おすすめの揚げ物向けフライパン人気比較ランキング!【IH対応も】

家で揚げ物をする時、揚げ物用鍋の代わりにフライパンで揚げるという方もいると思います。フライパンで事足りれば、わざわざ揚げ物用鍋を購入する手間や、保管するスペースが省けて便利ですよね。しかし、いざフライパンを購入しようとしても、大きさや素材など種類が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。この記事では、人気の揚げ物向けフライパンをランキング形式で紹介します。ぜひ、ご自身のライフスタイルに合った揚げ物向けフライパン選びの参考にしてくださいね。

揚げ物向けフライパンのメリット

揚げ物用鍋を別途持たなくてよい

揚げ物や天ぷら用の鍋は、たくさんの油を入れられるように深さがあるものが多いです。また、食材の出し入れをしやすいように口径が広いことも。その為、保管の際は収納スペースをかなり要するものです。普段使うフライパンで揚げ物もできたら、散らかりがちなコンロ周りの整理整頓もしやすくなりますよね。

揚げ物用鍋よりも軽い素材のものが多い

仕上がりがカラッと揚げられるよう、油の温度を高く保てる鉄や銅で作られている鍋が多いです。そのため、鍋自体が重くて扱いづらかったり、錆びやすいため手入れが大変だったりと手間がかかります。様々なシーンで使うことを想定しているフライパンなら、扱いやすく、また手入れもしやすいですよね。

揚げ物向けフライパンのデメリット

揚げ物のにおいがフライパンに残る

揚げ物をした翌日にフライパンを火にかけると、昨日の揚げ物のにおいが復活してしまい油臭い、と感じることも。揚げ物が終わった後は、冷めたらなるべく早めに油処理をして、しっかりフライパンを洗いましょう。熱湯をかけるなどして、油をしっかりと落とさないと、においが他の料理に移ってしまいますよ。

素材によっては高温に耐えられない

カラッとした仕上がりのためには、高温で揚げることがコツとも言われています。フライパンの造りや材質によっては、高い温度に耐えられず油が発火してしまう恐れがあります。購入する際には、フライパンの底の厚さや耐熱温度をしっかりと確認するようにしましょう。

揚げ物向けフライパンの種類

ガス火専用タイプ

軽い素材のものがお手頃価格で手に入る

ガス火だけで使えるフライパンの特徴は、他のタイプと比べて底面が薄めに作られていることです。そのため、重量も軽いものが多く、比較的扱いやすいモデルが多いと言えます。女性や子供でも、片手で鍋を扱ったり盛り付けたりすることも問題なくできるでしょう。

底面を厚く作る必要がないため、フライパンは薄いアルミ素材で作られているものが多いです。アルミは熱伝導率が高いので、フライパンを火にかけたら、すぐに調理開始できるのも特徴の1つ。また、他のタイプに比べて手に取りやすい価格帯のものが多いです。

IH専用タイプ

フライパン全体に熱がしっかり伝わる

IHはInduction Heatingの略語で、日本語に訳すと電磁誘導加熱。ヒーターが発する磁場に対して、鍋底の金属が抵抗になり、鍋底で熱が発生する仕組みです。周辺の空気を温めて熱を発生させるガスに対し、IHの仕組みは熱効率がよいため、時間が無く忙しい共働き世代に人気です。アルミや銅で作られたフライパンは、金属として抵抗が低く熱が生まれにくいため、IH非対応となっているものが多いです。

IHクッキングヒーターだけで使えるフライパンの特徴は、底面が真っ平に作られていることです。反りや丸みによって、フライパンとヒーターが密接していないと、ヒーターが反応せず、温められません。また密接している広さも条件があり、ほとんどのフライパンの直径は15cm以上で作られています。

IH対応タイプ

ガス火とIHのどちらでも使える優れもの

最近増えているのが、ガスとIHの2つの熱源に対応したタイプ。引越しなどで、ガス火からIHに家庭の熱源が変わる場合なども安心してそのまま使えますよ。どのフライパンがIHにも対応しているかわからなくなってしまったら、磁石を鍋底に添えてみましょう。磁石が付いたものが、底面に金属が入っているのでIH対応のフライパンです。

