おすすめのワンルーム用ソファ人気比較ランキング!【ニトリも】

ワンルームのお部屋にもゆったりくつろげるソファがあったら、お家時間がもっと楽しくなりますよね。そんなお部屋におすすめしたいのがワンルーム用ソファです。小さなお部屋にも置けるソファがあれば、くつろいで過ごすことができますよ。そこで今回は、おすすめの人気ワンルーム用ソファをランキング形式でご紹介。また、お部屋に合わせた選び方や、部屋を広く見せるための配置方法なども併せて詳しく解説します。是非お気に入りのワンルーム用ソファを見つけて、自分だけのリラックス空間を作ってくださいね。

ワンルームにソファは必要?

くつろげる空間を確保してリラックスして過ごせる

ワンルームでもゆったり座ってくつろぎたい方にとって、ワンルーム用ソファは必要です。ソファを置かずに床に座る、ベッドに座るなどの選択肢もありますが、やはり自分だけのお気に入りのソファがあると、さらに心が落ち着きますよね。家の中に一息つける空間を確保してリラックスして過ごせるよう、ワンルーム用ソファをおすすめします。

コンパクトタイプなら狭い部屋でも使いやすい

ワンルームにはソファを置く余裕がない、と考える方も多いかもしれません。しかし、コンパクトタイプのソファであれば、狭い部屋の間取りを効率よく使うことが可能です。レイアウト次第では、ワンルーム用ソファを置くことで、空間にメリハリをもたせ今より過ごしやすい部屋になるでしょう。

ワンルーム用ソファの種類

ミニソファ

小さいサイズの場所を取らないソファ

部屋の広さに合わせて選ぶ、小さいサイズのソファがミニソファです。ただ座れる人数が少ないというわけではなく、背もたれや座面の高さも通常よりも低く、全体的にコンパクトな作りが特徴。特に6畳程のワンルームにお住まいの方におすすめです。かわいらしいフォルムでお部屋のアイコン的存在になるでしょう。

同じように場所を取らないもので、座椅子という選択肢があります。折りたたんで片づけられるというメリットはありますが、ワンルームですと収納も少ないことが多いです。また座面のクッション性から、その座り心地は比較にならないほど、ミニソファはゆったりとくつろぐことができるでしょう。

ソファベッド

椅子としても寝具としても使える2wayソファ

多機能なソファの代表ともいえるのがソファベッドです。名前の通りソファとベッドの役割をしてくれるため、家具1台分のスペースを有効に使うことができます。ワンルームにソファを置きたいけれどスペースがなく悩んでいる方や、数名で座るにも十分な広さのあるソファを置きたいという方におすすめです。

ソファベッドには、土台部分が収納スペースになった、3wayで使用できる比較的大柄なものもあります。ワンルームに収納が少なく、より空間を有効活用したい方にはおすすめです。しかし、少なからず圧迫感が生じる可能性もあるため、ソファとベッドとしてのみ使用したいという方はロータイプのものを選ぶと、部屋を広く見せる効果もありますよ。

ビーズソファ

クッションのように柔らかくて軽いソファ

通称人をだめにするソファとして人気となった無印良品のビーズソファ。今ではさまざまなブランドで購入することができます。ビーズソファーの特徴はなんといってもその柔らかさと、体へのフィット感。クッションのように軽いため、部屋のいろんな場所に移動させて使いたい方、よりゆったりとした座り心地を求める方に適したソファです。

ひとえにビーズソファと言っても、その形状は様々。通常のクッションより2回りほど大きいサイズのものもあれば、ちょうど1人分の背もたれができるぐらいのサイズから、2人で座ることもできるような大型のものもあります。ワンルームの間取りや、用途によって選ぶことができますね。

ダイニングソファ

リモートワークなど仕事で使うならテーブルと合わせやすいダイニングソファを

お仕事のスタイルとしてリモートワークを取り入れる方も増えている今、ワークチェアーとしても活用するなら、ダイニングソファは最適です。ダイニングソファは、もともとテーブルと組み合わせることを目的として作られています。通常のソファより脚が長く、背もたれが高めで、しっかりと体を支え姿勢が悪くなるのを予防してくれます。

