おすすめの防水スプレー人気比較ランキング!【靴用も】

防水スプレーがあれば雨や雪の季節も靴や服がびしょびしょになる心配はなくなります。スプレーの効果によって、靴や服に水分が浸透しなくなるためです。ですが本革や人工皮革、ゴアテックスなどと靴や服の素材は様々で、どの防水スプレーが使えるのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回はコスパや速乾性などの目的別の選び方と一緒に、革靴やゴアテックスなどにも使えるおすすめの防水スプレーをランキング形式で紹介していきます。防水スプレーがあれば、雨に濡れても、靴や服の水滴をさっと払うだけで済み、見た目にもスマートになりますよ。

防水スプレーの特徴

スプレーするだけで撥水効果が得られる

防水スプレーは雨から守りたい靴や服、カバンなどにスプレーするだけで水を弾いてくれます。例えば白のスニーカー、何もしなければ雨の日には泥水でシミだらけになってしまうでしょう。ですが、防水スプレーを使えば泥水を弾き、白くてきれいな状態をキープすることができます。

コーティングによる防汚効果がある

防水スプレーの効果は、生地の表面をコーティングすることで水を弾きます。生地の表面がコーティングされることで、日常生活の中でのホコリなどの汚れから守ってくれる効果もあります。ホコリなどの汚れがつきにくくなれば、靴や服のお手入れも簡単になりますね。

防水スプレーの種類

フッ素系

革や布など幅広い素材に対応

フッ素系とは撥水性能があるフッ素系樹脂を主成分とした防水スプレーのことを言います。スプレーすると繊維の一本一本に浸透して撥水させるのが特徴です。また撥水効果があるのは水だけでなく油も弾くため、幅広い汚れに強いというメリットがあります。

フッ素系の防水スプレーは、効果の持続性はあまり期待できないものの、通気性をキープしたまま撥水させることができます。そのため本革、人工皮革、ゴアテックスなどのように幅広い素材に使うことができます。油性ではないため、生地が変色してしまうこともほとんどありません。

シリコン系

撥水効果の持続性が高い

シリコン系は撥水性シリコン樹脂を主成分とした防水スプレーです。車のボディにワックスを塗ったように、繊維の表面をコーティングできるのが特徴。繊維一本一本に付着しないため、生地に対しての設置面積が広く、撥水効果の持続性が高いというメリットがあります。

シリコン系の場合、成分そのものが油性なので生地が変色するリスクがあるものの、フッ素系に比べて値段が安くてコスパに優れます。また噴射範囲が広いため、レインコートやアウターのような面積が広いものに使うのがおすすめです。強力に水を弾いてくれるため、アウターを干す手間を省くことができますよ。

ハイブリッド系

通気性と持続性を兼ね備える

ハイブリッド系とはその名の通り、フッ素系樹脂とシリコン系樹脂を混ぜ合わせ、両方のメリットが得られる防水スプレーのことを言います。繊維の一本一本に成分が付着、コーティングしてくれるのが特徴です。通気性があり持続性も得られるというメリットがあります。

ハイブリッド系におすすめなのは傘やスキーウエア、テントやタープなどのアウトドアグッズなどです。白色系の生地はシミや変色のおそれがありますが、白以外の製品に使えばその効果は確かなもの。雨でぬれた傘も軽く振るだけで気持ち良いくらい水滴が飛びます。テントやタープなら朝露などに濡れるのを防ぐこともできますよ。

防水スプレーの選び方

噴射範囲で選ぶ

小回りが利く点を重視するなら噴射範囲が狭いスプレー

靴やカバンなどの小物に使うなら噴射範囲が狭い防水スプレーがおすすめです。靴やカバンの入り組んだ形状にも無駄なく吹き付けられる、小回りの良さがあります。また噴射範囲が狭いことで、スプレーがあちこちに飛び散るのを防ぐことができるというのもポイントです。防水スプレーの節約にもなるので、コストを抑える効果もありますよ。

