるので、選び方のポイントも解説していきますね。ぜひお気に入りの大容量な本棚を手に入れて、大量の書籍を見やすく整理しましょう。

大容量な本棚の特徴

収納したい本が増えても対応できる

コミックや文庫本などは、日々新しいものが発売されます。好きな本が徐々に増え、それにともない手元に置いておきたい本も増加しますよね。電子書籍も便利ですが、どうしても紙で読みたい書籍もあるでしょう。本棚に入りきらなくなって、棚の上にある隙間に無理やり本を押し込んでいる方も多いのではないでしょうか。大容量な本棚は大量の書籍を収納できるので、増え続けても対応できますよ。

本以外に小物などを飾ればおしゃれにコーディネートできる

本棚といいつつ、収納できるのは書籍だけではありません。たとえば、写真立てやちょっとした小物なども飾れます。外からも見えるように本棚を選べれば、それだけでお部屋をおしゃれにコーディネートできますよ。書籍だけでいっぱいになるような本棚だと、小物を飾る余裕もないので大容量な本棚ならではの魅力ですね。

大容量な本棚の種類

オープンラック

扉がないので本を出し入れしやすい

本棚の前面に扉がないタイプをオープンラックといいます。扉がない分、本棚全体を見渡しやすいですよ。どこにどんな本が入っているかがひと目でわかるので、素早く取り出せます。いちいち扉を開ける必要がないので、スムーズに出し入れできるのが魅力。取り出しやすさを重視する方におすすめです。

扉がないため、置物を飾っても隠れずに見えます。本棚を含めて部屋全体をコーディネートしたい方にぴったり。中には前面だけでなく、背面にも扉がないタイプもあります。前と後ろ、どちらからでも本を出し入れできるのでより便利ですよ。大きめの部屋なら、空間を分ける仕切りとしても使えますね。

扉付きラック

扉があるので埃や日焼けから本を守れる

扉付きラックの扉には、2種類あります。1つめは、上下に開け閉めするタイプのフラップ扉。扉の部分に本を置けるので、お気に入りの書籍や雑誌を飾れるのが特徴です。お部屋のアクセントに本を飾りつつ、フラップ扉を開ければ中に大量の本を収納できますよ。おしゃれさと機能性を両立できます。

2つめはガラスの扉が付いているタイプ。フラップ扉だと中身がまったく見えずどんな本が入っているかわかりませんが、ガラス扉なら中の様子も確認できます。また、そもそも扉付きラックなら、埃や日焼けから本を守れるのが強み。書籍をなるべく劣化させずに収納したい方におすすめです。

大容量な本棚の選び方

形状で選ぶ

壁際に広い場所を確保できるなら壁面本棚

天井近くまである大きな本棚のことを、壁面本棚といいます。高さがあり、サイズ自体も大きいため、設置するには壁際にある程度広い場所が必要。スペースは取りますが、収納力は通常の本棚と比べて段違いです。大量の本を収納すれば迫力もあり、まさに本好きが理想とする本棚といえるでしょう。ただし、大量に収納できる分、万が一地震などで倒れてしまっては危険です。天井との間を金具などで繋ぐ突っ張りタイプを選び、しっかりと転倒防止対策をしたうえで使うようにしましょう。

目的の本を素早く取り出したいならスライド式本棚

前の列が動かせる本棚を、スライド式本棚と呼びます。レールなどを使って前の列を左右に動かせるので、後ろの列に収納した本を取り出しやすいですよ。よりたくさん収納するために本を前後2列に入れることが多いですが、この収納方法だと後ろの本を取り出しにくいのが難点。スライド式なら、どの本もいつでもすぐに取り出して読めます。文庫やコミックなど、奥行きを必要としない書籍の収納に向いているといえるでしょう。