通常のダイニングチェアーとの違いは、そのクッション性。適度な柔らかさの座面と背面が適度に体を包み、長時間座っていても疲れにくいという利点があります。リモートワークのようなお仕事だけでなく、読書や編み物などついつい没頭してしまう趣味の時間にも最適なソファです。

ワンルーム用ソファの選び方

サイズで選ぶ

1人でもゆったりとくつろぐなら1.5人掛け

大人1人がゆったりとくつろぐのに必要なソファの幅は、65㎝以上と言われています。1.5人掛けのソファの幅はおおよそ80㎝から100㎝ですので、十分にくつろぐことができますね。また、1人掛けのソファでは心許ない、体格が大きい方にもおすすめ。詰めて座ると2人掛けとして使用することも可能ですので、来客時にも活躍する便利なソファです。

寝転んでリラックスするなら2人掛け

小柄な女性であっても、ソファで寝転んでくつろぐには130㎝ほどの幅は必要でしょう。ひじ掛けのないタイプや、ひじ掛けを倒してカウチソファにできるものを選べば、2人掛けでも場所を取らずに寝転んで使うことができます。さらに背もたれや座面の低いロータイプソファを選ぶことで、目線を遮らず部屋を広く見せることもできますよ。

機能で選ぶ

ゆったりリラックスしたいならリクライニング付き

ワンルーム用のコンパクトなソファでも、リクライニング機能が付いたものを選べば、より楽な姿勢でゆったりと座ることができます。背もたれだけでなく、ひじ掛けまでリクライニングできる商品も魅力的。中にはフルフラットになるタイプもありますので、自分がリクライニングしたい角度に合わせて、余裕のある配置をするようにしましょう。

狭い部屋をすっきりさせてゆったりと座るなら収納付き

ワンルームの中でも収納の少ない狭いお部屋には、収納付きソファがおすすめです。収納付きソファは大型のイメージもありますが、効率よくデットスペースを生かすことで、部屋をすっきりとさせることもできますよ。よりコンパクトなタイプを選びたい方には、1人掛けソファに収納付きオットマンを組み合わせるという方法もあります。

素材で選ぶ

温かみのある部屋にしたいならファブリック

インテリアに広く使われる布生地を、ファブリック素材といいます。折り目の太い布は特に温かみを感じさせる質感です。ソファに使用されるものはポリエステルが多く、比較的低価格で手に入ることから、ワンルーム用ソファを初めて購入する方にもおすすめ。また色味が豊富で、素材が強くシワになりにくいという利点もあります。

落ち着いた雰囲気と高級感を演出するなら本革

なめらかな質感とその高級感が魅力的な本革のソファーは、インテリアの中心的存在としてお部屋を引き締めてくれるでしょう。本革のソファは、直射日光を避けたり定期的にお手入れをしたりと、布製のソファ比べ手間がかかるという点には注意が必要。ですが、その分通気性や耐久性があり、20年以上使えるものもありますよ。

安価に本革の見た目を楽しむなら合成

最近では、素人目には区別がつかないほどクオリティの高い合皮素材。本革に比べ安価なことから、ワンルーム用ソファとしても取り入れやすい素材です。また、素材の正体が塩化ビニールということもあり、飲み物や食べ物をこぼしてもお掃除が簡単なのもポイント。小さなお子さんや、ペットのいる家庭には特におすすめです。

搬入経路をチェック

梱包サイズの長い辺と短い辺を確認する

ソファの購入時にまず確認したいのが梱包サイズです。中でも注意したいのは一番長い辺と一番短い辺の長さ。それぞれ搬入経路よりも下回っていれば、基本的には搬入することができます。ワンルーム用ソファは比較的コンパクトなものが多いですが、梱包サイズは実際のソファよりも一回り大きいもの。事前にしっかりと確認しておきましょう。

玄関から部屋までを計測して梱包サイズと照らし合わせる

梱包サイズが確認出来たら、搬入経路をソファが通過できるか、サイズを照らし合わせます。玄関からお部屋までの経路はもちろん、マンションやアパートであればエレベーターや階段といった、玄関までの搬入経路も忘れずに確認します。ソファは横向き縦向きと方向を変えて搬入が可能ですので、そのことも視野に入れておきましょう。

