おすすめのリビングソファー人気比較ランキング!【L字型も】

よく過ごすリビングにソファーを置くかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。素敵なリビングソファーがあればくつろぎ時間が快適になるだけでなく、インテリアがワンランクアップしますよ。今回はおすすめのリビングソファーをランキング形式で紹介します。選び方のコツについても解説していきますので、購入する際の判断材料にしてくださいね。

リビングソファーとは

リビングでくつろぐなど団らんの際に便利なソファー

テレビを見たりお茶をしたりするときには、疲れにくい体勢でくつろぎたいですよね。リビングソファーがあれば背もたれがありゆったりと寄りかかれるので、リラックスした状態で過ごせます。形状も1人用のものから、家族数人で使えるものまでさまざま。大きめサイズを購入して寝転ぶのもおすすめです。

リビングソファーのメリット

来客時の対応スペースとして利用できる

複数人座れるリビングソファーがあると、来客時にわざわざ座るものを用意しなくていいのが楽なところ。とくに一人ずつのリビングソファーやセパレートできるものなら好きな位置に移動できるので、何人かで座っても近すぎないのがいいところ。お客様にも気兼ねなく使ってもらうことができますよ。

食事を取るときの食卓椅子として兼用できる

部屋数が少ない家の場合、リビングと食事を取るスペースが同じということも多いですよね。食事のときにも使いやすい形状のリビングソファーがあれば、そのまま兼用できるところが便利。わざわざ複数家具を買わなくても済むので経済的ですね。

座ったり立ったりが比較的楽にできる

座卓のスタイルもよいですが、腰が痛いと座ったり立ったりするだけでもつらいということも多いのではないでしょうか。リビングソファーなら大きく動くことなく腰掛けられて、立ち上がりも比較的楽にできますよ。背もたれに背中を預けられるため、長時間座っても負担が少ないのもよいところです。

リビングソファーのデメリット

大きいので場所を取る

大きめの家具が入ると、途端に部屋が狭くなったように感じる場合も多いですよね。大きいリビングソファーは圧迫感があり、できれば置きたくないと思う方も多いでしょう。コンパクトサイズを選ぶか、小さめの1人用を複数置くなどすると狭さを感じづらくなりますよ。

引っ越しや買い替えの際出し入れに手間が掛かる

大きいリビングソファーは購入した後、家の中へ搬入するのに一苦労。一戸建てなら基本的に窓から運び込めますが、高層階に住んでいる場合難しいこともあります。重量があると買い替えのほか、模様替えも簡単にできませんよね。使う家に合わせてなるべく軽量なものや、セパレートできるものを選ぶのがおすすめです。

掃除の際に邪魔になる場合がある

リビングソファーを置くと、掃除機がかけにくい場合もあるのが大変なところ。掃除のたびに動かすのも面倒ですよね。移動の際によけて通らなければならないことがストレスになる可能性もあるので、形状は慎重に選ぶようにしましょう。脚にキャスターが付いて楽に移動できるものや、高めの足つきを選ぶと掃除も比較的楽ですよ。

リビングソファーの種類

1人用タイプ

1人分の専用席として気兼ねなく使える

1人分サイズでゆったりと使えるリビングソファーです。専用席として他の人のスペースを気にすることなく座れるのが嬉しいところ。手前に足を伸ばせるフットレストが付いているものを選べば、少し贅沢な気分を味わえますね。

コンパクトサイズなら比較的省スペースで収まるので、一人暮らしや小さめの部屋にもおすすめ。3、4人の家族なら人数分用意して並べても邪魔になりにくいですよ。お客様が来たときにも使いやすい形のリビングソファーです。

複数人用タイプ

家族で使えるほか寝転ぶことも可能

複数人が並んで座れるタイプのリビングソファーです。大きめサイズなので1人で贅沢使いしたり、軽く寝転んだりすることも可能。もちろん家族向けとしてもおすすめのサイズで、リビングで過ごす時間が増えそうですね。

夫婦やカップル向けには、2人掛けまたは少し余裕がある2.5人掛けサイズなどがありますよ。とくに大きいものなら3人掛け以上もあるので、家族の人数に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。カウチソファーがセットになっているリビングソファーや分割できるものも多いため、使い方に合わせて選んでみてくださいね。

