おすすめのフロントガラス撥水剤人気比較ランキング!【除去の仕方も】

雨の日に車を運転すると窓の視界が悪く、普段よりも安全に気を遣いますよね。そんなときはフロントガラスに撥水剤を塗布しておくと雨粒が流れて良好な視界になりますよ。フロントガラス撥水剤の種類には耐久性に優れたフッ素系と、撥水性の高いシリコン系があります。この記事ではそれぞれのメリットとデメリットを調べ、ランキング形式で紹介します。また、フロントガラスに付着した油膜除去の方法や塗り方のコツもあわせてお伝えしますよ。

フロントガラス撥水剤のメリット

雨天時の視界を良好に保ってくれる

雨天時にフロントガラスの視界が悪くなる原因は、ガラスに雨粒が貼りついたような状態になるため。フロントガラス撥水剤を塗布することでガラスに付着した雨粒が水玉状になり、走行しながら弾けて流れていくため視界を良好に保てます。

汚れが雨と一緒に流れ落ちるため油膜がつきにくい

降ってくる雨には油分などの汚れが含まれており、その汚れがフロントガラスに付着して油膜ができます。油膜ができると雨天時の視界はさらに悪くなってしまいます。フロントガラス撥水剤を塗布しておけば汚れが雨と一緒に流れていくため油膜の原因を作りません。

フロントガラス撥水剤のデメリット

自分でやるには多少のテクニックと手間がかかる

フロントガラス撥水剤のデメリットとして挙げられるのが作業の手間がかかる点。撥水剤を塗布する前に埃や砂を取り除く洗浄と、付着した古い油膜の除去作業が必要です。事前にフロントガラスをきれいにしておくことで撥水剤がより効果を発揮します。油膜の除去には専用の除去剤などを使用しますが、撥水剤とセットで購入できるタイプもありますよ。除去剤を塗布して油膜を磨き、すすいだ後にしっかり乾燥させてから撥水剤を塗布します。シリコン系は速乾性がありますが、フッ素系は乾燥に半日以上かかることもあるので時間に余裕をもって作業しましょう。撥水剤は円を描くように動かしていくと塗り残しが出るため、縦か横方向に細かく塗布します。磨き方にも多少のテクニックが必要ですよ。

フロントガラス撥水剤の種類

フッ素系

強力な被膜で撥水効果が長持ちする

優れた耐久性が特徴のフッ素系撥水剤。1回の施工で3か月から6か月ほど撥水効果が持続します。ケイ素成分配合で被膜を固く丈夫に保ってくれます。フロントガラスの細かい傷も目立たなくしてくれる効果もありますよ。

フッ素系のデメリットはシリコン系と比較して撥水性が若干劣る点ですが、そんなに大差はありません。作業の頻度が少なく済むので、小まめに作業ができない方にはフッ素系がおすすめです。油汚れにも強いため雨に含まれる油分汚れも寄せ付けず塗布後のメンテナンスも楽になります。

シリコン系

雨粒が水玉状になり素早く流れ落ちる

フッ素系と比較して撥水性が高いのがシリコン系の特徴です。フロントガラスに付着したに雨粒がすぐに水玉状になり流れ落ちていきます。また、速乾性があるので塗布後の乾燥時間が短い点もメリット。フッ素系は乾燥に半日から1日程度かかるので時短で撥水作業をしたい方にはシリコン系がおすすめです。

デメリットとしては撥水性が長持ちしない点が挙げられます。塗布後1か月ほどで効果が薄れてくるので小まめな作業が必要に。効果が切れてしまうとガラスに油膜状の汚れが残るので、除去してから新しい撥水剤を塗布しましょう。忙しい方にはスプレータイプやシートタイプの撥水剤もあり再施工しやすいですよ。フッ素系より安価で購入できる点もメリットです。

ハイブリッド系

フッ素系とシリコン系を合わせたタイプ

フッ素系とシリコン系、それぞれの良い特徴を合わせ持っているのがハイブリッド系。フッ素系の水弾きの良さとシリコン系の耐久性の良さをバランスよく保ったタイプです。屋内駐車か屋外駐車かなど使用条件によって異なりますが、平均3か月から半年ほど撥水効果の持続するタイプが多いですよ。

