おすすめの防草砂人気比較ランキング!【アイリスオーヤマも】

特に夏になると、どんなに草むしりを頑張っても雑草がなかなか無くなりませんよね。そんなときは、防草砂を使うと便利です。自分で簡単に施工でき、一度施工すれば長期間雑草を防止できますよ。今回は、おすすめの防草砂をランキング形式でご紹介します。成分や内容量などの選び方も解説しますよ。ぜひお気に入りの防草砂を見つけて、庭の手入れを楽にしてくださいね。

防草砂とは?

雑草の成長や発生を抑える効果がある砂

防草砂とは、庭や駐車場に雑草が生えてこないようにするために使う砂です。作業セメントやホウ酸カルシウムなどが含まれていて、防草土や固まる土とも呼ばれます。防草砂を使えば、定期的な雑草の駆除が必要ありません。

防草砂のメリット

本物の土と似た見た目で庭に馴染みやすい

防草砂は、見た目は普通の土とほとんど変わりません。茶色い防草砂を使えば、大抵の庭の風景によく馴染みます。また、赤っぽい防草砂や黄色っぽいもあり、それぞれの庭やガーデニングの趣味に合わせられますよ。

自分で施工できて手入れがしやすい

防草砂は、基本的に業者に頼まなくても自分で施工できます。作業は、雑草を防止したい所に防草砂を均等にまいて、水をかけるだけ。数時間で終了します。特別な知識も強い力もいらないので、一人でも簡単に作業できますよ。

防草砂のデメリット

ヒビ割れしやすい

防草砂にはコンクリートのような強度はないため、数年経てばヒビ割れし始めます。また、何か重い物を落とすと衝撃で割れてしまったり、へこんだりする可能性も。ヒビ割れを見つけたら、ヒビが広がらないうちに修復しましょう。

水たまりができたり苔が生えたりする可能性がある

防草砂を固めるときに、水勾配を考慮しないと、長時間強い雨が降ったときに排水が追い付かず、水たまりができる可能性があります。また、湿気が高い状態のままにしておくと、苔も生えてきます。防草砂はただまくのではなく、水はけの良さも考慮しましょう。

防草砂の種類

固まるタイプ

頑丈で駐車場や通路にも使える

防草砂を均等に敷き詰めた後に、水をかけて固めるタイプです。表面を雑草が生えてこられないくらい硬くすることで、雑草を防止します。大抵の固まる防草砂にセメントが含まれていて、乾いた状態ではサラサラしていても、水をかけた後はカチカチに固まりますよ。

強度は防草砂によってさまざまで、駐車場にも使える頑丈な防草砂もあります。花壇や家の周りへの使用しか想定されていない防草砂を駐車場に使うとヒビ割れしてしまうので、気を付けましょう。また、固まる時間にも差があり、24時間で固まる防草砂もあれば、固まるまでに1週間かかる防草砂もあります。

固まらないタイプ

施工が簡単で時間がかからない

平らにならした地面に敷き詰めるだけで施工が終了するタイプです。固めないので、水は要りません。また、固まるまで待つ必要もなく、短時間で作業が完了します。雑草の発芽や成長を妨げる、ホウ酸カルシウムが含まれていることが多いです。

固まるタイプよりもさらに普通の砂に近い見た目なので、落ち着いた雰囲気に仕上がります。庭や墓地など、なるべく自然な見た目のまま雑草を生えないようにしたい人におすすめです。ただし、植木に間違って入れてしまうと枯れてしまうため、防草砂をまく範囲に気を付けましょう。

防草砂の選び方

内容量で選ぶ

ポストの設置スペースなど限定的に使うなら3kg

厚さ5cmで施工する場合、大体15平方センチメートルの範囲に使えます。あまり多くはありませんが、ポストを設置するための小さなスペースや、庭の花壇の周りにだけ使うときにおすすめの量です。また、既存の防草砂のヒビ割れや隙間に対処するのにもちょうど良い内容量ですよ。さらに、重くないので持ち運びも楽で、手軽に扱えます。

