おすすめのPS4向けHDMIケーブル人気比較ランキング!【純正品も】

PS4の迫力あるゲーム映像を、テレビ画面で余すことなく楽しみたいですよね。そこで重要な役割を果たすのが、PS4とテレビを繋ぐHDMIケーブル。そこで今回は、PS4をテレビにつなぐ際におすすめのHDMIケーブルをご紹介します。また、HDMIケーブルにはいくつかの種類があるので、選び方のポイントを詳しく解説します。それぞれのゲーム環境によって、最適なHDMIケーブルは異なります。ぜひ、あなたの環境にあったHDMIケーブルを見つけて、美しい画質でPS4のゲームを楽しんでください。

PS4向けHDMIケーブルの特徴

1本のケーブルで映像と音声を出力できるので配線がシンプル

HDMIケーブルは、PS4から出力された映像と音声をテレビに伝えるケーブルです。1本のケーブルを接続するだけなので、配線に戸惑うこともありません。初めてHDMIケーブルに触った人でも、簡単にセッティングできるのが特徴です。配線もシンプルで、すっきりした見た目になりますよ。

デジタルデータの伝達速度が早くきれいな画質でゲームを楽しめる

HDMIケーブルは、映像と音声をデジタルデータで伝達します。伝達できるデータのスピードと情報量が多く、テレビへ高画質な映像を出力できますよ。きれいな画質が魅力のPS4を十分に楽しむためには、あなたの環境に合ったHDMIケーブルを用意することが重要です。

PS4向けHDMIケーブルを購入する際の注意点

モニターからゲーム本体までの距離を必ず確認する

HDMIケーブルでは、延長コードが使えません。そのため、端子からPS4までの正確な距離を必ず確認しましょう。家庭用で市販されているHDMIケーブルの長さは、1mから3mが一般的です。同じ製品であっても長さによって複数の種類がラインナップされているため、PS4の配置に適した長さのHDMIケーブルを選びましょう。

Type-Aの形状の端子を選ぶ

HDMIケーブルには、3つのサイズがあります。標準サイズのType-Aのほかに、スマホ用のType-Cとさらに小型のType-Dがあります。テレビや大型モニターに使われる端子は、標準サイズのType-Aです。サイズが異なる端子では接続できないので、注意しましょう。また、市販のHDMIケーブルの中には、端子が凹型形状をしているジャック型と呼ばれるものがあります。このジャック型ではテレビと接続できません。かならず、ケーブルの両先端が、凸型形状のプラグ型と呼ばれる端子を選んでください。

PS4向けHDMIケーブルの種類

スタンダード規格

フルHD画質に対応した一世代前の規格

HDMIケーブルは、データの伝達速度によっていくつかの規格に分類されます。これらの規格は、HDMIケーブルの性能を判断するうえでひとつの目安になるでしょう。データの伝達速度が速ければ、より高精細な画質でゲームをプレイできます。

スタンダード規格はHDMIケーブル登場初期の規格で、4K映像には非対応です。たとえ、PS4proのような4K映像に対応した機器であっても、スタンダード規格のHDMIケーブルで接続すると4K画質にはなりません。PS4の性能を十分に活かすためには、ハイスピード規格やプレミアムハイスピード規格のHDMIケーブルをおすすめします。

ハイスピード規格

4K画質に対応したPS4にちょうどいい規格

現状で市販されているHDMIケーブルの多くは、このハイスピード規格以上のものです。4K画質に対応しており、伝達速度は8.16Gbps。ハイスピード規格なら、4K画質のPS4proも十分に性能を発揮できるでしょう。

ハイスピード規格は、どのような人にもおすすめできる規格です。4Kテレビを持っている人はもちろん、4K非対応のテレビでもハイスピード規格を選びましょう。ハイスピード規格は現代の標準的なスペックになっており、価格が安いものも多く販売されています。

プレミアムハイスピード規格

大画面で高画質なゲームが楽しめるPS4Proにちょうどいい規格

最大で8K画質にまで対応できるハイエンドな規格です。各メーカーの最新技術が詰め込まれており、高価格帯の製品がラインナップされています。プレミアムハイスピード規格は4Kの大型テレビや8Kテレビ向けなので、まだそれほど一般的ではありません。しかし、将来的には広く普及することでしょう。

