SHURE(シュア)のイヤホンおすすめ人気比較ランキング!【ワイヤレスやゲーム向けも】

イヤホンを使ってゲームをプレイしたり、音楽を聴いたりしているけれど、フィット感や遮音性、音質に不満があるという方も多いのではないでしょうか。一度気になってしまうと、快適に楽しめなくなってしまいますよね。そんな方におすすめなのが、SHUREのイヤホンです。音質が良いのはもちろん、フィット感や遮音性にも優れるのでゲームや音楽を快適に楽しめますよ。今回は、この魅力的なSHUREのイヤホンのおすすめモデルや、選び方などを紹介します。ぜひ参考にして、自分に合った1台を見つけてみてくださいね。

SHUREのイヤホンの特徴

遮音性に優れた構造

耳栓と同等レベルの遮音性を持っているのが、SHUREのイヤホンの特徴です。これは、多くのモデルがウレタン製のイヤーピースを標準搭載しているほか、耳に収まりやすいデザインになっているため。この2つの要素により、ノイズキャンセリング非搭載ながらも高い遮音性を実現しています。外の音を効果的に遮断してくれるので、特にゲームや音楽を集中して楽しみたいときに活躍しますよ。

フィット感に優れた設計

SHUREのイヤホンの魅力は、優れたフィット感を持つことです。遮音性でも触れたイヤーピースと構造は、フィット感を高める効果もあり、この2つだけでも効果的にズレや落下を防ぐことができます。さらに、多くのモデルが耳にケーブルを掛けて使う、SHURE掛けに適した構造になっているのもポイント。耳全体でケーブルを支えるので、安定感が高いのはもちろん、引っ掛けたときも抜けにくいですよ。フィット感と安定性の両方が優れた設計になっているのが、SHUREのイヤホンの特徴です。

リケーブルが簡単

断線したケーブルの交換、音色が違うケーブルへの交換を意味するリケーブルが簡単な設計になっているのも、SHUREのイヤホンの特徴です。多くのモデルがイヤホンとケーブルをコネクタで接続する構造を採用しているので、コネクタ付きのケーブルを用意すればその場でリケーブルできますよ。ケーブルの故障に強く、カスタマイズも楽しめるのがSHUREのイヤホンの魅力です。

正確なサウンド表現

SHUREは、もともとレコーディングやライブに使うモニターイヤホンを専門に開発していたメーカーであるため、サウンドの表現も正確です。低音から高音までのバランスが良い音質のため、アンプや音源の良さを忠実に表現してくれます。さらに、細かな演奏や歌声をしっかりと再生する、解像度の高さを持ち合わせているのもポイント。低音と高音が際立ったドンシャリが好きな方は味気なく感じるかもしれませんが、表現力や再現力重視の方なら十分に楽しめるイヤホンです。

SHUREのイヤホンの使い方

イヤホンの付け方と外し方

SHUREのイヤホンは、SHURE掛けという独特な付け方に対応したモデルが多いです。普通のイヤホンとは少し違った付け方のため難しく感じてしまいますが、一度覚えれば簡単に付けられるようになりますよ。基本的な付け方は、まずLとRの表示を確認します。次にケーブルを耳の外周に沿うように掛け、本体を耳に押し込みます。ウレタンのイヤーピースを使っている場合は、事前に軽く潰しておくと簡単に耳に挿入できますよ。最後にイヤーピースやケーブルの微調整をすれば装着完了です。外し方はイヤーピースを引き抜き、ケーブルを耳から外すだけとシンプルなので初めての方でも簡単ですよ。

イヤーピースの外し方

SHUREのイヤホンは、簡単にイヤーピースを脱着できる構造になっています。やり方も本体を片手で持ち、反対の手でイヤーピースをひねりながら抜くだけとシンプルです。このとき、イヤーピースを抜く手の力が強すぎるとノズルが折れてしまうので、力をかけすぎないように注意しましょう。引き抜いたあとは、新しいイヤーピースを根本までしっかりと押し込めばリスニングを再開できますよ。