省スペースで活用したいならコンパクトな回転式本棚

ワンルームの一人暮らしなど、本棚を置く場所を取れない方に使いやすいのが回転式本棚です。高さがある反面スリムなので、スペースを取らずに設置できます。本棚自体をくるくると回し、後ろ側に置いた本も取りやすいように目の前に持って来ることが可能。どの段に入れた本も簡単に出し入れできます。デッドスペースになりがちな部屋の片隅をうまく利用できますね。

余ったスペースを有効活用したいなら押入れ本棚

押入れの中に入れられるので、部屋に本棚を設置するスペースがない方でも、たくさんの本を収納できます。底にキャスターが付いているため、読みたくなった時だけ取り出せるのが助かりますね。押入れの隅は使い道もなく、スペースが余りがち。押入れ本棚を使えば、使っていないスペースを本の保存場所として有効活用できますよ。

本の種類で選ぶ

主に漫画を収納したいなら薄型のコミックラック

コミックラックとは、奥行きが大体16.5cmから20cmぐらいの薄型の本棚のこと。大容量な本棚は収納力を高めるために、本を前と後ろの2列にして並べることが多いです。ですが、2列にすると後ろに並べた本が取り出しにくくなってしまいます。取り出すのが面倒で、次第に読まなくなってしまうかもしれません。コミックラックなら1列に並べるので、読みたい本を取り出しやすいですよ。雑誌や辞典など大型の書籍の収納には向いていませんが、主にコミックをしまいたい方にはおすすめです。

様々な本を収納したいなら高さを変えられる1cmピッチラック

絵本や雑誌などの大型書籍から、単行本や漫画など小さめの本まで1つの本棚にしまいたいなら、1cmピンチラックを選びましょう。1cmピンチラックとは、高さを1cm単位で細かく調節できる本棚のこと。多くの本棚は3cmぐらいの単位でしか高さを変えられません。微調整ができないため、入れたい書籍に合わせて高さを変えるには限界があります。1cmピンチラックなら細かく調節できるので、所有している書籍に合わせて自在に高さを変えられますよ。色々なジャンルの本を持っている方におすすめです。

素材で選ぶ

柔らかな雰囲気にしたいならぬくもりを感じられる木製

部屋の雰囲気は、どんな材質の本棚を置くかによっても変わるので、おしゃれな空間を作りたい方は重視しましょう。木製なら木ならではのぬくもりを感じられるので、柔らかな雰囲気の部屋作りにぴったり。ホワイトカラーを使って北欧風のインテリアにしたり、ナチュラルテイストに仕上げたりと、自分の好みに合わせられますよ。また、販売数も多く、用途に合わせた本棚を見つけやすいです。

より多くの本を収納したいなら丈夫なスチール製

スチール製は丈夫なので、たくさんの本を収納してもたわむ心配がありません。重い書籍や、本の収納量が特に多い方に使いやすいです。より頑丈な作りで、大事な書籍類を安心してしまえます。また、見ためがスタイリッシュなのも強み。金属製特有のすっきりとしたデザインが美しいですね。モダンな雰囲気のお部屋にしたい方には、最適です。

大容量な本棚のおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

比較的リーズナブルなので購入しやすい

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

スライド式や漫画入れやすいコミックラックなど、色々な形の本棚を販売しているLOWYA。たくさんの書籍をしまえるのに、比較的安いので気軽に購入しやすいです。あまり予算をかけずに本棚を新調したい方におすすめですよ。

ニトリ

カラーバリエーションが豊富

本棚ごとに3色ずつ販売しているニトリ。落ち着いた色味のダークブラウンから、どんなお部屋にも置きやすいナチュラルなど、カラーバリエーションが豊富なのが魅力。お部屋の雰囲気に合わせた本棚を購入できますよ。

ベルメゾン

シンプルなデザインで使いやすい

シンプルなデザインで、様々なテイストに合わせやすい本棚を販売しているベルメゾン。長期間使っていても飽きないのが魅力ですね。スタンダードな形状はもちろん、他では見かけない収納量に合わせて横に伸縮させられる本棚もあります。長く愛用したい方におすすめですよ。

