おすすめの赤ちゃんがいる家庭向けソファランキング!【背もたれが低いものも】

ソファは、家族みんながリラックスする空間を作り出せる大型家具です。しかし、ソファの購入や撤去は手間がかかります。ソファから赤ちゃんが落ちてしまったらどうすればいいのか、ソファにうんちが漏れてしまったら掃除が大変では、という不安も出てくることでしょう。ここでは、赤ちゃんがいる家庭におすすめのソファを厳選して紹介します。赤ちゃんがいる家庭にソファを導入することのメリットやデメリット、使い方についても解説しますよ。この記事を参考に、家族でゆったり座れるソファを見つけてくださいね。

赤ちゃんがいる家庭向けソファとは?

赤ちゃんと一緒に安心して過ごせるソファ

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんの健康や安全を何よりも優先してソファを選ぶことが大切です。更に、赤ちゃんのお世話で毎日忙しい家族も含めて、皆でのんびりできるソファが望ましいですね。そのため、座面や背もたれが低いローソファやフロアソファ、カバーを外して洗えるカバーリングソファがおすすめです。

赤ちゃんがいる家庭向けソファのメリット

家族全員がリラックスできる

育児をしていると、何時間も立ちっぱなしだったり、歩きっぱなしだったりということがあります。体が疲れてくると、心も憂鬱な気分になってしまいますね。ソファがあれば、赤ちゃんが昼寝をしている間など、大人も休むことができます。充分に足を伸ばすだけでも、リラックスした気分になれるでしょう。

ソファにもたれかかりながら授乳や抱っこができる

普段、赤ちゃんはベビーベッドや布団などに寝かせていますよね。しかし、授乳する度に抱き上げ、また寝かせるとなると、大人にも負担がかかります。ソファがあれば、ママやパパも背もたれに寄りかかりながら授乳ができて、終われば抱っこをして一息つくことも可能です。

赤ちゃんがいる家庭向けソファのデメリット

赤ちゃんが転落や怪我をする可能性がある

大人よりも視点が低く、まだ自由に歩けない赤ちゃんは、時として予想外の行動を取ります。特に、赤ちゃんが自分の意思で動くようになると、大人が目を離した数秒の間に思いがけない距離を移動してしまうことも。赤ちゃんは頭の方が重いため、座面の高さが40cm程度のソファから落ちた場合、頭を最初に打ってしまう可能性も高くなります。そのため、座面が低い位置にあるソファを選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんのお漏らしなどで汚れてしまう

赤ちゃんは消化器の機能が未熟なので、吐き戻しや下痢をすることもあります。ソファが汚れたらすぐに掃除をしたい所ですが、赤ちゃんの機嫌や体調が悪ければ、後回しになってしまうことも。更に、カバーが外せないファブリック製ソファの場合、染み込んでしまうと消毒する手間が増えますよね。カバーが取り外せるソファを選び、替えのカバーも用意しておくと安心です。

赤ちゃんがいる家庭向けソファの選び方

赤ちゃんの発達別で選ぶ

赤ちゃんが寝返りを始める頃ならフロアソファ

フロアソファは、座面の高さが20cm以下のもので、最も床に近いタイプです。寝返りを始めた頃の赤ちゃんは、自分で体勢を変えることが面白いようで、移動をしたがります。ソファの端から遠い所へ赤ちゃんを寝かせていても、ほんの数秒で何度も寝転がり、ソファから転落してしまうことも。そのため、赤ちゃんが転落しても衝撃の少ないフロアソファがおすすめですよ。

赤ちゃんが歩き始める頃ならローソファ

赤ちゃんが立ち上がり、歩き始める頃であれば、座面の高さが30cm以下であるローソファをおすすめします。この時期の赤ちゃんは、何にでも手をかけて登ろうとするので、座面が高いソファだと、失敗して倒れてしまうこともあります。赤ちゃんの行動範囲が広くなる頃でもあるため、ソファに手足をぶつけないよう、丸みのある形状や、脚パーツが露出していないローソファを選びましょう。