SHUREのイヤホンの人気シリーズ

SEシリーズ

リスニングからモニターまで幅広く使える定番シリーズ

SEシリーズはSHUREのイヤホンを代表する人気シリーズです。モニターイヤホンとして開発されたシリーズで、フラットな音質と高い遮音性、優れた耐久性を持っているのが特徴。激しく動いても外れにくいので、主にライブのモニター用として多くのプロミュージシャンから親しまれています。

解像度や音質にも優れているため、リスニングやゲーム用としての評価も高いです。完全なリスニング用と比べると低音や高音の迫力は控えめですが、自然で音源本来の良さを生かしたサウンドが楽しめますよ。オーディオ初心者から上級者までおすすめできる、SHUREらしさ全開のシリーズです。

AONICシリーズ

リスニング性能に特化したシリーズ

創業95周年の年に発表された、SHUREのリスニング向けモデルがAONICシリーズです。SEシリーズの耐久性はそのままに、よりリスニングに適した音質になっています。クリアでバランスの良いサウンドに仕上がっているので、色々なジャンルに合わせやすいですよ。

全てのモデルが音量の調節機能や、通話用マイクなどを標準搭載しているのも特徴です。また、デジタルデバイスとの接続を想定した設計になっているので、タブレットやスマホとも相性抜群。普段使い用の高音質イヤホンを探している方にピッタリのシリーズです。

KSEシリーズ

コンデンサー型イヤホンとアンプがセットになった高音質シリーズ

KSEはリスニング性能と音質にこだわった、高音質シリーズです。コンデンサー型という構造を採用し、通常のイヤホンよりも繊細で優れた表現力を実現しています。製造コストが高いため、通常のイヤホンよりも高価ですが、高音質かつ軽量なのでイヤホンとしての完成度は高いですよ。

専用の高電圧アンプがセットになっているのも特徴です。他のイヤホンは接続できないタイプのため汎用性は低いですが、コンデンサー型の魅力を存分に楽しめるようなサウンドを作り出してくれますよ。高性能なイヤホンとアンプの両方を手に入れたい方におすすめのシリーズです。

SHUREのイヤホンの選び方

使用目的に合わせて選ぶ

音楽を楽しみたいならリスニング向けのモデル

音楽を聴いて楽しむのがメインの方には、リスニング向けのモデルがおすすめです。リスニング向けモデルとは、聴く人にとって気持ち良く感じるようにチューニングされたモデルのこと。このチューニングにより臨場感があり、ジャンルの良さを生かしたサウンドが楽しめるようになっていますよ。バランスの良さはモニター向けには劣りますが、音楽を楽しむのがメインならリスニング向けを選びましょう。

演奏や作曲で使うならモニター向けのモデル

演奏や作曲で使うなら、フラットな音質で解像度も高いモニター向けモデルがピッタリです。全体のサウンドや自分の演奏などをハッキリと確認できるので、レコーディングやライブなども快適になりますよ。フィット感が高く、ズレにくいモデルが多いのもポイント。一度装着すれば、ズレを気にせずに作業できるので音楽に集中できますよ。演奏や作曲を快適にしてくれる機能が充実しているので、音楽活動をしている人はぜひモニター向けを選んでみてくださいね。

付加機能で選ぶ

屋外で使うならワイヤレスタイプ

屋外のエクササイズや通勤通学用のイヤホンを考えている方には、ワイヤレスタイプがおすすめです。Blutoothで接続するのでスマホからプラグが抜けたり、移動時に引っ掛けたりといったトラブルの心配もありません。また、専用のケースに収納すればコンパクトにまとまるため、持ち運びも簡単。わずかな遅延が発生してしまうので、音楽制作やゲームには不向きですが屋外のリスニングでは大活躍のタイプです。

ゲームやスマホに接続するならマイク付き

ゲームやスマホでの利用を考えているなら、マイク付きのSHUREのイヤホンがおすすめです。通常の有線タイプもゲームやスマホに使えますが、マイクが付いているとボイスチャットやハンズフリー通話など便利な機能が使えますよ。もちろん、高価な単体タイプのマイクよりも音質は控えめですが、普段使いには十分な音質で音声を拾ってくれます。少ない機材で手軽に音声通話を利用したいなら、マイク付きのSHUREイヤホンを選びましょう。

SHUREのイヤホンの口コミ・評判

フィット感と遮音性が高いのでゲームにピッタリ

SHUREのイヤホン買って使ったけど遮音性が高くてゲームに集中できるし足音もしっかり聞こえるので最高です!!
あと音質最高です!!