リビングソファーの選び方

表面の素材で選ぶ

布製なら座ったときに馴染みやすく選べる種類も豊富

布製のリビングソファーは体に触れたときにやわらかく、夏場も肌に張り付く感覚がないので快適に使えます。布の種類や色味もバリエーション豊富なので、部屋のテイストや好みに合わせることが可能ですよ。一方でゴミが付着したり飲み物をこぼしたりした際に掃除がしにくいのがデメリット。カバーを取り外し可能なリビングソファーを選べば汚れても取り換えられるほか、気分によってデザイン違いを使い分けられます。

合皮製なら手入れがしやすく本革に比べてリーズナブル

合皮のリビングソファーはお手入れ簡単で、日常の掃除が楽に済むのが助かるところ。軽い汚れのほか、水をこぼしてしまってもすぐに拭き取れば大丈夫です。カラーバリエーションも多めで、本革よりもリーズナブルに購入できますよ。経年劣化により革がひび割れてはがれてくるので、数年で買い替えていろいろなリビングソファーを楽しみたい方におすすめです。

本革なら高級感があり手入れ次第で長く使える

本革のリビングソファーは高級感があり、経年によってさらに味わいが出るのが素敵なところ。存在感があるので、置くだけで部屋のインテリアがワンランクアップしたような印象になりますね。ホコリもさっと払えてダニも付きにくいため、掃除も楽ですよ。値段が高めなのがデメリットですが、お手入れ次第で長く使い続けられます。

座り心地で選ぶ

Sバネ使用なら場所により感触が変わるが基本的に硬めの座り心地

SバネとはS字の形状をした金具のことです。複数を波状に連結して使用するので、ウェービングスプリングやスネークスプリングと呼ばれることも。バネの張り方の都合上、ソファーの端と中央部とで座り心地が違ってきますが、全体的に硬めのことが多いのが特徴です。適度な硬さがあると体が沈み込み過ぎないので、姿勢よく座れて立ち上がりも楽なのがメリット。

コイルスプリング使用ならクッション性が高く均一な座り心地

コイルスプリングとは金具を渦巻き状にしたバネのことです。円周の大きさに変化を付けて巻かれており、座ったときに適度な弾力があるのが特徴。複数連結し横並びにして使われるので、どこに座っても大体同じ座り心地になります。コイルスプリングの巻き方で柔らかさや硬さは大きく異なってくるので、選ぶ際にはその点も確認しておくと安心ですね。

ポケットコイル使用なら包まれるような感覚で長時間座っても疲れにくい

ポケットコイルとはらせん状に巻かれた金属のバネを、一つずつ袋に包んだものです。複数を均等に並べて使用するので点で体を支える形になり、包み込まれるような感覚を味わえますよ。体の重みが分散されるため疲れにくいのもよいところ。ベッドのマットレスにも使用されているスプリング構造でやや高価な場合が多いですが、体にフィットしやすいリビングソファーを探している方にはとくにおすすめです。

ウェービングベルト使用なら柔らかめで体へのあたりがやさしい

ウェービングベルトとはゴムが編み込まれた伸縮する布製ベルトのことです。数本を互い違いにし、格子状になるように取り付けて体を支えるのが特徴。金属ではなく布を使用しているため座り心地は柔らかめですよ。他のスプリングでありがちな金具があたる感覚や軋む音もありません。コストがかからないため比較的リーズナブルなのがメリットですが、使っているうちにゴムが伸びきってしまう可能性も。ただ耐久性が低いわけではないので、全体的にコストパフォーマンスは高めと言えます。

形状で選ぶ

L字型ならコーナーに合わせて置けて省スペースで収まる

リビングソファーを置くときに気になるのがスペースですよね。L字型は部屋の角に合わせて置けるので、比較的邪魔にならずにおけるのがメリット。横に長いリビングソファーに比べて省スペースで収まるので、小さめの部屋にも置きやすいですよ。さらにL字型は足が伸ばせる形状なので、コンパクトでも狭さを感じることなくゆったりとくつろげます。

