おすすめの中学生向けロフトベッド人気比較ランキング!【女子向けも】

子供部屋は成長していくにつれベッドや机、キャビネットなどが必要になり手狭になってしまうことも。狭い部屋を有効活用して広々と見せるのにおすすめなのがロフトベッドです。ロフトベッドはアレンジが利きやすく、配置次第で自分だけの秘密基地のような空間が作れると小学生や中学生に人気。そこでこの記事では、特に子供っぽいインテリアを卒業した中学生向けのロフトベッドの選び方や人気おすすめ商品を紹介します。狭い部屋の家具の配置に悩んでいる方は、是非参考にしてみてくださいね。

中学生向けロフトベッドの特徴

階段やハシゴ付きの床板が高い位置にある

中学生用ロフトベッドの特徴はベッドの床高さが高い点です。中学生の部屋には宿題やテスト勉強をする自習机や、教科書や制服を収納する本棚やクローゼットが必要。ロフトベッドはベッド下をクローゼットや学習スペースに活用することができるため、スペースを有効活用できます。

狭い子供部屋でも有効活用できる

ロフトベッドは成長に合わせてレイアウトを変えられるのもメリット。例えば、中学生から大学生までの学生時代には学習スペースを備えたロフトベッドに。社会人になればロフトベッドからシングルベッドにチェンジするなど、成長に合わせて狭いスペースを有効活用できます。用途や環境に合わせて、別途家具を購入する必要がないので経済的に使えるでしょう。

中学生向けロフトベッドの種類

ロータイプ

ベッド下を収納スペースとしてしっかり確保できる

自習用デスクは別途用意して、収納スペースのみをベッド下に作りたいならロータイプを選びましょう。ロータイプは、高いところが苦手な方でも使える高さなので、安心して昇り降りできます。ロフトベッド下のスペースはキャビネットや本棚として活用するのにおすすめです。

ロータイプのベッドは布団にも手の届く高さなので、布団の上げ下ろしがしやすいのがメリットです。ハイタイプのロフトベッドは存在感が大きく圧迫感がありますが、ロータイプは部屋を広く見せる効果があるのもポイント。また天井から離れている分、圧迫感が少なくなります。

ハイタイプ

ベッド下を作業空間として有効活用できる

部屋が狭く、自習用のデスクも本棚もまとめてベッド下に置きたいならハイタイプがおすすめ。自習用デスクは意外とサイズが大きく場所をとるので、省スペースにベッドを格納できるハイタイプは空間を広く使うのにも最適です。部屋を広く使うことで、置きたい家具やディスプレイをプラスすることができるでしょう。

ベッド下を作業空間として活用するときには、日の入り方や明かりの取りやすさにも注目して選びましょう。ベッド下はどうしても暗くなってしまうので、蛍光灯の用意や窓際に設置するなど対策をとる必要があります。中学生はデスクに向かう時間も長くなるので、作業や勉強のしやすい環境作りを心がけましょう。

中学生向けロフトベッドの選び方

素材で選ぶ

通気性の良くして蒸れにくくするなら木製

木製ロフトベッドの特徴は、耐荷重が大きくきしみにくい安定感があります。ハシゴや階段を使って昇り降りするときや、寝返りの際に安定感を感じられるでしょう。また天然木を使ったスノコは、湿気や布団の蒸れを逃す役割があるのも魅力。湿度が高く寝苦しい季節でも、通気性がアップして過ごしやすくなります。

大人っぽく落ち着いた雰囲気を演出するならならパイプ製

男女問わず使いやすいロフトベッドが良いなら、パイプ製がおすすめです。パイプ製のロフトベッドのメリットは持ち運びのしやすい軽量さと価格のリーズナブルさ。価格が高くなりがちなロフトベッドも、スチール製なら比較的安価で手に入ります。また、スチールは通気性が高いのもメリット。床板にもカビが発生しません。

機能で選ぶ

漫画や本を収納するなら棚付き

中学生になると一気に荷物も増え始めるので、収納力を重視してロフトベッドを選ぶのも大切なポイント。授業数も増え教科書やノートも一気に増えるため、まとめて収納できる本棚があれば便利でしょう。また、漫画や雑誌などのマガジンを収納できる大きめの本棚が便利。そのほか、部活動の道具やユニフォームなどを収納できるクローゼット機能がついている棚もあります。

スマホやゲームを充電するなら充電用コンセント付き

ロフトベッドを選ぶときにはベッドの周りに充電用コンセントがあるかをチェックしましょう。中学生になるとスマホを持つ方も増え、寝る前にスマホでSNSチェックをすることも。枕元に充電用コンセントがあれば、就寝中に充電できます。また、ゲームや音楽を聴くなど趣味の時間をベッドで過ごすにもコンセントは便利。枕元に宮棚がついていれば、充電も一層しやすくなりますよ。