ドアノブなどの障害物がないか確認する

梱包サイズ、搬入経路のほかにもソファ搬入時に気を付けたい点が2つあります。1つはドアノブや壁に取り付けられたフックなどの障害物です。ワンルームのマンションやアパートでは、90度しか開かないドアが設置されていることも珍しくありません。必ず障害物を含めた有効実寸を計測し、ソファ搬入の邪魔にならないか確認しておきましょう。

搬入通路に狭い曲がり角があるなら梱包サイズの奥行きもチェック

2つ目に気を付けたいのは、幅の狭い曲がり角の有無です。梱包の向きが変えられないような狭い曲がり角がある場合、ソファの奥行きがその搬入経路の幅よりも短い必要があります。せっかく購入したソファが部屋に入らないというようなことが無いように、梱包サイズと注意点を踏まえた搬入経路を、事前にしっかり確認しておきましょう。

ワンルーム用ソファの配置方法

部屋を広く見せるレイアウトのポイント

背の高い家具を避ける

部屋を広く見せるには、ソファだけでなくテーブルやベッドなどその他の家具もロータイプを選びましょう。視界を遮る背の高い家具は圧迫感を与え、部屋を狭く感じさせます。逆に背の低い家具を集め、目線を下げることで部屋をすっきりと広く見せる効果がありますよ。

同系色でまとめる

家具やインテリア雑貨の色味をそろえることで、部屋全体に統一感が生まれ、すっきりと広く見えます。特にホワイトやベージュ系の明るい色でまとめると効果的。また狭い部屋で収納が少なく、ごちゃごちゃとしがちなワンルームでも、同系色でまとめることで物の多さが気にならなくなりますよ。

ワンルーム用ソファ配置の実例

6畳のレイアウト

1.5人掛けソファでスッキリもゆったりも叶える

こちらは1人暮らし女性の6畳レイアウトです。1.5人掛けのゆったり座れるソファを、ベッドのわきに並べて配置してありますね。ロータイプのソファを選んでいること、お部屋全体のカラーをホワイトベージュ系で統一していることで、圧迫感なくおしゃれにすっきりとまとまっています。ちなみにこちらのソファは、座面を伸ばしコンパクトなソファベッドとしても使用できるそうです。

ロータイプのベットでソファに存在感をもたせる

こちらの6畳では、通気性がよく湿気に強い、木の香りでリラックス効果があるなどのメリットを持つすのこベッドが活用されています。厚みのあるマットレスでなくお布団を使用していることで、さらにベッドの圧迫感がなくなっていますね。2人掛けソファがお部屋の主役のようになっており、おしゃれですっきりとまとまって見えます。壁からカーテンまで明るめのホワイトで統一しているのも、お部屋が広く見えるポイントです。

8畳のレイアウト

インテリアを同系色でまとめて部屋を広く見せる

インテリアのカラーを同系色でまとめると、統一感が出ておしゃれに見えることのほかに、すっきりと広く見せる効果があります。こちらのお部屋では差し色にもやわらかいのグレーを使用されており、お部屋全体の明るさを損なわずより広く見えますね。お部屋の日当たりがよく、窓をふさがない家具配置もポイントです。

寝具と対角線に配置して空間にメリハリをつける

8畳のワンルームであれば、就寝スペースとくつろぎのスペースをしっかりと分けることも可能です。やはりここでも、家具の高さは重要。ロータイプのベッドとロータイプのソファで目線を下げ、部屋全体をすっきりと見せています。メリハリを持たせることで、クリスマスツリーなどの季節感のあるアイテムを、おしゃれに飾ることもできますね。

ワンルーム用ソファのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

トレンドを押さえ種類が豊富

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

LOWYAで販売されているソファは、韓国インテリア風などのトレンド感があり、形から機能まで様々なものが揃っています。他のメーカーに比べサイト内での類似商品が少なく、価格帯も豊富なことから20代から60代まで幅広い層に人気のブランド。実店舗がなく、実際に見て買うことはできませんが、商品の写真や写真ごとの解説などが充実しているのもポイントです。