ハイスピード規格でも4K画質には対応できるものの、大画面の4Kテレビとなるとハイスピード規格では不十分でしょう。迫力ある大画面4Kテレビの性能を発揮させるには、プレミアムハイスピード規格のほうが適しています。PS4Proと4K対応の超大型テレビで、最高の画質を堪能したい人におすすめの規格です。

PS4向けHDMIケーブルの選び方

素材で選ぶ

耐久性を重視するならナイロンメッシュ製

ケーブル外装の素材によって、耐久性が変わります。ナイロンメッシュ製の皮膜で覆われたケーブルは、耐久性が高く断線しにくいのが特徴。ナイロンメッシュは、柔軟性と耐久性に優れた素材で、ケーブルを折り曲げたりねじったりしても内部の配線をしっかりと保護できます。一方、安価なケーブルの外装には、ポリ塩化ビニルやポリエチレンが用いられます。ポリ塩化ビニルやポリエチレンは、引っ張ったり曲げたりといった負荷には弱く、頻繁な付け替えには向きません。HDMIケーブルを頻繁につなぎ替える人は、耐久性の高いナイロンメッシュ製のケーブルを選びましょう。

コストを重視するならプラスチック製

安価なHDMIケーブルを求めるならば、端子部分がプラスチック製のものを選びましょう。価格帯の安いケーブルの端子部分は、プラスチック製が主流です。一方で、高価なモデルでは、アルミや亜鉛を鋳造したケースが使用されます。頑丈なので、何度も抜き差しする環境でも安心して使用できるでしょう。加えて、アルミや亜鉛ケースの強みは、耐ノイズ性能の高さです。HDMI端子の接続部分にはノイズが発生しやすく、これがデジタルデータの伝達を阻害します。金属ケースのほうがプラスチック製よりもノイズを抑えるので、高価なモデルでは金属ケースが採用されています。コストを重視するならプラスチック製、品質にこだわるなら金属製の端子を選びましょう。

ケーブルの太さで選ぶ

品質の安定性や耐久性を重視するならスタンダードタイプ

品質の安定性や耐久性に優れるのが、スタンダードタイプ。一般的な丸形のケーブルで、曲げても引っ張っても断線しにくいのが長所です。加えて、シールド加工も容易にできる構造なので、周囲の電磁波による影響も少なくデジタルデータを正確に伝達できます。頻繁に配線を付け替える人や長距離の配線をしたい人はスタンダードタイプが向いているでしょう。

テレビ周りをすっきりさせるならスリムタイプ

端子が小さく、細いケーブルが特徴のスリムタイプ。ケーブルが目立たないので、テレビ周りの景観を損ねません。また、ケーブルが細く曲げやすいので、配線も容易です。一方で、スタンダードタイプよりも部品が小さく、耐久性の面では劣ります。スリムタイプは、繰り返し着脱するような場面には不向きでしょう。反対に、一度接続したら取り外す機会がないという人にはスリムタイプがおすすめです。

狭い隙間に通すならフラットタイプ

ケーブル部分が薄く狭い隙間にも配線できるのが、フラットタイプ。例えば、カーペットの下を通して配線するような場面では、フラットケーブルが適しています。その一方で、フラットタイプのデメリットは、強度が弱い点。ねじったり引っ張ったりする力に弱く、過度な負担がかかると断線します。加えて、シールド加工しにくい構造のため、周囲からの電磁波の影響を受けやすい弱点があります。このような理由から、長距離の配線には適しません。フラットタイプのケーブルを選ぶ場合は、短距離の配線でケーブルに負荷がかからない環境にて使用しましょう。

PS4向けHDMIケーブルのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

PS4の純正品を扱うハイブランドメーカー

PS4のメーカーであるSONY。純正品のHDMIケーブルなので、安心感を得られます。SONYのHDMIケーブルの特徴は、高画質を極めたハイエンド製品のラインナップが多い点です。耐久性が高くノイズの少ないHDMIケーブルばかりで、高画質なデータ伝達に特化したメーカーと言えます。価格は比較的高いのですが、高精細の画面で臨場感を思いっきり味わいたいならSONYを選びましょう。