IKEA(イケア)

北欧風のインテリアに最適

世界で多数購入されているBILLYシリーズの本棚で人気のIKEA。シンプルでありながらもおしゃれで、北欧風のインテリアにしたい方にぴったりです。シリーズを合わせて複数の本棚を購入すれば、お部屋に統一感を持たせられますよ。

おすすめ&人気の大容量な本棚ランキング

リーズナブルでおすすめの大容量な本棚

LOWYA-マンガ収納ラック (18,990円)

漫画収納に特化した本棚
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

一般的な少年漫画や、少し大きめの青年漫画まで1列に収納できます。2列にせずにすむので、どの漫画も取り出しやすいですよ。本棚の上段と下段を合わせると、約416冊も入れられます。図書館や本屋さんのように、大量の本を整然と収納できるのが助かりますね。

本棚にスライド式のブックエンドが付いています。途中で仕切れるので、集めている最中の漫画もしまいやすいですよ。まだ続くのにすぐ横に別のシリーズの本を入れてしまうと、続刊が出た時に本を全体的に下へ動かさなければなりません。本棚自体に備え付けられているブックエンドを使えば、あえて横にスペースを空けたまま本を入れられます。たくさんの本を機能的に収納したい方におすすめです。

ベルメゾン-収納量にこだわった頑丈本棚 (29,750円)

作りが頑丈なのに比較的リーズナブル

それぞれの棚の耐荷重量が、30kgもあります。かなりの重さにまで耐えられるので、辞典などの重い本を入れても底がたわみません。棚板を支える金具が変形しにくいのも魅力。これだけ作りが頑丈なのに、比較的リーズナブルなので購入しやすいですね。

丈夫なだけでなく、デザイン性も高いです。木目調に凹凸があるため、高級感を醸し出しています。また、強化プリント紙化粧繊維板を使用しているので、長く愛用できますよ。頑丈なだけでなく、見ためもおしゃれなのが高ポイント。重い本をたくさん持っている方におすすめです。

KAGUDOKI-オープンラック (13,880円)

色々な種類の本を収納できる

奥行きの内寸が28cmもある奥深タイプです。薄くて小さい文庫本はもちろん、大きなA4サイズのファイルまで収納できます。ファイルを立て掛けても、本棚から背表紙がはみ出ません。また、一般的な文庫本なら前後2列に配置することで、よりたくさんしまえますね。

少年コミックなら672冊も収納できるほどの大容量さが特徴。百科事典などの大きな書籍でさえ、72冊もしまえます。1台あれば、かなり多くの本を入れられますよ。様々な大きさの本をまとめて収納したい方におすすめです。

クロシオ-大容量ホームシェルフ (13,930円)

上段より奥行きがある下段

奥行きが上段と下段で異なります。上段は奥行きが17cmと、かなり薄型なのが特徴。漫画や文庫など、小さめの書籍を入れるのに最適です。反面、下段は29.5cmもあり、A4ファイルなどの大型書籍を入れるのにぴったり。上段より下段を分厚くすることで、より安定感が増しているのも高ポイントですね。

上段と下段が独立しているので、縦に重ねるだけでなく横に並べて置くことも可能です。部屋の状況に応じて使いやすい方を選べるのが魅力。また、上段と下段を合わせると266冊も収納できます。これだけ収納力が高いのに、上段の奥行きが狭めなので圧迫感がありません。窮屈さを感じずに大型書籍を収納したい方に、おすすめです。

ぼん家具-押入れ収納ボックス (4,880円)

押入れの中にしまえる

高さが65cmしかないため、押入れの下にすっぽりと入ります。下部に付いているキャスターのおかげで、必要な時には簡単に押入れから出せますよ。オープンラックですが、押入れの中に入れてしまえば、書籍が日に焼ける心配もありません。