とにかく水弾きを重視する方や撥水の持続性が気になる方には向きませんが、どちらもほどほどで良いという方にはおすすめのタイプ。シリコン系ほど頻繁に塗り直しをしなくても良いため、普段忙しい方にも最適のタイプです。

フロントガラス撥水剤の選び方

作業方法で選ぶ

塗り込む作業が面倒な方にはスプレータイプがおすすめ

フロントガラス撥水剤を塗りこむのはなかなか手間がかかること。手軽に撥水剤を使用したいならスプレータイプがおすすめです。スポンジやタオルなどの道具が一切不要なのでいつでも塗布が可能。小まめに塗布作業ができない方に最適です。撥水効果が落ちてきてもすぐに塗布できて便利ですよ。塗りこむ作業が面倒な方に特におすすめです。

作業時間を短縮したい方にはシートタイプがおすすめ

作業時間が確保できない方にはシートタイプのフロントガラス撥水剤がおすすめ。液だれなどの心配もなく安心して作業ができます。スプレータイプや液体タイプは夏場の車内に積んでおくことは不可能ですが、シートタイプならいつでも車内に積んでおけます。風の強い日に作業する場合でもスプレータイプは薬剤が風で飛んでしまいますがシートタイプなら安定して作業ができますね。

車載で選ぶ

撥水剤入りのウォッシャー液なら運転しながら作業ができる

フロントガラス撥水剤にはウォッシャー液タイプもあります。濃縮タイプは通常のウォッシャー液と混ぜて薄めることで撥水効果が期待できますよ。運転しながらウォッシャー液を出してワイピングするだけで施工できて作業も簡単。フロントガラスに塗布した撥水剤を長持ちさせたい方にも最適です。ガラスに汚れが付きにくくなるのでメンテナンスが楽になる点もメリットです。

濃縮撥水剤入りのワイパーなら運転中に潰れた虫も除去できる

ワイパーのゴムに濃縮撥水剤が施されているタイプは、替えゴムの要領で交換するだけで作業が完了します。雨天時にワイパーを稼働させるだけで撥水効果がありますよ。フロントガラスに塗布してある撥水剤と併せて使用すればさらに効果がアップ。ガラスに付着してなかなか取れない虫の死骸も取り除きやすくなります。半年に1回くらいの頻度でワイパーのゴムを交換することで効果が持続します。

機能で選ぶ

寒冷地にお住いの方には凍結防止タイプがおすすめ

寒い地域にお住いの方は、冷え込んだ日の朝にフロントガラスが真っ白に凍った経験があるのではないでしょうか。凍結防止タイプのフロントガラス撥水剤なら凍らずに水滴のままとどめてくれる効果も。忙しい朝、暖気運転の時間が短縮できて重宝します。全ての撥水剤が凍結防止効果があるわけではないので購入前に注意書きを確認しましょう。

作業する時間がなかなか取れない方には雨天でも使用できるタイプがおすすめ

時間と手間がかかるフロントガラス撥水剤の作業。普段から忙しくあまり作業時間の取れない方には、雨天時に使用できるタイプの撥水剤がおすすめです。急に雨が降ったときにも使用できて便利ですね。濡れても使用できるタイプなので洗車と撥水を一度で作業したい方にもおすすめです。撥水効果が落ちかけてきたフロントガラスに施工する場合も便利ですよ。

フロントガラス撥水剤のおすすめブランド・メーカー

株式会社ソフト99コーポレーション

ガラコシリーズが人気のメーカー

知名度の高いガラコシリーズを販売するメーカーです。フッ素系とシリコン系のガラコがあり、お好みのタイプを選択できます。塗り込むタイプ以外にも、スプレータイプやウォッシャー液タイプ、シートタイプのラインアップも。豊富な品ぞろえが魅力のメーカーです。

株式会社イチネンケミカルズ

ハイブリッド系の撥水剤が人気

ケミカル製品の開発、販売メーカーです。フッ素系とシリコン系の良いところを掛け合わせたハイブリッド型の撥水剤を開発。プロの業者もおすすめする人気のフロントガラス撥水剤となっています。シリコン系の水弾きの良さとフッ素系の耐久性がバランスよく調整されたタイプですよ。

