おすすめの勾配天井向け照明人気比較ランキング!【シーリングファンライトも】

天井が高く解放感があると人気の勾配天井は、勾配を利用したおしゃれな空間作りが叶うと人気です。一般的な天井とは異なる天井のアレンジも可能で、メリハリのある居住空間を作れます。それでも勾配天井は、定期的なメンテナンスが難しいこともあり、天井の特性を生かした照明器具選びなどの工夫が必要。今回はそんな勾配天井向け照明の種類や選び方、人気商品について詳しく解説します。今から家を建てる方や、勾配天井の照明選びに悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

勾配天井向け照明とは?

光の分散効果を発揮し空間を柔らかく照らす照明

一般的のフラット天井と勾配天井の大きな違いは、天井に傾斜があるかどうかです。天井がフラットだと、上から下に向かって全体を照らすため、空間全体が明るくなります。一方、勾配天井に照明を設置すると、斜めから光を届けるので全体が明るくなりません。空間全体を照らすよりも、間接照明のようにスポット的に明かりを届けるのが特徴です。そのため勾配天井には、いくつかの照明を組み合わせて光を届ける方法が特におすすめ。分散効果を発揮しながら、柔らかで癒される優しい光を空間に届けます。

天井の高さや角度によって光の広がり方が変わる

勾配天井は設計によって、天井の高さや傾斜角度が異なります。一般的な天井高さは2,400mmが基本ですが、勾配天井になると天井高さが3,000mmを超えることも。照明を取り付ける高さや場所によって、床への反射率や照射距離に違いが生まれてしまいます。そのため、勾配天井に照明を取り付ける時には各家の天井高さや角度を考慮した設置がポイント。また全体を明るくしたいのか、間接照明のように優しい光のみで過ごしたいのかによっても選ぶ照明が異なるでしょう。その部屋や目的に合わせた照明計画を施すようにしてくださいね。

勾配天井向け照明の種類

シーリングライト

部屋全体を一定の明るさで照らす

リビングや吹き抜けタイプの勾配天井の場合におすすめなのが、広い範囲を照らせるシーリングライトです。水平天井のように、照明の光を真下に届けられるのがシーリングライトの特徴。光をしっかり真下に届けて空間を照らすために、勾配天井向けシーリングライトはパイプ部分が長いものがおすすめです。

延長パイプを使用して吊り下げた状態で設置できるものが特におすすめ。280cm以上の高めの天井には、空気の循環率をアップさせるためにファン付きを選ぶこともできるでしょう。ファンと照明が分離していると、ファンの回転が影になって照明が届かないことも。ファンが照明についているタイプがおすすめです。

ペンダントライト

デザイン性が高く部屋のインテリアを重視する方におすすめ

デザイン性が高く、勾配天井の良さを一番よく引き出せるのがペンダントライトです。天井の高さ関係なく、天井から吊り下げて光を届けます。食卓テーブルの上部や玄関など、局所的に光を届けたい時におすすめです。吊り下げるコードの長さや吊り下げ方法を確認し、動線の邪魔にならない高さに設置しましょう。

シンプルなインテリアには、部屋のアクセントとして個性的なペンダントライトがピッタリ。複数のペンダントライトを組み合わせて空間にリズムをつけるのもいいですね。広く天井が高い勾配天井でも、ペンダントライトを使ってスポット的に照らせば、手元が見やすくなります。食事や仕事をするなど、明かりが特に必要な場所に設置しましょう。

ブラケットライト

壁や柱を間接的に照らしながら幻想的な部屋に演出できる

壁に直接設置するタイプのブラケットライトは、間接照明のように部屋を照らしたい時におすすめ。メイン照明ではなく、補助照明として間接的に壁や柱を照らして光を届けます。広く傾斜をとっていて壁部分が寂しくなりがちな勾配天井に最適です。

何もない壁にブラケットライトを取り付けることで、おしゃれ度が増します。また、ほんのりとした優しい光でリラックスできるでしょう。ブラケットライトは複数取り付けることで、メイン照明のような明るさを演出できますが、メイン照明とは別に間接照明として活用するのもおすすめです。

