おすすめのローバックソファ人気比較ランキング!【IKEAも】

ソファを購入する時、色々なタイプのソファがあって迷う方も多いでしょう。中でも背もたれ部分が高いハイバックと低いタイプのローバックソファのどちらを選べば良いかわからないですよね。そこで、今回はおすすめのローバックソファを紹介します。背もたれが低いタイプのローバックソファについて解説していますので、ソファを購入する際の参考にして下さいね。

ローバックソファとは

背もたれの高さが70cmから80cm程度のソファ

スタンダードなソファの背もたれの高さは70cmくらいのものが多いでしょう。ローバックソファは70cmよりも低いものを差します。しかし、ローバックソファとカテゴライズする明確な定義はなく、背もたれが低めのものをローバックソファと呼んでいます。通常のソファと同じく、対応人数やリクライニング機能など様々な特徴があるため目的に合ったローバックソファが選べるでしょう。

ローバックソファのメリット

体勢が崩れず正しい姿勢で座ることができる

通常のソファに長時間座っていると、疲れると感じる方もいるでしょう。なぜなら、座っている間に徐々に体勢が崩れ、ソファに身体が沈み込んでしまうからです。背もたれが高いとどうしても身体を必要以上に後ろへ倒してしまうのが原因です。ローバックソファなら背筋が伸びやすく、長時間座っていても正しい姿勢が保たれるでしょう。

サイズが大きくても視線を遮らず圧迫感を軽減できる

大型サイズのソファを置くと、部屋が窮屈な感じになってしまいます。しかし、ローバックソファなら背もたれが低い分、圧迫感を減らし空間を広く見せることができます。それは、部屋に入った時の視線を遮らない為、奥の景色まで見渡せ抜けができるからです。そのため、カウチソファのような大きめのソファでもリビングがすっきりした印象にできるでしょう。

横並び以外の配置ができるものもありリビングの形に合わせられる

ローバックソファは横並びで座る形状以外に、色々なパターンのものがあります。例えば数人で座るとなると横のサイズが必要です。しかし、リビングに置けないサイズになってしまうケースも出てくるでしょう。ローバックソファであればL字タイプやコの字タイプがあるので部屋の形に合わせて選べます。

ローバックソファのデメリット

身体全体でもたれることができない

ローバックソファは首を背もたれに置けないことから、首が疲れると思われる方も多いでしょう。確かに首を預けられないというデメリットはあります。首を預けたいと思ったらクッションを活用するか、アームレストを枕代わりにして横になるのがおすすめです。

体勢を変えにくいので疲れやすい

姿勢が固定されやすいローバックソファは、同じ姿勢が続くため疲れやすいというデメリットがあります。ハイバックであればリクライニングが自由にでき、疲れてきたら楽な姿勢を取ることが可能です。ローバックソファで体勢を変えたいなら、一部分だけでもハイバックになっているものがおすすめです。

ローバックソファの種類

脚付きタイプ

地面から腰まで高さがあるため立ち座りがしやすい

スタンダードなソファの形状で、背もたれの高さのみ短くなったタイプです。脚付きなので、立ち上がる動作や座る動作がスムーズにできます。また、脚付きのローバックソファは一般的なソファよりデザイン性に富んでいるのが特徴です。

座面が広く足が伸ばせたり、L字に配置できたりと選択肢が多く用途に合ったものが探しやすいといえるでしょう。クッションや枕と合わせてベッドとして活用することもできますよ。サイズが大きくなっても脚付きであれば、下に掃除機が入りやすく掃除がしやすいのもメリットです。

脚なしタイプ

フロアに直接設置するため持ち運びやすくどこでも置ける

脚がなく床の上にダイレクトに設置するタイプのローバックソファです。家具の高さが低くなるため、お部屋の空間に広がりが生まれます。椅子より床に座る方がリラックスできて落ち着くという方におすすめです。

脚がないため安定感があり、小さな子供がソファの上に乗った時に落ちるリスクは軽減できます。脚付きより一層、家具の高さが低く抑えられるため視線が遮られることなく部屋を広く見せることができますよ。和室で座椅子のような使い方も可能です。