安全性で選ぶ

布団のずれ落ちが心配ならベッドガード付き

ロフトベッドを選ぶときには安全性を考慮してサイドフレームの有無を確認してください。体格の大きい中学生や、就寝中寝相が悪い子供は高さのあるサイドフレームがおすすめです。ロフトベッドから布団がずれ落ちるのを避け、本人が就寝中に落下することがないよう気をつけられるでしょう。サイドフレームにはサイドのみに付いているタイプと、ベッド全体を覆った頑丈なタイプがあります。安全性を確認しながら最適なものを選びましょう。

落下のリスクを減らして安全に上り降りするなら階段付き

安定感を保ちながらロフトベッドから昇り降りしたいなら、ハシゴタイプよりも階段タイプを選びましょう。ステップが広く取られているので、足を踏み外す心配がありません。階段タイプはハシゴタイプよりもスペースを取るのがデメリット。しかしながら、階段下が収納スペースになっていれば空間を有効活用できます。ベッドサイズも大きくなるので、スペースの確保を確認して選ぶようにしましょう。

ロフトベッドのインテリア実例

ホワイトを基調にしてベッドも家具も揃えれば部屋を広く見せる効果も

狭い子供部屋を広く見せるためには、床や壁の色に合わせて同系色のロフトベッドを選ぶことです。特にホワイトで揃えれば、狭い部屋を明るく広々見せる効果もあります。また清潔感も生まれ、ロフトベッドの圧迫感を解消してくれますよ。

ハイタイプならデスクも収納アイテムも置けて広々使いやすい

とにかく荷物が多い中学生や、気がついたらすぐ散らかってしまう中学生の部屋にもロフトベッドはおすすめ。ハイタイプロフトベッドに収納力が高いチェストやクローゼットを組み合わせることで、小さいスペースに収納力が増え整理整頓がしやすくなります。もともとセットで収納機能が付いているものや、自分で買い足してアレンジできるものがラインナップされているので好みや予算に合わせて選んでくださいね。

中学生向けロフトベッドのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

温かみのある木製ロフトベッドが充実

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

おしゃれで機能的なロフトベッドがリーズナブルな価格で手に入るLOWYA。中でも女子中学生の部屋におしゃれにマッチする、ホワイト木目のロフトベッドが人気です。もともと収納機能がついたものも多く、別途家具を購入しなくて済むのもポイント。インテリアや好みのデザインに応じて気に入ったものを選べるでしょう。

ニトリ

価格のバリエーションが豊富でレイアウトを自由に変えられる

シンプルなロフトベッドから機能性の高いロフトベッドまで種類が豊富なニトリ。どの商品も価格はリーズナブルで手に入れやすいのも魅力的です。ニトリのロフトベッドの特徴は飽きないシンプルな作りと、好みや成長に合わせてレイアウトを変えられる機能性。机の位置や収納の有無など用途に合わせて移動やレイアウトの変更がしやすくなっています。

モダンデコ

機能性が高く大人になっても使えるロフトベッドが豊富

思春期から大人にかけては徐々に好みも変わっていくので、飽きにくいデザイン選びも大切。モダンデコのロフトベッドは主張しすぎないシンプルなデザインが特徴となっています。大人になってもそのまま使えるよう、大人っぽさやインテリアに調和しやすい配色も魅力です。耐荷重も高く、体格が変わっても安心して使用し続けられるでしょう。

IKEA(イケア)

既存のインテリアに組み合わせやすいシンプルなものが豊富

IKEAのロフトベッドはホワイトやシルバーを基調としたベッドフレームで、既存のインテリアを邪魔しないデザインが特徴。価格も1万円台から3万円以内とお財布に優しいのも魅力です。自分でレイアウトを考えやすいフリースペースタイプとなっているので、同じくIKEAで販売されているチェストやデスクと組み合わせてオリジナルの学習スペースを作れます。

おすすめ&人気の中学生向けロフトベッドランキング

狭い部屋におすすめの中学生向けロフトベッド

LOWYA-ハンガーラック一体型ロフトベッド(31,400円)

学校で必要なものを1つにまとめられる機能性重視のロフトベッド
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

もともと空間を効率よく使えるロフトベッドですが、収納力をプラスすることでより便利に使えるようになっています。収納棚やハンガーラックなど収納を重視して設計されているのがポイント。何を置こうか考えるだけで楽しくなるロフトベッドになっています。

すぐ手に届くハンガーラックにはよく着る衣服や制服を。収納棚やフリーラックには学校のカバンや荷物をまとめて置くことで忘れ物を減らすことができるでしょう。本を並べられる棚もベッド下にあるため、デスクと組み合わせれば快適な勉強スペースが出来上がります。