噴射したい面積が広いなら噴射範囲が広いスプレー

大きな物は何度もスプレーをしなければいけないため、噴射範囲が広い防水スプレーが使いやすいですね。特にテントなどのアウトドアグッズの場合は表面積が大きく、噴射範囲が狭い防水スプレーでは時間も手間もかかります。噴射範囲の広い防水スプレーで時間を節約できれば、節約した分の時間をキャンプに行くための準備にあてることができるのでおすすめですよ。

容量で選ぶ

コスパ重視なら大容量がおすすめ

複数の靴や服を防水加工したり、重ね掛けして防水効果を高めたりするならコスパのいい大容量タイプがおすすめです。大容量の防水スプレーは400ml以上の容量があるため、追加注文の心配が少なく済みます。さらに使い終わったスプレー缶の数を減らすこともできるのでゴミの削減にもつながり、スプレー缶を何度も捨てる手間も省くことができるのでおすすめです。

コンパクトなスプレーなら持ち運びに便利

外出にはコンパクトタイプが便利です。コンパクトタイプは容量が100ml程度で、カバンの片隅に入れておくことができるサイズで持ち運びやすいのがメリット。防水スプレーを持っていれば、外出先の急な雨を防ぐのにも便利です。また未舗装の道路を歩くことが多い方にコンパクトタイプがおすすめ。土埃が舞いやすい未舗装道路を歩くことによる靴の汚れを防いでくれますよ。

速乾性の有無で選ぶ

スプレー後にすぐ使うなら速乾性を重視する

撥水効果を十分に発揮させるためには、時間をかけてしっかりと乾燥させることが必要なので、速乾性の高さも防水スプレー選びのポイントになります。防水スプレーは、乾燥時間が1分のものから24時間かかるものまで幅広く販売されています。出かける直前に防水スプレーを使うことや、ゲリラ豪雨などに備えるためにも、乾燥に必要な時間はチェックするといいですね。

新品には速乾性よりも撥水性能を重視する

速乾性と撥水効果は反比例する傾向が見られるため、しっかりと防水したいなら乾燥まで時間がかかっても高性能な防水スプレーを使うといいですね。新品の靴やカバンなど、重点的に防水加工を施したいと考えているならなおさら性能を重視するのがおすすめ。新品の状態でコーティングすることで、きれいな状態を持続させることができますよ。

防水スプレーのおすすめブランド・メーカー

Loctite(ロックタイト)

DIY用接着剤をメインに防水スプレーも販売

ロックタイトが販売している防水スプレーの特徴は大きく分けて2つ。定評のある防水力の高さと抗菌機能がついていることです。防水するだけでなく、抗菌効果によって靴の嫌な臭いも防げるため、梅雨などの湿度が高い季節も安心です。

Columbus(コロンブス)

革や布などマルチに使える防水スプレーを販売

コロンブスは靴用のケア用品のパイオニア的存在です。もはや防水スプレーの代名詞とも言えるアメダスは、靴から洋服まで幅広く使えることで定評があります。また最近では革から洋服まで使える抗菌スプレーなども販売しています。

M.MOWBRAY(エムモゥブレイ)

簡単に使えてプロの仕上がりがコンセプト

エム・モゥブレイは一般の方が簡単に使えて、プロと同等の仕上がりになる製品作りがモットーです。防水スプレーは撥水だけでなく、色あせを防止できるスプレーやホワイトニングができるスプレーなど豊富にラインナップ。靴のことだけでなく、使う方のことも考慮された製品が揃っています。

Collonil(コロニル)

創業100年以上のレザーケアスペシャリスト

ドイツ生まれのコロニルは革製品ケア用品の専門メーカーです。革のお手入れ用品や靴クリーム、防水スプレーなどを幅広くラインナップしています。どれも革製品に使えることが前提になっているため、革靴や本革のカバンなどにも安心して使える防水スプレーを探しているならコロニルで間違いありませんよ。

おすすめ&人気の防水スプレーランキング

フッ素系でおすすめの防水スプレー

Columbus-アメダス (1,520円)