ローバックソファの選び方

素材で選ぶ

重厚感のある雰囲気を演出するなら本革張り

本革はしっとりとした手触りと見た目の高級感が魅力です。革の種類や色合いによってもそれぞれ印象が異なり、使うほどに深みのある色に変化していきます。ある程度のお手入れは必要ですが、経年変化を楽しみ長く愛用するなら本革のローバックソファがおすすめです。

部屋に温かみを出し豊富なカラーバリエーションから選ぶなら布張り

布張りのローバックソファは、種類の豊富さがメリットです。好きなカラーや柄が選べるので思い通りのコーディネートが可能。また、カバータイプのソファなら、取り外して洗濯ができるので衛生的です。さらに、デザインに飽きたらカバーを取り換えるだけでイメージチェンジできるので経済的です。

手軽に皮の雰囲気を楽しむなら合成皮革張り

本革のソファにしたいけど、値段が高くて躊躇してしまう方におすすめなのが合成皮革です。本革よりリーズナブルで、メンテナンスも楽です。高級感は少し劣る部分はありますが、汚れがついてもお手入れがしやすいので小さな子供さんやペットを飼っている家庭に向いています。

機能で選ぶ

スマホや読書をするなら肘掛け付き

ソファやチェアにはアームレストがついているものとついていないものがあります。アームレストのメリットは、もたれかかったり肘を置いたりできる点。特に、読書をする方はアームレストがあれば本を持っている腕が疲れにくいですよ。スマホを操作する際も、アームレストのある方が疲れにくいでしょう。また、立ち上がる際にアームレストに手を置くことができ、立ち上がりやすいというメリットもあります。

長時間座るならオットマン付き

ローバックソファにはオットマンがセットになっているものがあります。オットマンとは足をのせてくつろげる家具で、ソファの一種です。そのため、ロータイプの椅子として単体でも使用できます。使わないときは壁際にツールとして設置するなど使い方は自由です。あらかじめ付属されていれば、デザインが統一されておりインテリアコーディネートも楽ちんですね。

インテリアに統一感を出すならクッション付き

ソファと組み合わせてクッションを購入することもあるでしょう。しかし、ソファとぴったりのクッションを探すのは難しいと感じることはありませんか。クッション付きのローバックソファなら、後からクッションを選ぶ必要はありません。クッションがあれば枕代わりにしたり、腰に当てて身体の負担を軽減したりと色々便利です。

時にはゆったり座るならヘッドレスト付き

ヘッドレスト付きのローバックソファは、身体を横にしてリラックスするのに最適です。特に、縦長のローバックソファは脚が伸ばせるのでヘッドレストがあれば、そのままお昼寝ができます。テレビを観る時も、ヘッドレストがあれば枕やクッションを別に準備する必要がありません。

使い方で選ぶ

リラックスしたいなら足が延ばせる座面が縦長のものを

ローバックソファの中には、一部分の座面が縦長になっているものがあります。多くはソファの端部分のサイズが長めになっており、設置するとコーナーソファのような配置になります。座って脚を伸ばすことができるのでリラックスしたい方におすすめです。また、小さな子供のお昼寝場所としても使えますよ。座面の長い部分は横に並んで座ることができるので、たくさんの来客があっても対応しやすいでしょう。

デイベッドとして使用するなら座面に奥行きがあるものを

一人暮らしの方は、ソファをベッド代わりにしている方もいるでしょう。ベッドとして使用するなら座面に奥行きがあるものがおすすめです。奥行きがあればあるほど寝るスペースの幅が広くなり、寝返りがしやすくなります。座面が狭くても背もたれがリクライニング式でフラットにできるものであれば、さらにデイベッドとして使いやすいでしょう。

ローバックソファのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

コーナータイプは3人でも広々

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

コーナータイプのローバックソファは、たくさんの人が一緒に使用することができます。レイアウトが自由にできるため、部屋の形に沿った配置が可能です。二人暮らしに便利なL字タイプのローバックソファは通常のソファよりも広々と使えます。