IHにも対応するために、鍋底に金属を含んでいるのでガス火専用フライパンに比べると重いモデルが多いです。また、鍋底に厚みがあるのでガス火で使うと熱伝導率が悪いです。そのため、火にかけてから調理できるまで時間がかかることも。なるべく、ガス用とIH用のフライパンを2つ持ち、うまく使い分けたいものですね。

揚げ物向けフライパンの選び方

フライパンの形で選ぶ

深型なら油の量を節約できる

自宅で揚げ物をしたら、面倒な油の処理はなるべく手間を省きたいですよね。フライパンの口径がコンパクトで、鍋底が深めに作られているモデルなら、少量の油でも食材にまんべんなく火が通り便利です。使用する油が少ないので、後片付けもほとんど手間にならないでしょう。油の節約にもなるので、健康にも配慮しつつ、家計の節約にもなりますよね。

口径が広いものならひっくり返すのも簡単

かき揚げや唐揚げなど、厚みがあるものを揚げる時は、しっかりと火を通すために食材の上下をひっくり返すことがあります。口径が25cm以上と広く造られたフライパンなら、食材同士の間隔を広く保てるので、ストレスなく食材に触れられるでしょう。揚げられる範囲に余裕が出るので、かす揚げを使って汚れを取り除き、油を綺麗に保てるのも嬉しいですよね。

サイズで選ぶ

1人から2人分を作るなら24cm以下で十分

フライパンのサイズは、15cm程度のものから30cmを超えるものまで種類が豊富です。自分の生活スタイルや用途に合ったサイズを見極めて、購入することがとても大切と言えるでしょう。一人暮らしや同棲生活をしている方なら、24cmまであればフライパンの大きさは十分です。逆に、18cmよりも小さいフライパンだと、用途が限定されてしまうので、小さすぎないものがおすすめです。

4人分など家族に料理を作るなら28cm程度

家族の分も調理する方や、1回で大量に作り、作り置きするという方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、28cm程度のフライパンが手ごろな大きさと言えます。また、揚げ物だけでなく、料理が趣味で様々な調理をされるなら、これくらいの大きさがあると、一度にフライパンの中で複数の調理ができるのでおすすめです。収納時は取っ手が取り外せるようなタイプもあり、収納スペースについても配慮されている嬉しい気遣いですよね。

付属品で選ぶ

揚げ網付きなら油切りの手間が省ける

具材が揚がったら余計な油を落として盛り付けたいですよね。キッチンペーパーで余分な油を落とそうとしても、油を吸いきれず、油切れがいまいちということもあるでしょう。フライパンの淵に装着できる揚げ網が付属しているものなら、火が通った食材を置いておくだけで油切れができ、余計なごみも増やさないので、後片付けがスムーズにできますよ。

ふた付きなら油はねの心配なし

家で揚げ物をした後に、ガスコンロや床にはねた油を掃除するのはとても手間ですよね。食材に少し水分が残っていたり、衣が緩かったりすると、はねて火傷してしまう恐れもあります。オイルスクリーンをはじめとした、ふたが付いているものなら、油はねを気にせず、怖がらずに揚げ物ができますよ。透明なふたなら、火の入り具合もしっかり見られるので、生焼けの恐れも無いです。

加工で選ぶ

テフロン加工ならお手入れも簡単

フッ素樹脂加工の1つであるテフロン加工。フライパンへ食材がくっつかないよう、また焦げ付き防止の効果があるとして、広く知られている加工方法です。フッ素樹脂の加工が、2層にされていることが特徴の1つです。調理後は、フライパンが冷めたら、食器用洗剤を使ってやわらかいスポンジで洗うだけ。手入れが簡単で、管理のしやすさも人気の理由です。