ELECOM(エレコム)

長尺やスリム端子などの種類が豊富

ネットワーク機器を幅広く取り扱うELECOM。ELECOMのHDMIケーブルの特徴は、さまざまなニーズに対応した多種多様な製品がある点です。端子のコンパクトなウルトラスリムや曲げてもクセがつきにくい柔らかいケーブルなど、他メーカーにない独自のラインナップが魅力です。フラットタイプや長尺のケーブルなど、特殊なケーブルを探している人はELECOMのラインナップを探してみましょう。

BUFFALO(バッファロー)

ハイスペックモデルで充実のラインナップ

パソコン周辺機器のメーカーであるBUFFALO。BUFFALOのHDMIケーブルの特徴は、ハイエンド向けの厳選された製品ラインナップです。BUFFALOのHDMIケーブルの品揃えは、それほど多くありません。しかし、どれも品質は高く、こだわりのある人も満足できることでしょう。例えば、アルミの端子とナイロンメッシュ皮膜のケーブルの組み合わせなど、どれもコストのかかった製品となっています。多少価格が高くても、しっかりとした品質の製品を求める人におすすめのメーカーです。

サンワサプライ

長尺ケーブルの種類が多く幅広いニーズに対応

オフィス機器の製造、販売を手掛けるサンワサプライ。サンワサプライのHDMIケーブルの特徴は、圧倒的な品ぞろえです。お手ごろな価格の製品からプロ仕様のものまで、どのようなニーズであっても満足できるでしょう。例えば、サンワサプライには30mを超えるHDMIケーブルも用意されています。このほかにも、スリムタイプの端子や8K対応のものまで、ありとあらゆる種類のHDMIケーブルが網羅されているのが特徴です。とくにサンワサプライが力を入れているのが、お手ごろ価格の長尺HDMIケーブル。他のメーカーよりも低価格帯の長尺ケーブルが多く、どれも必要十分な性能を持っています。安いロングケーブルを探している人におすすめなメーカーです。

おすすめ&人気のPS4向けHDMIケーブルランキング

安くておすすめのPS4向けHDMIケーブル

ELECOM-スーパースリムHDMIケーブル 1.0m HD14SS10BK (719円)

端子もケーブルもスリムで配線がすっきり

ケーブル直径約3.2mmで端子部分も小さい、スリムタイプのHDMIケーブルです。一般的なスリムタイプのものよりもさらに細いケーブルを使用しているので、配線がすっきり。お手ごろな価格でありながら、高品質です。

ノイズ対策もしっかりと施されています。プラグ部は金メッキでコーティングされ、3重シールド構造のケーブルが映像の劣化を防ぎます。このため、スリムなケーブルでありながら、余計なノイズが発生しません。価格を抑えながらも、スリムケーブルで配線をきれいに見せたい人におすすめできるHDMIケーブルです

サンワサプライ-プレミアムHDMIケーブル 1m 500-HD019-1(1,580円)

スリムで柔軟なケーブルなので取り回しがしやすい

4Kの大画面テレビにも対応できるプレミアムハイスピード規格の製品です。高精細な画質に対応したスリムケーブルでありながら、手の届きやすい価格が魅力。また、スリムケーブルなので取り回しがしやすく、テレビ周りの配線がすっきりします。安く、コンパクトで高機能であり、サンワサプライの長所が十分に発揮された一品といえるでしょう。

ノイズ対策も万全です。プラグ部の金メッキ加工や3重シールド構造のケーブルなど、細いケーブルながらノイズ対策がしっかりと施されています。手頃な価格で、4K大画面用のスリムケーブルを探している人におすすめです。

BUFFALO-HDMIケーブル 1.0m BSHD3F10BK(1,410円)

スーパーフラットケーブルなので、カーペットの下にも配線が可能

厚さがわずか1.9mmしかない、極薄のフラットケーブル。一般的なフラットケーブルの弱点は、外部ノイズで信号が乱れやすい点です。しかし、このBUFFALOのスーパーフラットケーブルでは、シールド特性を高め映像信号への影響を最小限に抑えてあります。