IKEA(イケア)

落ち着いたカラーでセンスの良い部屋にできる

北欧インテリアに馴染む淡いグレーやシックな落ち着いた空間にしてくれるブラックなどのローバックソファが人気のイケア。シンプルなデザインなのに、センスの良さが光ります。リビングのセンターに置くだけでおしゃれな部屋にできるでしょう。

ニトリ

コンパクトサイズで一人暮らしにぴったり

一人暮らしやカップルのお部屋に合うローバックソファがラインナップしています。狭いスペースにも置けるサイズで、ファブリックタイプならお値段もリーズナブル。フロアタイプなら圧迫感を抑え、狭い部屋でも広く見せてくれます。

モダンデコ

インテリアのアクセントになる高いデザイン性

スタイリッシュなデザインと落ち着いたカラーのローバックソファです。広々とした座面のものは、ベッド代わりになります。ベッドを置かなくて良いので部屋のスペースを有効利用できます。電動式のリクライニングタイプもあり、お部屋でくつろぎたい方におすすめです。

無印良品

シンプルで使いやすさが人気

実用的で無駄なものを省いたシンプルなデザインが人気の無印良品のローバックソファ。ウレタン部分やコイルなど好みの座り心地によって選ぶことができます。実店舗及び公式オンラインショップにて手に入れることができます。

おすすめ&人気の ローバックソファランキング

クッション付きでおすすめのローバックソファ

LOWYA(ロウヤ)-ファ2人掛け(26,990円)

同色のクッション2個付き
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

クッションが付属した二人掛けのローバックソファは、サイズがゆったりしていて並んで座っても窮屈さがありません。近すぎず、離れすぎない丁度良いサイズはカップルや新婚さんにおすすめです。ゆったり座れるのにデザインがシンプルなのでスマートなコーデが可能です。

背もたれはバネとベルトで身体をしっかり支えくれます。座面は沈み込みすぎない硬さと適度な弾力で身体が疲れにくいでしょう。繰り返しの耐久テストをパスしたローバックソファは、内部がしっかりしていて長く愛用できますよ。

バリファニ-カウチソファ 3人掛け(93,370円)

脚を外せばフロアタイプにもできる

L字型に配置できるローバックソファです。リビングに置けば家族みんなが一緒に寛げますね。背もたれはクッション性があり、羽毛のような肌触りで気持ちのよい感触です。座面はSバネとウレタンクッションで座り心地が抜群です。

カウチは左、右の配置が選べます。カウチとソファをセットすれば座面が広がり、足を伸ばしてリラックスができますよ。充分横になれる広さがあり、ちょっとしたお昼寝にも使えます。さらに、クッションが4個付属していてお得ですね。

GRAZIA-コーナーソファボーテ コーナー(37,990円)

自由なレイアウトで好みの配置にできる

好きなレイアウトが叶うローバックソファです。L字に配置してコーナースタイルにしたり、別々に独立させたセパレートスタイルにしたり自由な空間を作り上げることができます。脚がないタイプは大型サイズでも圧迫感を軽減できるでしょう。

アームレストは通常よりも幅が広く作られています。その上、フラットなデザインで大きめのタブレットを置いても安定感がありますよ。高さは低めで横になった時に枕として使えます。クッションも自由にレイアウトができ、模様替えが楽しみになるソファです。

カウチソファでおすすめのローバックソファ

IKEA(イケア)- ソーデルハムン3人掛け(94,800円)

カウチタイプで座面が広々

奥行きのある座面が特徴のローバックソファは、ゆったりくつろぎたい方におすすめです。付属の背もたれクッションは取り外し可能で、体勢に合わせて使用すれば快適度がアップするでしょう。やや弾力がある座面は長時間座っていても疲れにくいですよ。

綿とポリエステルのフィーンスタの布地は、素敵な折り目が印象的です。カバーは取り外して洗濯可能で、清潔感が保てますね。耐摩耗性試験にパスした布地はスレや破れに強く、日常的に酷使してもタフで長く愛用できるでしょう。

モダンデコ-リビングソファー(29,999円)