セラミック加工なら低い温度で素早く揚げられる

テフロン加工と同じく、フライパンの加工として有名なのがセラミック加工。テフロン加工は高温に向かず、250度を超えるような高温では、有害物質が発生する恐れがあります。一方でセラミック加工は、400度近くまで耐えられる優れもの。揚げ物を大量にする場合など、油の量が多く温度を高く保つ必要がある時は、セラミック加工のフライパンを使用するのもいいでしょう。

素材で選ぶ

鉄製なら高温にも耐えられる

フライパンの素材の中でも、耐久性の高さに定評があるのが鉄。頑丈に作られているので、使用後の手入れをしっかりと行っておけば、一生ものとして使い続けることが出来ます。耐熱性や保温性も高く、一度火を入れたら温度が低下する恐れも無いでしょう。フライパン自体は重いものが多いので、女性や子供向けなら重さを確認してから選びましょう。

銅製なら熱伝導率が高く錆にも強い

熱伝導率の高さと、焦げにくさや錆への強さなど耐食性に優れているのが銅製のフライパン。強火を用いずとも、しっかりと食材に火を通せることから、たくさんのプロの料理人に愛用されています。鉄製に比べると、頑丈性に欠けるので、お手入れは丁寧に行う必要があるでしょう。比較的価格帯が高めなので、料理に慣れてフライパンを買い替える時の候補の1つとするのがおすすめです。

揚げ物向けフライパンのおすすめブランド・メーカー

ティファール

創業60年以上のフランス発の調理器具メーカー

フライパンだけでなく、電気圧力鍋や電気ケトルも有名なティファール。中でもフライパンは取っ手が取り外せるラインナップも豊富です。フライパンの中央にある印は、調理開始できる温度になったら模様が変わる仕様で、料理初心者にも嬉しいです。

ニトリ

インテリアはもちろん生活雑貨全般を取り扱う

大手インテリア-メーカーのニトリ。フライパンについては、対応熱源や加工の種類が豊富さで人気があります。価格帯は比較的低めに抑えられていて1000円台で売られているものがほとんど。フライパンの表面加工は消耗品でもあるので、手に取りやすい価格なのは嬉しいですよね。

和平フレイズ

物作りの町に本社を構える調理用品メーカー

モノづくりの町として知られる新潟県燕市より、創業から50年に渡り幅広い調理器具を製造しているメーカー。平野レミさん考案で知られるレミパンを製造しているメーカーとしても知られています。フライパンと玉子焼き機のラインナップだけでも、40種類を超える豊富さが特徴です。

サーモス

魔法瓶が有名だがフライパンのラインナップも豊富

水筒やポットのメーカーとして世界的に知られているメーカー。その他にも、フライパンや真空保温調理器なども製造しています。耐久性に優れたコーティングを施したり、フライパンの軽量化を図ったり、様々な工夫がされている商品があります。

おすすめ&人気の揚げ物向けフライパンランキング

口径の広さでおすすめの揚げ物向けフライパン

エヴァークック-フライパン 26cm(3,277円)

フッ素樹脂コーティングの強さに頼りがいがある

フッ素加工のフライパンの多くは、フッ素コーティングを接着剤などによってフライパンの表面に貼っています。そのため、熱に弱く、使っているとすぐに剥がれてしまうものが多いです。このモデルは、フライパンの表面にも加工することで、フッ素コーティングが剥がれず、長持ちするようデザインされています。

本体はアルミニウムで作られているので軽く、重量は800g。口径は26cmと広めですが、女性でも難なく使える軽さですね。とんかつやエビフライなど、具材の幅が長いものでも、1度に何個も揚げられる広さなので、ご家庭向きでもあります。

ティファール-ルビー・エクセレンス(4,680円)

チタン粒子を用いた耐久性抜群のコーティング

ティファールのこのモデルは、フライパンの取っ手が簡単に取り外せる点が好評です。耐食性に優れている、チタンを用いた加工を6層に重ねることで、コーティングを長持ちさせる技術が特徴です。熱源は、ガスとIHの両方に対応しているのも嬉しいですね。