このBUFFALO製のフラットケーブルを使えば、配線の見た目もすっきり。例えば、配線をカーペットの下に隠せば、お部屋の景観を邪魔しません。また、価格もお手ごろです。配線の見た目にこだわりたいなら、このフラットケーブルがおすすめですよ。

SONY-HDMIケーブル 1.0m DLC-HJ10B(1,607円)

PS4との相性が最もよい純正品

どのHDMIケーブルを選ぶか迷っているならば、SONYの純正品を選びましょう。SONYのケーブルは見た目こそ普通ですが、耐久性、耐ノイズ性に優れた製品です。例えば、プラグに独自開発の接合構造を採用し強度と伝送安定性を向上させるなど、目に見えない部分にコストがかかっています。

端子に刻まれたSONYのブランドロゴも魅力的。SONYのロゴが入ったHDMIケーブルとPS4を接続すると、PS4に対する愛着がより深まるでしょう。SONY純正品のHDMIケーブルなら、PS4に対する所有欲を十分に満たしてくれます。

高画質でおすすめのPS4向けHDMIケーブル

SONY-HDMIケーブル 1m DLC-HX10XF (4,572円)

PS4純正で超高画質に対応したHDMIケーブル

SONY純正のハイエンドなHDMIケーブルです。大画面4Kテレビにも対応でき、高精細な映像でゲームを楽しめます。プラグ部分は重厚感のある亜鉛ダイキャストケースで、堅牢な作り。ケーブルや端子が頑丈な作りなので、何度も抜き差しする環境下でも安心して使用できるでしょう。

パーツはずっしりとしていて、高級感があります。この高級感は、所有する満足感を得られるでしょう。大画面の4Kテレビをもっており、HDMIケーブルを何度も抜き差しするような人には、このSONYの純正ケーブルがおすすめです。

ELECOM-HDMIケーブル 1.5m DH-HDPS14E15BK(2,838円)

1.5mで高画質の出力ができるハイエンドモデル

お手ごろな価格でありながら、プレミアムハイスピード規格に対応しているのが、ELECOMのHDMIケーブル。低価格であるものの、品質面はとても高いです。たとえば、端子部分には銅箔製テープシールドが巻かれるなど、ノイズ軽減の対策もしっかりとしています。

このHDMIケーブルの特徴は、ケーブルの長さ。プレミアムハイスピード規格で長さ1.5mのケーブルは珍しいです。そのため、PS4とテレビの距離が少し離れており、1mでは足りないという人に適した製品でしょう。

バッファロー-Premium HDMIケーブル 1.0m BSHDPS10BK(3,540円)

超高画質対応ながら、スリムケーブルで配線もすっきり

プレミアムハイスピード規格に対応するスリムケーブルです。端子はとてもコンパクトで、ケーブルも細く柔軟。取り回しがしやすく、配線がすっきりとした見た目になります。外部ノイズの軽減対策もしっかり施されており、高画質なデータ伝達が可能です。

バッファロー製スリムケーブルの特徴は、高い耐久性。ケーブルの外装はナイロンメッシュ製で、細いケーブルであってもとても頑丈に作られています。耐久性の高いスリムケーブルで、テレビ周りの配線をすっきりと見せたい人におすすめです。

Panasonic-HDMIケーブル 1m RP-CHKX10-K(5,700円)

ダブルバインド構造の配線により、安定した高速データ送信を実現

プレミアムハイグレード規格に対応したPanasonicのフラットケーブルです。ハイエンドの製品にふさわしく、重厚感のあるつくりをしています。例えば、端子部分の亜鉛ダイキャストケースは質感が良く、手に持った時に満足感を十分に得られるでしょう。

このPanasonic製HDMIケーブルの長所は、徹底したノイズ対策が取られている点。例えば、ケーブル部分のダブルバインドという特殊な構造により、外部からのノイズを遮断します。これにより、フラットケーブルの弱点をカバーしているため、安定したデータ通信が可能です。高画質なHDMIケーブルを求めつつも、配線できる場所が限られる人に適した製品といえるでしょう。