ニトリ

低価格で高品質

ファミリー用の大型なものから、1人掛けソファまで揃うニトリ。同じ形や機能でも、素材やカラーが充実しているのも特徴です。また、ソファを含めた大型家具には5年から最長30年の品質保証がついており、スプリングや脚などの構造部品に関しては、経年劣化であっても無償の修理や交換の対象となる場合があります。ニトリの家具品質に対する自信を感じますね。

IKEA(イケア)

北欧生まれでおしゃれ

IKEAのソファの魅力は、なんといっても北欧デザインならではのシンプルな美しさです。インテリアコーディネートしやすいという点も人気のため、ライフスタイルをイメージしながらソファの購入ができます。低価格で手に入れやすいソファも多く、大学生や新社会人など、初めて一人暮らしをする方に特におすすめのブランドです。

Yogibo(ヨギボー)

安心のビーズソファ専門店

アメリカ生まれのビーズソファYogibo。ソファとしてはもちろん、様々な形のソファを組み合わせ、アレンジして使うことができるのが最大の特徴です。また、体へのフィット感はビーズソファならではの座り心地、一度座ったら立ち上がれないほどの快適性です。サイズによっては他メーカーに比べ価格が高い物もありますが、専門店ならではのリペアサービスなど、アフターフォローがしっかりしているため、安心して購入できます。

無印良品

暮らしに寄り添うラインナップ

無印良品のソファは、暮らしに寄り添うブランドらしいシンプルで無駄のないデザインと、インテリアに合わせて選べるカバーの豊富さが人気です。また、無印良品にはインテリアの相談というサービスがあり、暮らし方や間取りに合わせたソファ選びから配置方法まで、オンラインで相談することもできますよ。

おすすめ&人気のワンルーム用ソファランキング

狭い部屋におすすめのワンルーム用ソファ

LOWYA(ロウヤ)-1人掛けワイドソファ (21,990円)

天然木脚のファブリック素材
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

コンパクトでありながら、肉厚で存在感のあるソファです。ひじ掛けの幅が広く座り込みもたっぷり。せっかく1人掛けソファを選ぶのであれば、これぐらいワイドなタイプを選ぶのもいいですね。座面背面共に何層にも作りこまれており、ほどよい弾力と底付き感のない座り心地が魅力のソファとなっています。

場所を取らない1人掛けソファは、6畳以下の狭いワンルームにもおすすめです。こちらは天然木脚が付いたナチュラルテイストも人気のソファとなっていますが、より部屋を広く見せたいなど、用途に合わせて脚を取り外して使うことも可能。また標準の5倍以上の耐久性ということもあり、お気に入りのソファを長く愛用したい方にもおすすめです。

LOWYA(ロウヤ)-1人掛けリクライニングソファ (17,990円)

座面が広く深く座れるロータイプ
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

座椅子なのか、ソファなのか、そんな概念には捉われない。そんな謳い文句が印象的なこちらの1人掛けソファは、確かに今までにない珍しいタイプです。1番の特徴はその背もたれで、体格や用途に合わせ42段階ものギアで微調整しながらリクライニングできること。また座り心地だけでなく、立つときのスムーズさを考慮し設計された脚もポイントです。

ほかにないデザインということで、より新しいものが好きな方や、人とは違うおしゃれな部屋を目指す方にもおすすめのソファ。さらに座面が低く設計されていることや、リクライニング機能がついていることから、寒い時期にはこたつに合わせて使えるというメリットもありますよ。

ニトリ-2人用布張りソファ (18,590円)

ナチュラルテイストでコンパクト

商品説明にもワンルームにおすすめとある通り、座面幅が116㎝と非常にコンパクトな2人掛けソファです。天然木で作られたナチュラルテイストのフレームが、より圧迫感のないすっきりとした印象を与えます。また、お部屋のインテリアやコーディネートに合わせて、ファブリックだけでなくフレームのカラーを選ぶことができるのもポイントです。

同じワンルームでも、6畳以下のお部屋に2人掛けを置くのは迷いますよね。しかし、こちらのコンパクトソファであれば、狭いお部屋でもすっきりと配置できるサイズ感です。来客が多く1人掛けでは物足りないという方や、1人でもよりゆったりくつろいで座りたい方におすすめのソファです。