定番の防水スプレーは確かな性能

革から布まで幅広い素材に使えるうえに、乾燥時間が15分と短いのが特徴です。15分程度であれば、身支度を整える前にスプレーしておけば出かけるころには乾いているため実用性が高いですね。突然の雨にも対応できるため、1本あるだけで安心できます。

また防水、撥油、防汚ができるのも魅力です。道路上には車から漏れたオイルなどの油性の汚れがあります。見えにくく、気が付けば大切な革靴に油汚れによるシミができていることもありますが、こちらの防水スプレーならそんな心配もなく歩くことができますね。

Loctite-超強力防水スプレー 多用途 (726円)

大容量でコスパ最強

大容量の420mlで、リーズナブルな価格なのに革素材やゴアテックスにも使えるのが特徴です。フッ素系の防水スプレーは高いというイメージを覆したともいえます。家族が多い方や、防水したいものがたくさんあるという方もこれなら使いやすいですね。

もちろん、安いだけではなく、性能もしっかりしています。撥水性と撥油性があり、通気性も損ないません。コストを気にせずたっぷり使えるので、重ね掛けで効果をさらにアップさせれば雨の日もスニーカーのキャンバス地の汚れを気にしなくても良くなりますね。

Collonil-ウォーターストップ (2,420円)

UVプロテクション効果が得られる

革や布など、素材によって時間差があるものの、日焼けによる色褪せリスクは長く使えば使うほど高まるもの。ですが、こちらの防水スプレーにはUVプロテクション効果があるので安心です。週に1度のスプレーで、防水効果とUVプロテクション効果を持続させることができます。

また通気性を重視して製造されているのもおすすめのポイントです。ゴアテックスなどの通気性がいい素材も、そのメリットを失うことなく防水とUVプロテクション効果を得ることができます。靴やアウターなど、紫外線による色褪せを気にすることがなくなるためおすすめです。

M.MOWBRAY-プロテクターアルファ 2本セット (2,750円)

コンパクトタイプがセットになっていて便利

自宅で普段使う防水スプレーと、外出先で使うためのコンパクトな防水スプレー。それぞれを探して購入するのは手間ですが、こちらはセットになっているのでそれぞれ探して購入する必要はありません。また探す手間以外にも、送料まで節約することができます。

モゥブレイは様々な素材の中でも、革に力を入れているメーカーなので、革靴や革のバッグなどの防水におすすめ。革の通気性や柔軟性を失うことなく防水力を高めることができます。革向けの防水スプレーをどれにしようか迷っているならプロテクターアルファで間違いありませんよ。

Crep Protect-シューケアキット (4,576円)

防水スプレーとケアキットがセットでお手入れしやすい

防水スプレー前に靴の汚れを落としたいけど何を使えばいいのかわからない、という方も安心です。こちらの防水スプレーには、シューケアキットとしてクリーニング液、ブラシ、マイクロファイバークロスがセットになっています。またケアキットのサイズは手の平程度で、収納性にも優れています。

防水スプレーの乾燥時間は約30分と少し長め。ただ、スプレーと乾燥を2回繰り返すと、靴が汚れても水だけで簡単に洗い落とすことができるほどの防汚効果を発揮します。靴に仕様されているあらゆる素材に対応しているので、どんな靴でも安心して使うことができますよ。

シリコン系でおすすめの防水スプレー

RUST-OLEUM-NeverWet NEO (2,480円)

ノズルタイプのスプレーだから噴射範囲が広い

噴射範囲が広いことで、テントやタープ、ソファなどの噴射面積が広いものでの使いやすさがあります。そして防汚性を最も感じられるのがソファやクッションです。噴射しておけば、万が一ジュースをこぼしてしまっても慌てずに拭くだけ。小さいお子さんがいる家庭でも安心です。