ベッドに変形できるものなら泊り客が来る際にも便利

簡易ベッドとして変形できるリビングソファーは、急な泊り客が来た際にも便利。背もたれが倒れるリクライニング式や、座面を広げて使うものなどいろいろあるので、使いやすい形状を選んでみてくださいね。マットレスとして横になるほかちょっとしたお昼寝のときなどにも利用でき、寝転んでリラックスした時間を過ごせますよ。

ロータイプならこたつと合わせて使うことが可能

冬場は足元が冷えるので、温かいこたつを使えたら助かりますよね。ロータイプのリビングソファーは床との距離が近く、こたつをそのまま使えるのが便利なところ。今まで使っていたものを買い替える手間やコストも省けます。さらにロータイプは位置が低めで圧迫感が少なく、部屋も広々とした印象を保てるのがメリット。小さいお子さんやペットも昇り降りがしやすいので、家族みんながソファーで団らんできますね。

付属の機能で選ぶ

収納が内蔵されているものなら目隠し付き片付けスペースとして利用できる

座面の内部が収納スペースになっているリビングソファーは、いろいろなものをしまっておけるのがメリット。急な来客時に散らかったものを片付けることもできます。下部が引き出しになっているリビングソファーのほか、座面を上げると大きめの収納スペースになっているものも。形状によっては頻繁に開け閉めできないのがデメリットですが、シーズンオフの品など普段使わないものをしまっておくのにもおすすめですよ。

キャスター付きなら掃除や模様替えの際に楽に動かせる

足に転がせるキャスターが付いたリビングソファーは簡単に移動できるのがよいところ。大きいソファーがあると掃除機がかけづらいことも多いですが、キャスター付きならささっと動かせるので楽に通行でき、下に溜まったゴミも取りやすいですよ。重いリビングソファーでもすぐに位置を変えられるので、力の弱い方でも模様替えができますね。

リビングソファーのレイアウト実例

アクセントになる色味を選べばコンパクトサイズでも印象的に

リビングソファーを選ぶうえで色味は重要なポイント。コンパクトサイズのリビングソファーは置いても圧迫感がないので、あえて部屋にあるものとは違う色に挑戦してみるのもおすすめです。深めのモスグリーンやボルドーなど落ち着いたものを選べば、悪目立ちせずにセンスよく見えますよ。

重厚感のあるふっくらとしたソファーでインテリアにアクセントを

大きめのボリューム感があるリビングソファーは座り心地抜群。柔らかめの色味を選べば馴染みやすく、インテリアのよいアクセントになります。圧迫感が気になる場合は、脚が低めのロータイプや背もたれが低めのものを選んでみてくださいね。

座面が大きめのソファーならリラックス感アップ

座面が広く取られたリビングソファーは足を伸ばせて楽なほか、軽く横になるときもゆったり寝転べます。リビングのくつろぎスペースとしてぴったりですよ。広々とスペースを使えるので1人時間はもちろん、家族みんなでものんびり過ごせますね。

壁やラグと同系色で揃えてすっきりと

壁やラグと同系色のリビングソファーを選ぶと、大きめサイズでも圧迫感が和らぎます。とくにアイボリーやベージュなどのナチュラルカラーや、淡いパステルカラーなど色味が強すぎないものがおすすめ。代わりにクッションを柄物にしたり、差し色を選んだりするとさりげないアクセントになりますよ。

リビングソファーのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

バリエーション豊富で好みに合わせられる

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

形状、サイズともに幅広い種類が揃っているブランドです。大きめの形状もバリエーションが多く、家族の人数が多めの場合にも選びやすいのが嬉しいところ。ヴィンテージ風やかわいらしいデザインもあり、好みに合わせられますよ。

IKEA(イケア)

洗練された高級感ある雰囲気が魅力的

シンプルで高級感あるリビングソファーを提供しているメーカー。素材は本革や合皮、布製など一通り揃っており、それぞれ違った雰囲気や感触を味わえます。カラーまで洗練されたリビングソファーはインテリアのさりげないアクセントになりますね。

ニトリ

多種多様なデザインが楽しい

さまざまなライフスタイルに合わせたリビングソファーを取り揃えているメーカーです。スタンダードな形状はもちろんのこと、カジュアルで遊び心があるものや電動で操作できる本格派までいろいろ。多種多様なデザインでつい目移りしてしまいますよ。