株式会社カーメイト

強力な撥水効果のゼロワイパーを販売

ほかのフロントガラス撥水剤とは一線を画したゼロワイパーを開発したカーメイト。撥水効果の持続時間は10時間から数日程度ですが、塗布後はとにかく強力な撥水効果が期待できます。ユーザーの支持率が高い人気の撥水剤です。

株式会社 洗車の王国

撥水の耐久性に優れたウインドウクリスタルを販売

耐久性に優れたフロントガラス撥水剤、ウィンドウクリスタルを販売しているメーカー。屋外駐車で半年、屋内駐車なら1年ほど撥水効果が持続します。同じシリーズでウォッシャー液タイプもあり併用することでさらに撥水効果アップの期待ができます。

おすすめ&人気のフロントガラス撥水剤ランキング

フッ素系でおすすめのフロントガラス撥水剤

株式会社カーメイト-エクスクリア ゼロワイパー フルセット(3,000円)

強力な撥水効果でユーザーに人気の撥水剤

ベースコートとトップコート、それぞれ専用のクロスやキットの付いたフルセットの撥水剤。フロントガラスの撥水ゼロ、とうたうほど強力な撥水力が人気です。しかし、カーメイトは一般的なフロントガラス撥水剤とはかなり異なったタイプです。塗布後に指で触ったりワイパーを動かしたりするだけで薬剤が落ちてしまいます。持続時間も10時間から数日程度と短いため、小まめにお手入れできる方におすすめです。

塗布した後に車外から見ると虹色に見えたり白っぽく見えたりしますが、車内からの視界ですと気になりません。撥水効果が落ちてきたら、付属のマイクロファイバーを水に濡らしてトップコートをきれいに除去してからベースコートを塗り直しましょう。強力な撥水力を試してみたいという方におすすめです。

株式会社 洗車の王国-ウインドウクリスタル 50ml(2,934円)

プロも使用する本格的な撥水剤

耐久性に定評のあるフッ素系の撥水剤です。屋外駐車なら6か月、屋内駐車なら1年ほど効果が持続しますよ。ウィンドウクリスタルはプロショップでも使用されているフロントガラス撥水剤。プロ仕様ではありますが、施工上のスキルはほとんど要りません。使用説明書に沿って作業するだけで誰でも簡単に施工可能です。

シリコン系撥水剤を使用した場合、効果がなくなった後はガラスに油膜が付着します。油膜ができると夜の運転時に対向車のライトで視界不良になる場合も。フッ素系なら油膜自体をガラスに付着させない防汚性能もありますよ。1本でフロントガラスおよそ5枚分の施工が可能です。

スパシャン-オタマジャクソン(1,990円)

時短の施工で耐久性も抜群

本体先端のブラシで塗布した後、5分間乾燥させて拭きあげるだけの撥水剤です。耐久性にも優れていて施工後1年ほど撥水効果を保ちます。従来品より2倍の高分子化合物配合で水弾きが強力に。時速45km以上で雨粒を弾いてくれます。

オタマジャクソンを使用する前に、フロントガラスに付着した油膜や水垢取りをすると更に撥水効果アップ。頻繁に塗布する必要はないので最初だけしっかりと汚れ落としをしてから撥水剤を塗りこみましょう。耐久性に重点を置く方におすすめです。

株式会社グリーンプラス-スキッとる(3,850円)

油膜落としの研磨剤と撥水剤のセットタイプ

研磨剤と撥水剤がセットになった撥水剤です。研磨剤でフロントガラスの油膜と水垢を取り除いた後に撥水剤を塗布。ガラス表面がイオン結合して強力な撥水被膜をつくります。フロントガラスは半年から1年間ほど効果が持続、リアガラスであれば3年ほど長持ちしますよ。

施工後は乱反射によるギラつきも抑え、降雨時の夜間運転の視界も良好に保ってくれます。水洗い、もしくは拭くだけで新品のようなガラスの輝きを維持。輸入車で特殊ガラスの場合は使用できない場合もあるので確認が必要ですよ。プロが施工したような仕上がりを求めている方におすすめです。

CCI株式会社-スマートビュー ガラス撥水スプレー撥水長持ちタイプ 100ml(1,269円)

