おすすめのドリルビットセット人気比較ランキング!【マキタも】

DIYのために電動工具を購入したら、次に選ぶのは先端につけるビットですよね。そんな時におすすめしたいのが豊富なサイズが魅力のドリルビットです。ネジで固定する前の下穴あけや配管を通すための穴あけなどを簡単にできますよ。今回はおすすめのドリルビットセットをランキング形式でご紹介します。使用頻度の高いものから特殊な加工ができるものまで、種類や選び方について詳しく説明します。加工の幅が広げてDIYを楽しみましょう。

ドリルビットセットの特徴

よく使うサイズが一度で揃いスムーズに作業が進む

ドリルビットセットは、良く使うサイズが1mmから2mm刻みで入っています。そのため、穴のサイズを作業しながら決めることが可能です。欲しいサイズがなく作業を中断して買いに行くこともありません。初めて購入するときもセットを買えば間違いないですよ。

大小さまざまな穴があけられるため作業の幅が広がる

細いドリルビットはネジを打つための下穴をあけるときにに便利です。ネジに合わせて穴の大きさを変えたいときも、セットなら対応できます。また、大きい穴が必要な特殊な加工にも挑戦でき、作業の幅を広げることができますよ。

ドリルビットセットの種類

丸軸タイプ

ドリルドライバーのみで使用できる

ビットの差し込み部分が丸い筒状のタイプです。ドリルドライバーに使用するときは、こちらを使いましょう。負荷がかかっても折れにくい構造のため、安全性が高いドリルビットです。丁寧に扱うと長く使うことができますよ。

長持ちするドリルビッドですが、そのままではインパクトドライバーで使えません。六角軸しか取り付けられないのが理由のため、専用のアタッチメントがあれば使用できますよ。ドリルビッドを購入する前に、取り付ける工具の種類を確認すると良いでしょう。

六角軸タイプ

インパクトドライバーとドリルドライバーの両方で使用できる

ビットの断面が六角形のタイプで、インパクトドライバーとドリルドライバーの両方で使用できます。お手持ちの工具の確認をせずに購入する場合は、六角軸タイプを選びましょう。また、これから工具を揃えるという場合も、汎用性が高いのでおすすめです。

六角軸タイプは軸をしっかりと固定できるため、空回りが起きにくい特徴があります。ただし、負荷がかかりすぎると折れることもありますので、無理な力をかけないように気を付けながら使用しましょう。効率よく力を伝えらるので、硬い素材に穴をあけたい場合は、作業を進めやすいですよ。

ドリルビットセットの選び方

加工素材で選ぶ

木材やプラスチックを加工するなら木工用

DIYで最も出番の多く、種類も豊富に展開されている木工用。ビットの先端にケガキ刃とスクイ刃が付いており、木材を削るようにして穴をあけていきます。プラスチックの加工に使用する場合は、ゆっくりと回転させるのがコツ。そうすることで割れを防げます。木材の穴あけに特化しているため、きれいな穴をあけたいなら木工用がおすすめですよ。

鉄やアルミなどを加工するなら鉄工用

軽金属などの硬い素材に、きれいな穴をあけられるのが特徴。金属よりも柔らかい木材への穴あけも可能ですが、仕上がりが雑になりやすいです。しかし、3mm程度の小さな穴あけなら、鉄工用を使っても問題ありませんよ。金属に大きな穴をあける場合には下穴が必要なので、実際にあけたい大きさよりも小さな径のビットが含まれるセットを選びましょう。

サイズで選ぶ

下穴をあけるなら1.5mmから6.5mmのセット

DIYでドリルビットを使う工程は、下穴あけが最も多いです。ネジを打つ前の下穴に使用する場合は、小さな径のドリルビットが活躍します。基本的にはネジの軸よりも小さな穴をあけるので、1.5mmからのサイズがあれば問題ないでしょう。扉や引き出しの取っ手を取り付ける場合でも、6mmまでのサイズがあれば大丈夫です。

家具作りで大きな穴をあけるなら15mmから35mmのセット

配線を通す穴をあけたい場合や、太い丸棒を取り付けたい場合に便利なのが、大きい穴をあけられるドリルビットです。ホールソーやボアビットと呼ばれ、下穴用とは異なり円盤のような形をしています。出番はそれほど多くはありませんが作業の幅が広がるので、本格的にものづくりを始めるなら持っておいて損はないセットですよ。