素材で選ぶ

赤ちゃんの健康を守るなら低ホルムアルデヒドの素材

ホルムアルデヒドとは、医薬品や繊維などに幅広く使用されている化学物質で、シックハウス症候群の原因の一つ。シックハウス症候群にかかると、粘膜への刺激によりアレルギー症状が出たり、喉の痛みを感じたりするなどの症状が出ることがあります。赤ちゃんは大人に比べて化学物質を吸収しやすいため、ベビー服ではホルムアルデヒドの規制値が16μg/g以下と、低く定められています。しかし、ソファなどの家具は、ホルムアルデヒドの規制値が75μg/g以下となっており、ベビー服ほど低い値ではありません。低ホルムアルデヒドの素材を使用しているソファであれば、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えますね。

赤ちゃんの肌が心配ならリネンや綿などの天然由来素材

赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートで、乾燥したり傷がついたりすることがあります。また、大人よりも体温が高いため、本革や合皮などのソファでは、汗をかいてかぶれてしまう可能性も。リネンや綿などを使用した天然由来素材のソファを選ぶと、赤ちゃんの汗を吸い取り、手触りも滑らかで繊細な肌にも優しく、おすすめです。

カバーで選ぶ

赤ちゃんのうんちが漏れても洗えるファブリック製

赤ちゃんのうんちや吐いたものがソファに漏れてしまったら、すぐに洗剤を使用して洗うのが衛生的です。うんちには雑菌がある上に、赤ちゃんがウイルス性胃腸炎などにかかっていた場合は、ウイルスがソファに広がってしまう可能性があります。赤ちゃんのうんちが漏れることが心配な方は、丸洗いできるファブリック製のカバーリングソファを選ぶと良いでしょう。

飲み物をこぼしてもすぐに拭ける合皮製

赤ちゃんは、自分でコップが持てるようになると、一人で飲み物を飲みたがることも増えてきます。しかし、まだ手や指を満足に動かせなかったり、コップを傾けすぎたりして、飲み物をこぼすことは頻繁にありますよね。合皮製のソファの場合、水を弾く加工がされているので、飲み物をこぼしてもすぐに拭くことができます。ですが、アルコール除菌をすると、表面のコーティングが剥がれてしまうので注意しましょう。合皮製のソファのお手入れは、水で濡らしてから固く絞った布などで拭き、から拭きもしてください。

赤ちゃんがいる家庭向けソファのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

オンラインで種類豊富なデザインのソファを選べる

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

家具やインテリアのオンライン通販を行うブランド、LOWYA。赤ちゃんがいる家庭では、授乳用グッズやおむつを準備したり、汚れた時の着替えを用意したりするなど、外出にも手間がかかりますよね。インターネットで大型の家具を選べるLOWYAは、気軽に出かけられない子育て中の家庭に嬉しいブランドです。また、今時の流行に合わせたデザインを、コストパフォーマンスを優先して製作しているため、様々なスタイルのソファを選びたい人におすすめですよ。

ニトリ

様々な年代のニーズに対応した家具メーカー

オンライン通販と実店舗の両方を運営するニトリは、使いやすくシンプルな家具を中心に販売しています。ソファをはじめとした大型家具だけでなく、食器やベビー用品なども取り揃えており、インテリア雑貨の種類が豊富です。ニトリでは、ソファを中心とした部屋のトータルコーディネートもリーズナブルに実現できますよ。

ベルメゾン

ディズニーキャラクターとコラボレーションしたソファが魅力的

コンパクトなものからビッグサイズまで、幅広い種類のソファをオンラインやカタログにて販売しているベルメゾン。特に、ディズニーキャラクターをイメージした2wayソファは、ロータイプに変えることもできて人気のあるデザインです。ディズニーが好きな大人も赤ちゃんも、楽しく過ごすことができますね。