無印良品

シンプルなデザインで幅広い年代におすすめ

ナチュラルな風合いが印象的なリビングソファーを展開しているメーカーです。話題になった体にフィットするソファなど、シンプルながらも使用する側のことをよく考えられたデザインが多いのが特徴。素材にもこだわりを感じられ、幅広い年代の方におすすめです。

おすすめ&人気のリビングソファーランキング

おしゃれでおすすめのリビングソファー

LOWYA-ローソファー (19,990円)

見た目はもちろん機能性も抜群
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

脚がないロータイプのリビングソファーです。コンパクトな2人掛け用で、ひじ掛け部分もクッションになっているためゆったり座れますね。中にはウレタンがたっぷり詰まっており柔らかい座り心地で、ふんわりとした感触が気持ちいいですよ。

リクライニング式ですが、背もたれを全部倒さなくても角度を調整できるスピードロックを採用。ギア数も42段あるので細やかな調整が可能です。しっとりしたソフト生地やカジュアルなデニムなど、素材は全4種類。お好みのものを選んでみてくださいね。

Yogibo -Yogibo Max 特大Lサイズ (32,780円)

スポーティなデザインと豊富なカラー展開が魅力的

人をダメにするソファーとしてベストセラーになった、アメリカ生まれのリビングソファーです。大きめのビーズクッションで、使う体勢に合わせて形を自在に変えられるのが面白いところ。使わないときはそのまま置いておいても様になりますが、邪魔な場合は壁に立てかけておくと掃除もしやすいですよ。

Maxはシリーズの中では2番目に大きいサイズで、フラットな状態にすると大人の2人掛けで余裕があるくらいの大きさに。柔らかい素材で、小さいお子さんやペットも安心して使用できますね。スポーティなデザインと豊富なカラー展開が楽しく、見ているだけで元気になれそうなリビングソファーです。

アイリスプラザ-2人掛けソファ Liam (17,980円)

部屋の雰囲気がガラリと変わるレトロさが一押し

アンティーク家具のような雰囲気がたまらないリビングソファーです。フレームや脚には天然木が使用されており、シンプルながらもさりげないアクセントになっているのが素敵なところ。横幅135cmとコンパクトな設計で、大人2人が座ってちょうどよいくらいのサイズ感です。

座面の素材はレトロな印象の合皮と、ナチュラルで馴染みやすい布地の2種類から選べますよ。同じデザインで1人掛け用と3人掛け用もあるので、シリーズで組み合わせて使うのもおすすめ。リーズナブルなのに高級感があり、置くだけで部屋がランクアップしたような気分になれます。

1人掛けでおすすめのリビングソファー

タンスのゲン-3wayコーデュロイソファー (11,800円)

コンパクトながらも使い勝手よし

通常のソファーのほか、足を伸ばせるカウチや簡易ベッドとしても使える3wayが嬉しいリビングソファーです。くつろぐスタイルに合わせていろいろ形を変えられるほか、泊り客が来たときにも便利ですね。少し大きめの1人用で1人暮らしの部屋にも置きやすいサイズ感。

背もたれは14段階で調整できるのでテレビや読書など、その時々にぴったりの角度にできますよ。コーデュロイ生地で手触りがよいだけでなく、さりげなく存在感がある印象に。同色のクッションが2つ付属しており、ひじ掛けや枕として使えます。

無印良品-体にフィットするソファ (10,980円)

沈み込むような感覚で使い心地抜群

大きめなクッション型の1人掛け用リビングソファーです。中に微粒子ビーズが詰まっており体に合わせて形を変えられるので、深く沈み込むようなフィット感を味わえますよ。カバーは取り外して選択できるので衛生的ですね。

腰掛けるのはもちろんのこと、背もたれとして使用したり、別のリビングソファー使用時に足を乗せるオットマンとして活用したりすることも可能。素材は伸びる面と伸びない面とで2種類が使い分けられています。シックで落ち着いた色が多いため、いろいろなインテリアに合わせやすいですよ。