解像度の高さと音の表現力に優れている

SHUREのSEシリーズフラッグシップモデル「SE846」を買いました。
只々驚かされる解像度の高さとその表現力!
今まで聴こえてない音が聴こえてくると、このイヤホンの凄さを実感させられます!
今年はイヤホンの沼に嵌っていましたが、当分は落ち着くと思います。

メトロノームの音が聴き取りやすいのでバンドリハーサルも快適

SHUREのイヤモニを買った。
外部の遮音性が高くてリハ中クリック音が鮮明に聴こえて演奏しやすい、耳にも優しい。

AONICは低域と高域がしっかり出るリスニング向けの音

SHURE AONIC5の低音、高音の伸びが美しい。完璧な音です。
3BAと最近のイヤホンの中では、ドライバー数少なく感じるかもしれませんが、そんな事感じる事無いイヤホンです。
イヤホン本体もドライバーが見えてカッコいい!

おすすめ&人気のSHUREのイヤホン

ワイヤレスでおすすめのSHUREのイヤホン

SHURE-AONIC FREE (23,600円)

クリアでバランスの良い音質の完全ワイヤレスイヤホン

SHUREらしい音質と構造を持った、完全ワイヤレスモデルです。ノイズキャンセリング非搭載ながらもフィット感に優れるイヤーピースと構造を採用し、高い遮音性を実現。耳栓のように周囲のノイズをシャットアウトしてくれるので、音楽に集中できますよ。

サウンドはSHUREならではの、クリアでバランスが取れたもの。リスニング向けながらもフラットに近い音質になっているので、色々なジャンルにマッチしますよ。汗にも強い構造の、使いやすさと音質の両方にこだわられたワイヤレスイヤホンです。

SHURE-AONIC 215 (29,920円)

SE215の本格サウンドが完全ワイヤレスで楽しめるモデル

人気モデルSE215の本体に、完全ワイヤレスシステムTW2-Aを搭載したモデルです。SEシリーズならではの高い遮音性と、バランスの良い中高域、豊かな低音域を持っているのが特徴。もちろんフィット感も高いので、うっかり落としてしまうトラブルも防いでくれますよ。

IPX4相当の防滴性能を持っているのもポイントです。ちょっとした水濡れや汗では壊れない設計なので、エクササイズや屋外でも安心して使えますよ。外音取り込み機能やマイク機能などの定番の機能も備えた、使いやすいイヤホンです。

SHURE-SE846 WIRELESS (90,000円)

4基のドライバーによる表現力豊かなサウンドが楽しめる

SEシリーズのフラグシップモデルSE846のサウンドを、ワイヤレスで楽しめるモデルです。Bluetooth 5.0を使った接続が可能で、コーデックも高音質なaptXやAACに対応しています。ハイレゾワイヤレスには非対応ですが、安定した通信で高音質な音が楽しめる設計になっていますよ。

イヤホン本体に4基の高精度ドライバーを搭載し、クリアで伸びのあるサウンドを実現しています。全体のバランスが良いだけでなく、各音域が豊かに響くのでポップスやロックはもちろん、ジャズやクラシックにもおすすめ。高音質なワイヤレスイヤホンが欲しい方にピッタリのモデルなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リスニング向けでおすすめのSHUREのイヤホン

SHURE-AONIC 5 (58,550円)

カスタマイズ性にも優れた高音質なリスニング向けイヤホン

バランスの良い音質と、豊かな表現力を持つAONICシリーズの上位モデルです。SE535をベースにしたモデルで、より低音域の伸びや全体の明瞭感を際立たせたチューニングになっています。空間の表現力にも優れるので、クラシックやジャズはもちろんポップス、ロックにもマッチしますよ。