本を入れる棚板は、奥行きが26cmあります。コミックなら前後2列に収納できるので、約252冊も収納できますよ。押入れのデッドスペースを有効活用しつつ、大量の本を所有可能。部屋に本棚を置くスペースがない方におすすめです。

おしゃれでおすすめの大容量な本棚

IKEA-BILLY書棚 (19,316円)

大人気のBILLYシリーズ

シンプルなデザインが特徴です。色もホワイトと主張が強すぎないカラーなので、どんな部屋にも合わせやすいですよ。北欧風のインテリアから、モダンなコーディネートまで幅広く実現できます。模様替えしたい時にも対応しやすいですね。

縦にスリムな形状です。横幅は40cmと狭めですが、高さが202cmもあるのでたくさんの本を収納できます。棚が可動式なため、色々なサイズの本に対応可能。一人暮らしで、あまり場所を取らずにおしゃれな本棚を置きたい方におすすめです。

ワイエムワールド-スリム本棚 (13,980円)

フラップ扉付きで見せる収納

おしゃれさと収納力を兼ね備えた、フラップ扉付きのラックです。本を飾ったままでも扉を開け閉めでき、中の本を簡単に取り出せますよ。人に見せたくないような本だけ、中にしまっておくことも可能。見ためをすっきりさせつつ、高い収納力を実現しています。

文庫本を1列に並べた場合は、約285冊入れられます。ある程度広い奥行きがあるので、よりたくさんの本を収納したい時は2列にすることも可能。その場合は約570冊と、さらに収納力がアップします。見せる収納をしながら、たくさんの本を整頓したい方におすすめです。

ワイエムワールド-薄型積み重ね本棚 (10,800円)

カラーバリエーションが豊富

オークやフォールナットなど、お部屋に馴染みやすいカラーを6色展開しています。本棚全体を1色で塗ったワントーンだけでなく、異なる色を組み合わせたツートンカラーが特徴的。たとえば、落ち着いたブラウンとダメージ加工風のオークを組み合わせることで、一味違った雰囲気の本棚になっています。

本をしまう棚の奥行きは、約17cmとかなり薄型です。親書やB6サイズのコミックを収納するのに、ちょうど良いサイズ。400冊以上入れられるので、どんどん増える漫画にも対応できますよ。床と接する底板部分をあえて22cmと厚めにすることで、薄型でありながらも安定感があります。他人と被りにくい本棚を使いたい方に最適です。

ぼん家具-本棚 (9,780円)

部屋の雰囲気に合わせられる

カラー展開が豊富なので、部屋の雰囲気に合った色を選べます。たとえば、ブラックとホワイトには薄く木目が入っているため、自然の風合いを感じられる部屋にしたい方にぴったり。他にも、オークにはあえてすり傷風の模様を付けることによって、ヴィンテージ感を演出しています。

単行本なら672冊と、収納力が抜群です。真ん中以外の8枚の板を動かせるので、書籍の大きさに合わせて高さを変えられます。約3.2cmごとに板を置けるのも魅力。どんなジャンルの本にも対応しやすいですよ。高い収納力を持ちつつ、おしゃれな本棚を使いたい方におすすめです。

スライド式でおすすめの大容量な本棚

ニトリ-両側スライド書棚 エスタンテ W(29,900円)

高さのあるスライド式

高さが181cmと高めです。スライド式の本棚は低いタイプが多いですが、この本棚なら高さがある分、さらに収納量が増えますよ。後ろの棚に入れた本を、いつでも素早く取り出せるのは助かりますね。本に優先順位をつけられない方に最適です。

前と後ろの列で奥行きが異なるのが特徴。前列は奥行きが約14cmあり、漫画や文庫を置きやすいです。後ろの列は約26cmあるため、A4サイズのファイルなど大型書籍も入れられますよ。スライド式の本棚に漫画本だけでなく、雑誌など大きめの書籍もしまいたい方におすすめです。