LOWYA-ロフトベッド(26,990円)

体格に合わせてベッドサイズが選べる
おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

横幅92cmのシングルサイズと、横幅112.5cmのセミダブルの2種類から選べるロフトベッドです。スチール製のロフトベッドは強度が高く、大人の男性が3人乗っても大丈夫なほど頑丈。中学生から大人になるまで長く愛用できます。

横揺れにも強い50.8mmの太パイプを使用し、安定性を高めています。ロフトサイドにはメッシュパネルがあり小物や衣服をかけるのにも便利。天井の低い部屋や高さが苦手なお子さんにも安心なミドルサイズに変更することもできます。

家具ワールド-ロフトベッド(69,800円)

宿泊施設や学生寮でも使用される強度が高いロフトベッド

耐荷重は約900kgと安心、安全に使用できる強度が高いロフトベッド。建築技法にも使用される梁を構造に取り入れることで強度を高め、直下型地震にも耐えられるよう設計されています。特許も取得した安心できる構造です。

寝相の悪いお子様も安心の保護機能を搭載しているこのロフトベッド。高さ31.5cmの手すりをベッド周りに配置し、転落防止に備えています。ベッドサイドにはコンセントとLED照明もあり、夜間に起きた時も手元のスイッチでオンとオフが可能です。

大川家具-システムベッドZoro Neo(62,700円)

子供部屋に必要な家具やアイテムがひとまとめになったロータイプ

ロータイプのロフトベッドには、デスクとチェスト、シェルフがひとまとめに収納できます。勉強をするときは、ベッド下に収納されたデスクを取り出して使う仕組み。手狭な子供部屋を有効活用したい方におすすめです。

強度が高く安全、快適に睡眠が取れるベッド構造もポイント。耐荷重は約300kgと強度も高く寝返りを繰り返してもガタつきを感じません。部屋のインテリアや好みに合わせてホワイトとウォールナットの2種類からカラーを選べます。

ニトリ-ロフトベッド デニッシュ(99,900円)

省スペース設計で部屋を広々使えるロフトベッドセット

シンプルなデザインで男女関わりなく使え、成長しても飽きずに使用できます。キャスター付きのデスクやチェスト、ハンガーラックも付属しておりそれぞれベッド下に収納も可能。それぞれ単独で使えるため、好きなレイアウトに配置換えでき汎用性高く使用できるでしょう。

メーカー独自の強度テストも実施し、徹底した品質管理にこだわって作られているのも安心できるポイント。引き出し1つ1つも耐久性の高さにこだわっているため、長く大切に愛用していただけます。飽きやすい方も配置換えもしやすいので、レイアウトを変えながら飽きずに使い続けられるでしょう。

女子におすすめの中学生向けロフトベッド

モダンデコ-Linieロフトベッド(35,999円)

安心してベッドに登れる階段タイプのロフトベッド

安全設計に配慮したロフトベッドです。幅広の階段には手すりもついており、安心して昇り降りができます。階段下のスペースも有効活用できるよう収納スペース付き。ディスプレイスペースとしても活用できます。

ベッドの上でもゆっくりくつろげるよう、宮棚がついているのも魅力。スマホや本などを置くスペースやUSBポート、コンセントも搭載しているので充電やBluetoothオーディオなどをセットできます。機能性と収納力にこだわった使いやすいロフトベットです。

オフィスワン-GondoraⅡ(41,900円)

高すぎないミドルだけでベッドへの昇降もしやすい

高すぎない、程よい高さが魅力の木製ロフトベッドです。高すぎないため、ベッドに登らず敷き布団の上げ下ろしやカバー替えがしやすいのはポイント。使い勝手に優れています。ベッド下のスペースを有効活用できるよう、ソファやキャビネットを置くこともできるでしょう。

ベッド部分は7cm角の天然木を使用したすのこタイプ。湿気を逃してオールシーズン快適な寝心地を提供します。枕元には棚とコンセントが2口ついているので、スマホの充電も可能です。好みの本や小物を置いてお気に入りのスペースを作れます。

わくわくランド-ロフトベッドMikey(69,800円)

ベッドもデスクもひとまとめで揃えたい方へ

広くて手の届きやすいL字デスクがついた可愛らしいロフトベッドです。ベッド一体型で足元も広々しているのが魅力。窮屈になりがちなベッド下でも開放的な環境で勉強がはかどります。デスク周りにはスチールネットや、蛍光灯を設置するのに便利なコード穴がついているのもポイントです。

またハンガーラックや本棚もついているので、制服やかばんを収納するのにも便利。本棚も高さがあるので、教科書も入れられ学校で使うアイテムをひとまとめに収納できます。場所を取らない垂直ハシゴはステップも広く、安心して昇り降りできるでしょう。

わくわくランド-ロフトベッド(63,990円)