ノズルを交換すれば音質のカスタマイズができる、ノズルインサート技術を採用しているのもポイント。マイルドなサウンドのウォームノズルや、高音域が際立ったブライトノズルに変えるだけで手軽に音質を調節できます。リスニング向きの音質になっているのはもちろん、カスタマイズ性にも優れた高音質イヤホンです。

SHURE-SE846 (94,342円)

高解像度で高音質なSEシリーズのフラグシップモデル

SEシリーズのフラグシップモデルです。4基の高精度ドライバーを搭載し、高い解像度とバランスの良いサウンドを実現。加えて、低音域のパワーを上げるローパスフィルター設計を導入しているので、臨場感も抜群です。

ウレタン製イヤーピースが標準搭載しているほか、SHURE掛けにも対応しているのでフィット感や遮音性にも優れています。高音質サウンドを騒音やズレを気にせず快適に楽しめるので室内はもちろん、スタジオや屋外でも気軽に使えますよ。モニター用としてはもちろん、リスニング用として使っても高いパフォーマンスを発揮してくれるイヤホンです。

SHURE-AONIC4 (39,600円)

豊かな低音域とクリアな高音域が魅力

SHUREならではの高いフィット感と優れた遮音性を持つ、高音質なリスニング向けモデルです。ダイナミックドライバーとBAドライバーの両方を搭載した、ハイブリッド構造になっています。レンジが広く、響きも豊かな低音域と、クリアな中高域を両立しているのでベース楽器の音やボーカルも丁寧に表現してくれますよ。

音域のチューニングを工夫することで、自然なサウンドを実現しているのも特徴です。ドライバーが多くなると音域の切り替わりが不自然になりがちですが、AONIC4は切り替わり部分の音もなめらかに再生してくれますよ。パワフルな低音と、自然なサウンドの両方を重視した方にピッタリのモデルです。

SHURE-SE215SPE-A (12,730円)

低音域を強化したリスニング向けのSE215

SHUREの人気モデルSE215をアレンジし、リスニングも楽しめる音質にしたモデルです。音質の傾向はフラットに近いですが、低音域がパワフルになっているほか、高音域もクリアになっています。そのため、フラットな音では味気なく感じやすい、重低音を鳴らすジャンルも快適に聴けるようになっています。

基本的な設計はSE215と同じなので、遮音性にも優れています。もちろん、SHURE掛けにも対応しているので、フィット感も高いですよ。SEシリーズの性能はそのままに、よりリスニングが楽しめるチューニングが施された、リスニング向けモデルです。

SHURE-KSE1200 (242,000円)

コンデンサー型ならではの繊細なサウンドが楽しめる

コンデンサー型イヤホンと専用アンプがセットになった、KSEシリーズのモデルです。遮音性やフィット感が高いだけでなく、音の再現性にも優れているのが特徴。解像度も高く、繊細な音もキレイに再生してくれるので、オーディオにこだわりたい方にもピッタリです。

専用アンプにはUSBを使って充電できる、リチウムイオンバッテリーを搭載。USB充電器やパソコンなどに対応できるので、外出先でも手軽に充電できますよ。コンデンサー型イヤホンの繊細なサウンドが楽しめる、オーディオファンにおすすめのモデルです。

SHURE-SE535LTD (64,480円)

ベースを強調した曲や歌モノにピッタリのサウンド

低音域と高音域が強調された、ドンシャリ寄りのサウンドが好きな方にピッタリのモデルです。SE535をベースに低音と高音を強調するチューニングを施したモデルで、リスニング向けのサウンドに仕上げられています。ベース音はもちろん、ボーカルの声も丁寧に表現してくれるので歌モノとの相性も抜群です。

耐久性に優れた、Kevlar強化ケーブルを使用しているのもポイント。折り曲げや断線に強いので、気軽に持ち運んだり収納したりできますよ。持ち運びやすく、音質にも優れた歌モノのリスニングにピッタリのイヤホンです。

ゲーム向けでおすすめのSHUREのイヤホン

SHURE-SE215DYCL+UNI-A (14,420円)