長くておすすめのPS4向けHDMIケーブル

サンワサプライ-HDMIケーブル 3.0m 500-HD024-30(3,280円)

8Kにも対応したロングケーブル

8Kの超高画質にも対応できる、お手ごろ価格のロングケーブル。ウルトラハイスピード規格という、現時点では最高峰の性能をもつケーブルになります。一般家庭だけでなく、大規模施設でも使用できるほどのスペックをもった製品です。

この製品の特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスの高さ。3mの長さがあり、かつ最高性能を有するケーブルでありながら、手の届きやすい価格となっています。お手ごろな価格でロングケーブルを探している人におすすめできる製品です。

ELECOM-ウルトラハイスピードHDMIケーブル 3.0m DH-HD21E30BK(3,819円)

8K対応で高いノイズ耐性をそなえたモデル

8Kにも対応できるウルトラハイスピードHDMIケーブルです。一般的にHDMIケーブルが長くなるほどノイズのリスクが高く、データ通信が安定しません。しかし、ELECOMのHDMIケーブルでは、大口径の銅線をケーブルに用いており、3mの長さでも安定したデータ通信が可能です。

ELECOMのロングケーブルでは、細かい部分までノイズ対策が行き届いています。例えば、3重のシールドやプラグ部分の金メッキなど、細かい対策によってノイズからデータを守ります。このELECOMのロングケーブルは、高いノイズ耐性で快適にゲームを楽しみたい人にぴったりのロングケーブルといえるでしょう。

サンワサプライ-HDMIアクティブケーブル 5m KM-HD20-SSSA50(6,380円)

画質・音質劣化防止加工がされており、5mの長さでも鮮明なデータ送信が可能

スーパースリムタイプのロングケーブルです。この製品の特徴は、ケーブルの細さにあります。5mの長さがありながら、ケーブルの外径は約2.8mmと超極細。そのため、配線がすっきりとした見た目になります。

また、ケーブルのノイズ対策も万全です。ケーブルの3重のシールド加工とプラグ部分の金メッキにより、余計なノイズが入りません。これにより、5mの距離でも鮮明なデータ伝達が可能となります。5mの距離をすっきりとした見た目で配線したい人にぴったりでしょう。

PS4向けHDMIケーブルを指しても映らない場合の症状と対策

電源が白く光る場合

周辺機器の不具合を疑う

電源が白く光っている場合は、PS4本体は正常に作動しています。そこで、周辺機器の不具合を疑いましょう。まず、PS4とテレビがHDMIケーブルでしっかりと接続されてことを確認します。一度HDMIケーブルを取り外し、再度接続してください。その上で、テレビ側の入力画面に問題がないことを確認しましょう。確認ができたら、PS4を再度起動させてください。 

電源が青く光る場合

本体の異常を疑う

電源が青く光っている場合は、本体がフリーズしています。一度、本体の電源プラグを抜き、60秒間待ちましょう。その後、本体の電源プラグを再度差し込んで電源を入れてください。それでも問題が解決しない場合は、セーフモードで起動し、PS4本体のシステムソフトウェアの再インストールが必要となります。

電源が赤く光る場合

PS4のオーバーヒートを疑う

PS4が正常に起動せず電源ランプが赤く光っている場合、オーバーヒートの可能性が考えられます。一度電源を切り、PS4本体が冷えるまで待ちましょう。十分に、PS4本体の熱が除去されてから、電源を起動してください。

まとめ

HDMIケーブルは、データの伝達速度で選ぶ

PS4で高画質なゲームを快適に楽しみたいなら、HDMIケーブルはデータ伝達速度を基準に選ぶことが大事です。PS4の性能を十分に発揮させるためには、ハイスピード規格以上のものを選びましょう。ハイスピード規格なら4K対応で、PS4の性能を十分に発揮できます。PS4Proと4K大画面テレビを持っているならば、プレミアムハイスピード規格以上の製品がおすすめです。データの伝達速度がさらに早いので、高精細な大画面でゲームを楽しめます。今回は、PS4におすすめのHDMIケーブルをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分に合ったHDMIケーブルを手に入れて、快適な環境でゲームを満喫してください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*