NOAN(ノアン)-2人掛けカウチソファ (9,990円)

肘掛もリクライニング

弾力のあるクッションが全面に広がる、ふかふかのソファです。こちらのソファの最大の特徴はリクライニング機能。背面からひじ掛けまで6段階のリクライニングが可能です。さらに肘掛はフルフラットにできるため、通常115㎝の座面幅を148㎝まで伸ばすことで、足を延ばしてくつろぐこともできますよ。

リクライニングの機能だけでなく、脚は取り外してフロアソファとしても使用できます。さらに、2人掛けソファで1万円を切る価格帯も魅力の一つです。インテリアにソファを迎えたいけれど、予算を抑えたいという学生さんにもおすすめ。リクライニング機能を十分に発揮するために、余裕を持った配置にしてくださいね。

IKEA(イケア)-SODERHAMN 1人掛けソファ (37,741円)

北欧のおしゃれなロータイプ

あらゆる分野で人気の北欧スタイル。IKEAはその中でも生活に取り入れやすく、シンプルなテイストで評判のブランドです。こちらのソファは1人掛けでありながら93㎝というワイドな座面幅と、深い座り込みでよりリラックスできる作り。柔らかな質感の布地に、ステンレスの脚というスタイリッシュないで立ちで、部屋の中で存在感のあふれるソファになるでしょう。

クッションがついていることで少しボリュームがあるように見えますが、背もたれの高さは40㎝とロータイプのソファです。北欧生まれならでわのおしゃれなデザインと、ゆったり座れるワイドな座面。さらに部屋が狭く見えるのも回避したいという、こだわりのワンルームを作りたい方におすすめのソファです。

多機能でおすすめのワンルーム用ソファ

LOWYA(ロウヤ)-カウチソファベッド (34,990円)

オットマン付きで変形自在
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

大型のイメージが強いソファベッド。しかし、こちらは肘掛けと背もたれが片方だけについた仕様となっており、従来のものよりすっきりしています。ソファの半分ほどから分離させて使うことができるため、オットマンとして使用したり、L字に置いたりと間取りに合わせて楽しむことができるのもポイントです。

コンパクトタイプがために座面幅は159㎝とソファベッドにしては短めですが、絶妙な高さの肘掛けを枕のように使用することも可能。また、ロータイプで部屋を広く見せることもできるという特徴がありますよ。しかしロータイプソファには珍しく、脚は長めにとってあります。掃除のしやすさにもこだわりたい方に、おすすめのソファです。

ニトリ-3wayベッドソファ (69,900円)

座るくつろぐ寝るのスライド式3way

一見ワンルームには大きすぎるような、ボリュームのあるデザイン。しかし、お部屋にこれさえあれば不自由なし、というほどの細やかな機能性が魅力です。ソファとベッドとしてだけでなく、コンセントポートのついた幅広の棚を利用することで、テレビやパソコンを配置することも可能。付属のクッションが大きめなのもうれしいポイントです。

他のソファベッドとの違いは、その座面の中にあります。ほとんどのソファベッドがソファとしてのクッション性をメインに考えられていますが、こちらは座面にポケットコイルを使用した寝ることに特化したソファベッド。より寝心地にこだわった多機能ソファをお探しの方に、おすすめのソファです。

アイリスプラザ-収納付きソファベッド (34,800円)

たっぷり収納でテーブル付き

ソファベッドは優秀な多機能ですが、掛布団の収納に困ることもありますよね。そんな問題も解決してくれるのが、こちらのソファベッドです。分離して使えるスツール、座面の下のスライド収納だけでなくひじ掛けにまでたっぷりと収納スペースが確保されています。また、ベッドとしてフルフラットになる背もたれですが、3段階の調節が可能で、お好みに合わせてリクライニングすることもできますよ。

ワンルームには少し大きめかと思われるサイズ感ですが、ソファやベッド、収納以外にも他のソファにはない便利な機能が付いています。それがソファ中央の背もたれを倒すと、テーブルとして使うことができるという点です。いろんな家具を買わずに、より多機能なソファを設置することで、お部屋をスッキリ見せたい方におすすめのソファです。