タマリビング-NOAH ACTIVE リクライニングソファー (32,800円)

1人暮らしの部屋に嬉しい機能いろいろ

幅108cmと省スペースで収まるサイズが便利な1人掛け用リビングソファーです。後ろの足が360度回転するキャスターになっており、力がない方でも楽に動かせますよ。6段階リクライニングタイプで、カウチやベッドとしても使用可能。

シングル布団が上に敷けるサイズなので、1人暮らしの部屋にぴったりですね。座面の下は15 cmほどの高さがあり、収納スペースとして小さめのケースなどを置けるのもよいところ。脚にはブラックのスチールが使われていて大人っぽい印象なので、幅広い年代の方におすすめです。

3人掛けでおすすめのリビングソファー

インテリアのゲキカグ-ソファーベッド (49,980円)

便利な引き出しやテーブル付きでくつろぎ時間を最適に

背もたれをリクライニングすると簡易ベッドにもなる3人掛け用リビングソファーです。付属のスツールはジョイント式で簡単に位置を変えられるほか、取り外せばオットマンや1人用の椅子としても使えますよ。ひじ掛け部分は左右どちらでも取り付け可能なので、部屋のレイアウトに合わせて配置できます。

座面下はスライドレール付きの引き出しになっており、ブランケットや雑誌をしまっておくのに便利。中央の背もたれを手前に倒すと簡易テーブルが現れ、手元に飲み物を置いてゆったり過ごせますね。ふっくらしたソファー部分と木目調の組み合わせが素敵な、インテリアのアクセントにもなるリビングソファーです。

タンスのゲン-3人掛け ローソファー (13,999円)

ソファーと座卓の良さを両立

座面の高さわずか8cmのロータイプが使いやすいリビングソファーです。小さいお子さんやペットも簡単に座れて、高いところから落下する心配もないので安心。背もたれはリクライニングも可能ですよ。全体的に低めな設計で置いても圧迫感がないのが嬉しいところ。

3点セットなので横並びにして広々と使ったり、L字型で部屋の角に合わせたりとさまざまなレイアウトにできます。すべて分ければ小さめの座卓のように使えて来客時にも便利。こたつやローテーブルと一緒のスタイルもおすすめですよ。

高級でおすすめのリビングソファー

IKEA- STOCKHOLM ストックホルム 3人掛けソファー (384,984円)

高級レザーを使用した本格派

銀面革というレザーを採用した高級感あるリビングソファーです。銀面とは革をスライスした際に表側にある層で、柔らかく強度も高めなのが特長。表面には薄い保護コーティングのみを施しているので、革本来の風合いを存分に楽しめますよ。

座面と背もたれのクッション部分には高反発フォームとポリエステル繊維を採用。体を預けると形に合わせてフィットしますが、座っていないときには元に戻る仕組みになっています。経年により艶や味わいが出てくるのも素敵なところ。

ニトリ-電動本革リクライニングソファ Nビリーバ2 (129,000円)

さまざまな便利機能が満載

高級本革と合成皮革を使用した存在感あるリビングソファーです。基本の形はスタンダードな3人掛けですが、電動の無段階リクライニング機能付きで背もたれと足元を好きな角度に調整できますよ。側面のボタンで簡単に操作できて、リモコンが不要なのも嬉しいところ。

ボタン部分にはUSBポートも付属しており、スマートフォンなどの充電が可能です。中央の座席を手前に倒すとドリンクホルダー付きのテーブルになるため、座りながらの軽食も楽にできますね。首まで支えるハイバックタイプで、ずっと座っていたくなるリビングソファーです。

まとめ

省スペースで収まるリビングソファーがおすすめ

リビングの大きさや現在置かれているものによって、最適なリビングソファーは異なってきます。それなりに幅を取る家具なので、入れたことにより残念ながら部屋が狭く感じられる場合も。背もたれや座面が低めのものを選ぶと、ワイドな形状でも圧迫感が少なくなります。ほかにもセパレートできるものなら配置を変更できて、部屋のレイアウトに合わせられますよ。今回はおすすめのリビングソファーをランキング形式で紹介しました。部屋や好みに合ったリビングソファーで、心地よくお家時間を過ごしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*