ダウンライト

スペースを取らず設置できるため部屋をスッキリ見せられる

設置する際にスペースを取らず、スタイリッシュに空間を照らすことができるダウンライト。特に空間が広いリビングダイニングにおすすめ。メイン照明を補う補助ライトとして、光が届ききらない場所に設置できます。暗くなりがちな窓際などに設置することで、空間が暗い印象にならないよう助けてくれるでしょう。

ダウンライトは1灯で使うより、複数使いがおすすめです。部屋の間取りに合わせて、光が足りない場所に付け足すよう設置しましょう。真下から光を直視すると眩しさを感じるので、乳白色の電球カバーのものが適しています。直視しても眩しくなく、柔らかい光が届きます。

勾配天井向け照明の選び方

設置場所で選ぶ

天井から吊るすなら電源供給用ソケット付き

勾配天井で上からコードを垂らして周りを照らすなら、電源供給用ソケットの形状を確認しましょう。照明器具に引掛シーリングキャップが付属していれば、電源供給用ソケットに設置がしやすくなります。勾配天井に取り付ける照明を選ばないためにも、ボール状の電源供給ソケットがおすすめ。傾斜55度程度までボールが可動して、真下に垂らすように照明を設置できるようになります。

壁に取り付けるなら配光切替が可能なもので空間に変化をつけるとおしゃれに

部屋の雰囲気やシーンに合わせて配光を変えられる照明はおすすめ。特に壁に取り付けるタイプのブラケットライトやダウンライトは、空間作りにおすすめのアイテム。明るいリビングにしたいなら全点灯、読書や音楽を聴くなどのリラックスタイムには、上部のみに光を届けるように配光にすることで雰囲気を変えられます。照明を変えなくても、光の届き方を変えるだけで部屋の雰囲気が変わるのでおすすめですよ。

機能で選ぶ

LEDライトなら交換頻度が少なく経済的

高い天井に取り付けることが多い勾配天井用照明には、LED電球の使用がおすすめです。白熱灯は初期費用は安いですが、頻繁な電球交換が必要。高い場所の電球交換は危ないので、専門業者に頼むなど手間が多くなります。LED電球は長寿命が特徴で、約40,000から60,000時間のもの連続点灯が可能なものまであります。頻繁な交換や手入れが不要なので、手間をかけずに使いたい方におすすめです。

シーンに応じて明るさを変えられる調光機能が便利

勾配天井がリビングや寝室にあるなら、調光機能付きの照明器具を選びましょう。シーンや用途に応じて部屋の照明を切り替えられ、よりリラックスして過ごしやすくなります。勉強や仕事をするときは、昼白色に。くつろぎながらゆっくり過ごしたいときは電球色にするなど、シーンに応じて切り替えが可能です。より過ごしやすい室内環境を整えられますよ。

暖気が上に溜まるのを防ぐシーリングファン付きがおすすめ

温かい空気は上にいく性質により、勾配天井の部屋は温まりにくいデメリットがあります。このデメリットを解消するためにおすすめなのが、ファンが付いたシーリングライトです。冷暖房効率をアップさせるためにも勾配天井用照明としてよく選ばれています。特に家の中でも過ごすことの多いリビングや寝室には、居住環境をアップさせるファン付きを選びましょう。

勾配天井向け照明のインテリア実例

柔らかい光による視覚効果と奥行きで狭い寝室も広く見せる

寝室などリラックスしながら過ごすことが多い場所には、優しい光を届けるダウンライトやブラケットライトが適しています。特に、上から下に光を届けるダウンライトは乳白カバーがおすすめ。直接目に光が届くのを避けて優しい光に包まれます。

複数のダウンライトで開放感と明るさをプラス

ダウンライトを複数設置することで、空間を明るく見せるのもおすすめ。広くて普通の照明では光が充分に届かない時でも、ダウンライトを組み合わせれば全体的に明るくなります。部屋の間取りや、日光の入り方など家の設計とともに確認してダウンライトをプラスしましょう。