座り心地でおすすめのワンルーム用ソファ

LOWYA(ロウヤ)-4wayビーズソファ (19,990円)

パーツが分かれて使い方自由
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

3つのパーツをバラバラに組み合わせることができる、珍しいタイプのビーズソファ。ひじ掛けを付けたり、背もたれを外したりと、4way仕様となっています。ビーズソファーならではの、体を包み込むような座り心地と、狭い部屋でも用途に合わせて組み替えられる機能性が特徴のソファです。

背もたれやひじ掛けが付くという点に加え、他のメーカに比べ使用されているビーズが細かいこともポイント。一般的な約2から3mm粒に比べ、ひと粒が約1㎜と小さいので、座った時の圧力が分散され、粒がへたりにくくよりもっちりとした肌触りを実現しています。背を正した状態で深く座りたい、ゲームや読書をする方に特におすすめのソファです。

Yogibo(ヨギボー)-Yogibo Midi(ヨギボーミディ) (25,542円)

体に合わせて完全にフィット

快適すぎて動けなくなるというブランドコンセプトのビーズソファYogibo。用途やお部屋の間取りに合わせて、様々なサイズや形を選ぶことができます。中でもワンルームにおすすめなのが、こちらのYogibo Midi 。1人掛けソファとしてはもちろん、横にして2人掛けとして使用したり、子供であれば寝転んだりとコンパクトながら一つあれば大活躍のソファです。

サイズやカバーカラーの豊富さでも人気のYogiboですが、ほかのビーズソファにない一番の特徴はその耐久性。カバーの素材や縫い方は特殊なものが使用されており、外部からの刺激に強くなっています。さらにカバーは自宅で洗濯することも可能。犬や猫などの小動物を飼っている方に、特におすすめのソファです。

ニトリ-ビーズクッションソファ大 (6,990円)

マイクロビーズがしなやかな座り心地

大を含め、3種類のサイズを揃えたニトリのビーズソファ。ワンルームであってもソファとしてゆったりとくつろぐのであれば、大のサイズがおすすめです。0.3から0.5mmという極小サイズのマイクロビーズが、体の動きに合わせてフィット。専用のカバーを取り付ければ、しっかりピッタリの座り心地と、ふんわりゆったりの座り心地とを使い分けることも可能です。

ニトリのビーズソファはカバー別売りとなっていますが、ソファ本体と合わせても約9,000円から10,000円ほどで購入することができるのもポイント。また、ニトリでは補充用ビーズも販売されています。なるべく安価なビーズソファをお探しの方や、自分でメンテナンスをしながら、同じものを長く使いたい方におすすめのソファです。

無印良品-体にフィットするソファ (17,036円)

通称「人をダメにするソファ」

現在では、沈み込むような座り心地のビーズソファーを総称して、人をダメにするソファと呼ぶようになっていますが、その先駆けともいえるのが無印良品のソファです。お客様の声から生まれたソファで、微粒子ビーズがしっかりと体にフィット。また、縦置き横置きでその座り心地は変化し、お昼寝からデスクワークまで幅広く使用することが可能です。

別売りのソファカバーは、無印ならではの暮らしに寄り添うシンプルなデザイン。ニットやデニム生地など、他にないものをインテリアやお好みに合わせて選ぶことができます。さらに、ビーズソファ本体が劣化してへたりが気になる場合、ビーズそのものを補充するのでなく、クッション型のものを乗せて補います。長く愛用したいけれど、メンテナンスを面倒に感じる方にもおすすめのソファです。

まとめ

コンパクトなワンルーム用ソファがおすすめ

ワンルームにソファは必要か、迷っている方にはコンパクトなワンルーム用ソファがおすすめです。お部屋の広さに合わせたコンパクトタイプのソファなら、ワンルームでも圧迫感なく、くつろぎの空間を作ることができます。また、用途次第でソファベッドのような多機能ソファや、移動しやすい軽量のビーズソファを選ぶのも良いですね。今回はおすすめのワンルーム用ソファを、ランキング形式でご紹介しました。ぜひ、お部屋にあったソファを手に入れて、自分だけのリラックスできる場所を作ってくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*