大きさは28cmとかなり広め。家族分の食事用だけでなく、ホームパーティーなどをする時にも活躍してくれます。揚げ油がフライパンの周りに付いてしまっても、フライパンの外側も内側と同じコーティングがされているので、お手入れも簡単です。

アイリス・オーヤマ-ダイヤモンドコートパンセット(4,480円)

扱いやすい2サイズセットがお手頃価格で手に入る

用途によってフライパンのサイズを使い分けたい、という要望をかなえてくれるのが、サイズ違いのフライパンがセットになっているタイプ。中でもこのモデルは、26cmと20cmという使い勝手のいい2つのサイズが、セットになっています。保管時は、取っ手が取り外せるので収納スペースも困らないですね。

フライパンの表面には、人工ダイヤモンドを細かい粒子にして、フッ素加工と合わせたコーティングを施しています。その為、こびりつきにくさはもちろん、調理後の後片付けも手間がかかりません。揚げ油のにおいがフライパンに残る心配もないでしょう。

ビタクラフト-スーパー鉄(7,400円)

独自の技術で錆びにくさを強化した鉄製フライパン

揚げ物で重要になってくるのが、油の温度を高く保つこと。熱伝導率が高い鉄製のフライパンなら、油をたっぷり使ってたくさんの具材を揚げても心配いりません。鉄製なので重くなりがちですが、26cmの広さでありながらも1000g以下の重量なのは驚きですね。

また、鉄製のフライパンは使用前後にあれこれ手入れが必要です。このモデルは独自の加工により、使用後のお手入れは、ぬるま湯でさっと洗うだけ。ガスとIHに対応しているので、鉄製フライパンを初めて買う方にもとてもおすすめです。

深底でおすすめの揚げ物向けフライパン

和平フレイズ-レミパン(11,000円)

揚げるだけに留まらず煮る、焼く、蒸すにも最適

料理をする上で、あったら嬉しい機能を豊富に盛り込んだことで、圧倒的な支持を受けているのがレミパン。これさえあればなんでも作れる、をコンセプトに、鍋とフライパンのいいとこどりなデザインが印象的です。深さが7.5cmもあるので、食材全体をしっかりと揚げ油に浸せますね。

もう1つの特徴は、付属されている専用のふた。自立するようにデザインされていて、調理中の置き場所に困りません。またふたの上部は、強化ガラスになっているので、火の通り具合を一目で確認できるようになっています。

サーモス-デュラブルシリーズ炒め鍋 KFF-020D(2,280円)

サーモスの中でも深型設計が特徴のシリーズ

魔法瓶のメーカーと思われがちですが、フライパンのラインナップがとても豊富なのがサーモス。深型を特徴としたラインップがあるのは珍しいです。中でもこの商品は、超深型設計と言われ、煮込みや汁物にも向いているデザインです。

その深さは7cmとかなり深め。フライパンの大きさが20cmなので、深い割には重さ600gととても軽いのも特徴です。持ち手にもこだわっていて、熱源からなるべく離れるように装着しているため、熱くなりにくいのが嬉しいですね。

share with Kurihara harumi-IH対応ダブルフライヤー(8,250円)

油の保管にも配慮した革新的なデザイン

料理研究家として有名な栗原はるみさんが監修していることで、人気なのがこのモデルです。最大の特徴は、同じ大きさの鍋が2つ用意されている点。鍋で揚げ物をして、揚がった具材の油を切り、使った油をこして保管することまでを完結できるようセットされています。

サイズは20cmと16cmの2パターン展開。保管しやすいサイズ感で、収納にも困りません。鍋の内側には目盛りがついていて、どれくらいの油を使用するのかの目安にもなります。健康にも家計にも配慮した、まさに主婦の味方といえるようなデザインですね。

アサヒ軽金属-オールライト(26)(16,390円)