先端の加工で選ぶ

ずれを防ぎたいなら滑りにくくなるシンニング加工

シンニング加工とは、通常よりも刃を中心近くまで広げる加工のことで、素材への食いつきが良いのが特徴です。通常はポンチと呼ばれる器具で、ガイドとなるくぼみを付けます。しかし、金属などの滑りやすい素材でも安定した穴あけを行うことができるため、ポンチの作業が不要になりますよ。簡単に正確な位置に穴あけができるので、穴あけの精度を高めたいときにおすすめです。

楽に穴あけをしたいなら食い込みの良いらせん加工

ビットの先端に、ネジのような加工が施されているのが特徴。先ネジタイプとも呼ばれ、鋭い先端が素材に食い込むので穴あけの位置がずれにくいです。また、刃先がネジのように回転して進むため、少ない力で穴をあけられます。木工用ドリルビットに付いている加工ですが、10mm程度の少し大きめの穴も楽にあけられるので便利ですよ。

ドリルビットセットのおすすめブランド・メーカー

マキタ

高品質で耐久性に優れる

日本のみならず世界でも有名な電動工具メーカー。そんなマキタが展開するドリルビットは、高品質で切れ味や耐久性に優れています。様々な種類が入った75本のセットもあり、プロにも人気があります。

ベッセル

正確な穴あけと切れ味が特徴

ビット類を専門に扱う大手国内メーカー。がたつきを抑えるクッションをビットに付けたクッションドリルシリーズは、正確な位置に穴あけができ作業効率をあげることができます。素材に合わせてビットの先端角度を変えているので、切れ味も抜群です。

三菱マテリアル

ビットの種類が豊富

国内トップクラスのシェアを誇るメーカー。素材や加工方法によって多くのビットが展開されているため、欲しいビットを見つけやすいでしょう。国内でも製造を行っており、高品質で切れ味がとても良くきれいな穴をあけることができますよ。

スターエム

特殊加工ができるドリルビット

木工用ドリルをメインに製造しており、皿取りなどの特殊加工ができるビットも作られています。楽に作業がすすめられる先ネジ加工やインパクトドライバー向けなど、使い勝手が良いビットが豊富です。初心者から上級者まで満足できますよ。

おすすめ&人気のドリルビットセットランキング

木工用でおすすめのドリルビットセット

スターエム-ショート下穴錐Aセット (2,459円)

下穴あけに最適の短いビット

下穴あけに最適な3mmから5mmまでの3本セット。六角軸タイプで、インパクトドライバーでも使えて便利です。テーパー状の先端のため、少ない力で穴あけをすることができます。木材の他にもアクリル板や竹の穴あけにも使用できますよ。

ビットの長さが従来品よりも20mm短くなっており、ブレが少なく穴あけをしやすい特徴があります。使いやすさを重視しているドリルビットです。電動工具に慣れていない初心者でも扱いやすいのでおすすめですよ。

SK11-ドリルビットセット32本入り (3,630円)

ものづくりに必要なビットが全てそろう

ドリルビットの以外にも様々な種類のビットが入っているセット。木工用のドリルビットは8mmから15mmの5本あり、やや大きめの穴あけをできます。下穴をあけたい場合には鉄工用に細いサイズが入っているので、こちらを使うと良いでしょう。

木工用の他にも超硬ドリルビットも入っています。超硬ドリルビットは炭化タングステンなどを用いた合金で、とても硬くモルタルやレンガなどの穴あけも可能です。ビスを固定できるビットも含まれており、下穴から組み立てまで全てできるので、DIYで使用するならこのセットがおすすめです。

GREATTOOL-木工用ドリルビット8種セット (880円)

豊富なサイズ展開とお手頃価格が魅力

インパクト12V以上対応の六角軸ドリルビット8本セット。3mmから10mmまで1mm刻みで入っているため、細かなサイズの調整が可能です。ビスやネジによってサイズが変わる下穴あけの作業に適しています。