寒冷地にお住いの方にもおすすめのスプレータイプ

スプレーして付属のマイクロファイバーで拭きあげるだけのフロントガラス撥水剤。フッ素系ですが中性タイプなので誤って車のボディに付着しても問題ありません。20cm四方にワンプッシュでスプレーし、マイクロファイバーで拭いていきます。

雪や霜にも強い撥水効果を発揮するので、降雪地域や気温の低い地域にお住いの方におすすめ。気温が下がった冬の日の朝は暖気運転に時間がかかってしまいますよね。こちらの撥水剤を施工しておけば忙しい朝も余裕をもって出勤できます。

シリコン系でおすすめのフロントガラス撥水剤

株式会社ソフト99コーポレーション-ダブルジェットガラコ耐久強化(561円)

強力なジェットノズルのスプレータイプ

スプレータイプのシリコン系撥水剤です。従来品よりもパワーアップしたガス圧とジェットノズルで、風の影響を受けずにフロントガラス全体に噴射可能。全体にスプレーしたら固く絞った濡れタオルで塗り広げるだけで作業完了です。

40度以上になる場所には保管できないので、車内に置いたままにしないよう気をつけてください。1本でフロントガラス約10枚分の施工が可能。キャップ部分はガス抜き対応になっており分別廃棄も楽々ですよ。なるべく簡単に撥水剤を塗布したい方におすすめです。

株式会社まこと屋 –愛車コートスプレー KAGAYAKI(2,200円)

雨が降っても使用できるシリコン系スプレー

雨天時でも使用できる画期的な撥水剤です。シリコン系のスプレータイプで、フロントガラスだけではなく車体全体に使用できます。クロスにスプレーして車体全体を拭いていくだけで作業完了です。洗車後の濡れた状態で使用してもいいですね。

車体全体に使用できますがタイヤの施工はおすすめできません。タイヤの耐久性を上げるため内部から出ている潤滑油にフタをしてしまうことになり、ひび割れなど劣化の原因に。その点だけ注意すれば約10回も使用できてコスパは抜群です。車全体に光沢を出したい方にもおすすめですよ。

株式会社ソフト99コーポレーション-ガラコワイパー フォルクスワーゲン AU系 ゴルフ7用 フロント2本セット(5,640円)

ワイパーにゴムに濃縮撥水剤が配合されているタイプ

濃縮したガラコが配合されている純正ワイパーの替えゴム2本セットです。こちらはフォルクスワーゲン用ですが他の車種のワイパーも展開していますよ。雨天時にワイパーを稼働させると濃縮ガラコの効果で快適な視界を保てます。

塗りこむ作業もなく手軽にフロントガラスの撥水が可能。フロントガラス自体に撥水剤が塗布されていれば、さらに効果はアップしますよ。ガラスにこびりつく虫の死骸も除去しやすくなります。撥水剤入りワイパーのゴムは半年ほどで交換すると効果が長持ちしますよ。

CCI 株式会社- スマートビュー ふくだけ撥水シート 12枚 G-102(340円)

洗浄と撥水が一度でできるシートタイプ

塗布作業の要らないシートタイプの手軽な撥水剤です。洗浄と撥水剤の塗布が同時にできて便利ですよ。手軽に作業したい方におすすめ。ガラスに付着した古い油膜などの汚れも水なしで落とせるため、出先でも簡単に撥水作業が可能です。

虫の死骸や鳥のフンの除去もできるので洗浄用に常備しておくのもいいですね。スプレータイプは車内が高温になってしまう夏場に常備できませんが、シートタイプなら安心です。塗り込む作業が要らないので誰でも簡単に撥水作業ができますよ。

株式会社ソフト99コーポレーション-ガラコウォッシャー パウチパック2L(506円)

ウォッシャー液に撥水剤を加えるだけで撥水効果が期待できる

ウォッシャー液に混ぜるだけで撥水効果が期待できるガラコウォッシャー。面倒な塗りこみ作業がなく手間もかかりません。運転しながらでも撥水剤を塗布できますよ。パウチタイプなので廃棄するときもかさばらず、環境にも配慮したタイプです。