庭の雑草予防に使うなら15kg

最も一般的な内容量で、ほとんどのメーカーが扱っています。どのくらいの量が必要かわからない、という人は、15kgを買うと良いですよ。また、庭の草が刈り取りにくいスペースや小道作りに使うときは、15kgの防草砂を複数購入するのがおすすめです。厚さ5cmで施工する場合、半畳ほどのスペースに使用できますよ。玄関周りの雑草防止にちょうど良い内容量です。

駐車場など広いスペースに使うなら25kg

駐車場や庭全体のように、広いスペースの雑草防止に使うときは、25kgの防草砂がおすすめです。市販されている防草砂の中で一番多い内容量ですよ。少し重いですが、大量に使うことがあらかじめはっきりしているときに、効率良く施工できます。車1台分の駐車場のスペースに防草砂を敷き詰める場合、25㎏の防草砂が30袋程度必要です。

成分で選ぶ

より雑草を生えにくくするならアルカリ性成分入りのものを

防草砂には砂以外の成分も含まれていますが、中でもアルカリ成分が入っているものがおすすめです。土壌が酸性に傾いていると雑草が生えやすいため、マグネシウムやカルシウムのようなアルカリ成分を含む防草砂なら、雑草の防止により効果的ですよ。ただし、花壇や植木の周りのpHバランスに影響が出ないように注意してください。雑草を防ぎたい所以外の土壌に防草砂が混ざらないよう、気を付けましょう。

ペットがいるなら安全な天然鉱物や天然砂使用のものを

犬や猫が庭でよく遊ぶなら、天然素材100パーセントの防草砂がおすすめです。万が一ペットが防草砂を舐めたり飲み込んだりしてしまっても安心ですよ。成分を見て、天然鉱物や天然砂が使われているか確認しましょう。なお、防草砂によく含まれているホウ酸カルシウムは、目薬などの医薬品にも使われています。危険な化学成分ではないので、安心してくださいね。

防草砂のおすすめブランド・メーカー

アイリスオーヤマ

DIYが初めての人でも使いやすい防草砂が多い

ホームセンターでよく売られているメーカーです。防草砂以外にも、家電やペット用品、食品を生産しています。硬さや軽さにこだわった防草砂があり、DIYが初めての人でも施工しやすい防草砂を扱っていますよ。

ワイ・ビー・ケイ工業

プロにも信頼されている自然土防草材メーカー

自然土防草材や土舗装材を生産しています。自然な見た目にこだわっていて、さまざまな観光地や公園、道路で使用されているメーカーです。素材の安全性や品質の良さに定評があり、施工業者からも信頼されていますよ。

連代コンストラクト

化学薬品に頼らずエコな素材を使用

舗装材や景観材を生産しているメーカーです。1991年に創業され、石川県に本社と工場があります。リサイクルができる素材にこだわった地球に優しいものづくりをしていて、化学薬品に頼らない防草砂を取り扱っていますよ。

カインズ

店舗限定で買える施工が簡単な防草砂が人気

関東地方を中心にホームセンターを展開しています。水で固まるマジカルサンドという防草砂が、施工が簡単で人気です。ベージュ、グレー、ブラウンの3色がありますよ。水で固まるマジカルサンドは、カインズの店舗で購入できます。

おすすめ&人気の防草砂ランキング

固まるタイプでおすすめの防草砂

連代コンストラクト-永土 20kg (3,960円)

安全で植木への水分補給もできる

水をかけてから30分で固まる、あっという間に施工が終わる防草砂です。強度も高く、厚み5cmにして敷き詰めれば、駐車場に使っても長持ちします。人が通っても簡単に割れないので、庭の歩道作りにもおすすめですよ。

セメントなどの化学薬品を使っていないため、安全性が高く、ペットがいる人も安心して使用できます。また、吸水性が良いので、周囲の植木に自然な形で水分補給ができますよ。見た目も機能も、自然に庭の一部として馴染みます。

アイリスオーヤマ-超固まる防草砂15kg (860円)

トップクラスの硬さで駐車場への使用も問題なし

水をかけてから固まるまでに3日から1週間程度かかりますが、施工後の硬さは防草砂の中でもトップクラス。セメントが含まれていて、駐車場に使っても問題ありません。防砂砂を初めて使う人でも、簡単にしっかりと強度のある地面が作れますよ。