鋭利な先端が木材をしっかりキャッチするので、止め穴もきれいにあけることができますよ。特に6mm以上のサイズはダボ穴の加工に向いています。最低限必要なサイズがお手頃価格でそろうので、これから道具をそろえ始める方におすすめです。

Bosch-木工用ドリルビット (1,185円)

ドリルドライバーに最適の丸軸タイプ

世界的に有名な電動工具メーカーが作るドリルビット。3mmから10mmとDIYでもよく使われるサイズの7本セットになります。ドリルビットの差し込みが丸軸タイプなので、ドリルドライバーのみで使用できます。

3mmのドリルビットはネジを打つ前の下穴にちょうど良いサイズ。下穴をあけることで木材の割れを防げるので、しっかりと固定し見た目も良くなります。そのほかにもダボ穴に適した6mm以上のサイズもあり使い勝手のよいセットです。ドリルドライバーを持っている方におすすめですよ。

RELIEF-六角軸ドリル10本組 (1,144円)

下穴あけに最適

2mmから6.5mmまでのサイズがそろった六角軸タイプのドリルビット。インパクトドライバーで使用する場合は、インパクトがかからないようにしましょう。押し付ける力を弱めにして穴あけをすると良いですよ。

0.5mm刻みのサイズ展開は、より細かな穴の調整を可能にします。多様な太さのネジに対応できる木材や樹脂の下穴あけに適したドリルビットです。下穴には木割れを防ぐ効果があるので、木割れで悩んでいる方におすすめですよ。

鉄工用でおすすめのドリルビットセット

ベッセル-鉄工用ドリルセット14本組 (8,806円)

シンニング加工で正確な穴あけができる

1.5mmの細いものから7mmまでの太さが14本入ったセット。六角軸タイプなのでインパクトドライバーにも対応しています。付属のボックスはコンパクトにドリルビットを収納でき、持ち運びにも便利ですよ。

3mm以上のサイズにはシンニング加工があり、ポンチで印をつけなくても正確な穴あけができます。また、ドリルビットのサイズが0.2mmから0.5mm刻みであるので、精密な加工にも対応しています。作業に慣れてきた方におすすめのドリルビットですよ。

マキタ-ビットセット75本セット (7,480円)

コンパクトで持ち運びに便利

締め付けも穴あけもできる万能ドリルセット。鉄工用のドリルビットは1mmから8mmmまで19本あり、ビットが長持ちするチタンコーティングが施されています。ドリルビットは丸軸タイプですので、ドリルドライバーでの使用となります。

ドリルビット以外のビットも豊富に入っている75本セットですが、専用ケースのおかげでコンパクトに収納可能。丈夫なケースは持ち運びにも便利で外での作業にもおすすめです。本格的な作業をするなら持っておいて損はないセットですよ。

三菱マテリアル-最高級ハイスドリルセット (3,973円)

ハイス鋼の折れにくいドリルビット

持ち運びに便利なポチエチレンケースに入った13本セット。1.5mmから6.5mmのサイズがそろい、下穴あけに最適です。金属への穴をあける場合は、穴を徐々に広げていくため、細かなサイズ展開のセットがあるとスムーズに穴あけができます。

差し込み部分はドリルドライバーにおすすめの丸軸タイプ。素材には高速回転する工具向けに作られたハイス鋼を使用しています。ドリルビットに適した素材のため、丈夫で折れにくいのが特徴です。そのため、長く使い続けることができますよ。

藤原産業-鉄工ドリル&フリードリル (1,061円)

バリ取りができるフリードリル付き

鉄やステンレスへの穴あけに最適なドリルビットと、フリーサイズドリルのセット。1.5mmから5mmの9本が入っており、下穴あけにちょうど良いサイズがそろっています。穴あけ後のバリ取りや皿取りができるフリードリル付きで、仕上がりを整えることができます。

滑りやすい金属でもシンニング加工のおかげで、滑らずに正確な穴あけが可能。また、チタンコーティングされたドリルビットは切れ味が良く、穴もきれいにあきます。六角軸を採用しているため、インパクトドリルでも使用できますよ。

萬新-ショート鉄工ドリル (1,190円)