モダンデコ

どんな部屋にもマッチしたソファがリーズナブルに選べる

自社管理工場で作られたモダンデコのソファは、ブランド名の通り、モダンなデザインを追求しています。フロアソファの取り扱いも多く、値段は13,000円台からで、色の種類も豊富。赤ちゃんのいる家庭は、何かと出費が多くなってしまうもの。リーズナブルにソファを探したいパパやママにおすすめです。

セルタン

こだわりの日本製ソファを選びたい人におすすめ

日本の老舗ソファメーカーであるセルタンは、自社ブランドの和楽シリーズを中心に、ゆったりくつろげるソファを販売しています。ソファは神奈川県厚木市の工場で、注文を受けてから作られています。へたりに強い製法で作られたソファのため、赤ちゃんが大きくなっても使える安心感がありますね。

おすすめ&人気の赤ちゃんがいる家庭向けソファランキング

大人も足を伸ばして赤ちゃんと過ごせるソファ

LOWYA-コーナーローソファ(59,990円)

好きなようにアレンジできる低めのソファ
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

座面の高さが15cmと低いため、赤ちゃんに優しいタイプのソファです。肘なしチェアのうち一点は、背もたれの部分を手前に倒してテーブルとしても使えます。大人だけの時に、テーブルを出して気分を変えることもできますよ。

コーナー部分の背もたれは24cmと低く、ゆるやかなカーブになっています。また、各パーツを移動できるため、左右の向きや見た目を大きく変えることもできますよ。ソファを一番広くセットした場合、内寸は約220cmとワイドな幅になります。大人も余裕をもって寝転ぶことが可能です。

モダンデコ-frau フロアソファ(19,999円)

こたつも囲める背もたれの低いフロアソファ

こちらのフロアソファは、背もたれの高さがすべて34cmとなっており、奥行きは28cm。大人の腰も支えてくれる、しっかりとした作りです。背もたれを壁につけておけば、赤ちゃんがつたい歩きをしても安心ですね。

座面の高さは8cmですが、高さ9cmのクッションが付属しているため、二種類の高さで使うことができます。背もたれの部分を後ろに倒して、ベッドとして使うことも可能です。部屋の角に合わせて配置したり、こたつの周りに配置したりと、季節に合わせて模様替えをしやすく、部屋のレイアウトを時々変えたいという方におすすめですよ。

ニトリ-ノーザン3 コーナーフロアソファ(35,546円)

ソファ同士を固定できる布張りフロアソファ

階段のような形の背もたれが特徴的なフロアソファです。コーナー部分と二人用ソファ、一人用ソファと、三分割できるセットですが、それぞれにマジックテープがついているため、使用中にずれる心配がありません。夏はテーブルに合わせて、冬はこたつに合わせて利用できます。

また、このソファは、背もたれを後ろに倒して、リクライニングの座椅子としても使えます。赤ちゃんがソファから離れている時であれば、大人も横になることができますよ。背もたれは壁にしっかりつけておけば安定するため、つかまり立ちをしたい赤ちゃんがいても大丈夫です。

アキレス-洗えるラグ付きコーナーソファセット(34,900円)

ソファとマットが一体化したフロアソファ

コーナー部分に背もたれがあり、広いマットの上で足をくつろげるデザインが特徴的なフロアソファです。座面は4cmで、マットの上にはラグがあり、マジックテープで固定できます。ラグは洗濯機で丸洗いできるので、衛生面でも安心ですよ。

一つのコーナー部分に背もたれがあるL型と、二隅を背もたれで囲むU型があるので、お住まいの部屋に合わせて選ぶことができます。マットの上に直接テーブルやこたつを置けるため、冬は熱が逃げずにゆったり過ごせます。赤ちゃんの遊び場としても大活躍しそうですね。

省スペースでおすすめの赤ちゃんと過ごせるソファ

LOWYA-あぐらもかけるフロアソファ(24,990円)

ふかふかの座り心地を堪能できる二人掛けソファ
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

こちらの二人掛けフロアソファは幅が144cmあり、大人が二人で座っても余裕があります。ソファ全体がボリュームのある作りとなっており、すっぽり包まれるような安心感が生まれますよ。赤ちゃんの授乳時や、赤ちゃんをあやしながら座るのにおすすめのソファです。