フロントガラスに撥水剤を塗布したけれど普通のウォッシャー液を使用していいのか悩んでいる方にもおすすめ。ワイピングの度に被膜修正されて撥水効果が長持ちします。手間をかけて塗布した撥水剤を長持ちさせるためにも、ぜひ使用してみて下さい。フロントガラスの汚れ防止にもなりますし潰れた虫なども取り除きやすいですよ。

ハイブリッド系でおすすめのフロントガラス撥水剤

イチネンケミカルズ株式会社-ガラスコート ハイブリッドストロング(580円)

撥水力と耐久性をバランスよく配合したタイプ

シリコン系の撥水力とフッ素系の耐久性を持ち合わせたハイブリッドタイプです。従来製品と比較して高い撥水性に加えて2倍の持続性。およそ3か月から4か月効果が持続します。時速38km以上であればワイパーなしでも雨を吹き飛ばしてくれますよ。

雨の水滴だけでなく油汚れの付着も防いでくれるクリンビューガラスコート。フロントガラスにこびりついて困りものの鳥のフンや虫の死骸などを取り除きやすくしてくれる効果も。シリコン系とフッ素系のいいところ取りの撥水剤です。

Rain-X(レインエックス)-スーパーレイン-X ザ・クイック耐久 (1,498円)

重ね塗りをすればさらに撥水効果がアップ

ハイブリッド系のフロントガラス撥水剤。使用場所や状況にもよりますが、約半年くらい撥水効果が持続します。幅広のスキージフェルトでガラス面に塗り込みやすい点もポイント。均一な圧力できれいに施工できるため、塗り残しや塗りムラを起こしづらいですよ。

梅雨時など雨天が多い季節は重ね塗りをするのもおすすめ。1度の塗布よりも雨弾きがさらに良くなります。塗布した後は乾燥するまで待たずに拭き上げ可能なので作業の時短にもなりますよ。作業時間をなるべく短くしたい方におすすめのタイプです。

有限会社せれくと-カーピカネット ウロコ狩り・鎧セット(5,027円)

半年近く撥水効果を保てるハイブリッド系

フロントガラスの油膜取りと撥水剤がセットになったタイプ。撥水剤はハイブリッド系で約5か月の撥水効果が期待できます。ウロコ状の水垢や油膜を除去する薬剤もセットなので別々に購入する手間が省けて便利です。作業に必要なスポンジや手袋も付属ですよ。

もともとフロントガラスにUV加工が施されている場合は、購入先に確認してからの施工をおすすめします。ガラス面に施してあるか、ガラス自体が加工されているかによって撥水性能に違いが出てくる場合があるためです。小まめな作業は難しいけれど撥水性を重視したい方に最適のタイプですよ。

フロントガラス撥水剤の除去の仕方

油膜除去剤などで剥がす

撥水剤の効果を最大限に発揮させるため、古い油膜を剥がす作業は必ず行いましょう。除去には専用の油膜除去剤を使用すると便利です。はじめにフロントガラスを洗浄して埃や汚れを取り除きます。次に除去剤で少しずつ窓を磨いていきますが、フロントガラスの周り全体を磨いてから中央にうつると作業しやすいですよ。このとき円を描くように磨かず、縦か横どちらかの方向で細かく動かしていくと磨き残しが出にくくなります。磨いている最中に乾燥してきたら霧吹きをして、除去剤が水を弾かなくなるまで続けます。磨き終わったあとのすすぎは手でおこなうのがおすすめ。タオル等を使うと研磨剤の成分が入り込み、次回の使用時に傷の原因となるためです。除去剤を落とした後は拭き取ってしっかり乾燥させてから撥水剤を塗布しましょう。

まとめ

フッ素系のフロントガラス撥水剤がおすすめ

フロントガラス撥水剤はフッ素系タイプがおすすめです。塗布する作業はシリコン系よりも時間がかかってしまいますが耐久性に優れています。また、1度施工してしまえば汚れが付きづらくメンテナンスも格段に楽になります。しかし、撥水性に重点を置く方や忙しく作業時間があまり取れない方には、手軽なシリコン系がおすすめですよ。フロントガラス撥水剤を使用して、雨の日でも良好な視界を手に入れましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*