山善-スライド式本棚 (7,999円)

コミックを入れるのに最適

前列も後列も奥行きが12.5cmあるため、コミックを入れやすいです。後ろに置いていても取り出しやすいのが高ポイントですね。前列の底部にはローラーが付いているので、力を込めなくても左右にすいすい動かせます。

通常のコミックなら、約370冊並べられます。使っている最中に本が増えすぎても、同じ本棚を購入すれば上部に連結できるのが魅力。付属パーツでしっかりと装着できるので、安全ですよ。主に漫画を大量に収納したい方におすすめです。

回転式でおすすめの大容量な本棚

Grande-回転コミックラック (11,480円)

カラー展開がおしゃれな回転式

定番のダークブラウンやブラックだけでなく、レッドもある回転式本棚です。深みのあるレッドなので派手過ぎず、華やかにお部屋を彩ってくれます。他の家具と調和させるだけでなく、あえてアクセントとなるようなカラーを選べるのが高ポイントですね。他の人と被りにくい本棚を使いたい方にぴったりです。

360度回転できるので、取り出したい本をすぐ目の前まで動かせます。4列のどの面に置いてある本も気軽に取り出せますよ。土台自体は34cmしかありませんが、スムーズに回転させるためには縦横47cmのスペースが必要。たったそれだけのスペースでコミックを約250冊も収納できます。

KAGUDOKI-回転コミックラック (13,800円)

省スペースでも収納力が高い

幅約46.5cmだけあれば、ぶつかることなく本棚を360度回せます。あまり場所を取らないので、ベッドやデスクの横などにも置きやすいですよ。一人暮らしであまり大きな家具を置けない方も、コンパクトで使いやすいサイズです。

スリムなのに、コミックなら約320冊も収納可能。各棚の高さが20cmあるので、一般的な少女漫画などのコミックだけでなく、ワイド判とも呼ばれる大きめの漫画もしまえます。きれいに4面に仕切られているため、作者やシリーズごとに分けて並べたい方におすすめですよ。

1000冊以上収納できるおすすめの大容量な本棚

make-space-コミック本ラック (51,700円)

圧倒的な収納力

コミックを最大1078冊収納できるほどの、抜群の収納力が特徴。他の大容量な本棚と比べても圧倒的です。複数の本棚を組み合わせれば1000冊を超える収納量になるものはありますが、1台でこれだけ並べられる本棚はそうありません。すべての段に本を並べると、迫力満点ですよ。

大量に収納できるだけでなく、使いやすくするために様々な工夫がほどこされています。たとえば、後ろの列をあえて前列より3cm高く作ることによって、タイトルを隠さないような仕組み。どこになんの本が入っているか見つけやすいですよ。また、本棚の下の段にいくにつれ、傾斜が付いているのも高ポイントですね。最下段には6度の傾きがあり、立ったままでも題名が見やすいです。他の大容量な本棚ではまかなえないぐらい、大量の本を所有している方におすすめですよ。

まとめ

置く予定の部屋に合わせた大容量な本棚がおすすめ

たくさんの本をきちんと整頓して並べたいなら、置く予定の部屋に合わせた大容量な本棚がおすすめです。広いスペースを取れるなら、壁面本棚がぴったり。大量の書籍を入れられるので、収納に困りません。一人暮らしであまり場所を取りたくないなら、コンパクトな回転式本棚が最適です。スリムで場所を選ばず置けますよ。回転式本棚を置くスペースも難しいようでしたら、押入れ本棚を使って完全にしまってしまいましょう。また、主に収納するのが漫画なら、後ろの列も見やすいスライド式か1列に並べられるコミックラックがおすすめです。今回はおすすめの大容量な本棚をランキング形式でご紹介しました。ぜひ使い勝手の良い大容量な本棚を手に入れて、手元に置いておきたい本をきれいに並べてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*