乾燥時間が24時間ととても長いものの、容器がプラスチックなのでゴミとして処理しやすいのもおすすめのポイントです。スプレー缶のようにかさばってしまうこともありません。手軽に使えるだけでなく、ゴミとして処理をするのも簡単なのでおすすめですよ。

株式会社ALIVE-持続する撥水コート剤 はじく水 (6,000円)

3年間という驚異の防水持続力

乾燥時間が48時間ととても長いものの、1度スプレーすると効果の持続期間は3年間と長く、複数回の洗濯にも耐えることが特徴です。一般的な防水スプレーの効果が持続するのは約1週間ほどで、洗濯したら当然効果はなくなります。それを考えると48時間という乾燥時間や高めの価格にも納得ですね。

またこれまで防水スプレーは使えなかった素材、ファーにも対応しているのも魅力です。さらに無臭なので、リビングのソファやカーペット、服をコーティングしても不快感なく使うことができます。定期的に防水スプレーをかけるのが億劫な方におすすめですよ。

CAPTAIN STAG-テント用防水スプレー (693円)

雨の日のキャンプや朝露対策の強い味方

テントを使った後はしっかり乾かさないとカビが発生してしまいますが、雨や朝露などテントが濡れることも多いですよね。そこでおすすめなのがこちらの防水スプレーです。防水スプレーでコーティングすることで、テントやタープの生地への水分の浸透を防ぎ、お手入れがしやすくなります。

1本の容量は300mlで、使用できる面積の目安は約5平方メートルです。1本でファミリー用テントとタープをカバーできるくらいの容量なのも嬉しいです。ゴミが少なく済むので、晴れた日にキャンプ場でテントやタープを設営しながらスプレーしてしまうこともできますよ。

アサヒペン-繊維用防水スプレーEX (448円)

コスパに優れてスキーウエアにぴったり

こちらの防水スプレーの特徴は、1本でブルゾン2着分をコーティングできるコスパのよさです。スキーやスノーボードのウエアなら、1着をワンコインでコーティングできます。またスポーツ以外にも、水気を多く含んだ雪が多い地域の除雪シーンなどでも活躍できますね。

乾燥時間は20分で、日本製というのもおすすめのポイントです。スキーやボードのワックスをかけながら、安心安全の日本製防水スプレーでウエアをコーティングできます。浮いた防水スプレー代で、スキー場での食事もちょっと奮発できてしまいますね。

ハイブリッド系でおすすめの防水スプレー

Loctite-超強力防水スプレー 布用 長時間 (598円)

従来製品の10倍効果が長持ち

メーカーが行った、綿や羊毛を使ったテストによると、撥水効果が従来品の約10倍長持ちするという結果に。梅雨時期など雨が続く季節は、何度もスプレーしなくても済むので助かりますね。内容量は420mlと多く、家族でシェアしたり、複数のスーツのコーティングにも便利なサイズです。

スプレーすると高性能の防水材が繊維の1本1本を包み込むようにコーティング。超強力な防水効果を得ることができ、多い雨の日でも安心です。雨や雪などの予報を見た時にスプレーしておけば、傘を忘れてしまっても大丈夫ですね。さらに定期的にスプレーしておけば、予想のしにくいゲリラ豪雨対策にもなりますよ。

セメダイン-防水スプレー 除菌&消臭プラス (1,166円)

除菌と消臭で清潔感アップ

除菌と消臭効果があるため、なかなか洗えないジャケットも臭いを気にせず清潔に使えます。防水効果があるため雨の日は快適、さらに晴れた日は汗による雑菌の繁殖を防ぎ、消臭してくれます。湿気が高く汗ばむ季節も清潔に過ごすことができますね。

またジャケットの汚れそのものがつきにくくなり、お手入れが簡単になるのもポイントです。防水剤が繊維の1本1本をコーティングしてくれるため、ホコリや汗がジャケットに付着しにくくなります。手軽なシミ対策としても使えるためおすすめですよ。

コニシ-ハイブリッド撥水スプレー (792円)