ベッド下のデスクが広くスペースに困らず快適に学習できる

シングルベッドにワイドなデスクとラックがついたロフトベッド。部屋が狭い子供部屋でもデスクとベッドをひとまとめにすることで空間をうまく活用できます。勉強用のデスクが広いのがこのロフトベッドの特徴です。

デスクは幅197cm、奥行き58cmと広々使用でき本や文具やパソコンを置いても余裕で勉強できます。またこのロフトベッドは分解して使えるのも魅力の1つ。年を重ね好みが変わっても、お好みのレイアウトで使っていただけます。

おしゃれでおすすめの中学生向けロフトベッド

西海岸インテリア-天然木脚パイプロフトベッド(35,098円)

高級感のある天然木を使用したロフトベッド

部屋の印象に合わせて天然木の色合いを選択できるおしゃれなロフトベッドです。天然木とスチールのカラーの組み合わせは4種類から選択でき、部屋の印象を自分好みに決められます。ベッド下のスペースは高さ140cm、幅195.5cmと広々。デスクやソファ、サブベッドを置くなど使い道が広がるでしょう。

ベッド部分も快適に睡眠が取れるよう機能性にこだわっているのも魅力の1つ。耐荷重120kgのベッドは丈夫で通気性に優れているので、揺れやきしみを感じず快適に眠れます。サイドガードも付属しているので寝返りをしても落下の心配がありません。

オフィスワン-ロフトベッドAshley(41,900円)

いつでも手元で読書を楽しみたい学生におすすめ

収納力の高さがこのロフトベッドの特徴。参考書や教科書、好みの本や漫画など何かと読む機会が多い中学生には、本棚が多いこのロフトベッドがおすすめです。下段にもベッド横にも充実した収納スペースがあり、本やディスプレイを楽しめます。

ロフトベッドの内側と外側にそれぞれ棚を取り付けることで、自分好みに収納ディスプレイを作ることが可能です。サイドフレームでしっかりベッドの周りを囲んでいる安全設計もポイント。子供の落下はもちろん、掛け布団や毛布の落下を防ぎます。

Kuala-階段つきロフトベッド(49,800円)

大容量の収納機能でスペースを有効活用して使える

階段下収納やコンセント付き宮棚、ハンガーパイプなどスペースを有効活用できる収納機能が充実しています。落ち着いたシンプルなデザインなので、中学生から大人まで飽きずに使用することができるでしょう。好みに合わせて4つのカラーから選べます。

ロフトベッド特有のハシゴが苦手な方にもおすすめの構造。手すり付きで安心して昇り降りできる階段がついており、安定性を追求しています。用途や好みに応じてハイとローの2段階に調節できるのも便利なポイントです。

IKEA-ロフトベッドフレーム VITVAL(38,484円)

北欧風インテリアにプラスしたいおしゃれなロフトベッド

木製やスチールのロフトベッドが多い中、ベッドフレームに布を採用した珍しいタイプのロフトベッドです。ホワイトとグレーの柔らかなデザインに、アクセントカラーであるイエローをプラス。一味違う北欧風のおしゃれなベッドデザインに仕上げています。

実用的な有孔ボード付きデスクも、使いやすさをアップさせるポイント。IKEAのフックや収納アイテムと合わせれば自分好みの収納スペースを作れます。コードが通せる配線口とペンを収納できるスペースもあり機能面でも優れているのもポイントです。

Ane INN-システムロフトベッド(69,800円)

まるで自分だけの秘密基地になるベッド部分が魅力

ベッドを囲むフレームは高さが37cmと高めの設定で、外から中が見えにくい設計なのが魅力。落下しにくいのはもちろん、周囲に邪魔されず自分だけのプライベート空間を作り出せるでしょう。デザインはホワイトとグレー、オークとの優しい配色で、飽きずに長く使い続けられます。

収納能力が高いのもこのロフトベッドの特徴。あらゆる場所に収納を作った機能的な作りで、ごちゃごちゃしがちな小物や本もまとめて片付けられます。勉強デスクはスライド式で最大100cmまで引き出して使用可能。脚にキャスターもついており出し入れもスムーズに可能です。

まとめ

デスクや収納スペースをまとめられるハイタイプがおすすめ

狭い子供部屋を有効活用したい方におすすめのロフトベッドの選び方を紹介しました。中学生向けロフトベッドを選ぶ際に気をつけたいポイントは、部屋のスペースに合わせた収納スペースの確保です。デスクも収納もまとめてレイアウトしたいならハイタイプを。収納スペースのみで良いならロータイプなど用途に応じて選べます。またハイタイプは安全性を考慮して、耐荷重や安全ガードの有無を確認するのも大切です。ぜひ子供部屋を有効に使えるロフトベッドをお子さんのために選んであげてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*