ブラケットライトでアクセントをつけながら優しい空間に

メインの照明をつけるのではなく、ブラケット照明を複数組み合わせることで、光を部屋全体に優しく届けています。光の調光を工夫したり、ブラケットの向きを調整したりすればより自分らしい部屋作りが叶うでしょう。点灯数を調節することで光の加減を選べるのも、過ごしやすさをアップするポイントです。

オレンジ色のライトが温かくリラックスできる部屋に

リラックスタイムや、夜の食事の際には間接照明のみで過ごせば入眠準備につながります。昼白色の光よりも、目に優しく心が安らぐ電球色は、体や目を休めることができておすすめです。オレンジ色の優しい光でありながらも、手元が見やすいようダウンライトを複数設置しているのもポイント。暗くなりすぎないリラックス空間作りに最適です。

勾配天井向け照明のおすすめブランド・メーカー

パナソニック

吊り下げタイプからダウンライトまで種類が豊富

家庭用からショッピングモールなどの業務用まで多数の照明器具を揃えるパナソニック。特にダウンライトは機能性が高く、どんな場所にも設置しやすいのが特徴です。乳白色のカバーを採用することで、十分な光でありながらも目が痛くならないのもポイント。勾配天井用の引掛シーリングもあり、照明器具を選ばず設置できるでしょう。

コイズミ

価格のリーズナブルさとおしゃれなデザインを兼ね備えたブランド

吊り下げ用の追加パイプやブラケットライト、ダウンライトなど勾配天井向け照明が豊富に揃うコイズミ。シンプルでスタイリッシュなデザインが多く、どんなインテリアにも馴染みやすいのも特徴です。価格もリーズナブルで購入しやすく、予算に合わせて好みのデザインの照明を選べるようになっています。

エアリゾーム

自然素材を用いたおしゃれなスポットライトが充実

吊り下げて使用できるペンダントタイプが充実しているエアリゾーム。部屋の印象を左右する個性的なデザインも多く、おしゃれな室内作りにこだわる方にも選ばれています。おしゃれで機能的な照明が揃いますが、価格がリーズナブルなのもポイント。優しいくつろぎ空間を作れる照明が充実しています。

Wanon(わのん)

部屋のインテリアに合わせて個性的なデザインやカラーから選べる

寝室や子供部屋など、部屋ごとにテーマを作りたい方におすすめのWanonのペンダントライト。点灯しているときはもちろん、消灯していても個性的で部屋のアクセント作りにぴったりです。1つ1つ丁寧に手作りしているのも魅力。人と異なるおしゃれなデザインを探している方にチェックしてほしいブランドです。

おすすめ&人気の勾配天井向け照明ランキング

シーリングファンライトでおすすめの勾配天井向け照明

コイズミーシーリングファンライト(58,850円)

ヴィンテージ感が高いデザインで落ち着いた大人のリビングにおすすめ

無骨な印象の光沢があるブラックのボディに、ダークな印象の羽根が大人っぽいシーリングライトです。羽根はブラックとダークブラウンのリバーシブルになっており、気分や好みに合わせて付け替えられます。風量も申し分なく、部屋の空気を循環して快適に過ごせますよ。

高い天井に取り付けても操作がしやすいのがこのシーリングファンの特徴。楽々操作のリモコンが付属しています。照明の切り替えはもちろん、風向きや風量も手元のリモコンで調整できます。タイマー機能も付いており、用途に合わせて便利に使えるでしょう。

MINKA Aire-シーリングファン F844-DK(64,945円)

部屋が一気にリゾート感漂うおしゃれな空間になる木目ファン付き

アメリカから直接輸入されるシーリングファンで、海外らしいインテリアを求める方におすすめです。日本への動作テストも行っているため、安心して取り付けられます。羽根の形状が特徴的でおしゃれ。ハワイのKOAという木材をモチーフにしたデザインです。

湾曲したデザインと木目の光沢が高級感を引き立てます。高級感はありますが、木目の優しい雰囲気なのでインテリアを選ばず設置できるでしょう。明るいリビングに設置すれば引き締め効果も期待できます。1灯設計ですが調光機能があり、ムード演出にもおすすめです。