ショートサイズで扱いやすい

1.5mmから5mmまでの10本がセットになっているドリルビット。短いサイズなので、小さな電動ドライバーでも使えて折れにくいのが特徴です。固定しやすく位置決めが楽にできるので、印に合った穴をあけられますよ。

先端には滑りにくくするシンニング加工が施されており、素材への食いつきがとても良いです。抵抗が少ないため、少ない力で穴をあけることができます。作業効率を上げたい方におすすめですよ。インパクトドライバーでも使える六角軸タイプです。 

特殊加工でおすすめのドリルビットセット

藤原産業-木工用ボアビットセット5本組 (2,224円)

大きな穴を安全にあけられる

木材の止め穴や斜め穴におすすめのビット5本セット。ボアビットは一般的なドリルビットよりも、大きな穴を安全にあけられるのが特徴です。六角軸を採用しているため、インパクトドライバーに装着可能ですよ。

15mmから35mmまで5mm刻みのサイズ展開で、特に35mmはスライド丁番の取り付けにも活躍します。大きい穴をあけるのは難しそうに見えますが、中心部分が鋭いため位置ずれが起きにくく、簡単に穴あけをできますよ。高級感のある木箱入りで安全に収納できます。

NESHEXST-バイメタルホールソー (1,648円)

大きな貫通穴をきれいにあけられる

配管工事などに必要な貫通穴を、きれいにあけられるビットのセット。鉄や木材はもちろん、波板にも穴あけが可能です。丸軸タイプなので、インパクトドライバーで使用するときは、ドリルチャックを用意してくださいね。

刃が薄いため、少ないパワーで穴あけが可能。切れ味も抜群できれいな円形の穴があきますよ。センタードリルにはスプリングが付いており、切りくずを取り除く手間を半減させてくれます。3年間の品質保証つきなのも、嬉しいポイントですね。

ETCETERA-センター出し用ドリルビットセット (1,000円)

真ん中への穴あけが簡単にできる

キャビネットなどの丁番付けを簡単にできる、便利なビットのセットです。金具のネジ穴から下穴がずれることを防ぎ、上手にネジで固定できるようになります。六角軸タイプで、インパクトドライバーで使用できますよ。 

スプリングとドリルが内蔵していて、穴にガイドを垂直に押し当てることで真ん中への穴あけを可能にしています。丁番の取り付けが楽になるため、作品づくりの幅が広がります。下穴がずれてしまう方におすすめですよ。

SeonFook-皿取り錐ドリルビット (1,017円)

面取り作業が簡単にできる

皿取りや面取りに最適な6mmから16mmまでのビットが6本入ったセット。木材や鉄板の加工に使えますが、金属には使えません。椅子の表面など良く触る部分の加工におすすめですよ。インパクトドライバーで使用できる六角軸を採用しています。

手作業で皿取り加工をするのはとても大変です。その点、このビットは下穴をあけた後に使用することで穴を広げ、簡単にネジの頭をすっきりと納めることができます。ネジが出っ張らないので、お子さんが触っても安全です。

TRAD-コバルトステップドリル2本組 (2,332円)

1本で複数の大きさの穴をあけられる

タケノコのような形が特徴のステップドリル。1本で複数の大きさの穴をあけることができます。穴を広げたり、面取りしたりと手作業では難しい工程の手助けをしてくれます。鉄工用のドリルビットなので木材には向きませんが、鉄板に大きめの穴をあけるときに最適ですよ。

先端にシンニング加工が施されており、ポンチがなくても穴あけをスムーズにできます。ストレートタイプなので引き込まれることがなく、正確な穴あけが可能です。差し込み部分が六角軸なので、インパクトドライバーにもおすすめですよ。

まとめ

六角軸で細めの木工用ドリルビットセットがおすすめ

DIYで下穴あけに使うなら、六角軸タイプの木工用ドリルビットがおすすめです。ドリルドライバーやインパクトドライバーの両方で使えるので、これから工具を購入する場合にも柔軟に対応できます。また、細めのドリルビットは下穴あけに最適。予算に余裕があれば、鉄工用もあると作業の幅が広がりますよ。今回はおすすめのドリルビットセットをランキング形式でご紹介しました。使いやすいドリルビットセットでDIYを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*