表面が滑らかに固まるので、見た目もきれいに仕上がります。また、保水性があるため、打ち水をすればひんやりします。夏の暑さを和らげてくれますよ。水はけも良いので、水たまりができにくいのもメリットです。

ワイ・ビー・ケイ工業-ガンコマサ25kg (2,652円)

表面温度が低く夏の過剰な暑さを抑える

天然素材を原料にしているので、ペットや子供を庭で遊ばせたい人も心配要りません。自治体によっては、処分の際にリサイクルも可能です。雑草だけでなく苔やカビも生えにくいため、長年自然できれいな見た目をキープできますよ。

しっかり固まるので、ぬかるみ対策をしたい人にもおすすめ。日光が当たってもコンクリートよりも表面温度が低いので、夏場の過剰な暑さを防げます。公共施設にも使用されている、実績のある防草砂ですよ。

松井文ショウ堂-防草マサ スペシャルハード25kg4袋セット (9,990円)

自然な仕上がりで苔も繁殖しづらい

天然ろう石を使用した、自然な仕上がりで庭に馴染みやすい防砂砂。環境にも優しいだけでなく、庭の小道や花壇の周りを美しく見せてくれます。見た目の仕上がりを重視したい人や、ガーデニングにこだわっている人におすすめですよ。

4cm程度の厚みで敷き詰めれば、小道に使ったり犬が上を走ったりしても大丈夫な強度にできます。苔が繁殖しづらいので、庭の美しい景観を保てますよ。また、保水性があるため、ヒートアイランド現象の緩和もできます。

DEED工業会-夢の土5袋セット (15,714円)

ナチュラルな質感で敷き詰めても圧迫感なし

セメントをなるべく使用せずに、自然に優しい素材で本物の土にできるだけ近づけた防草砂です。透水性があるので、周りの大切な植物の成長にも影響がありません。独自技術で強度も高くしてあり、ヒビ割れしづらく頑丈ですよ。

アルカリ性成分が含まれているので、しっかりと雑草を防止してくれます。また、ナチュラルな質感で、コンクリートやアスファルトのような圧迫感がありません。レンガや石畳にも合う色合いで、ガーデニングが楽しくなりますよ。

固まらないタイプでおすすめの防草砂

マツモト産業-防草サンド15kg (3,740円)

天然素材を用いて安心安全

草を除いて平らにした地面に、厚さ1cm以上に敷き詰めるだけで施工が完了します。大体3年ほど雑草防止の効果が持続しますよ。天然砂や天然鉱物を主原料としており、犬や猫、鳥などを飼っている人の庭にも使えます。

少し黄色がかった落ち着いた茶色で、ウッドデッキの下や墓地に敷いても違和感ありません。ただし、雑草でない草木や花の土壌に混ざると枯れてしまう可能性があります。必要な植物とは十分に距離をとって敷きましょう。

山一建機株式会社-エコソフトサンド 20kg (2,750円)

ろう石鉱物をメインに使用し透水性と保水性を持つ

ろう石鉱物と石灰を使った防草砂です。まくだけで固める必要がなく、さらに、作業中に砂埃が舞うこともほとんどありませんよ。5cm程度の厚みで敷く場合、1平方メートル当たり4袋から5袋必要になります。

透水性と保水性に優れているので、周りの大事な草木への水分補給を妨げません。また、苔が生えにくいという特徴があり、きれいな見た目を保てますよ。少し白っぽいので、明るい雰囲気に仕上げたい人におすすめです。

松井文ショウ堂-防草マサ ハイパー 12L (3,740円)

透水性が良く凍害が少ない

真砂土と天然鉱石を使用しているため、環境に優しく、見た目も自然な防草砂です。普通の砂と同じ見た目ですが、しっかりと長期間雑草の生育を防止します。お墓専用の防草砂なので、落ち着いた色合いですよ。

透水性が良いため、水たまりができにくいという特徴があります。水たまりがあると見た目が悪いだけでなく、冬は凍って滑りやすくなってしまいます。凍害が少ないので、特に寒い地域に住んでいる人におすすめですよ。