シリーズ累計で600万台を突破する大人気のフライパン

水無しや油無し調理を実現する技術力に定評があるのがアサヒ軽金属のフライパン。このフライパンは、少量の油でもしっかり揚げられるため、従来のものと比べると、揚げ油を3分の1まで減らせるのが最大の特徴です。カラーバリエーションも豊富で、単色になりがちなキッチンに彩を加えられるのも嬉しいですね。

揚げ油を減らせる理由は、フライパンの蓄熱性の高さ。フライパン底面のアルミ層が、熱を蓄えられるように加工されています。深さは7.1cmもありますが、アルミ製なので900g程度と、扱いやすい重量に抑えられています。

ミニサイズでおすすめの揚げ物向けフライパン

ニトリ-超軽量フライパン KARUFURA+(1,823円)

フライパンの中でもトップクラスの軽さを誇る

手に取りやすい価格帯を中心に品揃えが豊富なのがニトリ。フライパンはサイズ展開だけでも、12種類と豊富で様々な用途に応じて使い分けられます。そのラインナップの中でも、圧倒的な軽さを特徴としているのがこのモデルです。

軽量化のために、フライパンの底面は2.2mmとかなり薄め。その結果、重量はなんと360gとかなり軽いです。ガス火専用ではありますが、広さが20cmで深さが9cmのサイズながら、500g以下に抑えられているのはとても珍しいですよ。

和平フレイズ-ピコット IH対応ミニミルクパン(1,630円)

使い勝手のよいコンパクトなサイズ感

和平フレイズの中でも、小さいながらも本格的に、を目指したのがピコットシリーズ。フライパンの広さは14cmで、ラインナップの中では一番小さいです。小さいながらも深さが11cmもあるので、一人分やお弁当分の揚げ物にはちょうどよいサイズですね。

コンパクトながらも、重量は400gと一般的な重さ。重さの秘密は、IH対応モデルでフライパンの底面を厚くしているためです。ハンドル部分は、天然木を利用。持ちやすく、手にグッとくるデザインですね。

share with Kurihara harumi-深型フライパン16cm ネイビー(3,300円)

揚げ物以外の用途にも使いやすい大きさ

栗原はるみブランドの定番人気商品です。広さ16cm、深さ約6cmとバランスのとれたちょうどよいデザインが、魅力のポイント。また、フライパンのどこから注いでも液だれしづらい作りなので、揚げ終わった油を、オイルポットに注ぐ時もストレスがないでしょう。

ハンドル部分は、持ちやすいワイヤーハンドルを採用。熱が逃げやすいので、揚げ物をしている間にハンドルが熱くなってしまう心配もないでしょう。また、保管時はS字フックに引っかけるなど保管スペースにも困りません。

及源鋳造-ミニフライパン 15cm(3,850円)

コンパクトながらも頑丈な鉄製フライパン

鉄製のフライパンは重くなりがちですが、この南部鉄器のフライパンは15cmの大きさで800gと、かなり軽く作られています。鉄製なので、揚げ物後もお湯で洗うだけで油がすっきり落ちて、お手入れも簡単です。頑丈な造りなので、簡単なお手入れだけで長く使える嬉しいモデルですね。

ガス火はもちろん、IHにも対応している点は、鉄器では珍しいです。また、持ち手までがすっきりとデザインされていて、シンプルな見た目もおしゃれですよね。火にかけている時は、ハンドル部分も熱くなりやすいので、ふきんなどの上から持つようにしましょう。

まとめ

深底で軽い素材の揚げ物向けフライパンがおすすめ

揚げ物向けフライパンを選ぶなら、深底で軽い素材のものがおすすめです。揚げるだけでなく、煮たり焼いたり、たくさんの使い方を求められるものがフライパン。深底のフライパンであれば、どんな調理方法にも対応出来るでしょう。また、フライパンに合ったふたも合わせて揃えてしまえば、これ1つでさまざまな調理ができる環境が整えられますよ。今回は、おすすめの揚げ物向けフライパンをランキング形式で紹介しました。ぜひ、自分のライフスタイルに合った、お気に入りのものを見つけてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*