レイアウトの自由度の高さがメリット

カウチとセットのローバックソファです。カウチは自由にレイアウト可能で、ソファと横並びに置けば家族そろって映画やテレビを見ることができますよ。カウチをソファの前に設置すれば、座った時に足を伸ばすことができます。

テーブルを置いてソファとカウチをそれぞれ設置すると、独立した椅子として活用するアイデアも。アームレストが片側にあり、肘を置いてリラックスすることが可能です。座面の奥行きが50cmあるので、あぐらをかいて座ることもできますね。

モダンデコ-カフェ風ソファ(29,999円)

脚の取り外しができる

北欧スタイルのような優しいカラーが特徴です。丸みのあるフォルムは優しい雰囲気のお部屋にしてくれますよ。アームレストがなく、背もたれが低いのでお部屋を広く見せてくれるでしょう。背もたれのくるみボタンがアクセントです。

座面は約52cmと奥行きがあります。そのため、深く腰を掛けることができリラックスした体勢で座れますよ。脚は外せるので床に直接設置してもOK。既存のテーブルの高さに合わせて脚を調節すれば使い勝手が向上するでしょう。

おしゃれでおすすめのローバックソファ

ニトリ-リビングダイニング3人用ソファ(39,723円)

淡いカラーで北欧インテリアにもマッチ

奥行き58cmのスリムなローバックソファはクッションが2個付属しています。3人がゆったり座れるサイズなのに、スマートに配置できますよ。コンパクトなのでマンションのリビングに設置するとスペースを有効活用できます。

生地は厚手のポリエステル生地で肌触りが良いですよ。適度な弾力で長時間座っていても疲れにくいでしょう。ファブリックタイプのソファは温かみがあり、リビングの雰囲気を柔らかくしてくれます。脚は金属製で布との組み合わせがおしゃれですね。

関家具- ダイニングソファ(88,000円)

シックで重厚感のある大人のスタイルにおすすめ

スーパーレザーテックスの張地で作られたローバックソファです。見た目の高級感と落ち着きのあるデザインは、お部屋をセンスアップしてくれるでしょう。黒の鉄脚とのバランスが絶妙で、張地には2つのカラーが使われていておしゃれです。

二人掛けや三人掛け、片方のみのアームレストなど3タイプから選べますよ。アームレストは左右どちらについているかを選べるので、お部屋のコーディネートがしやすいでしょう。どのタイプもローバックで圧迫感がありません。

タンスのゲン-リビングソファ(39,999円)

便利なオットマン付き

ライフスタイルに合わせてレイアウトできるローバックソファです。2Pソファと1Pソファ、コーナーソファとオットマンの4つの組み合わせです。ロングカウチスタイルやダブルカウチスタイルなど自由度が高く好みのレイアウトが叶うでしょう。

ポケットコイルやウレタン、シリコンフィルなど9層構造による座面は、座り心地と耐久性を実現しています。一部分だけ凹むことがなく、点で身体を支えるため疲れにくい設計です。また、座った時の感触もソフトレザーで滑らかです。

アーネ-カウチソファー(82,500円)

奥行きがあり足をのせてもくつろげる

座面の奥行き約68cmと広々したローバックソファは、胡坐をかいたり正座をしたりできる大きさです。横のサイズもワイドタイプでゆったりしていますが、ローバックソファであるため視線を遮らず圧迫感を与えないでしょう。

張地は10色のカラーとストライプの計11パターンから選べます。ビロードのような温かみのある生地は、落ち着きと高級感をもたらしてくれますよ。同色のクッションやオットマンなどオプションで追加できるのも嬉しいですね。

まとめ

ライフスタイルに合わせたローバックソファがおすすめ

ローバックソファにはコンパクトで一人暮らしに向いているものから、大人数に対応したものまで様々です。レイアウトの仕方によって寛ぐ方法も異なり、多くの選択肢から選べます。そのため、誰とどのようにソファを使いたいかを考えて選ぶのがおすすめです。同じ時間に家族と過ごす、一人で身体を横にして過ごすなどライフスタイルに合わせてローバックソファを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*