ペンダントライトタイプでおすすめの勾配天井向け照明

エアリゾーム-ペンダントライト(17,710円)

長さを変えて複数取り付ければおしゃれさがアップ

北欧デザインの照明で、くつろぎやすい優しい空間を作りたい方におすすめです。コードの長さはアジャスター付きで全高54.5cmから124.5cmまで選べます。不要なコードはシーリングカバーに収納も可能。設置後は空間をすっきり見せることができるのも、このライトの特徴です。

多重シェードが作り出す光のグラデーションは、光源が目に直接当たらず目に優しいですよ。手入れや交換の不要なLED電球も付属しているので、届いた日にすぐに使い始められるでしょう。インテリアに合わせてテイストの異なる3色のカラーからお気に入りを選べます。

Wanon-ペンダントライト(14,850円)

重なり合う花びらから漏れる光の陰影が幻想的なペンダントライト

曲線が美しい、3層に重なる花びらが魅力的なペンダントライトです。シェードの花びらにはシルク生地を贅沢に使用し、折り重なった花びらからモアレ模様が浮き立ちます。消灯時にも絵になるデザインなのもポイント。焦茶色の縁取りは立体感があり、見るだけで癒されるでしょう。

部屋の広さや取り付ける場所に合わせて3サイズから選べるのもポイント。コードの長さも10cmから50cmごとに選べるので、天井の高さに合わせて最適な長さのコードを注文できます。LED電球も使用でき、E26の口金サイズであれば種類を選ばずセットが可能です。

ダウンライトタイプでおすすめの勾配天井向け照明

Panasonic-高気密SB形傾斜天井用LEDダウンライト(2,385円)

LED内蔵で取り付けるだけで交換がほとんど不要

15度から40度の傾斜天井に取り付けができるダウンライトです。光源寿命は40,000時間と長寿命なので、10年以上心配なく使用できるでしょう。調光機能はありませんが、事前に部屋の雰囲気に合わせた色を設置できます。

落ち着いた空間には電球色、活気や手元の見やすさを考慮するなら温白色や昼白色がおすすめ。発光部が直接視界に入らないよう、乳白カバーを使用し柔らかな明るさを届けます。天井が3,000mm以上あってもしっかり光を届けるので手元が暗くなりません。

DAIKO-ダウンライト DDL-5121YB(2,485円)

光源が直接視界に入らず優しく光を届けるダウンライト

ブラックとホワイトのボディデザインがあり、天井のカラーやインテリアに合わせて選べます。最大で傾斜55度の天井に取り付けることが可能なので、ほとんど全ての勾配天井に使用できるでしょう。器具の真下を明るく照らすので、広いリビングなら複数取り付けることで充分な明るさを届けることができますよ。

照明にはLED電球が使用され、明るさは白熱灯60W相当となっています。光源寿命は60,000時間と長く、ほとんど手入れが不要。省エネ効果も高く、虫も寄りにくい防虫効果もあります。機能的にもデザイン的にも申し分ないダウンライトです。

おしゃれでおすすめの勾配天井向け照明

ARTWORKSTUDIO-HARMONY6 シーリングライト(37,400円)

梁がある勾配天井におすすめのシーリングライト

勾配天井のある家では、デザインによって高い天井に梁を剥き出しにしている家もあります。構造部分をあえて見せる工夫を施し、おしゃれ度をアップさせています。その梁部分にダクトレールを取り付けることで、複数灯のシーリングライトが設置可能になります。

スポットライトのようにそれぞれ動かして、照明に動きをつけたい時におすすめです。ウッドプリントの温かさと、6灯の光で部屋をさらに明るく見せる効果もあります。留守番機能や4段階調光機能で部屋のムード作りにもおすすめ。

子供部屋におすすめの勾配天井向け照明

Wanon-ペンダントライト(13,200円)