また、背面には42段階のリクライニング機能がついているため、赤ちゃんがお昼寝をしている間、大人もこのソファで休むことができます。リクライニングは1回下まで降ろす必要のないタイプで、手間もかかりません。上質なベッドやソファに使われるポケットコイルを座面に64個使用しているので、へたりに強いのも安心ですね。

タンスのゲン-3wayコンパクトソファベッド(11,999円)

ローソファからカウチタイプにもなるソファベッド

コンパクトな作りながら、座面部分の幅が最大113cmで、高さは8cmとなるフロアソファです。大人でも足をゆったり伸ばせますね。また、座面の高さは、折りたたんでローソファとする場合でも約18cmなので、赤ちゃんも安心して利用できます。

背もたれは68cmと高くなっていますが、その分大人もゆったりと座れます。また、背もたれはリクライニング機能で180度まで倒すことができるので、ベッドとしても使えますよ。長方形のクッションが2個付属しているため、背もたれを倒した際には枕代わりになります。

ベルメゾン-組み合わせて使えるローソファ(19,390円)

ローテーブルと合わせやすく固めのソファ

こちらは座面の高さが16cmで、木枠構造のしっかりとしたソファです。座面の中材はウレタンフォームで、柔らかさは少なめとなります。そのため、赤ちゃんがソファで昼寝をする時などに、顔がふかふかの座面に埋もれてしまうといった心配はありません。

背もたれは横から見るとゆったりとした台形になっており、腰に負担がかからないデザインです。長時間座っても疲れにくく、安定してリラックスできるでしょう。連結用のクッションも付属していて、部屋のスタイルに合わせて自由に置き場所を変えることができます。

grazia-LIVRE 折りたたみソファベッド(20,990円)

コンパクトでかわいいスタイルのローソファ

一見すると小型のソファですが、こちらは三方をアームで包まれたベッドにもなる3wayスタイルのローソファです。ソファとして使用した時の座面の高さは29cmですが、ベッドにした時の座面の高さは13cm。ベッドスタイルは、赤ちゃんと一緒に遊んだり、お昼寝をしたりする場所として最適ですよ。

また、二人掛けとしても余裕のある作りとなっており、ソファの幅は内寸98cmで、背もたれの高さは40cmです。赤ちゃんが大きくなったら、子ども用のソファとしても使えますね。夏は涼しく、冬は暖かい質感のファブリック素材のため、一年を通して快適に利用したい人におすすめです。

モダンデコ-Nave コンパクトフロアソファ(36,999円)

背もたれと肘掛けが低くて安心のフロアソファ

座面の幅は約146cmとワイドで、大人三人でも座れます。座面の高さも18cmで、肘掛けの高さは23cm。背もたれにあるクッション付きの状態でも、ソファの高さは45cmです。クッションを取り外すと、ソファの高さが30cmになり、更にロースタイルへとイメージチェンジすることも可能です。

また、内部の木製フレームはラバーウッドというゴムの木を加工したもの。こちらの木材は手触りも滑らかです。ラバーウッドを更にベニヤなどで補強しているため、耐荷重は約200kgで、大人二人と赤ちゃんが座ってもしっかり支えてくれます。

汚れても掃除ができて赤ちゃんと過ごせるソファ

SOFA STYLE-カバーリングソファベッド(32,846円)

10色から選べるカバー付きリクライニングソファ

ソファからカウチ、カウチからベッドへと変形できるこちらのソファは、すべてのカバーを外すことができます。カバーは洗濯機で丸洗いができ、カバーのみ別売りもしているので、汚れた時のために買っておくと安心ですね。季節によってカバーの色を変えると、部屋の雰囲気もがらりと変わることでしょう。