音声通話にも対応した高遮音性イヤホン

リーズナブルな価格ながらも、高い遮音性と解像度を備えたイヤホンです。イヤホン本体にはSHUREの定番モデルで、音質のバランスや解像度に優れたSE215を採用。シングルダイナミックドライバーならではの、自然でクリアなサウンドが楽しめるようになっています。

曲の操作や、通話ボタンを備えたマイク付きケーブルのUNI-Aが標準搭載されているのも特徴です。ボイスチャットやハンズフリー通話、曲の停止なども1台で対応できるので、リスニングはもちろんゲームも快適ですよ。機能性と音質のバランスに優れた、ゲームにもおすすめのイヤホンです。

SHURE-AONIC 3 (18,700円)

リスニングとゲームの両方で活躍する高音質イヤホン

遮音性や解像度だけでなく、リスニング性能も重視したい方におすすめのモデルです。中音域を強調したチューニングで、ボーカルや楽器の音もキレイに再生してくれます。高音域と中音域は自然なボリューム感なので、聴き疲れすることなくゲームや音楽を楽しめます。

本体がコンパクトになっているほか、重量も軽い設計になっているのもポイント。安定感がありながらも、軽い付け心地なので長時間の使用も快適ですよ。音質に優れるだけでなく、長く使っても疲れにくい高品質なイヤホンです。

SHURE-SE112 (6,000円)

SEシリーズのエッセンスをお手頃価格で楽しめるモデル

価格を抑えつつも、バランスの良い音質と性能を実現したSEシリーズのエントリーモデルです。遮音性は最大37dBと、上位モデルと同等の性能を実現。もちろん、SHURE掛けにも対応しているのでフィット感にも優れていますよ。

サウンドはSHUREのイヤホンらしい、バランスが良くクリアなものに仕上げられています。空間の表現力や解像度などは上位モデルには劣りますが、普段使いには十分な音質を備えていますよ。SHUREイヤホンを試してみたい方、お手頃価格で遮音性に優れたイヤホンが欲しい方におすすめのモデルです。

SHURE-SE425 (33,140円)

バランスの良いサウンドと解像度の高さが魅力

サウンドのバランスが良く、解像度にも優れたイヤホンです。BAドライバーを低音域用と高音域用に1つずつ配置した構造になっているのが特徴。この構造により、全体的にフラットながらも、各音域がバランス良く聴こえるハイクオリティな音質になっています。

モニター向けモデルならではの、高い解像度を持ち合わせているのも特徴です。細かな声や音もクリアに再生してくれるので、ゲームはもちろん、音楽製作でも活躍しますよ。低音や高音のパワーよりも、バランスや解像度を重視する方におすすめのイヤホンです。

SHURE-SE535 (62,480円)

クリアで豊かなサウンドが楽しめるハイエンドモデル

高い解像度と音質を併せ持つ、SEシリーズのハイエンドモデルです。3基のBAドライバーを搭載することにより、高い解像度を実現しています。バランスが良い傾向ながらも、低音もパワフルに響くので迫力のあるサウンドを楽しめますよ。

SHURE掛けに対応しているほか、遮音性も高いなどSEシリーズならではの特徴も兼ね備えているのもポイント。外部の音が入り込みにくくフィット感も優れるので、どんな場所でもゲームや音楽に集中できます。高性能なぶん価格も高めですが、音質にこだわりたい方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

SHUREのイヤホンは用途に合った音質や性能を持つモデルがおすすめ

SHUREのイヤホンは、予算はもちろん用途も考えて選ぶのがおすすめです。音楽を楽しむのがメインなら、SEシリーズの特別仕様やAONICシリーズなどのリスニング向けがピッタリ。また、フラットで解像度に優れたサウンドが好みなら、SEシリーズの上位モデルを選んでも良いでしょう。音楽製作やゲームに使いたいなら、SEシリーズのモニター向けモデルを選べば快適に楽しめますよ。それぞれモデルに特徴や魅力があるので、ぜひ用途と照らし合わせながら選んで、快適なリスニング環境を作ってみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*