子供部屋を一気にファンタジーに導くおしゃれなデザイン照明

遊び心のある気球の照明が可愛らしい、子供部屋にぴったりのペンダントライトです。特にポップなデザインの壁紙に相性がよく、楽しい気分にさせてくれるでしょう。手仕事で1つ1つ作ったシェードは、温かみがあり、ワンランク上の上質な空間作りにピッタリ。

下部にある気球のカゴ部分には、天然の竹を編み込んでいるのも高級感とリアル感を感じられます。点灯時だけでなく、消灯時も可愛らしいのもポイント。部屋に入るだけで、大人も子供もテンションがアップするでしょう。

FRECHDACHS-Etoile引掛けシーリング(27,500円)

遊び心のある子供部屋用照明におすすめの星形照明

フレームの影が幻想的にお部屋に広がるペンダントライトです。星の形がメルヘンチックで、部屋をおしゃれに演出します。ヴィンテージ加工された真鍮に、職人によって1つ1つ手作業でガラスが嵌め込まれているのも魅力。味わいが増す経年変化を感じながら楽しめます。

ガラスは透明と白ガラスから選択でき、光の届き方や陰影が異なるのもポイント。ガラスの種類の異なる2灯を並べて設置するのもおしゃれです。同じエトワールシーリーズでコンパクトサイズも展開されているので、大小並べても可愛いですね。

勾配天井向け照明の取り付け方

シーリングライトの場合

勾配天井用の引っ掛けシーリングを使えば簡単

シーリングライトを勾配天井に取り付けるときは、ボール状でシーリングキャップが可動するものがおすすめ。最大55度の角度でシーリングライトを吊るせるので、デザインやタイプを選ばず設置しやすくなります。傾斜がシーリングライトの設置を邪魔しないよう、照明に延長パイプを取り付けられるかも同時に確認しましょう。

ダウンライトの場合

業者に取り付けを依頼すると安心

天井への穴開けや配線工事は電気工事士の資格が必要です。ダウンライトの交換は、資格を持っていない限り業者に依頼しましょう。また多くのダウンライトは、電球の交換ができない仕様になっています。そのため使用されている電球はLEDがほとんど。10年以上交換が不要なものもありますよ。

ペンダントライトの場合

フランジを使うことで負荷を減らせる

フランジとは、照明器具を取り付ける部分にはめるカバーのこと。フランジがついているペンダントライトは、ペンダントライトの重量をしっかり支えるので、安定感があります。また、フランジがインテリアのアクセントになって、おしゃれに見せる効果もあります。大きければ大きいほど存在感があり、引っ掛け部分を剥き出しにならずに設置が可能です。

失敗しないためのポイントは?

天井にライトを設置したい場合には高さ3,500mm以下を目安に

勾配天井に照明を設置するときは、3,500mm以下にすれば脚立を使ってメンテナンスや交換がしやすくなります。脚立でも届かない高さの照明にしてしまうと、専門業者を呼ぶ必要があり出費がかさむことも。自分で交換やメンテナンスがしたいなら、自分の背が届くギリギリの距離に照明を設置するようにしましょう。

梁にライトを設置したい場合はコードを隠せるかチェックする

勾配天井は家の構造によって梁が露出している場合があります。この梁を利用して照明を設置するなら配線の位置に注意しましょう。配線が剥き出しになると生活感が出てしまったり、ホコリが溜まりやすくなったりなどのデメリットがあります。梁の下部に照明を取り付けるなら上部に見えない場所に隠して配線するなど工夫が必要。ライティングダクトを使っておしゃれに配線を隠すのもおすすめです。

まとめ

天井の傾斜や高さに合わせた勾配天井向け照明がおすすめ

勾配天井向け照明を選ぶ上でこだわりたいポイントは、勾配天井がある室内の高さや広さに合わせて照明を選ぶことです。照明を部屋全体に届けたいなら、シーリングタイプやダウンライトを組み合わせましょう。リラックスできる落ち着いた雰囲気にするならブラケットライトやペンダントライトなど局所のみを照らす照明を選びましょう。今回は勾配天井向け照明について、人気のブランドを挙げながら詳しく紹介しました。ぜひ、おしゃれな空間作りに役立つ照明を選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*