施工が簡単でおすすめの防草砂

アイリスオーヤマ-固まる防草砂 10L (1,472円)

軽いから庭仕事に慣れていなくても楽に施工可能

水をかけたら約24時間で固まります。さらに従来の防草砂よりも軽いため、庭仕事になれていない人や体力に自信がない人でも、自分で施工ができますよ。簡単に施工ができるのに、しっかり固まってきちんと雑草を防止します。

薬品を一切使用していないのも嬉しいポイント。有害物質が入っていないので、周りの土壌を汚染しません。庭の草木の生育を妨げず、邪魔な雑草のみを除去してくれます。色も明るく、庭をあたたかい雰囲気にしてくれますよ。

陽光物産-楽土25kg (1,540円)

初心者でもきれいな見た目に仕上げやすい

ジョウロで3リットルほど水をかけたら、施工の翌日にはしっかり固まり、上を歩いても平気になります。水を均一にかけることを意識すれば、初心者でもきれいに仕上げられますよ。短時間の施工で長期間雑草とお別れができます。

25kgと内容量もしっかりしており、広い場所への使用におすすめです。無機質素材のみを使用しているので、環境にも優しいのが嬉しいですね。透水性があるため、夏場はアスファルトの地面よりも涼しく過ごせますよ。

エス・ダブル株式会社-魔法の土20kg 3袋 (11,000円)

不要になったら細かく砕くだけ

最短1日、長くても3日ほどでしっかり固まり、雑草やぬかるみを除去します。仕上がりはナチュラルな見た目で、普通の土とほとんど変わりません。強度はありますが、アスファルトと違って、強い日差しでも照り返しがきつくありませんよ。

天然砂をメインに使用しているため、リサイクルが可能です。不要になったら、細かく砕けば土に返りますよ。施工だけでなく廃棄処理も簡単で、全て自分1人で対応できます。見た目も成分も、天然の土に限りなく近い防草砂ですよ。

テラダ-まさ王15kg 2袋セット (2,720円)

強いアルカリ性で徹底的に雑草を防止

2回に分けて水をかけたら、24時間放置すれば完全に固まっています。真砂土を主成分に使用しているため、本物の土とほぼ見た目が同じです。庭にまいても違和感がなく、他の土と同じようにしっかり景観に馴染みますよ。

セメントが含まれているだけでなくアルカリ性も強いため、長期間雑草の悩みから解放されますよ。自然な見た目に反して、徹底的に雑草を防止してくれます。施工が簡単なだけでなく、効果も長持ちする防草砂ですよ。

防草砂の使い方

下準備として地面に雑草が無い状態にする

固まるタイプも固まらないタイプも、下準備が重要です。まずは、防草砂をまく部分の雑草をしっかりと除去しましょう。雑草が残っている状態だと、防草砂の効果が落ちてしまいます。なるべく根っこから抜き取るようにしてください。

平らにならして必要なら水をかける

雑草を除去したら、地面を平らに整えます。コテやレンガを使って、押し固めるようにしてならしてください。地面を整えたら、均一になるように防草砂を敷き詰めていきましょう。固まるタイプの防草砂は、ならした後に水をかけて、指定の時間放置してください。

水勾配を取るのを忘れない

完全に水平にならしたほうが見た目はきれいですが、水たまりができやすくなってしまいます。強めの雨が長時間振ると、透水性に優れた防草砂でも水たまりができる可能性が高くなります。排水できるように、水勾配を考えて施工するのがおすすめですよ。きっちり水平にするのではなく、雨水を流すための緩やかな傾斜を作るようにしましょう。

まとめ

庭に馴染みやすい色でアルカリ性成分入りの防草砂がおすすめ

防草砂は、庭に馴染みやすい色で、さらにアルカリ性成分入りがおすすめです。見た目がきれいなだけでなく、より雑草をしっかり防止してくれますよ。また、ペットがいる人は、天然素材を使用した防草砂を選ぶと安心です。固まるタイプと固まらないタイプがあるので、見た目や求める強度に応じて選んでくださいね。今回は、おすすめの防草砂をランキング形式でご紹介しました。ぜひお気に入りの防草砂を見つけて、草むしりに悩まされずガーデニングを楽しんでください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*