高耐久性を追求したリーズナブルスプレーは花粉対策にも

こちらは長時間の効果持続を追求していることが特徴の防水スプレーです。傘や衣類など幅広く使うことができ、その効果は長持ちするため、スプレーする回数も抑えられます。容量も420mlでハイブリッドとしてはリーズナブルな価格なので、気になったら気軽に使えますね。

大容量でリーズナブルな防水スプレーは花粉対策にもおすすめです。防水スプレーのコーティング効果によって、ホコリと同じように花粉もブロックしてくれます。乾燥時間は20分、花粉警報が鳴ったら衣類にスプレーで手軽に花粉対策ができます。花粉症でお悩みの方におすすめです。

HOLMENKOL-ハイテクプルーフハンドスプレー (1,613円)

独自技術で革素材にも使える

ハイブリッド系の中でも一風変わった防水スプレーです。ハイブリッドなのは成分ではなくテクノロジーで、蓮の葉が水を弾く原理が応用されています。そのため、油性シリコンは含まれておらず、革製品にも安心して使うことができますよ。

もちろん、ゴアテックスなどの高機能繊維が使用されている製品の透湿性をキープしたまま防水効果を発揮。水分や油、泥汚れから強力にガードしてくれます。ナノテクノロジーが使われた高機能防水スプレーにはUVカットの効果もあるため、アウトドアの幅広いシーンで活躍してくれますよ。

Waterfront-傘屋が作った防水スプレー (1,320円)

傘をひと振りするだけで水がはじけ飛ぶ

乾燥時間が約15分と速乾性があり、撥水効果が2週間と長持ちするのが特徴です。また長く使った時にスプレーの香りが傘に強く残らないため、強い香りが鼻についたり、周囲の方の迷惑になるようなこともありません。安心して傘を持ち歩くことができますね。

容量は150mlで紳士用の傘約6本分に使える量で、コンパクト。コスメのような見た目とコンパクトさで、玄関に置かれていてもインテリアのようになじみ、持ち歩くのにも便利です。傘の上を水滴がころころと転がっていく様子は、ずっと見ていても飽きないくらい気持ちがいいですよ。

防水スプレーの上手な使い方

使用時は換気のいい場所を確保する

防水スプレーはベランダや玄関など、十分に換気されている屋外でマスクを使うのがおすすめです。防水スプレーの成分は人体に無害というわけではなく、室内よりも屋外、さらにマスクを着用したほうがスプレーの成分を吸い込むリスクを減らせます。またスプレー時に靴や服などを持っている手への付着が気になるなら手袋を使うと気になりませんよ。

スプレーする部位の汚れを落としておくと付着しやすくなる

スプレーを使う場所を確保できたら、次は汚れやほこりを落としましょう。汚れやほこりがついたままでスプレーするとムラになったり、成分が付着しきれず効果が十分に発揮されなかったりすることもあります。また汚れを落とす時は、馬の毛ブラシがおすすめです。ナイロンや豚の毛よりも柔らかいため、靴やカバン、洋服の磨き傷を防げます。

重ね掛けのし過ぎに注意しながらスプレーするのがポイント

いよいよスプレーしていきますが、重ね掛けのし過ぎには注意です。2回から3回くらいの重ね掛けで十分な撥水効果が得られます。それ以上の重ね掛けはあまり意味がありません。防水スプレーの浪費になるだけでなく、むしろ撥水効果が落ちる原因になることもあるため注意しましょう。またスプレーする時は各製品の使い方を見ながら、20cm前後離してスプレーするとムラになりにくく、きれいに仕上がりますよ。

まとめ

素材に合った防水スプレーがおすすめ

様々な防水スプレーを紹介してきましたが、目的と素材に合った防水スプレーを選ぶのがポイントです。日常使いなら汎用性が高い防水スプレーが使いやすいですし、こだわりがあるなら素材に合った防水スプレーのほうがより高い効果を期待できます。目的と素材に合った使いやすい防水スプレーがあれば、雨やホコリ、泥汚れなどを気にせず出かけられますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*