ソファには、奥行き23cm、幅112cmのクッションが付属しています。このクッションは、オットマンとしても枕としても使え、ファスナーを使ってソファ本体に固定することもできますよ。ソファをベッドとして使う場合のサイズは奥行き177cm、幅112cmとなるため、少し横になって休みたい時にも便利です。

セルタン-JOUIR カバーリングフロアマット付きソファ(24,990円)

座面がソファにもプレイマットにもなるソファ

座面のマットを折り紙のようにたたむことで、ソファとしても使えるカバーリングタイプのソファです。マットの状態では座面の高さが3cmで、中身はオールウレタンのため、硬い部分はありません。マットの上で赤ちゃんが転んでしまっても、衝撃を吸収するので安心ですね。

マットを折りたたんでソファとして使うと、座面の長さが150cmとなり、大人でもゆったり座れる大きさ。背もたれの高さは35cmで、つかまり立ちをしたい赤ちゃんにも高すぎず、安心です。カバーはインテリアに馴染みやすい色が中心となっており、リビングにプレイマットを敷きたくない人におすすめです。

EC FURNITURE-SAINT LOUIS ファブリックソファ(79,800円)

天然素材を使用したモダンなローソファ

コットンとリネン、デニム生地の三種類を取り揃えたローソファです。座面のクッションと背もたれに置くクッションのカバーは取り外すことができ、ドライクリーニングが可能ですよ。天然素材の生地は、経年劣化とともに部屋やインテリアに馴染んでいく様子を楽しめます。

ソファと床の間は12cm空いており、一般的なお掃除ロボットが入ります。天然木を使用した脚は丸く加工されているので、赤ちゃんが脚の角で怪我をする心配もありません。赤ちゃんがいても脚のあるおしゃれなソファが欲しいという方におすすめです。

セルタン-和楽 ローコーナーソファ(19,990円)

機能性が高くカバーを外せるローソファ

ソファメーカーであるセルタンが、改良を重ねて作り上げたソファです。中身はウレタンを粉砕して圧をかけ、成型するという技術で作られており、へたりに強い仕様となっています。座面が5cmと低いので、赤ちゃんがソファから転落しないか不安な方におすすめですよ。大人が座った場合は目線が低くなるため、赤ちゃんの目線に合わせて一緒に遊ぶこともできます。

ソファカバーは一人掛けタイプとコーナータイプ、二人掛けタイプの三点に分かれています。ソファの一部が汚れた場合でも、カバーをすべて取り外す必要はありません。その日の気分に合わせて好きなように配置換えできるのも、機能性が高いポイントです。

赤ちゃんのソファ対策

ソファの近くにマットを敷く

赤ちゃんは、思いがけない行動をするものです。ソファにおすわりをさせていたら、急にハイハイを始めたり、バランスを崩したりして、転落する可能性があります。赤ちゃんが床に落ちると、怪我をしてしまうことも。赤ちゃんのソファからの転落を防止するためには、ソファの周囲に衝撃を吸収するマットを敷いておきましょう。

ソファの背もたれを壁につける

つかまり立ちを始めた頃の赤ちゃんは、ソファの背もたれにつかまって立ち上がり、乗り越えようとすることがあります。背もたれの後ろに空間があった場合、その隙間に赤ちゃんが落ちてしまうと大変です。ソファの背もたれは壁にしっかりとつけ、赤ちゃんの転落を防止しましょう。

まとめ

赤ちゃんの安全を第一に考えたソファがおすすめ

赤ちゃんがいる家庭では、日常生活のほぼすべてが赤ちゃん中心となります。毎日のお世話や家事に追われて、体力に自信がある大人でさえ、疲れてしまうこともあるでしょう。この記事では、赤ちゃんのいる家庭で、大人も赤ちゃんもリラックスできるソファを紹介しました。ソファを組み立てたり、移動したりする際には、赤ちゃんが周りにいないかどうかを確認してから行ってください。大型家具のソファは取り扱いに手間がかかる反面、家族みんなでゆったりくつろげる場所として活躍します。ぜひ、お部屋や家族の雰囲気に合うソファを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*